パソコン・インターネット

2022/05/06

防災教育アドバイザー 近藤ひろ子さんの 防災動画 を配信中です。

5月から9月までの毎月、5回シリーズで、防災教育アドバイザーの近藤ひろ子さんがナビゲートする動画をYouTubeで配信します。

5月のテーマは「防災って?命を守るって?」です。

災害から大切な家族や地域を守るため、自分ごととして防災に向き合ってみましょう。

詳しくは、防災動画の配信について/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧ください。

 
近藤ひろ子さんは、東浦町在住。愛知県内の小中学校に勤務する傍ら、学校を拠点とする防災教室に携わり、2003年より文部科学省の研修委嘱を受け「学校・家庭・地域が連携した防災学習」に取り組んで来られました。2005年からJICA防災教育担当専門家として、夏季休業・冬季休業時期に、モルディブ、タイ、ブラジル、ミャンマー、チリなどの支援活動に携わっていらっしゃいます。退職後の2011年からは名古屋大学減災連携研修センターに在籍。現在は名古屋市港防災センターに在籍。県下の地域や学校などでも講演を行っています。

| | コメント (0)

2022/03/24

東浦町の情報をLINEで発信します。

3月からコミュニケーションアプリ「LINE」を使った東浦町の情報発信が始まりました。ぜひ友達登録をお願いします。

LINEでは、町に関するお知らせ、生活に役立つ情報、緊急情報などをお伝えします。

一方で、3月末をもって「愛知県東浦町」のFacebookアカウントの運用を終了します。フォローや“いいね”や書き込みをいただいたみなさま、これまでのご愛顧ありがとうございました。心より御礼申し上げます。今後は、これまでの 町ホームページ、Twitter に加えて、LINEによる情報発信に注力して参ります。引き続きご愛顧をお願いいたします。

Line-start20220401

 

おだいちゃんのLINEスタンプは、以前から好評販売中です。
       Odai-chan-stamp2022

 

東浦町では、他にも様々なonlineサービスを行っています。

広報ひがしうらは、10種の外国語に対応、音声読み上げ、文字サイズ調整機能付きの「カタログポケット」で受信することもできます。

       Kouhou-catapocke2022

 

ちたまる安全安心メルマガに登録すると、緊急地震速報、災害情報、防災情報、防犯情報などのメールが届きます。

       Anchin-mailmaga2022

 

フィックスマイストリートは、いつでも誰でも、町内の道路や水路の不具合を手軽に通報できる無料アプリです。

       Fix-my-street-2022

 

東浦町画像オープンデータは、みなさんから募集した町内の風景や懐かしい写真を公開するデータベースです。

       Higashiura-open-data2022

 

| | コメント (0)

2022/02/18

「かかみがはら暮らし委員会」の活動から、ゆるくつながるコミュニティの作り方を考える

夜、武豊町のゆめたろうプラザで開催された文化のまちづくりセミナー「ゆるくつながる.コミュニティの作り方」を聴いてきました。講師は岐阜県各務原市在住で地域コミュニティ「一般社団法人かかみがはら暮らし委員会」委員長のオゼキカナコさん。セミナーはオゼキさんの講演と、オゼキさんと日本福祉大学地域連携アドバイザーで半田市観光協会観光ディレクターの池脇啓太さんのトークセッションの2部仕立てでした。

Dsc009501200tnnnnnDsc009701200nnnnn

これまでコミュニティというと、地縁だったり、特定の活動分野だったり、タテ串・ヨコ串みたいなイメージに囚われがちでした。かかみがはら暮らし委員会は別に活動の目的分野が決まっているわけではないようです。ただ皆で楽しいことをしようというだけで、有志が集まり、やりたいからやっている。本当は、何かを考え動いてみたい若い人たちはたくさんいるのだけれど、行政には見えていないだけかもしれません。
それから、「楽しい」の重要な要素として、デザインマインドが必要だと痛感します。イベントやトークや商品についてもリアルで、ネットで、洗練された情報発信をしています。
組織運営では、決める人と従う人を固定化しないこと。これを固定化すると、しんどくなって長続きしません。自然にメンバーが入れ替わって新陳代謝できる集まりでありたいところです。
やりたいからやる市民プレイヤーのアイディアと行動力、そして、その自由な発想に対して、邪魔をしないでちょっと背中を押す行政の組み合わせが大事ではないかと改めて思います。

東浦に「かかみがはら暮らし委員会」のようなコミュニティはありませんが、各務原の「マーケット日和」に似た“やりたい有志がやっている”イベントとしては「おだい市東浦セミナー」が、自由な発想で運営しているカフェとしては「地域の縁側 グリーン・ラソ」があるのではと思います。

 
以下は、オゼキさんの講演を私なりに聴き取ったメモです。たぶん私の意訳も入っているので、時間のある方はNPO武豊が公開しているセミナー動画の視聴をおすすめします。

Yurukutsunagaru20220218a
Yurukutsunagaru20220218bYurukutsunagaru20220218c

 

自分は、各務原の街で雑貨のセレクトショップをやっていた。いまは、ショップアドバイザーとして、店づくりのコンサルを本業にしている。2016年に一般社団法人かかみがはら暮らし委員会をつくった。現在、会員約80人、入会は招待制で、会費は月500円。みんな、やりたいからやっている。やっていることは、会員同士のコミュニティの運営、カフェ、イベントの運営。具体的には、公園内にある「かかみがはらスタンド」でカフェをやりながら文化発信をしている。パークPFIで運営されているParkbridgeの運営の一部も行っている。市のイベントである「マーケット日和」には、企画ボランティアとして関わっている。「よりあい」といって毎月誰でも参加できる交流会をしている。それから、趣味の合う会員同士で、写真部やボードゲーム部などの部活動もしている。ネットで情報発信をして、緩やかに自分たちのコミュニティ以外ともつながっている。

きっかけは、行政とボランティアで始まった「マーケット日和」。3年目くらいにボランティアメンバーの中の(雑貨店、会社員、美容院、飲食店、デザイン会社をやっている)男女5人(たまたま全員各務原市民)が、毎年1回のおまつりのためだけに活動するのか?小さいイベントをもっと作れないのか?という疑問を持った。ちょうど、公園内のカフェスペースの経営者を募集するプロポーザルがあった。慌てて法人をつくって当時はまだ馴染みの薄かったクラウドファンディングで資金集めをした。そして今かかみがはらスタンドの運営をしている。それぞれ仕事があってかかりっきりにはなれないので、社員(事務局員)を一人雇った。この若者が毎月の寄り合いなどの取り回しをして、対話の場所をつくってくれている。

Dsc009591000tpnnnnnDsc009601000tpnnnnnDsc009611000tpnnnnn

3年前に「暮らし委員制度」を採用して、まちづくり活動からコミュニティへの転換をした。しかし、数人の理事メンバーが意思決定をして、集まった仲間たちが手伝いをする構図を続けていると、みんなだんだん疲弊してくる。リーダーは疲れるし、手伝いだけではやり甲斐に欠ける。そこで、みんなでコミュニティのリーダーを決めることにした。1年半前に理事を解散して、Zoomでコミュニティ選挙をしてリーダーを決めるフラットな組織にした。かかみがはら暮らし委員会のビジョンとして、①目指すところは「まちを楽しむ人たちのコミュニティ」、②何をするか?は「楽しみを見つけ『やりたい』を実現する場をつくる」とした。そして、①主体性(楽しいこと、やりたいことをやってみよう)、②透明性(情報共有し、助け合える場をつくろう)、③多様性(思いやりを持ち、受け入れよう)を大切にしている。これらのビジョンや大切にすることを入会時に伝えて、場違いな人には入ってもらわないようにしている。会議はfacebookライブ配信にして透明性を持たせた。今はSlackのチャンネルを使ってオンラインのコミュニケーションをとっている。
ホームページは、作りたいメンバーがつくった。仲間の一人一人を大切にする意味を込めてメンバー図鑑をアップしている。年に1回の委員長選挙で、最長2年まで委員長をやれる。年齢の上下関係もなくフラットな人間関係になっている。会員の年齢の中心値は35歳くらい。何かをやってみたい若い人は互いに知らないだけでたくさんいるはず。たとえば、自分のやっていた雑貨屋のお客さんやその仲間でも良い。人が人を呼ぶ。地元の高校で地域の活動について授業をしたのがきっかけで、高校生がメンバーに入った例もある。

Dsc009511200tnnnnn マーケット日和は、250店、3万人の集客があるイベント。ほとんどが市外からの出店。市内だけの店では魅力に限界がある。マーケット日和は、市のいきいき学習課という生涯学習を所管する部署が担当しているが、一つの課だけでなく多くの部署が関わっている。行政も暮らし委員会のメンバーも、良いものをつくろうと目指すところは同じ。フラットな関係をつくることが大事。継続性を考えると、行政の職員には異動があるが、市民には異動がない。マーケット日和では行政と何の契約もなく、ボランティアとしての関与なのでしがらみはない。カフェは行政に家賃を払っているだけで、運営は自由にやっている。
コロナ禍でマーケット日和は、2020年はオンライン開催とした。2021年は20店舗に絞り飲食なしにした。代わりに、地域の飲食店を取材し、マップや特別メニューをつくって、地域のお店を訪ね歩いてもらうことにした。イベントやトークや商品についての洗練された情報発信をしている。

自分は、本当は一人で何かしたいタイプ。やりたいからやる人生。結果的に周りも笑顔になれば嬉しい。でも、コミュニティの意義は、人と関わることで自分だけではできないことができること。歳をとると人と人との緩い関係が欲しくなる。何か言える人が誰でも必要だ。
コロナで、IT化が進んだ。Slackの書き込みはオープンにしていて会員以外の人も反応してくれる。70代から10代までのいろんなメンバーを優しく包み込む仕組みでありたい。
5人だけでは辛い。理事5人で決めたことをみんなで手伝う組織運営を変えた。そうすれば5人以上の知恵で運営できる。誰でもあとから入れる。いやなら離れれば良い。長く同じ立場にいると、疲弊するし凝り固まる。疲弊した組織を活性化するには、今まで待ったものを1回手放す勇気が必要だ。

他所のまちで「出張寄り合い」もやっている。今度3月に武豊町でも開催する。自分のまちで何かしたかったら、是非ご相談ください。

| | コメント (0)

2022/01/24

「体験!実感!プログラミング教室」追加募集のご案内

プログラムの仕組みを学び、プログラミング学習ソフトを使って、オリジナルのプログラミングづくりをしよう!
(Scratchを使い、カーレースやシューティングゲームをつくります。)

コース(2)[対象:小学4~6年生]について追加集中(1月27日(木)正午まで)です。

 日時: 2月6日、13日、20日、27日、3月6日、13日(いずれも日曜日)の全6回
  コース(1)[対象:小学1~3年生] 10時~12時 ※定員に達しました。
  コース(2)[対象:小学4~6年生] 14時~16時 ※追加募集中です。

 場所: 森岡コミュニティセンター(☎0562-83-3005)

 定員: 各コース10名(抽選)

 講師: 東浦パソコン教室 田中誓一氏ほか

 受講料: 各コース6,000円(初回徴収)

申し込み方法など詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/kouzaannai/bunsekouza/8934.html をご覧ください。

Programming-school-20220206b

 

| | コメント (0)

2021/12/30

つれづれログ、2021年の人気記事ランキングは?

つれづれログで、今年1年(1月1日~12月30日)よく読まれた記事の1位から30位までのランキングです。

毎年トップを走っていた「2  指紋検出に使われる ニンヒドリン反応とは?」は、「1  町内でキツネの生息が確認されていますが・・・」に抜かれて2位になりました。サイエンス関連の記事は他に「9  胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むのでしょうか?」「15 ハスの葉や里芋の葉は、なぜ水をはじくのか?」「21 ヘキサメチレンテトラミン」など3件がランクインしています。

比較的多くランクインしているのは、「1  町内でキツネの生息が確認されていますが・・・」のほか「3  愛知県から富士山が見えるのはどこでしょうか?」「6  ししおどしのつくり方」「7  必見! 師崎から見える富士山  知多半島で富士山が見えるのはどこか??」「11 竜ノ口渓谷探検」「12 世界の高い橋ランキング・・・上には上がある」「16 peninsula の語源は」「22 『池の水ぜんぶ抜く大作戦』で、池の掻い掘りをしました。」「23 於大公園は県内屈指、3本の指に入る野鳥の宝庫」「24 メダカとカダヤシ」「26 竹の花・・・その後は?」「29 耕作放棄地をブルーベリー農園に!」など、自然や地理にまつわる話題が多いです。

政治・行政や地元の話題としては、「5  豊田自動織機の新工場がいよいよ着工!」「8  豊田自動織機が東浦町に工場新設を発表しました。」「10 緒川城の『御城印』を新発売!」「17 於大公園の遊具広場🎡リニューアルコンテスト‼」「25 年度始め式あいさつ」「27 東部知多温水プールがリニューアルオープン」など。新型コロナウイルス関連の話題はランキングに出てきていません。

最もコメントを多くいただいている記事は、「1  町内でキツネの生息が確認されていますが・・・」と「4  神谷姓の由来は」で、読者の皆さんが愛知県内でのキツネの目撃情報を寄せてくださったり、全国の神谷さんが神谷姓のルーツにまつわる情報を書き込んでくださったりしています。

読者を地域別に見ると、愛知県の方々が過半数で、次に東京、神奈川、大阪と人口の多い都道府県が続いています。

本年も1年間、つれづれログに目を通していただきありがとうございました。時折コメントもいただき感謝いたしております。来年もつれづれなるままに毎日、書き綴って参りますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

1  町内でキツネの生息が確認されていますが・・・
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/01/post-da9e.html

2  指紋検出に使われる ニンヒドリン反応とは?
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/01/post-6a83.html

3  愛知県から富士山が見えるのはどこでしょうか?
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/01/post-ec2a.html

4  神谷姓の由来は
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2007/12/post_0acf.html

5  豊田自動織機の新工場がいよいよ着工!
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/06/post-91a0e3.html

6  ししおどしのつくり方
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/04/post-a628.html

7  必見! 師崎から見える富士山   知多半島で富士山が見えるのはどこか??
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/01/post-4d29.html

8  豊田自動織機が東浦町に工場新設を発表しました。
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/02/post-78dfd0.html

9  胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むのでしょうか?
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/08/post-0065.html

10 緒川城の「御城印」を新発売!
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2021/02/post-27b238.html

11 竜ノ口渓谷探検
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/10/post-626e.html

12 世界の高い橋ランキング・・・上には上がある
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/10/post-160e.html

13 「今でしょ!」の予備校講師 林修さんのお話し
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/01/post-aa57.html

14 訪れる人に安らぎを、去り行く人に幸せを(PAX INTRANTIBVS SALVS EXEVNTIBVS)
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/11/pax-intrantibvs.html

15 ハスの葉や里芋の葉は、なぜ水をはじくのか?
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/08/post-62d1.html

16 peninsula の語源は
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/04/post-e21d.html

17 於大公園の遊具広場🎡リニューアルコンテスト‼
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2021/01/post-25f5c8.html

18 東浦出身の若いピアニストのコンサートに行ってきました。
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/07/post-3416.html

19 神谷姓の分布は
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2005/07/post_3813.html

20 三丁公園に行ったことありますか?
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/05/post-4b5e.html

21 ヘキサメチレンテトラミン
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/06/post-9ad9.html

22 「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で、池の掻い掘りをしました。
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-8026.html

23 於大公園は県内屈指、3本の指に入る野鳥の宝庫
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/11/3-3503.html

24 メダカとカダヤシ
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/05/post-55cb48.html

25 年度始め式あいさつ
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/04/post-4b62.html

26 竹の花・・・その後は?
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2021/06/post-721177.html

27 東部知多温水プールがリニューアルオープン
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/04/post-fd67a8.html

28 ミズワールドインターナショナル日本代表の鈴木さんとお会いしました。
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2021/04/post-520794.html

29 耕作放棄地をブルーベリー農園に!
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/12/post-dcde13.html

30 川口副市長さん、おつかれさまでした。
  kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/01/post-6c6bef.html

 

| | コメント (0)

2021/12/25

日本語支援ボランティア養成講座【実践コース】(オンライン開催)のご案内

私たちの地域には、外国人住民の方が多く暮らしています。外国人住民の方と一緒に日本語を学ぶ「日本語支援ボランティア」をしてみませんか。

本講座は、新型コロナウイルス感染症対策として、オンラインで行います。パソコン、スマートフォン等、Zoomへの接続環境があればどこからでも参加できます。ぜひご参加ください。

詳しくは、日本語支援ボランティア養成講座【実践コース】(オンライン開催)をご覧ください。

Nihongoshien20220122yousei-1
Nihongoshien20220122yousei-2

 

| | コメント (0)

2021/10/11

日本語支援ボランティア養成講座【入門コース】(オンライン開催)のご案内

私たちの地域には、外国人住民の方が多く暮らしています。外国人住民の方と一緒に日本語を学ぶ「日本語支援ボランティア」をしてみませんか。

本講座は、新型コロナウイルス感染症対策として、オンラインで行います。パソコン、スマートフォン等、Zoomへの接続環境があればどこからでも参加できます。ぜひご参加ください。

10月30日、11月6日、13日、20日、27日、12月4日、11日(各土曜日)10時~正午

申し込みは各回1週間前までの受付です。
 

日本語支援ボランティア養成講座【入門コース】(オンライン開催)/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp)

 

Nihongoshien20211030yousei-1
Nihongoshien20211030yousei-2

 

| | コメント (0)

2021/10/04

初心者のための「スマホ教室」のご案内

デジタル機器活用に慣れていない高齢者等の不安解消に向けて、各地区でスマホ教室を開催します。
スマートフォン(スマホ)の基本的な使い方から、さまざまな行政手続きのしかたまで活用方法を学びます。初心者でも安心して受けられる講座です。基礎コースと応用コースがあります。

♦基礎コース
  電源の入れ方
  ボタン操作
  電話のかけ方
  カメラの使い方
  インターネットにつないでみよう など

♦応用コース
  アプリって?(インストール方法、簡単なアプリを使ってみよう)
  安心安全なスマートフォンの利用方法
  マイナンバーカードの申請 など

対象: スマートフォンの操作に自信がない方、スマートフォンを使用してみたい方など
定員: 各コース6名(先着順)
参加費: 無料
申込み: 平日9時から18時までに下記に電話にて事前予約
     知多メディアスコールセンター(フリーダイヤル)0120-23-7707
     音声案内に沿って7番を押してください

問合せ: 東浦町役場 広報情報課 TEL 0562-83-3111内線243 まで
主催: 知多メディアスネットワークと東浦町の共催

詳しくは、スマホ教室/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧下さい。

Smartphone-kyoushitsu20211013

 

| | コメント (0)

2021/09/03

東浦町ホームページをリニューアルしました。

9月から東浦町のホームページが新しくなりました。旧ホームページからの移行にあたり、画面が正しく表示されないなどのトラブルがありましたことをお詫び致します。
ホームページがきれいに表示されない場合は、ご利用のWEBブラウザのキャッシュデータを削除して、ホームページ再表示してみてください。キャッシュデータの削除方法は、【削除+キャッシュ】で検索できます。

リニューアルされた東浦町ホームページはこちらです。
 → ホーム/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp)

Higashiura-town-hp-20210901b

 
これからも、タイムリーな情報提供に努めてまいります。どうかご愛顧よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021/08/03

新しくなったバスロケーションシステムの 使い方と便利になったポイント

東浦町では、バスロケーションシステムを平成29年3月に刈谷市と同時に導入しました。「う・ら・ら」と結節点を持つ大府市も同様のシステムを昨年導入しています。
平成29年の導入以来、バスロケーションシステムの利用が着実に増えてきています。平成29年度のバスロケサイトへのアクセスは月平均6,938件(パソコン2,960件、スマホ3,978件)、令和2年度のアクセスは月平均13,999件(パソコン2,805件、スマホ11,194件)となっています。

バスロケーションシステムとは、バスの現在地や運行状況などをwebサイトや停留所の電光掲示板でお知らせするものです。このバスロケーションシステムが、今年8月に更新されました。

変更点としては、①運行状況の確認が素早くできる
        ②マイ停留所の登録ができる
        ③時刻表・路線図の確認が簡単にできる
        ④遅延や到着予定時刻もわかりやすく表示される などです。

更新と同時にバスロケのURLが変更になるので、各バス停のQRコードを貼り替えました。バスロケの使い方と便利になったポイントを以下にまとめました。ぜひ試してみてください。

  →バスロケのパソコンサイトスマホ・携帯サイト

Buslocationsystem20210801a
Buslocationsystem20210801b

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧