おすすめサイト

2019/02/13

まちづくりや市民活動に関わる講座・イベントなどで、最近、SNSで見つけたもの

●これ、役に立つかも。
https://www.facebook.com/events/325133768342058/

2月13日
長久手市【スマホde防災】無料学習会
公開 · 主催者: デジタルライフサポーターズネット


近年、大規模災害の発生により多くの人命が失われ、また避難生活の長期化など、全国各地で甚大な被害が相次いでおります。インターネットがライフラインとなった今、災害時のスマホ・タブレット活用法の周知を図るために手引書を作成致しました。この手引書を基に災害時のスマホ利活用方法の学習会を各地で行っており、2019年2月に愛知県長久手市で行います。ご参加希望の方は下記の応募欄よりよりお申込みください。参加者には冊子(手引書)無料プレゼントいたします。

    日時:2019年2月13日(水)10:00~11:30
    場所:長久手市公民館(市役所西庁舎3階)学習室1
    定員:20名(事前申込み先着順)
    参加費:無料
    持ち物:ご自身のスマートフォン(アイフォーン受講可)

 

●トヨタで若者が、ゲストハウス×コミュニティレンタルスペース作りに挑戦中とか。
https://www.facebook.com/events/220242998858157/

2月13日
豊田のまちを面白がらナイト
公開 · 主催者: しごとバー名古屋、大ナゴヤ大学 はたらく課

========================
参加方法:このイベントページの『参加予定』ボタンを押してください。当日参加もOKです!
========================

豊田と聞くと、自動車の街と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

駅前などの中心部はもともと挙母(ころも)市という地名で後に豊田市に改名されました。ここは、江戸時代から続く山車が練り歩く”挙母まつり”が今も続くなど文化が育まれてきた街でもあります。

よ〜くまちを見つめることで、見えてくることがたくさんあります。

今回のゲストバーテンダーは、そんな”とよた”の街中で、2017年9月に地域の魅力的なヒトモノコトを発信し、がんばる人を応援する場”コミュニティレンタルスペース「kabo.」を立ち上げた犬飼詩織さん。

2017年8月に一度、しごとバー名古屋にゲストとしてお招きし、今回で二度目の登場。

建物の取り壊しの関係で、1年間運営したkabo. は、2018年10月末に終止符を打ち、現在新しい場を借りてパワーアップした場を開くために準備中。
(※クラウドファンディングに挑戦中:https://faavo.jp/nagoyasakae/project/3390)

まちに滞在し、よりまちを楽しむ時間を増やすため宿泊施設も併設するなど、ゲストハウス×コミュニティレンタルスペースとして、来春4月のOPENを目指しています。

「ゲストハウスをつくることでまちなかを歩く人が増え、”とよた”のまちの楽しみ方を知り、”とよた”のオモシロイに出会え、さらに今よりもみなさんの日常がわくわくするきっかけの場をつくりたい」と語る犬飼さん。

”とよた”の街を一緒に面白がりたい、場をつくること、リノベーションまちづくり、自分でも何かに挑戦したいと思っている方など興味がある方は、是非ご参加ください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【日 時】
2019年2月13日(水)19:00〜21:00(開場18:30)

【バーテンダープロフィール】
▼犬飼 詩織/地域と若者をゆるくつなぐ場kabo.代表
1988年豊田市生まれ。大学時代「とよた学生プロジェクト」に所属し、とよたのまちが好きになる。NPO支援センターで働きながら、プライベートで週末畑やフラットに交流できる場づくり、愛知のことを勝手に発信するブログ「ガサゴソ旅女会」を共同運営。
これまでの活動を通し、とよたのまちなかに若者の横のつながりを作る場や若者が挑戦する機会・環境が少ないことを感じ、地域の人とつながりながらローカルな魅力や関わりしろを知ってもらう拠点として、「kabo.」立ち上げのため3月に仕事を辞め、動き始める。
kabo.公式ブログ:http://kaboc.blog.jp/

【会 場】
喫茶アミーゴ(名古屋市中区大須3-42-30)
※地下鉄 鶴舞線・名城線「上前津駅」8番出口すぐ

【参加費】
1,000円
※ワンドリンク付き(ソフトドリンク、ビールなど)
※飲み物は、2杯目以降はキャッシュオン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

●コミュニティハブってなんだろう。
https://www.facebook.com/events/338312726759574/

2月16日
Creative CAFE Nagoya イタリア・トリノの『地区の家』に学ぶコミュニティ・ハブのエッセンス
公開 · 主催者: 名古屋都市センター

名古屋都市センターとユネスコ・デザイン都市なごや、名古屋大学小松研究室によるイベント、CREATIVE CAFÉ NAGOYA 2018「イタリア・トリノの『地区の家』に学ぶコミュニティ・ハブのエッセンス」のご案内をいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

日 時 2019年2月16日(土)
    トーク 13:30~15:30
    ワークショップ 15:50〜17:30(希望者のみ)
会 場 名古屋都市センター 11階ホール
   (名古屋市中区金山町一丁目1-1)

定 員 100名(先着順)

参加料 無料

申込期間 2019年1月11日(金)〜2月7日(木)
 お申し込みはこちらから
(http://www.creative-nagoya.jp/event/cafe-turin-2018/)

ゲスト
 アンドレア・ボッコ
 (建築家・トリノ工科大学建築学科建築技術専攻准教授)
 多木陽介
 (演出家、アーティスト、批評家)
モデレーター
 小松 尚
 (名古屋大学大学院環境学研究科准教授)

お問い合わせ
 ユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会
 名古屋市観光文化交流局文化振興室内
 TEL:052-972-3172

 

●岡崎のQURUWA戦略とは?
https://www.facebook.com/events/2045542505535329/

2月17日
乙川リバーフロントQuruwaシンポジウム「動き出したQuruwa」
公開・主催者: 岡崎市

\シンポジウムを開催します!/

2015年に幕を開けた乙川リバーフロント地区のまちづくり。
公共と民間が連携し、市民ワークショップやシンポジウム、社会実験等を経て、このまちの新しい暮らし方、働き方、遊び方を実現するために取りまとめられた「乙川リバーフロント地区公民連携まちづくり基本計画(QURUWA戦略)」が、今年度から動き始めました。

シンポジウムでは、11月に行われた康生通りの社会実験をはじめ、この1年の公民のさまざまな動きの発表を通じてQURUWA戦略の全体像を伝えると同時に、民間主体のまちづくりの他都市の事例に学びつつ、そこから見える目指すべきまちづくりの将来像やそれらを実現する方法について掘り下げ、これからの公民連携のまちづくりを展望します。

【プログラム】
[第1部]
話題提供「QURUWA戦略1年目を振り返る」
[第2部]
パネルディスカッション「QURUWA戦略の2年目以降を展望する」

・パネリスト
藤村 龍至 (Ryuji Fujimura) 氏
 コーディネーター/乙川リバーフロント地区まちづくりデザインアドバイザー/建築家/東京藝術大学美術学部建築科准教授/RFA主宰

清水 義次 (Yoshitsugu Shimizu) 氏
 乙川リバーフロント地区まちづくりデザインアドバイザー/建築・都市・地域再生プロデューサー/アフタヌーンソサエティ代表/3331アーツ千代田代表

西村 浩 (Hiroshi Nishimura) 氏
 乙川リバーフロント地区まちづくりデザインアドバイザー/建築家/株式会社ワークヴィジョンズ代表取締役/株式会社リノベリング取締役

泉 英明 (Hideaki Izumi) 氏
 乙川リバーフロント地区まちづくりデザインアドバイザー/都市プランナー/有限会社ハートビートプラン代表取締役/北浜水辺協議会理事

伊藤 孝紀 (Takanori Ito) 氏
 名古屋工業大学大学院 建築・デザイン分野 准教授/建築家/タイプ・エービー主宰/栄ミナミまちづくり会社(都市再生推進法人) 顧問

【概要】
日時:2月17日(日)14:00— 16:30 [13:30開場]
場所:図書館交流プラザりぶらホール
参加費:無料
定員:当日先着200名(申込不要)

主催:岡崎市
運営:NPO法人岡崎まち育てセンター・りた
お問い合わせ:乙川リバーフロント推進課(0564-23-6490)

※QURUWAとは
名鉄東岡崎駅、乙川河川緑地、(仮称)乙川人道橋、中央緑道、籠田公園、りぶら、岡崎城など公共空間の各拠点を結ぶ主要回遊動線。かつての岡崎城跡の「総曲輪(くるわ)」と重なること、また、動線が「Q」の字に見えることから、「QURUWA」と命名しています。

 

●シニアによる、シニアのための、モノづくり、アプリづくり
https://www.facebook.com/events/2039599249670606/

3月5日
シニアプログラミングもくもく会@愛知3月
公開 · 主催者: Code for AICHI

※毎月第1火曜日は「シニアプログラミングもくもく会」を実施します。
※TECHPLAYからお申し込みお願いいたします。
※お申込みはコチラ※
https://techplay.jp/event/718622

2018年7月29日(日)にCode for JAPAN小泉氏や世界最高齢アプリ開発者の若宮氏をお招きし、愛知県で「シニアプログラミングハッカソン」を実施しました。

このもくもく会では、シニアの方を中心に実際に 「アプリ」や「モノ」をつくりあげるための作り込み会です。

各自で『つくりたいもの』に向けて一直線で作り込んでいくことを実施していきます。

【参加対象】
*ITやIoTに興味がある
*プログラミングに挑戦してみたい方
*孫と一緒にプログラミングで語れるようになりたい方
*孫に自分がつくったプログラミングを自慢したい方
*2020年プログラミングが授業化されるにあたり、孫にプ ログラミングを教えたい方
*定年退職を迎え、新しい生き方や新しいことに挑戦したい方
*電子工作を楽しみたい方
*世界最高齢のアプリ開発者の称号を更新したい方
*なにかつくりたい!って考えているシニアの方
※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

【場所】
・名古屋工業大学
 NItech Hall 2階 ラーニングコモンズLI:NCs
 名古屋市昭和区御器所町
※共催:名工大白松研

【持ち物】
・可能ならばノートパソコン、タブレット

【参加費】
・500円
※もくもく会で使用する事務用品、マイコンなどの電子機器購入に使用いたします。

 

●「ウィキペディアタウン」と「オープンストリートマップ」実践イベント
https://www.facebook.com/events/305369316785897/

3月21日
図書で調べて編集するオープンデータワークショップ~金山ウィキペディアタウン&まちマップ~
公開 · 主催者: 名古屋都市センター、にんげん図書館

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆まち×オープンデータのイベント☆
図書で調べて編集するオープンデータワークショップ!
 ~金山ウィキペディアタウン&まちマップ~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

誰もが情報編集の担い手となり、街の魅力をみんなで発信する参加型のイベントです。
 
今回は、「ウィキペディア」と「オープンストリートマップ」に金山・尾頭橋について調べ、編集します。
 
金山・尾頭橋エリアの歴史文化を知る街歩きをした後、
尾頭橋について図書館の資料を活用し、調べたことを
ウィキペディアにまとめるというグループと、
誰もが地図の書き手になれるオープンストリートマップという
ツールに、尾頭橋にあるお店やスポットの情報を書くという
グループに分かれてワークを開催。

まちを歩いて、調べて、話し合う・・尾頭橋という街を体感しながら、その魅力を伝えてみませんか?

どちらも初めて聞く名前、触ったことがない・・という方でも取り組みやすいよう、ITに詳しい方にサポートしていただきながらの実施なのでご安心ください!

□■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆日時:3月21日(木)10:00~17:00(開場9:50)
 
◆場所:名古屋都市センター 11階ホール
 金山駅より徒歩3分
 アクセス:http://www.nup.or.jp/nui/access/index.html   
   
◆参加費:無料

◆定員:30名

◆内容:
( 午前中 )
尾頭橋エリアのインフラ(道路や橋、鉄道)環境の変化についてミニレクチャーの後、痕跡を見ながら、街歩き。
尾頭橋商店街のお店の方にお話を伺ったり、
かつて尾頭橋を走っていた市電についてお話しを伺います。

( 午後 )
2つのチームに分かれて調査・編集
・オープンストリートマップ(地図を編集するチーム)
・ウィキペディア
※どちらのチームにするか予め選んでお申し込みいただきます。  
    
◆持ち物:ノートパソコン、スマホ
 ITは苦手・・という方も大丈夫です!

◆お申し込み 
「3月21日オープンデータワークショップ参加申込」と件名ご記入いただき、①~④の項目を以下の名古屋都市センターの申込専用メールアドレス(workshop@nup.or.jp)までお送りください。

①氏名(ふりがな) ②所属 ③連絡先 
④取り組みたいオープンデータ
(ウィキペディア もしくは オープンストリートマップ)
※どちらでも構わない場合はその旨をお書きください

◆主催・運営
主催:公益財団法人 名古屋まちづくり公社 名古屋都市センター
共催・企画コーディネート:にんげん図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/27

TEDxAnjo Salon Vol.8 に行ってきました。

TEDxAnjo Salon Vol.8 に行ってきました。会場は、安城の本證寺。周囲に堀を巡らせた城のような立派なお寺です。真宗大谷派(東本願寺)の寺院で、戦国時代には三河一向一揆の拠点ともなったところだそうです。

Dsc02994900n

今日のテーマは、Blend your Rhythm。自分らしいリズムを生むためにはどんな教育が求められるのか?「ありのまま」と「わがまま」はどこが違うのか?ユニークな学校を運営している2人のスピーカーのアイディアに触れ子どもの教育の本質や未来を考えようという企画です。
プログラムは下記の通りでした。

①自分のリズムで自己紹介するアイスブレイク

②TED Talk Carol Dweck「必ずできる! 未来を信じる脳の力」動画鑑賞

黒柳佐智代さんの運営する授業も先生も通知表もない、子どもたちが自治をする学校についてのトーク

④理想の“学び舎”についてグループディスカッションと発表

⑤TED Talk Stefon Harris「バンドスタンドではミスなんてない」動画鑑賞

⑥名詞と動詞をシャッフルして想像するアイスブレイク

山上敏樹さんの想像力と創造力を高める「子どもアイディア楽工」についてのトーク

⑧“未来にあったらいいな”をグループで工作するワークショップ

⑨TED Talk Rita F. Pierson「すべての子どもに強い味方を」動画鑑賞

Dsc029981000n_2 Dsc03000640pn_2

 
※7月28日(日)には安城市文化センターでTEDxAnjo 2019(第4回)を開催するそうです。

※TEDXAnjo 2018(第3回)のレポートは、http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/03/x-672f.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/23

「一流シェフ直伝!婚活フルコース!」のご案内

2月9日(土) 11時から緒川コミュニティセンターにて。
結婚式場の一流シェフからオシャレな料理を学びながら、お食事会しましょう!
せっかく男女が集まるのでカップリングもしちゃいます。カップリングに成功したお二人には、ルグランジュールフルコース無料チケットをプレゼント!
詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6919.html

Konkatsu_full_course20190209

ところで、愛知県の「あいこんナビ」というサイトをご存じでしょうか。イベント検索、婚活レポート、たしなみ講座など、県内の婚活情報の総合サイトです。ここに東浦や知多半島の情報も載っています。
https://www.aiconnavi.jp/event/detail/3556

こんな不動産屋さんのサイトにも東浦の情報が載っているのを見つけました。
https://locust.co.jp/contents/428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/30

美しい国づくり政策大綱

ちょっと古い話しになるけれど、この前文を読んだときにはちょっとシビれた。
 

       美しい国づくり政策大綱
 
           平成15年7月
            国土交通省

前文

 戦後、我が国はすばらしい経済発展を成し遂げ、今やEU、米国と並ぶ3極のうちの1つに数えられるに至った。戦後の荒廃した国土や焼け野原となった都市を思い起こすとき、まさに奇蹟である。
 国土交通省及びその前身である運輸省、建設省、北海道開発庁、国土庁は、交通政策、社会資本整備、国土政策等を担当し、この経済発展の基盤づくりに邁進してきた。
 その結果、社会資本はある程度量的には充足されたが、我が国土は、国民一人一人にとって、本当に魅力あるものとなったのであろうか?。
 都市には電線がはりめぐらされ、緑が少なく、家々はブロック塀で囲まれ、ビルの高さは不揃いであり、看板、標識が雑然と立ち並び、美しさとはほど遠い風景となっている。四季折々に美しい変化を見せる我が国の自然に較べて、都市や田園、海岸における人工景観は著しく見劣りがする。
 美しさは心のあり様とも深く結びついている。私達は、社会資本の整備を目的でなく手段であることをはっきり認識していたか?、量的充足を追求するあまり、質の面でおろそかな部分がなかったか?、等々率直に自らを省みる必要がある。また、ごみの不法投棄、タバコの吸い殻の投げ捨て、放置自転車等の情景は社会的モラルの欠如の表れでもある。
 もとより、この国土を美しいものとする努力が営々と行われてきているのも事実であるが、厚みと広がりを伴った努力とは言いがたい状況にある。
 国土交通省は、この国を魅力ある国にするために、まず、自ら襟を正し、その上で官民挙げての取り組みのきっかけを作るよう努力すべきと認識するに至った。そして、この国土を国民一人一人の資産として、我が国の美しい自然との調和を図りつつ整備し、次の世代に引き継ぐという理念の下、行政の方向を美しい国づくりに向けて大きく舵を切ることとした。
 このため、本年1月から省内に「美し国づくり委員会」を組織し、延べ11回にのぼる議論を積み重ねてきた。課題は多々あるが、「美しさ」に絞って、それも具体的なアクションを念頭に置きながら、この政策大綱をまとめた。
 これを契機に、美しい国づくり・地域づくりについて、国民一人一人の広範な議論、具体的取り組みへの参画が促進されることを期待する次第である。

 
当時最初にこれを見つけた時には、そうだそうだと思わず頷き、思わず読み返しました。量的充足から質的充実へ。この価値転換はすごいと、目頭も刺激を受けたものです。(「3極」という所に時代の流れを感じますが。)
これに触発されて、議員だった平成15年当時、議会で都市計画や景観について一般質問もしました。
でも、その後、この美文があまり取り沙汰されないのが気になるところです。

※美しい国づくり政策大綱については、http://www.mlit.go.jp/keikan/taiko_text/taikou.htmlをご覧ください。

※国土交通省 景観ポータルサイトhttp://www.mlit.go.jp/toshi/townscape/toshi_townscape_tk_000016.htmlも併せてご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/26

ブログをバックデートして更新しました。

忘年会などがあって、(夜間の作業がはかどらなくて)ブログの更新が遅れていました。10日分ほどをバックデートして更新しました。ご覧いただければ幸いです。

12月24日
いよいよ今年もあと一週間に
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-f9b6.html

12月23日
東浦寄席「三遊亭とん馬の落語を楽しむ会」に真打二人が登場
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-ffbe.html

12月22日
第3回「於大公園のこれからを考えるワークショップ」を開催しました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-b338.html

12月21日
景観をテーマに、生路地区で住民懇談会を開催
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-c045.html

12月20日
冬休みわくわく算数教室など、冬の補充学習を行います。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-2fc6.html

12月19日
名古屋城やテレビ塔でプロジェクションマッピング
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-697a.html

12月18日
「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で、池の掻い掘りをしました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-8026.html

12月17日
緒川駅周辺の建築工事と景観計画
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-f31e.html

12月16日
第44回東浦マラソン、あいち健康の森に会場を移して20回目になります。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/4420-4766.html

12月15日
景観をテーマに、文化センターと森岡コミュニティセンターで住民懇談会を開催
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-0b67.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/29

景観形成重点区域(明徳寺川周辺景観形成重点区域候補)意見交換会を開催

東浦町では、2016年4月に景観計画を定め、2017年4月から景観条例を施行、町内全域について(500㎡超の開発、高さ10m超・床面積1000㎡超の建物、水平投影面積1000㎡超の太陽光発電設備などの)大規模行為を届出制にするとともに、「明徳寺川を軸とする根と挟間の景観」「緒川の屋敷のまち並みの景観」「生路の郷中のまち並みの景観」「森岡のぶどう畑の景観」4つの景観形成重点区域候補を定めて東浦に特徴的な景観を守り育てていくこととしています。これらのうち「明徳寺川周辺の景観」について、現在先行して景観形成重点区域としてのルール案作りを進めているところです。
まちとして住民の皆さんとともに景観に配慮していくことは、まちの誇りや魅力を引き出し、住んでみたいまちとして選ばれるまちになるためにとても重要な要素であると考えます。まだまだ景観への市民的な理解が少ない日本において、早期に景観に配慮し、市民的な合意と共通認識をつくっていくことが大切です。歴史的な建物に限らず、地形を含む自然景観、農業景観、都市的景観から、見苦しい広告物やごみのない美しいまちまで、皆さんとともに町のたたずまいを整えて、エリアとしての価値を上げていきたいと思います。

この日は、夜7時に、地元農業者、明徳寺川の自然を守る会の皆さんなどこのエリアの関係者に集まっていただき、ワークショップ形式で、地域で守りたい景観・誇れる景観、直したい悪い景観などを出し合い、このエリアにどんなルールが必要か意見交換を行いました。

 Dsc01624800n Dsc01629800n

Dsc01630800n

今回、参加された景観まちづくり委員のお一人が、まちづくりのワークショップについて、facebookにこんな感想を書いておられるので、紹介します。
この捉え方は、おもしろいと思うし、ワークショップ(WS)を開催する側として、開催者冥利に尽きると思います。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこで回を重ねるにつれて自覚したことは、自分の意見が社会の共感を得ることが出来ればそのまちづくりの計画の一部としてささやかであるが採用されるかもしれないということだった。そうなると積極的にそのまちづくりについて考えるようになり、何よりこれまで知らなかった人々との対話が楽しくなってくる。WSはある意味まちづくりの結果を求めようとするものである一方、そのプロセスを日常生活の中で知らない人と対話するサロンのような場で楽しむ生活の一部であるように思う。

参加しながら徐々に「自分のまちは自分でつくる」という今の時代では当たり前の「町民の自覚」が芽生える場所だ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで、これまでの東浦町の景観まちづくりの歩み(ブログ記事から新しい順)をまとめておきます。

 平成30年度第3回景観まちづくり委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/09/303-486c.html

 緒川の屋敷地区の景観調査
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/05/post-e31e.html

 景観「まちの絵コンテスト」表彰
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/11/post-4199.html

 美しい愛知づくりシンポジウム
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/10/post-a1e5.html

 景観「まちの絵」コンテスト の作品募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/07/post-2758.html

 平成29年度第1回景観まちづくり委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/05/29-b345.html

 12月定例議会(平成28年第4回定例会)が閉会しました。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/284-b9aa.html

 議会経済建設委員会で景観条例の審議
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/post-720b.html

 『景観「まちの絵」コンテスト』の表彰式と応募作品の展示
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/11/post-10d2.html

 第1回 景観まちづくり委員会を開催。景観「まちの絵」コンテストの作品を募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/07/post-c240.html

 東浦町景観計画を策定しました
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/05/post-def7.html

 第10回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/10-e4ad.html

 「コンパクトなまちづくり計画(案)」と「東浦町景観計画(案)」に対するパブリックコメントを募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/11/post-87c3.html

 景観フォト&エッセイコンテスト
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/10/post-c912.html

 「ひがしうらの景観を考えるシンポジウム」を開催しました。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/07/post-01e7.html

 景観計画検討委員会(第8回)など
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/07/post-44b3.html

 ひがしうらの景観を考えるシンポジウム『ひがしうらの「まちの顔」って何ですか?』 のご案内
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/07/post-8536.html

 景観フォト&エッセイコンテスト のご案内
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/06/post-94d6.html

 第7回 景観検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/06/post-70bd.html

 第5回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/01/post-79b6.html

 第3回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/10/post-4991.html

 第1回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/07/post-7dd6.html

 景観計画検討委員会の委員を公募しています。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/04/post-d6e8.html

 第5回 景観計画策定のワークショップ
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/12/post-ed68.html

 景観講演会を開催しました。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/09/2013-47d0.html

 「景観計画策定のワークショップ」のレポート と 「景観講演会」のお知らせ
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/09/post-3697.html

 東浦町景観講演会「景観のあるまちづくり」のご案内
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/08/post-10f6.html

 景観計画策定のワークショップ参加者募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/07/post-02eb.html

私は、議員を務めていたころから我が国の地域の景観に対する無頓着さに問題意識を持っていました。たとえ観光資源になるようなものがなくとも、その土地の特徴的な景観を守り育てていくことが、誇りや居心地の良さや住み甲斐につながり、ひいては、まちの価値を上げていくことになるのだと思うからです。
折りしも、国がインフラ整備等について量から質への転換を打ち出し、美しい国づくり政策大綱を公表、平成16年に景観法が制定されました。
自分の政策集の中にも、都市と自然と歴史が調和するよう、住民の合意形成を図りながら、美しいまちの景観づくりを進めることを謳っています。
東浦町は、平成24年12月に景観法に基づく景観行政団体となり、景観まちづくりを進めているところです。平成25年度からは、地区代表者や公募住民からなるワークショップを開き、住民の意見を集約し、それをもとに住民と専門家からなる景観計画検討委員会で長い時間をかけて景観計画を議論してきました。景観講演会や景観計画検討委員会の中間報告、また「景観フォト&エッセイコンテスト」や「まちの絵コンテスト」などを通じて、東浦町の景観まちづくりを住民のみなさんにお伝えする努力をしてきました。
景観行政の本質は、景観法に基づき策定された景観計画の中身にあります。そういう意味では、東浦町景観計画は、東浦の根と狭間の地形からまちの景観を説き起こした魂のこもった力作だと思います。この景観計画を推進することにより、都市と自然と歴史が調和するよう、住民の合意形成を図りながら、美しいまちの景観づくりを進め、まちの価値を高めていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/16

広報アンケートにご協力を!

住民の皆さんにも親しみやすい広報を作るため、現在、広報アンケートを実施しています。
産業まつりでは198人の方にご協力いただきました。

46135372_1128331920676170_284946665

よりわかりやすい「町ホームページ」、より親しみのある「広報ひがしうら」の紙面づくりのために、広報アンケートにご協力ください。

今年の広報ひがしうらは、レイアウトや表現の変更、文字サイズの拡大など、プチ改善に取り組んできました。
現在、住民の皆さんにとって、より親しみのある広報にしていくために、アンケートを実施しています。
アンケートの所要時間は2分ほどです。インターネット回答もできますので、ぜひご協力ください。

「広報活動に関するアンケート」は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/cgi-bin/inquiry.php/95 でご記入いただけます。

  問い合わせは、東浦町役場 広報情報課
            ℡0562‐83‐3111(内線288)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/15

おだいちゃんLINEスタンプを販売開始しました。

東浦町のマスコットキャラクター「おだいちゃん」がLINEスタンプに新登場!

Line_stamp_odaichan2018

制作者は、東浦町出身のイラストレーター「ほしのまあ」さんです。
イラストには丸みがあり、パステル色が特徴です。壁紙配信アプリ「CocoPPa」では、フォロワーが世界で156万人を超えます。

購入は、https://store.line.me/stickershop/product/4964728/ja から。
120円(50コイン)。40種類あります。

売上金は、町の事業に充てさせていただきます。
購入にはLINE アカウントが必要です。

以下はサンプルです。

Line_stamp_odaichan2018_sumple

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shokoshinko/shokokanko/gyomu/kanko/odaichan/7132.html をご覧ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/30

バックデートして記事を更新しました。

このブログは、毎日欠かさず更新することにしているのですが、たまに更新が追いつかないことがあります。以下の記事をバックデートして新たに書き込みました。ご覧いただければ幸いです。

●地域共生社会推進全国サミットinながくて に参加(10/19)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/10/post-b5b2.html

●知多市の人財・志事ツクールvol.5「地域が元気になる人と事業の育て方」 を聴いて(10/20)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/10/vol5-f58f.html

●うのはな館企画展「すごいぞ!知多の酒」 のご案内(10/22)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/10/post-a77c.html

●教育委員会の視察で箕面へ(10/26)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/10/post-425f.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/29

非常に強い台風24号が接近中!

非常に強い台風24号(TRAMI)が近づいてきています。台風24号は、9月30日~10月1日にかけて東海地方に襲来する恐れがあります。現在の中心気圧950hPa、中心付近の最大風速45m/sの非常に強い台風です。先日の台風21号は大阪寄りの進路をとりましたが、今回は直撃の恐れがあります。また、ちょうど満潮と重なる可能性が高いです。暴風、大雨、高潮に厳重な警戒が必要です。

  ⚠Yahoo台風24号情報
  https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/?c=1

  ⚠気象庁台風情報
  https://www.jma.go.jp/jp/typh/1824.html

  ⚠東浦町の台風情報
  http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kinkyu/6947.html

24trami20180928b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧