音楽

2018/08/19

市民映画の撮影、ファインマークコンテスト、ミュージックフェスティバル

●市民映画のロケ
町内で、市民有志による「ひがしうら映画プロジェクト ~バリアフリーかあちゃん~」の撮影が行われています。監督・脚本は、あちこちで市民映画を手がけられている石丸みどりさんです。
昨日はカチンコ初体験。
今日は、於大公園で飛び入りのエキストラが大勢参加、クライマックスシーンを撮影して、クランクアップしました。私も初めてエキストラとして参加。集まった皆さんは国籍も様々。最後は「オーラ🎵うーら🎵 オーラ🎵うーら🎵 ひがしう~ら~🎵」の大合唱で撮影を終えました。
映画はシーンの数が多いだけじゃなくて、一つ一つのシーンを納得いくまで撮るので、想像以上に手間がかかるものなんだと実感しました。さて、どんな映画が完成するのか楽しみです。

 Dsc079961000 Dsc080051000
 Dsc08032800 39522012_1880490995370626_921672457

 Dsc_6895800 Dsc_6915800p
 Dsc_6918800 Dsc08102800
 Dsc_6940800 Dsc_6952800
 Dsc08118800 Dsc08120800pp

Dsc081251000p

 
●ファインマークコンテスト
ル・グラン・ジュールで行われた市民グループによる初の試みです。
「ファインマーク」というネーミング、和製英語と言うより私製英語なんだろうけど、とにかく「元気印」な人を見つけ出して顕彰して、自信を持ってもらって、さらに笑顔で支え合える元気なまちにしようという有志のアイディアから始まった第1回目のコンテスト。形式も決めずに出場者にプレゼンをしてもらって、直感的にグランプリを選ぶという随分荒削りなイベント。審査員としてお招きをいただいたので、どんな展開になるか期待と不安に胸を膨らませて出席したところ、なんだか会場は良い雰囲気。出場者もパワポを使ったり、実技を披露したり、それそれのスタイルで飾ることなくプレゼンをされていました。
出場者は、見晴らしの良いところに杏の木を植えて大きく育てようとしている人、普及活動にも励む腕相撲のチャンピオン、障がいのある子どもたちとそのがんばりを支える施設の方、少林寺の先生から老人クラブ活動や小学校・保育園とのコラボまでやっているスーパーおじさん、ふるさとガイドや清掃活動など地域の活動に積極的に取り組む達人、ジーンズのことを語らせたら右に出る者は居ないジーンズソムリエ第一号など、多彩かつ多才な面々。
見ていて、これって元気印を発掘・顕彰するだけでなく、「TED」や「ぺちゃくちゃないと」みたいな、社会に新たなアイディアを提唱するワールドワイドなプレゼン大会にも通ずるような可能性を感じました。荒削りでも良い。小さく初めて大きく育てられると良いですね。来年もやるみたいで、今後が楽しみです。

Dsc08143800p_2

 Dsc08135800 Dsc08145800
 Dsc08149800p Dsc08158800

Finemarkcontest20180819c

 
●ミュージックフェスティバル
文化センターではミュージックフェスティバルを開催。途中から聴きましたが、年齢もジャンルも様々な禄バンドが出演、トリは“教師”という名の学校の先生11人からなる大編成のグループによる演奏でした。最後は西城秀樹さんのヒット曲、みんなでYMCAしました。

 Dsc08178800t Dsc08187800px

Dsc082221000p

39397612_1637896889670046_769901982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/17

於大公園で、長坂沙織さん凱旋コンサート

今朝からいきなり涼しくなりました。連日のまとわりつくような日差しと空気も爽やかで、秋の気配を感じます。

於大公園このはな館で、アクセント・カルテットのイブニングコンサート。公園の夕景を眺めながら弦楽器の調べを楽しみました。
曲目は、ポピュラーなモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から、重い中にも安息を感じるようなシューベルトの「死と乙女」、最後は、アンコールでタンゴ「ポル・ウナ・カベーサ」でした。ポル・ウナ・カベーサは、アルゼンチンの歌手カルロス・ガルデルが映画の挿入歌として作曲した名曲で、アルパチーノ主演の映画「セントオブウーマン」やシュワルツェネッガー主演の映画「トゥルーライズ」でも使われています。
演奏が終わると外はすっかり暗くなっていて、竹灯篭の会の皆さんが仕掛けてくれた色とりどりの灯光が音楽の余韻を引き立ててくれました。

Dsc07902640_2

 Dsc07912800 Dsc07916800
 Dsc07921800 Dsc07938800

Dsc07927800p_2

Dsc07935800p

長坂沙織さんは、生路小学校、東浦中学校を卒業後、桐朋学園大学音楽学部を卒業、ドイツに留学。現在、デュッセルドルフ交響楽団でバイオリン奏者をされています。今年5月に、同じくデュッセルドルフ交響楽団のバイオリン奏者のペーター・マイヤーさんと結婚、ちょうど日本に帰省中のところにご厚意で演奏を引き受けてくださいました。カルテットの他のメンバーのインカさんはフィンランド出身のチェロ奏者。ビオラのオディッセアスさんはギリシャ出身で、日本に来る途中に(ビオラは手荷物で無事でしたが)バッゲージが行方不明に。急遽、イオンモールで衣装を購入しての演奏だそうです。
200席以上用意した会場は満員。赤ちゃんも静かに聴き入っていました。すばらしい演奏をありがとうございました。

Dsc079461000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

バイオリニストと盆踊り

昨晩の夏まつりは、石浜、藤江、生路におじゃましました。
生路では、ちょうど帰省中の長坂沙織さん、ペーターさんご夫婦が会場にいらっしゃったので、皆さんの前で紹介させていただきました。
沙織さんとペーターさんは、デュッセルドルフ交響楽団のバイオリン奏者。また、アクセントカルテットを結成して、独自の音楽活動をしています。
お二人のご厚意で、8月17日(金)18時から、於大公園このはな館で「凱旋コンサート~クラシックの夕べ」を開催します。入場無料・自由席です。ぜひ聴きに来てください。

Nagasakasaori20180817konohana

また、翌8月18日(土)19時から、千種の5/R音楽ホールで、アクセントカルテットのコンサートが予定されています。

 Akuzentqualtett20180818a Akuzentqualtett20180818b

東浦出身のアーティストが世界で活躍しているのは嬉しいことです。
長坂沙織さんのHPはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/30

長坂沙織さん凱旋コンサート in 於大公園 のご案内

東浦出身のプロバイオリニスト長坂沙織さんが、帰ってきます。ドイツからの一時帰国です。

8月17日(金)18時から、於大公園このはな館で「クラシックの夕べ」を開催します。夕暮れ時の於大公園でAkzent Quartettの演奏をお楽しみください。

 Akzent Quartett(アクセント・カルテット)とは
アダム・フィッシャー音楽総監督が率いるドイツの名門オーケストラ「デュッセルドルフ交響楽団」とケント・ナカノ率いる「ハンブルグ国立歌劇場オーケストラ」のメンバーを中心として結成された国際色豊かなカルテット。
 ・ペーター・マティアス・マイヤー(Violin)
 ・長坂 沙織(Violin)
 ・オディセアス・ラヴァリス(Viola)
 ・インカ・サーバライネン(Cello)

 長坂沙織(ながさかさおり)さんプロフィール
桐朋学園大学音楽学部音楽学科卒業。ケルン音楽大学を最高得点で卒業。マラガ・ミュージカルサマー国際音楽コンクール(スペイン)第2位。2017年3月よりデュッセルドルフ交響楽団契約団員。

詳しくは、https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NmUyYm9rdGZ1cnRiOThvbTNzcTdmN3BuY2ggYmViYTNyMjQxNmlybHEyMWZkbHIyNmx2NzhAZw&ctz=Asia/Tokyoをご覧ください。

Nagasakasaori20180817konohana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

中央文化展に行ってきました。

文化センターで明日まで開かれている中央文化展に行ってきました。文芸、絵画、写真、書道、茶華道、盆栽、趣味など、様々なジャンルの作品を見ることができます。

 Dsc06746800 Dsc06748800
 Dsc067731200 Dsc067631200

私も、写真と書道で出品しました。写真は、生路小学校のタケノコ狩りの時に、天に向かって真っ直ぐ伸びる筍を子ども目線で撮ったもの。「屹立」という題をつけました。
書は、「包摂」と書きました。「包」は、つつむ。「摂」は合わせて取り込むこと。「包摂」で包み込むの意です。特に、福祉の分野では、社会的に弱い立場にある人々も含め市民ひとりひとりを、排除や摩擦、孤立から援護し、地域社会の一員として包み込み、支え合う考え方のことを社会的包摂(social inclusion)と言います。5月末に先生に手本を書いてもらって、3時間ほどかけて練習した素人作品です。
となりの河合県議さんの作品は「古希」。“人生七十古来希なり”杜甫の「曲江」の一節にある言葉で、東浦町制70周年にちなんだのだそうです。

Dsc053591000

Dsc067591200

 

生路小学校では、土曜日の学校開放で、伊久智神社の神楽体験がありました。あいち文化遺産保存活用推進事業「伝統文化出張講座」の一環で、伊久智神社神楽保存会の皆さんが実演・指導をしてくれました。小学生のうちから多くの子どもたちが祭りに関わることによって、伝統文化の伝承の厚みが増すことを期待しています。

 Dsc06780800l75 Dsc06791800t

 

今年4月に開校したばかりの大府もちのき特別支援学校 に行ってきました。今日は運動会。昨夜の雷雨とはうって変わって、とても良い天気になりました。
新築の校舎では、豊明市、大府市、東海市、東浦町の小学部から高等部までの子どもたちが学んでいます。超マンモス校だった半田特別支援学校から分かれてきた子どもたちもたくさんいます。

 Dsc06794800 Dsc06795800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/27

ごみゼロ運動、書道練習、セントラル愛知交響楽団の活動紹介 など

今日は、ごみゼロの日
朝早くから近所のみなさんが、あちこちで清掃作業をしてくださっています。

Dsc_8330_800x600
こちらは、おばあさんが一人で道路の落葉を掻いていました。加勢に行って、集めた落葉をごみ袋に入れようとしたら、「これは道路の脇に寄せておくんだよ。そうすれば雨の時に路肩がコケないから。」とご指導。さすが生活の知恵です。

Dsc_8332_800x600

 

書道の練習をしました。例によってお粗末ながら、6月9日(土)~10日(日)に東浦町文化協会が主催する中央文化展に出品します。

「包」は、つつむ。「摂」は合わせて取り込むこと。「包摂」で包み込むの意です。
特に、福祉の分野では、社会的に弱い立場にある人々も含め市民ひとりひとりを、排除や摩擦、孤立から援護し、地域社会の一員として包み込み、支え合う考え方のことを社会的包摂(social inclusion)と言います。そんな思いを込めて書いたつもりです。
なお、「包摂」は、集合論では包含関係を表すときに使います。化学ではメタンハイドレートやヨウ素デンプン反応の生成物など、化学結合を有しないで分子の隙間に異分子を取り込んだような物質のことを包摂化合物(クラスレート)と呼びます。

Dsc_8341_1024x768
 

私は見に行けませんでしたが、図書館でオレンジカフェ「こころ屋」を開催しました。図書館とこころ屋のコラボは初めての試みです。図書館はオレンジカフェ(認知症予防や認知症相談の場となるカフェ)と親和性が高いと考えています。参加者の中には図書館が初めての方もいらっしゃったようです。気ままに過ごせる居場所が一つ増えたのなら嬉しいことです。

 

半田、阿久比、武豊、東浦の首長と教育長、文化担当者、県内の音大関係者などが招かれて、セントラル愛知交響楽団の音楽文化振興活動の紹介と演奏会、懇親会が開かれました。東浦町では、セントラル愛知交響楽団にお願いして、毎年各3中学校にローテーションで音楽の演奏と指導に入ってもらっています。半田市では“HANDA CITY × CENTRAL AICHI”と銘打って小学校向けアウトリーチ事業などさまざまな音楽振興活動をしています。

Centralaichiso_handa_20180527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/19

午後からおだい市&東浦セミナーを見に行きました。

東浦中学校の通称バナナコースの入り口の道路が、紫に染まっています。上を見ると、今年も桑の実がたわわに。手も舌も真紅になりますが、食べると、ワイルドな甘味が口の中に広がります。

 Dsc_8270_800x600 Dsc_8272_800x600

 
図書館のよむサポ会議に出席。お題は、今後のよむらびサポーターズのあり方についてと、よむらびフェスタの企画。図書館の開かずの階段をどう使うか?8月4日のよむらびフェスタおを楽しみに!

Dsc06232_640x480

 
午後から、勤労福祉会館で開催された「おだい市と東浦セミナー」を見に行きました。住民有志が運営するマーケットイベントで、今回が8回目になります。今回はマーケット、セミナー、飲食とも参加が増えました。町内の飲食店でキッチンカー(フードカート)を出したところもありました。出展者とコミュニケーションをしながら買い物をするのは楽しいものです。

 Dsc06249_640x480 Dsc06253_800x600_2
 Dsc06259_640x480 Dsc06255_800x600

 Dsc06238_800x601 Dsc06240_952x715
 Dsc06245_640x480 Dsc06262_640x480

 Dsc06233_640x480 Dsc06239_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/16

懐かしの歌声喫茶 in 文化センター のご案内

5月27日(日)13:30から、文化センターにて、懐かしの歌声喫茶が開店します。

「歌声喫茶」は昭和30年代当時、知らない者同士が集い、歌いあった、若者たちの心の安らぐ広場でした。
童謡から昭和歌謡まで、懐かしい昔の面影を忍び、生バンドの演奏をバックにみんなで懐かしの歌を熱唱しましょう。年齢性別問いません。初めての方も大歓迎です。

 ところ  文化センター ホール
 と き  5月27日(日) 13:30~15:30
 会費(運営費) 300円

昭和歌謡を楽しむ会(住民有志)の主催。
事前問い合わせが必要です。
問い合わせ先は下記のチラシを参照ください。(クリックで拡大)

Utagoekissa20180527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/06

第8回 おだい市&東浦セミナー のご案内

5月19日(土)10時~16時、東浦町勤労福祉会館にて、第8回目となる「おだい市&東浦セミナー」が開催されます!

Odaiichihigashiuraseminar20180519_2

生産者・製作者・サービスの提供者と住民・生活者が互いに顔の見える場を設けて、まちの元気につなげようと、皆さんの趣味、特技、想いを持ち寄って企画した、住民有志によるイベントです。

東浦セミナーとは・・・
教えたい人が教え、学びたい人が学ぶセミナー。講師がイベント価格で楽しく教えてくれます。行政や議員有志もセミナー枠をもらって出展します。東浦フィルハーモニー管弦楽団のミニコンサートもあります。

おだい市とは・・・
於大の方(家康のお母さん)の名前からとった、フリーマーケット。生産者や製作者の顔が見えるマルシェです。癒し系の出店者もいるので、こころと体を元気にする市場になるでしょう。食べ物の出店もあります。

最新情報は、https://www.facebook.com/odaiiti/をご覧ください。

Odaiichihigashiuraseminar20180519a1

Odaiichihigashiuraseminar20180519b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/08

於大公園では、新緑の中、スプリングコンサート。

今日は朝から、生路コミュニティの総会、ガールスカウト フライアップ式、大工さんなどの健康保険や労災を担っている建設組合連合の支部総会、ボーイスカウト第2団 入隊上進式に出席。
その合間に、於大公園このはな館で行われたスプリングコンサートを聴いてきました。ハーモニカ、オカリナ、ハープ、尺八などが登場。眩しい新緑とピンクの八重桜が背景です。

Dsc04421_1024x575

Dsc04434_800x600

Dsc04445_800x600

 Dsc04416_800x600 Dsc04464_800x600
 Dsc04472_800x600 Dsc04482_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧