スポーツ

2022/09/29

秋の交通安全キャンペーン、三河ベイフットボールクラブと連携協定を締結

先日朝の交通安全大監視に続いて今日はイオンモール東浦で秋の交通安全キャンペーンをしました。保育園の子どもたちが扮するちびっこ警察官が反射材などの啓発グッズを配りながら交通安全を呼びかけました。
東浦町では昨年2件の交通死亡事故がありました。1つは2月に石浜白山で起こった事故で、一旦停止無視の車が優先道路を走っていた車に衝突、ぶつかられた車に乗っていた方が亡くなりました。もう1つは7月に森岡下源吾で夕方、横断歩道を渡っていた方が前方不注意の車にはねられて亡くなった事故がありました。事故の当事者はすべて70歳代の高齢者でした。これから冬にかけてどんどん夕暮れが早くなります。散歩の際には反射材を身に着けるなどして交通事故から身を守るよう心掛けたいものです。

Koutsuuanzen-cp2022092920220929_105331600tpnnnnn

 

地域の縁側 グリーン・ラソにランチを食べに行ったら、きょうはとてもにぎわっていました。学生のデザインコンペで制作したBeeテラスではおじさんたちが歓談していました。

20220929_125317900tpnnnnn20220929_123959900tpnnnnn

ここの2号店、ラソ・プラザでは、店の内部をアップサイクルプロジェクトで集めた家具を活かしながら改装しようと週末にワークショップを計画しています。また、イベントのプログラムもリニューアルするそうです。参考までに、今後のグリーン・ラソとラソ・プラザのスケジュールを載せておきます。

Rasoplaza-report20221001aRasoplaza-renewal20221001

Greenraso-report20221001a
Greenraso-report20221001b

Rasoplaza-report20221001b

 

東浦町は、三河ベイフットボールクラブ㈱とホームタウンパートナーシップに関する連携協定を締結しました。三河ベイフットボールクラブはJリーグ加盟を目指す社会人サッカークラブ FC刈谷 を運営する会社で、衣浦湾周辺の自治体をホームタウンとしてスポーツを通じた地域の活性化に取り組んでいます。FC刈谷の本拠地、ウェーブスタジアム刈谷と距離も心も近さを感じていたということで、東浦町が知多半島で初めての連携協定締結となりました。
連携の内容は、スポーツ振興、健康増進、子育て支援、子ども・高齢者・障がい者の支援、FC刈谷を応援する機運の醸成、その他地方創生・地域の活性化に関することとしており、具体的な事業として、子ども向けサッカー教室、健康に関する出前講座、青空ピッチヨガ教室、食育に関する教室やイベント、介護予防に関する出前講座、両者の連携・協力による情報発信などを考えています。
本日は、調印のために佐々木社長、望月取締役、森谷取締役にお越しいただきました。

Mbfc-hometownps20220929a

 

| | コメント (0)

2022/09/28

ネーミングライツ契約を締結、ウルトラマラソン世界大会出場報告

 < 体育館ネーミングライツ・パートナー締結式 >

知多北部3市1町のエリアでケーブルテレビを配信している知多メディアスネットワーク㈱の松永社長、山本取締役、大島取締役にお越しいただき、体育館等ネーミングライツ・パートナー契約を締結しました。
町営体育館と町営グラウンド、テニスコートをそれぞれ「メディアス体育館ひがしうら」「メディアスひがしうらグラウンド」「メディアスひがしうらテニスコート」、そして一帯を「メディアススポーツビレッジ」と呼称することとします。これらの呼称は愛称として積極的に使用しますが、条例で定める施設の名称は変更しません。看板付け替えの施工費用は知多メディアスネットワークが負担し、年間80万円のネーミングライツ料が町に入ってきます。今後5年間の契約で、相互連携のもとイベント案内や広報活動を行っていきます。

Naming-rights20220928

 
ネーミングライツ(命名権)については、名称変更による利用者の混乱が懸念されるためにこれまで積極的に導入しませんでした。しかし先行する自治体で混乱がないこと、町に収入が入ること、また契約相手の民間企業とコラボで施設の広報活動を行えることなどから、知多メディアスネットワークとネーミングライツ・パートナー契約を結ぶこととしました。これまで利用しなかった方たちにも親しみやすいスポーツ施設となることを期待しています。

 

 < 世界選手権大会出場者報告会 >

愛知駅伝の東浦チームでも選手として指導者として活躍されたことのある風見尚さんが、ベルリン郊外で開催された第31回IAU100km世界選手権に出場し、個人6位入賞、国別対抗で日本チームが優勝しました。フルマラソンの倍以上の100kmを走破するウルトラマラソンは、アフリカ勢の参加が少ないことと持ち前の粘り強さで、日本勢が強豪なのだそうです。
世界選手権は新型コロナウイルス感染症のためにしばらく中止されていました。前回行われた4年前の世界選手権では個人6位、国別対抗で優勝の成績だったので、今回はそれ以上を目指しましたが、個人の順位は変わらず悔しさが残ったそうです。風見さんは、2018年のサロマ湖100キロウルトラマラソン大会における6時間9分14秒の世界記録を現在も保持しています。今回は、8月末に気温15℃、早朝から水分と栄養を補給しながら6時間21分43秒で走りました。

Sports-houkoku20220928

 

| | コメント (0)

2022/09/27

明治安田生命から寄附、スポーツ全国大会出場激励など

 < 「私の応援募金」目録贈呈式 >

明治安田生命保険相互会社刈谷支社から50万5千円の寄附をいただきました。明治安田生命保険相互会社では自治体と協働で、地域住民の健康づくりや暮らしの充実に関わる取り組みをしています。その一環として、自治体や団体に対して、従業員募金に会社からの寄附を上乗せした「私の地元応援金」の贈呈を行っています。昨年に引き続き2度目の寄附をいただきました。いただいた寄付は、町の健康増進事業に役立てます。
明治安田生命保険刈谷支店とは、包括連携協定も結んでいます。この連携の中で、町のキャンペーンに参加し健康チェックなどをしていただいています。また、地域を回る営業職員のタブレット端末を使って、町の(健康増進、子育て、介護・認知症に関連する)行政サービスを紹介していただく活動も始まる予定です。

Meijiyasuda-donation20220927

 

 < 全国大会出場者激励会、全国大会報告会 >

谷口さん、細井さん、堀田さんのお三方は愛知県予選を3位で通過し、富山県で開催される第37回日本ペタンク選手権大会に出場します。東浦町にはペタンクの普及に熱心な方がいて、東浦町役場の職員の中にも全日本の強化選手が2名います。ペタンクは年齢に関係なく楽しめるスポーツです。細井さんは定年後に本格的に始めて1年で全国大会。堀田さんは、運転免許証返納後に「う・ら・ら」で練習に通っているそうです。

酒井さんと浜村さんは、全日本伝統派防具付空手道選手権大会でそれぞれ優勝し、東京武道館で開催される第60回全国防具付空手道選手権大会に出場します。酒井さんは中学3年、文武両道で頑張っているそうです。浜村さんは小学校1年生、学校では体育の授業が一番楽しいそうです。

Sports-gekirei20220927

 

大学2年生の石田さんは、第77回国民体育大会 いちご一会とちぎ大会に体操(ゆか、跳馬、段違い平行棒、平均台)の愛知県成年女子チームとして出場し、3位の成績でした。おめでとうございます。今後のさらなる活躍に期待します。

Sports-houkoku20220927

 

| | コメント (0)

2022/09/22

部活動の地域移行は、長時間根性型の部活を変えるチャンス

部活動の地域移行については、地域の抱える事情もそれぞれでしょうけど、
松本武洋 前和光市長がfacebookに書かれている「長時間根性型の部活を変えるチャンス」というこの視点、なるほどなあと考えさせられました。
それにしても、勉強にしても「塾漬け」で長時間根性型、大人の仕事もその延長線上にないだろうか? 努力はもちろん大切だが、努力の仕方や方向性に工夫の余地はないのか? 連想は広がります。

 ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~
松本さん曰く、
長時間根性型の部活をやめて、効率的な練習のあり方や戦略を学ぶ場に変えていくべきであるというのが持論である。部活動の地域移行はその大きなチャンスであるし、地域で部活に関わる大人たちがそのような意識で部活動の指導に取り組めるよう、仕組みを工夫していただきたいと思う次第である。

松本さんのFB記事をシェアしました。

Fb-tmatsumoto20220919b

 

| | コメント (0)

2022/09/17

第4回 親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」のご案内

大人気の親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」が、10月30日に開催予定です。今回は、生路、藤江地内を探検します。

子どもと保護者でチームをつくり、地歩で生路・藤江地区を探索、制限時間内にチェックポイントを見つけ、課題やゲームをクリアして、獲得するポイントの合計を競うラリーゲームです。歩く距離と速さだけでなく、戦略、観察力、チームワークなどが試されます。町内在学の小中学生と保護者でチームを作れば、どなたでも参加できます。先着40チームを募集中。申し込みは10月7日(金)までです。

探検隊は、10月30日(日) 9時30分、藤江コミュニティセンターを出発します!

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/event/10372.html をご覧ください。

※ 第4回の親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」では、これまで準備を重ねてきたボランティアの子どもスタッフが、ゲームスポットの企画・運営をします。

4th-oyakofureai-event20221030

 

前回(第3回)の親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」in 緒川新田 の様子は、こちらです。
 

| | コメント (0)

2022/08/07

草刈り、里山、平和、デザイン、サッカー、今日はいろいろありました。

今日は、朝からいろいろありました。まず、田んぼの草刈り。キリの良いところまでやって、暑くてバテました。

そのあと、イオンモール東浦のイオンホールで開催の「自然環境学習の森を再現!! 里山遊び学ぶ塾」へ行きました。各部会がメダカ、イシガメ、カブトムシ、竹細工、竹灯篭などなど、展示品を持ち寄って、里山の自然と里山の保全活動をアピール。実物展示もさることながら、「私たちの思い」「チーム草刈」「その魚、本当にメダカ?」など手作りのポスター展示にも気合いが入っていました。
会場は家族連れで賑わっていました。

         20220807_114119800pnnnnn
20220807_1141531333pnnnnn20220807_1144131333pnnnnn
20220807_114459800nnnnn20220807_111943800nnnnn
297132091_1744121812601861_205329518226520220807_112718800nnnnn
20220807_1212331333pnnnnn20220807_114543800tnnnnn
         20220807_114722800pnnnnn

 

午後からは、「オール知多 ピース・フェスティバル(知多半島 戦争と平和展)」で絵本作家 浜田桂子さんのお話しを聴きました。以下のような要旨だったと思います。

体験談などで“戦争は恐い”という話しを聞くことはあるが、平和とは何かを考える機会はあまりない。そこで、平和を語りたいと考えて、2011年に日本の4人と中国と韓国の絵本作家で「へいわってどんなこと?」という絵本を出版した。平和とは、戦争がないだけではなくて、差別、人権抑圧、貧困などがないことにも通じる。
2019年に香港の出版社から“今の香港に絶対に必要な本”と出版のオファーがあった。絵本の中の”いやなことはいやだ。ひとりでも意見が言える。”の言葉に惹かれる人が多いと聞く。今年、ウクライナでも朗読動画を配信している。

たしかに、絵本は自分なりに物事を考える、イマジネーションを働かせる、格好の媒体ではと感じます。

           Sensoutoheiwa20220806a_20220730161201

 

16時から、d news aichi agui でナガオカケンメイさんの講演を聴きました。

最初、グローバル企業が自社の定番の店舗スタイルを、その土地に元々あった建物を活かした造りに変えてきていると、スタバの最近の店舗の話しからスタート。
かっこいい人とは、最新と定番の組み合わせがうまい人だ。原点と最新をいつも併走して、ものを生み続けられることが大事。同じものを保存するだけでなく、ルーブルのガラスのピラミッドのようなセンスがほしい。古さの中の古臭さを取って、時代に合わせて整えることが、長く愛用されることにつながる。
1960年代の日本の良いデザインを復刻する「60VISION」など、これまでやってきたこと、いま考えていることなどを紹介されました。

お話しを聴いていて、東浦町の景観や観光の考え方にも通じるものがあるなあと思いました。

20220807_172306800tpnnnnn20220807_161836800tnnnnn
20220807_172933800tnnnnn20220807_180855800nnnnn

 

この後、19時からFC刈谷のサッカー観戦に招待されていたので、ウェーブスタジアム刈谷へ。
FC刈谷 対 トヨタ蹴球団 の試合。最後、ペナルティキックで決勝点を入れ、4:2でFC刈谷の勝ち。
途中、豊明の花火がよく見えました。さすがに19時過ぎると、外も割と涼しくなります。

20220807_190540800nnnnn20220807_205249800tnnnnn
20220807_194636800nnnnn20220807_205825800tpnnnnn

FC刈谷さんとは、スポーツ指導や福祉の分野で連携していきたいと考えています。今後の展開にご期待ください。

| | コメント (0)

2022/08/03

北中生の陸上東海大会への出場を激励しました

今年は北部中学校から17人が県大会に出場、そのうち3人が東海大会に出場することになりました。過去最多だそうです。
渡邊さん(男子棒高跳、県大会2位)、三井さん(男子走幅跳、県大会5位)、清水さん(女子砲丸投、県大会3位)の三人とも、本番で自己ベストタイorそれを上回る記録で、8月8日に岐阜メモリアルセンターで開催される東海大会への出場を決めました。残念ながら、全国大会の参加標準記録をクリアすることはできませんでしたが、中学3年生として思い出に残る大会になってほしいと思います。

3人は、日頃から自分で考え、気づく練習をしています。顧問の先生からは常に「で。どうしたいの?」と問われるそうです。走り幅跳びや棒高跳びなど、いつも大会並みの条件で練習できないものは、要素に分解して練習をします。メンタル面では鏡の前で表情をつくって自分を励まします。投擲では「地面の力」を感じながら、瞬発力を養う練習をしているそうです。

Gekirei20220802

 

| | コメント (0)

2022/07/24

ベスト8入りを懸けて 東浦高校 V.S. 富田高校 @岡崎市民球場

高校野球愛知県大会 Aブロック5回戦の応援に行きました。

岡崎市民球場は、市内を見下ろす丘の上にあります。

20220724_142457800tnnnnn20220724_100735800nnnnn

東浦高校は、名古屋市立富田高校と対戦、1回表に2点を先取され、3回裏に3点を取り返し、7回まで3対2で東浦がリード。東浦が8回裏にさらに3点を追加し余裕で勝つかに見えたのですが・・・。

20220724_104553800nnnnn20220724_103617800nnnnn

ところが、9回表に一挙に4点を取られて、6対6と延長戦にもつれ込み、10回表にさらに5点を失い、そのまま6対11で敗北
「野球は最後までわからない!」とはよく言ったもので、ベスト8入り叶わず、とにかく残念!!

この経験をバネに、さらなる飛躍を期待します。

 

せっかくここまで来たので、隣の丘の斜面に建つ岡崎市美術博物館へ。ちょうどルネ・ラリック展をやっていました。花瓶、照明器具からカーマスコット(かつてボンネット上にあったラジエーターキャップの装飾品)など、近代ガラス工芸の美に触れてきました。

20220724_122851800tnnnnn20220724_123902800nnnnn
20220724_124833800nnnnn20220724_132026800pnnnnn
20220724_142322800nnnnn20220724_141655800pnnnnn
         20220724_141827800tpnnnnn

| | コメント (0)

2022/07/22

東浦高校 対 西尾東高校 @刈谷球場 を応援

7月17日に熱田球場で私立4強の中京大中京を倒した東浦高校は、きょう刈谷球場でシード校の西尾東と対戦。

東浦高校は、7回表、西尾東を同点に追い上げ、ワンアウト満塁。

20220722_103111800nnnnn20220722_102950800nnnnn

 
2点リードで8回表に入りました。

20220722_1046021200nnnnn

 
そして、7:4で勝ちました。これでベスト16に。

次のAブロック5回戦は、7月24日(日)9時から岡崎市民球場にて。富田高校とベスト8をかけて戦います。

20220722_1109071200nnnnn
20220722_110926800nnnnn

 
がんばれ東浦高校!! めざせ甲子園!!

| | コメント (0)

2022/07/18

30代と40代の女性のための若返り&美講座!のご案内

女性の30代・40代は骨の曲がり角。今、骨粗鬆症対策に取り組むことは、これからの外見の美しさ、若々しさにつながります。骨を守り、美しさを維持するための3つのポイントを盛り込んだ講座です。

初心者編は7月22日(金)19時からの開催です。今週末に迫ってきましたが、まだ定員に余裕があります。これからでも申込が可能です。

8月5日(金)と8月19日(金)に予定されている中級編は、7月25日から申込を開始します。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/material/files/group/78/koho20220701_06.pdf をご覧ください。

本講座は、“もりもり筋活&こつこつ骨活”東浦町骨折予防プロジェクトの一環です。

Wakagawri-bi-kouza20220722

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧