経済・政治・国際

2023/02/05

愛知県知事選挙の結果

現職と新人のあわせて6人の争いとなった愛知県知事選挙は、現職の大村秀章氏(62歳)の4回目の当選が確実となりました。

Chijisenkyo20230205a_20230206003501

 
選挙結果の速報は、愛知県知事選 | NHK選挙WEB をご覧ください。

 
●東浦町の投票率と投票結果は以下でご覧になれます。

東浦町の投票所別の投票率
東浦町の愛知県知事選挙の投票結果

 
●前回(2019年)の投票率と投票結果は以下でご覧になれます。

前回の東浦町の投票所別の投票率
前回の東浦町の愛知県知事選挙の投票結果

 
今回の期日前投票(15.85%)と投票日(26.37%)を加えた投票率は、42.22%でした。
前回の期日前投票(13.09%)と投票日(28.08%)を加えた投票率は、41.18%で、今回は前回よりも1.04ポイント増加しました。
 

| | コメント (0)

2023/02/04

東浦リボンビールを販売開始!!

東浦産の摘果ぶどうを使ったクラフトビール「東浦リボンビール」を イオンモール東浦 よりどこマルシェ で200本数量限定販売しました。10時の開店時間に行ったら、知多メディアスとNHKの取材が来ていました。
販売しているのはブルワリーの店員さん。応援しているのは東浦町のご当地グルメ開発スタッフです。

Dsc05091-900
Dsc05104-900t

 
東浦リボンビールは、下記の取扱店で販売を開始します。その他の取扱店を順次追加していきます。

酒市場本店  東浦町森岡上半之木51-4
酒スーパーワールド(ちとせ屋)  東浦町森岡田面32-2

 

さっそく、家に帰って味見してみました。苦みを控えた爽やかな飲み口のペールエールです。言われてみないと気がつかないくらいの、ほのかなぶどうの香りがします。少し酸味があって、イタリアンに合いそうです。

Dsc05112-900tp

 

以下、東浦リボンビールと摘果ぶどうの説明です。

Higashiuraribonbeer01Higashiuraribonbeer02
Tekikabudou20221201a

 

| | コメント (0)

2023/02/02

愛知県知事選挙の投票日は2月5日(日)です。

県知事選挙の投票日は、2月5日(日)です。投票は各地区投票所にて、7時から20時まで行います。

また、2月4日(土)までは、役場にて期日前投票をすることもできます。投票時間は、8時30分から20時までです。

これから4年間、愛知県の舵取りを託す人を決める大事な選挙です。一人一人の貴重な1票を、無駄にすることなく、必ず投じてください。

Chijisenkyo20230205a

 
県知事選挙について詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/gyomu/chizisenkyo/1456713754511.html をご覧ください。
 

| | コメント (0)

2023/01/30

『東浦町リボンビール』を、2月4日に、お披露目&数量限定販売します。

東浦町オリジナルクラフトビールの名前とラベルが決まりました。
2月4日(土)10時から、イオンモール東浦 よりどこマルシェ にて、お披露目&数量限定販売をします。

ラベルとネーミングについては、全国からたくさんの応募をいただきました。すてきな提案ばかりで、審査員一同、どれにしようか本当に迷いました。

応募総数111点の中から最優秀賞1点、佳作5点が選ばれ、東浦町オリジナルクラフトビールの正式名称を『東浦リボンビール』と決定しました!!
たくさんのご応募ありがとうございました。

最優秀賞に選ばれた東浦リボンビールの原画をもとにビールラベルを作成して売り出します。どうかお楽しみに。

Higashiura_ribon_beer20230127

 

その他にも、多くの意欲的な作品を応募いただいています。詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shokoshinko/shokokanko/gyomu/gotouchigurume/12511.html をご覧ください。

Higashiura-beer2023mijukumonoHigasiura-beer2023uvanobileHigashiura-beer2023budoubatake
Higashiura-beer2023rararaHigashiura-beer2023hitotubu_ele

 

| | コメント (0)

2023/01/28

住民懇談会、オリジナルスイーツ販売、ippin LABO、防災講演会・・・イベント盛りだくさんでした。

イオンモール東浦のイオンホールで開催した住民懇談会は大盛況。各地区の区長さんや役員さんをはじめ、地域でボランティア活動をされている方や、まちの課題について勉強中の高校生など、いろんな方たちが参加してくれました。最近、東浦町に転入してきて“コミュニティって何だろう?”と思っていた矢先に、イオンのホームページでイベントを知って見に来たというご家族もありました。
『「コミュニティ」が人手不足です! みんなで地域を支えよう!』というテーマで、アイディアシート「① 加入率の低下を引き起こす理由って何だろう?」「② 参加したい!と思われる取り組みや工夫は?」「③ 加入率低下の改善につなげるために住民にできることは? コミュニティや町に期待することは?」に沿ってグループでディスカッション。とても盛り上がって、これじゃ時間が足りないというご意見を多くいただきました。
今回、出し合ったアイディアをまとめたものを題材に、各地区コミュニティのみなさんとさらに意見交換を深めたいと思います。みなさんのご参加本当にありがとうございました。

20230128_112038800nnnnn
20230128_105038800pnnnnn20230128_105212800nnnnn
20230128_110416800nnnnn20230128_110425800nnnnn
20230128_110607800nnnnn20230128_111157800nnnnn
20230128_113535800nnnnn20230128_1216141200tpnnnnn

 

イオンモール の よりどこマルシェ で若者会議の学生たちが商品化した東浦産ぶどうといちごのプリンとパンナコッタを好評発売中です。昨日は200個近く売れたそうです。
ちょうど今朝、中日新聞に紹介の記事が載ったところ。きょうは助っ人も加わって5人学生が自分たちが開発したスイーツを売り込んでいました。食レポ動画はこちら
日曜日の夕方までこの場所で販売します。どうぞご賞味ください。

20230128_1231381200tpnnnnn

 
※ 中京テレビの「キャッチ!」の取材と放映がありました。

 

これまた、イオンモールのセントラルコートでは、大府商工会議所と東浦町商工会のコラボで、自慢の逸品お披露目会「ippin LABO(イッピン・ラボ)」が開催中です。大府市と東浦町の事業者が、それぞれの逸品を展示、販売しています。
大府のタイヤ屋さんが売っているモルドバのワインを買ってみました。奥様がモルドバの人で、モルドバの全権大使がイベントを見に来ていました。イッピン・ラボは日曜日の16時までの開催です。

20230128_125858800tpnnnnn
20230128_130006800pnnnnn20230128_130147800pnnnnn
327492236_2422991507878476_908765405483620230128_124329900tpnnnnn

 

午後は、群馬大学名誉教授、東京大学大学院情報学環特任教授、日本災害情報学会会長の片田敏孝先生をお招きし、防災講演会を開しました。釜石の奇跡や津波避難の三原則で一躍有名になり、全国で講演をされている片田先生のお話を聴けるとあって、会場の文化センターはほぼ満席。片田先生のお話しは以前聴いたことがあって、ぜひ東浦でもご講演いただきたいと思っていました。
「いつどんな規模になるかわからない災害対応は、行政には無理で、地域の住民が自分事として対応するしかない。」という主旨で、とてもわかりやすく、また感動的なお話しでした。

20230128_140844800tpnnnnn20230128_1451491200tpnnnnn
20230128_1500041200tpnnnnn20230128_1538541200tpnnnnn

| | コメント (0)

2023/01/24

日本語支援ボランティア養成講座 と 共に学ぶ多文化共生講座 のご案内

 ●日本語支援ボランティア養成講座(オンライン開催)

私たちの住む地域には、外国人住民が多く暮らしています。外国人住民のみなさんと一緒に日本語を学ぶ「日本語支援ボランティア」をやってみませんか。日本語支援ボランティアを養成するための講座です。

2月の土曜日に、全4回のシリーズで開催します。。第1回、第2回、第4回はZoomを使ったオンライン開催、第3回は日本語教室の現地見学です。

詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/7220.html をご覧ください。

Nihongoshien20230204a
Nihongoshien20230204b

 

 ●共に学ぶ多文化共生講座

地域住民として外国人も日本人も関係なく、文化的な違いを認め合い共生していく多文化共生社会の実現に向けて、共に学ぶ講座です。

3月4日(土)午前から、全5回のシリーズ。勤労福祉会館で開催します。

詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/7220.html をご覧ください。

Tabunkakyousei20230304a
Tabunkakyousei20230304b

 
ところで、「多文化共生」とはどんなことでしょうか? 検索で出てきたいくつかのサイトです。参考までに。

総務省|地域の国際化の推進|多文化共生の推進
全国の取組事例|多文化共生ポータルサイト
「あいち多文化共生推進プラン2022」を策定しました - 愛知県
愛知県国際交流協会(AIA)公式ホームページ 
【日本の多文化共生とは】政策から課題・問題点までわかりやすく解説|リベラルアーツガイド
多文化共生社会とは?実現のための論点と取組事例について解説 | 外国人労働者ドットコム
 

| | コメント (0)

男女共同参画講座「政治もアップデート "もはや昭和ではない"~ わたしたちの変革」 のご案内

世界では政治の世界でも女性がリーダーとして活躍しています。日本では女性が活躍する場面がまだまだ少ないのが現状です。
暮らしと政治をジェンダー平等の視点から捉えるとともに、一人ひとりに何ができるのか考えます。
講師は、愛知淑徳大学非常勤講師 中島美幸さんです。

2月4日(土)10時~11時30分、オンライン開催です。

詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/koza_kyoshitsu/12601.html をご覧ください。

Danjokyoudou20230204

 

| | コメント (0)

2023/01/22

うのはな館で文化財消防訓練、午後から景観まちづくり委員会

郷土資料館(うのはな館)で、貴重品の搬出、避難、消火栓や消火器を使った消火訓練など、文化財消防訓練を行いました。昭和24年(1949年)1月26日に法隆寺金堂壁画が焼けたのをきっかけに、全国でこの時期に文化財の消防訓練が行われるようになりました。参加された皆さん、おつかれさまでした。

20230122_092612800nnnnn
20230122_092403800nnnnn20230122_100056800nnnnn
20230122_100830800nnnnn20230122_101449800nnnnn

 

郷土資料館(うのはな館)では、今ちょうどミニ企画展「家康と水野氏 ~おもだか紋瓦で探る衣浦湾周辺の寺社~」を開催中です。
NHK大河ドラもの影響で家康ブーム。県の“あいち家康戦国絵巻”の関連冊子や、CACの“天下統一を支えた母 於大の方をめぐる知多半島” ロケ地マップ なども配布しています。

Dsc04939-900Dsc04940-900

 

Aichi-busyoukankou-gb2022Aichi-ieyasu-digi-sta20230121a
Odai-chita-locationmap-cac-0

 

午後からは、景観まちづくり委員会を開催しました。委員長の海道先生に同行をお願いして職員が昨年10月に山梨県甲州市と千葉県流山市に行ってきた景観先進地視察の報告と、都市計画課が景観をテーマに産業まつりに出展した報告をした後に、報告内容と今後の景観共感プロジェクトについて意見交換しました。休日にもかかわらず、委員の皆さんが出席くださり、示唆に富むご意見を多数いただいたことに心より感謝いたします。
会議終了後に、委員の皆さんのご協力をいただき、景観コンテストのそれぞれの部門(絵画、写真、Twitter、景観まちづくり取り組み)に応募のあった作品を審査しました。表彰は2月19日(日)にイオンホールにて行う予定です。

Dsc04947-900

 

| | コメント (0)

2023/01/21

新春文化展を開催中。午後は教育フォーラムに参加しました。

開催中の新春文化展に行ってきました。文化協会所属の各部門の中で、写真、手作りよろい、茶席、いけばな、文芸、書道の展示があります。私は、写真を2点出展しました。写真については作者を伏せて人気投票を行っています。書道では、「矍鑠(かくしゃく)」と書いた作品を出展しました。
2階の視聴覚室では、字を書いたハガキを染料の入ったオイルを垂らした水面に浸して、マーブル模様を転写する体験ができます。「兎」と書いたのは書道の先生、私は「卯」と書きました。ウルトラQを思い出しますね。
新春文化展は明日も(16時まで)開催しています。

Dsc04757-900pDsc04759-1200p
Dsc04763-900Dsc04770-900t
Dsc04783-900pDsc04789-900
Dsc04791-900tpDsc04794-1350tp
Dsc04811-900pDsc04813-900t
Dsc04821-900tDsc04838-900

 

午後、東浦中学校で教育フォーラムが開催されました。テーマは「東浦町コミュニティ・スクール ~地域と学校の連携の今後について~」です。まず、校長先生が、西部中学校・卯ノ里小学校コミュニティ・スクールと森岡小学校コミュニティ・スクールの事例を紹介。次いで、文部科学省CSマイスターである愛知教育大学教授の風岡治先生からコミュニティ・スクールの成果と課題、今後のあり方について講演をいただきました。

Dsc04882-1200tp

 
学校は地域の公共財、地域住民のものです。住民が当事者として、学校運営に関わり、地域のニーズを学校運営に反映させる仕組みが必要です。
「コミュニティ・スクール」とは、地域住民の参加で、学校の運営と学校への支援について協議する「学校運営協議会」を設置した学校のことです。地域に根ざした特色ある学校づくりや、いじめ、不登校などの課題解決への効果が期待されます。また、学校の働き方改革、子どもの頃から地域と関わることによる若者の地域定着、そして地域防災にもつながります。
地域学校協働活動とは、学校を核とする地域づくりを目指して、地域と学校が互いにパートナーとして行う様々な活動。地域の教育力の向上、地域課題の解決、持続可能な地域社会の源となる活動です。
地域学校協働本部とは、地域住民や団体等の緩やかなネットワークで地域学校協働活動を推進する体制で、活動の主体であり、地域と学校をつなぐコーディネーターの機能を持ちます。
コミュニティ・スクールと地域学校協働活動が一体となり、評価・改善(PDCA)を繰り返し、社会に開かれた教育課程を推進します。地域とともにある学校の運営のためには、関係者が当事者意識を持って熟議を重ねること、学校と地域の協働、学校組織としてのマネジメントが大切になります。

Dsc04854-1200tpDsc04855-1299tp
Dsc04862-1200tpDsc04863-1200tp
Dsc04867-1200tpDsc04869-1200tp
Dsc04870-1200tpDsc04871-1200tp
Dsc04872-1200tpDsc04878-1200tp

| | コメント (0)

2023/01/20

月末に、防災講演会、空き家対策講演会&個別相談会など、様々な講演会・イベントが予定されています。

月末に、講演会・イベントが盛りだくさんです。
 

 ■ 防災講演会

あの、「釜石の奇跡」の東京大学大学院特任教授の 片田敏孝 先生をお招きして、防災講演会を開催します。町外からの予約もたくさん入っています。
どうして釜石の人々は助かったのか。
いつ発生してもおかしくない南海トラフ地震や昨今頻発しているゲリラ豪雨等の予想できない災害から、大切な家族や地域を守るために、防災を自分事と捉えて、私たちが地域でなすべきことを一緒に考えます。

1月28日(土)14時から、文化センターにて。

詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/bosaikikikanri/kikikanri/event/7557.html をご覧ください。

Bousaikouenkai20220128

 

 ■ 空き家対策講演会&個別相談会

空き家をどうしたら良いかわからないという声を聞きます。「他人事ではない!あなたの家も空き家になる? ~高齢者世帯が注意しておくこと~」と題して、空き家にしない、させない、空き家のままで放置しない対策を考えます。
講演会終了後、専門家による個別相談会(要申込)もあります。

1月29日(日)1時30分から、文化センターにて。

詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/8687.html をご覧ください。

Akiyataisaku-kouen20230129a

 

 ■ うのはな館ミニ企画展「家康と水野氏 ~おもだか紋瓦で探る衣浦湾周辺の寺社~」

徳川家康の母である於大の方は、水生植物のオモダカをモチーフにした家紋を持つ緒川城主水野氏の娘として生まれました。この「沢瀉紋」の瓦に焦点を当て、衣浦湾周辺の寺社について紹介します。
1/28(土)には展示説明会を予定していますが、すでに定員に達しました。
詳しくは、 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/bunkazai/ibento/12599.html をご覧ください。

また、2月18日(土)9時30分からは、文化センター視聴覚室にて、水野氏講座「近世尾張の水野氏の出自をめぐって」(事前申込制)を予定しています。

Unohanakan-minikikaku20230128a

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧