心と体

2022/07/03

社会を明るくする運動 第30回 地区フォーラム

社会を明るくする運動 地区フォーラムが開催されています。6地区のフォーラムを私と副町長と教育長の3人で分担して出席しています。

昨日は石浜地区のフォーラムに出席しました。まず、東浦中学校の田川校長先生から「東中はすごく落ち着いてきたので、希望者への学習支援など学力向上に努めている。やたらと禁止の多い校則も、学習効果や保護者の負担、〇〇らしさに配慮しながら、生徒にも考えてもらい見直しを進めていく。令和5~7年で休日の部活動を地域に移行したい。」と報告がありました。
指導主事の松尾先生からは、不登校が学年ごとに年々増えている現状について、竹内先生からは、子どもたちのスマホ動画やゲーム依存の現状について報告がありました。
参加者からは「子どもたちはやっちゃいけないことが多くて自由に遊べない、塾や習い事のスケジュールがびっしりで、発散の居場所がない。」「不登校児童・生徒の親が互いに気づきを得られるコミュニティがあれば。」のような意見が出ました。相田みつをさんの詩「トマトがねえ、トマトのままでいれば 、ほんものなんだよ。トマトをメロンにみせようとするから、にせものになるんだよ。みんなそれぞれにほんものなのに、骨を折って、にせものになりたがる。」の紹介もありました。

今日は卯ノ里地区のフォーラムに出席しました。テーマは虐待・マルトリートメント。すぐに言うことを聞かない幼児を待てない母親と、中学受験のために勉強を強いる母親が、子どもの持つペースや子どもの意思を尊重することに気づくお話しをDVDで観ました。次に、町内の児童養護施設風の色」の都築施設長から以下の内容の講話がありました。

 虐待には、身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、経済的虐待、ネグレクトネグレクトがある。虐待を認知したら通告は国民の義務で、虐待と認定されなくても責任を問われることはない。児童相談所虐待対応ダイヤル「189」(いち早く!)は全国共通。理由に見合わないペナルティも虐待と見なされる。民法にある親の懲戒権についても削除の方向にある。
 親が子どもを変えられるのは、保育園まで。そもそも遺伝で決まる性質もあるし、環境にしても親との関係ばかりではない。指示しなくてもできる子もいれば、言ってもできない子もいる。それは個性だ。叱ることには無意識の快感があるので、どんどんエスカレートしてしまう。人生の選択権は子どもにある。
 子どもを ①追い詰めない(2回言ってもダメなら3回目にはやってやる) ②諦めない(何度でも誘ってやる) ③一緒に行う(一緒に片付けましょう!と声をかける)ことが必要。 自分でやってみたいと気づかせることが大事だ。

校長先生や保育園長から、子どもたちの様子についてのコメントもありました。地域ぐるみで子どもたちを温かく見守っていきたいものです。
最後に、中学生の意見発表と、西中吹奏楽部の演奏を聴きました。

20220703_1355521200pnnnnn20220703_1403051200pnnnnn

20220703_150235640pnnnnn

 

| | コメント (0)

2022/06/18

おからと摘果ぶどうを使用したレシピ考案・試作店募集!

おからと摘果ぶどうを使用した「ご当地グルメ」のためのオリジナルメニューを考案してみませんか!!

東浦町では、骨折予防プロジェクトの一環として、商工振興課と農業振興課、ふくし課、健康課がコラボして、ご当地グルメ開発を進めています。健康施策としての栄養指導にとどまらず、地元産品や地元の知恵など地元の資源を活用して、東浦ならではのご当地グルメの開発を目指しています。また、町内飲食店や企業の社員食堂への応用や従業員の食生活改善を通じて、健康経営の推進につなげていきたいと考えています。

その一環で、おからと摘果ぶどう(両方またはどちらか)を使用したメニューを町内各飲食店で考案していただき、飲食店オリジナルメニューをご当地グルメとしてPRしていきます。そのためのレシピと試作品を募集します。

試作期間は、6月から8月まで。末試作期間は、おからパウダーと摘果ぶどうを無償提供します。

では、なぜ、おからと摘果ぶどうなのでしょうか??
ご当地グルメ開発は、骨折予防プロジェクトの一環として「身近な食を通してみなさんに骨折予防に取り組んでもらいたい」という思いからスタートしました。そして、東浦町のご当地グルメは以下の3つのコンセプトを掲げています。これらを満たす食材として選ばれたのが「おから(豆腐の製造過程で生ずる大豆の絞りかす)」と「摘果ぶどう(果実の成熟のために余分な幼実を摘み取ったもの)」です。

・骨折予防に役立つこと
・東浦町に紐づけられること
・環境に優しいこと(SDGs)

 
応募またはお問い合わせは、下記まで。

商工振興課 商工観光係(東浦町勤労福祉会館)
〒470-2103 愛知県知多郡東浦町大字石浜字岐路28-2
電話番号:0562-83-6118
ファックス:0562-83-6117
商工振興課 商工観光係へメール

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shokoshinko/shokokanko/gyomu/gotouchigurume/12176.html をご覧ください。

| | コメント (0)

2022/06/14

「夏のDigi田甲子園」に出場することになりました。

国は、地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、世界とつながる「デジタル田園都市国家構想」を掲げています。この一環として、本構想の実現に向けた地域の取組を広く募集し、特に優れたものを表彰する「令和4年度 夏のDigi田甲子園」を開催します。
愛知県では、県内市町村から応募のあった11件の取組を、有識者等による選考会にて審査した結果、東浦町を含む以下の4件の取組が国に推薦されることが決定しました。
全国の本選では、各取組ごとに1分間程度のプレゼン動画を作り、国民によるインターネット投票を経て、有識者による委員会の審査で受賞取組が決定されます。

 

区 分

市町村名

取組名称

実装部門

指定都市・中核市・施行時特例市

名古屋市

AIを活用した地域防犯パトロール活動の活性化[PDFファイル/873KB]

上記を除く市

西尾市

LINE連携によるオンライン申請サービスへの取組[PDFファイル/653KB]

町村

東浦町

もりもり筋活&こつこつ骨活「骨折予防プロジェクト!」[PDFファイル/361KB]

アイデア部門

豊田市

救急活動のDXで市民サービスを向上[PDFファイル/404KB]

 

東浦町では、国保データベースを活用した医療費の把握電子@連絡帳「おだいちゃんネットワーク」を活用した専門職間での介護対象者の医療・福祉・生活情報の共有、各種メディアを使った「東うらうら体操」のPR動画による普及やweb選手権の開催、骨を強くするレシピコンテストなどを通じて、誰でも楽しみながら骨づくりをする「骨折予防プロジェクト」を大学、民間、農商工振興など行政の他部門と連携しながら進めてきました。特段デジタル活用にこだわってきたわけではありませんが、今回、優れた取り組みとして推薦されたことを契機に、さらに充実した展開に努めていきたいと思います。
夏のDigi田甲子園、がんばります!

Kossetsuyobouproject-digidenkoushien2022

 

| | コメント (0)

2022/04/27

国立長寿医療研究センターに新棟が完成

国立長寿医療研究センター第2診療棟が完成し、竣工記念式典と内覧会が開かれました。第2診療棟は、地上5階、延床面積約12,534㎡で、300床の病床と、ロコモフレイルセンター、感覚器センター、メディカルゲノムセンター、最先端画像解析センター、ロボットセンター・連携ラボ、もの忘れセンターなどの臨床研究機能を備えています。総工費約50億円は、国費と借入で賄われる他、約10億円の県費が投入されています。国立病院の事業に県が補助を出すのはこれまでなかったことだそうです。
式典では、荒井理事長の挨拶の後に、大村愛知県知事、國土国立国際医療研究センター理事長の祝辞があり、次いで大府市長と東浦町長が地元の首長としてお祝いを述べました。
東浦町は、国立長寿医療研究センターとは、オレンジタウン構想の一環でプラチナ長寿検診でお世話になっているほか、地域包括ケアの推進と介護予防および認知症予防について連携・協力に関する協定を結んでいます。東浦町が国民健康保険のレセプトデータを提供し、国立長寿医療研究センターがそれを分析し、介護予防や認知症予防に的確に介入できるようになることを期待しています。
地元に高齢者を専門に看られる医療機関があることは本当に心強いことで、住民の安心につながっています。新棟完成により施設が一新され、さらに充実した医療と長寿研究が行われることを心から願っています。

Img_52381400tp2nnnnn

Dsc03600800pnnnnnDsc03625800nnnnn
Dsc036081200tnnnnnDsc03611800pnnnnn
Dsc03613800pnnnnnDsc03620800nnnnn

| | コメント (0)

2022/04/25

かくさ~ん Vol.7~Vol.10 を紹介します

ゆうゆうクラブ(老人クラブから改称)の総会が3年ぶりに開催されました。原田会長は挨拶の中で、各地区にある“老人憩の家”を“ゆうゆう憩の家”に改称して、全年齢が交流できる場所にしていきたいとおっしゃっていました。会場では総会の資料と共に、最新号の「かくさ~ん Vol.10」が配布されました。

かくさーん」は、地域にある楽しい集いや元気な人を紹介したり、役立つ情報、思わず笑顔になっていただけるような情報を満載。まちを元気にしたい!地域のみなさんにいつまでもこの地域で自分らしく生き生きと生活していただきたい!との思いで、町の協力のもと社会福祉協議会が発行しています。「助さん」の相棒にちなんで、また、情報を拡散すると言う意味も込めて「かくさーん」と名付けました。

「かくさ~ん」は、自分らしく元気に生き生き活躍している「幸齢者」にスポットを当て編集してきました。これまで、Vol.1からVol2,Vol3Vol.4Vol.5Vol.6 はつれづれログで紹介しています。Vol.7 から最新号までを以下に紹介します。

 

 

 

 

東浦町は、誰もが住み慣れたこの町で安心して自分らしく暮らしていける、そんな「ふだんのくらしのしあわせ」を、町内にある様々なサービスなどを生かしながら、地域ぐるみで支え合うまちづくりを目指しています。
家族が近くにいない、近所との交流が希薄など、生活への不安を抱えている方が増えており、介護保険制度や福祉サービスのほか、ちょっとした地域での支え合いが必要です。

まちに元気と笑顔を届ける年3回発行の情報誌「かくさ~ん」、以外にも、ひがしうらアクティブシニア応援ガイド「助さん」や、町内の移動手段を紹介!ひがしうらおでかけサポート「カーさん」、緒川地区の身近な居場所を紹介!地元の皆さんが作った「おもだかたちよりマップ」など、地域福祉の各種情報誌を紹介します。

Kouhou-fukushi20210301a
Kouhou-fukushi20210301b

 

| | コメント (0)

2022/04/20

『東浦町の地域福祉を考えるシンポジウム  ~「あんきに」に暮らせるまち 東浦 の実現に向けて~ 』  参加者大募集!

東浦町では、第2次地域福祉計画を策定しました。地域福祉計画をつくるにあたって、どんな考え方に立ち、どんな地域福祉を想い描いているか、計画の策定に関わった方たちを交えて、「東浦町の地域福祉を考えるシンポジウム」を開催します。
東浦で暮らし、活躍するすべての方へ。私たちの「できること」を一緒に考える時間です。

 
日時: 5月9日(月) 18時30分から20時まで

参加方法: オンラインまたは会場参加
     (web会議ツール「Cisco Webex Meetings」を利用)
  ・会場(定員:50名 先着順)東浦町役場 西会議室棟 2階 食堂
  ・サテライト会場(定員:100名 先着順)追加決定!
  ※各施設のご協力により、町内各地区にサテライト会場が追加されました!

内容:
 1.行政・社会福祉協議会の説明
  テーマ: 第2次東浦町地域福祉計画の策定について

 2.パネルディスカッション
  テーマ: 「あんき」に暮らせるまち 東浦 の実現に向けて

  ファシリテーター
  ・日本日本福祉大学 社会福祉学部 教授 原田 正樹氏
   (東浦町地域福祉推進委員会 アドバイザー)

  パネリスト
  ・社会福祉法人愛光園 理事長 日高 啓治氏
   (東浦町地域福祉推進委員会 委員長)
  ・NPO法人知多地域権利擁護支援センター 事務局長 金森 大席氏
   (ほっとけん部会 部会長)
  ・NPO法人絆 代表理事 山埼 紀恵子氏
   (やくわり部会 部会長)
  ・藤江プロジェクト 代表 田島 由美子氏
   (ささえあい部会 部会長)
  ・社会福祉法人東浦町社会福祉協議会 会長 恒川 渉氏
  ・東浦町長 神谷 明彦

申込方法:
 申込用紙に、①氏名、②年齢、③所属(福祉団体、会社名など)、
 ④電話番号、⑤メールアドレス、⑥参加方法
 を記入のうえ、メール、ファックスまたは直接問い合わせ先へ持参してください。

 
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kenko_iryo/syakaihukushi/1463559552345.html をご覧ください。

Chiikifukushi-sympo20220509a

 

Chiikifukushi-sympo20220509b

 

| | コメント (0)

2022/04/19

CSW を6名体制に増員

東浦町では、2017年年4月から社会福祉協議会に委託して、コミュニティソーシャルワーカー(CSW)を配置しています。2016年3月に策定された「第1次東浦町地域福祉計画」に掲げられている「専門職の連携により地域包括ケアシステムが構築され、安心して生活できるまち」の実現を目指し、自ら地域に出て行って、支援が必要であるにもかかわらず支援が届いていない人に直接アウトリーチ活動をしてきました。
今年3月には第2次東浦町地域福祉計画を策定。「ほっとけん」「やくわり」「ささえあい」を基本目標に、相談支援の充実ではCSWの強化を謳っています。それに沿って、4月から、これまで3人だったCSWを6人に増員し、町内6地区を北部(緒川・森岡)、中部(緒川新田・石浜)、南部(生路・藤江)の3つのエリアに分け、それぞれのエリアをCSW2名で担当することとしました。

Csw-syoukai-20220401a
Csw-syoukai-20220401b
 

 

コミュニティソーシャルワーカー(CSW)は「地域の福祉相談員」です。東浦町では、以下のような活動を行っています。
・地域住民から相談を受け、必要な支援を行政や支援機関につなぎます。
・支援が必要な世帯に出向いて、相談の働きかけを行います。
・公的制度につないだ後、地域住民とのつながりを構築します。
・地域に必要なサービスの創出、サービスの担い手の育成、サービスの担い手が活動する場の確保等の資源開発を行います。
・地域での活動者をはじめとした関係者間の情報共有ができるネットワークを構築します。
・地域の支援ニーズとサービス提供主体の活動のマッチングを行います。
地域の皆様が、いつまでも住み慣れた場所で安心して暮らしていけるように、地域の福祉相談員であるコミュニティソーシャルワーカーが精いっぱいお手伝いします。福祉に関するお困りごとがありましたら、お気軽にお声かけください。

CSW(地域福祉相談員)のご紹介
→mediasエリアニュース(動画)から東浦町のCSW スタッフ増員で体制強化」

社会福祉協議会では、CSWの「仕事内容」や「どんなことが相談できるのか」を知っていただくために、活動の様子がよくわかる動画を作成しました。ぜひご覧ください。


 https://youtu.be/vwIF5cpYePw

| | コメント (0)

2022/04/15

みんなの居場所で健康体操

今日のラソ・プラザは、午前中、ランチ付きの買い物支援「サロンde
ショップ」。午後はみんなで健康体操をやっています。

278374433_5708923632456522_2102641471983
278461283_5708924502456435_3105047860898

 

| | コメント (0)

2022/03/29

国立長寿医療研究センターとの協定締結

3月28日に、国立長寿医療研究センターと東浦町との連携・協力に関する協定を締結しました。
5年前に結んだ協定は、フレイル研究に特化したものでしたが、今回、協定の更新にあたって、目的を「地域包括ケアの推進と介護予防および認知症予防について連携し、町政への助言を行うこと等により、もって相互の親密な連携・協力を図り、相互の発展に資する」としました。また、提携・協力分野については、「フレイル」の文言を削除し、「(認知症施策事業の支援の)対象者の抽出および介入」「介護予防教室等の開催内容の検討」を加えました。
事業の成果や実施の過程に係る評価、医療・介護・保険の連携体制の構築については、引き続き重要なテーマとして取り組むとともに、これらの分野について随時互いに成果報告を行うこととしています。

国立長寿医療研究センターの荒井秀典理事長は、多因子介入の研究と、研究成果の社会実装を精力的に進めているとおっしゃっていました。東浦町との連携が、介護予防および認知症予防の進歩に貢献することを願っています。
このような連携・協力により、エビデンスに基づいたより効果的な施策の展開を可能とするとともに、いつまでも自分らしく健康に生きられる社会を実現していきたいと思います。

Kyoutei-ncgg20220328

 

| | コメント (0)

2022/03/26

みどり浜で行われたプロギングに参加

プロギングは、ジョギングしながらスポーツ感覚でごみを拾うSDGsフィットネスです。東浦出身の常田英一朗さんが全国に広める活動をされています。東浦でもぜひ!と言うことで、常田さんをお招きして直伝のプロギングを開催しました。

はじめに、簡単なガイダンスと準備体操をしました。こんな風に走りながら格好良く拾ってみましょう。

Dsc02049800nnnnnDsc02047800nnnnnDsc02048800nnnnn

 
藤江の海岸にあるみどり浜緑地を出発、渡船場から田んぼの中を通って須賀川河口へ、そして一周して戻ってくるコースをたどりました。途中、道端に、紙ゴミ、プラスチック、空き缶、タイヤから大量のスプレー缶まで、よく見ると「こんなとこにも!」たくさん落ちています。

Dsc02056800pnnnnnDsc02061800nnnnn
Dsc02062800pnnnnnDsc02074800pnnnnn

みんなでワイワイ言いながら戻ってきたらちょうど雨が降ってきました。集めたごみの重量は57kg。みんなでごみを拾いながらほどよく運動して、最後に記念写真を撮って、「おつかれざま!」の掛け声で気持ちよく解散しました。

Dsc02088800pnnnnnDsc02117800nnnnn
Dsc02131800pnnnnnDsc02125800nnnnn
Dsc021101200nnnnn

いくら良い活動でもストイックなだけでは長続きしません。フィットネスをしながらストレス解消、そしてコミュニケーションもあって、自分の楽しみでありながら、ごみのないまちづくりにも貢献できる。そんなところに、この活動の魅力を感じます。若い人たちの参加が多いのも特徴だと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧