グルメ・クッキング

2021/11/25

アテモヤを食べてみた。

先日、美浜で買ってきたアテモヤが少し柔らかくなったので、食べてみることに。外見は、モリゾーかキッコロみたいです。
2つに切ると中には白くて柔らかい果肉。スプーンですくって食べてみるとすごく甘いです。冷凍にすると、たしかにアイスクリームのような食感です。

Dsc08023800nnnn
Dsc08025800nnnn
Dsc08027800nnnn

 

キウイフルーツは、まだ硬め。中が紅くて糖度が高いのが特徴とのこと。熟し切っていないので、酸っぱ味と甘味がちょうど良い感じでした。

Dsc08019800nnnn

 

| | コメント (0)

2021/11/22

牡蛎は生で、ムール貝はワイン蒸しに。

柳橋市場で買ってきたカキとムール貝を食べてみました。

やはり牡蛎は生が最高。殻は小振りですが身はしっかり詰まっています。レモンを搾っていただきます。蛎殻は慣れると割と簡単に剥けるようになります。

Dsc07955800nnnn

 
焼き牡蠣も良いですね。牡蛎しゃぶや鍋もおいしいです。

Dsc07999800pnnnn
Dsc08003800tpnnnnDsc08008800nnnn

 
ムール貝はワイン蒸しにしました。プリプリでニンニクが効いてて、美味しかったです。

Dsc07906800nnnn

 

| | コメント (0)

2021/11/20

空き家対策講演会 と 公共交通利用促進のワークショップ を開催。午後から美浜の農園へ。

緒川コミュニティセンターで、空き家対策講演会を開催しました。
講師の愛知県弁護士会 榊原顕太郞氏から「30分で学ぶ空き家の法律問題」と題して、空き家所有者の法的責任などについてのお話し。愛知県建築士会 石井隆司氏から「建築士から見た空き家問題」と題して、近年、空き家の地域福祉的利用として、居場所や子ども食堂や個人蔵書を活かした図書館などがあること、まずは診断、補強、改修、用途変更申請が必要な場合もあることなどについてお話しをいただきました。参加者から質問もいただきました。
東浦町の空き家率は、県内でも最低レベルです。しかし、新築家屋の増加や人口減に伴って、今後増えていくことは間違いないと考えています。すでに知多半島南部では空き家の増加が切実な問題となっています。南知多町などは、空き家バンクはもちろん、名古屋市内のカフェで移住を考えている若者を対象にリノベーションDIYのトークイベントを開くなど、空き家対策の先進地です。
空き家を使いたいという人がいても、空き家の所有者は「仏壇があるから」「後片付けをしてないから」「思い出が籠もっているから」となかなか貸す決断ができなかったりします。しかし、いずれは何らかの処分をせねばなりません。空き家活用、解体・転売、駐車場利用などを含めて、需要があるうちに対処が必要です。相続の発生も考えられます。時間が経つほど問題は深刻化します。相談は、役場都市計画課のほうへ、お早めにどうぞ。

         Dsc078321200tpnnnn
Dsc078441200tpnnnnDsc078461200tpnnnn

 

イオンモール東浦のイオンホールでは、公共交通利用促進のワークショップ「日々の暮らしに公共交通を“ちょい足し”してみませんか?」を開催しました。
自分自身が様々な機会をとらえて公共交通を利用してみる、周囲の人も誘って一緒に乗ってみるを目標に、これから公共交通乗りようが見込まれる方(例えば、高齢者とその家族、免許返納を考えている方など)、公共交通を利用する機会をつくれる方(例えば、地域活動に積極的な方、活動の主催をするような方など)に集まっていただきました。当初は「う・ら・ら」を利用してみるフィールドワークも組み込んでいたのですが、感染症の影響で延期、スケジュールを全2回に短縮しました。今日は昨日に続いて2回目、公共交通を上手に生活に組み込んでみようと、自分や周囲の人の暮らしに公共交通を“ちょい足し”するためのレシピ(お出かけプラン)を考えて見せ合いっこしました。
「ばすプラ博士」こと名古屋大学大学院の大野研究員をはじめスタッフの皆さんの親しみやすい進行で、「初めてのメンバーで新鮮」「楽しかった」と大いに盛り上がりました。参加者の中には、コーラスサークルや買い物のために、自分たちで互いに送り迎えをする仲間をつくっている人たちもいます。そんな方たちが、言い出しっぺになって、「公共交通のこんな使い方ができるんだ」を実践していただけると、もっともっと公共交通の利用が進むのではと期待しています。

         Dsc078611200pnnnn
Dsc07867800pnnnnDsc07875800tpnnnn

 

午後から、美浜町の神谷農園さんへ。
珍しいトロピカルフルーツづくりに挑戦されていると聞いて見せてもらいに行ってきました。パッションフルーツの季節は終わって、いまはアテモヤの収穫期の終盤だそうです。アテモヤは、「森のアイスクリーム」と呼ばれるチェリモヤとバンレイシ(釈迦頭)の掛け合わせ。農園を神谷さんご夫婦に案内してもらい、実際に収穫体験させていただきました。温室にはでっかいアボカドもありました。この他に中身が紅くて甘いキウイフルーツやシークヮーサーもあります。アテモヤは1週間ほど室温で熟成させる必要があるとのこと。どんな味がするか楽しみです。食べたらまたご紹介します。

Dsc07880800pnnnnDsc07902800pnnnn
Dsc07890800pnnnnDsc07894800nnnn
Dsc07878800pnnnnDsc07879800pnnnn

| | コメント (0)

生牡蠣を買いに柳橋へ。

夜明け前に、柳橋の市場に行ってきました。生牡蠣を買って今晩家族で食べます。
殻付カキをだいたい1個100円~200円台くらいで売っていました。1個140円の播磨産を購入。ついでに宮城産ムール貝(1個50円くらい)と赤貝も。赤貝は素人さん向けにその場で剥いてくれます。
市場の中に行列ができているラーメン屋さんがあったので、ちょっと寄って朝ラーメン。

Dsc07777800tpnnnnDsc07771800pnnnn
Dsc07776800pnnnnDsc07779800pnnnn
Dsc07784800pnnnnDsc07785800nnnn

| | コメント (0)

2021/11/18

初めてキャッサバを食べました。

町内でキャッサバを栽培している方から採れたてのキャッサバをいただきました。茎の根元にタコ足状にできる芋(根)で、見た目はヤマイモに似ています。キャッサバは南米など、世界中の熱帯地方で主食として栽培されていて、タピオカの原料にもなります。

         Dsc07668800nnnn

 
まず、表面の茶色の皮を剥きます(毒があるらしい)。さらに肌色の表面に硬い層があるので、包丁を入れると簡単に剥けます。

Dsc07678800tpnnnnDsc07684800pnnnn
         Dsc07695800pnnnn

 
30分かけて、ふっくら茹でると、まるでサツマイモのような食感でジャガイモのような風味です。ただし、真ん中に硬くて細い繊維のような芯があってこれは食べられません。

         Dsc07667800nnnn

 
5分で固ゆですると、栗のような味と食感です。そのまま食べても十分美味しいです。

         Dsc07707800pnnnn

 
これを、揚げるとフライドポテトのようになります。

         Dsc07709800nnnn

茹ですぎてポロポロになったらコロッケにしてもイケるそうです。

さすが主食になるだけあって、飽きの来ない食味とカロリー、保存性などを兼ね備えています。荒れ地ややせた土地でも育って光合成をおこなうため、食糧問題や地球温暖化問題で期待をされているそうです。

| | コメント (0)

2021/11/16

ヤーコンを食べてみた

先日、福祉センターで買ったヤーコンを食べてみた。食物繊維がたっぷりとか。消化されにくいフラクトオリゴ糖が大部分でデンプンをほとんど含まないので低カロリーなのだそうだ。

Dsc074191200pnnnn

 
初めての人にはサラダがオススメとあるので、生で食べてみるとシャキシャキしていて、ほんのりキクイモ(北米原産、キク科ヒマワリ属)のような香りがある。(個人的にはキクイモの香りは苦手)
ヤーコンは南米原産、キク科スマランサス属なのだそうだ。味噌汁の具にもしてみた。基本、味がないのでいろいろ応用ができそう。

Dsc07424800nnnnDsc07425800nnnn

 

| | コメント (0)

2021/11/12

「東浦だらけ展」を開催中。福祉センターではバザー&朝市。野草薬園で運営懇談会。

今日から11月14日(日曜日)まで、イオンモール東浦 1Fセントラルコートで「東浦だらけ展」を開催しています。オープニングでご挨拶をさせていただきました。

この東浦だらけ展は、役場の福祉課と産業振興課のコラボで、社会福祉協議会にも加わってもらっています。また、イオンモール東浦には共催という形で東浦町の産業振興と活力あるまちづくりにご協力をいただいています。
だらけ展で紹介するのは、「産業」「地域活動」「しごと」です。展示の中には、工業製品も農作物もコミュニティビジネス的なものもあります。
福祉の観点からすれば、生涯現役社会と言われる昨今、皆さんには年齢に関係なく、意欲と能力のある限り、自分らしく活躍して、充実した毎日を送っていただきたいとの思いがあります。これまでご存じなかったかも知れない東浦町の地域を支える産業や地域の活動を知っていただき、生涯を通じた地域社会での活躍のイメージを持っていただく機会になればと考えています。
産業の観点からすれば、こんな産業、産品、仕事があるということを個々に紹介する機会をつくりたい。また経済活動としての産業の価値だけでなく、地域の自然や人、歴史、伝統、文化など、風土そしてイノベーションが背景にあり、そのなかで皆さんが精魂傾けて作品を創り出していることを感じていただきたいと思います。
会場は、ぶどう畑をイメージした空間に作品を展示する展覧会風のデザインとしました。

       Dsc073361200ppnnnn
Dsc07324800pnnnnDsc07326800pnnnn
       Dsc07356800pnnnn

 

福祉センターでは、社会福祉協議会が、「災害復興支援 バザー&朝市」を開催しました。みんなで持ち寄った生活雑貨・日用品や採れたての季節の野菜や果物を持ち寄り販売し、熱海市役所に義援金を寄附するイベントです。私は100円のヤーコンを購入。今日のにじどんは4色丼でした。

Dsc07379800pnnnnDsc07381800pnnnn
Dsc073971200pnnnnDsc07394800ptnnnn

 
会場では、にじいろひろばの活動紹介もありました。社会福祉協議会では、新たな活動としてフードドライブを始めました。来年の1月にはフードバンクを知っていただくためにKURAMA・ザ・トークを予定しています。

Nijiirohiroba-program20211112aNijiirohiroba-program20211112b
Fooddrive2021chirashi
Kurumaza-vol5-20220113

 

午後からは、あいち健康の森の野草薬園に関する運営懇談会に地元自治体の首長として出席。薬草薬園は、県が年間約2千2百万円の指定管理料を支払って、愛知県薬剤師会・日誠グループが運営をしています。コロナ禍にあっても来園者数は比較的安定しています。藍染めやハーブから薬効成分の抽出実験、綿紡ぎやオーナメントづくりなどのイベント・講座、また、市民ボランティア活動、オタネニンジン(高麗人参)の実験栽培などの報告を受けた後、園内を見学しました。

Dsc074031200pnnnnDsc074071200nnnn
Dsc074081200nnnnDsc074111200nnnn

| | コメント (0)

2021/10/10

知多半島西海岸をドライブ

南知多から美浜を通って、海辺の景色を楽しみながら、途中、前から行ってみたかったところやお薦めの場所に立ち寄りながらのドライブでした。

内海の近くのプリン屋さんに寄ってみました。やわらかプリンでシャインマスカットゼリー入りが美味しかったです。店の奥が古民家になっていてその場で食べることもできます。名古屋の福祉系の会社の経営だそうで、隣のバリアフリーの宿や海辺のハンバーガー屋さんも同じグループなのだそうです。

Dsc05798800nnnnDsc05801800pnnnn

 

こちらのカフェは、ロケーションとバスやコンテナやウッドデッキを大胆に使ったデザインのせいでしょうか、席数は多いけどすぐに満席になってしまうのだそうです。ライダーが集まってきます。エビカレーとジンジャーモヒートをいただきました。

Dsc05807800nnnnDsc05813800pnnnn
Dsc05818800nnnnDsc05833800nnnn

 

こちらは海辺の磯料理屋さん。さっきのカレーと刺身定食でさすがに腹一杯になりました。外でも屋内でも、眼前に波を見ながら新鮮な海の幸をいただくことができます。

Dsc05843800nnnnDsc05841800pnnnn
Dsc05847800pnnnnDsc05845800nnnn

 

野間灯台のすぐ近くに、温室みたいなガラス張りの建物でバーベキューのできるカフェもあります。グランピングもオープン予定とのこと。道路の反対側はアウトドアのBBQのできるところで、海に下りられるようになっています。

Dsc05888800tnnnnDsc05874800pnnnn
Dsc05898800nnnnDsc05932800nnnn

 

この後、野間大坊へ。正式には鶴林山大御堂寺という飛鳥時代からある寺で、後に真言宗の寺となっています。源頼朝の父義朝の最期の地で、義朝の墓があることで有名です。義朝が、長田忠致・景致父子に入浴中に謀殺された際に「木太刀の一本もあれば」と無念を叫んだことから、墓には木太刀が奉納されています。近くの寺の方に伺ったところでは、実際に謀殺されたのは、大坊ではなくて少し山寄りにある法山寺の近くにあった湯殿なのだそうです。
境内にあった「野間ナビ」という地元の小学生がつくった案内看板に、野間の名所・旧跡が描かれていてわかりやすかったです。

Dsc05948800nnnnDsc05955800pnnnn
Dsc05967800nnnnDsc05959800nnnn
Dsc05969800nnnnDsc059751600tpnnnn

 

美浜はトロピカルフルーツの栽培に挑戦している農家が多いと聞きます。以前ご主人からグレープフルーツやバナナの栽培に取り組んでいると聞いたことがある萬秀フルーツに行ってみました。結構大規模にグレープフルーツとバナナを育てています。残念ながらグレープフルーがぶどうのように鈴なりになっているところを見られる季節ではないので、バナナを買って帰りました。

Dsc05982800nnnnDsc05977800tpnnnn
Dsc05990800nnnnDsc05981800tpnnnn

 

さて、閉館ギリギリの時間ですが、近くの杉本美術館へ。名鉄が開発した住宅地である美浜緑苑の一角のため池を見下ろすロケ-ションにある洋画家 杉本健吉の作品を収めた美術館です。悲しいことに今月末で三十数年の歴史を閉じることになりました。コロナの影響もあるのでしょうが、運営母体である名鉄グループの不振が原因だと思います。この後どうなるかはよくわかりません。知多半島で数少ない美術館が閉館するのは残念です。
最終展「絵に生きた画家 杉本健吉」は10月31日までです。

 
Dsc06003800pnnnnDsc06010800nnnn
Dsc06011800tpnnnnDsc06020800nnnn
Dsc06024800pnnnnDsc06028800nnnn

 

夕食は常滑にある伊勢湾を見下ろす丘の上のレストランで。久し振りに一日気の向くまま、あちこち寄ってきました。

         Dsc06061800pnnnn

| | コメント (0)

2021/10/07

動物愛護イベント「東浦アニマルシェ」のご案内

人と動物が共に暮らすためのペットマナーや野良ねこ問題などのセミナーと、音楽、マルシェ、軽飲食、展示会、段ボールで遊び場つくりなど、楽しいイベントを同時に開催します。
東浦町も、ペットも無縁ではない災害時の避難についてセミナーを行います。これは、市民提案による公園の利活用です。

【とき】10月24日(日)10時から15時30分

【ところ】 三丁公園(東浦町藤江三丁108)

【内容】
 〔ステージイベント〕 動物愛護や野良ねこ対策等の講演会、吹奏楽やウクレレの演奏
 〔マルシェ〕 各種ワークショップ、キッチンカー
 〔展示会 〕 野良ねこ啓発、保護猫譲渡会等

【参加費】 無料

【主催】 アニマルシェ実行委員会

【共催】 東浦地域ねこの会

【後援】 東浦町

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kankyo/kankyohozen/event/11287.html をご覧下さい。

243730291_4860504883977402_6025905683264
244528931_274450014591062_88025215439796

 

| | コメント (0)

2021/09/29

くりごはん

栗がたくさん採れました。
桃栗三年柿八年・・・とは、何事も成就するには歳月を要するという意味ですが、この栗は苗を植えて数年放置。その後世話要らずで毎年たっぷり実をつけてくれています。楽させてもらっています。感謝。

Dsc05540800nnnn

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧