スポーツ

2018/09/12

「ちたまる。スタイル」の記事から・・・スラックラインの細江さん、活躍中!

mediasの地域情報マガジン「ちたまる。スタイル」9月号「ジモトのSuper★Persons」に細江樹(ほそえ いつき)さんが載ってました。細江さんは、藤江出身の19歳。昨年、スラックラインのワールドカップで優勝。選手として、パフォーマーとして世界を転戦中です。

 

Chitamaru201809hosoe1

Chitamaru201809hosoe2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/16

市民映画『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会 と 國武大晃くんを励ますパーティー

朝は南知多にいました。豊浜港では、7月末開催の鯛まつりの準備が進んでいます。今日も暑くなります。これから海は大にぎわいになりそうです。海っこバス、がんばってますね。

Dsc_6603800

 Dsc_6606800 Dsc_6598800tp

 

ひがしうら映画プロジェクト『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会がイオンモール東浦のイオンホールで開催されました。町制70周年を記念する市民発案のプロジェクトです。
まず代表の村松さんから挨拶、そして石丸監督から映画のテーマとお話しのさわり、それから、主なキャストとロケ地、撮影スケジュールについて説明がありました。
市民映画というのは実に人を引きつけるものだと感心しました。普段お目にかかったことのない住民の皆さんがたくさんいます。他のまちからも映画に興味や経験のある人が参加してくれています。新聞やメディアスやSNSで知ったという人はもちろん、阿久比の図書館でチラシを見たという阿久比町民や円頓寺の飲食店でポスターを見たという名古屋市民もいました。町内在住でモデルをされている小田真奈美さんには初めてお会いしました。NHKドラマ「中学生日記」の先生役だった俳優の鈴木林蔵さんも出演されるそうです。さうす のぅ めにぃ(南知多観光大使?)のお二人にも初めてお会いしました。
これは、市民による手作りの市民映画です。監督は高浜物語などご当地映画を手がけていらっしゃる石丸みどり監督にお願いして、あとは市民の知恵とスキルと想いを出し合ってつくります。東浦町行政からは、パートナーシップ推進事業を通じて若干の補助金を出させていただきますが、あとは企画から資金集めまで市民の力によります。なんとか自分たちの力で地元の映画を作りたい。この情熱は凄いと思います。
「映画づくりはまちづくり」という言葉を聞いたことがあります。みんなの心に残る映画が完成することを期待しています。

Dsc_66161000tp_2

 Dsc_66291000tp 37290219_1769203769795562_826190169
 37214053_1576082569187117_189089680 Dsc_66461000tp
 Dsc_66511000ts Dsc_6659800

 

風見鶏で、平昌オリンピックのスノーボード競技に出場した國武大晃くんを励ますパーティーがありました。
お父さんが30歳過ぎに家族で始めたスノーボードがメキメキ上手くなって、保育園児の時にこいつは違うと思ったそうです。子どもの頃から、好きなことは好き、嫌なことは嫌、何事も自分で選択したそうです。小学校の先生曰く、好きなことに対する集中力と器用さは飛び抜けていたそうです。
中学の同級生がたくさん来ていました。アルコールなしで、お菓子とソフトドリンクの気楽なパーティでした。
みんな応援してます。

37238884_1071421299689796_292980299

 

地面が赤く染まったと思ったら、きれいな夕焼け。
遠くから花火の音が響いてきました。夏ですね。

Dsc07461800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

風見尚さんが、サロマ湖 100km ウルトラマラソンで世界新記録

6月24日に開催された第33回サロマ湖 100km ウルトラマラソンにおいて、東浦町緒川在住の風見尚(かざみ なお)選手(35歳)が、世界新記録となる6時間9分14秒で優勝しました。おめでとうございます。

風見選手は、「走り出しから記録更新を狙えると思ってはいなかった」「ただ、95kmほど走ったあたりで、ペースも順調だったことから、記録更新を狙えるのではないかと思った」と当時の心境を振り返りました。

100kmとは気の遠くなるような距離です。途中で栄養補給もしながら走り続けるのだそうです。走っていると気持ちがハイになったり、挫折しそうになったり、特に後半、調子の波を感じるのだそうです。靴は100km走ると、ほぼ履き潰します。体重は2kgほどしか減りませんが、次の試合のコンディションを整えるまでに2ヶ月かかるそうです。

風見選手は、今回の優勝を受けて、2ヶ月後、9月にクロアチアで開催される 第30回IAU(国際ウルトラランナーズ協会)100km世界選手権に、日本代表として出場することになっています。「今回の記録更新で世界最速をとれたので、次は世界最強をとりにいきたい」と意気込みを語りました。

風見選手は、愛三工業で仕事を持ちながら、ランナーを続けています。市町村対抗愛知駅伝でも活躍、今は、東浦チームのコーチもしていただいています。

Kazami_100km_saromako_win_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

東浦町のお出かけの足をみんなで考える会を開催

11時半から高校野球県大会、東浦高校 対 刈谷高校の試合が刈谷球場でありました。オマエはどっちなんだ?と言われましたが、もちろん、心も体も東浦サイドで応援しました。
最初は、両者、やったらやり返すみたいな展開でエキサイティングでした。次の予定があったので途中退席しましたが、結局、3-10(7回コールド)で負けました。刈谷はCブロックのシード校で、この初戦を制せば、後の展開が期待できたのに残念です。

 Dsc_6495800 Dsc_6496800
 Dsc07403800p Dsc07404800

 

午後から、文化センターで「東浦町の『お出かけの足』をみんなで考える会」を開催しました。来年10月に、町運行バス「う・ら・ら」のダイヤ改正を予定しています。そのキックオフミーティングとして、住民の皆さんとの意見交換会を開催しました。
最初に富山大学 都市デザイン学部 都市・交通デザイン学科の猪井博登 准教授から「住民参加で作り上げる持続可能な地域交通」というテーマで基調講演をいただき、続いて、防災交通課長から地域公共交通網形成計画の概要とダイヤ改正の進め方について説明。その後、参加者から質問票をいただき、名古屋大学大学院 環境学研究科の加藤博和 教授のコーディネートで、猪井准教授と私が質問に受け答えをする形で会を進行しました。

36802661_658820347798321_1597997317

猪井准教授のお話しは以下のような内容でした。

お出かけが持つ意義は、健康を保ったり、社会参加をしたり、生活する上で必須。移動ができないことは住み続けられないことを意味する。環境面やまちづくりや福祉の観点からも欠かせない。
公共交通は、市場に任せるだけでは立ち行かない。地域の公共交通とは、地域のための、地域による公共交通でなければならない。かっこいいとか、料金が安いとかだけではダメで、身の丈に合った、適材適所な地域の交通が必要。お願いしてつくる交通から、本当に便利で必要なもの、無駄が省けるものを地域の自分たちの手で作り上げる必要がある。そのための共感を呼び起こすことが大事。
ボトムアップで始まる試行錯誤が基となって、やがて流れができて社会が変革していく問題解決のプロセスがあって良い。
住民参加と行政の協働による新しい地域の公共交通の事例として、西宮市生瀬地区の「ぐるっと生瀬」を紹介する。温かさの残る社会が残っていける。一番怖いのは、反対ではなくて無関心だ。
 
 ※ぐるっと生瀬については以下を参照
 http://guruttonamaze.com/
 http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/content/000010189.pdf
 http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/content/000010225.pdf
 http://www.ecomo.or.jp/environment/bus/pdf/bus-14th_seminar_namaze.pdf
 https://www.nishi.or.jp/kotsu/kotsu/kotsukeikaku/community-kotsu.html

 
私も、本気で公共交通を維持・発展させて行くには、要望するだけではなく、地域の公共交通を運営し本当に利用する仕組みづくりとマインドづくりが必要だと思います。

来週から、加藤教授に入っていただいて、各地区でグループインタビューを開催し、地域の皆さんと意見交換をしていきます。そして、皆さんのお考えを踏まえて、新しいダイヤと交通網をつくっていきます。
楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行していきたいものです。

 ※mediasエリアニュースの動画で、会の様子を見ることができます。
 http://movie.medias-ch.com/stream/2018/chita_news_MP4_20180710_193.mp4

 
夏休み中は、小中学生が「う・ら・ら」を10円で利用できるキャンペーンを実施します。映画やプールなどのお出かけに使ってもらい、「う・ら・ら」のファンになってもらいたいと思います。

Urara10en_natsuyasumi20180721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/30

残雪の立山でスキー

先月、山スキーをしようと、家族で立山に行った。ザックが足りないということで、途中、豊科(安曇野インターを出たとこ)のモンベルでザックを買って。(店員のお兄さんが親切だったけど、話しが長かった。)大町側から立山黒部アルペンルートで室堂へ。乗り物好きはたまらないだろう。

Dsc05982_800x600

扇沢からトロリーバスに乗る。昔は架線のある市内電車みたいなバスが京都市内などでも走っていたけど、現在国内で走っているのはこの関電トンネルと立山トンネルだけ。関電トンネルのトロリーバスは今年限りで、来年からはリチウムイオンバッテリーバスに代わるのだそうだ。
黒部ダムに着いたら、黒部ダムの堰堤の上を歩いて、地下ケーブルカーに乗って、ロープウェイで大観峰まで。残雪と湖のコントラストが眩しい。

Dsc05603_800x600

Dsc05950_800x600

Dsc05624_600x800Dsc05932_800x600

Dsc05924_800x600

そして大観峰から立山の頂上直下をトンネルで抜けると室堂。そこはまだ真冬の白銀の世界。
荒天で新雪が積もったばかりだったが、天気は快方に向かっている。これでも、今年は雪が少ないらしく、室堂から稜線を超えて黒四ダムまで雄山谷を一気に滑ろうという計画は断念。しょうがないので、近くの室堂山を、立山カルデラの縁から薬師岳や槍ヶ岳の見えるところまで登って、そこから室堂のターミナルまで滑ることにした。雪が結構やわらかくて、深いところは膝までハマるので登りは先頭を行くと結構つらい。途中でどんどん天気が良くなって、ご覧の通りの絶景だった。

Dsc05668800

Dsc05696_800x600

Dsc05717_1280x960

Dsc05721_1280x960

Dsc05732_800x600

31946539_713623235695273_6190927364

31948070_713622972361966_7658290773

31967970_713622959028634_9102044072

31531089_713623225695274_2331238085

31939767_713623162361947_62746576_2

ここから一気に滑ると一瞬なので、せっかく登った所を写真を撮りながらゆっくり滑る。若いころならこれを何度も繰り返すところだが、この日のうちに扇沢まで下りないといけないので、ターミナルについたところで帰り支度。

Dsc05783_1280x720

Dsc05806_800x600

Dsc05771_1280x390

Dsc05856_1280x960

 Dsc05868_800x600 Dsc05870_800x600

Dsc05889_1280x960

日頃運動をしてないので、ひどい筋肉痛になるかと思ったら、意外と出なかった。フル充電とまではいかなかったかもしれないけど、やっぱ山はいい.。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/25

今年も井筒部屋がやってきました。

今年も井筒部屋がやってきました。
7月8日から大相撲名古屋場所が始まります。東浦に宿舎を置く井筒部屋の名古屋場所激励会が、昨日、親方ご夫妻と横綱鶴竜関をはじめ力士のみなさんを迎えて勤労福祉会館で開かれました。毎年来ていただけるのは本当にうれしいことです。
昨年の鶴竜関は不調でしたが、今年はご自身のけがや相撲界の傷害事件などの逆境を乗り越えて2場所連続優勝されています。名古屋場所も期待しています。

Idutsubeya20180624a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

スポーツ祭開会式、無料歯科検診、自然環境学習の森で代掻き など。

町体育館で、スポーツ祭開会式がありました。体育協会所属の各チームが5月から11月にかけて、様々な種目で競い合います。楽しく熱く、怪我のないように競技していただきたいと思います。開会式の後、恒例になったアトラクションのカローリングで、軽く運動することができました。スポーツ推進委員では、6月23日(土)9時から町体育館で、カローリング大会を企画しています。森と川スポーツクラブは、第2・第4土曜日13時から森岡小学校体育館で、カローリング、室内ペタンク、レクリエーションテニスなどを楽しむレクスポ教室を開いているそうです。誰でも参加できます。皆で気軽に適度な運動をして、心身ともに健康で充実した毎日を過ごしたいものです。

 Dsc06607_800x600 Dsc06620_800x600

 

保健センターで、町内の歯科医師の皆さんのご協力をいただき無料歯科検診を実施しました。大人も子どもも、歯科健診、歯周疾患検診、フッ素塗布、歯科医師による個別相談(むし歯、歯周病、歯並び、噛かみ合わせなど)のほか、口臭や口内細菌の簡単なチェックを受けられます。保育園から案内があったそうで、小さなお子さん連れの家族で賑わっていました。

 Dsc06633_800x600 Dsc06626_800x600
 
Dsc06636_800x600 Dsc06630_800x600
            Dsc06642_800x600

 

自然環境学習の森で田んぼの代掻きをしました。久しぶりに少し筋肉痛が残りそうな作業です。これでやっと無農薬田んぼの田植えができます。すぐ北(下流)側にあるプロの田んぼはもう田植えを終えています。
新池に仕掛けた亀のワナにはアカミミガメがかかっていました。アカミミガメを駆除してイシガメを守る活動もしています。

 Dsc06643_800x600 P1040804n800
 Dsc06646_800x600 Dsc06665_800x600

 Dsc06667_800x600 Dsc06676_800x600

 

午後から、刈払機で自分のうちの草刈りをしました。その後で、パソコンと格闘。古いパソコンから新しいパソコンへなんとか試行錯誤をしながらメールデータを移すことができました。
今日は、久しぶりに良い汗かいたし、やっとメーラーも使えそうになったし、ちょっと充実感を感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/15

今日は碧南で会議でした。

このところ広域で関わる団体の総会等が続いていて、知多半島や三河の首長さんや商工団体の会長さんと同席することが多いです。昨日は半田市で衣浦大橋整備促進期成同盟会と知多地区道路整備促進期成同盟会の総会、今日は碧南市で一般財団法人 衣浦港ポートアイランド環境事業センターの理事会でした。
衣浦港ポートアイランド環境事業センターは、衣浦湾の出口に浮かぶ廃棄物最終処分場を管理する団体です。衣浦海底トンネル入り口近くの港湾会館が理事会の会場だったので、帰りがけに隣接地で工事中のビーチバレーコートを見てきました。完成が近いようでネットを張って調整中でした。真っ白できめの細かい砂はオーストラリアから運んできたそうです。
7月21日(土)に開催される衣浦みなとまつり花火大会の前にビーチバレーの大会が開かれるそうです。

32527805_2132913306724257_846324851

32538511_2132913833390871_819456455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

消防団入退団式と消防車のお披露目。午後からあいち健康の森を散策。

伊藤衆議院議員、河合県議会議員をはじめ多数の来賓にお越しいただき平成30年度消防団入退団式を行いました。

本日、入団されました12名の新入団員をはじめ消防団幹部の皆様には、消防団員としての自覚と誇りを持って、日頃から訓練に励み、住民が安心して暮らせるようご尽力をお願いします。
また、本日退団されました12名の退団者の皆様には、これまで消防団員としてご尽力いただいたことに感謝申し上げるとともに、今後におかれましても地域のためにお力を賜りますようお願い申し上げます。
東浦町消防団のますますの発展と、団員皆様のご健勝とご活躍を心から祈念します。

下の写真は、入退団式終了後に訓練をしているところです。

Dsc_8122_800x600
 
入隊退団式の会場になった文化センター前では、知多中部広域事務組合消防本部東浦支署に新たに配備された水槽付消防ポンプ自動車のお披露目がありました。

Dsc_8091_800x600
消防自動車に乗ったことはありますか? 運転席横には119番通報から位置情報を表示するモニターがあります。

 Dsc_8100_640x480 Dsc_8094_640x480

後部の収納庫の中には車のピラーなどを簡単に切断できる電動カッターや空気ボンベなどが入っています。収納庫のシャッターにはおだいちゃんの絵が。
車両の両側にはポンプが装備されています。今どきの操作盤はタッチパネル式。濡れたり汚れたりしても大丈夫かと気になりますが、手袋でも操作できる仕様になっているとのこと。
ポンプ後部には1.5tの水槽を備えています。もちろん外部の水源を利用することもできます。

 Dsc_8084_800x600 Dsc_8086_800x600
 Dsc_8106_800x600 Dsc_8118_800x600

車両の前部にはウインチが装備されています。
屋根の上には自立式の投光器やソリ状のストレッチャーが搭載されています。

 Dsc_8110_800x600 Dsc_8112_800x600

この新車のお値段はいくらでしょう? ずばり7200万円します。この新車を東浦支署の1号車とし、旧1号車を東浦西部出張所へ配置します。

 

午後は、あいち健康の森へ運動を兼ねて散歩に行きました。
今日は汗ばむ陽気。やることがないわけではありませんが、家に籠っていては如何にももったいないです。
あいち健康の森へは公務でばしば行きますが、遊びに行くことは滅多にありません。こんな立派な県の施設が東浦町と大府市にまたがって造られているのだから使わないともったいないとつくづく思います。

まず、こどもの森から歩いてみました。子どもが小さい頃に来て以来、十数年ぶりくらいでしょうか、なつかしいです。
以前はぶら下って遊ぶリフトのような乗り物がありましたが、メンテナンスが大変なせいか、安全性を考えてのことか、撤去されていました。他はほぼ昔通り。トンネルを抜けると吊り橋やジャンボすべり台があったりして、今でも家族連れに人気のようです。

 Dsc04259_800x600 Dsc04255_800x600
 Dsc04257_800x600_640x480 Dsc04249_800x599_640x479

ところで、こどもの森から雑木林の奥に向かって伸びる小道があるのをご存知でしょうか。奥に鳥居が見えたので入ってみました。すると「森岡神社」という天神社がありました。立派な社殿もあります。すぐ近くから子どもたちの歓声が聞こえてくる場所に、こんな静かな雰囲気の境内があるとは知りませんでした。

 Dsc04254_800x600 Dsc04251_800x600

 
子どもの森から道路の上の橋を渡って健康プラザの方へ歩きます。

Dsc04264_800x600

このすぐ先が市境で、向こう(東浦方面)に、あいち健康プラザ(右側)と国立長寿医療研究センター(左側)が見えています。

Dsc04268_800x600

二つの池を回り込んで、健康プラザに向かいます。ホテル棟の右側にアーチドーム状のアトリウムが見えますが、県のリストラ計画で解体の対象に挙がっています。
如何にもバブリーな造りではあるけれど、時間が経てば歴史に残るような建物でもあります。こんな立派なものは二度と造られることはないでしょう。

Dsc04275_800x600

 Dsc04278_800x600 Dsc04284_800x600
 Dsc04294_800x600 Dsc04297_800x600
 Dsc04305_800x600 Dsc04306_800x600
 Dsc04317_800x600 Dsc04319_800x600

 
健康プラザの建物群の中には、健康科学館もあります。これも解体の対象に挙がっています。
ここも久しぶりに見学してみました。立派な施設ですが、確かにお客が少ないです。
スタッフの方が声をかけてくださったので、バランス感覚や瞬発力やジャンプ力のテストをしてみました。手軽で結構エキサイトします。30歳代クラスとの評価が出て気を良くしたものもありました。
楽しく勉強になる、あるいは好奇心・探究心を引き出す展示というのは本当に難しいと思います。

 Dsc04314_800x600 Dsc04309_800x600
 Dsc04311_800x600 Dsc04313_800x600

 
健康プラザの建築群の中で、もう一つ解体リストに挙がっているのが屋内プールです。機能していないものをリストラの対象にするのはわかりますが、健康づくりの中核的な施設を廃止するのはかなり大胆です。ここもコストの割に利用が少ないと言われています。
県は、健康プラザと国立長寿医療研究センターと連携して、これから大問題となるであろう認知症対策に特化していく考えを示しています。

Dsc04316_800x599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/19

今シーズンはスキー1回かな。

写真は2月に白馬山麓に行った時のもの。今シーズンはこれが最初で最後になりそうだ。

Dsc03054_1024x506

この時は久しぶりに長男、長女と一緒に所属のスキークラブの合宿に参加した。

Dsc03078_1280x960

Hakuba47で、新雪が積もったところをボーダーが入ってモコモコになった急斜面を長男が滑っているところ。ずいぶんうまくなったもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧