心と体

2017/08/01

非行防止と青少年健全育成町民大会

少し前のことですが、7月1日に、非行防止と青少年健全育成町民大会を文化センターで開催しました。

冒頭に私からは、「居場所とは物理的な場所を指すのではなく、人が周りから信頼され存在価値を感じられる環境のこと。そんな居場所をたくさんあるまちにしたい。」と挨拶。来賓の保護観察官からは「人口10万人あたりの初年非行はこの10年で半分以下に。非行少年が少数派になったからと言って、切り捨てにつながるのは危険。非行や犯罪を犯した人の立ち直りを支えることが大切だ。」とのご挨拶をいただきました。

中学生の意見発表では、東中3年の黒野さんは「誰もが住みやすい世の中へ」と題して、修学旅行で東京の電車に乗った時、の駅員さんや道を尋ねた人の応対や、自分たちの障がいのある人への対応を臨場感を持って振り返りました。
北中の澤田さんは「スマホと上手につきあうために」と題して、「自分はスマホを持っていないので寂しさや不安を感じることもあるが、夏休みに友人と二人で、紙の地図と現地の人とのコミュニケーションを頼りに、自転車で知多半島を一周。感動をスマホに求めてはいけない。ジャスティン・ビーバーが「スマホと教室とどちらが広い?」と言うけれど、教室にはリアルな何でもある。」と結びました。
西中の橋さんは「仲間と創った大切なもの」と題して、於大まつりの中学生企画「えんにち」でを3年生になっても続けて、グループリーダーを務めて、チームワークの深まりを感じたことを生き生きと語りました。

更生保護女性会の活動は、犯罪を犯した人の更生と社会復帰、青少年の健全育成、子育ての支援を3つの柱としていますが、この中で会の名称の由来ともなっている犯罪を犯した人の更生と社会復帰は、会の発足時からの大きなテーマです。取り組みの難しいテーマではありますが、日頃、町内の保護司の皆さんや保護観察所の方たちと情報交換しながら、犯罪を犯した人の理解や社会復帰しやすい社会環境づくりなどにご尽力をいただいています。
 →立ち直りを支える「地域のチカラ」

この日は、北九州市でガソリンスタンドを経営する傍ら、不登校、少年院刑務所出身者や保護観察中の少年少女たちなど、20年間で130人もの若者を積極的に雇用し、社会復帰を支え続けていらっしゃる野口石油社長、福岡県就労支援事業者機構理事の野口義弘さんをお招きして、「信じ続ければ答えてくれる」と題して講演をいただきました。

Dsc_5862_800x599

反省は一人でもできるが更生は一人ではできない。
野口石油は100%入社させる。自己否定はしない。解雇はない。
平成15~17年をピークに少年犯罪は減っているが、再犯率は入所してまた地元に帰ってきた時にどう迎えるかにかかっている。
罪状は言わないが、保護観察中であることはオープンにする。
少年院は時間に厳格だが、ふつう若者は夜型だからすぐに生活態度が乱れがちになる。朝、社員に迎えに行かせたりもする。共同で支え合いながら作業をすることにしている。通常の「5S+作法+姿勢」で7Sを実践するようにしている。ウソを言わない、金をごまかさないも、しつこく言っている。
非行の99%は親の責任だ。本当の居場所は家庭にあるべきだ。最初に、少女を雇い入れたとき、保護司だった妻から「ちゃちゃを入れずに正面から向き合って目線を合わせろ」と言われた、手を握ることによって相手と気持ちが通ずる。
出会う大人によって、子どもは変わる。警察から指名手配されているけど、いい子がいるからと言われて面接したこともある。更生のために自首を勧めた。審判のときに自分は少年の雇用証明書と嘆願書を出した。雇用主の熱意が通じて保護観察処分になった。いま、その本人が協力雇用主になっている。

 https://www.fesco.or.jp/winner/h23/236.php
 http://www.data-max.co.jp/2011/06/1_404.html
 http://www.kameyama-mie.jp/~kblog/higashi/files/2016/04/0086362e9ea6e1492fcf949a6f8773c6.pdf

講演の後で、野口さんと懇親会に同席させていただきました。
野口さんは、互いに理解し合う、心を通じ合うことを大切に、握手やハグを積極的にされているとのこと。熊本のご出身ですが、米焼酎よりも清酒がお好きなのだそうです。

 

※協力雇用主とは・・・以下、「協力雇用主就労支援ハンドブック(平成29年 北九州市発行)」からの抜粋です。

Kyouryokukoyounushi2017fukuoka

※協力雇用主になるには・・・
「顔の見える関係」が大切ですから、保護観察所(愛知県であれば名古屋保護観察所)にご相談いただき、保護観察所の方から制度についての説明をさせていただくとともに、業務内容や労働条件について、まずはお話を伺うところから始まります。
協力雇用主には、保護観察対象者等に対する①信頼関係の構築②生活習慣の改善③規範意識、就労意欲の向上④仲間としての扱い を期待しています。
協力雇用主をサポートする国の支援制度としては、刑務所出所者等就労奨励金、身元保証制度、トライアル雇用制度など、また福岡県では入札参加資格における貨店制度や就労身元保証制度(協力雇用主損害見舞金制度)などがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/19

食事もできる「居場所」ができました。今月も開店します。

町内2か所で、有志による「みんなで食事のできる居場所」がオープンしました。現在は、それぞれ月1回の開店です。いろいろな工夫が詰まっていそうで楽しみです。サポーターも募集しています。

 

●子ども食堂in石浜「はるたま」

今月の子ども食堂「はるたま」さんは、7月21日(金)14時に開店、18時から19時まで食堂になります。場所は石浜区民館にて。
今回のメニューは ちらしずし+すまし汁+おたのしみ だそうです。こども200円、おとな300円で提供します。

「はるたま」は、ごはんも食べられるみんなの居場所。
宿題OK!お絵かき、トランプ、かるたもあります。
放課後をみんなで過ごしませんか。子どもだけでも入れます。
おいしいごはんをみんなで食べましょう♪

詳しくはこちら→https://www.facebook.com/harutama1480/?fref=ts

Harutama20170721

 

●緒川新田「みんなのいえ」

今月は、7月29日(土)10時から12時に新田会館で開店。夏らしく、みんなで 流しそうめん を食べるそうです。入場料はこども100円、おとな200円。

ここに来れば、みんなの笑顔と笑顔がつながる!「みんなのいえ」は子どもも大人も多世代で、だれでも気軽に交流と共食を楽しむ場です。
絵、工作、読書感想文・・・夏休みの宿題を持ってみんな集合!宿題を見てくれる先生も来ます。

詳しくはこちら→https://www.facebook.com/minnanoie.sinden/?fref=ts

Minnanoie20170729

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/18

6月のオレンジカフェ「こころ屋」 のお知らせ

6月25日(日)9時半~12時ころ 森岡台自治会集会所にて 参加費300円

今回は、インド発 笑いヨガ だそうです。

こころ屋についてタイムリーな情報はhttps://www.facebook.com/kokoroya2015/から。

ミニライブラリー『ぐるぐる図書館in東浦@こころ屋』も併設。認知症に関する書籍や介護に関する書籍、趣味本や絵本、昭和を思い出す昭和写真雑誌も揃っています。

Kokoroya20170625a

Kokoroya20170625b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/08

NPO子ども健康フォーラム 第18回子どもの療育環境研究会 のお知らせ

毎年、下記の案内をいただいています。

第18回子どもの療養環境研究会

平成29年6月18日(日)に大府市、あいち小児保健医療総合センター内 大会議室
で開催する子どもの療養環境研究会のプログラムです。

 子どもの健康をとりまく状況は、単に身体面の問題だけでなく心の健康まで考えると、かなり深刻なものとなっています。今や小児医療という枠の中だけでこの状況を解消することは難しく、親子関係、環境問題、地域コミュニティのあり方まで含めて考えていく必要があります。
  「NPO子ども健康フォーラム」では、このような多分野におよぶ難題を解決するために、NPO設立前より医療、保健、教育、保育、遊び、建築といった幅広い分野の専門家で構成された「子どもの療養環境研究会」において、勉強会や研究発表会を開催してきました。
 勉強会では、病院における子どもの療養環境の改善につながるあらゆるテーマを勉強し、より多くの人にこの難しいテーマを理解して頂けるように研究発表会を開催して働きかけてきました。また、研究発表会と勉強会で得られた知識を“あいち小児保健医療総合センター”の療養環境の整備に役立てています。さらに、この活動が病院外の地域における子どもの生活環境の改善にもつながることを期待しています。

Ryouikukenkyuukai20170618a

Ryouikukenkyuukai20170618b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/04

スポーツ祭、無料歯科検診、スポーツ科学の講演

スポーツ祭の開会式のアトラクションで、カローリングをしました。「カローリング」と言うのは、「カーリング」と「軽やかにローリング」からの造語です。「ジェットローラー」と呼ばれるプラスチック製の円盤を「ポイントゾーン」と呼ばれる的の中心に一番近い所に止めるのを競います。

 Dsc04302_800x600_2 Dsc04305_800x600_2

 
保健センターでは、歯科医師の皆さんの協力で、無料歯科検診・フッ素塗布が行われました。大人と子どもを合わせて230人ほどの来場がありました。

 Dsc04310_640x480 Dsc04307_640x480

 
午後から、知多北地区スポーツ推進委員の研修会で、仙台大学大学院スポーツ科学研究科・体育学部運動栄養学科の早川公康教授に、「年代に応じた健康増進・体力増強のための運動・栄養・休養の正しい理解」と題して、ご講演いただきました。早川教授は東浦のご出身、西部中学校の第1期生です。
私は、子どもの頃から睡眠時間をたっぷりとることを心がけてきましたが、歳のせいか最近眠りが浅くなってきたような気がします。講演のあとで早川教授から「質の高い睡眠をとるには、脳と体の両方の心地よい疲労があると良い。牛乳などのカルシウムをとると落ち着く。」などのヒントをいただきました。
以下、講演の一部を紹介します。

Dsc04327_640x480

健康を決定づける三要素は、運動、栄養、休養。
必要な睡眠時間は年齢とともに減少。目安としては、4~6歳で10~13時間、13~18歳で8.5~9.5時間、高齢者で7~9時間程度だが、日本人の平均睡眠時間は不足傾向にある。睡眠時間が短いと、①食欲が増え肥満になりやすい ②肌の老化が進行しやすい ③ストレスがたまりやすくなりうつ病発症リスクが増加 ④免疫力の低下やがん発症リスクの増加 ⑤血圧の上昇と心疾患リスクの増加 ⑥生活習慣病にかかりやすい ⑦集中力が落ち重大事故発生リスクが高まる。
体のパーツを強化するよりも、無理のない運動で動作の質の向上を目指す認知動作型トレーニングは、スポーツ動作学習およびフォーム矯正効果を持ち、高齢者の健康維持にも役立つ。運動習慣を継続できないのは、その運動自体がその人に合っていないから。運動自体に良好な感覚刺激があれば、誰かに励まされなくても意欲を持って継続したくなるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/24

長寿研・あいち小児 医療現場臨床ニーズ発表会 in 国立長寿医療研究センター に出席しました。

 ウェルネスバレー推進協議会(会長:国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 理事長 鳥羽研二、事務局:大府市・東浦町)では、健康長寿の一大拠点の形成を目指す「ウェルネスバレー構想」の取組の一環として、医療機関から収集したニーズについて、この地域のものづくり企業と、全国的な販路を有する医療・福祉分野のメーカー等をマッチングすることにより、ものづくり企業の医療・福祉機器分野への参入を支援しています。
 今回のニーズ発表会では、医工連携を推進している東京都医工連携HUB機構と連携し、国立長寿医療研究センターとあいち小児保健医療総合センターが、下記のプログラムで、医療現場の臨床ニーズを発表しました。あわせて、医療者等との交流会も開催しました。

[ニーズ発表会概要]
  13:00-13:15 開会挨拶
  13:15-13:25 発表会の流れ・マッチング方法の説明
  13:25-15:20 臨床ニーズ発表
       医療機器開発につながるニーズ25件程度を発表予定
   ※発表ニーズはこちらです。
  15:40-17:10 医療者等との交流会

[参加予定の診療科・部門]
  臨床工学部、輸血管理部、整形外科、内科総合診療部、
 治験・臨床研究推進センター、救急科、脳神経外科、
 診療支援部 心理指導科、放射線診療部、薬剤部、PICU、
 看護部、臨床検査部

18679168_452885265058498_64078822_n
両医療機関の様々な部門から「これがあったらいいのに」と思えるようなニーズ発表がたくさんあり、それに応える全国から集まった医療・福祉分野のメーカー等で、会場は熱気にあふれていました。
少し残念に思ったのは、地元企業の参加が多くなかったことです。町行政と商工会事務局のPRが足りなかったことも反省せねばなりません。
 

Needshappyou20170524

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

第6回 おだい市&東浦セミナー

おだい市&東浦セミナーは、朝10時のオープンから盛況でした。今回は目標の400人を上回る過去最多の450人が訪れたそうです。

 18558630_1719047158110876_273501602 18588982_1719049284777330_554737361

 
勤労福祉会館の駐車場にキッチンカーや屋台がでて、食べ物が充実してきたのも好材料だったかもしれません。ブリトーのほかに、愛知県で唯一、農家レストランで特区をとってマイクロワイナリーを始めた日進のレストランの焼きそば(日進焼そば?)をいただきました。

 Dsc03838_800x600 Dsc03836_800x600
 Dsc03904_800x600 Dsc03906_800x600
             Dsc03839_800x600

 
今回は、発足から約1年の東浦フィルハーモニー管弦楽団の初演奏もありました。

  Dsc03848_800x600 Dsc03854_1024x768

 
ブラジルのフォークダンスみたいなフォホーの体験もありました。

 Dsc03891_800x600 Dsc03866_800x600
             18556003_450882555259133_7293168237

 
今回も議員有志による議会を知ってもらうセミナーがありました。

 Dsc03914_800x600 18527627_450780971935958_2063515868

 
住民有志が始めた「おだい市&東浦セミナー」が継続的に開催され、毎回少しずつ発展しながら成功を収めていることに、感謝と敬意を表したいと思います。

 Dsc03834_800x600 Dsc03858_800x600
 18519891_1506999546061689_743558916 Dsc03860_800x600
 Dsc03893_640x480 Dsc03902_800x600
             Dsc03897_800x600

 
夜、家に帰ったら、おだい市で買ったたい焼きが、頭だけになっていました。

Dsc03916_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

自戒を込めて

たしかに!!

 スマホで失うもの。
  睡眠時間
  体力
  学力...
  視力
  脳機能
  コミュニケーション能力

Dsc_5256
 お医者さんの待合室に貼ってありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

第6回 おだい市&東浦セミナー のご案内(再掲)

プログラムが若干変わりましたので再掲します。

5月20日(土)10時~16時、東浦町勤労福祉会館にて、第6回目となった「おだい市&東浦セミナー」が開催されます!

18136490_866212363517015_990244107_
生産者・製作者・サービスの提供者と住民・生活者が互いに顔の見える場を設けて、まちの元気につなげようと、皆さんの趣味、特技、想いを持ち寄って企画した、住民有志によるイベントです。

東浦セミナーとは・・・
教えたい人が教え、学びたい人が学ぶセミナー。講師がイベント価格で楽しく教えてくれます。
行政や議員有志もセミナー枠をもらって出展します。昨年発足した東浦フィルハーモニー管弦楽団のミニコンサートもあります。

おだい市とは・・・
於大の方(家康のお母さん)の名前からとった、フリーマーケット。生産者や製作者の顔が見えるマルシェです。癒し系の出店者もいるので、こころと体を元気にする市場になるでしょう。食べ物の出店もありそうです。

最新情報は、https://www.facebook.com/odaiiti/をご覧ください。

18405534_873963002741951_1989746115

18426436_873962999408618_1490426760

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

二日続けて碧南へ。午後からは臨時議会。

衣浦大橋 西行き(高浜→半田)の高浜側で橋脚の新設工事中。渋滞緩和のために左折車線を設置する県の工事です。現行の西行きの橋の隣に1車線分を増設して、橋全体を3車線化することになるそうです。今渡っている東行きのトラス橋は開通から60年を過ぎていて、架け替えを考える時期が来ています。

Dsc03691_800x600
 
昨日に引き続き、碧南市の衣浦港湾会館へ。今日は、衣浦港ポートアイランド環境事業センターの理事会に出席しました。
ついでに、衣浦港ポートアイランドを見学してきました。場所は中部電力碧南火力の先、衣浦港口の防波堤のあるところです。東部知多グリーンセンターの焼却灰などの最終処分場に使っていた所で、今は浸出水の浄化処理を続けています。

Dsc_5565_800x600

 Dsc_5562_800x600 Dsc_5564_800x600

 
勤労福祉会館では、国立長寿医療研究センターによる「看護の日」を実施中。申し込み不要、無料の健康チェックを受ける皆さんで賑わっていました。
私も超音波による骨密度評価を受けたところ、年相応とのこと。オイルマッサージのあとだったせいか、血管年齢は26才だそうです。

Dsc_5592_800x600

 Dsc_5593_800x600 18447738_447282942285397_1437518705

 
午後から臨時議会。税条例や補正予算などの専決の承認、監査委員の選任、卯ノ里小学校管理教室棟屋根改修工事請負契約の締結などすべての議案が可決・承認されました。また、正副議長や常任委員会のメンバーなどの議会人事が決まりました。決定した内容は下記のとおりです。

①監査委員の選任(阿知波清三氏の再任、議会選出の監査委員として西尾弘道氏を選任)
②三丁公園休憩所新築工事請負契約の変更の専決処分の報告(7311万円から7263万円に減額,竹内組)
③税条例の一部を改正する専決処分の承認(地方税法改正に伴う、保育事業に供する固定資産の税の軽減規定、環境性能を有する軽自動車の税の軽減規定など)
④国民健康保険税条例の一部を改正する専決処分の承認(保険税の軽減対象となる所得基準の引き下げ)
⑤都市計画税条例の一部を改正する専決処分の承認(地方税法改正に伴う、保育事業に供する固定資産の税の軽減規定)
⑥消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する専決処分の承認(政令改正による補償基準額の加算額の改定)
⑦平成28年度一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認(ふるさと寄附金およびふるさとづくり基金積立の増額)
⑧卯ノ里小学校管理教室棟屋根改修工事請負契約の締結(5670万円,東浦土建)

◎議会人事
議長: 山下享司
副議長: 米村佳代子
常任委員会の委員
(1)総務委員会
   三浦雄二(委員長)、秋葉富士子(副委員長)、西尾弘道、杉下久仁子、
   田﨑守人
(2)文教厚生委員会
   小松原英治(委員長)、成瀬多可子(副委員長)、向山恭憲、前田明弘、
   原田悦子
(3)経済建設委員会
   長屋知里(委員長)、水野久子(副委員長)、米村佳代子、平林良一、
   小田清貢
議会運営委員会の委員
   向山恭憲(委員長)、小松原英治(副委員長)、三浦雄二、秋葉富士子、
   杉下久仁子
議会広報特別委員会の委員
   前田明弘(委員長)、秋葉富士子(副委員長)、水野久子、三浦雄二、
   平林良一、原田悦子
知多中部広域事務組合議会議員
   山下享司、水野久子、長屋知里
東部知多衛生組合議会議員
   山下享司、三浦雄二、米村佳代子
知北平和公園組合議会議員
   山下享司、前田明弘、秋葉富士子
知多北部広域連合議会議員
   山下享司、向山恭憲、小松原英治、杉下久仁子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧