おすすめサイト

2020/01/15

ゴーン出国騒動にこんな指摘

ゴーン出国騒動で、なにかすっきりしない違和感を感じていたが、こんな指摘を読んだ。まさに自分の抱いていた違和感とはこれなんだと思う。
構想日本の加藤秀樹代表がメルマガのコラムに以下のように書かれている。

 

代表コラム「胸を張って法治国家と言えるのか」
 構想日本 代表  加藤秀樹
----------------------------------------------------------------
 
あけましておめでとうございます。
みなさまにとって今年が良い年となりますようお祈り申し上げます。
 
この年末年始は誰もが驚くニュースが相次いで飛び込んできました。カルロス・ゴーン被告の不法出国とアメリカ軍によるイランの司令官殺害です。どちらも、日本あるいは世界に長く影響を及ぼしそうな事件です。
 
前者について少し考えてみたいと思います。今の日本が抱えている深刻な問題が象徴的に現れていると思われるからです。
 
不法出国という言葉と合わせて、政府関係者やメディアがよく使うのが「日本は法治国家」というセリフです。
 
不法出国が法律違反であることは間違いありませんが、そうならばその違法行為をまんまと許した人たちはなぜ責任を問われないのでしょうか。法務大臣は自分は被害者だといったような発言をしていますが、普通の法治国家なら真っ先に責任を問われるでしょう。ゴーン被告ほどの大物で影響力の大きい人物なら首相レベルの責任だって問われるでしょう。
ところが、私の知る限りメディアもそこを追求しません。大阪富田林署の脱走事件ではメディアは随分警察の責任を追求し、処分も行われました。ケタはずれの今回の事件で、ほとんどそのことに言及されないのはなぜなのか。それこそ「法治国家」の名が泣くのではないでしょうか。
 
ゴーン事件について専門家の間では、逮捕当初から様々な疑問が呈せられていました。曖昧かつ通例では考えられないような容疑内容、身柄拘束が目的であるかのような逮捕のくり返し、不十分な証拠等々。私には判断できませんが、法律家の目には、相当に異例なことの積み重ねだったようです。しかも、そういった見解はマスメディアからはほとんど報道されません。
 
今回の不正出国についても、メディアが報道するものと言えば、おきまりのB級探偵ごっこです。
ゴーン被告のベイルートの家や、クルーザーの映像が映し出され、やれ大きな黒い箱だの、元アメリカ特殊部隊員だのと本質を大きくはずした「遁走劇の顛末」の後講釈ばかりです。
 
あらためて、ここ数年の日本の政治的な事件とメディアの報道を思い返すとどれも「法治国家」の体をなしていないという意味では、同類だったと思います。
 
少しさかのぼればモリ・カケ問題。最近では「桜を見る会」以来連続して起こっている大学入試の英語の民間試験・記述式試験の延期、IR汚職事件。公文書を隠滅し、ルールを勝手に変更し、責任を曖昧にといったことが常態化しています。
政権が代わっていいくらいの事件が続きながら、メディアも野党も探偵ごっこの域を出ず、まだ太平の眠りを貪っているのです。
 
ところが、今回は相手が悪かった!
あの辣腕、しかも資金もふんだんにある。
 
このメルマガが、読者のみなさんに届くころには、ベイルートでの記者会見を取材した世界各国のジャーナリストが一斉に記事を書くでしょう。ゴーン被告はあの弁舌で日本のいわゆる「人質司法」や推定無罪の原則の無視(これに関して日本のメディアは世界最悪かもしれない)などを滔々としゃべり、これからも発信し続けるでしょうから、日本の司法そして政府が国際世論の批判の的になる可能性が十分あると思います。
ゴーン被告の不法出国の眼目も、日本政府の失態のポイントもここにあると思います。
 
ゴーン被告の容疑についてきちんと決着をつけるべきなのは当然ですが、これから日本の政治と司法が国際世論に耐えられるのか。
まさに「法治国家」が問われています。
 
そして、国家運営にあたって、個々の課題の処理は大事ですが、その根底にあるべき正義とか人権、そして自由、平等、公正といった基本的な行動規範はもっと大事です。
そして、それらを歴史の中で育んできた伝統やモラルを大事にするのを保守政治と呼ぶのだと思います。
今の日本の政治とメディアにはこういった認識が致命的にかけている、と思います。
 
日産を一度は建て直したゴーン被告の逃走と反撃をきっかけに、私たち自身が日本を法治国家として再生しないといけないと思います。
構想日本は微力ながら、今年もそのことに邁進します。
 
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

| | コメント (0)

2019/11/24

まちづくりに関する講座・講演会のご案内

■これからの日本のまちを考えるときに、どのような方向がありえるでしょうか?
新しい潮流「タクティカル・アーバニズム」(Tactical Urbanism)についての講演会です。
https://tacticalurbanismjp02.peatix.com/

Tactical-urbanism-ac20191209fb

 

■シリーズでこんな講演会も。
タクティカル・アーバニズムサロン in Japan パブリックスペースの実践者が集まる夜 Powered by PechaKucha
https://tacticalurbanismjp03.peatix.com/

Pechakucha20191210fb

 

■熱海のまちづくりプレーヤーによる講座です。
https://www.facebook.com/events/2439742716241212/

Mba20191214fb

| | コメント (0)

2019/10/23

市民サービス向上のための勉強会「あなたの声で日本の法律・制度が変わる! ~地域の課題を提案募集方式で解決してみよう~」に参加して

先月、名古屋市内にあるオフィス家具メーカーの提供する共創空間で開催された、公務員の勉強会に参加しました。講師は、内閣府地方分権改革推進室の萩原秀樹 参事官と近藤乃介 調査員です。
同じ内閣府でも、地方が国に申請して認定される特区制度とは違って、地方が主導して内閣府地方分権推進室が間に入って闘うことによって国の法律・制度を変える「提案募集方式」のレクチャーと演習でした。以下は要約です。

 Dsc03629800pnnDsc03624800pnn
         Dsc03627800pnn

高度成長期は、国がグランドデザインを描き、全国的な観点から一定の基準・手続きを定めれば良かった。各地でインフラ・産業が発展し、文句は公害くらいだった。しかし、経済の成熟期においては、人口減少、少子高齢化による地域間格差が進み、国が行う一律の行政が合わない地域が生じた。個性ある地域づくり、地方創生が課題になった。
地方分権改革は、地域に即した住民サービスの向上と行財政の効率化(仕事を減らす、働き方改革を含む)を進める。「提案募集方式」は、①自治体が地域が実際に直面する課題を発見し、②内閣府に法律・制度改善の提案を提出し、③内閣府が自治体に代わって各省庁と折衝することによって地方に使いやすい制度に改善することで、地方創生に資するやり方だ。すなわち、地方が主導して国の法律・制度を変えることになる。この方式の対象範囲は、地方公共団体への事務・権限の移譲、または、地方に対する規制緩和(義務付け・枠付けの見直し、必置規制の見直し、各種補助要件の見直し、手続きの簡素化を含む)だ。ただし、事務・事業の主体が地方公共団体であって、法律・要綱によって一定の行為が求められており、具体的な支障事例があることがポイントになる。
これまで実現した成果事例としては、例えば、過疎地における救急隊員の編成要件の緩和、放課後児童支援員の資格と員数を参酌化、タクシーにおける貨客混載の緩和、義務教育学校の医療費援助事務におけるマイナンバー制度による情報連携の範囲拡大などがある。市区町村からの提案には地域的に温度差があり、残念ながら愛知県での事例は少ない。希望があれば喜んで地方自治体での地方分権研修を実施する。

レクチャーの後は、それぞれの事例が地方分権改革提案募集の対象となるかどうかを判断する演習と、普段の業務で遭遇する支障事例を挙げて類型化、求める制度改正や法改正の案と期待される効果をまとめて発表するグループワークをしました。さすがここに集まった自治体職員の皆さんは優秀です。それぞれ思いつく改革提案を時間内にまとめて発表していました。

 ●地方分権改革・提案募集方式ハンドブック(平成31年版)

 ●「地方分権改革・提案募集方式」による地域課題解決入門ガイド

Teianbosyuuhoushiki-leaflet01
Teianbosyuuhoushiki-leaflet02

| | コメント (0)

2019/10/15

How dare you? グレタ・トゥーンベリさんのスピーチ

スウェーデンの学生、グレタ・トゥーンベリさんの国連でのスピーチが話題になりました。ネットにアップされているスピーチの動画を紹介します。アグレッシヴで迫力のある演説です。

近年頻繁に起こる風水害などの自然災害を見て、いつも感じることがあります。防災・減災はもちろん大切なことですが、いくら防災対策や強靱化に取り組んでも、一方で地球温暖化を加速させていては未来は絶望的です。「自分の生きてる間だけ」の発想では、対処療法しか出てきません。根本的な問題解決を先送りするのみです。
地球温暖化対策を互いになすりつけ合っているか、率先してやるかで、結果は全く違ってくるのではないでしょうか。ごみの減量も然り、節電も然り、公共交通の利用も然り。個人も含めてあらゆるセクターの取り組みが求められると思います。

グレタ・トゥーンベリさん、国連で怒りのスピーチ。
https://www.huffingtonpost.jp/entry/greta-thunberg-un-speech_jp_5d8959e6e4b0938b5932fcb6

16歳グレタ・トゥンベリさん 温暖化対策で涙の訴え
https://www.youtube.com/watch?v=_y8JNG7S0bo

 

| | コメント (0)

ごみを減らす。ごみを生かす。

広報ひがしうら10月1日号に、ごみ減量についての特集を組みました。家庭系可燃ごみ処理有料化以降のごみの排出量やごみ減量のちょっつとした工夫などが書かれています。

ぜひ、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/material/files/group/4/koho20191001_02-11.pdf をご覧ください。

| | コメント (0)

2019/10/12

大規模盛土造成地マップ をご存じですか?

愛知県のホームページに「大規模盛土造成地マップ」が公開されています。東浦町の大規模盛土造成地の詳しいマップも見ることができます。
大規模盛土造成地マップとは、谷間や山の斜面などを大規模に埋めるなどしてつくられた盛土造成地(宅地造成や農地改良を含む)について、国土交通省の「大規模盛土造成地の変動予測調査ガイドライン」に基づき、おおむねの位置 と規模を抽出した地図です。住民の皆様に、身近な大規模盛土造成地の存在をお知らせし、防災意識を 高めていただくことを主な目的としています。なお、地図上に示した箇所が、全て地震時に危険であるとは限りません。

Moritsuchizouseimap-higashiura2019

 

| | コメント (0)

2019/10/11

非常に強い台風19号が接近中!

非常に強い大型の台風19号(HAGIBIS)が、関東・東海地方に接近中です。記録的な大雨と暴風の恐れがあります。十分な備えと警戒が必要です。

Tyhoon19-wfc20191011

 ⚠気象庁の台風情報 から

 ⚠NHK NEWS WEB から

東浦町の台風関連情報 は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kinkyu/8749.html をご覧ください。河川監視カメラ潮位観測情報などへのリンクもあります。
明日、11月12日(土)は、すべての公共施設を休館します。町運行バス「う・ら・ら」も運休します。

| | コメント (0)

2019/09/27

10月1日から、う・ら・ら の路線とダイヤが大幅改正されます。

役場西駐車場で今度新たに導入される う・ら・ら の14人乗り小型車両のお披露目がありました。中古車両なので新車のワクワク感がないのがちょっぴり残念です。入札の結果、運行委託業者は、これまで長く務めていただいた「大興タクシー」から「知多乗合(知多バス)」に替わります。従って、う・ら・ら の中型と小型のバスも(デザインは う・ら・ら ですが)車両が替わることになります。

 Dsc03610800pnnDsc03612800pnn
          Dsc03609800nn

町運行バス「う・ら・ら」の路線とダイヤの大幅改正は、10月1日(火)からです。緒川駅発の朝の第一便にあわせて、7:30から出発式を行います。「う・ら・ら」の新たな路線と時刻表は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kurashi/doro_kotsu/urara/8449.htmlをご覧ください。新たなダイヤに慣れるまで暫しご迷惑をおかけするかもしれませんが、増便により利便性を向上させ、より快適な公共交通機関を目指しますので、ご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2019/09/02

『おだいちゃん』ぬいぐるみを販売開始

東浦町マスコットキャラクター『おだいちゃん』ぬいぐるみの販売を開始しました。

 価格: 4,000円、販売個数:限定50個
 販売場所: 行政サービスコーナー(イオンモール東浦2階)、勤労福祉会館(商工振興課)、役場(住民課)

以下の記事が東浦町ツイッターに出ています。

Odaichan-nuigurumi-20199192

これは、西部中学校の校長室で撮った写真ですね。今日ちょうど、BOYS AND MENの田村侑久さんが母校の西部中学校で「ようこそ先輩」の授業をしました。中学生にとって、生き方やキャリア形成について考える良い機会になったと思います。

| | コメント (0)

2019/08/28

外国人相談員に加えて、役場窓口でタブレット端末を使った12カ国語同時通訳もできます。

東浦町では、役場の住民登録や福祉手続きの窓口にポルトガル語と英語、タガログ語を話す外国人相談員を配置し、外国人住民の方々にも日本人と差異のない行政サービスを提供しています。

Dsc_76991000pnn

 
今年度から、4G回線を利用したタブレット通信端末を介して、希望する言語で外国人住民と通訳オペレーターと町職員の三者間でテレビ電話を使った同時通訳もできるようになりました。ポルトガル語、スペイン語、タガログ語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語、タイ語、ベトナム語など12カ国語に対応しており、外国人相談員が不在の時や外国人相談員で対応できない時などに活用します。

Dsc_77071000nn

 
スマートフォンアプリ「カタログポケット」による“広報ひがしうら”の配信もスタートしました。10言語での音声読み上げと文章の自動翻訳ができます。詳しくはhttps://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/8498.htmlをご覧ください。

なお、以前から、東浦町ホームページのサイト上で英語、中国語、韓国語、ポルトガル語の機械翻訳を行っています。テキスト部分がこんな感じで自動翻訳されます。ご利用はこちらhttps://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/about/foreigners.htmlから。併せてご使用ください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧