スポーツ

2020/02/26

総合教育会議を開催。子どもたちの体力は?

先週金曜日に総合教育会議を開催しました。そのなかで、「全国体力・運動能力・運動習慣等調査における結果と考察」についての報告がありました。

「全国体力テスト」で愛知県の小中学生(小5と中2が対象)は全国最下位クラスです。さらに東浦町の小中学生は愛知県平均を下回り、平成28年には知多地区においても最下位クラスにありました。

東浦町では平成29年から、①各学校に情報提供、現状を知ってもらう ②指導者の研修 ③縄跳びと持久走の奨励およびコンテストの実施 ④体力テストで子どもが目標や振り返りを持てるようにする などの対策により、小中学生の体力向上に努めてきました。
その結果、平成31年の全国体力テストで、東浦町の小学生は全国平均を上回り知多地域でトップクラスになりました。種目別では男女とも愛知県平均を上回りましたが、シャトルランとソフトボール投げが全国平均を下回っており、ここに改善の余地がありそうです。

Tairyoku-test-5mf-h27h31

 Tairyoku-test-5m-h31Tairyoku-test-5f-h31

併せて、生活習慣などに関するアンケートを行った結果、自己肯定感が低い、スクリーンタイム(テレビ、ゲーム機、PC、スマホなどの画面を見ている時間)が長い反面、睡眠時間・運動時間が短い傾向がありました。子どもたちに就学前から睡眠の大切さや運動の楽しさを伝えて、外へ引っ張り出す手立てが必要ではないでしょうか。保護者の意識を変える必要もあると思います。

| | コメント (0)

2020/02/22

きょうはスポーツ関係の行事がいっぱいでした。

土曜日の朝、東浦高校で町内各地区の小学生の少年野球チームの練習がありました。東浦高校野球部の皆さんが、小学生を指導してくれています。ピッチング、キャッチング、バッティングに分れて練習中。スピード計測もできます。
地元高校と地元小学生・・・おもしろい交流が生まれそうです。

 Dsc08606800tnnDsc086201000tnn
 Dsc08613800tnnDsc08607800nn

 

体育協会の表彰式がありました。スポーツの各分野で全国大会、東海大会、県大会などで輝かしい成績を挙げられた方、スポーツの普及・発展に尽くされた方の表彰です。受賞された48名の方々には、これからも自分を超える挑戦を続けていただきたいのと同時に、ぜひ後進の指導や、多くの人々にスポーツの楽しさや素晴らしさを伝えることに関わっていただきたいと願っています。
東浦高校では野球部が小学生の少年野球チームに指導をしてくれています。町の教育委員会では、小中学生の体力向上に取り組んで、目に見える成果を出しています。全ての人が、それぞれのスタイルでスポーツに親しみ、躍動する喜びを感じながら暮らせたらと思います。

Taiikukyoukai20200222a
Taiikukyoukai20200222b

 


きょうは、自然環境学習の森の作業日でした。私はちょっと立ち寄っただけでしたが、参加された皆さんは、伐り倒した竹を運んで、チップ化したり、ポーラス炭にする作業をしていました。この日は町内の大手企業の方たちの初参加がありました。タケノコも掘ってみたいし、稲刈りもしてみたいそうです。これからの参加が楽しみです。
竹をやっつけるのは容易なことではありませんが、池の堤の向こうの右半分は、竹林が鬱蒼としている所を、人の手で広葉樹林に戻した場所です。
竹林の中には、自走式のチッパーが入れるように作業道が整備されています。少しずつではありますが、竹林の管理が進んでいます。
森の竹木を使って工作をしている方もいます。これは小枝を使った2色鉛筆です。かわいいですね。

 Dsc08647800pnn87063555_195329291676679_146026749170286
 Dsc08637800nnDsc08635800nn
         Dsc08640800nn

 

中学生の野球チーム「知多東浦リトルシニア」が日本リトルシニア東海連盟主催の愛知県知事杯争奪東海大会で優勝し、全国大会へ出場します。その壮行会が、選手とスタッフ、家族、来賓の野球関係者などの出席のもと、ル グラン ジュールで開かれました。私も教育長とともに出席しました。ちょうど6年前の2月22日にも全国大会出場の壮行会があったことを思い出します。
監督の鼓舞と選手たちの決意を聞いて、壮行会は盛り上がりました。選手の努力と指導者の熱意、家族の応援が三位一体となっての素晴らしい結果を期待しています。

 Dsc08669800pnnDsc08677600pnn

| | コメント (0)

2020/01/28

2人の小学生がエアロビクスの全国大会で優勝しました。

14時半頃でしょうか、国民健康保険運営協議会の終了後に、ふと会議室の窓を見たら立派な虹が! 久し振りに虹を見ました。完璧なアーチを画いていました。生え際までクッキリと。

Dsc080621000pnn
Dsc080671000nn

 

夕方、静岡県で開催されたジュニアオリンピックカップ全国エアロビクス大会で輝かしい成績をあげた知崎さんと中井さんが報告に来てくれました。
知崎さんはジュニアトリオ部門で見事2連覇、フライト競技(個人)で2位になりました。中井さんはフライト競技(個人)で優勝。5月にアゼルバイジャンで開かれる世界大会に出場する予定だそうです。
おめでとうございます。今後の活躍に注目です。

Sports20200128900nn

 

| | コメント (0)

2020/01/25

「愛知・知多半島マーケット2020」「65歳のつどい」・・・午後から名古屋へ

セントレアにある国際展示場で開催された知多半島観光物産展愛知・知多半島マーケット2020の開会式に出席。大村知事と知多半島5市5町の首長と商工会議所・商工会の会頭・会長がそろって知多半島6蔵の地酒の鏡割りをしました。

84177486_387842012070280_678644491207521

東浦からも観光協会や地酒や椎茸などの地元産品、キッチンカーの出店などがありました。お馴染みの手づくりよろいの試着コーナーは、お客さんが多くて大忙しでした。
県内他市町や事業者の出店ブースやステージイベントも盛り沢山です。日曜日までの開催です。

 Dsc07934800pnnDsc07949800pnn
 Dsc07922800pnnDsc07938800pnn
 Dsc07941800pnnDsc07935800pnn
 Dsc07936800pnnDsc07937800nn
 Dsc07926800nnDsc07928800nn

 
国際展示場では、ちょうどエクストリームスポーツの体感できるイベントが同時開催されています。MBX、スケートボード、インラインスケートなどのプロのパフォーマンスを見たり、自分で体験したりすることができます。

         Extremesports20200125b
         Extremesports20200125a
 Dsc07951800nnDsc07955800nn
 Dsc07957800nnDsc07959800pnn

 

今日は東浦町の65歳のつどいがルグランジュールで開催されていました。こちらには副町長に出席してもらいましたが、私も途中で少しだけ様子を見に行かせてもらいました。ちょうど講演会と地域の活動紹介が終わって、懇親会が始まるところでした。多くの出席者で会話が弾み華やいだ雰囲気でした。
講演会では講師の水谷ミミさんが、会場の皆さんに上手に声を掛けながら発言を引き出して、笑顔の大切さについてお話しをされたそうです。私も以前、脳の働きの研究をしている先生の講演を聴いたことがありますが、「脳は頭蓋骨によって外部から閉ざされていて孤独な存在、自分の身体から情報をもらって初めて自分の置かれた状況がわかる。だから、本当は楽しいから笑うのではなくて、笑うから脳が楽しいと認識すると考えた方が良い。」と聞いたことがあります。内向きに悩むよりは、脳を積極的にだまして五感を使って幸せになるのが賢いのかなと思います。
健康の3要素と言えば、運動、栄養、休息ですが、近ごろ、第4の要素として社会参加の重要性が説かれています。人間はやはり、仲間がいて、居場所があって、役割があって、結果として人から必要とされて、やりがい生きがいを感じる動物だと思います。まだまだ若い65歳、これから地域ともつながりを持ってますます充実した毎日を過ごしていただければと願っています。

 Topics20200125_01Topics20200125_03

 

午後からは名城大学の天白キャンパスで開催された講演会『AI時代を生き抜くキャリア形成~これから15年じゃ仕事はなくならないが、「働く」価値観は大きく変わる』に参加しました。講師は人材コンサルタントの海老原嗣生氏。「IAの進歩で本当に多くの仕事がなくなるのだろうか?」というテーマです。時々、グループディスカッションを挟んで、想像力を働かせながら進みます。
最初の問いは「税理士、弁護士、行政書士、ラーメン屋」の中で、きれい事を言わずに世俗的にステータスの順位をつけたらどうなるか?」でした。これが導入です。しかし、AIの普及で無くなるのはむしろ事務仕事。「機械で代替できない手作業の複雑な組み合わせは残るが、資格で守られている士業のような知的熟練労働の価値は低下していく。」「必要な能力は、対人折衝力、協調性、真面目さ、対人感受性、自己統制力、粘り強さで、今と変わらない。」「結局、自分なりにやりたいことがあって努力する人が成功する。何になりたいかよりも、何をやりたいかが問題。」と言うのが講師の結論です。

         Dsc079921000nn
         Dsc079901200tpnn

 

夜は、ウィンクあいちで開催されたフィンランド視察報告会『若者の居場所の作り方 ~フィンランドで見つけた「教育」と「福祉」~』に参加。フィンランドではユースセンターや図書館が若者の居場所になっていて、学校外の余暇活動機会を国が積極的につくっていることや、ユースワーカーが若者のところへ出て行くアウトリーチの支援活動が盛んなのだそうです。

         Dsc079961000nn_20200130024001

今日は2つの勉強会に参加しましたが、両方とも、学生や若手の公務員など若い人が多いのが目立ちました。女性も多かったです。後日改めて詳しいレポートをしたいと思います。

 

| | コメント (0)

2020/01/18

スポーツ少年団駅伝大会、フラワーフェスティバル、教育フォーラムなど

朝は於大公園で開催されたスポーツ少年団駅伝大会の開会式に出席。小学校1・2年生の部のスターターを務めました。昨夜降っていた雨も止んで穏やかな日和となりました。

 Dsc078061000tpnnDsc07808300pnn

ところで、ニューイヤー駅伝で見事6位入賞を果たした愛三工業の第1区走者 山口浩勢選手から聞いたことですが、走るときにはまず朝4時か5時に起床、約20分(4~5km?)ほど走ってまず身体を起こすのだそうです。そして朝食をとって(腹痛が起きないよう)4時間ほど食べたものを消化してから本番に臨むのだそうです。最高のコンディションをつくるにはそれなりの作法が必要なのですね。
余談ですが、片葩小学校では今朝、熱気球体験イベントをしていたようです。於大公園からも気球が上がっているのが見えました。

 Dsc077971000tpnnDsc07796800pnn

 

イオンモール常滑で開催された2020花半島事業フラワーフェスティバルのテープカットをしました。モール内のサウスコートは花でいっぱいでした。

 82616230_107490050680048_212826822201573Dsc078281000pnn
 Dsc07826800pnnDsc07829800pnn

ショッピングモールが10時に開店するのを待って入場したのは初めてです。開店まで少し時間があったので、ショッピングモールに併設されたワンダーフォレストきゅりおを覗いてみました。ここにはフィールドアスレチック&クライミングウォール、レンタルカートサーキット、スケートリンク、BBQフィールド、温泉施設などがあります。ワンダースカイと呼ばれるアスレチックは結構スリルがありそうです。

 Dsc078241200tpnnDsc078201000pnn
 Dsc07819800pnnDsc07818800pnn
          Dsc07822800nn

 

午後から、文化センターで開かれた東浦町教育フォーラムに出席しました。昨年に続き多文化共生がテーマです。外国人を含めて文化の異なる人たちとお互いに尊重し合いながら暮らしていくにはどうすればよいか。多様化といわれる中で、外国から来る人が増える中で、様々な子どもたちの教育を考えるうえで、これからますます重要になるテーマだと思います。

●国際交流ボランティアを通して在住外国人の抱える問題に気付き、日系アルゼンチン人と日本人が一緒に地域の多文化共生を進めることを目的に2010年に「Vivaおかざき!!」を設立し、外国人向けの防災、教育等のセミナーや子ども向け日本語教室、相互理解のためのワークショップ、日本人住民と外国人住民をつなぐ人材育成事業などを行っている長尾晴香さん、

●フィリピン生まれで1989年に来日、2009年から東浦町役場で外国人相談員・通訳として勤務し、英語やタガログ語を話すお客様対応と小中学校の日本語適応教室の補助員として日本語指導や学習指導をサポート、さらには、東浦のフィリピンコミュニティ代表やボランティア団体「多文化共生ひがしうら」「赤十字奉仕団」のメンバーとしても活躍している千葉真里杏さん、

●東浦出身で2015年から東京都内のスタイリスト事務所で衣装デザイナーとして勤務、2017年から青年海外協力隊の服飾隊員としてナミビア共和国の職業訓練センターで教師として勤務、ファッションデザインの授業および教科書の作成を担当、2019年に帰国後は仕事の傍らで自身の見たアフリカを伝える活動をしている野元咲希子さん、

●大府市や知多市の小学校で教員として勤務後、1991年からナイジェリアのラゴス日本人学校、1993年からスペインのバルセロナ日本人学校に勤務、帰国後は知多半島各市町の小中学校や教育委員会での勤務を経て藤江小学校長を務め、定年退職後、ドイツのハンブルグ日本人学校に2年間勤務ののちに帰国、現在、東浦町教育委員会で学習支援(学生ボランティア)コーディネーターを務めている加藤初男さん、

の4人から外国での体験談や、人と人が互いに関わりながら地域で生活していくことについて、自身の経験に基づいたお話しを聞くことができました。最後に会場からの質問に対して4人の皆さんからコメントをいただきました。

日本の学校と外国の学校の違い(日本の学校教育の良いところ)は面白かったです。順不同ですが、自分の解釈で皆さんの発言を整理してみると以下のような感じだったのではと思います。

外国人に限らず誰でも人は多様であることを前提に、互いに認め合うことが必要。それが多文化共生だ。
相手も困っていることを考えてあげること。他者を受け入れ、だれもが暮らせるまちにしたい。
外国から来た子どもは学習言語の習得が難しいのでハンディーがある。ハンディーがある中で、キャリア形成について説明を受け考える機会がないのは問題。日本には移民に対する統合教育のしくみもない。
家庭では母国語を話すことも大切。家庭での家族のコミュニケーションは大事だ。
自分は海外で外国人として生活する苦労を味わった。生活するには自分から人と関わろうとすることが大事。音楽、食べ物、スポーツ、祭りなど、一緒に楽しめることがコミュニケーションのきっかけになる。
海外で生活するにはまず健康管理が第一。言葉より大切なのは、好奇心、やってみること、他人と関わること、主体性、主張することだ。
日本人に足らないものとして、異文化の中で生きていくには、自分で考え自分の文化を説明できるアイデンティティーが必要だ。子どもにどうしろという前に、まず親自身が自分の考えを持つこと、なぜだろうと考える過程が大事だ。
外国人の手を借りないと自分たちもやっていけないという自覚があれば、受け入れることもできるのでは。ドイツでは国策で、地域コミュニティが外国人を受け入れる活動をしている。

        加藤初男さんの発表
        Dsc078361000tpnn
        Dsc078381000tpnn
        Dsc078391000tpnn
        Dsc078411000pnn
        Dsc078421000pnn
        Dsc078431000tnn

        千葉真里杏さんの発表
        Dsc078441000pnn

        野元咲希子さんの発表
        Dsc078461000tpnn
        Dsc078491000tpnn

        長尾晴香さんの発表
        Dsc078531000pnn
        Dsc078571200tpnn
        Dsc078591200tpnn
        Dsc078641000tpnn

     パネルディスカッションの皆さん
     Dsc078651000tpnn

| | コメント (0)

2019/12/31

年末は志賀高原へ

今年は超暖冬、横浜では大晦日に観測史上初の20℃台を記録したとか。
スキー場も当然雪不足。しかし、幸運なことに着いた日の前日の朝に新雪が積もったそうで、全山オープンとは行かないまでも、お天気と雪質の両方に恵まれてシーズン初滑りを楽しむことができました。
久し振りに長男と長女と長女の友人と一緒に滑ったら、見違えるほど上手くなっているのにびっくり。さすがスキー場でバイトしてると違うなあと思ったりします。
これからだんだんできることができなくなっていく年頃の自分に比べて、努力すればいろいろなことをどんどん獲得できる若さが如何に素晴らしいことか改めてうらやましく感じます。自分も若い頃、もっと早くこれに気がつかなかったのか今さらながらに残念に思えます。

 Dsc_6633800pnnDsc07341800pnn
     Dsc07330800pnn
 Dsc07361800pnnDsc07369800pnn

 

大晦日は、昼頃、寒波がやってくるとの予報でした。朝までは青空でポカポカ陽気でしたが、予報通り、お昼近くには風が吹き、あられが降りはじめ、あっという間に吹雪に。山の天気は変わりやすいとはこのことです。
ブナ平に古くからある宿が今シーズンを最後に閉めると聞いたので、お昼にそこで、懐かしい味のするカレーと牛丼を食べて、午後、強風で止まりそうなリフトに数本乗って、温泉で温まってから帰途につきました。暖かい日が続いたところでいきなり冷えたので志賀高原の下り坂は路面がミラー状態。立ち往生している車で渋滞していました。

 Dsc07395800pnnDsc07404640nn

慌ただしい2019年末でしたが、最後にちょっと山でリフレッシュして、気持ちよく新年を迎えることができそうです。それでは良いお年を。

| | コメント (0)

2019/12/25

いよいよ年末が近づいてきました。

年末恒例、シルバー人材センターの方々が、松飾りを届けて下さいました。今年は門松風のタワーがオマケでついています。

Dsc072701000tpnn

 

ニューイヤー駅伝 inぐんま に出場する愛三工業チームの方々が表敬訪問。井幡監督と山口選手は東浦にお住まいです。愛三工業は、中部大会でトヨタ自動車に次ぐ第2位。元旦朝のニューイヤー駅伝(第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会)では8位入賞をめざすそうです。健闘をお祈りします。

Topics20191225_01

 

| | コメント (1)

2019/12/15

第45回ひがしうらマラソンなど、行事でビッシリでした。

毎年この時期恒例、ひがしうらマラソンをあいち健康の森公園を会場として開催しました。遠くは西は姫路、東は練馬、町の内外から2500人ほどの参加がありました。順位を競う大会ですが、マラソンは自分との対話でもあります。開会式が終わってから少し冷たい風が吹いてきましたが、参加者の皆さんは穏やかな日差しの中で思い思いに気持ちよく走ることができたのではと思います。
このマラソン大会は、町体育協会の皆さんや協賛企業、有志の皆さんなど、様々な方々によって支えられています。大会には「おだいちゃん」や「よむらび」も登場。手づくりよろいの会の皆さんが歴史の町をアピール。今年も知多地区の柔道整復師の皆さんが参加者のためのマッサージやテーピングを引き受けてくれました。東浦高校の生徒たちも大会運営のボランティアに加わってくれています。
「3kmなど気軽に参加出来る種目が充実しているので子どもたちがいっぱいでにぎやかな雰囲気」「コースに立っているスタッフのフレンドリーな応援で頑張れた」「隣に入浴や飲食のできるげんきの郷があるのも魅力」・・・あちこちの大会に参加されている遠来の方からこんな感想をいただきました。

 79098182_788746161573513_14338688746499679383970_752593875216660_346844808023008
 79645736_770507250133029_731633191089917Dsc06910800tpnn
 Dsc06944800pnnDsc069781000tpnn

 
午後は、知多市で開催された 特定非営利活動法人 地域サポートちた20周年記念行事に出席。夕方は勤労福祉会館で開催された東浦高校硬式野球部 感謝の会に出席。一日行事でびっしりの日曜日でした。東浦高校野球部は春の甲子園の21世紀枠東海地区推薦には惜しくも漏れてしまいましたが、めざすものが見えてきたのは大きな前進だと思います。さらに目標に向かって邁進されることを地元としても期待しています。

| | コメント (0)

2019/12/14

住民懇談会、中日ドラゴンズ野球教室、空き家を核とした地域イノベーションシンポジウムなど

午前は藤江地区で、午後は生路地区で住民懇談会を開催しました。区長さんの熱心な呼びかけのおかげだと思います、多くの皆さんの参加で賑わいました。
最初に私から、今年度から運用が始まった第6次総合計画に触れさせていただき、重点的に進めているコンパクトなまちづくりと景観、公共施設の更新について概要をお話しして、その後、テーマを限定せず思いついたご意見を参加者に書いていただき、いただいたご意見を手がかりに意見交換をしました。
発言は多岐にわたり、あっという間に時間が来てしまいました。反省点としては、語り合いと言うよりは、住民と役場の質疑応答のようになりがちなこと、参加者皆さんからそれぞれの気持ちをまだまだ十分に引き出せていなかったことではないかと思います。参加者の方からももっとざっくばらんな雰囲気を期待していたのに少し硬くなってしまったとの感想をいただきました。椅子の並べ方、問いかけや発言の募り方、関連する発言の促し方などを工夫して、誰でも構えずに思ったことを語り合える雰囲気づくりに心がけたいものです。

 Dsc06847800pnnDsc06848800pnn

 
正午から中日ドラゴンズ野球教室が開催されました。毎年、町内の新聞販売店の方々が少年野球チームの子どもたちのために開催しています。今日はお馴染みの元ピッチャー渡部司さんと、三ツ間投手、山本投手、高松内野手、伊藤外野手の4名の選手が指導に来てくださいました。どれが誰のサインかわかりますか?

 Dsc06855800nnDsc07067700pnn
 Dsc06865800tpnnDsc06864800tpnn

 
夕方は、若者会議のメンバーが企画した「空き家を核とした地域イノベーション」シンポジウムに参加。若者会議のメンバー、リノベーションや地域の福祉に関心のある方たち、行政職員、県議さんなど20人ほどの参加がありました。はじめに日本福祉大学の坂口先生と亀崎でシェアハウスに住んで地域活動を実践している学生から講演があり、そのあとで、緒川駅周辺をモデルとして、ここで空き家を使ってどんなまちづくり活動を展開できるかアイディア出しのワークショップをしました。
空き家を使った地域活動を企んでいる若者たちのために、まんまとアイディアを供出させられた格好になりましたが、皆さん生き生きと空想を巡らせてとても楽しそうでした。一歩一歩実現に向けてステップを踏んでいる若者たちの実践力に期待しています。

 Dsc06879800pnnDsc06881800pnn
 Dsc06891800nnDsc06893800pnn
        Dsc06901800pnn

| | コメント (0)

2019/12/07

愛知駅伝は、4位でした。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で第14回愛知県市町村対抗駅伝競争大会が開かれました。残念ながら3位内に入賞できませんでしたが、選手もサポートもコーチもみんなで、チームが一丸となって頑張りました。

Dsc06719800pnn
Dsc06728800tpnn
Dsc06736800tpnn

 
2006年の第1回大会からこれまでの14回の大会で、東浦町は6連覇を含む7回の優勝をしています。最も順位を下げたときは5位、6位もありました。2位、3位も取っていて、これまで4位だけは取ったことがありませんでしたが、今日の4位で、1位から6位までの全てを獲得しました。
初期の頃には選手集めが大変で、駅で列車を降りる高校生に走ってみないかと呼びかけた時期もあったそうです。以前6位に下がったときも、しっかり這い上がってきました。しばらく雌伏の時を経て、小学生から層を厚くし実力を蓄えて捲土重来を期したいものです。

Aichiekiden14th-town-juni-r

 
会場から東浦に帰ったあとで、チーム報告会を行いました。この毎年恒例の報告会は、選手やコーチの皆さんが、それぞれの思いをひとりひとり本当に素直に話すので、毎回聴いていて感銘を受けます。前田前監督からは、町村の部ではなく全市町村総合優勝を忘れずに目標を高く掲げて夢を実現していこうじゃないか。人生を変えていこうじゃないかと熱い励ましがありました。恒例のフルーツケーキをみんなで完食してから、最後に教育長が、ケーキはほどよい甘さが身上。チームも雰囲気や人間関係の良さの中に厳しさも大切にしていこうと、今後への決意をにじませました。

Img_05321000nn
Dsc_6562800tpnn

 
選手の皆さん、選手を支えたスタッフの皆さん、ご家族の皆さん、本当にお疲れ様でした。日々の練習から当日の運営まで、長期間にわたるご努力に心から敬意と感謝を申し上げます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧