ニュース

2020/01/15

ゴーン出国騒動にこんな指摘

ゴーン出国騒動で、なにかすっきりしない違和感を感じていたが、こんな指摘を読んだ。まさに自分の抱いていた違和感とはこれなんだと思う。
構想日本の加藤秀樹代表がメルマガのコラムに以下のように書かれている。

 

代表コラム「胸を張って法治国家と言えるのか」
 構想日本 代表  加藤秀樹
----------------------------------------------------------------
 
あけましておめでとうございます。
みなさまにとって今年が良い年となりますようお祈り申し上げます。
 
この年末年始は誰もが驚くニュースが相次いで飛び込んできました。カルロス・ゴーン被告の不法出国とアメリカ軍によるイランの司令官殺害です。どちらも、日本あるいは世界に長く影響を及ぼしそうな事件です。
 
前者について少し考えてみたいと思います。今の日本が抱えている深刻な問題が象徴的に現れていると思われるからです。
 
不法出国という言葉と合わせて、政府関係者やメディアがよく使うのが「日本は法治国家」というセリフです。
 
不法出国が法律違反であることは間違いありませんが、そうならばその違法行為をまんまと許した人たちはなぜ責任を問われないのでしょうか。法務大臣は自分は被害者だといったような発言をしていますが、普通の法治国家なら真っ先に責任を問われるでしょう。ゴーン被告ほどの大物で影響力の大きい人物なら首相レベルの責任だって問われるでしょう。
ところが、私の知る限りメディアもそこを追求しません。大阪富田林署の脱走事件ではメディアは随分警察の責任を追求し、処分も行われました。ケタはずれの今回の事件で、ほとんどそのことに言及されないのはなぜなのか。それこそ「法治国家」の名が泣くのではないでしょうか。
 
ゴーン事件について専門家の間では、逮捕当初から様々な疑問が呈せられていました。曖昧かつ通例では考えられないような容疑内容、身柄拘束が目的であるかのような逮捕のくり返し、不十分な証拠等々。私には判断できませんが、法律家の目には、相当に異例なことの積み重ねだったようです。しかも、そういった見解はマスメディアからはほとんど報道されません。
 
今回の不正出国についても、メディアが報道するものと言えば、おきまりのB級探偵ごっこです。
ゴーン被告のベイルートの家や、クルーザーの映像が映し出され、やれ大きな黒い箱だの、元アメリカ特殊部隊員だのと本質を大きくはずした「遁走劇の顛末」の後講釈ばかりです。
 
あらためて、ここ数年の日本の政治的な事件とメディアの報道を思い返すとどれも「法治国家」の体をなしていないという意味では、同類だったと思います。
 
少しさかのぼればモリ・カケ問題。最近では「桜を見る会」以来連続して起こっている大学入試の英語の民間試験・記述式試験の延期、IR汚職事件。公文書を隠滅し、ルールを勝手に変更し、責任を曖昧にといったことが常態化しています。
政権が代わっていいくらいの事件が続きながら、メディアも野党も探偵ごっこの域を出ず、まだ太平の眠りを貪っているのです。
 
ところが、今回は相手が悪かった!
あの辣腕、しかも資金もふんだんにある。
 
このメルマガが、読者のみなさんに届くころには、ベイルートでの記者会見を取材した世界各国のジャーナリストが一斉に記事を書くでしょう。ゴーン被告はあの弁舌で日本のいわゆる「人質司法」や推定無罪の原則の無視(これに関して日本のメディアは世界最悪かもしれない)などを滔々としゃべり、これからも発信し続けるでしょうから、日本の司法そして政府が国際世論の批判の的になる可能性が十分あると思います。
ゴーン被告の不法出国の眼目も、日本政府の失態のポイントもここにあると思います。
 
ゴーン被告の容疑についてきちんと決着をつけるべきなのは当然ですが、これから日本の政治と司法が国際世論に耐えられるのか。
まさに「法治国家」が問われています。
 
そして、国家運営にあたって、個々の課題の処理は大事ですが、その根底にあるべき正義とか人権、そして自由、平等、公正といった基本的な行動規範はもっと大事です。
そして、それらを歴史の中で育んできた伝統やモラルを大事にするのを保守政治と呼ぶのだと思います。
今の日本の政治とメディアにはこういった認識が致命的にかけている、と思います。
 
日産を一度は建て直したゴーン被告の逃走と反撃をきっかけに、私たち自身が日本を法治国家として再生しないといけないと思います。
構想日本は微力ながら、今年もそのことに邁進します。
 
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

| | コメント (0)

2019/12/17

信濃毎日新聞に、長野県小川村と東浦町のつながりを取り上げた記事が大きく載りました。

信濃毎日新聞に大きく緒川城址の記事が載りました!!
11月末に信濃毎日新聞から「長野県“小川”村と東浦町“緒川”のつながりを調査したい」ということで、ふるさとガイドの会長さんが緒川城主三代の墓、水野家四代の墓と緒川城址を案内しました。その記事が12月8日の新聞に掲載されました。

今年の夏に長野県小川村で、小川村と東浦町の歴史のつながりを画いたマンガが出版された話題をブログに載せました。その小川村と東浦町の歴史的な関係を探り、現在の両自治体の交流を取材した記事です。緒川城址やふるさとガイド協会の会長さんの写真がバッチリ載っています。クリックで拡大します。

Ogawamurahigasiura-np20191208

 

| | コメント (0)

2019/12/13

システム障害でご迷惑をおかけしました。

12月4日から、住民票、戸籍、納税、国民健康保険、障害福祉給付、予防接種、保育料などの事務を行うための基幹システムに障害が発生し、窓口サービスの通常運用ができない状態になっていましたが、役場内にある非常時用サーバーを用いて全ての機能を仮復旧しました。

現行の基幹システムを構築している日本電子計算㈱のクラウドサービスに不具合が生じたのが原因で、この影響で同サービスを使用する多数の自治体においてシステム障害が発生していました。すぐに復旧する見込みがないため、バックアップデータを基に非常時用サーバーを立ち上げ、日本電子計算㈱のクラウドサービスが全面復旧するまでの間、これを仮運用しています。長期間、ご不便、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

詳しい経過については https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kohojoho/johosuishin/gyomu/8923.html をご覧ください。

| | コメント (0)

2019/10/11

非常に強い台風19号が接近中!

非常に強い大型の台風19号(HAGIBIS)が、関東・東海地方に接近中です。記録的な大雨と暴風の恐れがあります。十分な備えと警戒が必要です。

Tyhoon19-wfc20191011

 ⚠気象庁の台風情報 から

 ⚠NHK NEWS WEB から

東浦町の台風関連情報 は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kinkyu/8749.html をご覧ください。河川監視カメラ潮位観測情報などへのリンクもあります。
明日、11月12日(土)は、すべての公共施設を休館します。町運行バス「う・ら・ら」も運休します。

| | コメント (0)

2019/10/01

今日から「う・ら・ら」の路線とダイヤが大きく変わりました。

今日から町運行バス「う・ら・ら」の路線とダイヤが大幅改正されます。東ヶ丘から上高根台を通って平池台につなぐことにより、緒川駅を起点として右回り・左回りの環状運転をするようになります。また、14人乗りの小型車両を新たに導入して、ふじが丘から、生路、藤江の郷中を縫って緒川駅を結ぶコースを新設しました。東ヶ丘からは長寿医療研究センターに直接行く朝の1便を設定しました。緒川駅からは従来と同様に長寿医療研究センターと刈谷駅南口に向かう路線にそれぞれ接続するようにしました。全部で中型バス4台と小型車両2台を使って運行本数を増やし、利便性の向上を図っています。

Urara-bus-route20191001

 
ダイヤ改正を記念し、朝7時30分からバスの出発式を行いました。出発式には、勝田社長をはじめ運行事業者である知多乗合㈱関係者のほか、町議会議員の皆さんと各地区の区長さんと石浜県営住宅の自治会長さんが出席してくださいました。あちこちのコミュニティバスを巡るマニアの方の参加もありました。マニアの方はこの後、蒲郡の出発式に行かれるとのことでした。
平成13年に「う・ら・ら」が運行を開始したときの年間利用者は約6万7千人でした。今では年間26万人ものお出かけの足として定着してきました。これはひとえに名古屋大学の加藤博和教授の助言のおかげです。今回のダイヤ改正も加藤先生のご指導なしにはできなかったものと思います。また、「う・ら・ら」運行開始当初からバスの運行を担ってきた大興タクシー㈱には長い間本当にお世話になりました。今回、競争入札で運行事業者が知多乗合㈱に替わることになりました。366号線沿いの路線は、かつて知多バスが走っていた路線でもあります。知多乗合㈱には互いに密にコミュニケーションを取りながら長いお付き合いをお願いしたいと思います。

71831633_150439502832325_850880133263366
Dsc03753800pnn_20191003002801
Dsc03758800pnn_20191003002801

 
今日は、さっそく、「渋滞遅着で連絡便に乗れなかった」「時刻表のみ方がわからない」など、たくさんの苦情や励ましの声をいただきました。行政としても、さらに多くの皆さんに気持ち良く「う・ら・ら」に乗っていただけるよう日々努力を致します。苦情も改善の種となります。何かお気づきのことがありましたら、遠慮なくお申し付けください。
 

| | コメント (0)

2019/09/26

ゆうゆう倶楽部(老人クラブ)が4年連続で全国表彰されました。

森岡地区ゆうゆうクラブ(森岡老人クラブ寿会)が、長年続けてきたスクールガードのボランティア活動が評価されて、全国老人クラブ連合会から「活動賞」を受賞しました。東浦ゆうゆうクラブ(東浦町老人クラブ連合会)の市川實会長と森岡地区ゆうゆうクラブの西尾和男会長が役場まで報告に来てくださいました。
森岡地区では、ゆうゆうクラブのメンバーが、雨の日も毎日、森岡小学校の下校時刻に合わせて、個々に登録した巡回地点で児童の見守り活動をしています。この取り組みによって、不審者の出没も少なく安心して下校できるようになった、声かけで大人と児童が触れ合う機会ができた、防犯ベストと帽子の着用により地域の防犯にも役立っている、子どもたちの元気な笑顔を見ると自分たちもパワーをもらい健康維持につながっているなどの効果が考えられます。

今回の受賞は、3年前の緒川東楽会の活動賞(世代間交流活動)受賞、一昨年の緒川新田万栄会の活動賞(ボランティア活動)受賞、昨年の米田地区老人クラブの100万人会員増強運動特別賞受賞続く、4年連続の快挙です。

Topics20190926_01

 
昨年度から、老人クラブを「ゆうゆうクラブ」と呼ぶようになりました。老人クラブは60歳からの活動ですが、今どき、60歳以上=「老人」という表現がそぐわなくなってきているとの指摘があるためです。
ゆうゆうクラブの皆さんは今、積極的な活動をされています。老人なんだから何かをしてもらって当たり前といった、受け身の姿勢から、地域の支え合いの輪の中で、地域に対して何ができるかという姿勢に変わってきているのを感じます。一方的に支えられたり支えたりするのではなく、誰もが、あるときは支えられ、あるときは支える、お互い様の関係にあるのだと思います。自分から主体的に地域社会に働きかけることによって、存在感や遣り甲斐にもつながっていくものと信じます。

10月8日(火)13時30分からは、文化センターにて、ゆうゆうクラブ主催による特別講演会「浪曲を楽しむ ~日本の伝統話芸に触れてみよう~」の企画もあるそうです。

| | コメント (0)

2019/07/27

台風6号(NARI)が接近中。

台風6号が接近しています。台風としては強くはありませんが、激しい雨が予想され、警戒が必要です。

 yahoo台風情報
 https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1906.html

 雨雲レーダー
 https://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/

Typhoon6-nari-20190727
 

町内の各河川の状況(ライブ&過去の推移)を河川監視カメラで見ることができます。
  Kasen-kannshi-camera20190727

| | コメント (1)

2019/06/18

公共施設の敷地内は全面的に禁煙になります。

7月1日から、望まない受動喫煙の防止を目的とした「健康増進法の一部を改正する法律」が一部施行されます。これにより、多数の方が利用する施設において、受動喫煙を防止するための措置が必要となります。

Kinen-jisshi20190701

東浦町においても、7月1日(月)から町が管理するすべての施設において、建物内のみでなく施設の敷地内すべてが禁煙となる「敷地内禁煙」を実施します。通常のタバコに加え、加熱式タバコ、電子タバコも禁煙の対象になります。

施設利用者の皆様には、受動喫煙の防止にご協力いただくとともに、喫煙が与えるご自身の健康への影響について、今一度考える機会としていただきますようお願いいたします。

 →http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/8388.html

| | コメント (0)

2019/06/02

東浦高校野球部が全尾張で優勝

第127回全尾張高等学校野球選手権大会
小牧球場で決勝戦
東浦高校 8-4 誉高校
東浦高校が全尾張で優勝しました。

さあ、次は全愛知県で・・・
がんばれ!健闘を祈ります。

Baseball-higashiura-high20190601

| | コメント (0)

2019/05/02

広報ひがしうら が全国コンクールで第3位を受賞

平成30年度愛知県広報コンクールで、東浦町の広報紙PR映像が最高賞である「特選」をダブル受賞したことを、先月このブログで報告しました。

特選を受賞した東浦町の2作品は、平成31年全国広報コンクールへの推薦作品としてノミネートされ、これらのうち、広報紙「広報ひがしうら 9月1日号『子育て特集 もっと頼って!もっと使って!子育てサポート』」が全国広報コンクール(町村の部)で「入選2席」(“特選”を含めて第3位)を受賞しました。

これも日頃よりご協力いただいている皆さまのおかげです。今後もまちの魅力・元気をお伝えできるよう努めてまいりますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

●平成31年度全国広報コンクール広報紙部門(町村の部) 「入選2席(第3位)」
  広報ひがしうら 9月1日号『子育て特集 もっと頼って!もっと使って!子育てサポート
  (数に限りはありますが、現在も広報情報課窓口でお配りしています。)

詳細な結果は、日本広報協会ホームページをご覧ください。
https://www.koho.or.jp/contest/zenkoku/2019_result.html

ちなみに、
 広報紙 都道府県・政令指定都市部で受賞したのは、
   特選(1位)  青森県
   入選1席(2位) 新潟市
   入選2席(3位) 静岡市

 広報紙 市部 で受賞したのは、
   特選(1位)  姶良市(鹿児島県)
   入選1席(2位) 西予市(愛媛県)
   入選2席(3位) 見附市(新潟県)

 広報紙 町村部 で受賞したのは、
   特選(1位)  内子町(愛媛県)
   入選1席(2位) 葉山町(神奈川県)
   入選2席(3位) 東浦町(愛知県)

など(他に入選・佳作など有り)です。
町村の部1位内子町度々受賞をしています。内子座など古い街並みの残る美しいまちです。2位の葉山町も広報に力を入れていて、インタグ活用ていることでも知られています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧