おすすめサイト

2021/09/13

今年の気温と降水量は

先日、少し触れたように、今年は、ぶどうの作柄にとって恵まれた天候ではなかったようです。気象庁のデータから、今年の気温と降水量平年と比べてみました。

Graph-temperature20210912

Graph-precipitation20210912

 
気温の比較では、今年は、2月~3月の春先に平年よりも暖かく、ぶどうの開花は平年並みかやや早めでした。7月の気温は少し高め、8月は涼しめでした。降水量は、3月~5月にかけて平年よりも多く、5月中旬の早い梅雨入りに巨峰の開花時期が重なって着果不良となりました。8月は半ばに雨天が続き平年よりもかなり多くの降雨がありました。そのため、土壌から水分を吸いすぎて実が割れる現象があったそうです。
作物の生育や季節商品の売れ行きを見るのに、一月単位の気象条件を比べるのはあまりにも大雑把でしょうが、大まかな傾向をうかがい知ることはできそうです。

| | コメント (0)

2021/09/12

知多半島で野犬のエキノコックス感染が見つかっています。

北海道の致死の危険性がある寄生虫疾患【エキノコックス症】が愛知県でも発見...忍びよる恐怖』という記事がYahoo!ニュースに載っていました。大阪の獣医さんが書かれた記事です。別に恐怖をあおっている記事ではなくて、無知は最大の敵、科学的な知識を持ち適切に予防しましょうと訴えるきわめて真っ当な記事だと思います。ご一読をお勧めします。

 →https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiimasumi/20210903-00256093

 
平成26年に、知多半島の野犬からエキノコックス(多包条虫)が見つかったことを記憶している方もいらっしゃることと思います。エキノコックスは北海道でキタキツネなどイヌ科の動物が感染している寄生虫で、本州では2例目の検出となりました。
以来、愛知県では捕獲した野犬などを対象にエキノコックス症の調査を行ってきました。その結果、平成26年度から29年度までに糞便中におけるエキノコックス虫卵の顕微鏡検査を行った245検体の内で虫卵の検出はありませんでした。しかしながら、PCR法を用いて糞便中のエキノコックス遺伝子の検査を行ったところ、平成29年度の56検体中3件の野犬の糞便からエキノコックス遺伝子が検出されました。その後、令和元年度に166検体中1件、令和2年度に122検体中4件、平成30年度以降これまで合計431検体中5件の検査陽性が見つかっています。今年度に入って7月までに新たな陽性は見つかっていません。また、これまでに調査した範囲内で野犬以外のキツネ・タヌキなど9検体からエキノコックス遺伝子は検出されていません。

Echinococcusdogs-research-area-aichi

 
東浦町内では、まだ、野犬等のエキノコックス(多包条虫)は見つかっていませんが、狭い知多半島の中で他の野犬やキツネやタヌキに伝染していないとは言えません。
自然界では、エキノコックスに感染したイヌ科の動物の糞を虫卵とともに野ネズミなどが食べ、それをイヌ科の動物が捕食し、最終宿主の体内で成虫が産んだ虫卵をまた排泄することによって条虫は増殖を繰り返します。したがって、人が犬やキツネなどの動物に触れたりすることにより、また動物の糞が付着した山野草や沢水などから経口で感染する可能性があります。また、飼い犬や猫も、中間宿主の野ネズミなどを捕食することによって感染の可能性があります。犬を連れての北海道旅行は要注意です。

Ecology-of-echinococcus-apiph
Ecology-of-echinococcus-2-apiph

 
エキノコックスの人への感染は、北海道で毎年20件前後の報告がありますが、本州での本州由来の感染は極めて稀のようです。しかしながら、無症状の潜伏期間が5~10年と長く発見が遅れがちなこと、人は本来の宿主ではないので肝臓や場合によっては肺や脳などに迷入し、適切な治療をしなければ死に至るため、正しい知識をもって予防することが必要です。愛知県では以下のような予防方法を呼び掛けています。

Prevention-of-echinococcus-mhlw

 

| | コメント (0)

2021/09/03

東浦町ホームページをリニューアルしました。

9月から東浦町のホームページが新しくなりました。旧ホームページからの移行にあたり、画面が正しく表示されないなどのトラブルがありましたことをお詫び致します。
ホームページがきれいに表示されない場合は、ご利用のWEBブラウザのキャッシュデータを削除して、ホームページ再表示してみてください。キャッシュデータの削除方法は、【削除+キャッシュ】で検索できます。

リニューアルされた東浦町ホームページはこちらです。
 → ホーム/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp)

Higashiura-town-hp-20210901b

 
これからも、タイムリーな情報提供に努めてまいります。どうかご愛顧よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2021/08/27

緊急事態宣言に伴い公共施設の利用制限を強化します。感染拡大の防止にご協力下さい。

新型コロナウイルス感染症のこれまでにない急拡大を受け、愛知県に対して緊急事態宣言が発出されました。よって、愛知県では、8月27日から9月12日まで、国の基本的対処方針に基づき、愛知県全域の飲食店等に対する休業・営業時間短縮要請、大規模商業施設等に対する入場者の整理等の要請等を含む緊急事態措置が実施されます。

東浦町においても、本日から当面の間、公共施設の利用制限を強化します。

 

~ 住民の皆様へのメッセージ ~

 東浦町長の神谷明彦です。
 現在、コロナウイルスはデルタ株へと置き換わり、全国的に感染者数が爆発的に拡大しています。そのため入院治療が困難となるなど、医療ひっ迫を深め、今後いかに感染者数を抑えるかが重要な課題となっています。
 本町におきましても、連日多くの新規感染者が確認されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない厳しい状況となっています。これまでの感染状況は高齢者が中心でしたが、現在では、10代から50代の若い層に広がっています。
 今月に入り、保育園など未就学児が通う施設においても、新規感染者が増えており、保護者の方におかれましては、お子様のご家庭での健康管理には十分ご留意くださいますようお願いいたします。なお、咳、発熱などの症状がある場合には、小・中学校を含め、登園、登校を控えていただきますよう、重ねてお願いいたします。
 現在、12歳以上のワクチン接種を進めていますが、若い層ほどワクチン接種に関心が薄い傾向があります。若年層でも感染すると重症化したり長く後遺症が残ったりするリスクがあります。私たち一人一人が感染の危険を正しく恐れ、有効な予防対策を取っていくことが大切です。東浦町ではワクチンの供給に合わせて、接種の予約を受け付けているところです。詳しいことは町のワクチン特設ページをご覧ください。
 ワクチンの2回接種完了後も、油断することなく、引き続き、マスクの着用、手指衛生、密の回避といった基本的な感染対策に加え、県境を越える移動の自粛徹底をお願いいたします。それが未接種の方々を守ることにもつながります。

| | コメント (0)

2021/08/22

旅と言えば鉄道。なが~いスイッチバックのお話し

せっかくの夏休みなのに、コロナのおかげでなかなか旅に出られない状況が続いています。

旅と言えば鉄道!!(ちょっとこじつけかも。)「JR6社 会社別、最高所の駅はどこ」というサイトを見つけました。日本鉄道最高所といえば小海線野辺山駅 標高1345.67mが有名ですが(トロリーバスや索道の駅も入れれば、立山黒部アルペンルートの室堂駅2450mや中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅2612mは遙かに高いですけど)、北海道で一番高い石北本線上越信号所634m、JR東海で一番高い中央本線奈良井駅933.8m、JR西日本で一番高い木次線三井野原駅726m、四国で一番高い土讃線繁藤駅347m、九州で一番高い豊肥線波野駅754mは意外と知られていません。

日本の登山鉄道乗り比べ」というサイトもあります。
高所とか急勾配となると、登場するのがループスイッチバックアプト式でしょうか。ループと言えばメジャーなところでは上越線の「国境の長いトンネル」清水トンネルの前後にあるものや、北陸線や肥薩線にあります。先ほどの最高所に出てきた木次線と土讃線、豊肥線にはスイッチバックがあります。また、九州の肥薩線にはループとスイッチバックの組み合わせがあります。アプト式はスイスの鉄道などでは至る所にありますが、日本では明治時代に信越線の碓氷峠に設置、その後1963年に廃止されてから長らく存在しませんでしたが、長島ダムの建設に伴って1990年から大井川鐵道井川線で唯一活躍中です。

スイッチバックは、廃止されたものや余り利用されていないものも含めて、日本中に数多く存在しています。Wikipediaを見ると結構あちこちにあるのがわかります。
これらの中で、圧倒的にすごいのが立山カルデラの砂防工事に使われている国土交通省立山砂防工事専用軌道です。旅客用ではないので一般の人は見学会以外は乗車できませんが、連続18段、全38段ものすさまじいスイッチバックがあって、折り返すたびにどんどん高度を増して行くのは圧巻です。私も国土交通省の見学会で一度行ったことがあります。つれづれログにレポートがありますのでご覧ください。

 → http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/10/post-1934.html

P1020277_800x600_2P1020314_800x600
       P1020324_800x600

| | コメント (0)

2021/08/17

外国人居住者向け ワクチン接種のご案内

ワクチン接種の案内(Vaccination-guide)・・・5つの言語の案内があります。

 ・タガログ語(Tagalog)
 ・英語(English)
 ・ポルトガル語(Portuguese)
 ・ベトナム語(Vietnamese)
 ・中国語(Chinese)

新型コロナワクチン接種に関する情報(外国人用)/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp)

Higashiura-covid19-vaccination-for-portu

 

| | コメント (0)

2021/08/13

愛知県の水がめの貯水率(2021年8月)

7月の降水量は平年並かやや多め。ダムの貯水量も平年並かやや多めです。県内の各用水の水源池の貯水率を見てみましょう。

国土交通省中部地方整備局管内主要ダムの貯水状況(http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/gaikyo2.pdf)は視覚的にわかりやすいです。

以下に、各ダムの貯水量とダム地点における降水量(8月2日現在) を示します。

Chyuubuchisei_dam_20210802

  
●豊川水系(宇連ダム82%、大島ダム81%、全施設合計82%)
 貯水量は平年よりやや少なめです。節水対策は行なわれていません。

●木曽川水系(牧尾ダム85%、味噌川ダム99%、阿木川ダム99%、
 岩屋ダム100%、徳山ダム96%)
 5つのダムとも貯水量は総じて多めです。
 節水対策は行なわれていません。

●矢作川水系(矢作ダム80%)
 貯水量は平年並みです。節水対策は行なわれていません。

詳しくは、国土交通省中部地方整備局管内状況
https://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/index.htm をご覧ください。

| | コメント (0)

2021/07/08

東浦町が Find The TOKAI の記事に出ました。

現役学生の横井優樹さんが起業した好生館プロジェクトと言う会社が運営している「FIND! THE TOKAI」というwebマガジンがあります。東海地方の魅力を発掘・発見して紹介するメディアです。学生のライターが現地取材をして記事を書いています。これに東浦町の記事が載りました。
東浦の農業、自然環境、ふくしをテーマに、学生ライターMikuさんの目線で書かれたインタビュー記事です。なぜ東浦に関心を?なぜ農業?・・・広報ひがしうらの記事がきっかけの一つ?になったようです。東浦町に関心を持っていただき嬉しいです。
webマガジンの発信力に期待したいところです。学生による若者のための情報発信、新たな価値創造、これからの展開が楽しみです。

 
日本語のほか、英語、中国語、タイ語の4カ国語版もあります。

Find-the-tokai20210612enFind-the-tokai20210612ch
          Find-the-tokai20210612th

| | コメント (0)

2021/07/07

於大の生まれた緒川城下町ガイドマップ

東浦ふるさとガイド協会が令和3年度一般社団法人愛知県観光協会会長表彰を受けました。東浦ふるさとガイド協会の酒井会長と浪崎前会長が、役場を訪れ、於大の方 生誕500年祭(2028年)構想など、東浦の観光や歴史について熱く語ってくださいました。

Furusato-guide-hyoushou20210707

 

ところで、ふるさとガイド協会も加入している東浦町観光協会がこんなガイドマップをつくっています。これを片手に持って、緒川城下町をWonderingしてみませんか?

Ogawajouka-sansakumap2

 
他にも各種パンフレットをご用意しています。ホームページからもダウンロード可能です。
【東浦町観光協会】PDFパンフレット (higashiura.or.jp) 

 

| | コメント (0)

2021/07/01

東浦町の中小事業者等への新たな補助制度

東浦町が、前年度から今年度にかけて新たに創設した、中小企業者や小規模事業者に向けた補助制度のご紹介です。

 

中小企業者等事業継続支援補助金(今年から)

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業収入および事業所得が減少した町内の中小企業者・個人事業主に対し、事業を持続できるよう支援することを目的とし、補助するものです。

 

小規模事業者設備投資等補助金(今年度から)

町内の小規模事業者の設備投資促進を図り、経営基盤の強化及び事業の持続を支援することを目的として、新規取得した償却資産の取得価格の4分の1(上限50万円)を補助するもの。

 

東浦町中小企業活性化補助金(令和2年度から)

町内に本社及び事業所を有する中小企業者に対し、人材の確保、企業展等の出展、BCP策定等に対する補助を行い、地元中小企業への支援及び町内商工業の活性化につなげることを目的とする。

 

その他、事業者への補助制度や支援については、以下をご覧ください。
 事業主の方へ
 補助金について
 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う中小事業者支援について

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧