育児

2018/05/23

昨日は保育園母の会連絡協議会と商工会総代会、今日は石浜地区高齢者教室と総合計画審議会がありました。

保育園母の会連絡協議会は、町内各保育園の保護者代表と園長が集まって、母の会の行事や運営について情報交換をする場です。皆さんは、ネットや口コミで調べて、近くで活動しているパフォーマーやミュージシャン、スポーツ指導や移動動物園を招くなど、子どもたちが喜ぶイベントを工夫しています。健康福祉部としては、これまで小中学校で開催してきた認知症サポーター養成講座を保育園にも展開したいと考えています。そんな提案もしながら、熱心な意見交換をしました。

商工会の総代会では、功労者の表彰、平成29年度事業報告と決算、平成30年度事業計画と予算、役員の選任などが審議されました。表彰企業の中には愛知ブランド企業に認定された2社が入っています。会長の成田さん、副会長の関さん、鈴木さんは続投です。昨年度は会員が750社から760社に増えたそうです。難題ではあるけれど、事業承継は大事なテーマだと思います。だれもが暮らしやすいまちであるには、地域に八百屋さんや肉屋さんや魚屋さんのような生活に欠かせないお店が必要です。

33178099_625041467842876_76481303_2
 
今年も高齢者教室が始まりました。石浜地区を皮切りに町内6地区で町長講和をします。今年は、昨年夏に行ったポートランドのまちづくりについて1時間半ほど時間をいただいて報告することにしました。皆さん熱心に耳を傾けてくださいました。来週は森岡地区です。

総合計画審議会の第2回を開催しました。第6次総合計画を策定するための審議会です。会長は日本福祉大学の千頭聡教授です。大学教授、議会正副議長、行政委員会の長、各地区の区長、各種団体の代表者、4名の公募委員からなる25名の委員の皆さんが、前もって資料を読み込み、本当に熱意をもって町の将来計画について議論をしてくださっています。第5次総合計画の評価を踏まえた新計画にすべきとの指摘もいただいています。基本構想では、人口減少をどうとらえるか、新たな価値をどう提示するかが論点となっています。審議会のスケジュールと会議録は、こちらでご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/19

午後からおだい市&東浦セミナーを見に行きました。

東浦中学校の通称バナナコースの入り口の道路が、紫に染まっています。上を見ると、今年も桑の実がたわわに。手も舌も真紅になりますが、食べると、ワイルドな甘味が口の中に広がります。

 Dsc_8270_800x600 Dsc_8272_800x600

 
図書館のよむサポ会議に出席。お題は、今後のよむらびサポーターズのあり方についてと、よむらびフェスタの企画。図書館の開かずの階段をどう使うか?8月4日のよむらびフェスタおを楽しみに!

Dsc06232_640x480

 
午後から、勤労福祉会館で開催された「おだい市と東浦セミナー」を見に行きました。住民有志が運営するマーケットイベントで、今回が8回目になります。今回はマーケット、セミナー、飲食とも参加が増えました。町内の飲食店でキッチンカー(フードカート)を出したところもありました。出展者とコミュニケーションをしながら買い物をするのは楽しいものです。

 Dsc06249_640x480 Dsc06253_800x600_2
 Dsc06259_640x480 Dsc06255_800x600

 Dsc06238_800x601 Dsc06240_952x715
 Dsc06245_640x480 Dsc06262_640x480

 Dsc06233_640x480 Dsc06239_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/07

うららんに行こう!

うららん」は、子育て支援センターのスペースと児童館(石浜西児童館)のスペース、そして乳幼児親子や小中学生はもちろん、地域の方や子育てに関わる方など、世代間交流ができるスペースをもった子育ての支援拠点施設です。育児中のちょっとした悩みや、不安を相談することもできます。また子育てに関する情報提供や、子育てサークルへの支援も行います。
ファミリー・サポート・センターも併設しています。ファミリー・サポート・センターは、"地域みんなで子育てを応援しよう"という目的で発足しました。働きながら子育てをしている家庭、核家族や転入してきて知り合いもなく、ひとりで子育てをがんばっているお母さん。そんな育児の援助の必要な方と援助をしていただける方を、幅広く募集しています。会員登録をいただいて、依頼会員を援助会員が有償ボランティアでサポートするシステムです。
また、うららんには、保健センターなどと連携して、妊娠から子育て期まで一貫して切れ目のない支援を行う子育ての総合窓口となる「子育て世代包括支援センター」を設置します。
 

「うららん」については
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/jido/uraran/

うららんでは、子育て情報発信ブックスタート子育てサークル支援子育て相談などの業務のほかに、うららんクッキングパパ広場子育てサロン双子・三つ子の会など、さまざまなイベントや講座を開催しています。つどいの広場には、おもちゃのお医者さんも来てくれます。

 行事予定表
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/1459238903678.html

 育児講座
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/kouzakyousitu/1461297930417.html

 出前広場
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/1454993146931.html
 

「ファミリーサポートセンター」については
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/jido/uraran/gyoumu/famisapo/index.html

 ファミリーサポートセンターの活動予定
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/famisapo/1454993147341.html

 ファミサポ講習会
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/famisapo/1454993147372.html
 

Urarankosodatehiroba201805xx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/06

第8回 おだい市&東浦セミナー のご案内

5月19日(土)10時~16時、東浦町勤労福祉会館にて、第8回目となる「おだい市&東浦セミナー」が開催されます!

Odaiichihigashiuraseminar20180519_2

生産者・製作者・サービスの提供者と住民・生活者が互いに顔の見える場を設けて、まちの元気につなげようと、皆さんの趣味、特技、想いを持ち寄って企画した、住民有志によるイベントです。

東浦セミナーとは・・・
教えたい人が教え、学びたい人が学ぶセミナー。講師がイベント価格で楽しく教えてくれます。行政や議員有志もセミナー枠をもらって出展します。東浦フィルハーモニー管弦楽団のミニコンサートもあります。

おだい市とは・・・
於大の方(家康のお母さん)の名前からとった、フリーマーケット。生産者や製作者の顔が見えるマルシェです。癒し系の出店者もいるので、こころと体を元気にする市場になるでしょう。食べ物の出店もあります。

最新情報は、https://www.facebook.com/odaiiti/をご覧ください。

Odaiichihigashiuraseminar20180519a1

Odaiichihigashiuraseminar20180519b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/04

毎週土日は於大公園でプレーパークやってます。

おだいプレーパークでは、焚き火、木登り、穴掘り、水の掛け合い、何でもありです。

昔は、あちこちに資材置き場などがあって、子どもたちの良い遊び場になっていました。ツボケに乗って、農家の人に怒られたりもしました。家の前のドブではフナやドジョウがいっぱいとれました。子どもたちが、異年齢同士で遊んで、自分で試行錯誤を繰り返すうちに、創造性や危険予知能力、合意形成力など、「生きる力」が身に付いていくのだと思います。

今の公園は、規制が多すぎます。これは、管理者の過剰反応もありますが、地域からの苦情や保護者からの管理責任追及が行き過ぎている面もあります。地域でゆるく見守りながら子どもたちが元気にのびのびと育つ環境をつくりたいものです。

このように、子どもが自己責任で自由に遊べる冒険遊び場を、毎週土日に於大公園で開催しています。開催中は、あれはダメ、これはダメと言わない見守り役(プレーリーダー)もいます。Childの皆さん、Wildに遊んで欲しいと思います。
ゴールデンウィーク中の土日も開催しています。みなさん、ぜひお越しください。

土曜日は13時から16時まで、日曜日は10時から16時までです。
 

プレーパークって何?
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/higashiura_kurasu/torikumi/1455265752652.html

プレーパーク常設までの道のり
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kurashi/kasen_suiro/koen/odaikoen/playpark/1498117878232.html
 

Odai_playpark_2018_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/11

図書館で「ぬいぐるみおとまり会」 のご案内

いつも一緒に過ごしているぬいぐるみを、図書館にお泊りさせてみませんか。
夜の図書館で何かが起こるかも?

♦ぬいぐるみがお泊りする日: 4月29日(日)16時から
 「ぬいぐるみだっこでおはなし会」をします。ぬいぐるみを持ってきてください。

♦お迎えに来る日: 4月30日(月)13時~5月6日(日)17時
 都合の良い日時に、ぬいぐるみのお迎えに来てください。
 そのときに、ぬいぐるみが選んだ絵本の貸し出しをします。図書館カードをお持ちください。

♣場所: 中央図書館 2階 小会議室にて

♣対象: 町内在住の小学生以下の方で、図書館カードをお持ちの方

♠持ち物: 好きなぬいぐるみ(ひとりひとつ)、図書館カード

♥申込み: 4月11日(水)~25日(水)に、中央図書館まで
      (電話84-2800でも申込できます。)

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/1522194942953.htmlをご覧ください。

Libraryotomari20180429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/06

保育所運営協議会を開催

保育所運営協議会を開催しました。
保育園の母の会の会長さんや、地域の方たちに集まっていただき、保育園の現在の状況を報告し、保育園の運営について意見をいただく会議です。初めは皆さん遠慮されていましたが、公募の委員の方の質問が呼び水にもなって、他市とのサービスや料金の比較など母の会の方からたくさんの発言をいただきました。
中には噂などの不確実な情報も含まれていたりします。行政としても、不明な点はしっかり聴いて、しっかり答えて、皆さんの意見を参考にさせていただき、今後の保育の質の向上に役立てていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/27

午前は、森岡児童館で住民懇談会。午後は、景観まちづくり委員会を開催。

住民懇談会を森岡児童館で開催しました。あたたかい子育て、のびのびと子どもが育つには、をテーマに開催する今年度の住民懇談会の最終日です。
十数人のお母さんとお父さんが参加してくださいました。緒川地区の方や自主保育をしてらっしゃる方など、さまざまな方がいらっしゃいましたが、直前に、余裕のある森岡保育園と定員一杯の森岡西保育園の間で私的契約児の入園調整をしたこともあって、この件についての質疑に時間を費やしてしまいました。もっと広い話題でまだまだお話ししたい方たちがいらしたようです。
終わってから、「時間が足りなかった~」とか「我が子というより東浦の子育てをよくしたい~」とか、嬉しい言葉をいただきました。職員一同、遣り甲斐をいただいた気分です。行政のスタンス次第で、住民の皆さんと真摯な話し合いの場を持つことは十分可能だと感じました。これからも多様な機会をつくっていきたいと思います。

住民懇談会(29年度)については、後日、町のホームページに意見交換のまとめを掲載します。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/kocho/kondankai/

 

午後は、平成29年度第4回 景観まちづくり委員会を開催しました。
議題は、明徳寺川周辺景観重点候補地区の地形に沿った景観を守り育てるためのゾーンニングとデザインルールづくりについてです。そのなかで、カラーコードと高さ制限で本当に景観を記述できるのか?住民の共感を得る働き掛けは?他の候補地区を後回しにしておいて良いのか?など、本質的な議論がなされたと思います。
会議のあとで、石浜分譲住宅の北の高台にある藤塚公園の現地視察に行きました。共感プロジェクトの一環として、藤塚公園の樹木の枝払いをして眺望を見える化しようと言う計画があります。やはり、景観の取り組みとその成果を目で見ていただくことによって、景観まちづくりの重要性を実感することが大切です。
「秋津洲やまと型」景観、 「蔵風得水型」景観などの言葉も出てきました。委員の一人の方が、この日の景観まちづくり委員会をfacebook記事にしておられます。 委員の皆さんには、毎回熱心な議論をいただいています。頭の下がる思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/16

地域の縁側 グリーン・ラソ がオープンします。

緒川児童館の向い、総合ボランティアセンター(なないろ)の隣のひだまり跡の改装工事が終わり、NPO法人 絆 が「地域の縁側 グリーン・ラソ」をオープンします。赤ちゃんから大人まで誰でも行ける多世代型常設居場所です。

“ラソ”とはスペイン語で「絆」の意味。また、ひだまりができるまで、ここは農協の喫茶“グリーン”でした。そんないきさつで、「グリーン・ラソ」と名付けられたようです。

グリーンラソでは、住民主体型デイサービス(通所型サービスB)、認知症カフェ、社協による「ふくし何でも相談」、そのほかにも、さをり織り、健康体操、囲碁、将棋、麻雀などのお楽しみがあります。また、12月12日からは、毎週、火曜日と木曜日に、初回600円で地域のまかないボランティアが提供するランチが食べられるようになります。

グリーン・ラソのオープンは、12月4日(月)です。12月2日(土)には事前内覧会があるそうです。

詳しくは、https://www.facebook.com/events/831014860404117/をご覧ください。

23405988_563015024035947_5474293609

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/15

住民懇談会を緒川新田保育園と藤江児童館で開催。

10月のうららんに引き続き、昨日は緒川新田保育園で、今日は藤江児童館で、住民懇談会を開催しました。平日の午前中でしたが、新田地区では園児のお母さんやお父さん二十人ほど、藤江地区ではお母さん十数人の参加がありました。その他、地区の役員や議員さんが参加しました。
あったか子育て、のびのびと子どもが育つには、をテーマに、最初に行政の取り組みをお話しして、そのあと皆さんに意見や質問を用紙に書いてもらい、それを題材に気軽な意見交換をしました。いろいろな場所で適宜、懇談会を開いて、肩ひじ張らない話し合いができるようにしたいと思います。

Dsc00450_1280x959 Dsc00449_800x600
           Dsc00453_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧