« 良い年になりますように | トップページ | さて、どれにしましょうか。 »

2024/01/04

現役世代によるコミュニティ運営の変革~第28回コミュニティ工学ワークショップ がおもしろそう!

これ、注目!
市民も、自治体職員も、関心事では。

以下、序文の抜粋です。

少子高齢化により地域コミュニティの希薄化や担い手不足や起こり、社会が停滞している状況が見られます。そのような中でコミュニティ運営のヒントを探るためのワークショップを開催します。いま変革の波が起きている3つの地域から、コミュニティ運営のキーパーソンをお招きしてその最前線に迫ります。

【3つの地域のキーワード】
・塩尻:移住者を起点としたローカルビジネス
・岡崎:関係人口を活用したエリアマネジメント(地元の人×よその人)
・勝央:子どもや高校生を巻き込んだ地域ブランディング

Community-tech-ws-28th-20240124a

 
詳しくは、
 現役世代によるコミュニティ運営の変革~第28回コミュニティ工学ワークショップ | Facebook

または、
 名古屋工業大学 コミュニティ創成教育研究センター (nitech.ac.jp)

をご覧ください。

|

« 良い年になりますように | トップページ | さて、どれにしましょうか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良い年になりますように | トップページ | さて、どれにしましょうか。 »