経済・政治・国際

2024/04/20

於大まつりは天気に恵まれました。午後からは亀崎酒蔵祭へ。

昨年雨で中止になった於大まつりは、天気に恵まれて大盛況でした。
さすらいの船頭さんにも会うことができました。

438196365_799310594977892_88657548469004
104b2136118549bc81397e857e09766c900tnnnn437220327_344441988616842_30502153143756
Dsc04599-900
Dsc04573-900Dsc04578-900p

 

午後から、敷嶋の亀崎酒蔵祭に行ってきました。昼からほろ酔い。
女性や若い人たちで賑わっていました。

20240420_142447600tnnnnn
20240420_142720800pnnnnn20240420_162252800nnnnn
20240420_143728800pnnnnn20240420_144001800nnnnn

 

| | コメント (0)

2024/03/31

地域の有志で豆搗川沿いの桜並木のごみ拾いをしました。

地域の有志が、「こんなところに桜並木があるんだ~」と知っていただく機会として、みんなで豆搗川沿いの桜並木ごみ拾いイベントを企画しました。

425907681_3197137757097914_8512528074059

 

豆搗川沿いの桜並木がちらほら咲く中、地元石浜の方々を中心に多くの皆さんが参加して、川の両岸のごみ拾いをしました。
あんなに蔓に被われて弱っていた桜が、まばらとはいえもう花をつけるようになりました。
今年もできるだけ草刈、ごみ拾いなど手入れをして、立派な花が咲くようにしたいものです。皆さん、お疲れさまでした。

434398228_8182014735147387_3857783042376
434386678_8182022691813258_2448814549925434404604_8182024481813079_1485024520037
434373700_8182026098479584_4154335450758

 

 

| | コメント (0)

2024/03/24

三丁公園で開催された生路・藤江地区の合同防災運動会に参加

きょうは、三丁公園で開催された生路・藤江地区の合同防災運動会「天下分け目の防災合戦」に参加しました。

飛び入り参加もOK。ホラ貝の合図で始まる生路v.s.藤江の地区対抗防災運動会です。

20240324_0928591000tpnnnnn

 

最初の種目は、「火事だ~」「逃げろ~」「好きだ~」みたいな言葉を騒音測定器の前で叫ぶ大声合戦です。

20240324_093909800pnnnnn

 

これから能登の災害支援に出発する町職員の絶叫が番外で新記録となりました。

20240324_094506800tpnnnnn

 

子どもが走って集めたお手玉を大人がバケツで運び出す馬尻リレーは、自分もエキサイトして写真を撮り忘れました。

全員で生き残りを賭けた防災◯×クイズは、最後の問題で藤江が2名残りました。

20240324_103712900tpnnnnn

 

結局、生路が総合優勝。終わりに両区長がハグし合って和平を結び、合戦終了となりました。
競技しながら楽しく防災意識を高めることができたのではないでしょうか。他地区からの見学もありました。

20240324_105831800pnnnnn

 

防災◯×クイズで出された問題を添えておきます。難問もあります。みなさんも試してみてください。

Bousaiquise20240324-p1
Bousaiquise20240324-p2

 

こちらは、三丁公園の紹介です。

Santyoukouen-syoukai2023

 

| | コメント (0)

2024/03/23

今日は生路ゆうゆうクラブのお花見会、明日は天下分け目の防災合戦

生路のゆうゆうクラブの皆さんが厄松公園でお花見BBQを企画。あいにくの雨のためゆうゆう憩の家で食事会を開催。11時頃は入りきれないほどの大盛況でした。最後は残り物を巡ってじゃんけん。なんだかこのところ寒くなって染井吉野の開花が遅いですね。

20240323_123809900tpnnnnn20240323_123819900tpnnnnn

 

昨年の初開催では大雨の中、商工会青年部が於大公園で挙行した東浦スプリングマーケットは、雨確実の予報で残念ながら中止となりました。

Springmarket20240323a

 

あすは、三丁公園で「天下分け目の防災合戦」と銘打って、生路・藤江地区合同の防災運動会があります。

432846376_977409523745064_34458958348635

 

ボランティアサークルによるオレンジカフェこころ屋さんも緒川で明日開催予定です。

Kokoroya20240324a

 

森岡では、こんなのも。

434338119_2405544853167485_5637822607988

 

みなさん、実にいろんな活動をされています。

地区の回覧は早くまわさないといけないのでたまたま居合わせたときに見るだけ、あとは口コミ情報しかないので、立場が変わってこうした地域の情報が入って来なくなったのを痛感しています。
やっぱ、地域のネット情報欲しいなあ。物好きな個人もSNS等で発信すれば良いけど、地域のホームページがあった方が良いと(最近、地域情報弱者になって)思います。

とくに地区の情報は、回覧でまわすようなチラシをどんどんネットに上げるだけでも伝わるものがあると思います。コミュニティの広報部も昔から年数回の広報誌を発行していますが、そろそろスタイルを変えても良いのではと思います。
それから、コミュニティスクールを推進しようとする反面で学校と地域のパイプが細っている現状があります。学校と地域、それぞれのニーズとできることのマッチングも、コーディネーターの属人性に頼るのみでなく、ネットのコミュニティ上でできないものかと思います。

 

| | コメント (0)

2024/03/15

野沢温泉、富良野、白馬八方とスキー三昧

このところ、野沢、富良野、白馬八方とスキー三昧。

いずれもインバウンドのお客さんであふれている。
野沢の温泉街には土産屋を改装したウエスタンな立ち飲みバーなどがあって、夜遅くまで盛り上がっているようだ。さながらバブルの頃のアフタースキーが帰ってきた賑わい。

八方でたまたま話しかけてきた外国人はイングランドから来たとのこと。デンマークから来たというスキークラブチームもいた。スキー場のない国からもフランスやスイスをすっ飛ばして来るんだ。
八方では初めてエコーランドの方に泊まってみた。こちらもバーや居酒屋が賑わっている。外国値段につられてリフト券、宿泊、飲食そして土地の値段も、みんな上がっているのが気になる。
若い人たちと滑ると、もう午後からは電池切れ。八方はやっぱりキツい。白馬ハイランドの温泉にゆっくり浸かって帰宅した。

20240303_095406900tpnnnnn
スキークラブのメンバーと野沢温泉。毛無山山頂から。
 
360°カメラとスマホでこんな動画がサクサク作れちゃうからスゴイ。
 
Dsc03096-900p
共同浴場もある温泉街の店は賑わっている。
 
Dsc03144-900p
ウエスタンな店がちらほら。
 
Dsc03106-900tpDsc03138-900tp
この日は長坂ゲレンデで花火。
 
Dsc03150-900p
野沢温泉村夜景。

 
 

20240309_213037800tnnnnn
こちらは白馬。
 
20240310_1156581087tpnnnnn
スカイライン下部の急斜面。
新雪が積もった上にみんなが滑ってモコモコだけど、若いやつは強い。
 
20240310_140714900tpnnnnn
晴れ間が出てきたのでグラートの上まで行ってみた。
 
20240310_140944800tpnnnnn
やっとチラリと見えた、白馬岳。
 
20240310_163228900tpnnnnn
白馬ハイランドに上がっていく坂の途中から。風呂からも見晴らしがいい。

 

| | コメント (0)

2024/01/29

有松で古民家の改修工事を見学

日曜日の午前、緑区の有松で、明治築の古民家をレンタルキッチン・レンタルスペースに改修する moss ARIMATSU の工事を見学しました。

昨年10月に着工、曳家さんが入って建物全体をジャッキアップ、傷んだ柱を継いで基礎をやり直すなど、今春のオープンに向けて工事が進行中です。

土地は地主から賃借、約4,000万円をかけて建物を取得・改修します。資金の3/4を公的補助、残りをクラウドファンディングと融資でまかなう計画です。事業主体はありまつ中心家守会社。完成後はスペースの利用に応じたレンタル収入を見込んでいます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000064361.html

まちづくり、場づくり、デザイン、建築などに興味のある方々と一緒に、完成前の「今しか見られない」工事現場を見せてもらいました。
 

Dsc02916-900
集合。これからヘルメットをかぶって現場へ向かいます。
 
Dsc02943-1500p
こんな計画概要です。
 
Dsc02930-900
屋根は葺き替えました。
 
Dsc02921-900
梁はそのまま、土壁を取ったところには木枠を入れて合板の耐力壁とします。
 
Dsc02923-900
基礎を造り直し、傷んだ柱は継いでいます。
 
Dsc02932-900
古い屋根瓦です。
 
Dsc02938-900p
集合場所に戻って、見学後のディスカッション。
ここは一棟貸しの宿泊施設。有松絞の天井、格子を通して街道の柔らかい光が入ってきます。

 

| | コメント (0)

2024/01/04

現役世代によるコミュニティ運営の変革~第28回コミュニティ工学ワークショップ がおもしろそう!

これ、注目!
市民も、自治体職員も、関心事では。

以下、序文の抜粋です。

少子高齢化により地域コミュニティの希薄化や担い手不足や起こり、社会が停滞している状況が見られます。そのような中でコミュニティ運営のヒントを探るためのワークショップを開催します。いま変革の波が起きている3つの地域から、コミュニティ運営のキーパーソンをお招きしてその最前線に迫ります。

【3つの地域のキーワード】
・塩尻:移住者を起点としたローカルビジネス
・岡崎:関係人口を活用したエリアマネジメント(地元の人×よその人)
・勝央:子どもや高校生を巻き込んだ地域ブランディング

Community-tech-ws-28th-20240124a

 
詳しくは、
 現役世代によるコミュニティ運営の変革~第28回コミュニティ工学ワークショップ | Facebook

または、
 名古屋工業大学 コミュニティ創成教育研究センター (nitech.ac.jp)

をご覧ください。

| | コメント (0)

2023/12/24

森井戸の清掃と、里山の保全活動。午後からは文化センターで、クリスマスコンサートと書道展。

今日は朝9時から生路井(森井戸)の清掃に参加。

414083989_7788414474507417_5007171227449
生路井(森井戸)の清掃のお手伝い。
参加者が多くて作業がはかどりました。

  

そのあと、久しぶりに自然環境学習の森の草刈りをしました。竹灯篭の会の皆さんは今日が作業納めだそうです。いよいよ年末ですね。

412563321_7788418094507055_2585623227088
今日はここの草刈りをしました。来年、野焼をするそうです。
 
412464639_7788414661174065_7829080114478
荻の草原と木道
 
412551622_7788414804507384_3758564346553
池尻からの遠景
 
412524523_7788414477840750_8742142427852
竹灯篭の会の皆さんの休憩に混ぜてもらいました。今年最後の活動だそうです。

 

午後から、文化センターへ。

東浦フィルハーモニー管弦楽団のクリスマスコンサートを聴きに。
東浦フィルは毎月のようにあちこちの施設で演奏会をしています。発展途上とは言え、交響曲を奏でる団体があるのは心豊かな気持ちになれます。

 

「観客が指揮者をやってみよう」は会場の方の即興が受けました。

412563634_7788467724502092_4168523180376

 

アンコールは、ヨハン・シュトラウスの「クラプフェンの森にて」でした。
カッコウ笛と水笛も登場しました。

 

座席はほぼ満席でした。

414067123_7788467727835425_5995558517701

 

文化センターの2階では、中学の同級生の書道家、浦山洸道さんが一門の展覧会を開いていました。

412640273_7788467731168758_2589449749982

 

| | コメント (0)

2023/12/17

宇治と西陣をゆっくり巡りました。

宇治に行ってきました。
まいまい京都”のツアーに参加して、午前は藤原頼道の別荘だった平等院へ。阿弥陀堂(鳳凰堂は江戸時代以降の俗称)の内部は当時極彩色で彩られ、池は造花と鳥で飾られていたのだそうです。両ウイングの上層は人が入れない構造で建物としては機能していません。この世に極楽浄土の宮殿を再現したテーマパークだったのです。

412607649_7781668175182047_5949924056913

 

午後は松殿山荘へ。松殿山荘は、山荘流の創始者である茶人・高谷宗範が、広く一般の人が楽しめる広間の茶、書院式の茶道を復興する目的で、自ら設計した庭園と建物群です。広大な敷地の中央に建つ本館は、庭園に面して大書院や中書院などを並べた大規模な建築で、離れとして周囲に大小の茶室群などが配置されています。いずれの建物も「心は円満に丸く、行いは常に正しく」という方円の思想に基づいて、丸と四角を用いた独創的な意匠でまとめられています。
まさに、1000年前と100年前の道楽・こだわりの極みを堪能した感じです。

前日は、京都西陣の呉服問屋だったお屋敷と帯を織る工場を見学しました。伝統産業や産業遺産を代々受け継いでいくことの大切さと大変さを改めて感じました。

412447889_7781665538515644_4710899785138412557647_7781665551848976_6473790445467

 

| | コメント (0)

2023/12/13

名古屋都市センターで開催された「未来茶輪」で講師を務めました。

12月13日に名古屋都市センターで開催された未来茶輪(ミライカフェ)で、講師を務めました。
県内自治体職員の研修の一環で、「人とつながる、人を巻き込む」をテーマにした勉強会を企画する中で、私の名前が挙がったのだそうです。一般にもオープンな勉強会だったので、東浦からも参加者がありました。ありがたいことに、皆さん熱心に聴いてくれました。

412475247_7784691014879763_7942875793957412548920_7781576815191183_7701752553157
412459670_7784696011545930_4627125886334412607977_7781576795191185_2472153254400

 

話しの内容は(前もっていただいた質問を交えつつ)およそ以下の通り。

 
【導入として】
先月末にエジプト旅行に行ってきたこと。20年ほど前にドイツの環境行政を学ぶ旅でご縁のあったツアコンの方が「暇になったでしょう」と誘ってくれて旅行に参加したことに触れる。誘ってもらえるのはありがたいこと。興味があれば背中を押してもらったと思って参加するのも良い。
今、Facebookに旅を思い出しながら投稿している。体験は反芻して、自分の言葉で再編集しないと身につかない。

【町長になった経緯】
住民・有権者・納税者の応分の役割として、約12年間、町議会議員を務めていた。
現職町長が9期目の選挙に出るというので、多選批判、世代交代、住民参加、財政健全化、自然環境保護、すべての子どもたちに目の行き届く教育、高齢者世帯を地域で見守る体制づくりなど、75項目から成るマニフェスト(政策集)を掲げて町長選に立候補した。選挙戦の結果、僅差で当選。
自分は、政治家ではなく役場の経営者のつもり。

【施策実現に際し、如何に理解・協力を得たか】
就任後、直ちに町長の退職金を支給しない条例を制定。公約実現に着手。
政策集の推進計画と進捗管理を公表した。
情報公開、会議の公開と委員の公募、懇談会やワークショップなどの住民参加の機会を積極的に設け、考えの共有を図った。
自身のHPとFacebookを毎日更新、町HPに町長メッセージを掲載し、町長の考えや行動を逐一わかるようにした。わかりやすく理路整然とした説明を心掛けた。
式典や行事、講話や挨拶などで、自分の考えを話すよう心掛けた。
ごみ袋の有料化を進める際には、町内各所で86回説明会を行い、自分もこのうち都合のついた59回は出席して住民と対話をした。5万人全員に会うことはできないが、会って対話することの大切さを強く感じる。
住民の自主的な活動にはできるだけ顔を出すようにした。
住民や職員のアイディアや自主的な活動を邪魔しない、応援する。
良い施策はいずれ必ず実現すると思う。そのためには良いアイディアの情報収集が大切。興味ある勉強会や講演会にはできるだけ出席する。

【過去の未来茶輪に参加して自分が影響を受けたか】
未来茶輪は軽くお酒が飲めるし、楽しい話題、興味のある話題について出席したいと思う。
2015年9月の未来茶輪では、アクティブ・ラーニングに取り組んでいる名古屋市立中学校の上井靖校長先生を講師に、参加者が生徒として実際にアクティブ・ラーニングを体験、その後で感じたことを述べ合った。
授業体験は、中3理科「運動とエネルギー」発展活用ワーク。クラスのミッションは、問題をみんなで解いて、全員の答えが納得づくで一致することだった。
未来茶輪は、多彩なテーマで、対話や交流、想いの共有をする場。場づくりの参考にもさせていただいたと思う。「運動とエネルギー」のワークは職員研修にも使わせてもらった。
未来茶輪では多くのご縁ができて、その後、東浦町にご協力いただいた方も複数いる。

【人とつながるために?人を巻き込むために?】
自分は、" 出逢い>ご縁>collaboration "の確率・効率を都合良く上げるスキルは持っていないと思う。
むしろ、興味・好奇心を持って出会う機会を増やすこと、地道に信用・信頼を築くこと、(そうすることによってコラボの期待値を上げること)が大事と思う。

【 “出逢い>ご縁>collaboration” の事例】
自然環境学習の森 の里山保全活動
「於大公園のこれからを考える」シンポジウム & 最後の夏まつり
若者会議から「於大公園に泊まろう」や「東浦産スイーツ」
地域の縁側 グリーン・ラソと建築科学生によるデザインコンペ
片葩小学校スクールパートナー
冒険遊び場(プレーパーク)
いま個人的に取り組んでいる「豆搗川 桜並木再生プロジェクト」
などの事例について経緯と展開を紹介する。

 
最後に講評にて、自治体職員への期待を話すつもりで、忘れてしまいました。

<職員に期待すること>
ゼロからひらめくことはない。読書、勉強会・講演会、見聞旅行は大事。セミナーでは質問するよう心がけ、勉強会のあとの交流会や懇親会に参加すること。
エビデンスに基づく論理的思考は必須。
人の長所を見つける。仕事の楽しさを見つける。
住民の中へ飛び込んで行って、苦楽を共にし、市民に役所のファンになってもらう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧