心と体

2018/09/22

シルバーフェスタ と 於大公園のこれからを考えるシンポジウム & 青空おだい市!全国最後の夏祭り!

シルバーフェスタ2018 、賑わっていました。
住民有志「チームにじ」の発案で始まった、民生委員、社会福祉協議会、老人クラブ、シルバー人材センター、防災ネット、町内の各老人福祉施設、健康体操の皆さん、その他のボランティアの皆さんがコラボして開く、参加と交流の場です。
それぞれ特色あるブースが勢揃い。どこも盛況でした。

 Dsc_7313800 Dsc_7318800
 Dsc_7340800p Dsc_7328800
 Dsc_7337640 Dsc09141800

シルバーフェスタの中の人気企画「変身写真館(家族写真館)~ウェディングドレスを着て写真を撮ろう!~」は、軽い気持ちで変身すると結構ハマるのです。
エスコートは当館の選りすぐりを派遣いたします。

Dsc09132800p_2

 Dsc09149800 Dsc09159800
 Dsc_7348640 Dsc09139800

 

午後から、於大公園このはな館で、「於大公園のこれからを考えるシンポジウム 」を開催しました。

於大公園は平成元年に屋外プールがオープン、平成7年頃にこのはな館など順次整備を進めてきました。プールはテコ入れはしていますが年々利用者が減っています。老朽化が進んでおり、また同様のものを整備しても、全国的な屋外プールの利用者減少傾向は変わらないと考えられます。公園施設全体も20年以上経過し、住民の皆さんのニーズをつかみながら再整備を行っていく必要があります。アンケートなどだけでは真のニーズはなかなかつかめないと思っています。
三丁公園整備の時には、子育て中のお母さんたちから、雨の日や炎天下でも遊べる公園にしたいという意見をいただき、その結果、屋根付き人口芝広場を設置することができました。
公園は造れば終わりではなく、利用者である住民の皆さんの意見を聞きながら、設備や利用方法も含めて、常に進化する公園にしたいと思います。
はじめの挨拶では、以上のようなことを申し上げさせていただきました。

42313807_263116777876391_4334921104

シンポジウムでは、まず、岐阜県立国際園芸アカデミー学長の今西良共さんから基調講演をいただきました。
これまでのように、公園を造って維持することに加えて、これからは公共物を有効に活用する「育てる」「活かす」公園経営が求められている。元来、公園は制約が少ない。NOを取っ払って公園でできることはたくさんある。最近では、オクトーバーフェスタ(ビール祭り)の開催や、スタバやしゃれた飲食・物販の展開など、民間の活力が入って公園の使い方が変わってきた。マルシェや婚活もできる。地域の力だって入れられる。市民・事業者・行政(産・学・官・地域)みんなが関わって、本来のパブリックコモンの観念を共有して公園を「官園」から「民苑」にしていこう。といったお話しでした。
今西さんは、名古屋市で公園一筋に仕事をされて、以前、住宅都市整備公団に出向されたときに、なんと!於大公園の設計に携わっていらっしゃいました。

Dsc09187800p

Dsc092001000tp

続いて、まち楽房(マチラボ)の加藤武志さんによる「えんたくん会議」です。加藤さんには、以前、図書館のよむらびカフェの時、とても上手なアイスブレイクで、話し合いを盛り上げていただいたことがあります。
「えんたくん会議」では、会場に残った36人の参加者で4人×9チームをつくって、アイスブレイクをやってから、段ボールの円卓を互いの膝の上に乗せて、至近距離で「どんな公園にしたいか」「自分は何ができるか、何をしたいか」を話し合いました。そして、チーム毎に発表。
芝生広場や樹林はこれまで同様大切に残したい。椅子やベンチがもっと欲しい。プールの代わりにジャブジャブ池のような水と親しめるものがあったら。ゴーカートがあれば。カフェやアルコールの飲めるところがあれば・・・。散策やジョギングをしたい。誰かと一緒に公園を楽しむ。ごみ拾いならできる。樹木の剪定をする・・・。などの意見(他にも多数)が出ました。
これらを参考にしつつ、次の公園ワークショップにつなげていきます。今回のシンポジウムにご参加くださった方はぜひ公園ワークショップにご参加いただきたいと思います。
ワークショップのファシリテータをお願いしている林加代子さんも今回のシンポジウムに参加してくださっています。

Dsc09203800

Dsc09213800

Dsc09214800

Dsc09217800

公園ワークショップは、10月27日(土)、11月17日(土)、12月22日(土)、1月26日(土)の全4回、毎回10時から12時まで、役場会議室にて開催します。皆さんの柔らかい発想や自由な意見が、於大公園をより楽しく憩える場所にしていく参加型・体験型の公園づくりです。初めての方でも気軽にご参加ください。

 

於大公園でシンポジウムに合わせて、「青空おだい市!全国最後の夏祭り! 」を開催。たくさんのキッチンカーとマルシェが並びました。会場では、一緒に遊ぼう!保育園の先生たちが大集合!、スポーツ鬼ごっこ、ヨガ教室、プレーパークなど、野外のアクティビティ。シンポジウムのあとには、東浦吹奏楽団のコンサート。夜にかけては、浴衣!仮装!大歓迎の盆踊り大会と、終日盛りだくさんの企画でした。企画運営に携わられた皆さん、ありがとうございました。

Dsc091841000

 Dsc09174800 Dsc09177800
 Dsc09225800 Dsc09117800
 Dsc_7310800p_2 Dsc09120640
 Dsc09121320 Dsc09223800
Dsc_7301800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/16

きょうは、神社とお寺にご縁がありました。

今日は伊久智神社のお祭り。隊列を組んで社殿に入り、これから例祭です。

Dsc_7217800t

今年から例祭の時間が早まって、社殿で神楽を舞っている最中に行列の太鼓がだんだん近づいてきて、北組と南組の行列が到着。このあと用事があって駆け馬を見られないのが残念。

※中京テレビが、おまんと祭りを密着取材していました!!
お祭りの様子が、10月19日(金) 19時~20時に中京TV「PS純金」で放送されるそうです。

 Dsc_7223800 Dsc_7230800

伊久智神社は、見晴らしの良い高台にあります。遠くに見える工場は衣ヶ浦を隔てた三河です。

Dsc_7215800tp

 

オレンジカフェ「こころ屋」@善導寺。
9月は、お寺でこころ屋を開催。こころ屋は、毎月ほぼ1回、場所を変えながら町内の有志が運営している認知症カフェです。お寺の本堂を使ってオレンジカフェ? 一体どんな感じなのか興味があって見に行ってきました。ちょうど、アイリッシュハープの演奏をしていて、みんなで「ふるさと」の合唱もしました。肩のこらない雰囲気です。
お寺は、そもそも、教育の場であり福祉の場であったあったはず。お寺でオレンジカフェは一見ユニークだけど、本当はこういう場づくりこそお寺にふさわしいのでは。
もちろんそれぞれのお寺のお考えがあってのことなんだとは思いますが、将来の可能性を感じます。

Dsc_7236800

 Dsc_7242800p 41785525_1455734084571632_669912373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/15

家庭系可燃ごみ処理有料化説明会、オレンジ運動、多文化防災講演会、若者会議2018 など

午前は、石浜中自治会集会所で家庭系可燃ごみ処理有料化の説明会でした。

説明会が終わってから、藤江コミュニティ主催の「オレンジ運動」をのぞいてきました。認知症サポーター養成講座と行方不明高齢者への声かけ訓練とグループトークを組み合わせたような内容で、認知症について理解を深め、人と人が支え合える温かいコミュニティをめざす活動です。声かけ訓練で、ひとり歩き高齢者役をされたお三方を記念撮影させていただきました。

Dsc_7199800

Dsc_7198800

Dsc_72021000

 
午後から、多文化防災講演会と若者会議がありました。

今年4月に、にほんごひろばや通訳ボランティアをしている皆さんが一緒になって、ボランティア団体「多文化共生ひがしうら」が結成されました。
東浦には、ブラジル、中国、フィリピン、ベトナムなど外国人登録している方が1500人ほどいます。多くの外国籍の児童が通う石浜西小学校には日本語適応教室があり、先日もその様子がNHKで報道されました。国際化というと英語教育が注目されがちですが、いろんな言葉や文化、習慣、考え方がある中で、お互いに理解し合い、関わることを通じて新たな価値を見いだしていくことが重要だと思います。
今日は、名古屋外国語大学世界共生学部教授でNPO法人多言語センターFACIL理事長の吉富志津代さんをお招きして、「被災者が排除されないため ~コミュニティ防災の視点で考える多文化共生~」というテーマで多文化防災講演会が開催されました。今後、9月30日(日)には、災害多言語支援センターについての講座が計画されています。そして、10月28日(日)の愛知県・東浦町津波・地震防災訓練にて、災害多言語支援センター開設訓練を行う予定です。

Tabunkakyousei_higashiura_201809

41746991_288816835055856_3936771859

Dsc090181000p

Dsc09021800p

 
若者会議2018は、今日が最終日で、各グループの提案事業の発表がありました。グループ「ぶどう」は「みてやー!やってみやー!食べてみやー!自ら守る防災」、グループ「カントリーマアム」は「みんなでフォトコン 学習の森を調査しよう」、グループ「半分、白い」は「Connecting With 東浦 ~若者が町を繋ぐ~」をそれぞれ発表しました。自然環境学習の森でフォトコンテストを開催しようという提案に対しては、会場から「モデル撮影会を考えては」とのアイディアが出ました。「~若者が町を繋ぐ~」は、テーマ別にいくつかの分科会を持つ「若者サークル」を設立して若者による若者のための情報発信をしていくという提案で、実際に規約を作って、ボランティアセンターに登録することを考えています。
若者会議のような活動が継続していくには、町のことを知る、友達ができる、自分の成長につながる、スキルや専門性が身につく、とにかく楽しいなど、自分のためになるという実感が得られることが鍵になるのだと思います。

Wakamonokaigi20180915

Dsc09030800

41739958_465760523931634_8747913681


Dsc090371200t

 
夜7時半からは、石浜西小学校で家庭系可燃ごみ処理有料化の説明会を開催しました。この連休中は、明日も、明後日も地区を変えて説明会を行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/04

シルバーフェスタ2018 のご案内

シルバーフェスタ、今年も開催します。町内で福祉関係などの活動をしている皆さんが、有志で始めた、高齢者を中心にどなたでも参加できるお祭りイベントです。
介護施設等PRコーナー、見て踊って楽しもう!、まちの保健室、なんでも相談コーナー、老人クラブ連合会、シルバー人材センター、おしゃれコーナー、チャレンジ体験コーナー、変身写真館、歌声喫茶、にじカフェ、休憩談話コーナーなどが出展します。
主催の「チーム にじ」は、東浦のまちをもっとステキにしたい!と活動しているボランティアグループです。住み慣れた地域で自分らしく安心して暮らし続けていくために、”自分にできること”を見つけてみませんか。みなさんのご参加を心からお待ちしています。

Silverfesta20180922a2

Silverfesta20180922b2

こちらは、昨年のシルバーフェスタの様子です。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/09/post-b2cb-2.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/01

男女共同参画 映画会&ミニ講座「八重子のハミング」 のご案内

若年性認知症になった妻を12年間にわたり見守った、夫の介護体験の物語。私たちもいつ介護する側、される側になるかもしれない今日です。上映に先立ち、東浦町高齢者相談支援センター長の高見靖雄さんに、夫(男性)による介護の現状と今私たちが心にとめておくべきことなどをお話しいただきます。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6743.htmlをご覧ください。

Eigakai_minikoza_20180909a

Eigakai_minikoza_20180909b

東浦町高齢者相談支援センター(地域包括支援センター)は、高齢者の生活を支える総相談機関として、行政の委託により社会福祉協議会が運営しています。気軽にご相談ください。

Hidamaricafe201606a

Hidamaricafe201606b

Shokisyuuchuushien_team201806a

Shokisyuuchuushien_team201806b

Houkatsu_menber201806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

よむらびフェスタ、若者会議、認知症フォーラムなど

土曜日は、図書館のよむらびフェスタ、若者会議、東ヶ丘の夏まつり(盆踊り)などがありました。

よむらびフェスタは、紙芝居、読み聞かせ、子ども工作、音訳ボランティア、読書会など、図書館に関わる様々なボランティアグループによる出し物がありました。「図書館のカイダン」は初の試みで、普段は鍵のかかっている屋上に通じる階段を使った夏向けのアトラクションです。同じく今回初登場したよむらびの着ぐるみ君は、さっそく子どもたちの人気者になっていました。

 Dsc07624800t Dsc07629800
 Dsc07643800 Dsc07663800
 Dsc07675800t Dsc07723800
 Dsc07694800t Dsc07699800
 Dsc07697800 Dsc07705800t
 Dsc07719800 Tosyokan_kaidan20180804

 

午後から若者会議を開催しました。今回はシリーズ2回目で、中高生と大学生が参加、3つのグループが前回決めたテーマ「若者の防災意識の向上」「自分たちのできることから(まちの情報発信)」「自然環境学習の森における保全活動の充実」の取り組み内容について意見を出し合いました。防災については、うんこ漢字ドリルにあやかった「うんこハザードマップ」や「フィールドアスレチック的な体験」「アルファ米アイスクリーム」など子どもの気を引くPRやイベントやグッズはどうか、情報発信については、若者向けにツイッターやLINEによる情報発信をしてはどうかなどの意見が出ました。里山保全については、ムシやカエルなど自然の生き物が苦手な若者や自然体験の希薄な若者の参加をどうやって募るかが課題になりました。

Dsc07715800

 

日曜日は、名古屋市博物館で開催中の「現展」を観に行きました。行ったら、出品者の夏目さん田中さん水上さんと、「ひがしうら映画プロジェクト」の石丸監督と会場でばったり。作品を見ながらしばし談笑させていただきました。水上さんの作品はアクア・トトぎふのピラルクーを描いたものだそうです。
博物館では、尾張・知多の海とひとびとをテーマにした特別展「海たび」も開催していました。

Dsc_6783800p

38448926_682321702115216_1780670338

 Dsc_6786800t Dsc_6789800p
 Dsc_6790800 Dsc_6792800


Dsc_6801800

 

文化センターにて認知症フォーラムを開催。国立長寿医療研究センターのお二人に講演をいただきました。
お馴染みの認知症専門医の遠藤英俊さんからは、「認知症の兆候とは何か。また、認知症を予防するには、生活習慣病の予防、有酸素運動、知的活動、食事が有効。知的活動としては、例えば、日記など文字を書くこと、退職後の社会参加、自分より若い友人を持つこと、昔を回想することなど。食物としては、カレーを週3回は食べることを推奨、柑橘類や茶を薦める人も居る。」などのお話しをいただきました。
理学療法士の中窪翔さんからは、「コグニサイズとは、頭を使いながら同時に運動することで、”Cognition”+”Exercise”の造語。全身を使った中強度の運動と、尻取りやカウントやジャンケンなど運動しながら間違える程度の問題を組み合わせる。」とのお話を伺ってから、椅子に座ったままみんなでコグニサイズ体験をしました。
まちじゅうで認知症についての理解を深め、認知症になりにくく、認知症に優しいまちづくりを進めていきたいと思います。

 Dsc_68041000p Dsc_68291000p

 

郷土資料館(うのはな館)では、企画展「東浦で発見 ~弥生時代・古墳時代の村~」を開催中です。
縄文時代の入海貝塚からの出土品や中世の古窯などからの出土品とともに、昨年度大規模な発掘調査をした天白遺跡の出土品を展示しています。天白遺跡からは、弥生時代から古墳時代、そして中世にかけての出土品や遺構が見つかっています。

 Dsc_6833900tp Dsc_6835900tp
 Dsc_6838800 Dsc_6842800
            Dsc_6843800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

「認知症フォーラム」のご案内

国立長寿医療研究センターの遠藤英俊氏と中窪翔氏をお招きして認知症フォーラムを開催します。

 日時: 8月5日(日) 14時から
 場所: 文化センター

 プログラム:
   第1部
    講演 「ボケない!“元気脳”のつくり方」
    講師 国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長
        遠藤 英俊(えんどう ひでとし)医師
   第2部
    講演 「今日から実践!コグニサイズで認知症予防」
    講師 国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター
        予防老年学研究部健康増進研究室 流動研究員
        中窪 翔(なかくぼ しょう)理学療法士

元気脳を鍛えて、いつまでも若く生き生きと!! 認知症予防について学ぶ講演会です。どなたでも参加できます。詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6599.htmlをご覧ください。

Dementiaforum20180805

お二人の講師の紹介です。

 遠藤英俊さん
認知症専門医で、認知症の正しい知識や支援方法を多くの人に理解してもらうために、診療室にとどまらず、講演会はもちろんテレビ朝日「たけにの家庭の医学」等のテレビ番組や雑誌なと様々な分野で活動する行動派医師。

 中窪翔さん
理学療法士として地域在住高齢者を対象に主に介護予防や認知症予防をテーマとした臨床研究活動を行う傍ら、コグニサイズの普及を進めるために、講演や運動教室などを実施している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/03

高齢者福祉サービスのご案内

いろいろな高齢者福祉サービスがあるのをご存じでしょうか。
東浦町では、住み慣れたまちで自分らしく、生きがいを持って、安心して生活できるよう、それぞれの状態に合わせた様々なサービスを提供しています。

Koureisyahukushi_syoukai2018a

Koureisyahukushi_syoukai2018b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/27

愛知県歯科医師会とオーラルフレイル事業の連携に関する協定を結びました。

昨日、愛知県歯科医師会館で、一般社団法人愛知県歯科医師会と一般社団法人半田歯科医師会と東浦町が、「オーラルフレイル事業の連携に関する協定」を締結しました。協定締結にあたり記者会見を行い、新聞、TVニュースでも報道されました。

Dsc_64011000t

東浦町では、平成29年度から国立長寿医療研究センターと提携してフレイルチェック事業を行っています。フレイルとは、介護手前の心身機能の虚弱状態で、早期に発見し適切な対応をとることにより、元の健康に戻せる状態のことを言います。

オーラルフレイル事業は、愛知県歯科医師会が、心身機能のフレイルに対して、口腔機能のフレイルに着目し、東浦町の65歳以上の高齢者を対象に口腔内の健康と身体全体の関係を調査する研究事業です。町内の高齢者約1万3千人に案内を送付し、口腔機能をチェックします。同時に身体の虚弱状態を尋ねるアンケートや、半田歯科医師会に所属する町内の歯科医師の協力のもと個別検診も行う予定です。これらの調査を基に、愛知学院大学歯学部、国立長寿医療研究センター、あいち健康の森健康科学総合センターの協力を得てデータを解析し、口腔機能の低下をいかに防ぎ、認知症予防や介護予防につなげていけるかの知見を得ようとしています。

協定の期間はひとまず1年としていますが、健診やその後の医学的介入の追跡調査等を含めると3年以上の長期にわたると考えられます。本事業は、厚労省からの補助金約1300万円を使って行われるもので、治療費以外の住民負担はありません。東浦町としては、本事業のような学術的な調査からの知見を活かして、エビデンスに基づいたより効果的な健康施策を行っていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

フレイルは予防が可能です。

Frailty_kouhou_01

Frailty_kouhou_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧