グルメ・クッキング

2020/09/25

教室・講座 開催のご案内

新型コロナウイルス感染症のために教室や講座が中止となっていましたが、少しずつ開催が再開されています。9月末から11月にかけて開催予定の教室・講座をご紹介します。(画像クリックで拡大)

Ouchipan20201016
Balanceball20200928
Hurusatokouza20201006
Osusowake20201007
Tougeikyoushitsu20201022
Tougeieto20201024
Tentaikaisoku20201024
Kantanoyatsu20201104
Kekkankyoushitsu20201125

 

| | コメント (0)

2020/09/18

世界最長?の葡萄の味は・・・

東浦ぶどうの季節ももう終わり。町内の直売所もほぼ閉店です。9月になってから採れると聞いていたレッドネヘレスコールを買ってきました。一度食べてみたいと思っていました。

20200917_141505800tpnnn

 
ネヘレスコールは白系のブドウでシリア原産。世界最大のブドウと言われています。旧約聖書にも出てくる原種に近いブドウではないかとのこと。そう思ってレッドネヘレスコールを口に入れてみると、実に素朴な甘味がしました。

Dsc02683800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/09/15

爽やかな朝。急に涼しくなりました。

昨晩は、9月になって初めて、涼しくなったなあと感じました。今朝も爽やかな空気を感じます。二ヶ月ぶりに20℃を下回ったそうです。この秋初めての温かいお茶が身体に心地良いです。

ちょうど、ご飯が炊けています。チーズをのせてカマンベールチーズ丼にしてみました。リゾットみたいな味です。でも、卵かけごはんにはかなわないですね。

Dsc02656800tpnnnDsc02662800tpnnn

| | コメント (0)

2020/09/06

メンマ造り その4・・・乳酸発酵への挑戦

これまでのメンマ造りでは、乳酸発酵が進んでいなかったようなので、塩漬けメンマもどきを使って乳酸発酵を試みることにしました。塩分濃度が高すぎるから5%程度に抑えてはとのアドバイス(根拠は不明)をもらったので、塩分濃度を5%にした上で、我が家にあった発酵を促進しそうな種(漬物、発酵食品など)を手当たり次第添加してみることにしました。以下は実験の記録です。

        Dsc02604800nnn
      Dsc026161000nnn

塩漬けメンマもどき1kgをまとめて鍋に入れ、水で簡単に塩抜きをした後、5%の塩水1.2ℓで1時間煮沸。冷ましてからこれを6つに小分け。
それぞれ(茹でメンマもどき215g+塩水150g)に、
 ①カスピ海ヨーグルト(ふじっ子)40gを添加
 ②野沢菜漬け(奈良漬けも少々)40gを添加
 ③かつを酒盗(しいの食品)40gを添加
 ④キムチ(東海漬物 こくうま)40gを添加
 ⑤ひきわり納豆(ミツカン 金のつぶ)40gを添加
 ⑥甘酒(中埜酒造 愛知県立大オリジナル)40gを添加
して、6つのサンプルをつくりジップロックに封入、発酵???を試みます。
添加物の効果を見るには、本来は、ブランク(何も添加せず)のサンプルをつくっておくべきなのですが、種を6つ用意したらサンプルが足りなくなってしまいました。

調べ事もろくにせずの、いきなり思い付きの試行になりました。結果はお楽しみ。ジップロックに入れたサンプルをしばらく静置して様子を見ます。うまくいったらまた報告します。

       Dsc026251000nnn

| | コメント (0)

2020/09/05

初秋の幸

この時期、近くで採れた無花果にヨーグルトをかけたりして食べています。

Dsc02424800nnn

 
もうすぐ栗の季節ですね。この栗の木は本当に世話要らずで、昔ホームセンターで買ってきた苗を植えたきり、肥料も農薬もやったことがありません。それでもすくすくと育って、毎年、ふっくら大きな実をたわわに実らせてくれています。そのまま焼いたり、栗ご飯にしたり、おいしくいただいています。

Dsc02423800tnnn

 

| | コメント (0)

2020/08/24

メンマ造り その3・・・一週間の天日干しを終えて試食

約3ヶ月塩漬けしたタケノコを、ザルにあけて約1週間天日干しにしました。表面はカリカリに乾いて塩の結晶が出てきています。内部は半乾きの状態で、ちょうど梅干しみたいな感じです。

Dsc01902800pnnn
Dsc01900800pnnn

 皮なし 塩分約23% 瓶詰め

   1kg→671g(67%)

 皮あり 塩分約23% 瓶詰め

   1kg→592g(59%)

 皮なし 塩分約29% ジップロック詰め

   600g→437g(73%)

 皮あり 塩分約29% ジップロック詰め

   600g→354g(59%)

 

塩漬けの過程でタケノコから水分が出たのでしょうか。皮なしで約7割に減量、皮ありで約6割に減量しました。ちょっとかじってみましたが、歯ごたえも臭いも塩味も同様でした。酸っぱ味はありません。

できあがった(であろう)メンマを水で洗って、みりんと醤油、胡麻油、鷹の爪、鶏ガラスープの素を加えて、電子レンジでチン

Dsc01911800ppnnn

 
味見してみましたが、まだ塩っ辛い! そして繊維が硬くて噛み切れないところがある。メンマ独特の香りと酸っぱ味もない。これではメンマとは言い難い! 塩に漬け込んだだけで乳酸発酵が進んでいないようです。
もう少し乳酸発酵について調べた上で、再トライをしてみようと思います。精進します。

                       ~つづく

| | コメント (0)

2020/08/15

骨折予防プロジェクトで「骨を強くするレシピコンテスト」をやっています。

「転倒がきっかけで骨折してしまい、そのまま寝たきりになってしまった…」そんな話を聞いたことはありませんか。また、転倒することが怖くて家のなかで閉じこもってしまうと、体力も気分も低下してしまいます。

平成30年度の町内65歳以上の方の入院費用総額第1位は「骨折」でした。東浦町でも骨折は身近な問題になっています。骨折による寝たきりを予防するためには、転倒しない体づくり、そして、転倒しても骨折しない骨づくりがとても大切です。

そこで今年度から、東浦町では地域のみなさんと一緒になって骨折予防に取り組もうと、さまざまな活動や教室を企画しています。目のつけ所は、転ばないカラダづくりのための「もりもり筋活」と、骨折しない丈夫な骨づくりのための「こつこつ骨活」です。これまで「筋活」として、いきいき100歳体操元気力向上大作戦などを企画してきました。そして今、「骨活」として「骨を強くするおいしいレシピコンテスト」を実施中です。

Dsc01560800tpnnn

骨を強くするレシピコンテストでは、強い骨を作るタンパク源として「おから」に注目。一般社団法人日本おから協会とコラボで、乾燥おからパウダーを使った子どもからお年寄りまでが美味しく食べられる料理レシピを募集します。豆腐のおからからつくった乾燥おからパウダーは、町内の保育園、幼稚園、役場ふくし課、保健センターで配布しています。応募資格は町内在住の年少から年長の子どもとその保護者。応募期間は9月4日(金)までです。
入賞作品は、骨折予防プロジェクトなど健康づくりに係る様々な事業で活用させていただきます。また受賞したレシピを使った献立を保育園・幼稚園の給食で提供する予定です。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kenko/seijinhoken/kossetsuyobouproject/10295.html  をご覧ください。みなさんのご応募をお待ちしております。

Honekatsu20200901a
Honekatsu20200901b

 

| | コメント (0)

2020/08/13

ゆで卵はやっぱりうまい!

私は、卵かけごはんは、この世で最も美味しい食べ物の一つだと思っていますが、どっこい、ゆで卵に食塩をかけて食べるのもおいしい。モーニングについてくるゆで卵を食べながら改めて感動している自分です。

20200729_122700800nnn

 

| | コメント (0)

2020/08/10

メンマ造り その2・・・塩漬けを終了して天日干しに

5月の連休中に漬け込んだメンマ(試作品)が約3ヶ月経ったので、漬け込みを終了してザルに揚げました。
伸びて硬くなったタケノコを茹でて、表皮を剥いたものと剥かないものを、それぞれ、タケノコ1kg+塩300g(塩分約23重量%)を混ぜて瓶詰めにしたものと、タケノコ600g+塩250g(塩分約29重量%)を混ぜてジップロック詰めにしたもの4種類を容器からザルに移して、天日干しにします。

Dsc01864800nnnDsc01865800nnn
Dsc018671600tpnnn

 皮なし 塩分約23% 瓶詰め  皮あり 塩分約23% 瓶詰め
 皮なし 塩分約29% ジップロック詰め  皮あり 塩分約29% ジップロック詰め

 
仕込んだときは、タケノコと塩だけだったのが、瓶の底に塩水が溜まっています。塩がタケノコから水分を奪ったのですね。度々振ったせいか瓶詰めのものには白く濁った塩水が、ジップロック詰めで静置しておいたものは何故か無色透明の塩水でした。ほぼ無臭ですが、わずかに糠のような香りがします。果たして発酵は進んだのでしょうか?

Dsc018711600tpnnnDsc018721600tpnnn

 
容器から取り出したメンマ(試作品)をザルに並べて、この状態で数日間天日に干します。上が瓶詰め(塩分23%)、下がジップロック詰め(塩分29%)、左が皮なし、右が皮あり。塩分が濃い方は皮の色がほとんど抜けているようです。

Dsc01881800nnnDsc01885800rnnn

 
さあ、天日干しが終わったら、ほぼ完成。いよいよ試食が楽しみです。

                       ~つづく

| | コメント (0)

2020/08/02

ぶどうの季節がやってきました。

町内のあちこちで東浦ぶどうの直売所がオープンしました。ぶどう組合のそれぞれの農家が話し合って、こまめな消毒や衝立の設置など、とるべき新型コロナ感染防止対応策を決めました。各直売所は、その対応策に沿って感染防止の配慮をしたうえで、ぶどうの販売をしています。

ポピュラーな巨峰やデラウェア、シャインマスカット以外にも、珍しい品種がたくさんあります。同じ巨峰でも、最初は酸味が強くて、これから日光をたくさん浴びると甘みが強くなるそうです。まだ出ていない品種もあります。これから収穫する分も含めて、もう完売してしまったものもあるそうです。ぜひ食べ比べをお勧めします。

20200801_115459800pnnn
20200801_123448800pnnn
20200801_123305800pnnn

 

この畑は、細長い指のような実をつけるマニキュアフィンガーという品種をつくっていますが、よく見ると地面が明るくてぶどうの葉の影がついていませんか。これは、ぶどうの葉裏からも光が当たるように地面に反射シートを敷いているのだそうです。

20200801_122916800nnn

 

こちらはレッドネヘレスコールです。房が藤の花のように長いのが特徴です。これから赤くなって9月上旬が食べごろだそうです。

20200801_123426800pnnn

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧