日記・コラム・つぶやき

2019/07/19

夏休み子ども教室など、夏のイベントのご案内

夏休みこども教室など、東浦町の夏のイベント情報はこちらをご覧ください。

 ●夏休みこども教室
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/summerschool/index.html

 ●夏のイベント情報
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/event.html

| | コメント (0)

2019年度第2回アチェメックの森プロジェクト 夏の森を楽しもう「森の昆虫採集・竹林管理・草刈り・流しそうめんワークショップ」のお知らせ

 身近な里山を手入れする活動のご案内です。

 アチェメックとはAichiChildrensHealthand MedicalCenterの頭文字からとった、小児の森の愛称です。大府市と東浦町の接するところにある「あいち小児保健医療総合センター」の敷地にある雑木林の竹を間引いたり、下草を刈ったりして、光の差し込む植生の豊かな林を再生し、療養中の子どもたちが散策できるように林内に簡単な小径をつくったりしています。今回は夏にちなんで、竹林の手入れと昆虫採集、切った竹を使って流しそうめんを楽しもうという企画です。詳しい内容は下記の通りです。

 

   アチェメックの森プロジェクトにリンク

 

 アチェメックの森に今年も蒸し暑い梅雨の季節がやってきました。
 でもこの時期、森の木々や生き物たちは燦々と降り注ぐ日光と雨の恵みを受けながら、すくすくと成長を遂げています。まさに「命みなぎる季節」です。
 そんな中、子どもたちといっしょに、竹林や雑木林の手入れ、木の実園の草刈り、森の小道づくり、昆虫採集などの活動で気持ちのいい汗をかいてみませんか。
 お昼には恒例となりました「流しそうめん」で喉を潤しましょう。
 自分にあったペースでできる、無理のない活動です。ご家族、お友達もお誘い合わせのうえご参加下さい。

 

日時: 2019年7月21日(日) 10:00集合
集合場所: あいち小児保健医療総合センター 竹林そばの駐車場(案内図参照)
プログラム:
    10:00 集合・オリエンテーション
    10:30 竹林の手入れ&森の昆虫採集
        (竹林の手入れ体験や、昆虫博士といっしょに森を探険)
    12:30 昼食交流会(恒例の流しそうめんを囲んでの楽しい昼食会です。)
    13:30 竹林の手入れ&森の小道づくり活動など
    15:00 後片づけの後解散
  事前申し込みは不要です。当日現地で受け付けます。
  持ち物: 飲み物・弁当(おにぎり程度)、作業のできる服装と靴、虫よけ対策、
       熱中症対策、軍手、長靴、道具(カマ・ノコギリ・剪定バサミなど)、
       子どもたちは捕虫網など昆虫採集の道具
  参加費: 大人500円(ボランティア保険料含む)、子どもは無料
  小雨決行: 判断に迷う場合は、下記のいずれかの連絡先にお問合せ下さい。
        ただし、お電話は当日午前7:00以降にお願いします。
        真弓 090-9186-2666  篠原 090-3855-2547

Achemec20190721a
Achemec20190721b

     「アチェメックの森プロジェクトのご案内」pdfをダウンロード

| | コメント (0)

2019/07/18

フレイル・認知症と口腔機能に関するシンポジウムに出演しました。

愛知県歯科医師会が主催した「フレイル・認知症と口腔機能に関するシンポジウム」にシンポジストとして出席しました。このシンポジウムは、厚生労働省老健局平成30年度老人保健健康増進等事業として愛知県歯科医師会が地元歯科医師や国立長寿医療研究センターの協力を得て東浦町で実施した「愛知県歯科医師会・愛知県東浦町オーラルフレイル調査研究」の調査結果報告を踏まえ、県下の歯科医療関係者に全身のフレイルに対する口腔機能の重要性を考えていただく機会とするものです。東浦町はこの調査研究のためにモデル自治体として対象者名簿の提供、検診場所の提供などをさせていただきました。

Oral-fraility-sympo20190718
Dsc012181200pnn


私は、シンポジウムの中で、「住民の健康増進について行政の立場から ~認知症に対する取り組み~」と題して、東浦町の概要、高齢者の状況、健康増進・介護予防事業、認知症施策についてお話しをさせていただき、その後のディスカッションに参加させていただきました。ディスカッションでは、地域包括ケアシステムの確立のための多職種連携に必要なことは何か、今後、口腔機能とフレイルの調査研究を続けていくうえで期待される何か、口腔機能低下症の患者に対し歯科医はどのように介入したらよいか、などが話題となりました。

プログラムには、予稿として以下のように書かせていただきました。

 「だんの らしの あわせ を守り支える」・・・これは、東浦町が目指す地域包括ケアの目標です。
 一人ひとりが住み慣れたこの町で、その人らしく笑顔で暮らせる、そんな暮らしを支えるための地域の力づくりとして、「地域包括ケア推進会議」を設置し、「認知症施策部会」「地域生活支援部会」「在宅医療介護連携部会」の3部会を置き、関係機関や多職種の方と連携し、事業を進めています。
 中でも、認知症に対する取り組みは「認知症のひとにやさしいまち ひがしうら」を実現するため、新オレンジプランの7つの柱に沿って推進しています。認知症の容態に応じた適切な支援を提供するため、医療・介護との連携はもちろんのこと、認知症にならないための予防事業、早期診断・早期発見できる体制整備、認知症への理解を深めてもらうための啓発、認知症のご本人や介護者への支援など、様々な事業を展開しています。
 また、ふだんの暮らしを維持するために、住民一人ひとりが元気な高齢者でいることが必要です。そのためには、高齢者に重点を置いた支援事業だけでなく、成人期からの健康づくり・重症化予防も必要な事業です。
 本町は、近隣に国立長寿医療研究センター、あいち健康プラザなど、認知症や健康づくりの拠点となる施設があり、施策実施にご協力をいただいています。
 今回シンポジウムでは、住民の健康増進について行政の立場から、介護予防教室を始めとした予防事業、虚弱高齢者の早期発見・把握を目的としたフレイルスクリーニング事業、認知症初期集中支援チームなど、認知症に対する取り組みについてご紹介します。

Dsc012231000nn
Dsc01249 Dsc01248800nn

| | コメント (0)

2019/07/17

於大公園プールの安全祈願をしました。

今日はこれまでと打って変わって晴れ間の見える天気。選挙から一夜明けて、さっそく通常営業です。

Dsc01196800tpnn


於大公園のプール開きのため、お隣の乾坤院の住職にお願いして、安全祈願を行いました。今年は、7月20日(土)から8月15日(木)までオープンします。
7月25日(木)と8月8日(木)の14時からは「水中宝探し」を予定しています。いよいよ本格的な夏がやってきます。みなさまのご利用をお待ちしております。

Odai-pool-takara-20190717


今年も、夏休み中に小中学生を対象に町運行バス「う・ら・ら」の10円体験乗車キャンペーンを実施します。小中学生は1乗車10円になります。プールに行くときなどにご利用ください。

Urara10en_natsuyasumi20190820

| | コメント (0)

2019/07/16

告示日に無投票で当選が決まりました。

今日は7時半に街宣車に乗りました。と言っても、選挙カーではありません。町の交通安全巡視です。朝の挨拶をしながら町北部を回りました。

役場に帰ってきた頃に、ちょうど私たちの選挙スタッフが立候補届出を済ませて、8時半過ぎから選挙ポスターの貼付を開始。同時に街宣車(選挙カー)で立候補のご挨拶をしながら町内6地区を一まわりして選挙事務所に帰ってくるとちょうど10時。いつものように自分の司会で出発式をしました。今回は、いつものように選挙に直接携わる方たちだけでなく、国会議員や町議会議員の皆さんも出席くださったので、いつもよりにぎやかなスタートになりました。

66648476_907879966226054_369615903428653


時折車を降りて演説し各地区を3巡くらいして、立候補受付終了の17時になっても対立候補が現れなかったため当選が決まりました。支援者や県内市町の首長など大勢の皆さんがお祝いに詰めかけてくださって、17時過ぎから当選報告会を行いました。これまでのご支援、本当にありがとうございました。また、これから4年間一緒にお仕事をすることになる公職者の皆さん、どうかよろしくお願いいたします。

 66686504_2463571040583558_19425913483810 67338341_908052106208840_404579141824806


無投票はありがたいことですが、少し複雑な気分です。公務に追われる現職としては本当に助かります。しかし、有権者にしてみれば選択肢がなかったことになります。候補者側としても、潜在的な批判が表面化していないだけに、民意に対して鈍感になりがちです。また、候補者は選挙を通じて人間的にも成長します。無投票はそのチャンスと試練を失ったことにもなります。

8月19日から4年間、町長職3期目を務めさせていただきます。いつも申し上げているように、役場だけでまちづくりはできません。お金さえあればよいというものでもありません。主役である住民の皆さんお一人お一人の主体的な参加をいただいて、役場職員も同じ目線で一緒になって取り組んでいくまちづくりをさらに一歩一歩進めて参りたいと思います。どうか、これまでと変わらぬご理解ご協力ご支援を賜りますことを心よりお願い申し上げます。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019/07/15

これからのまちづくり

5月に、東浦町長 神谷あきひこの 「町政レポート(財政編)」を皆様のお手元に配布しました。

私は平成23 年から町長として東浦町の行財政運営にたずさわってきました。最新(平成29 年度)の決算結果に基づきこの間を振り返り報告させていただきました。町の未来について皆さんと一緒に考えてみたいと思います。ご一読くだされば幸いです。

Chouseireport-zaisei-20190501-p1p4

 

 

「町政レポート(財政編)」に引き続き、「町政レポート(これから編)」をリリースます。私がこれからやっていきたいことを以下にまとめてみました。

財政編の後半でも述べましたが、これから人口減少、超高齢社会を乗り切っていくために、5万人のまちにとって大切にしなければならないことは、互いに顔の見える支え合える地域のコミュニティづくり、子どもたちが伸び伸びと育ち、生涯にわたり個性に応じて学び、成長することのできる教育・人づくり、それらをはぐくむ土台とも言える環境として、緑に恵まれ多様な生き物の棲む豊かな自然環境を守り、ほっとする田園風景を農の営みとともに残し、東浦の歴史に裏打ちされた文化や街並みを大切にしつつ、心地よい都市空間、安全で快適な道路、町内の数多くの鉄道駅など公共交通を活かし、自動車に過度に依存しなくても買い物や福祉にアクセスできる生活インフラの充実を図っていかねばなりません。また、生きがいにもつながる働く場、町の経済活動をつくり出す場としての産業の創生・発展を応援しなければなりません。

そのためには、他のまちがやるから、問題が起こってから、クレームがついたから対応するのではなく、日ごろから新しい技術や考え方、優れた取り組み事例や現場の経験を豊富に持ち、近い将来に何が必要か想像力を持って、次の一手を創造できる攻めの行政を育てていきます。住民の皆さんとともに東浦のまちづくりに生き甲斐、遣り甲斐をもって取り組む東浦町役場を引き続きつくってまいります。

まちづくりは人づくりです。市民が公共の場で何か新しいことをやろうとすると行政が邪魔をする。これはよく聞く言葉です。行政が邪魔をしなければ、ほんの少しでも後押しすることができれば、行政のメディアを使って宣伝することができれば・・・。行政が姿勢を少し変えるだけで、市民力を引き出し、市民とともに新たな時間と空間を創り出すことができます。子ども食堂や各地区にできた居場所、於大公園コンサートやおだい市&東浦セミナーなどはその好例です。これからも市民とともにまちづくりを進めます。市民力の高いまちにはクリエイティブな人材が集まるという好循環をつくっていきます。

3期目に特に重点的に行う事業としては、

コンパクトなまちづくりの充実があります。東浦町は、もともと小さなまちにJR4駅と近傍に名鉄2駅があり、駅の近くに6つの集落があります。この構造を大切にしつつ、駅の近くと集落の隙間に都市の余白として発展の余地をつくりつつ、徒歩圏で暮らせるまちづくりを進めていきます。町内や医療機関への移動はJRとバスでカバーし、都市間の移動は鉄道でカバーします。都市の余白としては具体的に、緒川新田地区、東浦駅周辺地区、緒川と森岡の隣接地区を考えています。これらの場所では土地の高度利用と道路整備を進めます。

インフラ整備は量的充足の時代から質的充実の時代に入りました。土木工事も単に大地に傷をつけるだけでなく、自然や歴史的バックグラウンドを活かした、美しい景観や居心地の良い空間を形作らねばなりません。この分野は日本においてはまだまだ認識が薄く、今から時間をかけて他のまちに先んじて取り組んでいくことによって、まちの価値を高め、他と差別化することが可能となるはずです。 

もうしばらくすると、昭和の高度成長期に建築した公共施設が次々に耐用年数を迎えます。これらを計画性をもって、効率的、効果的に建て替えていく必要があります。この場合、同じ場所に同じ施設を建てるのでは莫大なコストがかかってしまいます。将来の使い方を工夫し、機能を集約したり、幅広い世代が交流できるよう施設を統合したりすることを考える必要があります。さっそく具体的な計画づくりを始めていきます。

 

以上の重点的な取り組みを住民の皆様のご協力と参加の中でスピード感をもって進めてまいります。また、行政職員を信頼し任せることによって、自ら考え、まちの未来を住民の皆様とともに切り開いていく多くの職員を育てていきたいと思います。議会とは、なれ合いは避けつつも計画の早い段階から意見交換をし、アイディアを磨きながら、より建設的な合意形成に努めたいと思います。

そして、次の東浦を担う複数の有為な人材が切磋琢磨し、住民の皆様とともにまちの持続的発展を支えていくことが真に住民益にかなうものと信じています。

 

| | コメント (0)

2019/07/14

神谷あきひこ選挙事務所のご案内

7月16日(火)の東浦町長選挙の告示に向けて神谷あきひこ選挙事務所を開設しました。私の政策に賛同いただける方、選挙運動をご支援いただける方はもちろん、どなたもお気軽に選挙事務所にお立ち寄りいただければ幸いです。

| | コメント (0)

2019/07/13

地区フィルムフォーラムに参加して

更生保護女性会が主催する地区フィルムフォーラムに参加しました。毎年この時期に町内6カ所で開催されるのを、副町長と教育長と私で2ヶ所ずつ手分けして参加しています。今年は生路地区と藤江地区のフィルムフォーラムに出席しました。フォーラムのやり方は各地区それぞれです。

生路地区は毎年、テーマを決めて家庭や青少年問題についての動画を上映し、それを元に感想や意見を述べあうグループディスカッションをしています。ディスカッションは面倒臭いという向きもありますが、そんな考えもあるんだと気づかされる多様な意見が出てきたりして、たまに膝をつき合わせて話し合うのも良いものです。
今年のテーマは「スマホの落とし穴」でした。私は、本当に子どものことが心配だったら、スマホなど買わなきゃ良いと思います。スマホは子どものおもちゃにしてはお金が掛かりすぎます。また、近年「不便益」という言葉があるように、フェイスtoフェイスのコミュニケーションやじっくり考えるゆとりなど、便利が故に失うもの、不便だからこそ得られる利益があると思います。うちの長男は23歳になりますが、就職するまでスマホは持ちませんでした。最近彼はスマホを握ったまま寝ていたりしますが・・・。ちょっと危ないですね。
これは一つの考え方です。他にもいろいろなお考えがあるでしょう。地域の人達が集まって、そんな意見を遠慮なく交わせるのは大切な機会だと思います。

Dsc01115800pnn


藤江地区では、県警本部のおまわりさんに来ていただいて、小学生を対象に体験型防犯教室を開催。その後で防犯教室を見学した大人同士で意見交換をしました。この体験型防犯教室は、子どもたちが自分の身を守るすべを実践に即して学ぶもので、知多半島では初めての開催だそうです。
まずは、帽子にサングラスをかけた怪しいおじさんが登場。眼鏡をとったら実は校長先生。人は見た目ではわかりません。本当に怖い人は普通の格好なのだそうです。つづいて、防犯ベルを鳴らしてランドセルを放りながらダッシュで逃げる練習、大声をコンテスト、手を掴まれても連れ去られないよう暴れる練習などをしました。

 Dsc01126800nn Dsc01131800pnn
 Dsc01149800pnn Dsc01160800pnn

Dsc01170800pnn

| | コメント (0)

2019/07/12

ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム

大府市と東浦町で主催する「医福工連携の具体的な事例に学ぶ ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム」に出席しました。医療福祉分野で働く皆さん、支援機関の皆さん、医療福祉分野への参入を目指す企業の皆さんに、医福工連携の先進事例と医療福祉分野に進出した企業の展開事例を発表。またパネルディスカッションで、どんなニーズに、どんな強みを活かして、どんな連携で、何ができたかについて、参加者の皆さんと意見交換を行うことを主旨として開催しました。

基調講演Ⅰとして経済産業省中部経済産業局地域経済部の閑念部長から「経済産業省におけるヘルスケア・医療機器等産業政策と当地域の取組について」と題した講演、基調講演Ⅱとして公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構 ファルマバレーセンター事業推進部の稲葉部長から「『ファルマバレーの挑戦』~医工連携の仕組みづくり~」と題した講演をいただきました。静岡県の医薬品・医療機器・化粧品の生産額は全国1位、愛知県の約5倍の規模があります。ファルマバレーセンターは静岡県がんセンターの隣接地に居を構え、がんセンターの臨床試験を活用、全国にもネットワークを広げて、ものづくり支援をしています。近くにはテルモ、リコー、サンスターなどの企業も立地しています。

Dsc010961000pnn
Dsc011031200pnn
Dsc011041200pnn
Dsc011051200pnn

パネルディスカッションでは、東浦町のラミネート包装袋のメーカー㈱愛知商会の清水社長、大府市の飲料自動販売機オペレーター㈱アペックスの鈴木経営企画室長、みよし市の自動車生産設備メーカー㈱シンテックホズミの柴田経営企画室長が登壇。愛知商会からは酸素や水蒸気を密閉遮断できるジッパー付きポリ袋、アペックスからは高齢者の誤嚥を防止するとろみ付き飲料の提供、シンテックホズミからは高齢者の歩行を支援する電動アシスト付き歩行車の発表・展示がありました。ニーズを持つ人、ニーズを実現できる人、それを流通させることのできる人や組織は、たいていの場合は一致していません。それらをタイミングよくつなぎ合わせるネットワークの大切さを感じました。

 Dsc011801200pnn Dsc011061200nn
 Dsc011071000pnn Dsc011081000pnn

| | コメント (0)

ちたんぷのオリジナル手ぬぐい

ちたんぷ」のオリジナル知多木綿手ぬぐい2019年春バージョン「おいしい知多半島」は、東浦町出身のイラストレーターほしのまあさんのデザインによるものです。ほしのまあさんの作風はイラスト全体に丸みがあり、パステル色が特徴。思わず優しい気持ちになるイラストです。
「ちたんぷ」は知多半島観光圏協議会が行う観光名所や公共施設、地域で愛される店舗など知多半島の魅力あるスポットを巡るスタンプラリーです。対象となる「ちたんぷスポット」は300か所以上。スマートフォンを使って、オリジナルアプリ「ちたんぷ」に登録するだけで、だれでも、いつでも、どこからでも、自由に参加が可能。登録・参加は無料です!

ほしのまあさんは、東浦町制70周年記念ポスターのデザインも手掛けています。

66531271_853333355047792_414245125067741

| | コメント (0)

より以前の記事一覧