映画・テレビ

2018/07/16

市民映画『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会 と 國武大晃くんを励ますパーティー

朝は南知多にいました。豊浜港では、7月末開催の鯛まつりの準備が進んでいます。今日も暑くなります。これから海は大にぎわいになりそうです。海っこバス、がんばってますね。

Dsc_6603800

 Dsc_6606800 Dsc_6598800tp

 

ひがしうら映画プロジェクト『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会がイオンモール東浦のイオンホールで開催されました。町制70周年を記念する市民発案のプロジェクトです。
まず代表の村松さんから挨拶、そして石丸監督から映画のテーマとお話しのさわり、それから、主なキャストとロケ地、撮影スケジュールについて説明がありました。
市民映画というのは実に人を引きつけるものだと感心しました。普段お目にかかったことのない住民の皆さんがたくさんいます。他のまちからも映画に興味や経験のある人が参加してくれています。新聞やメディアスやSNSで知ったという人はもちろん、阿久比の図書館でチラシを見たという阿久比町民や円頓寺の飲食店でポスターを見たという名古屋市民もいました。町内在住でモデルをされている小田真奈美さんには初めてお会いしました。NHKドラマ「中学生日記」の先生役だった俳優の鈴木林蔵さんも出演されるそうです。さうす のぅ めにぃ(南知多観光大使?)のお二人にも初めてお会いしました。
これは、市民による手作りの市民映画です。監督は高浜物語などご当地映画を手がけていらっしゃる石丸みどり監督にお願いして、あとは市民の知恵とスキルと想いを出し合ってつくります。東浦町行政からは、パートナーシップ推進事業を通じて若干の補助金を出させていただきますが、あとは企画から資金集めまで市民の力によります。なんとか自分たちの力で地元の映画を作りたい。この情熱は凄いと思います。
「映画づくりはまちづくり」という言葉を聞いたことがあります。みんなの心に残る映画が完成することを期待しています。

Dsc_66161000tp_2

 Dsc_66291000tp 37290219_1769203769795562_826190169
 37214053_1576082569187117_189089680 Dsc_66461000tp
 Dsc_66511000ts Dsc_6659800

 

風見鶏で、平昌オリンピックのスノーボード競技に出場した國武大晃くんを励ますパーティーがありました。
お父さんが30歳過ぎに家族で始めたスノーボードがメキメキ上手くなって、保育園児の時にこいつは違うと思ったそうです。子どもの頃から、好きなことは好き、嫌なことは嫌、何事も自分で選択したそうです。小学校の先生曰く、好きなことに対する集中力と器用さは飛び抜けていたそうです。
中学の同級生がたくさん来ていました。アルコールなしで、お菓子とソフトドリンクの気楽なパーティでした。
みんな応援してます。

37238884_1071421299689796_292980299

 

地面が赤く染まったと思ったら、きれいな夕焼け。
遠くから花火の音が響いてきました。夏ですね。

Dsc07461800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

「言葉の魔法展」で静かに感動

松坂屋美術館で開催されている「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」に行ってきました。
入り口を入るといきなり「人は言葉でモノを考える 言葉で考えを組み立てる 声に出すと考えがさらに広がる そして自分のつくった言葉に支配される 言葉はかく面白い」みたいな言葉が目に飛び込んできます。ほかにも、「どうにもならんことはどうにもならん。どうにかなることはどうにかなる。」「制約がある方が良い仕事ができる。」みたいな言葉が印象に残りました。言葉の魔法使い 鈴木敏夫さんの名古屋での生い立ちの振り返りもあります。静かに感動しました。
7月17日(祝)までの開催です。

Dsc_6509800

Dsc_6511800

Dsc_6516800

 Dsc_6527800 Dsc_6529320

 Kotobanomahouten2018a Kotobanomahouten2018b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

週末は、市民映画オーディションなど、いろいろなことがありました。

土曜日は、青少年健全育成町民大会を開催。3中学校の代表が意見発表。海岸清掃のボランティア体験、誰かがではなく一人一人の行動が大切なこと、地域住民が互いにつながることによって地域福祉の輪ができること、それぞれの思いを語ってくれました。ぜひ若者会議にも参加してまちづくりに若いアイディアを注ぎ込んでほしいです。

 

夕方から、名古屋テレビ塔の3階で開催されたぺちゃくちゃないとを聴きに行きました。実は、ちょうど一年ほど前に自分もプレゼンターとして参加したことがあります。20秒で次々に切り替わる20枚のスライドに合わせて、それぞれのテーマでプレゼンテーションをします。ドリンクやフードも出る、プレゼンターと観客の情報発信、交流、応援の場です。
この日は水辺スペシャルと題して、堀川をSUPで巡ったり中川運河で水辺と親しむまちづくりを進めている人たちや、ダムマニア、川の自然環境を守る人、海獺マニア、長良川の川漁師など、多彩なプレゼンターから、ワクワクするお話しや心打たれるお話しを聴くことができました。私は知りませんでしたが、日本の水族館のラッコは、以前は百数十頭いたのに今では超少子高齢化で7館10頭になってしまったのだそうです。

 Dsc072061000 Dsc072101000
 Dsc072151000 Dsc072221000
 Dsc072281000 Dsc072341000
 Dsc072431000 Dsc072511000
 Dsc072531000 Dsc072591000

良いお話が聴けました。そのあと軽く一杯やってきました。

 36454269_1681192345329564_396977263 Dsc_6422800

 

日曜の朝から、三丁公園で生路地区の防災訓練がありました。夏は「いくじ防災体験学習」と名付けて、子ども向け(小学生以上、家族、もちろん中高生も)のプログラムを組んでいます。この3年間はほぼこのスタイルで、それ以前は避難所一泊体験をするなど、地区の人たちが結構、企画に工夫をしています。
今日のプログラムは、公園内の防災設備見学、低学年は防災紙芝居とクイズ、高学年は避難所の仮設トイレと間仕切り設置、新聞紙スリッパづくり、消防署の協力を得て消防車・救急車見学、貯水槽を使った放水体験、消火器体験、そして、公園のかまどベンチを使って昼食はカレーライスです。

 Dsc07263640 Dsc07278640
 Dsc07307640 Dsc07313640
            Dsc07320800

 

市民の市民による映画づくり「ひがしうら映画プロジェクト」のオーディションが開催されました。出演者、スタッフを大募集です。
今日もたくさんの受験者があったそうです。面白いのは、普段見慣れない方たちがたくさん参加されていることです。
写真は昨日の受付の様子と、面接・実技直前のちょっと緊張した様子。そして試験官の面々です。

 ※オーディションの様子をmediasニュースで見ることができます。

 Dsc07145800p Dsc07167640p
 Dsc07158640p Dsc07170640t
 Dsc07176800 Dsc07190800p

昨日と今日でオーディションを終えて、次は7月16日(祝)11時からイオンモール東浦 イオンホールで制作発表・交流会だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

東浦町PR動画「どんぴしゃ!東浦」 と 健康づくり体操「東うらうら体操」

6月1日に行われた町制70周年記念式典で、東浦町PR動画「どんぴしゃ!東浦」 と 健康づくり体操「東うらうら体操」がリリースされました。

シティプロモーションの一環として制作したPR動画には、東浦町出身の“BOYS AND MEN”の田村侑久さん と 声優 小坂井祐莉絵さんが登場、「特命東浦PR対策本部」の職員役で、『どんぴしゃ』なまち!東浦のPRに大活躍してくれます。
15分間の本編のほかに、1分間のダイジェスト版、15秒間のCM版があります。町ホームページやYouTube、イオンのTOHOシネマズ東浦の幕前にも上映されます。詳しくは町ホームページをご覧ください。

   <CM版>

   <本編>

 
健康づくり体操「東うらうら体操」は、子どもたちの健やかな育ちに願いをこめて、全年齢を対象に制作されました。元気に跳んだりはねたりはもちろん、高齢者が椅子に座って体操することもできるように考えられています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/01

東浦町制70周年記念式典

昭和23年(1948年)6月1日に東浦村が東浦町となったことにちなんで、毎年6月1日にささやかな式典を行っています。今年はちょうど町制施行70年の節目と言うことで、町内の招待者に加え、国・県・近隣の行政・議会関係者をお招きして町制70周年記念式典を開催しました。
式典では、長年にわたり東浦町の発展に多大な貢献された方々に表彰状・感謝状を贈呈しました。また、長い間公職を務められ、その間、東浦知多インターチェンジ、平成大橋、JR武豊線高架などの社会資本整備、障害者福祉への貢献など、地域の発展に顕著な業績を残された日高昇元県議会議長に名誉町民章が授与されました。日高昇さんは「やっと公職から離れたと思ったが、これでまた悪いことができなくなった」とユーモアを交えて挨拶をされました。皆様方には引き続きまちを盛り立てていただきたいと願っています。

Higashiura_70y_kinen20180601a Higashiura_70y_kinen20180601b

Higashiura_70y_kinen20180601c

Dsc06605_800x600_2

 Chousei70y_shikiten_shiori_1 Chousei70y_shikiten_shiori_2

 Chousei70y_shikiten_shiori_3 Chousei70y_shikiten_shiori_4

 Chousei70y_shikiten_shiori_5 Chousei70y_shikiten_shiori_6

町長の式辞では、次のように述べさせていただきました。

 本日ここに、東浦町制70周年記念式典を挙行しましたところ、公私共にご多忙にもかかわらず、愛知県副知事石原君雄様をはじめ、多数のご来賓並びに多くの住民の皆様のご臨席を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

 東浦町は、明治39年に、森岡、緒川、石浜、生路、藤江の5つの村が合併し、本町の前身である東浦村ができました。そして、戦後まもない昭和23年6月1日に町制を施行し東浦町となり、本日70周年を迎えることができました。
 本町のこの70年を振り返りますと、高度成長期には、繊維産業が隆盛を極めておりましたが、構造不況により衰退し、その後はこれに代わる新しい産業がなかなか定着しない状況でございました。そのため、財政的にも地域の活力という面でも非常に厳しい時代がございました。そのような状況の中で、愛知県による土地改良事業や工業団地の造成、また、土地区画整理事業を推し進め、現在では水稲、巨峰ブドウ、イチゴ、トマトなどの農業、家具製造業や自動車関連産業などの工業、イオンモールをはじめとする商業などバランスのとれた産業構造となりました。
 また、JR武豊線、名鉄河和線と国道366号、知多半島道路知多東浦インターチェンジなどの交通インフラが整えられてきたことから、大都市近郊のベッドタウンとして発展し、町制施行時は、人口が1万5千人余りでしたが、現在では人口5万人を擁する県下で最も人口の多い町へとなりました。

 このように都市化が進む中でも、自然の地形を生かして作られた都市公園である「於大公園」や里地里山として自然環境の保全を図るとともに、楽しみながら自然とふれあい、人と自然の関係を学ぶ「東浦町自然環境学習の森」を整備するなど、豊かな自然を保全する努力も続けてまいりました。
 昭和53年には、緒川小学校の校舎を全面改修し、教室の廊下側に壁のない当時では、珍しいオープンスペースを持つ学校といたしました。この環境を活かして、子ども一人ひとりの個性を尊重しながら指導することを謳った個別化・個性化教育をスタートさせました。この取り組みは、発想も手法もすべてが斬新で、全国的に注目を集めました。先人たちの次世代を担う子ども達に対する教育への想いを感じております。
 また、本町の保育園は、私的契約児の割合が全国トップクラスであり、保護者の就労形態に関わらず子供を預けることができる体制を構築し、就学前の保育・子育て支援のニーズに対応しております。各地区には児童館を備え、平成23年には、本町の子育て支援拠点施設となる「ひがしうら総合子育て支援センター」を整備しました。子育てサロンやブックスタート事業を実施し、子どもも大人も共に育つ環境づくりに力を入れております。
 高齢化が進むなかで見守りが必要な高齢者が増加しているものの、以前から地域のコミュニティによる支え合いや民生委員活動、ふれあいサロンなどの地域福祉事業が盛んで、現在ではコミュニティーソーシャルワーカーを配置し、制度の狭間や複合的な課題で悩む方々の支援にも取り組んでおります。

 町政における課題も変化してきましたが、国、県、近隣の市町をはじめ関係機関の皆様の格別のご指導と住民の皆様のたゆまぬご努力により乗り越えてきました。ここに改めて深く敬意を表すとともに、心から感謝申し上げます。
 今後も、先人の想いを引き継ぎ、誰もが、健康で生きがいを持ち、お互いに支えあえる温かいまちづくりを、そして、暮らしやしく、自然、歴史、文化、たたずまいに優れたまちづくりを皆様とともに進めてまいります。

 さて、本日表彰を受けられます方々には、心からお祝いを申し上げるとともに、これまでのご貢献ご厚志に対しまして、深甚なる謝意を表する次第であります。また、日髙昇様におかれましては、愛知県議会議長や本町の総合計画審議会委員などの公職を長年務められ、地方自治の振興など、本町の発展に大きく貢献していただきました。そのご功績をたたえ名誉町民として顕彰をさせていただきます。
 結びにあたり、本日ご臨席を賜りました皆様に、これまでの東浦町の発展にご貢献いただいたことに重ねて感謝を申し上げます。これからも、より一層のご厚情とご支援を賜りますようお願い申し上げるとともに、皆様の益々のご健勝とご多幸を祈念申し上げ、東浦町制70周年記念式典の式辞といたします。

                      平成30年6月1日 東浦町長 神谷明彦

 

式典の前後では、70周年記念で制作した町のPR動画と、石浜保育園の子どもたちによる全年齢を対象とした健康体操の披露がありました。

Dsc06590_800x600_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/29

ひがしうら映画プロジェクトによる「市民映画づくり」が進行中!

町制70周年を記念した市民映画づくりを計画している「ひがしうら映画プロジェクト」の村松さんと浅見さんが石丸監督とともに東浦町役場を訪ねてくださいました。
自治体主導でご当地映画を作ることはよくありますが、市民の発案で市民有志が資金を募って映画を作るのは情熱と覚悟の要ることです。東浦町は、映画づくりの必要経費の一部パートナーシップ推進事業補助金を通じて応援しています。
石丸みどりさんと言えば、恵那市岩村や高浜や西尾で市民映画づくりに携わって来られた方です。多様な市民が参加して、東浦らしさを引き出して、勇気の湧く映画になることを期待します。

Dsc06545_1024x766

市民映画のタイトルは「バリアフリーかあちゃん」(仮)。撮影は8月。シナリオは今練っていてほぼほぼ固まりつつあるそうです。

現在、キャストとスタッフを募集中。6月30日(土)と7月1日(日)には勤労福祉会館にてオーディションを行うそうです。

映画づくりに興味のある人、映画に出てみたい人、特技のある人、自分は平凡だと思っている人、目立つのは苦手だけど裏方ならやってみたいと思う人、その他エキストラで参加したい人・・・映画づくりを通じて、意外な発見、素敵なご縁、新たな自分に気づくかもしれません。

Shimineiga_audition20180630a

Shimineiga_audition20180630b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/05

映画『ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命』上映のご案内

以下の案内をいただきました。

■映画『ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命』上映のご案内

 市民の側から都市計画をおしすすめたニューヨークの思想家、ジェイン・ジェイコブズのドキュメンタリーを上映いたします。彼女の貴重な記録映像や、当時のニュース映像、関係者のインタビューでつづる、エキサイティングな92分!いよいよ関西でも公開いたします。この機会にぜひご覧ください。

 「もしもジェイコブズがいなかったら、世界で一番エキサイティングな都市ニューヨークは、きっとずっと退屈だった。」

〈都市開発の帝王VS常識の天才 NYの現在を築いた知られざる闘い〉
 1950年代ニューヨーク。天才的な洞察力と行動力で、それまでの都市計画を根底から覆した彼女の“まちづくり”とは? 都市は誰がつくり、誰のためにあるのか? 私たちが暮らす街の未来を照らす建築ドキュメンタリー。

 監督:マット・ティルナー
 製作:ロバート・ハモンド、コリー・リーザー
 撮影:クリス・ダプキンス
 編集:ダニエル・モルフェシス、アンドレア・ルイス
 (2016、アメリカ/92 分/カラー・モノクロ/1:1.78/原題『CITIZEN JANE Battle for the City』)

《上映情報》
 大阪:シネリーブル梅田にて6月2日(土)より公開
 兵庫:元町映画館 順次公開

映画公式webサイト
 http://janejacobs-movie.com/index.php>http://janejacobs-movie.com/index.php

 
■関連企画
Talkin’About「ジェイン・ジェイコブズ『アメリカ大都市の死と生』を読む」

日程:2018年5月31日(木)
時間:19:00~21:00
場所:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
会費:無料
ナビゲーター:山納 洋(大阪ガス(株)近畿圏部)

 ジェイン・ジェイコブズは、戦後アメリカで急速に進んだモータリゼーションや不適切な都市再開発が地域に荒廃をもたらしたことに警鐘を鳴らし、都市が魅力的で活力ある場として機能するために必要な要素として「地域が複数の機能をもつこと」「街区が短いこと」「古さや条件が異なる建物が混在していること」「十分な密度で人がいること」を指摘しています。
 ジェイコブズの卓見は、都市における人びとの営みを注意深く観察するところからもたらされています。そうした観察の結果を積分し、マクロとしての都市計画はいかにあるべきかまでを論じることができたのが、彼女の非凡なところといえます。
 今回のTalkin’Aboutでは、「ジェイン・ジェイコブズ‐ニューヨーク都市計画革命」公開に先立ち、彼女の主著『アメリカ大都市の死と生』のエッセンスをご紹介しつつ、「都市は誰がつくり、誰のためにあるのか?」について話し合います。

 \\山納洋さんの著書紹介//

 『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』
 山納洋 著
 憧れだけじゃ続かない!異色の起業のススメ

 http://bit.ly/2ACtue3

 『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
 山納洋 著
 事例をもとに考える場づくりの機微と方法論

 http://bit.ly/2ANlXZK
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/03/31

県の広報コンクールの3部門で、東浦町が奨励賞を受賞!

東浦町が、平成29年度愛知県広報コンクールにおいて、①広報紙部門(町村部) ②ウェブサイト部門(町村部) ③映像部門 でそれぞれ奨励賞を受賞しました。写真部門、広報企画部門を加えた全5部門中3部門もの受賞があったのは豊橋市と東浦町のみです。

Kouhou1_v_20180314Kouhou2_v_20180314Kouhou3_v_20180314

 

①広報紙部門(町村部) 奨励賞
広報ひがしうら10月15日号「特集 もっと身近に東浦西部出張所」

 Kouhou2017_10_15_hyoushi Kouhou_syoubou_2017_10_15

 ・審査委員からの講評(抜粋)
毎月2回の発行は労力を要する中、特集や暮らしの情報を過不足なく提供している。
消防署のルポルタージュを楽しく興味がもてるようにまとめている。表紙の写真にも変化がある。心肺蘇生法などの実用的情報もしっかり入っている。

 ・町広報担当者のコメント
取材にご協力いただいたり、ご意見をお寄せいただいている読者の皆様のおかげです。これからもわかりやすく親しみやすい情報発信に努めます。

 

②ウェブサイト部門(町村部) 奨励賞
東浦町公式ホームページ

Hp_higashiura_p0_2
 ・審査委員からの講評(抜粋)
十分な情報提供が行われており、特にオープンデータサイトは住民が興味を持ちやすく積極的な情報提供がなされている。ウェブサイトデザインにおいてはメニューなどユーザーの使いやすさに今後の改善を期待する。
映像に特化したオープンデータサイトでは、年代別・地区別・カテゴリー別に検索可能で、斬新な取り組みと思う。定住促進特設サイトもシンプルな構成で見やすく実用的。

 

③映像部門 奨励賞
新規採用職員募集PR動画「公務員試験=学力重視?」

 ・審査委員からの講評(抜粋)
委託ではなく自主制作にエール。内容は、技術職は「2017年に何をしたかが大切」、保育士は「国語のテストみたいに作者の気持ちを考えるのでなく、子どもの気持ちを考える」、事務職は「文法に囚われないで、相手に伝わること」と英語で話すなど、学力重視でないことを職員自らが語る。
出演者1人に対して1カット、パーン・ズームを使わない基本に忠実な撮影で、編集が要らない。各出演者のカット替わりにはすべて違うワイプを使うなど編集心は感じる。見やすく伝わりやすい、職員の飾らない自然な表現力に好感が持てた。
トップとエンドに出てくる白衣の司会者の紹介テロップが欲しい。

 ・町動画編集者のコメント
伝えたいメッセージが伝わっていると評価されたようで嬉しいです。

Pr_douga_v_20180316_2

 

ウェブサイト(町村部門)で入賞した「東浦町公式ホームページ」は、愛知県の代表作品として公益社団法人日本広報協会が主催する「平成30年全国広報コンクール」へ推薦されます。詳しくは、http://www.pref.aichi.jp/soshiki/koho/29koho.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/07

商工会青年部が作った東浦町紹介動画

2月10日(土)に商工会青年部が婚活パーティ「50対50 GO婚in東浦」を開催したところ、男性・女性とも町内外から50人以上の参加があり、6組のカップルが誕生したそうです。

http://filmgarden.jp/20180211

商工会青年部が商魂たくましくカップルへのライフスタイルを提案する「東浦町紹介動画」の中で、私も一言まち自慢をさせてもらいました。これを「GO婚」で上映したそうです。

http://filmgarden.jp/20180216
https://www.youtube.com/watch?v=iECLxmahPQE&feature=youtu.be

東浦のまちについてアンケートをとると、自然環境にそこそこ恵まれた住みよい街という回答がすごく多いんです。これだという特徴のある街ではないのだけれど、東浦はそこそこ何でもある恵まれた所だと思います。
キツネやタヌキの住めるくらいの里山はある。小さい街だけれどJRの駅が4つもあって、名鉄の最寄りの駅が2つある。イオンモールはこれからもっと大きくなる。30分で名古屋の都心まで出られる。不便な田舎じゃないし、かと言ってゴミゴミした都会じゃない。住むには良い所ですよね。
他にも、福祉や子育てが充実していて、健康診断の受診率が高いとか、待機児童がゼロで保育が充実しているとか、木登り・穴掘り・水遊び・火遊び、何をやっても良い冒険遊び場があるとか、すべての子どもに目の届く教育を目指しているとか、在宅高齢者のケアが充実しているとか、いろんな自慢があるのです。
あなたも東浦に暮らして、一緒に幸せなまちをつくりませんか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/15

東浦町PR映像を制作中

町制施行70周年を記念して、広報情報課がPR映像をつくっています。

その映像にBOYS AND MEN田村侑久(たむら ゆきひさ)さんが出演してくれました。
東浦の出身(卯ノ里小、西中卒)なのです。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=934269803415717&id=390414641134572

図書館にも来てくれました。...
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=934274633415234&id=390414641134572

さあ、どんな映像ができるか楽しみです。

Pr_eizou_20180214a_2
Pr_eizou_20180214b_2

Pr_eizou_20180214c_2
Pr_eizou_20180214d_2

※ひがしうら映画プロジェクトによる市民映画製作とは異なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧