携帯・デジカメ

2019/06/30

蛍が乱舞

5月下旬に町内で撮ったヒメボタルの写真です。幻想的ですね。動きを感じます。

私ではなくて、撮影した方からいただいた写真です。マニュアル撮影のできるコンパクトデジカメで20分から1時間連続撮影をして(開放ではありません)、それを比較明合成したものだそうです。最近のカメラにはそんな機能を内蔵したものがあります。

今年も町内のあちらこちらでヒメボタルを見ることができました。おもしろいことに、その日によって盛大だったり少ししか見られなかったりコンディションが異なります。これもホタル観察の楽しみではないでしょうか。さて、来年はどんな出会いがあるでしょうか。

Himebotaru2019b
Himebotaru2019a
Himebotaru2019c

| | コメント (0)

2019/06/17

久屋大通公園が再整備中

久し振りに久屋大通を歩いて、テレビ塔南側の公園がないことに気づきました。モチノキ広場辺りも地上の構造物が撤去され、表土が見える状態になっています。さてどんな公園にリニューアルされるのでしょうか。

名古屋市は、Park-PFI制度を使って久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の整備および管理運営を行う事業者の公募、選定を行ってきました。名古屋市の計画によれば、せせらぎのあったところはテレビ塔を映し出す水盤に変わり、物販・飲食の店舗もできるようです。大通の歩行者と公園利用者が一体になるような空間づくりをして、単なる巨大な中央分離帯としてではなく公園本来のにぎわいと交流を創り出そうとしています。詳しくは、以下をご覧ください。

 久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)整備運営事業提案の選定結果

 久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)整備運営事業 計画概要

 久屋大通公園で全国初の「Park-PFI制度」による再開発計画が始動!公園全体はこう変わる!!(テレビ塔エリア編)

Dsc009341000nn


これを撮った直後に、不覚にもカメラを地面に落としてしまい、カメラはオシャカ。周りのビルが意地悪っぽく尖って写るようになってしまいました。
あ~ぁ。小デジは壊れやすいとは言え、新しいのを買ってからまだ1年経っていません。

 Dsc00936800nn Dsc00940800nn

| | コメント (0)

2019/05/14

認知症VR体験会に出席しました。

社会福祉協議会が主催した認知症VR体験会に出席しました。認知症の症状をバーチャルリアリティを使って疑似体験し、認知症や認知症の人の気持ちや行動について理解を深める試みです。
認知症の人の表面的な行動として「徘徊」「帰宅願望」「入浴拒否」などが知られています。これらの行動は「認知症だから起こすもの」と思われがちですが、実は「認知症だから」ではなく、混乱する環境下で誰もが起こしがちな行動であると理解することができます。

認知症には、物忘れ、人の顔がわからない、時間や場所がわからない、幻視を見るなどの中核症状と、いわゆる周辺症状と言われるBPSD(行動・心理症状)があります。BPSDは、認知症本来の中核症状によって引き起こされる二次的な心理状態や行動パターンであると考えられます。中核症状によって認知症の人がどんな心理状態に置かれるのか、経験の無い人にとって共感することはできません。「VR認知症」は、認知症ではない人が、バーチャルリアリティの技術を活用し、認知症の中核症状を体験するものです。これによって、BPSDが如何にして起こるのかを、自身で体験し、認知症の人の行動について理解を深めることが期待できます。

     Dsc099111200tp2n
     Dsc099131200tpn

きょうは、認知症施策を議論する会議のメンバーや認知症対応の専門職、役場や包括支援センターの職員、認知症啓発ボランティアのメンバーなど50人ほどが参加し、空間認識の機能不全で車から降りられなくなるシーン、電車の中で自分の降りる駅を忘れて不安になるシーン、レビー小体病で幻視が頻繁に現れるシーンの3つのコンテンツを体験しました。認知症の人がなぜ不可解な行動をとるかが少しわかった気がしました。

     60514375_441470526616524_221335379618719
     Dsc09923800tpn

| | コメント (0)

2019/01/11

これは何でしょう・・・まるでバラの花びら

これは何でしょう?

Dsc02519800n

正月の雑煮に入れたもち菜の根元の部分です。残菜なのですが、何かの花びらのように見えませんか?

画像処理で着色してやると、まるで「青いバラ」です。

Dsc02519800ppn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/26

「東浦町景観コンテスト」の作品を募集します。

Slider_h30keikancontest

東浦町では、まちの持つ自然、歴史や文化などの魅力を活かした、景観まちづくりを目指しています。
昨年度は、「私の好きな東浦≪明徳寺川周辺の好きな場所≫」をテーマとして絵画コンテストを行い、139点の応募がありました。
今年度も引き続き、東浦町景観コンテストを開催します。自分たちのまちの残したい場所に気付き、それを守り、活かし、創ることによって、東浦でありつづけられます。そこで、ふと気付いた、身近な≪残したイイひがしうら≫を子供から大人まで、「絵画&写真」を通して、まちで共有したいため、≪残したイイひがしうら≫をテーマとします。さまざまな視点からの「絵画&写真」の応募をお待ちしております。

 テーマ: 残したイイひがしうら

 募集作品: 絵画または携帯などで気軽に撮った写真

 審査の視点:
   以下の審査の視点がよく表現されているかどうかを選定のポイントとします。
   ・地形と場所の良さがわかるもの
   ・今後も保全され、「ほっとする」と感じさせるもの
   ・気付きを誘発し、価値観の共有や共感を感じさせるもの

 応募資格: 東浦町内外、どなたでも参加できます。

 応募期間: 平成30年8月1日(水曜日)から平成30年9月3日(月曜日)まで
   絵画を持参および写真の応募の場合は、当日提出受付まで有効。
   絵画を送付する応募の場合は、当日消印まで有効。

 審査結果等: 平成30年10月中に表彰者を対象に通知します。
   表彰式および作品の展示は、平成30年11月にイオンモール東浦にて行う予定。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshikeikaku/toshikeikaku/gyomu/matinoe/6534.htmlをご覧ください。

Keikan_contest20180801a

Keikan_contest20180801b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

自戒を込めて

たしかに!!

 スマホで失うもの。
  睡眠時間
  体力
  学力...
  視力
  脳機能
  コミュニケーション能力

Dsc_5256
 お医者さんの待合室に貼ってありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/01

今日から、う・ら・ら のバスロケーションシステムが使えます。

Buslocationsystem20170301

 

バスロケーションシステムで、バスの位置情報をリアルタイムに確認!

 ■ バスロケーションシステムとは?
バスの現在地や運行状況などをWEBサイトや電光掲示板でお知らせするものです。

 ■ 利用法は?
バス停に貼ってあるQRコードを携帯電話やスマートフォンで読み取り、WEBサイトにアクセスします。町のホームページからもアクセスできるため、QRコードがなくても自宅のパソコンから確認することもできます。一部のバス停には電光掲示板も設置されているため、携帯電話などを持たない方でも運行状況を確認することができます。
う・ら・らの全停留所の運行情報はこちらのサイトで見ることができます。

http://busget-city.jp/c/f/index?sid=2

 ■ 電光掲示板が設置されているバス停は?
げんきの郷、緒川駅東口、イオン東浦、東浦町役場、新田分団詰所、アイプラ前、東浦駅、刈谷豊田総合病院、刈谷駅南口 です。
※刈谷豊田総合病院と刈谷駅南口は、刈谷市の設置で4月1日から運用開始します。

 

バスを待っていると、はたしてバスはこれから来るんだろうか? 行ってしまったんじゃないか? 運行状況はどうなってるんだろう? と不安になることはありませんか?
バスロケーションシステムは、バスの運行状況を表示して、そんな不安を解消します!
バスの運行状況は、一部の停留所に設置された電光掲示板、それから、みなさんのスマートフォン、パソコン、携帯電話でご覧になれるウェブサイトで、確認することができます。
 

さっそく、停留所で試してみましょう。

 ①停留所名の看板と時刻表の間に停留所のQRコードがあります。Dsc00817_1280x1258
 ②スマートフォンのカメラでこのQRコードを取り込んで、WEBサイトにアクセスしてみると、こんな画面が出てきます。
 Dsc00832_962x1280 Dsc00839_960x1280

 ③ちょうどタイミングよくバスが近づいてきました。
 

全路線の運行状況を確認するときは、東浦町バスロケーションシステムのウェブサイト(トップ画面)をご覧ください。

 ①アクセスすると次のようなトップ画面が出ます。Urara_bls_20170301b_821x615_2
 ②“運行情報”をクリックし、路線を選択すると、バスが今どこを走っているかが表示されます。Urara_bls_20170301a_853x638

 ③この他にも、バスの現在位置を示す地図や、各バス停の時刻表を表示することもできます。
 

停留所によっては、電光掲示板が設置されていて、路線上のバスの位置をリアルタイムで見ることができます。

 ○写真は、役場の停留所です。

Dsc00812_1280x960_2

Dsc00804_800x600_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017/02/10

新しいカメラを買いました。

今度も小デジです。26,600円也。40倍ズームにしてもきれいに写ります。以前のものはズームアップするとボケたりピントが合わなかったりしました。

P1280954_800x600

前のカメラは壊れて動かなくなったわけではありませんが、長年の使用で、飛蚊症のように内部にホコリが写り込むようになったり、光軸がずれてきたりしたので、思い切って替えました。

さすが新しいのはスグレモノです。(私が知らなかっただけかもしれません。)たとえば暗い中での撮影。「プレミアムおまかせオート」にすると、いきなり4連写。光学測定機器などには昔から使われている技術ですが、同じ画像を何枚も重ね撮りし、積算することによって、ノイズからシグナルを分離します。於大公園の同じ場所で夜景を撮ったものですが、左が通常の「おまかせオート」、右が「プレミアムおまかせオート」。スゴイでしょう! まるで昼間のようです。

 Dsc00086_800x600 Dsc00087_800x600
    おまかせオート                    プレミアムおまかせオート

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/21

NEXTひがしうら~中高生まち歩きプロジェクト最終回

中高生まち歩きプロジェクト3回目の発表会でした。
まちの魅力を見つけてそれをアピールするのがお題です。2回目は実際にコースを決めてまち歩きをしました。スマホアプリに歩いたルート、画像とメッセージが記録されています。ユカタで歩いた人たちもいます。
グループ別にまち歩きの発表をした後で、どうしたらもっと魅力あるまちにできるか意見を出し合いました。市街地に緑の多いまちという意見もありました。町内にレアポケモンの出現スポットをたくさん作れば、みんなが外出するようになり、ひいては健康なまちづくりにつながるというアイディアや、まちじゅうで鬼ごっこや”逃走中”や水鉄砲合戦をやってみたいという意見もでました。
学校のテストと違って、まちづくりに正解はありません。いろんなアイディアがあるでしょうし、結果が出るまで時間がかかります。でも、自分たちのまちの事に関心を持って、どうしたらもっとよくなるか考えて、考えたことを行動に移す人が世代を問わずたくさんいるまちは、必ず良いまちになると思います。
話しかけると小気味の良いリアクションが返ってきます。「打てば響く」中学生たちです。如何にアイディアを引き出すか、ファシリテーションの大切さを改めて感じました。
きょうのワークショップの様子は、知多メディアスで放送される予定です。

 P1250008_800x600 P1240992_800x600
 P1240999_800x600 P1250004_800x600
P1250025_800x600

 

きょうは、東浦ミュージックフェスティバルもありました。小中学生から大人まで、9つのバンドが持ち時間25分の演奏をしました。役場の4人組YAKUBA BANDも出ましたが、見られなくて残念。
最後は、東浦未来役の声優 小坂井祐莉絵さんも加わってフィナーレでした。小坂井さんは中学の頃、ミュージックフェスティバルに出てキーボードを弾いていたことがあるのだそうです。

 P1240982_800x600 P1250035_800x600
 P1250041_800x600 P1250050_800x600
P1250052_1024x474

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/10

役場内でFree Wi-Fi(無料公衆無線LAN)が使えます。

役場を訪れる方の利便性向上や役場からの情報発信の向上につなげるため、Free Wi-Fiの運用を始めました。
Wi-Fiに接続できる機器(スマートフォン・タブレット・パソコン等)があれば、誰でも無料でご利用いただけます。利用者登録にはメールアドレスが必要です。

このマークがFree Wi-Fiの目印です。

ワイファイロゴ

最大利用時間 : 1日あたり60分まで(最大30分×2回)
利用可能な範囲 : 役場本庁舎1階から3階、南庁舎1階。範囲はおおよその目安です。

使い方や利用可能なエリアなど、詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/johosuishin/gyomu/freeWiFi/1466820063540.html
をご覧ください。

この他に、
大規模災害時における複数の通信手段確保の一環として、通信事業者の協力を得て、役場庁舎ロビーと各地区コミュニティセンター内に、災害時用Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイントを設置してあります。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/johosuishin/gyomu/bosai/1452567487836.html

また、知多メディアスネットワーク㈱などCNCIグループのケーブルインターネット加入者に限り、大規模災害の発生していない平常時でも利用できるアクセスポイントがあります。
http://cablewifi.cnci.jp/top/conect/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)