フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 特別講演会「万葉のともしび ~久松潜一先生によせて~」が開催されます。 | トップページ | 奥鬼怒の旅 その2 »

2024/06/12

奥鬼怒の旅 その1

栃木県の鬼怒川最奥にある秘湯を訪ねました。ちょっと遠いのでなかなか行けなかった所です。

奥日光の光徳牧場から山王峠を越えて川俣温泉に至る山王林道(奥鬼怒林道の一部)を通って女夫淵駐車場へ。これより上流は一般車通行止め。ここから川沿いを1時間少し歩くと、奥鬼怒温泉郷。

このエリアは鬼怒川の谷の最奥で、4軒の温泉宿があるほかは民家もありません。海抜は1,300mを超えます。更に3時間ほど山を登ると、鬼怒川の源流にあたる鬼怒沼(標高2,040mにある高層湿原)に至ります。
まさに秘湯で、泉種は乳白色の濁り湯から無色透明の単純硫黄泉まで、滝の真横の露天風呂などもある、野趣あふれる温泉です。

Dsc052201500tpnnnnn
光徳牧場から山王林道へ。山王峠まではさほど時間は掛かりませんが、川俣温泉の噴泉橋までの下りが長いです。

 

Dsc052281500tpnnnnn
奥鬼怒エリアには4つの秘湯の宿があります。
奥鬼怒林道は一般車通行止めなので、川沿いに歩くか、宿によっては宿泊客の送迎があります。

 

20240611_171731800pnnnnn20240612_071734800nnnnn
20240612_143136800pnnnnn20240612_141304800nnnnn
Dsc05268-800t20240612_102344800nnnnn
宿もいろいろ、4者4様。 日光沢温泉は登山者の宿ですね。中のお風呂に入れてもらおうと思ったのですが、お休みでした。

 

20240612_104449800nnnnn
20240612_105621800pnnnnn20240612_112759800pnnnnn
鬼怒沼まで往復する余裕はなかったので、ヒナタオソロシの滝とオロオソロシの滝の見えるところまで上ってみました。
木々に隠れてチラッとだけ見えるヒナタオソロシの滝(写真右)。その奥に見えるのは根名草山(2,330m)です

 

« 特別講演会「万葉のともしび ~久松潜一先生によせて~」が開催されます。 | トップページ | 奥鬼怒の旅 その2 »

季節・自然」カテゴリの記事

趣味・旅・遊び」カテゴリの記事

2023年9月以降の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 特別講演会「万葉のともしび ~久松潜一先生によせて~」が開催されます。 | トップページ | 奥鬼怒の旅 その2 »