音楽

2021/07/04

美術館、博物館をハシゴしました。

愛知県美術館で開催された「第77回現展 名古屋展」に行ってきました。現展では、作家の画歴・経歴を問わず、現代性に溢れた様々なジャンル、素材、表現方法を幅広く受け入れているそうです。
毎年、写真を出品されている町内の方が受賞されました。題材は鯉の乱舞と船上からの2020年の夜明け。夏目さん、田中さん、おめでとうございます。
交通事故の後遺症と戦いながら創作活動をされている水上卓哉さんの作品「希望の地球(ほし)」のモチーフは、大地から力強く沸き上がる熱湯と泥とガス。秋田の玉川温泉まで行ってきたのだそうです。「オパールのひみつ」と題した生きもの曼荼羅のような絵の中心で金色に輝くトグロはウッチーくんと呼ぶのだそうです。

Genten-nagoya-20210630

205400030_232164618544874_81992780109977
204601986_942166516347634_53613308699054208949895_396597745096596_52922582286350

 

名古屋市博物館で開催中の「ゲーセンミュージアムにも行ってきました。こちらは、めっちゃ懐かしいピンボールマシーンや、今やお宝モノではないかと思われる車やヘリコプターの操縦ゲーム、射撃やボーリングなど正真正銘のアナログメカから、インベーダーゲーム、ギャラクシアン、パックマンなどなど。入口の方で熱中していたら、閉館時間になってしまい、最新のeスポーツまで行き着けませんでした。

Gesenmuseum-20210601

20210703_153804800nnnn20210703_153858800pnnnn
20210703_154042800tnnnn20210703_154545800nnnn
20210703_154735800nnnn20210703_155822800tnnnn
20210703_161241800tpnnnn20210703_165709800tpnnnn
20210703_155902800tnnnn20210703_170231800pnnnn

 

3軒目は、松坂屋美術館の「びじゅチューン!EXPO ~ときめき立体ミュージアム~へ。世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介するNHK Eテレの人気番組「びじゅチューン!」の展覧会です。TV番組の世界観を大型立体模型や音と映像で楽しみます。何でも美術にこじつけてしまうセンスがすごいです。「曜変天目ディスコは♪~瑠璃色に輝いてる~♬」のメロディーが頭にこびりついてしまいました。

Bijutune-expo-20210626

1625375699280800tpnnnn20210703_175020800nnnn
1625375717791800tpnnnn1625375728966800tpnnnn
20210703_175626800nnnn20210703_175700800nnnn
20210703_180952800nnnn20210703_1816571200nnnn

 

もうすぐ夏休み。これから子どもも楽しめる展覧会が続きます。7月17日からは愛知県美術館で「ジブリの大博覧会」が始まります。名古屋市博物館の9月の企画展は「ムーミン コミックス展」です。

Ghibli-expo-20210717b

Koguma-shirokuma-20210722

Moomin-20210911

 

| | コメント (0)

2021/04/22

愛知県芸術文化推薦の文化賞を受賞された川口清三さんが役場にお越しくださいました。

木工芸家の川口清三さんが令和2年度愛知県芸術文化選奨の文化賞を受賞されました。
川口さんは現在は碧南市にお住まいですが、東浦中学校のご卒業です。東中では美術部と思いきや、陸上部の主将で長距離の選手だったのだそうです。当時の陸上部の顧問は、なんと前教育長の稲葉耕一先生でした。
大学で本格的に美術を学ばれ、現在は、刈谷市にある工房で創作活動をされています。作品展のために木の器をつくることもあれば、依頼されて木製の建具をつくることもあるそうです。川口さんは、文化賞の受賞について、津島市の小学校で木工のワークショップをするなど、教育に携わっていることも評価されたのではないかと仰っていました。川口さんは昨年春に紫綬褒章も受章されています。

Seizou-kawaguchi-20210421a1200tnnnnSeizou-kawaguchi-20210421b800tnnnn

今回の県芸術文化選奨では、西部中学校出身のピアニスト、務川慧悟さんも文化新人賞を受賞されました。おめでとうございます。

| | コメント (0)

2021/02/17

よむらびコンサート「夜の図書館でフルート四重奏による優美なひとときを♪」のご案内

久し振りに“よむらびコンサート”を開催します。今回はフルート4重奏。夜の図書館で優雅な一時を楽しんでいただきます。

開催場所: 中央図書館
開催日時: 2月27日(土)閉館後19時から1時間程度

定員50名で、先着順事前申込制です。
2月19日(金)9時から2月26日(金)まで図書館にて受付後、整理券を配布します。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/event/yotei/6878.html をご覧ください。

演奏者は、
Flute Quartetto Calm (フルート カルテット カルム)です。
知多半島在住のメンバーで結成され、「プロ」の演奏を身近に感じ、楽しんでもらえる様、フルートだけでなく、ピッコロ、アルトフルート、インディアンフルートを交え、幅広いジャンルの音楽演奏をしています。2017年、2019年に知多半島春の国際音楽祭で全7公演、2018年知多市主催の第40回ミニ・コンサートを開催し、好評を博しました。

演奏予定の演目は、
・フィガロの結婚より「序曲」
・四季の詩情
・アメージング・グレース
・世界でねこふんじゃった 他です。

Yomurabiconcert20210227

 

よむらびコンサートのお知らせのついでに図書館から。以下は1月に撮った図書館の様子です。

先月は、図書館に入ると正面に、東浦出身のミステリー作家 越尾圭さんの作品紹介がありました。デビュー作の「クサリヘビ殺人事件」は私も読みました。これはオススメです。最新作の「謎解き配信」も楽しみです。

        Dsc079471200tpnnn

 
書籍の除菌装置が入りました。感染が心配な方はお使いください。同時に6冊まで除菌できます。

         Dsc07950800tpnnn

 
冬はあたたかい温泉で暖まりたいですね。干支にちなんで動物たちの登場する絵本もあります。

Dsc079531200tpnnnDsc079541200pnnn

 
読書通帳をお配りしています。よかったら使ってください。貯金通帳のように借りた本を記録できます。

         Dsc079491200tpnnn

 
2階の書架には、新刊本が入っています。お仕事小説特集は「動物と関わる人々」がテーマです。

Dsc079591200tpnnnDsc079571200tpnnn

 
大会議室入口の廊下には、司書のオススメ本「司書たちの本棚」があります。ぜひ、読んでみてください。
ほぼ1ヶ月に1回くらいで更新されると思います。

         Dsc079611200pnnn

 
今年は中央図書館開館30周年。古くなった1階の視聴覚コーナーとブラウジングコーナーを改装して、デザインを一新しようと考えています。お楽しみに。

| | コメント (0)

2020/12/10

「東フィル!」クリスマスコンサートのご案内

東浦フィルハーモニー管弦楽団の年末コンサートがあるそうです。

場所は文化センター、12月13日(日)14時から15時30分の予定です。

コロナ禍の中ですので、感染防止対策をとっての開催だそうです。マスク着用、検温、手指消毒、対人距離の確保など、ご協力をお願いします。

128658049_1488545821536340_5240515761375

| | コメント (0)

2020/10/18

第13回おだい市&東浦セミナー のご案内

第13回おだい市&東浦セミナーが11月1日(日)、勤労福祉会館で開催されます。
5月に予定していましたが、感染症拡大防止のため残念ながら中止に。そのときの出店予定者に声を掛けて開催の運びとなったそうです。
出店やセミナーの内容については、下記FBで逐次、情報発信があると思います。お楽しみに。

Odaiichihigashiuraseminar20201101fb

 

| | コメント (0)

2020/10/10

名古屋市芸術創造センター公演 創作舞踏劇「名古屋城天守物語」のご案内

狂言など伝統芸能に造詣のある友人から創作舞踏劇「名古屋城天守物語」の案内をいただきました。その案内にとても熱が籠もっていたので、友人からの案内の抜粋を添えてご紹介します。

この公演は名古屋で活躍する日本舞踊の各流派と和の音楽の各流派が参画して、名古屋城を舞台に書き下ろしの脚本、新作の音楽の演奏で行われます。先日、主宰の五條園美さんから伺うと、名古屋の日本舞踊各流派が結集して、新しい創造の場を作りたかったということでした。
結集、創造、しかもバレエの人も加わり和洋のコラボも目指す冒険ぶりです。冒険といえば、音楽を新作で、生演奏を揃えるというのも見もの、いえ聴きものです。箏曲正弦社の野村家元、長唄の杵屋三太郎、常磐津の常磐津綱男師匠の新作揃い踏み、さらに尺八、鳴り物も。
多くのアーティストの情熱が、名古屋城を舞台にした物語にどう結実するか、とても期待が持てます。ご覧になって、きっとお楽しみいただけると思います。出演者の皆さんの総力でのPRで、土曜日昼席は満席、日曜日昼席もかなり埋まっています。しかし、金、土、日の夜席は、まだかなりお席があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 <公演日程>
 12月11日(金) 18:30開演 (公開ゲネプロ)
 12月12日(土) 13:00/17:00開演
 12月13日(日) 13:00/17:00開演
 A席5,000円、B席4,500円

120791147_2733527630308563_7997424993949
120726360_344645903522830_77188118022706

 

| | コメント (0)

2020/10/02

昨晩は中秋の名月

毎年恒例行事の善導寺お月見コンサートが行われました。尺八と琴の演奏やジャズの演奏もありました。石段を登った高台の上の寺からは眼下の緒川の街と、境川を隔てた刈谷の街を一望できます。そこから満月がゆっくり昇り、寺の山門兼鐘楼に隠れてまた屋根の上から現れます。この光景は毎年見ても見飽きないし、密にならない程度のこのにぎわいも心地良いです。竹灯篭の演出も今では欠かせません。

Dsc03890800pnnnDsc03843800nnn
        Dsc03832800nnn
Dsc03850800nnnDsc03880800pnnn
        Dsc03825800pnnn
        Dsc03857800pnnn
        Dsc03852800nnn

| | コメント (0)

2020/08/16

文化センターで収録した無観客演奏を動画で視聴することができます。

8月4日に東浦町の文化センターで収録した無観客演奏と、このはな館でのトークの映像がYouTubeで公開されています。

東浦町出身でドイツに渡りバイオリニストとして活躍している長坂沙織さんが、日本在住の演奏家と一緒にYouTubeにてリモート動画配信している「リモ演チャンネル」のメンバー(ピアノ 吉岡由衣さん、バイオリン 渡邊響子さん)と文化センターで収録を行い、素敵な音色を届けてくれました。

ふだんはトリオでリモート演奏をしている仲間が、東浦町に集合。リアル演奏をしました。

東浦町のホームページにもアップさせていただきました。
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/event/10318.html

 

於大公園このはな館に場所を移して収録したトーク映像はこちらです。3人の演奏者の自己紹介、出会い、リモート演奏を始めたきっかけなどを、緑に囲まれたロケーションで語ります。

 

演奏してくださった3人の演奏家のみなさんは、以前から、互いに離れた場所で演奏を収録して、それをあたかも同じ場所で演奏したように編集したものを「リモ演チャンネル」として、ネットに公開しています。これをシリーズでまとめたサイトをご紹介します。

https://www.youtube.com/channel/UCMx0byVpkWtAfHmZVSWp7EQ

Remoteperformancechannel20200810

 

| | コメント (1)

2020/08/04

文化センターで無観客コンサートの収録

東浦町出身で単身ドイツに渡りヨーロッパでバイオリニストとして活躍している長坂沙織さんが、デュッセルドルフ市の交響楽団に所属しているご主人のペーターさんと、もうすぐ1歳になるご息女を連れて帰国中です。
以前も、帰国した際にこのはな館図書館でコンサートをしていただいたことがあります。しかし、残念ながら今は新型コロナのおかげでコンサートを開けません。

今日は、沙織さんがヨーロッパで知り合った友人でいま日本に住んでいる3人の演奏家と一緒に無観客コンサートを録画しました。3人の方たちは関東から駆けつけてくださって、女性2人はピアノとバイオリン、もう一人の男性は声楽家なのですが今日は録音&撮影の技術さん役です。

曲目は「となりのトトロ」。3人で「もうちょっとこんな風に弾いてみたら・・・そうそうOK・・・」みたいな会話をしながら、納得のいく演奏にしていくプロセスです。たまに後ろの方からペーターさんが舞台監督のように声を掛けます。午後からは、於大公園のこのはな館に場所を移して演奏家たちのトークを収録します。

Dsc017171000nnn
Dsc017031000pnnn

 
こんな感じで収録した演奏&トークを、東浦の皆さんが見られるようにネットで公開する予定です。

この演奏メンバーはお互いに離れたところに住んでいて、コンサートも開けない状況の中で、世界を股に掛けたリモート演奏を使った三重奏を収録してYouTubeで公開しています。
「コロナで演奏できない」じゃなくて。それぞれがメトロノームでテンポを合わせて、別々に収録したデータを編集して三重奏に仕上げる。ネットでつながっているからこそできるチャレンジですね。






 

| | コメント (1)

2020/02/01

於大公園の使い方を考えるワークショップ、「麗しの於大様」新曲踊り発表会 など

於大公園の使い方を考えるワークショップ(令和元年度第4回)を開催しました。
これまでの3回のワークショップの中で出てきたアイディアの1つが「於大公園に泊まろう!」です。ワークショップのメンバーがスタッフとなって何回も集まって企画をして11月末に実現しました。野外音楽フェスと一泊キャンプに、サイエンスセミナー、天体観測、キャンプファイヤーなどを盛り込んだ企画は大成功でした。48張りのテント持参で参加したのは177名。身近な公園で泊まってみようというニーズがこんなにあったのは意外でした。これは公園管理者の発想では出てきません。ワークショップのメンバーの皆さんに心から感謝したいと思います。
こんなことをやってみたいという希望があっても、仲間がいなかったり、場所が無かったり、やり方がわからなかったり・・・。公園をそんな「やってみたい」を叶える場所にできたら・・・。公園を使ってコトを実現する仕組みや組織を、公園を利用する住民の皆さんと一緒に構築できないものかと思います。

 Dsc08239900nnDsc08245900pnn
 Dsc08247800nn84523632_3603360126373103_46314014172596

 

東浦の新しい踊りが出来ました。東浦音頭・小唄踊り保存会主催の「麗しの於大様」新曲踊り発表会が文化センターで開かれました。
以前から初代保存会会長の故梶川武さんが残した詩があって、それに曲と振りを付けて、東浦音頭、東浦小唄に続く新しい踊りを創ろうという想いを前会長の故清水香都江さんは長い間抱き続けていました。その清水さんが亡くなられてからちょうど3年、残された詩をもとに川谷吉和さんが作曲し、保存会の皆さんが振付けをし、「麗しの於大様」が完成しました。
今日は梶川さんと清水さんの遺族、作曲者、歌手をはじめ多くの関係者をお招きして踊りが披露されました。最後は、会場の出席者全員で新作の踊り初めをしました。
作詞、構想、コーディネート、作曲、振付け、録音など、本当に多くの方々が関わることによって完成した自信作です。みんなで覚えて、末永く受け継いでいきたいと思います。

 Dsc082631000tpnnDsc08267800tnn
84171509_2479800732149281_31666145719893Uruwashino-odaisama-lyrics

ところで、緒川の大黒屋さんが、餡入りの手鞠に卯の花をあしらった同名の和菓子を今日から新発売。麗しの於大さまをイメージして作りました。1個250円だそうです。

          Dsc08257800pnn

 

東浦町商工会が大府商工会議所と合同で、2月1日(土)・2日(日)、イオンモール東浦 セントラルコートにて、逸品展示会を開催しています。
東浦と大府から自慢のお店がブースを構えています。もちろん知っているお店はあるし、また、こんなお店があるんだという発見があるかも知れません。皆さん、元気に宣伝をされていました。

 Dsc08274800pnnDsc08277800pnn
 Dsc08278800pnnDsc08291800nn
 Dsc08281800tpnnDsc08288800pnn
 Dsc08283800nnDsc08285800nn
         Dsc08289800nn

| | コメント (2)

より以前の記事一覧