日記・コラム・つぶやき

2019/11/20

若いミュージシャンたちのパフォーマンスビデオを視てみると・・・

9月9日の中日新聞夕刊に「スロウハイツと太陽」という名古屋のロックバンドの記事が載っていた。ボーカルを務めるシミズさんが自らが小中学校の時にいじめられた経験をもとに同じ苦しみを持つ少年少女を励ます曲を作っている。桑名市の高校では道徳の授業の題材に使われた。「本当につらくなってしまったあなたへ」という曲で、YouTubeで聴くことができる。

https://youtu.be/x-em7NQcVbk

 

それでも生きていくあなたへ」は、東浦でロケが行われた。

https://youtu.be/tqoNqYG7_n4

 

「ZOO THE ANNUAL PASPORT]の「ルサンチマン」という曲のPVも東浦で撮られた。どこで聞いたのかプロモーションビデオを撮りに来る訪問者が結構居る。

https://eggs.mu/song/e70176c8913c5f4e492473c25db0a046c11810c2bae15e161589a0041632e82f/

| | コメント (0)

2019/11/19

片葩小学校で行われた現職教育研究会でスクールパートナー研修会が開催されました。

10月31日に開催された現職教育研修会を見学しました。
以前は、当番校の授業を他校の先生方が参観するスタイルでしたが、今は開催校の中で公開する授業を絞って、開催校の先生も含めて部会形式で公開授業を学び取るスタイルに変わりました。ただ参観するだけでなく、公開授業を見た後で、部会に分れて互いにディスカッションをします。今回は、教員が、特別支援教育、道徳(低学年)、道徳(高学年)、外国語活動、国語、学生ボランティア、少経験者の7つの部会に分れて、各1つずつの公開授業を集中して参観しました。

 Dsc05163800nnDsc05166640nn

私は、校長先生の案内で、各公開授業を断片的に見せていただいたあとで、学生ボランティア部会のディスカッションを見学しました。これは、スクールパートナー研修会を兼ねていて、ボランティアの学生と現職の教員が混ざって研修に参加する機会となっています。皆さんの熱心な意見交換を見ていて、教職に対する熱い想いを感じました。
校長先生の考え方次第で学校運営は随分変わりますが、各学校の学生ボランティアの運営については、片葩小学校で確立されたスクールパートナーのやり方を上手く取り入れて、東浦町全体で、①子どもたちや家庭にも、②学校にも、③学生にも、④教員になったOBにも、win×4の関係を構築したいものだと思います。
それにしても、今のかけ算は、掛ける数と掛けられる数を明確に区別する教え方をするのですね。このあとかけ算の可換性にどう発展させていくのか興味があります。

 Dsc05177800tpnnDsc05184800nn

| | コメント (0)

2019/11/18

東浦高校が高校野球の21世紀枠候補に! それからもう一つ嬉しい知らせが・・・。

東浦高校が、来春の第92回選抜高校野球大会(毎日新聞社・日本高野連主催)の21世紀枠の愛知県推薦校に選ばれました。
東浦高校野球部は、近年実力を付けてきて、2016年秋に県大会ベスト8、今秋季県大会では16強入りをしています。一時期は部員不足による知多地区予選辞退や学校の統廃合が心配されましたが、地域の応援もあって県大会に出場しています。また、生徒が駅の掃除や老人ホームでボランティアをするなど地域と学校の連携が深まっています。来月開催の東浦マラソンでは、高校生たちが大会運営に協力してくれることになっています。そんな学校や野球部の地道な努力が評価されたのではないかと思います。

今後の選考は、まず東海4県の推薦校4校の中から東海地区の候補校1校に絞り、来年1月24日の21世紀枠特別選考委員会で全国9地区の候補校9校から3校が選ばれて21世紀枠出場校が決まります。現時点で甲子園に出場する確率は、1/4×3/9=1/12 程でしょうか? 東浦高校が選ばれることをオール東浦で温かく見守りたいと思います。

11月21日には、東浦高校にて毎日新聞社による県推薦の表彰式が催される予定と聞いています。

 

そして、もう一つ嬉しいニュースが・・・。
東浦出身のピアニスト 務川慧悟さんが、フランスの伝統ある「ロン・ティボー・クレスパン国際コンクール」のピアノ部門の決勝で2位に選ばれました。NHKニュースへのリンクをはこちらです。
今年8月末には東浦町文化センターで務川さんの凱旋コンサートを開催しています。
 

| | コメント (0)

2019/11/17

ボラセンなないろ の企画がおもしろい!

社会福祉協議会が運営する総合ボランティアセンターなないろ のKRUMA・ザ・トークがおもしろい。

11月20日(水)10時からは、福祉センターにて、高齢者見守り技法習得講座を開催します。

また、11月30日(土)14時からは、総合ボランティアセンター なないろ にて、近年コミュニケーションツールとして注目されているボードゲームを楽しむ講座を開催します。

さらに、今年で2回目を住民有志が開催した、地域で元気に頑張っている人を発掘して表彰する「ファインマークコンテスト」のイメージキャラクターを、総合ボランティアセンター なないろ が募集しています。皆さんの斬新で元気印なアイディアをお待ちしています。

Kurumaza-20191120a

| | コメント (0)

文化協会写真同好会写真展と盆栽展

きょうまで文化センターで写真展と盆栽展が開かれていました。皆さんの写真を見ていて、夕暮れを美しく撮ってみたいと思いました。

        Dsc058761000pnn
 Dsc058781000pnnDsc058801000pnn
           Dsc058811000pnn

いつもながら盆栽は凝っています。息の長い手入れを何十年も続けていらっしゃることは本当に感心します。

        Dsc058961000tpnn
 Dsc058841000pnnDsc058881000nn
            Dsc058931000pnn

| | コメント (0)

2019/11/16

小石川伝通院の鐘楼落慶式、時代まつり行列、法要に出席しました。

目映いばかりの快晴。於大の方の菩提寺 小石川の無量山傳通院に、東浦町観光協会の水谷会長、清水理事とともに行ってきました。

 00780010800tnnDsc058321000nn

傳通院開山の了譽聖冏上人(りょうよしょうげい しょうにん)六百遠忌を記念して行われた、鐘楼落慶式、境内にある淑徳学園中等部高等部が参加する時代まつり行列、了誉聖冏上人六百遠忌法要と恒例の十夜法要に、出席させていただきました。傳通院では今年、戦災で残った鐘を吊していたコンクリートの鐘楼堂を木造に建て替えました。建設会社が吉野ヒノキを手配したのがちょうど去年の今頃だそうで、一年足らずで完成させたスピード感に驚きました。
時代まつり行列は、於大まつりにヒントを得たのか?記念事業として、上人の像を先頭に、淑徳学園の先生が扮する徳川家康の母 於大の方、秀忠の長女 千姫、家光の正室 孝子が人力車に乗って、山門前の参道を行列が練り歩きます。私たち一行も、成澤廣修 文京区長、水野宗家ご当主の水野勝之さんとともに来賓として参加しました。我々は持参した於大まつりの陣羽織姿で参陣、ちょっと気恥ずかしかったのですが、他の方たちも我々の姿を見て「何か用意してくれば良かった」と仰っていました。ちなみに人力車のお三方の墓所はいずれも傳通院にあります。
法要は、傳通院ゆかりの浄土宗、鎌倉光明寺、芝増上寺の高僧もお出でになり盛大に行われました。
法要の後には寺院関係者の懇親会が開かれ、ご挨拶と町の紹介をさせていただきました。於大まつりには麻生貫首をはじめ傳通院の皆さんに毎年欠かさずご参加いただいています。ここ数年、水野勝之さんご家族も毎回ご参加くださっています。成澤区長さんが「僕も於大まつりに行ってみようかなあ」と仰られたので、「ご案内を差し上げますので是非ご参加ください」と申し上げておきました。寺院も含めて地元の方々の心づくしの歓待に感謝しています。

    Dsc_6475800nn
    Dsc058521000tnn
    Dsc05871800nn

於大の方の墓所には、傳通院のご配慮で墓所の一角を使わせていただき、昨年、東浦町観光協会の記念碑を設置しました。碑文は日本語で書かれていて、時折外国人観光客が首をひねっているというので、会長がQRコードが書かれたステンレスプレートを貼り付けて、スマホで英文の解説を見られるようにしました。
寺院には、原田酒造の「於大の舞」とおだいちゃんぬいぐるみをお供えしてきました。

      Dsc_64831000pnn
      Dsc05868800tpnn

| | コメント (0)

2019/11/15

大口町で町村会理事会と工場見学

丹羽郡大口町役場で開かれた愛知県町村会理事会に出席、そのあと大口町と扶桑町内の工場見学をしました。大口町と言えば工作機械メーカーが有名ですが、麦茶焙煎工場と自動車用螺旋メーカーを、扶桑町では守口漬のメーカーを見せていただきました。扶桑町では木曽川の洪水で形成された柔らかい砂土の地層を利用して1m以上にもなる細長い守口大根を栽培しています。このメーカーは、大根以外の粕漬けもつくっていて、青瓜の奈良漬には東浦産のウリが使われているのだそうです。尾張北部からは、雪を被った御岳と乗鞍がクッキリと見えました。

Dsc058201200tnn
Dsc058211200tnn
Dsc05824800pnn

夕方は東浦に帰って、民生委員児童委員の懇親会に出席しました。この11月には13人の方たちが退任されます。長い間、本当にありがとうございました。東浦の福祉は民生委員児童委員の皆さんの地道で熱心な支えがあって成り立っています。11月以降には新任の方々13人に3人の主任児童委員が新たに加わり、総勢78人の民生委員児童委員の皆さんが地域の福祉を担ってくださいます。

| | コメント (0)

「懐かしの歌声喫茶」のご案内

11月24日(日)13:30から、文化センターにて、懐かしの歌声喫茶が開店します。
「歌声喫茶」は昭和30年代当時、知らない者同士が集い、歌いあった、若者たちの心の安らぐ広場でした。
童謡から昭和歌謡まで、懐かしい昔の面影を忍び、生バンドの演奏をバックにみんなで懐かしの歌を熱唱しましょう。年齢性別問いません。初めての方も大歓迎です。

 ところ  文化センター ホール
 と き  11月24日(日) 13:30~15:30
 会費(運営費) 300円

昭和歌謡を楽しむ会(住民有志)の主催。
事前申し込みが必要です。
問い合わせ先は下記のチラシを参照ください。(クリックで拡大)

Utagoekissa20191124

| | コメント (0)

2019/11/14

月亮山・・・巨大な岩のアーチ

自分のPCは毎日日替わりで世界の絶景が背景画面に出るようになっている。先日、こんな所があるんだ、と思ったのは「中国 桂林市陽朔県 月亮山」の景色。

     Photo-china-gate-20191017a
     Photo-china-gate-20191017b

 

日本でも、岩のアーチと言えばスケールは違うが、広島県庄原市の雄橋や千葉県君津市の亀岩の洞窟が知られている。

新城市(旧鳳来町)の乳岩峡にも通天文と呼ばれる巨大な岩のゲートがある。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/05/post-9d78.html

愛知県にこんな所があるなんて、意外とご存じないのでは。

     P1010531-704x528
     P1010539-704x528
 

| | コメント (0)

2019/11/13

数十年ぶりに母校に行ってきました。

先週、刈谷高校を訪ねました。校門の前の通りはよく通過するのですが、構内に足を踏み入れたのはほとんど卒業以来ではないかと思います。ちょうど当時の同級生が教頭を務めているので、少し見学させていただきました。当時あった木造の寄宿舎や食堂はもうありません。正門正面の職員室のある校舎や記念館、武道場など、一部の建物を除いてはほとんどの校舎が建て替わっていました。
夕方の放課後にお邪魔したのですが、構内はすごく活気があって、補習を受けている3年生の他、多くの生徒の皆さんは部活に励んでいました。あちこちの教室からは吹奏楽の練習の音が聞こえてきます。放送部も頑張っています。生物室ではスーパーサイエンススクールの一環で課題研究が行われていました。化学部では水の硬軟を光学的に測る実験、物理部では素粒子談義に花が咲いていました。渡り廊下では筋トレをする生徒、校舎の裏側ではハンドポールをする生徒、400mトラックのある広いグラウンドではサッカー部や野球部や硬軟テニス部が活動しています。体育館と50mプールは昔のままです。中ではバレー部、バスケット部やバドミントン部が練習をしていました。学校の周りを取り囲むコンクリートの板塀(万年塀)は有形登録文化財の校門の門柱を残して全て撤去されフェンスに替わるとのことで、見慣れた風景が大きく変わりそうです。

 Dsc05475800nnDsc05478800pnn
 Dsc05488800pnnDsc05486800nn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧