育児

2017/01/28

絵本作家 とよた かずひこ さんの講演会

絵本作家の とよた かずひこ さんをお招きして、「ももんちゃんとあそぼう!」と題した講演会を文化センターで開催しました。

 Dsc_4783_800x600 Dsc_4786_800x599

講演会では、集まった親子が、トークを交えた とよたさん の読み聞かせを聴きました。
バルボンさんのおでかけ」は、ワニのバルボンさんが自宅を出て、動物園のワニ舎に出勤するお話しです。バルボンさんの設計図がちゃんとあって、O型、35歳?、独身、マイホームあり・・・みたいにキャラクターが決まっているのだそうです。そのバルボンさんのおうちはドアを開けると中がジャングルのようになっています。保育園に勤めるガールフレンドがいて、結婚することになっているようです。
ももんちゃんという桃のような頭をした性別不詳のスーパー赤ちゃんもいます。ももんちゃんシリーズは全19巻が出版されていて、「ももんちゃん どすこーい」では、ももんちゃんがシコを踏んで、その振動で地球の裏側のサボテンが抜けてしまうという設定です。そんな一見くだらない、ありえないストーリー展開が子どもの気持ちをくすぐるのでしょうね。

Dsc_4810_800x600_2

とよたさん は、仙台市のご出身です。昔は青森から仙台まで東北本線で10時間くらいかかったそうです。その間に駅弁を売りに来るんだけど・・・と言って、駅弁を買うのに、沼宮内(うまくね~)、金ヶ崎(かねがさき)。小牛田(ここだ~)さあ買おう。みたいなローカルなお話しもあったり、子どもたちと対話をしながら、絵本の読み聞かせをしたりなど、肩の凝らない講演でした。
子どもたちも、1時間半ほどの間、(もちろん、歩き回ったりする子もいましたが、)ずーっと とよたさん の話しに聞き入っていました。

講演が終わってからは、とよたさん のサイン会でした。とよたさん は、参加者が持参したとよたさんの絵本に、ももんちゃん や バルボンさん や 持ち主の似顔絵を1人1人丁寧に描いてくれました。講演の始まる前にサインした分も含めて、すべての希望者にサインをしてくださったので、1時間ほどかかったでしょうか。私も バルボンさん と ももんちゃん が、電車に乗っている絵を色紙に描いてもらいました。
とても、やさしくてあたたかい講演会でした。

 Dsc_4834_800x600 Dsc_4852_800x600
 Dsc_4856_800x600 Dsc_4861_800x600

東浦町では、新生児の4か月検診と1年6か月健診のときに絵本をお渡しするブックスタート事業を行っています。この機会に、家庭でお子さんに読み聞かせなどをしていただけたらと思います。東浦町としては、絵本を介して、ご家庭と行政との関係を構築し、さらに学齢期から青年期まで、切れ目のない伴走支援につなげたいと考えています。

図書館では、いま、玄関ロビーでとよたかずひこさんの絵本をはじめ、国内外の子どもの絵本を紹介しています。
ほかにも、図書館では、本の帯を使ったひな人形作りポップ募集など、いろんな企画を考えています。季節によってはお天気の良い時に公園などで本を読むお外も図書館も行っています。まちじゅうを図書館にしてしまう「ぐるぐる図書館」も進めているところです。これからも、図書館でカフェやコンサートを開くなど、単に本を貸すだけでなく、利用する皆さんが集い、交流し、様々な情報にアクセスできる心地の良い場所を目指していきます。

 Dsc_4769_600x800 Dsc_4774_600x800_2

Dsc_4772_800x600

 Dsc_4770_800x600 Dsc_4777_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/20

元気スイッチon!! あつまれ!あいちのじどうかん

12月4日(日) あいち健康プラザで開催された『元気スイッチon!! あつまれ!あいちのじどうかん』に行ってきたレポートです。
今年で6回目、毎年、愛知県児童館連絡協議会、名古屋市児童館連絡協議会、愛知県児童総合センターが主催して開く児童館関係者の発表と交流と学習の場。以前モリコロパークで開催されたこともあります。

みんな元気。出前じどうかんは、遊びのブースです。東浦町の保育園・児童館のメンバーによる カニカニ体操?もありました。力作の被り物です。

P1270856_800x600

 P1270858_800x600 P1270860_800x600

P1270867_1280x960                   東浦のお客さんが圧倒的に多いようでした!

 

この日の私のお目当ては、吉成信夫さんのコーディネートによるパネルディスカッション。吉成さんは、岩手県立児童館(いわて子どもの森)初代館長を務められた方で、現 岐阜市立中央図書館(みんなの森 ぎふメディアコスモス)館長。行政の枠に収まらない公共施設の運営に注目を浴びています。
以下、吉成さんのお話しから。

P1270843_800x600

いわて子どもの森の館長を8年間やった。何で今度は図書館長かといわれるが、自分の中では、図書館と児童館は同じ。児童館の先生は、今も子ども。子どもと遊べる児童性が不可欠だ。それは死ぬまで変わらないので、児童性のない人はやめるべきだ。
自分は嫌いなものから逃げるタイプだ。鶏肉も嫌い。でも岐阜に来たから唯一「
けいちゃん」は克服した。
夢はこうあらねばならないと思うと構えてしまう。変わってもいいと思う。自分は小学4年の時パイロット、5年で医者、6年は船乗りだった。
小さなことでいいからどんどんイメージを沸かせたい。

ここで、ぎふメディアコスモス立ち上げ時からの映像を見ました。
建物が完成して配架前のメディコス探検隊、本を入れる、いくぜー体育会系のノリ、わんこカートに100冊入る、児童館で読み聞かせ、朝井リョウさんを呼ぶ、読書ノート、まちの中に出ていく、まちから入れる、夜ぬいぐるみを預かる、カンチョーの秘密の散歩、本から物語を組み立てる、子ども司書、カンチョーのヒミツ会議、小さな司書のラジオ局、としょコン(図書館デート)などなど。

公共施設はサードプレイス。いわて子どもの森では様々な取り組みをした。毎年テーマを変えて発行したいわて児童館テキストVol.1Vol.2Vol.3Vol.4)を参照してほしい。
でもある時、「遊んでいるだけで金になっていいわね。」と言われるのには腹が立った。冷静に反論したいと思う。

パネルディスカッションでは、台本なしで個人として意見を述べ合いました。パネラーは、東郷町東部児童館の佐藤さん、名古屋市緑児童館の渡辺さん、名古屋市瑞穂児童館の久保田さん。
・東郷町は児童館でお金が動いてもOK、お母さんのマルシェをやっている。
・子どもは嫌な事は嫌。自分で意思表示、発信できる子。最近クールな子が多いが。
・子どもの話しを先読みせずに聴くと、喜ぶ、ホッとする。家庭の問題も見えてくる。
・カードゲーム屋さんの店長さんを子どもが児童館に連れてきた。
・ドッヂボール大会、秘密基地づくりなど子ども企画。職員人気投票(みんな好きだけど、誰が人気?)なども。企画しても、当日、子どもが来ないことがある。それを代わりにその場で受け継ぐ子どももいる。
・「子どものまち」で、擬似通貨を使って買い物。これを365日やってみようかという話も出ている。
・児童館にはPTAがない。応援団づくりはどうするか? 東郷町では、マルシェのお母さんたちに期待。プレーパークでアウトリーチ的にワークショップをやって、お母さん同士て見守り合いの講座を開いている。

Kodomokan20161204メディアコスモスの「子どもラジオ放送局」で、子どもは最初は台本にないことは言えないが、いまではキーワードとアドリブでいける。先週のテーマは「家出計画」。いつ?どうやって?どこへ?持って聞く本は?子どもは社会的波紋も考えつつやっている。

図書館も、今の貸本屋のままでは潰れていく。スタッフも自分なりの武器を持つ。たとえばいかに地域と手をつなぐか。

近年「子どものまち」の開催が増えているが、これは単なる買い物ごっこではない。キッザニアとは別物。キッザニアはお金を払っているだけだ。
子どものまちはドイツのミュンヘンが発祥で、1か月間、子どもの手で体育館の中に街をつくって運営する。市長を決めて住宅もつくる。子どもが社会を考えるきっかけだ。経験者の中から行政職員も生まれている。

子どものまち全国大会2017年に岐阜で開催する。

何のために遊ぶか?なぜ遊ぶのか? ただ遊ばせるだけなら、だれでもできる。マニュアルさえあればよい。
そこには、遊びを通じて(児童福祉的な)見えてくるものがあるはず。

メディアコスモスでは、子どもたちから短編小説を募集中。中高生が自分の恥部を大人の前で読む。去年60人が集まった中で、8人が読んだ。「駅伝で走っているときに考えていること」をテーマにしたものもあった。朝井リョウさんは「息遣いを書いている文体は、これから生きるうえで武器だね」と言った。

最後にパネラーから一言。
吉成さん: 児童館は、子どもの将来のために「どんな武器を渡せるか」だと思う。
佐藤さん: 考えを持てない伝えないから、考えて表現してよい場づくりを。自分の想いをみえる化。さらに、考える前に感じる力。
渡辺さん: ま、いっか~と思える力。他者と比較されたときに折れない心。
久保田さん: 褒めて認めて、自己肯定感を育む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/22

「家族の絆 映画会」 のご案内

以下の案内をいただきました。

命に向き合う家族を描いた、映画『うまれる』シリーズを町内各所で上映します。
小さなお子さんと一緒に映画を楽しめる【ママタイム】の回を設けます。小さいお子さんをお持ちのご家庭も御参加下さい。

●『うまれる』と『ずっといっしょ。』を上映、家族の絆 映画会

『うまれる』の上映
12月1日(木) 10時~12時 文化センターにて 【ママタイム】
12月4日(日) 10時~12時 緒川コミュニティセンターにて

『ずっといっしょ。』の上映
12月11日(日) 10時~12時 緒川コミュニティセンターにて
12月14日(日) 10時~12時 文化センターにて 【ママタイム】

入場料: お1人500円、未就学児無料

内容: ストーリーはこちらから→http://www.umareru.jp/story/

ママタイム】とは、  ~赤ちゃんの泣き声はBGM!~
「映画は観たいけれど小さい子どもがいるから無理・・・」というのが現実・・そこで小さなお子さんと一緒に映画を観れる【ママタイム】を実施いたします。ぐずってしまった赤ちゃんを抱きながら移動するママの為に、室内を真っ暗にせず通路が見えるくらいの明るさに設定します。授乳室、おむつ替えスペースをご用意しております。
※託児希望の方は、ご相談ください。
※12/4(日)、11(日)も、お子様連れの参加可能ですが他の方への配慮をお願いします

▼窓口またはメールで、申し込みが必要です。
 ※申し込み方法は下記チラシまたは、

  http://ameblo.jp/yumeiro-higashiura/theme-10099065166.html
  をご覧ください。

問い合わせ先:
 子育て応援プロジェクトゆめいろ 080-3076-6330(ヒラノ)

 http://ameblo.jp/yumeiro-higashiura/

詳しくは、http://higashiura.net/event/1257/をご覧ください。

Movie_umareru_20161201a

Movie_umareru_20161201b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/19

スケジュールの合間にいただいた蕎麦が美味

きょうはスケジュールの混んだ一日だった。朝早く起きて講話の資料作り、午前中に県の事業がらみの来客が2件、午後から「子育てネットワーカー養成講座」で「共に考える“子育て応援日本一”」と題した講話とディスカッションに参加。講話では、「子育てネットワーカーに何ができるか、活動のヒントになるような話しをしてほしい」ということだったので、東浦町の子育て・教育施策の特徴と今後、地域自治を担う次世代育成、住民の多様な活動の紹介と連携への期待についてお話しさせていただいた。
その後、打合せ、町内の企業を訪問、自宅で来客に合った後、19時から森岡地区の住民懇談会に出席。森岡地区では参加した住民の皆さんからどうしたら住民同士の支え合いの活動を盛んにできるかについて積極的な発言が相次いだ。今後地域でさらに議論を展開できると素晴らしいと思う。
住民懇談会が始まる前の待ち時間に、コミュニティセンターの2階でたまたま蕎麦打ち同好会がそばを打っていて、御相伴にあずかることができた。手前が自分で切った太めのそばを硬めに茹でてもらったもの。打ちたて、茹でたての蕎麦は美味しい。
あすは岡山に出張だ。

 14606350_343365012677555_28991703_2P1260576_800x600
 P1260580_800x60014705883_343365036010886_1586357253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/22

子育てネットワーカー養成講座 のご案内

東浦町子育てネットワーカー東浦町総合ボランティアセンターが共催する、3日間の連続講座のご案内です。対象は、子どもに関する支援活動に興味関心のある町内の方。
子育てネットワーカーとは、愛知県教育委員会の子育てネットワーカー養成講座を受講した人を中心として、子育てについて父親や母親からの相談に気軽に応じたり、地域の子育てグループや子育てサークルの活動を中心になって支援したりする活動グループです。
東浦町子育てネットワーカーでは、現在14人のメンバーで、保健センターでの4ケ月健診のお手伝い、子育てリフレッシュ教室の仲間づくりのお手伝い、講演会等の託児、子育てサロン「ぷらっと」、などの活動をしています。毎月第1木曜日 10:00~11:30、文化センターサロン室にて「子育てサロン ぷらっと」を開催しています。気軽にお越しください。連絡先は、総合ボランティアセンターなないろまで。
以下、3日間の講座の内容です。3日目は、私が講師を務めさせていただきます。

 9月26日(月)14時~
 総合ボランティアセンターにて
 トークセッション「子どもたちとつくる 貧困とひとりぼっちのないまち」
 NPO法人 山科醍醐こどものひろば 理事長 村井琢哉さん
 日本福祉大学社会福祉学部准教授 野尻紀恵さん

 10月4日(火)10時~
 文化センターにて
 食育講話「コミュニケーションは食卓から」
 栄養インストラクター 久村祥子さん

 10月19日(水)13時~
 講話「共に考える“子育て応援日本一”」
 東浦町長 神谷明彦

Kosodate_networker_20160926a

Kosodate_networker_20160926b

 

ついでに。
下記は、託児ボランティアおひさまが開催する、「親子であそぼう おひさまひろば」についての情報です。

Ohisama_hiroba_2016_annai

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/24

昨日は、森岡小と卯ノ里小の夏休み補充学習と、いきいきファミリーフェスタを見てきました。

森岡小学校と卯ノ里小学校の夏休みの補充学習を見に行ってきました。森岡小学校では、ボランティアの学生が入って算数と国語の自主学習。卯ノ里小学校では、校長先生が川柳を紹介、これからみんなで作ってみるところです。

 P1250117_640x480 P1250133_640x480

 

いきいきファミリーフェスタがイオンモール東浦で開催されました。子どもたちが工作を通じていろんな遊びを体験できます。更生保護女性会の皆さんの企画です。
風船をいじってたら、ついつい自分も真剣になってしまいました。

 P1250152_800x600 P1250149_300x225
 P1250143_300x225 P1250139_300x225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/05

森岡保育園と森岡西保育園で給食をいただきました。

昨日は、森岡西保育園で、給食をいただきました。
おかわりのスイカを賭けてじゃんけんrockscissorspaper中。
午前中はプールがあったようです。

 13887006_1392416747440587_514415823 13876497_1392417204107208_700522768

今日は、森岡保育園へ。
昨日は、冬瓜と大根のけんちん汁。今日は、ひき肉に、ナス、ニンジン、インゲンなどが、たっぷり入った煮物。決して子ども向けとは思えない、和のテイストなのですが、おかわりする子もたくさんいて残菜はほとんどなし。タテ割り保育で、3歳児から5歳児までが混ざって給食をいただきます。
ここの園舎の特徴は、大きな庇のあるテラス付きの平屋建て。現役の保育園としては町内で一番古い建物です。
さすが旧小学校跡だけあって、樹齢百年は優にありそうなクスの巨木とモチの木が、園庭に涼しげな木陰をつくっています。

13925272_1393167240698871_166969684
 13886401_1393167494032179_698941455 13903435_1393167660698829_204975806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/24

自然環境学習の森~空き家再生プロジェクト~刈谷球場~刈谷市郷土資料館

「東浦の里山にメダカを復活させよう!」の第1日目。
今日は、「第1回 メダカが住める環境を調べよう」です。自然環境学習の森を流れる小川には、昔メダカが棲んでいたという記録が残っています。小川の生きもの採集や水の色、臭いを調べる水質調査を行い、メダカが再び住める環境か調べてます。
第2回は、「メダカが住める環境をつくろう」ということで、次の日曜日に、メダカが冬を越せるように川底を50センチほど掘り、メダカを放流します。放流するメダカは、石ヶ瀬川からとってきたクロメダカです。(メダカは長距離を移動することのない小魚ですから、各地方で固有の遺伝子型を持っています。販売しているものなどをみだりに放すと、遺伝子の多様性を損なう恐れがあります。)

 P1240574_800x600 P1240578_800x599

秋の便り?が落ちていました。P1240579_800x603

 

ぐるぐる図書館の候補地にもなっている、空き家再生プロジェクトを覗いてきました。今日は、セメント塗りと、流しそうめん&スイカ割りだそうです。

 13690777_1383589198323342_873852848 13709768_1383589498323312_524174288

13716260_1383589651656630_225910080

 

刈谷球場で行われた高校野球県大会5回戦、東浦高校v.s.大府高校の対決。ベストエイト進出めざして奮闘しましたが、2対6でかなわず。残念ですが、球速140km以上をマークする投手を相手によく頑張りました。

 P1240592_800x600 P1240593_1024x768

 

刈谷球場の帰りに、刈谷市郷土資料館(旧 亀城小学校 校舎、国の登録有形文化財)と、椎の木屋敷跡に寄ってみました。
この校舎、廊下がすごく広いです。一部、教室の中には昔の板机が置いてありました。昔は、みんな、内職で机の上にコツコツとゴルフコースを造っていたものです。

 13669810_1383611324987796_5556934_2 13718565_1383611424987786_155468664
 13615260_1383611481654447_331855129 13700111_1383611561654439_472079789
 13615260_1383611608321101_579874250 13697226_1383611678321094_110155003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/12

高齢者教室の締めくくりは緒川新田地区でした。そのあと緒川新田保育園に。

卯ノ里コミュニティセンターで開催された高齢者教室で講話をさせていただきました。
高齢者教室(60歳以上の方を対象)は、毎年この時期に各地区老人クラブが企画・運営しています。各地区で内容は異なりますが、全5~7回コースのうち、第1回目は恒例の町長講話ということで、講師としてお招きをいただき、各地区で1時間半ほどお話しをさせていただいています。5月末の森岡地区を皮切りに各地区を回って、今日の緒川新田地区が最後です。今年は、「28年度予算・新規事業と最近の話題」と題して、28年度予算の概要、新規事業の内容と考え方、コンパクトなまちづくり計画・景観計画・地域福祉計画の概要、昨年度開始した高齢者関連施策の実施状況、居場所づくりをはじめ住民の創意ある地域活動の紹介、若い世代に対する住民参加の働き掛けなど、についてお話ししました。
いつも感心させられるのは、皆さんの話を聞く姿勢がすごくできていることです。さすがこのころの世代は学校でも姿勢を正して授業を受けていた世代だけあって、こちらを向いて話に集中して、なおかつちゃんとリアクションがあります。講話は、話す側と聞く側の共同作業ですので、お話ししていてとても気持ちがいいです。本当にありがたいことです。

 P1230990_500x375 P1230991_800x600
         卯ノ里コミュニティセンター玄関先の緑のカーテンは胡瓜でした。

そのあと、緒川新田保育園で年長さん(5歳)・年中さん(4歳)たちと給食をいただきました。この日のメニューはスパゲティーミートソースとコールスローサラダとスイカでした。私は好き嫌いはほとんどないのですが、スイカだけは子どものころから超苦手なのです。
給食のあとは、みんなで歯磨き、そのあとは、年齢に応じて、お昼寝をするクラス、お誕生日会を開くクラス、外で元気に遊ぶクラス・・・。ここは園庭が広いので思いっきり遊べます。となりが雑木林と竹林なので季節にはタケノコ掘りもできるそうです。

 P1240005_800x600 P1240006_640x480
 P1240013_800x600 P1240019_800x599
 P1240001_800x599 P1240026_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/25

「うららんフェスタ」と「うららん子育て広場」うららんのイベントや講座などのお知らせ

うららんフェスタは、
7月1日(金)10時~12時半
うららん(総合子育て支援センター)にて。

Uraranfesta20160701

 

うららんでは、このほか、育児講座やうららんクッキングなど、さまざまなイベントや講座、相談の機会を用意しています。お気軽にご利用ください。

Uraranhoroba20160711

| | コメント (0) | トラックバック (0)