映画・テレビ

2022/06/22

世界の60歳を鼓舞する映画

久しぶりに映画を観に行った。

観たのは、来月60歳になるおじさんが三十数年ぶりに戦闘機で空を飛び回るお話し。

ストーリーはともかく、思わず手に汗を握ってしまうシーンが連続、とにかくかっこいいというのは前作をちゃんと踏襲している。戦争・戦闘を善悪で単純化して良いのかどうかは別として、トム・クルーズ恐るべし。ベストオブベストのトップガンたちも彼にはかなわない。

映画の中で第1の奇跡と第2の奇跡というのが出てくるが、もう一つの奇跡、賞賛されるべきことは、主演が30数年前の若さとバイタリティーをしっかりメンテしていることでは。弱音を吐いている場合ではない、と鼓舞された。

| | コメント (0)

2022/06/13

テレビ朝日「Qさま!!」でこのはな館の絶景写真が出題されました。

テレビ朝日の夜8時30分からの番組「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」の「奇跡の絶景!ここ本当ににっぽん!?」という企画で、於大公園このはな館の「このはな彩」が絶景として取り上げられました。

「写真に映る都道府県を答えよ」という問題で、明治村の旧帝国ホテルやオアシス21とならんで、このはな館の「このはな彩」が愛知県の絶景として出題されました。その県に所縁の6枚の絶景写真を順に見て、どこの県か出来るだけ早く当てるクイズです。愛知県に住んでいても結構難しいかも。
最初の写真は竹島ファンタジー館、2枚目がこのはな館、3枚目はイオンモールノリタケのTSUTAYA、4番目はこれはもうわかる池越しに撮った旧帝国ホテル、そして、清須城の夕景とオアシス21の夜景でした。このはな彩の画像はインスタグラムで話題となっていたようです。

20220614_0023041024tnnnnn
20220614_0023091024tnnnnn
20220614_0023181024tnnnnn

 

| | コメント (0)

2022/06/10

飛び石が完成して、明徳寺川を渡れるようになりました。

於大のみち、再会広場の前に、河川親水施設(飛び石)が完成しました。

         20220610_165732800nnnnn
20220610_170229800nnnnn20220610_170138800nnnnn
         20220610_170641800nnnnn

明徳寺川沿いの於大のみちには、図書館前の桜橋から郷土資料館下の坊主橋までの間に、川を渡れるところがありません。於大まつりの時にも右岸と左岸の行き来ができなくて不便でした。渡れるようになればジョギングや散歩のコースバリエーションも増します。これまで川に降りられるところはなかったので、水に親しむこともできるようになります。

両岸は県管理の河川堤防です。治水上、堤防を掘り込むわけにはいかないので、階段は堤防の土手の角度と同じ45度ほどになります。急なので手摺りが必要ですが、手摺りを設置すると出水時に物が引っかかって河川流下の抵抗になることが考えられます。そこで、脱着式の手摺りとして出水時には取り外しできるようにしました。

工事は、秋以降の渇水期に片岸ずつ川を閉め切って行いました。当初は3月末までに完成の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて工事が遅延したため、5月末に完成、本日から供用開始となりました。
写真は3月半ば頃の工事の様子です。

         Dsc01749800nnnnn

| | コメント (0)

2022/05/25

観光協会総会に出席、「『観光まちづくり』のすすめ」と題した講演もありました。

観光協会の総会には、県議会議員や町議会議員を含めて、かつてないほど多くの会員が出席し、令和3年度事業報告と収支決算の認定、令和4年度事業計画と予算の決定、会則の改正、役員の選任が行われました。第2部では、「『観光まちづくり』のすすめ ~東浦町の可能性~」と題して、和歌山大学経済学部 大澤健教授の講演がありました。
大澤教授は、「農業やモノづくりの厚みがあって歴史もある愛知県ほど、新しい体験型・交流型・着地型の観光に恵まれたところはない。観光は目的ではなく、まちづくりの手段。タテの関係に依らない、やりたい人たちが手をつないでやりたいことをやることによって、知恵とやる気のネットワークができていく。観光まちづくりは、そういう人たちを増やしていくための手段。」と仰っていました。

20220525_135413800nnnnn
20220525_1515011200tpnnnnn

 

私も、観光協会の顧問として、総会のはじめのご挨拶で「観光への取り組みは、そこに住む人の誇りであり、まちづくり、ひとづくりに他ならないこと。ここにしかないものを見つけて育て楽しむこと。」とお話ししました。この考えは観光協会会報への私の寄稿文「東浦にとって観光とは」に綴ってあります。大沢教授が講演でおっしゃったこととも通じるものがあると思います。

ところで、5月15日にテレビ愛知のサンデージャーナル「県民も知らない“魅力”とは? 人口増加で注目!愛知の「●●町」調査」で、私のインタビューが出ました。あれは於大まつりの時に突然インタビューをされて「東浦のおいしいお店は?」と訊かれたので、「自分の立場で、テレビの前ではちょっと・・・でも町内にもっと飲食店があってほしいなあ・・・」と苦し紛れに答えたら、県内の町で人口当たりの飲食店が一番少ない東浦町とのデータが番組の中で出ていました。

1位  東栄町  1店舗/322人
2位  南知多町 1店舗/357人


14位 東浦町  1店舗/2098人

これは一体どうやって算出したのか聞いてみたら、iタウンページを使って各町の「飲食店」を検索したのだそうです。まちをデータで解析!してみようというこの番組の趣旨は面白いと思いました。5月29日までの期間限定でこちらのサイトで再放送を見ることができます。

| | コメント (0)

2021/12/01

もう年末。新年のごあいさつの収録をしました。

もう、年末が近づいてきました。一年は本当に早いものです。このところ、新年の挨拶など、新聞や広報紙に載せる作文の締切りに追われていました。今日は、知多メディアスCATVで放送される新年のごあいさつの収録です。

例年、うのはな館での収録が多いのですが、今回は役場応接室にて。1100字くらいの挨拶を持ち時間4分30秒でゆっくり話します。カメラの下には台詞の字幕があります。そのせいか、カメラ目線というよりはカメラやや下目線のような・・・。

新年のご挨拶は、お正月の期間、毎日、「あったかいいまち ひがしうら」で放送するそうです。
清々しい新年を迎えられますように!

Dsc08648800tpnnnnDsc08666800pnnnn

| | コメント (0)

2021/08/08

今日は暑かったです。

乾坤院の本堂奥にある水野家四代の墓所の草刈りと掃除をしました。今年は3月末とお盆前の今回で2回目です。水野宗家ご当主の勝之さんも駆け付けて下さいました。朝8時から始めましたが、今日はさすがに暑かったです。

     20210808_080137800nnnn
     20210808_080312800nnnn

 

草刈りの後は、栄のオアシス21で開催された「コスプレde海ごみゼロ 知多半島解放区宣言」に参加。世界コスプレサミット実行委員会と日本財団のコラボイベントです。
コスプレイヤーが美しいロケーションで撮影できるよう、世界の海を知多半島からきれいにしていくキャンペーンです。コスプレイヤーは撮影のためにごみ拾いをしています。そんなコスプレイヤーを地元としても歓迎します。
ステージに大村知事と知多半島5市5町の代表者が登壇。進撃の巨人のエルヴィン団長の掛け声で「心臓を捧げよ」のポーズ。知多半島をコスプレーヤーに開放することを宣言しました。
イベントには知多娘も参加。声優業で超多忙になってしまった東浦未来ちゃん役の小坂井祐莉絵さんにかわって大田メディ役の牧野佳々李さんが東浦町の担当を務めてくれました。

20210808_1214351000pnnnn
16284227988971200tpnnnn20210808_1159051000pnnnn

 

お昼にきしめんが食べたくなって、「きしころスタンプラリー」に載っていた大須のきしめん屋に行ってみました。色は濃いけど上品な汁が、幅広の麺にたっぷり絡むのがたまりません。

       20210808_131926800tnnnn
       20210808_132048800tpnnnn

 

大須のアーケードは賑わっていました。喧噪から少し南に行くと、仏壇屋や寺が連なる界隈があります。歩いてみると意外な発見があったりします。
大通りに出ると車窓から普段見慣れた光景が広がります。

20210808_125001800pnnnn20210808_125106800pnnnn
20210808_125307800nnnn20210808_125326800nnnn
20210808_125340800nnnn20210808_125952800pnnnn
       20210808_134114800pnnnn
20210808_134326800pnnnn20210808_134559800nnnn
       20210808_135216800nnnn

 

大須商店街から南へ歩いたところで洋菓子屋さんを見つけて、ちょっとケーキを買ってみました。

       Dsc04524800pnnnn

| | コメント (0)

2021/07/18

図書館のトーク&ワークショップ「絵本作家 わたなべちなつさんと一緒につくろう!かがみのしかけの海の仲間たち」を開催

東浦町中央図書館は、7月で開館30周年。記念イベントとして、絵本作家のわたなべちなつさんをお招きして、トーク&鏡の絵本作りのワークショップを開催しました。この企画は大人気で、申し込み初日に満員御礼となってしまいました。

わたなべちなつさんは、いわゆる絵本作家・童話作家というよりも、もともとグラフィックデザイナーで、鏡の反射などの効果を使って絵本で面白い表現ができないか創作活動をされています。最近では、わたなべさんのデザインがエルメスのプレスキット(インフルエンサーやモデル向けのPRコンテンツ)に採用されました。

Dsc033071000pnnnnDsc03379800tpnnnn
Dsc03358800tpnnnnDsc033181000pnnnn

きょうは、子どもたちが自分で鏡の絵本を作りました。用意されていた図案に色を塗って作る子もいれば、スマホで海の生き物の画像を検索してそれを参考に絵を描く子もいます。

Dsc03375800tpnnnnDsc03398800tnnnn
Dsc03406800tpnnnnDsc03408800tpnnnn
Dsc03409800nnnnDsc03413800nnnn

 
全員が時間までに鏡の絵本を完成して、さあ記念写真です。作品を飾るための小道具は、1週間前にわたなべさんと職員で工夫をして作りました。よく見ると海の中で図書館マスコットの“よむらび”がスキューバをしています。

Dsc034331200tpnnnn

 
新しいひな壇ベンチも、親子でお話を聞いたり、集合写真を撮ったり、大活躍でした。絵本のサイン会が終わってから、わたなべさんと図書館職員一同で記念写真を撮りました。

P10403251000pnnnn

 
 

今月の図書館の行事は、7月24日(土)14時から映画「ピーターパンと魔法の本」上映会7月31日(土)10時から15時頃まで「よむらびフェスタ」を予定しています。思い思いの図書館ライフを楽しんでいただければと思います。

Library-movie20210724

Yomurabi-festa20210731

 

| | コメント (0)

2021/07/04

美術館、博物館をハシゴしました。

愛知県美術館で開催された「第77回現展 名古屋展」に行ってきました。現展では、作家の画歴・経歴を問わず、現代性に溢れた様々なジャンル、素材、表現方法を幅広く受け入れているそうです。
毎年、写真を出品されている町内の方が受賞されました。題材は鯉の乱舞と船上からの2020年の夜明け。夏目さん、田中さん、おめでとうございます。
交通事故の後遺症と戦いながら創作活動をされている水上卓哉さんの作品「希望の地球(ほし)」のモチーフは、大地から力強く沸き上がる熱湯と泥とガス。秋田の玉川温泉まで行ってきたのだそうです。「オパールのひみつ」と題した生きもの曼荼羅のような絵の中心で金色に輝くトグロはウッチーくんと呼ぶのだそうです。

Genten-nagoya-20210630

205400030_232164618544874_81992780109977
204601986_942166516347634_53613308699054208949895_396597745096596_52922582286350

 

名古屋市博物館で開催中の「ゲーセンミュージアムにも行ってきました。こちらは、めっちゃ懐かしいピンボールマシーンや、今やお宝モノではないかと思われる車やヘリコプターの操縦ゲーム、射撃やボーリングなど正真正銘のアナログメカから、インベーダーゲーム、ギャラクシアン、パックマンなどなど。入口の方で熱中していたら、閉館時間になってしまい、最新のeスポーツまで行き着けませんでした。

Gesenmuseum-20210601

20210703_153804800nnnn20210703_153858800pnnnn
20210703_154042800tnnnn20210703_154545800nnnn
20210703_154735800nnnn20210703_155822800tnnnn
20210703_161241800tpnnnn20210703_165709800tpnnnn
20210703_155902800tnnnn20210703_170231800pnnnn

 

3軒目は、松坂屋美術館の「びじゅチューン!EXPO ~ときめき立体ミュージアム~へ。世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHK Eテレの人気番組「びじゅチューン!」の展覧会です。TV番組の世界観を大型立体模型や音と映像で楽しみます。何でも美術にこじつけてしまうセンスがすごいです。「曜変天目ディスコは♪~瑠璃色に輝いてる~♬」のメロディーが頭にこびりついてしまいました。

Bijutune-expo-20210626

1625375699280800tpnnnn20210703_175020800nnnn
1625375717791800tpnnnn1625375728966800tpnnnn
20210703_175626800nnnn20210703_175700800nnnn
20210703_180952800nnnn20210703_1816571200nnnn

 

もうすぐ夏休み。これから子どもも楽しめる展覧会が続きます。7月17日からは愛知県美術館で「ジブリの大博覧会」が始まります。名古屋市博物館の9月の企画展は「ムーミン コミックス展」です。

Ghibli-expo-20210717b

Koguma-shirokuma-20210722

Moomin-20210911

 

| | コメント (0)

2021/05/20

常田さんのプロギングが、東海テレビの「スイッチ」で紹介されました。

すごい。20分の密着取材!!
東海テレビの「スイッチ」で今朝、常田英一朗さんのプロギングが紹介されました。画面右上の「東浦町出身」がうれしいです。

https://locipo.jp/creative/44951ad6-cff7-47ba-b561-c94cf0fc590d
Tokai-tv-tokita-plogging-20210520

 
プロギングとは、ジョギングをしながらごみを拾う北欧生まれのスポーツ。常田さんは、日本でもこれを広めようとプロギングジャパンを立ち上げて、名古屋を拠点にプロギングを全国に普及させる活動を展開しています。

名古屋市をはじめ、スタバやアルペンもコラボしています。
身も心も、街もリフレッシュ!!
「ごみを拾って何も感じない人はいない。自分の力で街を変えられることを感じて欲しい。」・・・常田さんの言葉が爽やかです。

 
5月22日(土)の15時からは、テレビ愛知「丸山桂里奈のチャレンジSDGs」にも常田さんが登場します。
 ~スウェーデン発SDGsスポーツに丸山・本並夫妻が挑戦~
 →https://tv-aichi.co.jp/Challenge_SDGs/

| | コメント (0)

2021/04/15

先進国における幸福とは何か

国連の発表した2021年の世界幸福度ランキング「World Happiness Report 2021」によれば、ランキング上位はヨーロッパ諸国、とくに北欧が上位を占めました。日本は56位でした。

  ●2021年世界幸福度ランキング上位10カ国
    1位 フィンランド
    2位 デンマーク
    3位 スイス
    4位 アイスランド
    5位 オランダ
    6位 ノルウェー
    7位 スウェーデン
    8位 ルクセンブルク
    9位 ニュージーランド
    10位 オーストリア

 
このランキングは、主に次の6項目からなるアンケート調査をもとに算出されるそうです。

  1.人口あたりGDP
  2.社会的支援(ソーシャルサポート、困ったときに頼ることができる人がいるか)
  3.健康寿命
  4.人生の選択の自由度
  5.寛容さ(チャリティーなど寄付をしたかなど)
  6.腐敗の認識(不満、悲しみ、怒りの少なさ、社会、政府の腐敗の蔓延)

 
これらの項目のうち、上位10カ国に比べて日本は、「人生の選択の自由度」と「寛容さ」が低かったそうです。たしかに、多様な選択ができること、社会や地域が優しいこと、人と人とのつながりがあることは、幸福感と関わりがありそうです。同調圧力や、不寛容なバッシングなどは生きていく上でストレスになるかもしれません。
日本人はアンケート調査などで自己評価を低めに申告する傾向があるとしても、トップクラスの「健康寿命」に比べて、「選択できる実感」や「人間関係の寛容さ」が低位なことが、世界幸福度ランキングの結果に表れています。

  世界56位」日本が幸福度ランキングで毎年惨敗する根本原因

  世界幸福度ランキング2021 フィンランドが4年連続1位!北欧5カ国がベスト10にランクイン!

  世界幸福度ランキング2021(World Happiness Report 2021)日本56位

幸福度というよりは、税とお金の話ですが。
  なぜOECDの人たちは消費税20%超でも日本人より豊かで幸せなのか

 

ところで、話変わって、幸せの意味を考える映画「ブータン 山の教室」が岩波ホールで上映中だそうです。
  “国民総幸福の国“といわれたブータンの今と“幸せ“を問う、映画「ブータン 山の教室」

さらに、映画の話しです。20年前の中国の映画を思い出しました。素朴で泣けました。
  山の郵便配達
  初恋のきた道

| | コメント (0)

より以前の記事一覧