フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月の記事

2023/10/29

浜松に写真を撮りに

町文化協会写真部のメンバーで浜松航空祭へ。ブルーインパルスの展示飛行など。

397887844_7577756752239858_7395129897610
398738515_7595573707124829_4110529748152396520964_7577757045573162_2890743536411
397394811_7577757215573145_2963475148731396502010_7577757228906477_1616839851380
399208914_7595573977124802_9125949446989398684570_7595573937124806_8740751333401
396529785_7577757508906449_4013151613131
398013937_7595574110458122_6200095044366398672895_7595574270458106_6742914880547
398342590_7595573383791528_1600941767978
397883888_7577756732239860_4270970045742397461550_7577756865573180_4678058500892
397399681_7577756852239848_2626262082825

 

2023/10/28

「あぐいの美塾」にゲストスピーカーとして参加

土曜日はあぐいの美塾にゲストスピーカーとして参加。この日の主役は、真鶴町で美の基準を運用しまちに浸透させてきた役場職員(現在は福祉部長)の卜部直也さん。住民や事業者と相手の立場に立ってとことん話し合い、しまいに相手がその気になって建設的な提案を出してくると言う、コミュニケーションの姿勢が徹底している。まさに地域に相談の現場に飛び出す職員だ。

私は真鶴町より20年遅れて愛知県の町村で初めての景観条例を制定した東浦町について、なぜ景観の取り組みが必要なのか、そして、意識の醸成と景観を育てる仕組み作りの両方が必要なこと、数値で縛るだけでなくその町らしさの抽象概念を磨くこと、最後に今自分の活動として景観に取り組んでいることをお話しした。

懇親会で多くの方と会話をすることができて有意義な時間だった。

412449208_7784377431577788_1135444221211
412539025_7784395398242658_5954975551944414074283_7784395394909325_3938685451956

 

2023/10/24

車のバッテリーがあがってしまった。

車のバッテリーがあがってしまった。ブースターケーブルでエンジンをかけて暫くその辺を走ってきても、充電されていないような感じ。単にバッテリーを交換すれば直るとは限らなそう。
それで、ディーラーに持って行ったら案の定、入院することに。オルタネーターがいかれたようだ。
車を置いて帰ることにする。帰りは、刈谷から橋を渡ってイオンまで歩いたら、ちょうど「う・ら・ら」が来た。こんな使い方もあり?

395096530_7554462951235905_8856041972338
395108717_7554463504569183_8341753838408

 

2023/10/23

三重の写真家の作品展へ

三重県の写真家が民家を自ら改修したギャラリーで行われた写真展を見てきました。

396414543_7569176796431187_7553213267324
396406480_7569176939764506_1299338486425396565908_7569176756431191_3699469723536
396381644_7569176743097859_2452354780171

 

2023/10/21

白山山麓の紅葉

ちょっとドライブに行ってきました。白山山麓紅葉5選。
白水滝へは大白川ダム(白山の平瀬道登山口)へのピストンコースを走ります。道は狭いけど景色は良いです。
後半2枚は、白山白川郷ホワイトロードの峠付近から。山には薄ら積雪が。

394624544_7542860599062807_4426112767169394406244_7542860365729497_6253713011928
394342780_7542860655729468_8621487252538394687596_7542860455729488_6627228905814
394314531_7542860852396115_9076672737376

 

2023/10/18

柿と烏瓜

草刈りをしていて見つけたカキとカラスウリ。今年は柿の実がたくさん残っています。

20231018_111116p

 

2023/10/15

ああ芸術の秋

今日は気持ちよく晴れて暖かな一日だった。
県芸文で現展と金属造形展を見たあと、狂言「隠狸」と「悪太郎」を観賞。ああ芸術の秋。

393126739_7520336811315186_8401604633858392884864_7520338247981709_3634650870528
393220647_7522636214418579_5692479198977
393127259_7520339474648253_6660511828851392881922_7520338877981646_4118689957073
392928682_7520341134648087_2293617420383

 

2023/10/12

仙台・栗駒・蔵王 気まま旅(その5)

仙台市内で唯一の国宝の建物、大崎八幡宮の社殿。後に権現造りと呼ばれる色鮮やかな彩色や彫刻を施した安土桃山期の建築です。伊達政宗の霊屋、瑞鳳殿も戦前は国宝でしたが戦災で焼失しています。

391424227_7515205031828364_8610612270914

 
こちらは、日本の水力発電発祥の地と言われる三居沢発電所。明治21年にこの地にあった紡績工場の水車に発電機を取り付けて電灯を灯したのが始まりで、現在の設備は明治43年に建設されて今でも現役です。

391304749_7515204611828406_4771501950433391401166_7515204678495066_5622401145357

 
発電所のすぐ脇には不動尊があって滝が落ちています。この沢は青葉山のキャンパスあたりから流れ出ているようです。
市街地のすぐ隣に自然がいっぱいあるのも仙台の魅力です。

391446726_7515204601828407_3762899358226

 

 
今回、学生時代のサークルの50周年記念パーティーに出席したついでに、仙台から栗駒や蔵王を回ってきました。1・2年の時しか参加していなかったサークルですが、卒業から40年も経って現役学生から丁寧な案内が届いたので、少し時間もあるし出席してみようかと行ってきました。
出てみると同学年や一年下の学年の人たちもいて互いに覚えていたりするものです。久しぶりに今昔を語って楽しい機会となりました。

帰りがけに東北大学の片平キャンパスを歩いてきました。公孫樹食堂は取り壊され、北門食堂はモダンな建物に建て替え、北門の壁は撤去されていましたが、古い建物と新しく建て替えられた建物、新旧入り交じって落ち着いた佇まいを保ちながら、市民に開放された都心の公園的な空間になっています。
→ http://campus.bureau.tohoku.ac.jp/campusguide/kat_his/kat_history.html

391416930_7515330281815839_1560223557573
391399647_7515330201815847_4450494612508
391400029_7515330368482497_1026218343110391413093_7515330228482511_8833471033202
391427954_7515330405149160_2555238096782391386787_7515330491815818_2995353985389
391443874_7515330548482479_9927621859036391612264_7515330575149143_3529272145301
391417465_7515330641815803_6966735776245
391357772_7515330688482465_6537101916424391452251_7515330731815794_1538327756445

 

2023/10/11

仙台・栗駒・蔵王 気まま旅(その4)

前を何度か通ったことはあるけれど、仙台に近いだけに泊まったことのなかった青根温泉の老舗旅館。歴代伊達藩主の御殿湯だったところで、多くの文人墨客も滞在しています。
この建物を維持していくのは大変なことだと思います。400年前の湯船を残して建物を建て替えた大湯や土蔵を改修して風呂にした蔵湯は真新しいです。殿様のために建てられたという桃山様式の御殿(現在の建物は昭和7年築)は、現在客室としては使用していませんが見学することができます。

387824891_7512567142092153_2898645369875
387844686_7512566982092169_3768773897932387812524_7512566805425520_7212660448653
387817453_7512566788758855_4727744620555387823355_7512566782092189_4549009048325
387824059_7512567002092167_1610608012025
387808149_7512566978758836_2695058003240387203845_7512567115425489_8334789629632
387818472_7512573848758149_6252873824552387820692_7512573865424814_5674774118909
387815880_7512573872091480_6211763814928

 

やっと空が晴れました。今度は蔵王の紅葉でリベンジ。麓はまだまだだけど、山頂付近はちょうど紅葉が見頃になりつつありました。風が強くて結構寒いです。

387815105_7512490108766523_1699095161050
387824999_7512490278766506_3009122320315
387873270_7514023028613231_2896909905779
387813640_7512490402099827_1851643940157
387824861_7512490412099826_2477494042905

 

天童の肉そば。歯ごたえのある鶏肉の入った甘辛味の冷たい蕎麦です。山形では蕎麦にはゲソ天が定番。

391390846_7515037258511808_8024524850758

 
そばとラーメンの味比べもありました。

391284107_7515035518511982_1202221481626

 
天童では、わらび餅が絶品と人気の和菓子の店にも行きました。

391546696_7515037261845141_3730760036431391413200_7515037255178475_2858626758006

 
こちらは明治12年に建てられた東村山郡役所の建物。今は「天童織田の里歴史館」と呼ばれています。

391427555_7515037378511796_3075271348161

 
なんと、織田信長の次男の織田信雄が秀吉の転封を拒んで改易になってから徳川時代に再興し、子孫が天童藩主として幕末を迎えています。石高2万石程の東北の小藩は維新の際に官軍と奥羽越列藩同盟の板挟みに遭います。全国シェア9割を占める将棋駒の生産は、生活困窮にあえぐ藩士の内職に奨励されたのが興りと言われています。

織田信長サミットなんてあるのですね。
https://www.city.tendo.yamagata.jp/municipal/syokai/tendoodahan.html

 

2023/10/10

仙台・栗駒・蔵王 気まま旅(その3)

栗駒に行ったけど、紅葉にはまだ少し早かったようです。おまけにあいにくの雨模様で降ったり止んだり。栗駒山頂は諦めて、須川温泉の近くを散策しました。

387814909_7512283045453896_3413159386978387832838_7512283028787231_6234084235625
387811461_7512283085453892_8920793539957387815185_7512289772119890_3448898627379

 

須川高原温泉は標高1100m、岩手県と秋田県の境の奥羽山脈の稜線にあります。宿の裏手からpH2の酸性泉が毎分6000ℓ湧き出して川になっています。これを引き込んで掛け流しどころか源泉垂れ流しの内湯や大露天風呂があります。以前は宿の中庭に温泉プールもあったのですが、残念ながら岩手・宮城内陸地震で壊れてしまいました。

387808241_7512359085446292_5298242325350387844687_7512359102112957_4680709290206

 
栗駒一帯は地熱地帯で、近くには峡谷の底で熱水の吹き出す小安峡があります。

Dsc09171-900Dsc09164-900

 
さらには、日本最大級の温泉の滝がある川原毛地獄など、地熱パワーが漲っています。

391694731_7512359265446274_7426481494820

 
今回は行きませんでしたが、少し山道を歩くと川原毛大湯滝があって、ダイナミックな温泉を体感することができます。
下記は以前家族旅行で行ったときの記事です。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2005/08/post_2984.html

さすが地熱地帯。山腹には地熱発電所のパイプラインも走っています。

387816344_7512357298779804_3660217851337

 

栗駒山を秋田県側に下ったところに稲庭という集落があります。ここのツルツルのうどんが大好物なのです。
二軒はしごして、冷たいうどんと温かいかけうどん、乾麺と生麺(×タレ3種)の味比べをしました。メニューにちゃんと味比べがあるのです。温かいうどんは冷たいうどんを食べ終わってから出してくれました。

387812155_7512387328776801_3609903876667387829441_7512387322110135_3142165260447
387879069_7512387325443468_7152178542834

 

2023/10/09

仙台・栗駒・蔵王 気まま旅(その2)

一関市の栗駒山麓に広がる農村風景。このあたりは昔、中尊寺の荘園だったと言われています。

387824873_7512233242125543_1416186191295

 

国道342号を栗駒方面に上がる途中、壊れた橋の残骸が残っています。このあたりは岩手・宮城内陸地震で地滑りと河川閉塞による水没で大きな被害の出たところです。秘湯の温泉旅館も大きな被害に遭っています。

387822786_7512269295455271_2122193430282
387816314_7512269318788602_6263855674866

 

2023/10/08

仙台・栗駒・蔵王 気まま旅(その1)

名取の閖上朝市。
朝8時にもう人でいっぱい。
ホタテやカキを焼いている人もいます。自分は水餃子で朝ごはん。

387055954_7492654534083414_2476192097480
387029217_7492657234083144_2830620687271387060107_7492657904083077_2403598194398

 

閖上の後、登米市(とめし)へ。平成の大合併の前まで登米郡登米町(とめぐんとよままち)だったところで、県立高校は「とめこうこう」、中学校は「とよまちゅうがっこう」です。

江戸時代は登米伊達家の城下町として米作りと北上川の水運で栄えてきました。明治の初めに水沢県の県庁が置かれたこともありました。市内のあちこちに国指定重要文化財の旧登米高等尋常小学校校舎をはじめ、旧県庁や旧警察署、商家や武家屋敷跡などが現存し、みやぎの明治村と呼ばれています。

中央のバルコニーが素敵な旧高等尋常小学校は、明治21年の建築で、昭和48年まで小学校として使われていました。
受付の方の名字が羽生さんだったので、「宮城県に羽生さんは多いんですか?」と尋ねたら、登米市中田町に多くて、弓弦さんの父方の実家も中田町なのだそうです。
昔ながらの窓ガラス越しに今の小学校が見えます。

387807123_7511871478828386_5094958331855
387815246_7511871488828385_5765770972918387817310_7511882212160646_2556935898281

 

武家屋敷の中にカフェがあります。古い建築以外にも、武家屋敷の一角には隈研吾氏設計の懐古館があります。

387810065_7511871625495038_2638195288244387809188_7511871622161705_5342048614980

 

街外れには、大きな枝垂れ桜をバックに能舞台のある伝統芸能伝承館「森舞台」があります。これも隈研吾作品。1997年に日本建築学会賞をとっています。

387819000_7511874398828094_4772112254337387823746_7511874358828098_3259339343701

 

こちらは、明治5年に建てられ、水沢県庁舎として使われた建物で、その後、小学校、裁判所として使われました。

387810331_7511871472161720_2974497397248

 

昭和43年まで使われていた旧警察署の建物。こちらも物見台のバルコニーがあります。昔は消防も警察の業務だったので敷地内には火の見櫓があります。旧高等尋常小学校と同じく宮城県技手だった山添喜三郎が設計監督しました。

387807425_7511874375494763_8199700348968

 

登米のお昼は、油麩丼 と はっと汁 をいただきました。

387810888_7512015625480638_1427468709032

 

2023/10/06

秋の味覚

栗拾いをしました。
この栗の木、ろくにお世話もしないのに毎年たくさんの実を付けます。

385275560_7480752118606989_3906492173785

 

地面に落ちたイガの中から栗を取り出すのですが、よく見るとイガの中にはどれも実が3つ入っています。3つとも立派に育っているのは稀で、大2+小1 か 大1+小2 が多いです。

385302383_7480752145273653_2194693579114

 

余談ですが、栗のイガは他の果実でいうと皮に相当するのだそうです。そして、栗の鬼皮が果肉、渋皮の内側の食べられる部分は種なのだそうです。

385297968_7480747568607444_4037460657649

 

さて、今日採った栗はさっそく栗ご飯にしました。まだまだこれから採れそうです。焼き栗にしてもおいしいと思います。

386340147_7480753658606835_9150126206218

 

 
近くには、イチョウの木があって、もう銀杏がいっぱい落ちています。
銀杏もまた秋の味覚です。

385367244_7480752141940320_9461900284045385367116_7480752285273639_4153071361107

 

2023/10/05

アイスクリームがコーンの上に乗っているのは、

アイスクリームのカップがなくなったときに、たまたま隣にワッフル屋さんがあったから。

1904年にアメリカのセントルイスで開かれた万博での一幕です。

20230914_134626-900tp 万博会場で暑い日に、たまたまアイスクリームとワッフルを隣り合わせで売っていました。アイスクリームはどんどん売れますが、ワッフルは売れません。当時アイスクリームは器こと客に渡してあとで器を返してもらう売り方をしていましたが、なにぶんの混雑、渡した器が返ってきません。足らなくなって困った挙げ句に思いついたのが、「そうだワッフルでくるんで売ろう!」だったとか。ということで、アイスクリームもワッフルも商売繁盛、めでたしめでたしとなったのです。

このブレークスルーをきっかけに、アイスクリームをコーンの上に乗せて売るスタイルが急速に普及することになりました。

これ、チコちゃんに叱られるでやってました。

 
アイスクリーム×コーンは、T型フォードやエジソンの飛行機などと並んで20世紀の偉大な発明を記念する米国の切手シリーズに収められているそうです。

 → https://www.lotte.co.jp/entertainment/shallwelotte/story/stamp/ice/

 
それにしても、いきなり涼しくなって長袖が必要になりましたね。
 

2023/10/02

観測史上最も暑い9月だった

さすがに10月に入って、涼しく感じるようになったけど、9月は本当に暑かった。
観測史上最も暑い9月だったようだ。
以下は、気象庁の観測データ(大府観測点)を自分なりに加工したもの。

9月末になっても気温が下がらず、平年との気温比較でも、日最高気温が平年よりも約6度も高い日(9月28日)があった。

今年と平年の一日の気温の乖離を見ると、平年よりも涼しかったのは、日平均気温で3日、日最高気温で4日、日最低気温で2日のみ。日最高気温では9月は毎日平均で平年よりも2.8度高い結果になった。
真夏日は24日、熱帯夜は5日あった。

384471744_7464996910182510_7865407588500
 
385301852_7464996933515841_6695802612607

 

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »