サイエンス・テクノロジー

2017/09/30

サイエンスの秋! あいちサイエンスフェスティバルが開催されます。 山本尚名古屋大学名誉教授の一般向け講演も。

地域科学祭『あいちサイエンスフェティバル2017』が開催されています。

10月9日(月・祝)14時からは、名古屋大学で、
講演会「分子をつなぐキューピット!? 触媒が広げた化学の世界」
が開催されます。講師は、山本尚 名古屋大学名誉教授です。山本先生は、ルイス酸触媒による不斉合成を手掛けて来られた有機合成化学の権威で、ノーベル賞候補とも言われています。

講演の前、13時からは、中高生向けの「触媒のちから~光る分子合成実験」 のデモンストレーションもあります。いずれも名古屋大学にて。

Aichisciencefestival20171009l

Aichisciencefestival20171009e

 

市民と専門家との対話イベント! サイエンストーク も県内各地で開催されます。
スケジュールは以下の通りです。

D7c2569c2ce282d8863a52eeeacee7f0

※連続講座ではないので、1回ずつの参加が可能です。(申込不要、各回30名)
 開催時間は18:30~20:00(一部変更あり)、会場は会によって異なります。
 各イベントページをご確認ください。

10/06(金) 図書館サイエンス夜話~シリーズ"宇宙"~第一夜「月から読み解く太陽系の歴史」鶴舞中央図書館)
        ゲスト:
諸田智克講師(名古屋大学大学院環境学研究科)

10/11(水) 「おもしろレオロジー:どろどろ/ぐにゃぐにゃ物質の科学」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:増渕雄一(名古屋大学大学院工学研究科教授)

10/16(月) 「遺伝子からみるがん研究の最先端」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:近藤豊(名古屋大学大学院医学系研究科教授)

10/18(水) 「素粒子物理の実験屋が、視覚障がい児の科学教育に関わる理由」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:児玉康一(愛知教育大学教授)

10/19(木) 図書館サイエンス夜話~シリーズ"宇宙"~第二夜「世界最大のプラネタリウムをつくる」鶴舞中央図書館)
        ゲスト:毛利勝廣(名古屋市科学館主任学芸員)

10/20(金) サイエンスコミュニケーター~生命科学を伝える仕事」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:工藤光子(立教大学理学部特任准教授)

10/23(月) 「[バイオカフェinなごや]新たな品種改良法「ゲノム編集」とは?~健康によいキャノーラ油の作出をモデルとして」」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:奥崎文子(玉川大学農学部准教授)

10/26(木) 図書館サイエンス夜話~シリーズ"宇宙"~第三夜「超小型衛星で切り開く宇宙フロンティア」鶴舞中央図書館)
        ゲスト:田島宏康(名古屋大学宇宙地球環境研究所教授)

10/30(月) 「自分をだます、触れる触覚」(Cafe&Bar Perms(パームス))
        ゲスト:岡本正吾(名古屋大学大学院工学研究科講師)

11/01(水) 「なぜ家族介護者は共依存に陥りやすいのか?~手を抜けと言われるのが辛い心理」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:堀容子(一般社団法人ハッピーネット代表理事)

11/02(木) 「科学報道に求められるもの」Cafe&Bar Perms(パームス)
        ゲスト:辻篤子(名古屋大学国際機構特任教授/元・朝日新聞論説委員)

11/06(月) 「まちを育てる「アート」と「サイエンス」の力~「アルスエレクトロニカ」。ヨーロッパの小さな町の大きな挑戦」7th cafe
        ゲスト:鷲尾和彦(株式会社博報堂 クリエイティブ・プロデューサー)

11/10(金) 「神経難病・認知症の克服に向けた医学と社会の連携」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:勝野雅央(名古屋大学大学院医学系研究科教授)

11/15(水) 「なぜ社会は右と左に別れるのか?分断の計算社会科学」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:笹原和俊(名古屋大学大学院情報学研究科助教)

11/17(金) 「ダイアモンドで創る超高圧力の世界~沈む氷。目の前に広がる100万気圧の世界~」Cafe&Bar Perms(パームス)
        ゲスト:長谷川正(名古屋大学大学院工学研究科教授)

 

あいちサイエンスフェスティバルは、愛知県全域および周辺地域で開催する地域科学祭です。この地域にサイエンスやものづくりを気軽に楽しむ文化を育むため、大学や科学館・博物館等でつくる「あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク」の連携で開催しています。事務局は名古屋大学に置かれています。
一般の団体や有志もネットワークを通じてサイエンスイベントを告知するなど、サイエンスフェスティバルに参加することができるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

3年目のシルバーフェスタは、雨にもかかわらず大盛況

シルバーフェスタに行ってきました。
台風が接近中で雨の中にもかかわらず、文化センターの駐車場は満車、とても賑わっていました。
会場では、いろんな展示や体験があります。開脚・閉脚の繰り返しを1分間続けられるか、マス目に100までの数字のコマを何分で並べられるかなど、結構ハード、かろうじて30代と出たかな?? みんなで歌おう♪歌声喫茶もあったり、認知症への理解を深めるオレンジ劇団の舞台があったり・・・。“すごく怪しい”占い師もいました。

 Dsc07761_800x600 Dsc07757_800x600
 Dsc07795_800x600 Dsc07819_800x600
           Dsc07823_800x600

メークアップ中の新婦を待つ新郎。誰のアイディアではじまったのでしょうか。このあとちょっとしたお披露目をして、記念写真という恒例のアトラクションです。

 Dsc07804_800x601 Dsc07806_640x480
 21743029_506036429743745_53433825_2 21433260_506036646410390_45211154_2

東浦のまちをもっとステキにしたい!と活動しているボランティアグループ“チームにじ”の呼びかけで、老人クラブやシルバー人材センターなど高齢者の皆さん、福祉施設や社会福祉協議会の皆さん、民生・児童委員や人権擁護委員・・・など、日頃様々な活動をされている方々やその他の有志の皆さんが集まって、知恵を絞って開催する一大交流イベントです。この中からさらに何かが育ってきそうな予感がします。

 Dsc07746_800x600 Dsc07767_800x600
 Dsc07751_800x600 Dsc07828_800x600
 Dsc07775_800x600 Dsc07788_640x479
 Dsc07802_640x480 Dsc07811_640x480

 

昼から、名古屋大学レクチャーを聴きに行きました。
高校の教科書に出てくる「岡崎フラグメント」ってご存知ですか?
岡崎恒子博士と篠崎一雄博士による、遺伝子複製のしくみについてのお話しでした。

Dsc07830_800x601

岡崎フラグメントについてのやさしい解説はこちらにもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/28

名古屋大学レクチャー2017 のご案内

こんな案内をいただきました。
詳しくは、 http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/~lecture/ をご覧下さい。参加申し込みは、8月28日までです。

Nagoya_ac_lecture_20170916

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/28

胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むの?

人間ドックを受診しました。
バリウムを飲みました。あの白くてドロドロの甘いやつです。
今回から、柚子、オレンジ、紅茶、コーヒーの4つの味から選べるようになりました。私は紅茶味にしました。プレーンがあってもいいと思いますが、甘くないとさすがに飲めませんかねえ。

ところで、
胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むのでしょうか?

造影剤という言葉があります。造影剤とは消化管や血管などの形を鮮明に映し出すためのものです。X線を遮る物質を飲んだり血中に投与したりして、影をつくるのです。

胃のエックス線撮影の時には、造影剤としてバリウムを飲みます。実際には硫酸バリウム(BaSO4)を水で溶いたミルク状の(ちょっと甘い味付けがしてある)ものを飲んでいます。
なぜ硫酸バリウムかというと、バリウム化合物はエックス線を吸収する性質が強いのです。バリウム化合物があるとその部分はエックス線を通さないため陰影がはっきり写ります。

バリウムそのものは毒性があり、例えば塩化バリウム(BaCl2)などは水に溶けるため飲むことができません。しかし、硫酸バリウムはほとんど水に溶けないため人体に吸収されず、そのために無害なのです。また、酸やアルカリにも強く、塩酸と煮沸すると一部溶解しますが、胃液程度の酸には溶けません。

このように造影剤の持つべき条件として、
①周囲の組織と比べてエックス線の吸収の違いが大きいこと、
②毒性(副作用)が小さいこと、
③検査後体内から排出されやすいこと、
④化学的に安定なこと、などが挙げられます。
 →http://www.mb.ccnw.ne.jp/sfujii/satuei/satuei06.html

同じような条件を持つ物質としてヨウ素を挙げることができます。ヨウ素(I)をたくさん含む水溶性化合物には、ガストログラフィンのようなトリヨード安息香酸誘導体があり、血管、リンパ管、消化管などに注入して使用されます。

Zoueizaiina

なぜ、バリウムやヨウ素がエックス線を吸収しやすいかは、(簡単に言うと)バリウムやヨウ素が重元素(周期表で下の方にある原子番号の大きな元素)だからです。重元素は原子核にたくさんの陽子が詰まっていてその周りをたくさんの電子が覆っています。そのためエックス線が電子と衝突(相互作用)しやすいからです。
重元素と言えば、ほかに鉛や金もありますが、鉛は毒性が強いし、金は高価だし、そんな理由で、バリウムとヨウ素が重宝しているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/08

よむサポミーティング、うのはな館企画展示「鉱物の魅力」、遺跡発掘現場

午前中、第21回よむらびサポーターズ会議に参加。よむらびサポーターズ会議(略して“よむサポミーティング”)は、図書館シンポジウムとよむらびカフェ(住民参加型ワークショップ)の参加者を中心に図書館に関心のある人たちが集まり、図書館をより魅力的かつみんなに親しまれる場所にするための活動です。

今回のお題は、
①よむらびフェスタ(8/5(土)10:00~12:00開催予定)の内容
②よむサポチームTシャツのデザイン決定
③ぐるぐる図書館の今後の展開
④図書館1F視聴覚コーナー再編
についてでした。自由な雰囲気で毎回クリエイティブな展開があるので見ていて楽しいです。
よむサポミーティングは、月に1回程度のペースで開催されており、初めての方の参加も歓迎しています。次回の予定は、9月10日(日)10時からです。

 Dsc04513_640x480 Dsc04519_800x600

 

うのはな館(郷土資料館)で開催中の「鉱物の魅力」を見てきました。
鉱物とは、“地質学的な現象を経て、形成された一定の化学組成と結晶を構造を持った物質”のことです。岩石は鉱物が集合してできています。

 Dsc04532_800x600 Dsc04530_800x601
 Dsc04534_800x600 Dsc04529_800x601
ルビー、サファイヤ、ダイヤモンド、水晶などのジェムストーンやちょっと変わった鉱物が展示されています。

              Dsc04528_800x599
ラピスラズリは、古代エジプトでも珍重されたパワーストーン。青色顔料の原料です。南仏コート・ダジュール(紺碧海岸)のアジュールも同じ語源だそうです。

 Dsc04525_800x602 Dsc04526_800x600
特有の黒い縞模様があるのは金鉱石です。鹿児島県にある菱刈鉱山の金鉱石は、1トンあたり30~40グラムという世界トップクラスの金含有率を誇っています。

              Dsc04524_800x602
この輝安鉱は、愛知県東栄町の稲目鉱山のものです。稲目鉱山は県内では今どき珍しい現役の鉱山ですが、ファンデーションに使われるセリサイト(絹雲母)の世界的な産地なのだそうです。

              Dsc04533_800x600
こんにゃく石と呼ばれる柔軟な(曲がる)石もあるんですね。手にとって曲げられると良いのですが。

いろんな石が所狭しと並んでいて、好きな人は飽きないと思いますが、鉱物の単純な展示に加えて、鉱物の成因や産地の分布、鉱物にまつわるこぼれ話などもわかるともっと楽しい展示になると思います。

 

緒川の天白地区の遺跡発掘現場です。ここで計画されている区画整理事業に先行して発掘作業を行っています。ここは入海神社に続く段丘崖の上にあって貝塚が埋蔵されていることがわかっています。さて、どんな古代からのメッセージが出てくるか楽しみです。

 Dsc04540_800x600 Dsc04547_800x600
 Dsc04554_800x600 Dsc04548_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/20

サイエンス講座「手羽先から学ぶ骨と骨格」 のご案内

生活や身のまわりでみられる科学とその仕組みについて学ぶシリーズ講座です。
各分野の研究者・専門家により語られる研究成果をじかに学びます。

今回は、「手羽先から学ぶ骨と骨格」と題して、共通の祖先をもつヒトとニワトリの骨の構造から身体の仕組みを学びます。実際に骨格標本をつくって理解を深めます。

7月8日(土)13時30分から、文化センターにて。

Sciencekouza_kokkaku_20170708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/15

うのはな館企画展「鉱物の魅力」 のご案内

私たちの住む地球は、いろいろな鉱物からできています。採取された鉱物はその特徴を生かして石材や陶磁器、建築、製鉄、宝石などに利用され、私たちの生活に役立っています。

本展では、岩石・化石・隕石も含めて、きれいで、不思議で、奥深い、鉱物の魅力をご紹介します。 ご家族でお楽しみください。

鉱物の魅力をボランティアが解説する「ギャラリートーク」を開催します!
日時: 6月25日(日曜日)、7月30日(日曜日)、8月26日(土曜日) 各日午前11時~
申込: 不要。参加の方は、当日開始時間までにお越しください。
※ ギャラリートークにおいてご質問のある方は、参加日と質問を明記のうえ、事前にファックスかEメールで下記問い合わせ先までご送付くださるとありがたいです。

企画展示は8月27日(日)までです。

Koubutsunomiryoku20170610a

Koubutsunomiryoku20170610b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/03

ペットボトルのキャップを眺めていて、気になったこと

先日、ペットボトルのお茶を飲んでいてふと気づいたことがあります。キャップの上部に微細な切込みが入っています。よく見ないと気付かないほどの小さな切込みです。
何の為にこんなところに切込みがあるのかと不思議に思って、facebookに素朴な疑問を投稿してみました。そうしたら、すぐに調べてコメントを返してくれた方がいました。

Fb20170522a
それによると、ボトルにお茶を詰めてキャップをしてから、ボトルのスクリュー部分に茶渋がつかないようにこの微細な穴(ベントホールと呼びます)から水を送り込んでボトルのスクリュー部分を洗浄するのだそうです。
 →http://www.excite.co.jp/News/bit/00091181487278.html

すごい!繊細!日本的!さすが、芸が細かいですね。
でも、飲み口のねじの部分を洗浄して茶渋を目立たなくする・・・そこまでやるか?
自分なら気にしませんが、とにかく繊細です。
スポーツドリンクなど汚れが目立たないものはキャップに穴がない・・・見た目だけのことならどうでも良さそうな気もします。

そんなわけで、ちょっと考えさせられました。
ユーザーの微妙なニーズに応える繊細な心遣い。それを実現する技術を追求する飽くなき挑戦。それは凄い。

でも、些細なことに拘る競争の末にガラパゴス化しているという面もあるのでは。高画質高音質のテレビなど、ひたすら超高性能の日本製品は海外で売れなくなってしまいました。
繊細な感性とひたすらな技の追及は、それはそれで価値だけど、繊細・些細な競争をいたるところでやってるのもちょっと窮屈な感じがします。
細かいことにこだわりすぎるが故に、本質的な発想の転換がおろそかになっている面も否めないのではないでしょうか。

Dsc03697_1280x960

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

長寿研・あいち小児 医療現場臨床ニーズ発表会 in 国立長寿医療研究センター に出席しました。

 ウェルネスバレー推進協議会(会長:国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 理事長 鳥羽研二、事務局:大府市・東浦町)では、健康長寿の一大拠点の形成を目指す「ウェルネスバレー構想」の取組の一環として、医療機関から収集したニーズについて、この地域のものづくり企業と、全国的な販路を有する医療・福祉分野のメーカー等をマッチングすることにより、ものづくり企業の医療・福祉機器分野への参入を支援しています。
 今回のニーズ発表会では、医工連携を推進している東京都医工連携HUB機構と連携し、国立長寿医療研究センターとあいち小児保健医療総合センターが、下記のプログラムで、医療現場の臨床ニーズを発表しました。あわせて、医療者等との交流会も開催しました。

[ニーズ発表会概要]
  13:00-13:15 開会挨拶
  13:15-13:25 発表会の流れ・マッチング方法の説明
  13:25-15:20 臨床ニーズ発表
       医療機器開発につながるニーズ25件程度を発表予定
   ※発表ニーズはこちらです。
  15:40-17:10 医療者等との交流会

[参加予定の診療科・部門]
  臨床工学部、輸血管理部、整形外科、内科総合診療部、
 治験・臨床研究推進センター、救急科、脳神経外科、
 診療支援部 心理指導科、放射線診療部、薬剤部、PICU、
 看護部、臨床検査部

18679168_452885265058498_64078822_n
両医療機関の様々な部門から「これがあったらいいのに」と思えるようなニーズ発表がたくさんあり、それに応える全国から集まった医療・福祉分野のメーカー等で、会場は熱気にあふれていました。
少し残念に思ったのは、地元企業の参加が多くなかったことです。町行政と商工会事務局のPRが足りなかったことも反省せねばなりません。
 

Needshappyou20170524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

藤江小学校区で地下トンネル探検

雨で延期になっていた「ワクワク!ハラハラ!地下トンネル探検会」に行ってきました。
ここは藤江地区の須賀川のの支流。道路の下にコンクリートのボックスが埋設してあります。集水域が30haほどの水路です。

その中に、マンホールから潜入。中は真っ暗。大人がかがんで歩けるくらいの高さです。
 Dsc03929_800x602 Dsc03956_800x600

入ったところで、藤江小学校の方から流れてくる水路と合流しています。
 Dsc03954_800x600_2 Dsc03972_800x600

床が結構滑るので段差には注意。
 Dsc03969_800x600 Dsc03973_800x600

途中のマンホールからは、酸欠にならないように念のため送風機で空気を送り込んでいます。
 Dsc03947_800x600 Dsc03977_800x600

暗渠の中に、ミシシッピアカミミガメとイシガメが居ました。

18622780_518868801837385_41712192_2

満水時に支線の水路に雨水が逆流しないように、逆止弁のついているところがあります。
 Dsc03974_800x600 Dsc03981_800x600

やがて出口が見えてきました。Dsc03983_800x600
そして、須賀川にぽっかり出ることができました。
 Dsc03986_800x600 Dsc03991_800x600

小学校に戻って、土木課から、参加した親子に、水路、河川、治水について説明です。
 Dsc04003_800x600 Dsc04005_800x600

地下トンネル探検会は、これが3回目。昨年は卯ノ里小学校区で行いました。

子どもたちは、昔は地上を流れていた小川が、今は道路の下を通っていたりすることを知らないと思います。そんなわけで、水路がどうなっているのか、防災や役場の仕事について知ってもらうことも含めて企画しました。
初めは、わざわざ危険個所を教えるなんてと、反対論もあったのですが、むしろ、隠しきれないものを隠すよりも、危険性も含めてきちんと正しい知識を教えるべきだと思います。それにちょっぴりスリルと好奇心を添えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧