ニュース

2017/12/19

今年度で豆搗川歩道橋が完成します。

豆搗川の歩道橋の新設工事です。東浦中学校の通学路にもなっている国道366号線の豆搗橋に南行きの歩道がないため、交通安全対策として長年の間要望が出ていた場所です。当初は県に橋の拡幅または歩道橋設置を要望していましたが、対策実現のために町の事業として豆搗橋に並行して幅員2m、橋長16.3mの歩行者・自転車用の橋を新設することにしました。

昨年度(平成28年12月~平成29年3月)は、豆搗川左岸(北側)堤防に橋台(橋の基礎)を築造しました。

今年度は、右岸(南側)の橋台築造と橋桁設置工事を行います。台風など夏の増水期を避けるため、12月から来年3月にかけて施工します。工事では、まず川の南側を矢板で仕切り、排水した後に橋台の基礎を造ります。橋台が出来たら、鋼製の橋桁を載せて完成です。

Dsc01182_800x601            工事が始まり、右岸堤を掘削しています。(12月9日)

Dsc01459_800x600             右岸に矢板を押し込んでいます。(12月15日)

Dsc01410_800x600             行政コスト表示板も設置されています。工事請負代金3,982万円。

河川管理者は県で、川の流れを妨げるような構造物は許されません。豆搗橋のすぐ東側にはNTTのケーブルが渡っているので、工事はこれを避けて行わなければなりません。NTTの橋の上に床板でも張って歩道をつくることができれば、それこそ桁違いに安く造れそうですが、安全性を考えるとそうもいきません。小さな橋ですが、そんな事情もあって、足掛け2年、総額7千7百万円もの工事になります。

  27年度 設計費                 1,261万円
  28年度 左岸工事(北側橋脚)        2,453万円
  29年度 右岸工事(南側橋脚+橋桁設置) 3,982万円
  豆搗川歩道橋 建設費総額          7,696万円

財源は、県補助金(1/2)と町の一般財源(1/2)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/18

「ウドちゃんの旅してゴメン」東浦編が12月23日に放送されます。

11月28日にウドちゃんたち名古屋テレビの取材班が、生路界隈(東浦駅周辺~生路コミュニティセンター~伊久智神社~原田酒造)を取材して、緒川の都やこさんでお昼を食べて行ったそうです。うちの母もバッタリ取材班に遭遇したそうです。
以前(2014年)にもウドちゃんたちは、緒川界隈~藤江に来ています。

旅してゴメン「愛知・東浦町」編は12月23日(土)16時55分から放送だそうです。
さあ、どんなふうに紹介されているでしょうか。楽しみです。

Nnagoyatv20171128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

ひがしうら映画プロジェクト 第2回目「ショートムービー講座」は11月4日(あす)

ひがしうら映画プロジェクト」とは、住民有志による映画づくりのための活動で、町のパートナーシップ推進事業補助金の採択を受けています。

以下、引用です。

東浦町では平成 30 年に東浦町制 70 周年を迎えます。70周年のお祝いに、今回は「行政主導ではなく住民が主体となるコトをやりたい」その想いがこのプロジェクトの始まりです・・・

プロジェクトの2年目に当たる本年度では「ショートムービー制作講座」を行います。
すでに第1回が10月21日に終了。この模様は知多mediasエリアニュースで見ることが出来ます。
 →
http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=5984

講師は水谷イズルさん。次回は11月4日(土)10時~東浦町総合ボランティアセンターにて開催します。だれでも自由に参加できます。
 →
https://www.facebook.com/events/128178017888550/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/19

観光協会が「東浦おだいちゃん検定」を企画中。

観光協会が、来年の町制施行70周年を記念して「東浦おだいちゃん検定」の実施を企画しています。東浦には多くのすばらしい歴史や文化の資源があります。これらの「宝」を郷土の皆さんに再認識していただき、次の世代にしっかり伝え引き継いでいくことが、みんなが愛し誇れるふるさとづくりにつながっていくとの想いからこの企画が生まれました。

来年7月22日(日)に予定している本検定に先駆けて、今年の産業まつり(11月11日(土)・12日(日)に開催)のふるさとガイド協会のコーナーで「プレ検定(全10問)」を実施します。
歴史・文化・習慣・産業(村木砦、緒川城、八巻古窯、だんつく、巨峰ぶどう、ミニトマト、自動車部品・・・)など幅広い分野からの出題になりそうです。乞うご期待!

Kankoukyoukai3_odaichankentei0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/21

災害時における棺及び葬祭用品の供給等に関する協定を締結

町内の葬祭事業者と、災害時等における棺及び葬祭用品の供給等に関する協定を締結しました。災害時に亡くなる方を想定するのは決して縁起の良いことではありませんが、イザという時にはあらゆる事態に対応できるようにしておくことが大切です。これは知多半島では初めての取り組みです。

006290921_800x534

協定の内容としては、町内で災害時に多数の死者が一時的、集中的に発生した場合に、町が葬祭事業者(出雲殿、ジェイエイやすらぎセンター、花秀葬祭)に協力を要請することにより、葬祭事業者が、通常業務に優先して、適正な価格で、棺および葬祭用品の供給、遺体の安置および搬送、火葬に至るまでの業務を実施することを定めたものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/07

台風が接近しています。

台風5号が高知沖(8月7日7時現在)を進んでいます。東海地方でも、台風の接近に伴い風が強まってきます。また、記録的な豪雨の恐れもあり、警戒が必要です。

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1705.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/06

東浦町内でロケが行われたTVドラマが放映されます。

NHKドラマスペシャル「1942年のプレイボール」が、8月12日(土)19:30から、HNK総合チャンネルで放映されます。
このドラマは、草野球シーンを町内で撮影しています。撮影は半田市民球場などでも行われています。戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球で活躍した4人の兄弟の物語です。

6月に行われたロケの際には、出演者の着替えやメイクに生路コミュニティセンターが使われました。

Playball1942_20170842c

Playball1942_20170842a

Playball1942_20170842b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/27

愛知県の水がめの貯水率(2017年7月)

今年は、あちこちで局地的な豪雨が続き、水害で多くの犠牲者が出ています。しかし、知多半島など、例年よりも雨の降らないところもあります。水源地帯はどうなっているのでしょうか。県内の用水の水源池の貯水率を見てみましょう。

国土交通省中部地方整備局管内主要ダムの貯水状況(http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/gaikyo2.pdf)は視覚的にわかりやすいです。
以下に、各ダムの貯水量とダム地点における降水量(7月26日現在)を示します。

Chyuubuchisei_dam_20170726b

●豊川水系(宇連ダム71%、大島ダム100%)
 大島ダムは満水、宇連ダムの貯水率は71%で、ほぼ平年並み。節水対策は行なわれていません。

●木曽川水系(牧尾ダム68%、味噌川ダム86%、阿木川ダム89%、岩屋ダム84%、徳山ダム77%)
 木曽川水系のダムは、どこも平年よりも貯水量が少なめですが、節水対策は解除されています。

●矢作川水系(矢作ダム47%)
 矢作ダムの貯水量は、平年の半分程度で、7月25日から節水対策(取水制限)が行われています。

今年は、例年に比べて降水量が少なく、ダムの貯水量に影響が表れています。木曽川水系では流量が回復しましたが、特に矢作川水系の貯水量が低下が目立っています。
木曽川水系の渇水情報(7月13日)
矢作川水系の渇水概要(7月24日)

詳しくは、国土交通省中部地方整備局管内状況
http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/kassui_zyouhou/index.htm
をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/02

NHKドラマのロケが行われました。

町内でNHKのドラマ「1942年のプレイボール」のロケが行われました。戦争に翻弄されながらも、そろって職業野球のグラウンドに立つ事を夢見た4兄弟の“約束”の物語だそうです。撮影したのは草野球のシーンでしょうか。先日は宮崎美子さんがいらっしゃったそうです。
8月中旬に放送予定とのこと。どんなドラマになるか楽しみです。

Dsc04122_800x348_2_2

Dsc04133_800x375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

うちの近くに蛍がいました。

これなんだと思います?
点滅する蛍です。うちからほんの数十歩離れた市街地にヒメボタルが出ます。毎年楽しみにしているという近所の方が教えてくれるまで気が付きませんでした。
コンクリートで固められずに残った土手やちょっとした草むらの小さな自然のなせるシワザです。

Dsc03756_800x601
この地区では、我家から少し離れた小学校の周辺など、(その年にもよりますが)時期になると、郷中の狭い車道沿いでも蛍が見えるようになります。郷中(旧市街地)に水田はないのでヘイケボタルはいないと思いますが、ヒメボタルはこのエリアに元々生息していたものと思われます。
ガチガチの住宅街よりも、本当は、“程良く自然の余地を残す”住まい方がオシャレではないかと思うところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧