育児

2021/07/18

図書館のトーク&ワークショップ「絵本作家 わたなべちなつさんと一緒につくろう!かがみのしかけの海の仲間たち」を開催

東浦町中央図書館は、7月で開館30周年。記念イベントとして、絵本作家のわたなべちなつさんをお招きして、トーク&鏡の絵本作りのワークショップを開催しました。この企画は大人気で、申し込み初日に満員御礼となってしまいました。

わたなべちなつさんは、いわゆる絵本作家・童話作家というよりも、もともとグラフィックデザイナーで、鏡の反射などの効果を使って絵本で面白い表現ができないか創作活動をされています。最近では、わたなべさんのデザインがエルメスのプレスキット(インフルエンサーやモデル向けのPRコンテンツ)に採用されました。

Dsc033071000pnnnnDsc03379800tpnnnn
Dsc03358800tpnnnnDsc033181000pnnnn

きょうは、子どもたちが自分で鏡の絵本を作りました。用意されていた図案に色を塗って作る子もいれば、スマホで海の生き物の画像を検索してそれを参考に絵を描く子もいます。

Dsc03375800tpnnnnDsc03398800tnnnn
Dsc03406800tpnnnnDsc03408800tpnnnn
Dsc03409800nnnnDsc03413800nnnn

 
全員が時間までに鏡の絵本を完成して、さあ記念写真です。作品を飾るための小道具は、1週間前にわたなべさんと職員で工夫をして作りました。よく見ると海の中で図書館マスコットの“よむらび”がスキューバをしています。

Dsc034331200tpnnnn

 
新しいひな壇ベンチも、親子でお話を聞いたり、集合写真を撮ったり、大活躍でした。絵本のサイン会が終わってから、わたなべさんと図書館職員一同で記念写真を撮りました。

P10403251000pnnnn

 
 

今月の図書館の行事は、7月24日(土)14時から映画「ピーターパンと魔法の本」上映会7月31日(土)10時から15時頃まで「よむらびフェスタ」を予定しています。思い思いの図書館ライフを楽しんでいただければと思います。

Library-movie20210724

Yomurabi-festa20210731

 

| | コメント (0)

2021/07/03

今日からリニューアルオープン。中央図書館は7月で開館30周年を迎えます。

1階の視聴覚・ブラウジングコーナーのリニューアルを終えて、今日から東浦町中央図書館がオープンしました。多大なご協力いただいたカリモク家具㈱の加藤正俊社長と㈱エーアイディーの坂野恒正常務にお越しいただき、9時30分からオープニングセレモニーを行いました。図書館利用者のみなさんから公募した新コーナーの愛称は、「ゆめらびコーナー」と決まりました。考案したのは、小学校4年生の古賀隆翔さんです。

Library-reopen20210703

 
中央図書館はもともと森をイメージして造られています。このイメージを大切にしつつ、イベントなどにも一体で使える明るく開放的な空間に生まれ変わりました。書棚、机や椅子はカリモクで統一。可動式の家具は、カリモクの特約店㈱エーアイディーから企業版ふるさと納税の仕組みを使ってご寄附いただきました。

図書館は、知の拠点、知の交流の場です。ミニコンサート、トークイベントやワークショップにも使えるようにと、よむらびサポーターズの皆さんが考えてくれた“ひな壇ベンチ”のアイディアを基に、カリモクにインテリアのデザインをお願いしました。仕切りのある視聴覚ブースの他に、小振りのミーティング席やおひとり様用のカウンター席もあります。
図書館スタッフ一同、皆さんのご来館をお待ちしております。

Dsc02771800pnnnnDsc02774800pnnnn
Dsc02583800pnnnnDsc02581800pnnnn

Yumerabi-corner2021

 ※中央図書館のサイトに「ゆめらびコーナー」の説明があります。

 

東浦町中央図書館は、今年で開館30周年を迎えます。7月18日(日)10時30分からは、記念イベントとして、子ども向けのトーク&ワークショップ「絵本作家 わたなべちなつさんと一緒につくろう!かがみのしかけの海の仲間たち」を開催します。鏡のような紙にイラストを描き、海の生き物が立体的に見える不思議なカードを作ります。参加費無料。対象は中学生までの子ども、先着30名です。申し込みは7月6日(火)からです。詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/event/yotei/11039.html をご覧ください。

Library30th-20210718a

 

| | コメント (0)

2021/06/17

子育て支援・健康支援動画の紹介

保健センターが子育て応援・健康支援動画をつくりました。

テーマは、「産前産後に知ってもらいたいこと」です。

妊娠中や産後、子育ての不安や悩みを少しでも解消するのに役立てばと思います。恥ずかしながら、私も一部出演しています。

10分から15分程度の動画です。お気軽にご覧ください。参考になれば幸いです。

 

<健康支援動画「妊婦編」>
出産前に知っておくと良い、妊婦さんとそのご家族向けの内容を紹介しています。

Kenkoushien-ninpu-mov2021

 

<健康支援動画「赤ちゃん編」>
赤ちゃんの子育てで不安なお母さんやお父さんも、この動画を参考にしてみてください。

Kenkoushien-akachan-mov2021

 

<健康支援動画「幼児の遊び編」>
おうちで楽しくできる幼児の遊びを東浦町の保育士たちが楽しく紹介します。
お父さんお母さんと一緒に動画をみて、一緒に歌って踊ったり、おもちゃをつくって遊びましょう。

Kenkoushien-asobi-mov2021

 

<各教室で使用しているテキストを公開中>
赤ちゃん教室の参加者の皆さんに配布しているテキストです。
下記よりダウンロードまたは、保健センターでお渡しすることも可能です。お気軽にお問い合わせください。

 ・赤ちゃん教室テキスト (PDF: 3.9MB) をダウンロード

 Akachan-kyoushitsu2021-hc

 
 ・妊婦歯科健診・教室.pdf をダウンロード

 ・清涼飲料水と虫歯.pdf をダウンロード

 ・子どもの食べる力を育てましょう!.pdf をダウンロード

 

| | コメント (0)

2021/06/12

三世代近居等定住促進補助金のご紹介

東浦町は、今年度の新規事業として、定住の促進や地域の活性化を目的に、「三世代近居等定住促進補助」を始めました。

Sansedaikinnkyo20210401a Sansedaikinnkyo20210401b

 
この制度は、親、子、孫の三世代が東浦町で同居または近くに住む場合に、住宅の購入費などを1件最大30万円補助するものです。世代間でささえあうライフスタイルを選択肢として広げるため、三世代同居・近居をしやすい環境づくりを推進します。
具体的には、町内から町外に転入して住宅を新築・購入し町内に住む両親と同居または近居する人に対して、最大30万円の補助金を交付します。ユニークな制度ですが、東浦町の制度の特徴として、交付申請・実績報告・請求までを1回の来町で完結できること、独立行政法人 住宅金融支援機構と連携しているため、補助金を活用しつつ住宅ローンにフラット35を利用する場合は、借入から当初5年間 金利が0.25%優遇されることなどがあります。
結婚・妊娠・出産・育児に対する子育て層の不安や負担を解消し少子化対策につなげる効果、子育て層を担い手とした親世代の介護が自助で行われることによる介護費の抑制などの高齢社会対策にもつながる効果を期待しています。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/10852.html をご覧ください。
 
この制度が、メディアスエリアニュースで紹介されました。
 →https://www.chitamaru.jp/movie/114618/

Medias-sansedaikinnkyo20210507

 

| | コメント (0)

2021/05/23

穴掘り、水遊び、なんでも自由にやって欲しい。

冒険遊び場(プレーパーク)を開催中です。

水遊びの季節になりました。昨年からでしょうか。いつの間にかに、子どもたちが谷を削って水を流して、川ができました。複雑に分岐したり合流したりして、まるでスキー場のコブ斜面のようになっています。その谷間にいくつかのダムを造って、決壊!! さあ、下流のダムは耐えられるか!! みたいな土木工事に夢中です。一緒に遊んでいる子たちは互いにここで知り合ったのだそうです。お父さんお母さんと車で来ましたが、ダム湖に落ちても平気。ちゃんと着替えを持ってきたそうです。

昨年だったと思います。プレーリーダーさんから「これは戻した方が良いですかと」問われました。木の根が傷むとか土手が転けるとか心配はありますが、子どもがやりたいように遊べるのがここのモットー。子どもたちなりの作品を創造して欲しいと思います。

Dsc01541800nnnnDsc01558800nnnn
       Dsc01604800nnnn
       Dsc01611800pnnnn

 
こちらでは、薪を割ったり火をくべたり。

       Dsc01533800pnnnn
       Dsc01537800tpnnnn

 
いつの間にか、そり遊びの斜面もできました。

       Dsc01575800tpnnnn

 
この子は、お母さんより先に、今日初めて蛇をつかみました。

       Dsc01566800tpnnnn

 
黒板に落書きをしている子どももいます。

       Dsc01598800nnnn

 
おだいプレーパークは、於大公園の一角にあります。

プレーパークとは、自分の責任で自由に遊ぶことをモットーに、子どもが自ら『遊び』を作りだす場所です。
大人から制限されないため、子どもの自主性、やり抜く気力、創造力、協調性、思いやりなどを育みます。 地面に穴を掘ったり、木に登ったり、何かものを作ったり、落ち葉やどろんこや自然の素材を使って、自分のやってみたいことを実現していく遊び場です。服の汚れも気にせず、多少のケガも気にせず、遊びに没頭できることの喜びを体験してみませんか?

以下は、子どもたちを見守るプレーリーダーの皆さんからの言葉です。

『 あなたは子どもの頃に何をして遊びましたか?
夢中になって遊べる場所はありましたか?

おだいプレーパークは、子どもがのびのびと遊べるように禁止事項をなくし、誰でも
「自分の責任で自由に遊ぶ」
「けがと弁当は自分もち」
が基本です。

現代社会ではボタン1つ、ワンクリックで楽しみや興奮を味わえます。
しかし、子どもは自然や遊びの中で生きる力を育みます。
じっくり、コツコツと自分だけで、または仲間と協力して遊び尽くしたり、作り上げたり、やり遂げる達成感や喜びを、子ども時代に多く経験してほしいのです。

おだいプレーパークが子どもたちにとって居心地のよい場所であるために、私たち大人は「あぶない」「ダメ」「きたない」「早く」等の言葉を使わずに見守り続けましょう。

| | コメント (0)

2021/04/30

今年度から始まる 結婚、出産、子育てに関する東浦町の支援策

東浦町では、結婚、妊娠、出産、子育てにわたる各シーンで、若い皆さんを応援し、結婚や出産、子育てをしやすい環境づくりを進めています。
昨年度は、生まれてくる赤ちゃんと妊婦さんの健康をサポートする目的で妊婦さんの医療費を無料化する妊婦医療費補助制度をスタートさせました。
今年度は、新たに結婚新生活支援補助金三世代近居等促進補助金妊産婦支援事業をスタートさせます。

結婚新生活支援補助金は、結婚に伴う経済的負担を軽減するため、新婚世帯に対し、結婚に伴う新生活のスタートアップに係る費用(住宅取得費用、新居の家賃、引越費用等)を補助します。6月から受付を開始する予定です。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/10855.html をご覧ください。

三世代近居等促進補助金は、子育てや介護における不安や負担を軽減する環境をつくることにより、定住の促進と地域の活性化を目的とし、これから新たに三世代で同居または近居するための住宅を取得する方に対し補助金します。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/10852.html をご覧ください。

妊婦支援事業(赤ちゃんとママのホッと広場)は、赤ちゃんを連れておしゃべりをしたり、ゆっくり休んだり、悩みを相談したり、赤ちゃんとお母さんがホッと安らげる場所です。予約は不要、出入り自由なので、ふらっと遊びに来てください。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kenko/kenko/gyomu/boshi/nyuuyouji/10880.html をご覧ください。

妊産婦・乳児の健康診査についても、今年度から新生児聴覚検査の公費負担が加わり、より充実しました。
他にも各種支援のしくみがあります。子育て世代包括支援センターまで、気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2021/03/28

バーベキュー禁止の思わぬ効果

< 禁止から生まれた子どもたちの自由・・・プレーパークで「焚き火でグリルを禁止」したら、子どもたちが伸び伸び自由にやりたい放題 >

面白い話しを聞きました。
感染症の関係で、於大公園のBBQ広場はクローズになっています。すぐ近くのプレーパークでは、火遊び、焚き火はOK。そこで、いつの間にかに親たちが食べ物を焼いたりするようになりました。しばらくして、それではBBQ広場の飲食と同じじゃないかと言うことで、行政が「感染防止のため、焼くなどをしての飲食を禁止」しました。プレーパークに禁止は似合わない。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1526574781066777&id=100011428088542
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1531612993896289&id=100011428088542

Playpark-takibi1-oda20210131fb



と思ったら、意外な展開に。
調理はできないけど、焚き火はできる。すると、親はがっかり、手を出さなくなりました。でも、子どもたちは目的が違うから、ひたすら焚き火をやりたい放題。どうやったら火が付く?もっと燃やすには?風を送ったら?思い思いに遊んでどんどん学んでいった。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1532661693791419&id=100011428088542

Playpark-takibi2-oda20210201fb

 

プレーパークに禁止は似合わないけど、禁止から生まれる自由もあるんだ。と言うお話し。
 

  ※ここでは2月初旬にあったことを記事にしています。
   於大公園バーベキュー広場は3月15日に利用を再開しました。

| | コメント (0)

2021/02/27

図書館のイベントのご紹介

今晩は、よむらびコンサートがありました。50名の予約で会場は満席。北米の民族楽器インディアンフルートなどを交えたフルート四重奏が閉館後の館内にやさしく響き渡りました。

Img_3484640pnnn

 

図書館では3月もいくつかのイベントを企画しています。3月6日(土)には、子どものためのDVD上映会で「おしりたんてい」を予定しています。参加費無料、先着18名で、当日受付です。

Movie-oshiritantei20210306

 

同じく3月6日から3回連続のストーリーテリング入門講座は、好評につき定員となりました。ご応募ありがとうございました。

Storytelling20210306

 

| | コメント (0)

2021/01/26

ちろりん村の交通安全活動が表彰を受けました。

総合ボランティアセンター なないろ が賑わっていたので覗いてみたら、ちょうど、交通安全ぬいぐるみ人形劇「ちろりん村」のみなさんが、全日本交通安全協会から表彰を受けているところでした。
ちろりん村は、40年もの間、子どもたちの前で着ぐるみ人形劇を演じて、交通事故防止を呼びかける活動を続けています。メンバーが保護者として保育園の母の会に関わっていた頃に、講話を聴くだけでは子どもたちに交通事故の危険性や安全確認の仕方が伝わらないと感じて、人形劇を思いついたのが始まりだそうです。最初に演じたのは赤ずきんちゃん。赤ずきんちゃんがおばあさんの家に行く途中で交通事故に気を付けるという内容でした。それ以来、手づくりの着ぐるみを着て、町内外の保育園や幼稚園などで演劇をするようになりました。今では男性のメンバーもいます。40年間地道に活動を続けてきたパワーには脱帽です。
本来は東京で授賞式が予定されていましたが、感染症の影響でこちらでの表彰となりました。私も通りがかりで、記念写真に加えていただきました。おめでとうございます。

Dsc08229800tpnnn
Dsc08244800tpnnn

 

| | コメント (0)

2021/01/04

妊婦医療を無償化・・・東浦町妊婦医療費補助制度

令和3年1月から東浦町妊婦医療費補助制度がスタートしました。これは、すべての疾病について妊婦医療費が無償となる県内初の制度です。
東浦町では、生まれてくる赤ちゃんと妊婦さんの健康をサポートすることを目的に、保険適用による医療費の自己負担相当額を補助します。

●対象者
次の要件にすべて該当する方が対象者です。
 ・東浦町内に住所を有している方
 ・令和3年1月以降に母子健康手帳の交付を受けた妊娠中の方
 ・健康保険に加入している方
(注意)障害者医療費など他の公費医療費助成の対象となる方は、妊婦医療費補助制度の対象外となります。

●対象期間
母子健康手帳の交付を受けた月の初日から5か月間が対象期間です。

●確認証の交付
補助を受けるためには、確認証交付申請が必要です。
健康課(保健センター)で行う、母子健康手帳交付時に妊婦医療費補助制度のご案内を行います。母子健康手帳を交付する講習日に健康保険証をご持参ください。
申請いだきますと対象者には「確認証」(妊婦医療費補助金交付対象者確認証)を交付します。郵送で申請することも可能です。

●補助方法
医療機関の窓口で医療費をお支払いいただき、役場保険医療課の窓口(または郵送)にて妊婦医療費補助金交付申請をしていただきますと、申請者の口座へ振り込みします。
数か月分または出産後にまとめて申請することも可能です。確認証の対象期間の末日から1年以内に申請してください。

●対象となる医療費
保険適用となるすべての疾病に対し、支払った医療費の自己負担相当額を補助します。
健診料、文書料、薬の容器代、差額ベッド代、食事代等保険外の費用は補助の対象となりませんのでご注意ください。高額療養費、付加給付金等他の制度で支給される金額がある場合には、その額を差し引いた金額を補助します。

 
詳しくは、東浦町ホームページをご覧ください。
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/10663.html

妊婦医療費補助制度のよくある質問についてはこちらです。
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/10664.html

| | コメント (0)

より以前の記事一覧