心と体

2021/09/12

知多半島で野犬のエキノコックス感染が見つかっています。

北海道の致死の危険性がある寄生虫疾患【エキノコックス症】が愛知県でも発見...忍びよる恐怖』という記事がYahoo!ニュースに載っていました。大阪の獣医さんが書かれた記事です。別に恐怖をあおっている記事ではなくて、無知は最大の敵、科学的な知識を持ち適切に予防しましょうと訴えるきわめて真っ当な記事だと思います。ご一読をお勧めします。

 →https://news.yahoo.co.jp/byline/ishiimasumi/20210903-00256093

 
平成26年に、知多半島の野犬からエキノコックス(多包条虫)が見つかったことを記憶している方もいらっしゃることと思います。エキノコックスは北海道でキタキツネなどイヌ科の動物が感染している寄生虫で、本州では2例目の検出となりました。
以来、愛知県では捕獲した野犬などを対象にエキノコックス症の調査を行ってきました。その結果、平成26年度から29年度までに糞便中におけるエキノコックス虫卵の顕微鏡検査を行った245検体の内で虫卵の検出はありませんでした。しかしながら、PCR法を用いて糞便中のエキノコックス遺伝子の検査を行ったところ、平成29年度の56検体中3件の野犬の糞便からエキノコックス遺伝子が検出されました。その後、令和元年度に166検体中1件、令和2年度に122検体中4件、平成30年度以降これまで合計431検体中5件の検査陽性が見つかっています。今年度に入って7月までに新たな陽性は見つかっていません。また、これまでに調査した範囲内で野犬以外のキツネ・タヌキなど9検体からエキノコックス遺伝子は検出されていません。

Echinococcusdogs-research-area-aichi

 
東浦町内では、まだ、野犬等のエキノコックス(多包条虫)は見つかっていませんが、狭い知多半島の中で他の野犬やキツネやタヌキに伝染していないとは言えません。
自然界では、エキノコックスに感染したイヌ科の動物の糞を虫卵とともに野ネズミなどが食べ、それをイヌ科の動物が捕食し、最終宿主の体内で成虫が産んだ虫卵をまた排泄することによって条虫は増殖を繰り返します。したがって、人が犬やキツネなどの動物に触れたりすることにより、また動物の糞が付着した山野草や沢水などから経口で感染する可能性があります。また、飼い犬や猫も、中間宿主の野ネズミなどを捕食することによって感染の可能性があります。犬を連れての北海道旅行は要注意です。

Ecology-of-echinococcus-apiph
Ecology-of-echinococcus-2-apiph

 
エキノコックスの人への感染は、北海道で毎年20件前後の報告がありますが、本州での本州由来の感染は極めて稀のようです。しかしながら、無症状の潜伏期間が5~10年と長く発見が遅れがちなこと、人は本来の宿主ではないので肝臓や場合によっては肺や脳などに迷入し、適切な治療をしなければ死に至るため、正しい知識をもって予防することが必要です。愛知県では以下のような予防方法を呼び掛けています。

Prevention-of-echinococcus-mhlw

 

| | コメント (0)

2021/09/07

自分の限界を決めつけない

日曜日に東京2020パラリンピックが閉会しました。

パラリンピック自転車競技(女子個人ロードタイムトライアル(運動機能障害C1~C3))で金メダルをとった杉浦佳子選手の言葉『最年少記録は二度と作れないけど、最年長記録はまた作れますよね』という言葉が印象に残りました。50歳でパラリンピック初出場、これまでの最年長金メダリストになりました。

事故で後遺症を負ったのちに、パラサイクリングを始めて、自分のタイムを見て『これ、伸びしろしかないよ』と言ってくれた人がいたという話しも含めて、本当に前向きだなあと思います。

 → https://news.yahoo.co.jp/articles/065619de96e37cb21ef1f33007cc160f529e3b97?tokyo2020

| | コメント (0)

2021/07/19

第1回ご当地グルメ開発実行委員会

第1回のご当地グルメ開発実行委員会を開催しました。

近年、役場では部署をまたいでコラボする仕事の仕方が増えてきました。また、女性のアイディアや活躍が目に付くようになってきました。昨年はコロナ禍で巣ごもりしがちでしたが、ふくし課と健康課では、コロナ川柳東うらうら体操web選手権などを企画しました。当初はいったい何をやりだすんだろうと思いましたが、多数のご参加をいただき、結果として多くの方々の心と体を動かす機会となりました。骨折予防プロジェクトを立ち上げ、おからパウダーを使ったおいしいレシピコンテストなども行いました。
一方、商工振興課では、コロナ禍におけるテイクアウト支援や商工会と組んで食事クーポン券事業を実施し好評をいただきました。

今度は、骨折予防プロジェクトの一環として、商工振興課と農業振興課、ふくし課、健康課がコラボして、ご当地グルメ開発実行委員会をスタートします。健康施策としての栄養指導にとどまらず、地元産品や地元の知恵など地元周辺の資源を活用して、東浦ならではのご当地グルメの開発を目指します。また、町内飲食店や企業の社員食堂への応用や従業員の食生活改善を通じて、健康経営の推進につなげていきたいと考えています。
委員会のメンバーは、商工会、町内の企業、健康保険組合、飲食店、JA、農業経営者、社共、福祉団体、ひがしうら食改、管理栄養士、公募住民など十数名、そして、科学的・医学的見地から評価やアドバイスをいただくために名古屋大学医学部付属病院教授の水野正明さんに加わっていただきました。

今日は趣旨説明と顔合わせでしたが、さっそく参加者の皆さんから活発な発言をいただきました。これから毎月約1回のペースで実行委員会を開催する予定です。
既定路線はありません。個性あふれるみなさんの議論を通して、まずは美味しい楽しい面白い、東浦ならではの食のコンセプトを発信できればと思います。水野先生からは、栄養の評価などは専門家に任せて、まずは自由にアイディア出ししてほしいとの言葉をいただきました。

Dsc03529800pnnnn_20210720081101

 

| | コメント (0)

2021/06/18

家庭教育講演会「イライラしない・させないコミュニケーション術」のご案内

今の時代、イライラのタネは、子育てや職場の人間関係など、至る所に散らばっています。つい、イライラを子どもにぶつけて自己嫌悪に陥ったり、イライラをぶつけてくる子どもに困惑したりしていませんか?
感情コントロールのスキルを身につけ、イライラしない、させない言葉のかけ方を学びます。対象は、町内在住で小中学生の子どもを持つ保護者と教育関係者です。

Kateikyouiku-kouenkai20210626_20210618072601

 

| | コメント (0)

2021/06/14

いきいきマイレージで健康づくり!!

コロナ禍でとかく運動不足になりがち。いきいきマイレージにご参加ください。

チャレンジカードを手に入れてポイントをためます。⚾⛳🎾⚽🎿🏀🏁

チャレンジカードは、
保健センター、文化センター、各地区コミュニティセンター、中央図書館、町体育館、あいち健康プラザ、東部知多温水プール(住友重機械温水プール)、福祉センター、役場ロビー、行政サービスコーナー(イオンモール東浦2階)、イオンスポーツクラブ東浦、健康体操教室ハローフレンズイノア、コパンスイミングスクール東浦、カーブスドミー東浦、なないろ(町総合ボランティアセンター)で入手できます。

町内在住・在勤の18歳以上の方なら、どなたでも参加出来ます。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kenko_iryo/kenko_iryo/koreisha/1491805625796.html をご覧ください。

Ikiikimileage20210401

 

| | コメント (0)

2021/06/12

三世代近居等定住促進補助金のご紹介

東浦町は、今年度の新規事業として、定住の促進や地域の活性化を目的に、「三世代近居等定住促進補助」を始めました。

Sansedaikinnkyo20210401a Sansedaikinnkyo20210401b

 
この制度は、親、子、孫の三世代が東浦町で同居または近くに住む場合に、住宅の購入費などを1件最大30万円補助するものです。世代間でささえあうライフスタイルを選択肢として広げるため、三世代同居・近居をしやすい環境づくりを推進します。
具体的には、町内から町外に転入して住宅を新築・購入し町内に住む両親と同居または近居する人に対して、最大30万円の補助金を交付します。ユニークな制度ですが、東浦町の制度の特徴として、交付申請・実績報告・請求までを1回の来町で完結できること、独立行政法人 住宅金融支援機構と連携しているため、補助金を活用しつつ住宅ローンにフラット35を利用する場合は、借入から当初5年間 金利が0.25%優遇されることなどがあります。
結婚・妊娠・出産・育児に対する子育て層の不安や負担を解消し少子化対策につなげる効果、子育て層を担い手とした親世代の介護が自助で行われることによる介護費の抑制などの高齢社会対策にもつながる効果を期待しています。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/10852.html をご覧ください。
 
この制度が、メディアスエリアニュースで紹介されました。
 →https://www.chitamaru.jp/movie/114618/

Medias-sansedaikinnkyo20210507

 

| | コメント (0)

2021/06/10

居場所づくりセミナー「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」のご案内

「かさでらのまち食堂」「まちを借りよう」のデザインに携わってきた建築士 宮本久美子さんをお招きして「シェアして開く小さなまちのコミュニティ」をテーマにセミナーを開催します。「かさでらのまち食堂」の取り組みから、誰でも気軽につどえる・活躍できる居場所づくりのヒントを伺います。
この取り組み、とても面白いです。私も、昨年末に行ってきました。つれづれログにレポートをあげています。

 場所: 緒川コミュニティセンター
 日時: 6月27日(日) 13時半~15時
 対象: 居場所づくりに興味・感心のある方はどなたでも
 料金: 無料
 定員: 先着50名
 申込: 6月18日(金)までに、認定NOP法人絆

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/fukushi/hokatsucare/event/11004.html をご覧ください。

Ibasyodsukuri-seminar20210627

 

| | コメント (0)

2021/05/29

「チームミンナノチカラ」の地域貢献活動

ふだんのくらしのしあわせを守り支える社会福祉法人や社会福祉事業所が繋がり合って「チームミンナノチカラ」を結成しました。
チームミンナノチカラは、誰もが住み慣れたこの町で安心して自分らしく暮らせるように、各団体が協力して、福祉の専門的な知識や技術を活かしながら、地域貢献プログラム、ふくし出前講座、車いす貸出事業、福祉実践教育、ボランティア団体への会場提供など、さまざまな地域貢献活動をしています。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/fukushi/hokatsucare/gyomu/tiiki/10904.html をご覧ください。

Kouhou-fukushi20210501a
Kouhou-fukushi20210501b

 

| | コメント (0)

2021/05/23

穴掘り、水遊び、なんでも自由にやって欲しい。

冒険遊び場(プレーパーク)を開催中です。

水遊びの季節になりました。昨年からでしょうか。いつの間にかに、子どもたちが谷を削って水を流して、川ができました。複雑に分岐したり合流したりして、まるでスキー場のコブ斜面のようになっています。その谷間にいくつかのダムを造って、決壊!! さあ、下流のダムは耐えられるか!! みたいな土木工事に夢中です。一緒に遊んでいる子たちは互いにここで知り合ったのだそうです。お父さんお母さんと車で来ましたが、ダム湖に落ちても平気。ちゃんと着替えを持ってきたそうです。

昨年だったと思います。プレーリーダーさんから「これは戻した方が良いですかと」問われました。木の根が傷むとか土手が転けるとか心配はありますが、子どもがやりたいように遊べるのがここのモットー。子どもたちなりの作品を創造して欲しいと思います。

Dsc01541800nnnnDsc01558800nnnn
       Dsc01604800nnnn
       Dsc01611800pnnnn

 
こちらでは、薪を割ったり火をくべたり。

       Dsc01533800pnnnn
       Dsc01537800tpnnnn

 
いつの間にか、そり遊びの斜面もできました。

       Dsc01575800tpnnnn

 
この子は、お母さんより先に、今日初めて蛇をつかみました。

       Dsc01566800tpnnnn

 
黒板に落書きをしている子どももいます。

       Dsc01598800nnnn

 
おだいプレーパークは、於大公園の一角にあります。

プレーパークとは、自分の責任で自由に遊ぶことをモットーに、子どもが自ら『遊び』を作りだす場所です。
大人から制限されないため、子どもの自主性、やり抜く気力、創造力、協調性、思いやりなどを育みます。 地面に穴を掘ったり、木に登ったり、何かものを作ったり、落ち葉やどろんこや自然の素材を使って、自分のやってみたいことを実現していく遊び場です。服の汚れも気にせず、多少のケガも気にせず、遊びに没頭できることの喜びを体験してみませんか?

以下は、子どもたちを見守るプレーリーダーの皆さんからの言葉です。

『 あなたは子どもの頃に何をして遊びましたか?
夢中になって遊べる場所はありましたか?

おだいプレーパークは、子どもがのびのびと遊べるように禁止事項をなくし、誰でも
「自分の責任で自由に遊ぶ」
「けがと弁当は自分もち」
が基本です。

現代社会ではボタン1つ、ワンクリックで楽しみや興奮を味わえます。
しかし、子どもは自然や遊びの中で生きる力を育みます。
じっくり、コツコツと自分だけで、または仲間と協力して遊び尽くしたり、作り上げたり、やり遂げる達成感や喜びを、子ども時代に多く経験してほしいのです。

おだいプレーパークが子どもたちにとって居心地のよい場所であるために、私たち大人は「あぶない」「ダメ」「きたない」「早く」等の言葉を使わずに見守り続けましょう。

| | コメント (0)

2021/05/20

常田さんのプロギングが、東海テレビの「スイッチ」で紹介されました。

すごい。20分の密着取材!!
東海テレビの「スイッチ」で今朝、常田英一朗さんのプロギングが紹介されました。画面右上の「東浦町出身」がうれしいです。

https://locipo.jp/creative/44951ad6-cff7-47ba-b561-c94cf0fc590d
Tokai-tv-tokita-plogging-20210520

 
プロギングとは、ジョギングをしながらごみを拾う北欧生まれのスポーツ。常田さんは、日本でもこれを広めようとプロギングジャパンを立ち上げて、名古屋を拠点にプロギングを全国に普及させる活動を展開しています。

名古屋市をはじめ、スタバやアルペンもコラボしています。
身も心も、街もリフレッシュ!!
「ごみを拾って何も感じない人はいない。自分の力で街を変えられることを感じて欲しい。」・・・常田さんの言葉が爽やかです。

 
5月22日(土)の15時からは、テレビ愛知「丸山桂里奈のチャレンジSDGs」にも常田さんが登場します。
 ~スウェーデン発SDGsスポーツに丸山・本並夫妻が挑戦~
 →https://tv-aichi.co.jp/Challenge_SDGs/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧