ゲーム

2022/06/19

「スポGOMI@イオンモール・東浦町」に参加しました。

スポGOMI@イオンモール・東浦町」を開催。遠くは岡崎から、多くの親子、デンソーやトヨタ紡織のアスリートチーム、町内からは商工会のメンバーや東浦高校の野球部など、31チーム、130人もの方たちが参加、スポーツとしてごみ拾いを競い合いました。私も役場チームとして参加しました。
ごみ拾いのエリアは、イオンモール東浦の立地する366号バイパス以西の緒川の市街地。イオンモールや緒川駅周辺、屋敷の旧道沿いにはごみはほとんど落ちていませんでした。結構きれいなもんだと思ったら、東栄町交差点から役場前の道路沿いの植え込みにペットボトルや缶などのごみがたくさんあったようです。
優勝は、ポイントの高いビン・缶、ペットボトルを中心に7.65kg(1220.0pt)のごみを集めた東浦高校野球部①の4人組でした。2位はトヨタ紡織サンシャインラビッツ(10.50kg,1107.5pt)、3位はデンソー①(5.60kg,635.0pt)。さすがアスリートチームは強いです。役場チームは11位(2.16kg,310.0pt)と、そこそこ?健闘。みなさんお疲れさまでした。

20220619_1032281000tnnnnn20220619_1049171000tnnnnn
 さあ開会式が始まります。企業のアスリートチームによる選手宣誓です。

20220619_115521800tnnnnn20220619_114923689tnnnnn
 この辺りはごみが見つかりません。ちょっと物足りないけど、うれしいことです。

20220619_120623800tnnnnn20220619_121857800nnnnn
 拾ったごみを計測してポイント換算します。トーエイさんがSDG'sのブースを出してくれました。

20220619_124846800nnnnn20220619_122709800nnnnn
 表彰式と優勝チームのインタビューです。

20220619_1257591200tnnnnn
 高校生集合!知多娘のみなさんもおだいちゃんも一緒に。

 

昨年、知多娘の皆さんも参加して、栄のオアシス21於大公園で「コスプレde海ごみゼロ」というイベントが開かれました。海洋プラスチックを減らそうと日本財団が提唱しているプロジェクトで、コスプレで写真を撮る前にその場所がもっと映えるようにきれいにしようという活動です。

プロギングというイベントはご存じでしょうか。これは、ジョギングしながら格好良くごみを拾ってしまおうという活動で、普段使わない筋肉を使うフィットネスや、コミュニケーションしながら気持ちよく街歩きできる効果があります。常田英一朗さんという若者がパタゴニアの山を登ったり世界を旅しているうちに、北欧でプロギングが行われていることを知ってぜひ日本でも普及させようとプロギングジャパンという団体をつくって全国で普及活動をしています。実は、常田さんは東浦町の出身なので、ぜひ東浦でもということで、今年3月にみどり浜緑地でプロギングを開催しています。

今日、行った「スポGOMI」は、予め定められたエリアで、制限時間内に、チームワークでごみを拾い、ごみの量と質でポイントを競い合う、環境美化活動を融合させたスポーツです。スポGOMIはスポーツの力で街をキレイにするだけではなく、関係者や参加者が大会を通して触れ合うことにより、地域力、市民力を養えるイベントでもあります。
イオンモールが全国で活動を展開していて、イオンモール東浦からぜひ地元の自治体と一緒にやりましょうとお声がけをいただいて今日の開催となりました。

最近、婚活でごみ拾いというのもあるそうです。これらすべてに共通するのは、ひたすらごみ拾いだけをやるボランティアではないことです。
ごみ拾いをストイックにやっているだけでは長続きしません。スポーツやゲームなど、何か他の感覚を取り入れて楽しく継続することが大事だと思います。

目指すところはごみのない社会です。ポイ捨てやごみの飛散以外にも、そもそもごみを出さない造らない、再利用する、資源としてリサイクルすることが大切です。いま物価高騰が問題になっていますが、日本は資源を輸入しないとやっていけない国です。ごみを出さない、ごみのない社会をつくっていく、街をキレイにするだけではなく、参加者がいっしょに触れ合うことにより、地域力、市民力を高めていく、そんなきっかけになればと期待しています。

| | コメント (0)

2021/11/13

親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」は天気に恵まれました。午後から常滑へ。

第3回親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」を開催しました。今回は緒川新田地区を探検します。
参加した22チームが、ガイダンス、作戦ミーティングの後、高根中央公園をスタートしました。かつて東浦最高峰(83.1m)だった高根山の山頂に造られた高根配水池や、高根の森を挟んだ高台にある第2配水場がチェックポイントとなり、普段立ち入れない場所を巡ることができます。これらのチェックポイントでは問題に水道に関する正解するとポイントがもらえます。東ヶ丘交流館では、チームが息を合わせて東うらうら体操ができるとポイントがもらえます。こんな感じでしょうか?
たくさんのチェックポイントを徒覇しながら、観察力、判断力、そして家族のチームワークを競うこのゲーム、好評につき、春に続いて年2回の開催となりました。

        Dsc07431800nnnn
Dsc07446800nnnnDsc074511200tpnnnn
Dsc07490800tpnnnnDsc07494800pnnnn

 

午後から、常滑市のとこなめ陶の森を見学しました。資料館は、先月リニューアルしたところで、展示室の入口は窯出しのワクワク感を表現しているとか。
壁を上手に使って年代を追う展示はわかりやすくて新鮮です。学芸員さんの解説が親しみやすくて、聴くほどに好奇心が湧いてきます。
自分で使いやすい急須を組み立ててみる展示もあります。東浦の鰻池の古窯跡から出た粘土もありました。

Dsc07504800pnnnnDsc07506800nnnn
Dsc075121200nnnnDsc075161200nnnn
Dsc075211200nnnnDsc07533800tnnnn
Dsc075301200pnnnnDsc075351200tpnnnn

 
資料館のとなりの陶芸研究所は1961年築、故堀口捨己氏の設計です。外壁は薄紫色のグラデーションのかかったタイル張り。夕日を受けて静かに映えています。
入館して右側は金、左側は渋い銀色を基調としているのだそうです。天窓からの採光にもこだわりを感じます。2階は赤と緑の対比、1階の茶室前の応接は鮮やかな赤。研究所の建物から見た伊勢方面の夕景が素晴らしいです。
案内していただいたおかげで、とても充実した時間を過ごすことができました。

Dsc07538800pnnnnDsc07544800tpnnnn
Dsc07546800tnnnnDsc07547800nnnn
Dsc07549800nnnnDsc07570800nnnn
Dsc07572800pnnnnDsc07578800pnnnn
Dsc07550800tpnnnnDsc07560800tpnnnn

| | コメント (0)

2021/10/19

スポーツ鬼ごっこ

藤江コミュニティセンターで、毎週火曜日の夕方、スポーツ鬼ごっこ教室が開かれています。NPOアルフィンの事務局長で町のスポーツ推進員でもある水口さんが子どもたちの指導をしています。小学生の俊敏さにビックリです。得意不得意がものをいう球技と違って、だれでも一緒に楽しめるのが特徴です。藤江小学校では子どもたちがスポーツ鬼ごっこのクラブ活動も立ち上げたそうです。近年低下が指摘されている子どもの基礎体力向上にも役立ちそうです。

         Dsc06355800pnnnn
         Dsc06357800tpnnnn
         Dsc06367800pnnnn

 
白チームは、来月大会があるのだそうです。みんなで「がんばろう!」をしました。

         Dsc06383800tpnnnn

 
結構激しい運動です。練習は約1時間で終了。終わってから、保護者のみなさんが子どもたちとハロウィンイベントをやっていました。

        245182637_879253499396378_63048564988110
 

| | コメント (0)

2021/10/13

親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」のご案内

Oyako-walking20211113p


制限時間内に歩いて探すチェックポイントと、課題やゲームをクリアして獲得できるボーナスポイントの合計を競うゲームです。
どのルートが高ポイントを狙えるか、作戦を立てて歩き、力を合わせて、ひがしうらを探検します。
第1回、第2回は、大好評でした。第2回の様子はこちら!!
3回目の今回は新田地区にエリアを設定します。

 
対象は、町内在学の小学1年生~中学3年生とその保護者で構成された2~6名のチームです。必ず、1組以上の親子を含むことが条件です。保護者の責任のもと、未就学児の方も参加できます。

定員は、先着40チーム

申込みは、10月25日(月)までに、申込書を文化センター窓口へ。申込書は町内小中学校、文化センターにて配布、またはHPよりダウンロード。

参加費は、ひとり300円。当日いただきます。

持ち物は、カメラ(撮った写真を確認できるもの)、水筒、タオル、筆記用具、お弁当(途中で購入可)

動きやすい服装でご参加下さい。

詳しくは、第3回親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」in緒川新田 参加者募集!! をご覧下さい。

Higashiura-tankentai20211113

 

| | コメント (0)

2021/08/02

親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」のこどもスタッフを募集!!

好評につき、第3回 親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」を企画します。今回は、イベントの企画と運営も子どもたちの手で行い、イベント実行の過程を子どもたちに楽しんでもらいたいと考えています。

「ひがしうら探検隊」のイベントは11月13日(土)に予定していますが、このイベントを企画・運営する“こどもスタッフ”を募集します。
こどもスタッフのみなさんは、「ひがしうら探検隊」で、ゲームスポットの運営を担当します。高校生スタッフも交え、全5回の事前打ち合わせでゲーム内容やルールについて話し合い、イベント当日、担当するゲームスポットを運営してイベントを成功させます。

小学校4年生から中学校2年性のみなさん!
イベントに参加する側から、イベントを仕掛ける側に回ってみませんか。きっと新しい発見があると思います。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/11236.html をご覧ください。

Oyako-walking20210828staff

 

| | コメント (0)

2021/07/04

美術館、博物館をハシゴしました。

愛知県美術館で開催された「第77回現展 名古屋展」に行ってきました。現展では、作家の画歴・経歴を問わず、現代性に溢れた様々なジャンル、素材、表現方法を幅広く受け入れているそうです。
毎年、写真を出品されている町内の方が受賞されました。題材は鯉の乱舞と船上からの2020年の夜明け。夏目さん、田中さん、おめでとうございます。
交通事故の後遺症と戦いながら創作活動をされている水上卓哉さんの作品「希望の地球(ほし)」のモチーフは、大地から力強く沸き上がる熱湯と泥とガス。秋田の玉川温泉まで行ってきたのだそうです。「オパールのひみつ」と題した生きもの曼荼羅のような絵の中心で金色に輝くトグロはウッチーくんと呼ぶのだそうです。

Genten-nagoya-20210630

205400030_232164618544874_81992780109977
204601986_942166516347634_53613308699054208949895_396597745096596_52922582286350

 

名古屋市博物館で開催中の「ゲーセンミュージアムにも行ってきました。こちらは、めっちゃ懐かしいピンボールマシーンや、今やお宝モノではないかと思われる車やヘリコプターの操縦ゲーム、射撃やボーリングなど正真正銘のアナログメカから、インベーダーゲーム、ギャラクシアン、パックマンなどなど。入口の方で熱中していたら、閉館時間になってしまい、最新のeスポーツまで行き着けませんでした。

Gesenmuseum-20210601

20210703_153804800nnnn20210703_153858800pnnnn
20210703_154042800tnnnn20210703_154545800nnnn
20210703_154735800nnnn20210703_155822800tnnnn
20210703_161241800tpnnnn20210703_165709800tpnnnn
20210703_155902800tnnnn20210703_170231800pnnnn

 

3軒目は、松坂屋美術館の「びじゅチューン!EXPO ~ときめき立体ミュージアム~へ。世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHK Eテレの人気番組「びじゅチューン!」の展覧会です。TV番組の世界観を大型立体模型や音と映像で楽しみます。何でも美術にこじつけてしまうセンスがすごいです。「曜変天目ディスコは♪~瑠璃色に輝いてる~♬」のメロディーが頭にこびりついてしまいました。

Bijutune-expo-20210626

1625375699280800tpnnnn20210703_175020800nnnn
1625375717791800tpnnnn1625375728966800tpnnnn
20210703_175626800nnnn20210703_175700800nnnn
20210703_180952800nnnn20210703_1816571200nnnn

 

もうすぐ夏休み。これから子どもも楽しめる展覧会が続きます。7月17日からは愛知県美術館で「ジブリの大博覧会」が始まります。名古屋市博物館の9月の企画展は「ムーミン コミックス展」です。

Ghibli-expo-20210717b

Koguma-shirokuma-20210722

Moomin-20210911

 

| | コメント (0)

2021/04/25

第2回 親子ふれあいイベント「東浦町を歩き尽くせ!」

第1回 親子ふれあいイベントが好評で、“また参加したい”という声にこたえて、第2回を企画しました。今回は移動手段として「う・ら・ら」なども使って大々的に行おうと考えていたのですが、感染症に配慮して規模を縮小しました。38チーム、約130人のエントリーがありました。

         20210425_093452800nnnn

役場西駐車場に集合、各チームが作戦を練ってスタートです。歩く範囲は、緒川・石浜・生路・藤江。地図に示されたチェックポイントを巡り、証拠として看板や石碑の文字を記録します。途中、お昼ごはんの写真や原田牧場の牛と一緒の写真、クイズやゲームなどで付与されるボーナスポイントと、チェックポイントの得点の合計を競います。たくさんのチェックポイントの中から有利なところを選んでできるだけ効率的にクリアしながら制限時間までに戻って来なければなりません。

Oyakohureai-map20210425Oyakohureai-checkpoint20210425

緒川の入り組んだ路地を探検する人たち。史跡めぐりもできます。文化センターではピンポン玉リレー。うのはな館では、企画展にちなんだ出題。石浜のコミュニティセンターのクイズは選んだ番号によっては手ごわい問題がありました。生路のコミュニティセンターでは時間内にジェスチャーでどれだけの言葉を伝えられるかがミッションです。

Dsc00447800nnnnDsc00442800tnnnn
Dsc00455800tpnnnnDsc00470800pnnnn
Dsc00480800pnnnnDsc00491800tpnnnn
Dsc005071200pnnnnDsc005151200pnnnn
Dsc00500800tpnnnnDsc00504800pnnnn
Dsc00545800tpnnnnDsc005461000tpnnnn
Dsc00558800tpnnnnDsc00573800tpnnnn

なかなかエキサイティングなイベントでした。普段は歩かない地域を知るチャンスでもあります。自分も家族に小中学生がいれば、ぜひ参加してみたいです。
問題などもスタッフが練りに練りました。このイベント、これからもいろいろと応用できそうです。

 
第2回 親子ふれあいイベントの様子は、mediasエリアニュースで見ることができます。
 → https://www.chitamaru.jp/movie/114601/

| | コメント (0)

2021/03/04

第2回親子ふれあいイベント「勝利のカギは知力?体力?チームワーク?東浦町を歩き尽くせ!!」のご案内

昨年秋に、第1回を開催して、非常に好評でした。リクエストにこたえて第2回を開催します。

 どんなゲーム?

設定されたチェックポイントを制限時間内に回り、合計ポイントを競うゲーム。場所が遠く、見つけにくいチェックポイントほど高ポイントが狙えます。
特定のチェックポイントでは、親子で協力しボーナスポイントのチャンスもあります。
 どのルートが高ポイントを狙えるか考える知力!
 制限時間内でより多く歩ける体力!
 ボーナスポイントをゲットするためのチームワーク!
これらを駆使して勝利をつかみましょう🏆

集合場所: 東浦町役場(開催範囲は東浦町全域)
開催日時: 令和3年4月25日(日) 9時30分から15時まで

対象: 
 町内在学の小学1年~中学3年生とその保護者で構成された2~6名のチーム
 (必ず、1組以上の親子を含むこと。保護者の責任の元、未就学児の参加も可。)

定員: なし
申込み: 4月11日(日)までに文化センターへ
参加費: 1人300円

持ち物: 
 カメラ(撮った画像を確認できるもの)、水筒、タオル、筆記用具、お弁当(途中で購入可)

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/event/10372.html をご覧ください。

Oyako-walking20210425

 

| | コメント (0)

2021/02/28

KURUMA・ザ・トーク Vol.4 「カードゲームで楽しく納得! ―わたしとSDGs― 」のご案内

いま、様々な場面で目にする言葉「SDGs」
いったいどんなものなのでしょう?
カードゲームを通して、楽しくSDGsついて知ってみませんか。

開催場所: 総合ボランティアセンター なないろ
開催日時: 3月24日(水)19時から20時30分まで
ゲスト講師: 一般社団法人SDGs design 代表理事 曽根香奈子さん

対象: 興味のある方
定員: 先着8名
費用: 無料
申込: 開催日まで総合ボランティアセンターなないろへ、電話(0562-51-7697)または窓口でお申し込みください。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6750.html をご覧ください。

Sdgs-game-nanairo20210324_20210302080201

 

| | コメント (0)

2020/12/19

お昼に「うららん」へ

親子で健康づくりの動画撮影のためにうららん(総合子育て支援センター・石浜西児童館)に行きました。映像ができあがったら、改めてお知らせしたいと思います。お楽しみに!

うららんのホールにはクリスマスツリーが飾ってあります。壁に緑のカーテンを掛けてつくったものもあります。

        Dsc07456800pnnn

 
今、子どもたちの間でも数人が一緒に遊べるカードボードゲームが人気だそうです。

Dsc074691200pnnnDsc074711200pnnn

 
ままごと遊びが出来るキッチンやお風呂、ペットボトルの家など手づくりのおもちゃもたくさんあります。

Dsc07472800pnnnDsc07473800pnnn
        Dsc07474800pnnn

 
設備も充実しているので、町外の方にも人気です。

Dsc07461800nnnDsc07475800nnn
        Dsc07476800pnnn

| | コメント (0)