携帯・デジカメ

2022/09/16

議会総務委員会がありました。

9月定例議会の総務委員会が開かれました。
一般会計決算の質疑の中で、フィックスマイストリートの通報件数の推移についての質問がありました。フィックスマイストリートとは、住民がスマホなどを使って町内の問題箇所を画像と位置情報にコメントを付けて、リアルタイムで通報するシステムです。はじめは道路の傷みなど、土木関係の修繕箇所を迅速に把握する目的で導入したのですが、今では交通安全や防犯、環境衛生などにも分野を拡げ、公聴の手段の一つとして運用しています。
町のホームページに出ている年間利用状況の報告を見ると、全155件の通報のうち、休日の通報か50件、平日の時間外の通報が42件で、合わせて92件(約59%)が役場の開庁時間外の通報であることから、問題を発見した時点で迅速、手軽に通報可能なツールとなっていることがわかります。
カテゴリー別では、道路99件(64%)、防犯灯・カーブミラー29件(19%)、水路11件(7%)、公園11件(7%)、動物死体処理3件(2%)、ごみステーション2件(1%)でした。ここ数年の通報件数は、着実に増加しており、公聴ツールの一つとして利用が拡大しています。

Fixmystreet-reports2022kessan

 

広報・広聴のツールとしては、近年、全国や県の広報コンクールで受賞するなど、広報紙の充実が挙げられます。
町のホームページについても、平成27年度のリニューアル以来、広報コンクールで評価され、近年、アクセス数が急増してきました。ホームページに加えて数年前にfacebookも始めましたが、次第に利用が減ってきたため、令和元年度からTwitterを導入し、facebookは令和3年度にクローズしました。また、令和3年度末にプッシュ型のSNSとしてLINEを導入し、防災情報や「う・ら・ら」の運行情報などを配信しています。

Hp-sns-access2022kessan

 

| | コメント (0)

2022/09/12

十六夜

昨晩撮った写真です。一昨日が満月だったので満月の次の晩です。先月から使い始めたミラーレス一眼で撮った十六夜の月です。シャッタースピードをうんと速くしてみました。以前使っていたコンパクトデジカメでは月の模様まで写すことは出来ませんでした。
輪郭が円ではなくてゴツゴツしているのはクレーターなのですね。

Dsc01406-1200tp

 
いつも使っていたコンパクトデジカメが壊れたので、買い換えようと思ったのですが、半導体不足で店に現品がありません。そこで、店に置いてあった小さめのミラーレス一眼をとうとう買ってしまいました。きれいに見えるのはそのせい?なら満足ですが。
でも、振り返って、月は撮れないけど、毎日使い倒すとすぐに壊れるけど、あのコンパクトデジカメの驚異的なズーム倍率など、小さなボディに秘められた使い勝手の良さに改めて感心しています。

| | コメント (0)

2022/09/10

午後から若者会議で、各チームの発表を聴きました。

東浦在住の方が白沢グランドの近くでやっているブルベリー農園にポタリングしてきました。ブルベリーの時期はもう終わりましたが、いまは斜面に植えた百日紅が満開。テントサイトの合間には姫リンゴの木が植えてあります。やがて大きくなってあちこちに木陰が出来るようになるのでしょう。今日と明日は、朝からキッチンカーや物販のテントが出てマーケットをやっています。池の畔のステージではコンサートが。キャンプしながら野外コンサートも考えているそうです。

Dsc01156-900Dsc01154-900tp
Dsc01158-900tDsc01153-900p
Dsc01163-900Dsc01168-900p

 

午後から、イオンホールで開催された若者会議に出席しました。きょうは全5回開催の最終日です。途中で加わったイオンチームを含めた4チームの発表があります。若者会議は、若者の意見を聴くだけではなくて、若者が実際にやってみたいことを企画して、その実現までをめざします。
各チームのテーマは、「東浦の巨峰を食べてもらおう大作戦」「YOHUGASHIURA IN 2023・・・公園でキャンプしよう」「じぇじぇじぇ!あきちゃんがアイドルに!?・・・若者による町の情報発信」「日本最大のプロギング大会 in 東浦」でした。どれも実現可能な企画で、具体的な段取りまで言及したものもありました。もう少し、そもそものコンセプト、目的、動機の部分を深めるとよりしっかりした企画になるのではと思いました。イオンのマネージャーからは、「地域の人や施設も巻き込んでは」「生産者とともに取り組めたら」「大学の部活などともコラボできるのでは」などのアドバイスをいただきました。
参加者からは、「同年代でディスカッションができて楽しかった」「自分の成長に結びついた」などの感想をもらいました。行政の仕事に関心を持つ若者もいます。さあ、企画のこれからの展開が楽しみです。

Dsc01177-900pDsc01184-900
Dsc01187-900Dsc01192-900
   Dsc01198-900

 

そのあと、文化センターで開催中の昴会展へ。以前、文化協会会長をされていた洋画家の野村卯さんとそのお弟子さんの絵画展です。野村さんの「寂照」と題した暖かな日差しを感じる絵が正面に掲げてありました。展覧会の作品集を http://asn55.com/subaru/subaru2022/ のSlide Showで見ることが出来ます。

       Dsc01208-900

 

| | コメント (0)

2022/08/19

今年も開催! スマホ教室 のご案内

デジタル活用に不安のある高齢者等の皆さんに向けて、スマホ教室を開催します。町内6地区で開催します。

<基礎コース>
 ・電源の入れ方
 ・ボタン操作
 ・電話のかけ方
 ・カメラの使い方
 ・インターネットにつないでみよう など

<応用コース>
 ・アプリって?(インストール方法、簡単なアプリを使ってみよう)
 ・安心安全なスマートフォンの利用方法
 ・マイナンバーカードの申請

対象者:
スマートフォンの操作に自信がない方、スマートフォンを使用してみたい方など

定員:
各コース6名(先着申込順)

申込みは8月23日(火)から

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/dxsuishin/dxsuishin/gyomu/shomeisho_1/12302.html をご覧ください。

Smartphone-kyoushitsu20220912

 

| | コメント (0)

2022/08/17

令和4年度 東浦町景観コンテスト のご案内

今年度の東浦町景観コンテストは、『絵画、写真、Twitter部門』に加え、新たな試みとして、番外編『景観まちづくり取り組み部門』を募集します。たくさんのご応募をお待ちしています。

 
『絵画、写真、Twitter部門』では、あなただけのお気に入り・秘密にしたいような場所を大募集します。

東浦町全域で、あなたのとっておきの場所はありませんか。身近なまちの一角の、何だかほっとする自分だけの休憩スポットや、帰り道で見つけた誰も知らなさそうな美しい景色、町内の誰もが知っている場所(於大公園や明徳寺川等)だけど特にあなただけの居心地がいい場所など、マニアックでもあなたが好きだと思うものを作品にしてご応募ください。あなただけの視点で見つけた素敵な1枚をお待ちしています。

平成27年度から令和元年度までの受賞作品を掲載したマップ付き冊子『うらうらさんぽ』もチェックしてね。

テーマは、「わたしの秘密の場所 ひがしうら」です。

応募期間
 令和4年11月30日(水)まで

応募資格
 東浦町の内外を問わずどなたでも参加できます。

以下の点がよく表現されているかを審査のポイントとします。
 1.「わたしの秘密の場所 ひがしうら」が伝わるもの
 2.人々の営みを感じさせるもの
 3.東浦を訪れる人を魅了するもの
 4.ひがしうららしさを感じさせるもの

絵画部門、写真部門、Twitter部門のそれぞれに賞を用意しています。
審査結果は、令和5年1月頃に受賞者へ通知します。

詳細は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshikeikaku/toshikeikaku/gyomu/keikan/matinoe/12202.html をご覧ください。

Keikan-contest20220801a
Keikan-contest20220801b

 

『景観まちづくり取り組み部門』は、良好な景観を生み出し東浦町の景観まちづくりに寄与した活動や建築事例等を選定・表彰することにより、より良い景観形成を目指すこと及び住民の皆さまに景観まちづくりへの関心をもっていただくことを目的とし、今年度新設した部門です。

規模に関わらず、どんな小さな取り組みでも応募対象となるため、お気軽にご応募ください。

応募対象となる取り組みは、平成28年度から応募期間終了までの間、東浦町において、景観まちづくりに以下の点で少しでも寄与したと考えられるもの。
 (1)良好な景観を生み出したもの
 (2)人々の景観への意識・関心の高揚につながったもの
 (3)身近だが東浦町の景観まちづくりに寄与したもの

例として、以下のような取り組みが考えられます。
 ・空間: 建築物、工作物及び外構等の新築や改修等
 ・活動: まち歩き、ワークショップ、イベント、花植え、ごみ拾い等

応募期間
 令和4年11月30日(水)まで

応募資格
 前項の取り組みを行った個人、まちづくり組織、市民団体、民間企業・コンサルタント等で、自薦・他薦を問いません。

応募方法
 「応募用紙」および「取り組み内容がわかる写真等の資料」を下記問い合わせ先へ提出してください。
 提出は、メール、郵送または窓口までご持参のいずれでも結構です。

空間および活動のそれぞれに賞を用意しています。
審査結果等は、令和5年1月頃に受賞者へ通知します。

詳細は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshikeikaku/toshikeikaku/gyomu/keikan/matinoe/12202.html をご覧ください。

Keikan-contest-bangai20220801a
Keikan-contest-bangai20220801b

 

| | コメント (0)

2022/06/14

「夏のDigi田甲子園」に出場することになりました。

国は、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、世界とつながる「デジタル田園都市国家構想」を掲げています。この一環として、本構想の実現に向けた地域の取組を広く募集し、特に優れたものを表彰する「令和4年度 夏のDigi田甲子園」を開催します。
愛知県では、県内市町村から応募のあった11件の取組を、有識者等による選考会にて審査した結果、東浦町を含む以下の4件の取組が国に推薦されることが決定しました。
全国の本選では、各取組ごとに1分間程度のプレゼン動画を作り、国民によるインターネット投票を経て、有識者による委員会の審査で受賞取組が決定されます。

 

区 分

市町村名

取組名称

実装部門

指定都市・中核市・施行時特例市

名古屋市

AIを活用した地域防犯パトロール活動の活性化[PDFファイル/873KB]

上記を除く市

西尾市

LINE連携によるオンライン申請サービスへの取組[PDFファイル/653KB]

町村

東浦町

もりもり筋活&こつこつ骨活「骨折予防プロジェクト!」[PDFファイル/361KB]

アイデア部門

豊田市

救急活動のDXで市民サービスを向上[PDFファイル/404KB]

 

東浦町では、国保データベースを活用した医療費の把握電子@連絡帳「おだいちゃんネットワーク」を活用した専門職間での介護対象者の医療・福祉・生活情報の共有、各種メディアを使った「東うらうら体操」のPR動画による普及やweb選手権の開催、骨を強くするレシピコンテストなどを通じて、誰でも楽しみながら骨づくりをする「骨折予防プロジェクト」を大学、民間、農商工振興など行政の他部門と連携しながら進めてきました。特段デジタル活用にこだわってきたわけではありませんが、今回、優れた取り組みとして推薦されたことを契機に、さらに充実した展開に努めていきたいと思います。
夏のDigi田甲子園、がんばります!

Kossetsuyobouproject-digidenkoushien2022

 

| | コメント (0)

2022/05/31

Code for ・・・

新型コロナウイルス感染症対策サイトをご存じでしょうか。ICTを世の中に役立てようと活動するプログラマーなどのボランティアが集うcode for tokyo が東京都の要請を受けて感染症のまん延状況を、だれでも分かりやすく見られるように表示するアプリです。愛知県ではcode for nagoya がオリジナルを元に地元バージョンを運用しています。私も新型コロナウイルスの感染状況をつかむのに重宝しています。

土地スカウターは、code for nagoyaが豊橋市のデータをもらって開発した防災情報マップです。google map上の地点をクリックするとその地点の防災関連情報が表示されます。利用方法はこちらです。

先週の土曜日には、「みんなのれいぞうこ」ハッカソン というみんなでアイディアを出し合ってアプリを開発するイベントがあったようです。

| | コメント (0)

2022/03/24

東浦町の情報をLINEで発信します。

3月からコミュニケーションアプリ「LINE」を使った東浦町の情報発信が始まりました。ぜひ友達登録をお願いします。

LINEでは、町に関するお知らせ、生活に役立つ情報、緊急情報などをお伝えします。

一方で、3月末をもって「愛知県東浦町」のFacebookアカウントの運用を終了します。フォローや“いいね”や書き込みをいただいたみなさま、これまでのご愛顧ありがとうございました。心より御礼申し上げます。今後は、これまでの 町ホームページ、Twitter に加えて、LINEによる情報発信に注力して参ります。引き続きご愛顧をお願いいたします。

Line-start20220401

 

おだいちゃんのLINEスタンプは、以前から好評販売中です。
       Odai-chan-stamp2022

 

東浦町では、他にも様々なonlineサービスを行っています。

広報ひがしうらは、10種の外国語に対応、音声読み上げ、文字サイズ調整機能付きの「カタログポケット」で受信することもできます。

       Kouhou-catapocke2022

 

ちたまる安全安心メルマガに登録すると、緊急地震速報、災害情報、防災情報、防犯情報などのメールが届きます。

       Anchin-mailmaga2022

 

フィックスマイストリートは、いつでも誰でも、町内の道路や水路の不具合を手軽に通報できる無料アプリです。

       Fix-my-street-2022

 

東浦町画像オープンデータは、みなさんから募集した町内の風景や懐かしい写真を公開するデータベースです。

       Higashiura-open-data2022

 

| | コメント (0)

2021/10/24

「絵画&写真 景観コンテスト」の写真募集中!

コロナ禍で町内を散歩する機会が増えた方も多いと思います。歩いているときに「何かイイ」と思う光景を見つけたことはありませんか。それは、どこにでもありそうで他にはない東浦の魅力かも知れません。同じ場所でも、季節によって、時刻によって、様々な表情があります。ぜひ、あなたが見つけた東浦の魅力ある景色を作品にして応募してください。
今回は、絵画部門と写真部門に加えて、撮った画像をTwitterでも応募できます。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshikeikaku/toshikeikaku/gyomu/matinoe/11326.html をご覧ください。

Picturecontest20211201a
Picturecontest20211201b

 

| | コメント (0)

2021/10/04

初心者のための「スマホ教室」のご案内

デジタル機器活用に慣れていない高齢者等の不安解消に向けて、各地区でスマホ教室を開催します。
スマートフォン(スマホ)の基本的な使い方から、さまざまな行政手続きのしかたまで活用方法を学びます。初心者でも安心して受けられる講座です。基礎コースと応用コースがあります。

♦基礎コース
  電源の入れ方
  ボタン操作
  電話のかけ方
  カメラの使い方
  インターネットにつないでみよう など

♦応用コース
  アプリって?(インストール方法、簡単なアプリを使ってみよう)
  安心安全なスマートフォンの利用方法
  マイナンバーカードの申請 など

対象: スマートフォンの操作に自信がない方、スマートフォンを使用してみたい方など
定員: 各コース6名(先着順)
参加費: 無料
申込み: 平日9時から18時までに下記に電話にて事前予約
     知多メディアスコールセンター(フリーダイヤル)0120-23-7707
     音声案内に沿って7番を押してください

問合せ: 東浦町役場 広報情報課 TEL 0562-83-3111内線243 まで
主催: 知多メディアスネットワークと東浦町の共催

詳しくは、スマホ教室/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧下さい。

Smartphone-kyoushitsu20211013

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧