日記・コラム・つぶやき

2018/09/23

東浦五ヶ村虫供養など

きょうは、大府市の福祉・健康フェアの開会式の後、緒川地区の家庭系ごみ処理有料化住民説明会に出席。
午後は、生路コミュニティセンターで行われた執り行われた東浦五ヶ村虫供養に参加。夜は東ヶ丘(西部ふれあいセンター)で開催の家庭系ごみ処理有料化住民説明会に出席しました。

 
五ヶ村虫供養は、毎年秋の彼岸に、森岡・緒川・石浜・生路・藤江の各地区(旧五ヶ村)が輪番で実施します。農事のために犠牲になった虫を供養する行事で、阿久比・知多・常滑と共に「知多の虫供養行事」として県無形民俗文化財に指定されています。古い仏画を祀り、鉦を鳴らし、大きな数珠を車座になって回しながら念仏を唱える、江戸時代以前から伝わる行事です。
人間の営みは他の生き物の犠牲の上に成り立っています。昔は、虫を直接手で殺したり焼いたりしていました。今では、薬剤を使ったりして生態系を変えてしまうような残酷な行為を、あまり意識することなく行うことに鈍感になってはいないでしょうか。この伝統行事を、人間が罪深い存在であることに改めて思いを致す貴重な機会として、後世に受け継いでいくとともに、より開かれた行事として子どもたちとも、大きな災厄なく今年も自然の恵みをいただけた感謝の気持ちを共有できればと思います。

Dsc09236800

 Dsc09238800 Dsc09239800p
 ※御詠歌の楽譜。縦棒や横棒は音階を表しているそうです。

 

於大公園に隣接する高台に緒川城主三代の墓所があります。ここで、入海神社関係者による観月会が催されました。少し前まで月が見えていたそうです。

Dsc09248800

 めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半(よは)の月かな  紫式部

夜半ではありませんが、ふと思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/22

シルバーフェスタ と 於大公園のこれからを考えるシンポジウム & 青空おだい市!全国最後の夏祭り!

シルバーフェスタ2018 、賑わっていました。
住民有志「チームにじ」の発案で始まった、民生委員、社会福祉協議会、老人クラブ、シルバー人材センター、防災ネット、町内の各老人福祉施設、健康体操の皆さん、その他のボランティアの皆さんがコラボして開く、参加と交流の場です。
それぞれ特色あるブースが勢揃い。どこも盛況でした。

 Dsc_7313800 Dsc_7318800
 Dsc_7340800p Dsc_7328800
 Dsc_7337640 Dsc09141800

シルバーフェスタの中の人気企画「変身写真館(家族写真館)~ウェディングドレスを着て写真を撮ろう!~」は、軽い気持ちで変身すると結構ハマるのです。
エスコートは当館の選りすぐりを派遣いたします。

Dsc09132800p_2

 Dsc09149800 Dsc09159800
 Dsc_7348640 Dsc09139800

 

午後から、於大公園このはな館で、「於大公園のこれからを考えるシンポジウム 」を開催しました。

於大公園は平成元年に屋外プールがオープン、平成7年頃にこのはな館など順次整備を進めてきました。プールはテコ入れはしていますが年々利用者が減っています。老朽化が進んでおり、また同様のものを整備しても、全国的な屋外プールの利用者減少傾向は変わらないと考えられます。公園施設全体も20年以上経過し、住民の皆さんのニーズをつかみながら再整備を行っていく必要があります。アンケートなどだけでは真のニーズはなかなかつかめないと思っています。
三丁公園整備の時には、子育て中のお母さんたちから、雨の日や炎天下でも遊べる公園にしたいという意見をいただき、その結果、屋根付き人口芝広場を設置することができました。
公園は造れば終わりではなく、利用者である住民の皆さんの意見を聞きながら、設備や利用方法も含めて、常に進化する公園にしたいと思います。
はじめの挨拶では、以上のようなことを申し上げさせていただきました。

42313807_263116777876391_4334921104

シンポジウムでは、まず、岐阜県立国際園芸アカデミー学長の今西良共さんから基調講演をいただきました。
これまでのように、公園を造って維持することに加えて、これからは公共物を有効に活用する「育てる」「活かす」公園経営が求められている。元来、公園は制約が少ない。NOを取っ払って公園でできることはたくさんある。最近では、オクトーバーフェスタ(ビール祭り)の開催や、スタバやしゃれた飲食・物販の展開など、民間の活力が入って公園の使い方が変わってきた。マルシェや婚活もできる。地域の力だって入れられる。市民・事業者・行政(産・学・官・地域)みんなが関わって、本来のパブリックコモンの観念を共有して公園を「官園」から「民苑」にしていこう。といったお話しでした。
今西さんは、名古屋市で公園一筋に仕事をされて、以前、住宅都市整備公団に出向されたときに、なんと!於大公園の設計に携わっていらっしゃいました。

Dsc09187800p

Dsc092001000tp

続いて、まち楽房(マチラボ)の加藤武志さんによる「えんたくん会議」です。加藤さんには、以前、図書館のよむらびカフェの時、とても上手なアイスブレイクで、話し合いを盛り上げていただいたことがあります。
「えんたくん会議」では、会場に残った36人の参加者で4人×9チームをつくって、アイスブレイクをやってから、段ボールの円卓を互いの膝の上に乗せて、至近距離で「どんな公園にしたいか」「自分は何ができるか、何をしたいか」を話し合いました。そして、チーム毎に発表。
芝生広場や樹林はこれまで同様大切に残したい。椅子やベンチがもっと欲しい。プールの代わりにジャブジャブ池のような水と親しめるものがあったら。ゴーカートがあれば。カフェやアルコールの飲めるところがあれば・・・。散策やジョギングをしたい。誰かと一緒に公園を楽しむ。ごみ拾いならできる。樹木の剪定をする・・・。などの意見(他にも多数)が出ました。
これらを参考にしつつ、次の公園ワークショップにつなげていきます。今回のシンポジウムにご参加くださった方はぜひ公園ワークショップにご参加いただきたいと思います。
ワークショップのファシリテータをお願いしている林加代子さんも今回のシンポジウムに参加してくださっています。

Dsc09203800

Dsc09213800

Dsc09214800

Dsc09217800

公園ワークショップは、10月27日(土)、11月17日(土)、12月22日(土)、1月26日(土)の全4回、毎回10時から12時まで、役場会議室にて開催します。皆さんの柔らかい発想や自由な意見が、於大公園をより楽しく憩える場所にしていく参加型・体験型の公園づくりです。初めての方でも気軽にご参加ください。

 

於大公園でシンポジウムに合わせて、「青空おだい市!全国最後の夏祭り! 」を開催。たくさんのキッチンカーとマルシェが並びました。会場では、一緒に遊ぼう!保育園の先生たちが大集合!、スポーツ鬼ごっこ、ヨガ教室、プレーパークなど、野外のアクティビティ。シンポジウムのあとには、東浦吹奏楽団のコンサート。夜にかけては、浴衣!仮装!大歓迎の盆踊り大会と、終日盛りだくさんの企画でした。企画運営に携わられた皆さん、ありがとうございました。

Dsc091841000

 Dsc09174800 Dsc09177800
 Dsc09225800 Dsc09117800
 Dsc_7310800p_2 Dsc09120640
 Dsc09121320 Dsc09223800
Dsc_7301800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/21

ご近所福祉発見講座 ~「助け合い」を形にする方法を学ぶ~

9月8日(土)に開催された酒井保さんの「ご近所福祉発見講座」に参加しました。地域の福祉に関心をもち、実践されている方々がたくさん集まってくださいました。

近ごろ、社会福祉協議会と福祉課がいろいろ仕掛けています。

Dsc089441000

地域の人たちのニーズを調べてみると、実は助けて欲しいというよりも、助けてあげたいというニーズを持っていることがわかってきた。このニーズをどう支援するかが地域の支え合い構築のキモになるというお話しです。

このあと、支援の仕組み作りのための基礎データともなる「住民暦書」を書いてみようという展開に。
私は最後まで参加できなくて残念。「それってあるある」みたいに、思わず引き込まれてしまう講座でした。以下、自分の聴き取りメモです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サロンが盛んなところと、盛んでないところ。一体どちらが地域の支え合いがあると言えるだろうか?
サロンが盛んでないところは、実はサロンの必要がない地域なのかもしれない。

Dsc089471000

数値化されない、目に見えない地域の支え合いを「お宝」と呼ぶ。
つながり合い、暮らしぶりが、健康に影響する。
互いに関心を持つことが地域の危機管理になる。皮肉なことに、制度・サービスの安心があると、かえって関心がなくなる。

Dsc089531000t

福島県郡山市の事例では、NHK放送局前のスピーカーからラジオ体操を流していたら、人が自然に集まってきて、15年間毎日ラジオ体操をするようになった。そのうち、ラジオ体操+歩こう会になった。毎日顔を合わせていると、互いの暮らしぶりがわかってくる。誰か来ないと、みんなで散歩で家に立ち寄る、お弁当を買ってあげる。いつの間にか、見守りや買い物代行など、地域の課題解決になっている。
コンビニのイートインコーナーがサロンのようなところになるケースもある。場所、やり方を型に当てはめて定式化しないことが大事。郡山市はコンビニの店長に感謝状を贈ったそうだ。

サロンとは言わないサロン。見守り活動とは言わない見守り。数人の単位で生活課題を解決。これらは、仕組みや事業によるものではなく、制度によらない支え合いだ。これを意味づけして、価値を共有する。

「お裾分け」は互助。えこひいきに恣意的に助ける。一方、Shareは平等に山分けするイメージ。もったいないに訳語がないのと同様に、日本の精神だと思う。

自分のやっているサロンに将来参加したいと思うか?
サロンに誘っても参加しない人をどうするか?
とりあえず放っておいてはどうだろうか。やっている人達が、参加しない人達に関心を持つ効果はある。

会場に対して、「助けて欲しいと思う人?」・・・ほとんど手が上がらない!
では、「助けてあげても良いと思う人?」・・・ほとんど手が上がる!
通常、助けてといえる人は全体の3~5%。これに対して、助けたいと思う人は97%。(言われなくても助ける、声をかけるという人は15%。)
なかなか人間は「助けて」とは言えない。しかし、「助けたい」というニーズを持っている。このニーズをどう支援するかがポイントだ。
60%できる人を100%助けてはダメ。残りの40%は他の人を助けることに回せる。助け支え合いの一方通行はダメ。できることとできないことを交換すべきだ。

吉備中央町のボランティア講座での事例。
ある人が、母と一緒に徘徊してくれるボランティアを募集したら、引き受けてくれる人がいた。これで味をしめた。場所、時など、ボランティアの内容が詳しくわかると、花束をしてくれる人、ぞうきん作りの古着をくれる人、母を一日預かってくれる人、もっとボランティアをしてくれる人が増えた。

課題と自分の暮らしのマッチング。支援者が知りたがっていることは、いつ、どこで、だれに、何をするかだ。これをマッチさせれば、支援する仕組み作りになる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は聴いていたのはここまでですが、このあと、「住民暦書」の展開演習をしたそうです。自分は何ができるか何をしても良いのか、自己紹介をしてみる。「困った」と「できる」を地域の中にマッピングしてみる。それ自体が地域のコミュニケーションになる。人為的な仕組み、制度を作ることをめざすというよりは、地域の肩のこらない地域の自然なコミュニケーションが重要だというのが、酒井さんの仰りたいことなのかもしれません。

東浦町では、地域の助け合いの関係づくりを積極的に進めています。酒井さんもお忙しい中度々お越しいただいています。10月13日(土)には、コミュニティソーシャルワーカーの草分け的な存在でNHKドラマ「サイレントプアー」のモデルにもなった勝部麗子さんをお招きして「支え合いの地域づくりフォーラム2018」の開催します。

Waiwaigayagaya20180915moriokadai

Osusowake20180927ikuji

Sasaeaiforum20181013katube

Dementiastorycare20181027

Rapport_morimori20181028a

Chiikitokuhain2018bosyuu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/20

「医療・福祉分野における現場ニーズ発表会」 を開催

午前中は、連絡所長会議でした。地区の自治を担っていただいている連絡所長(各地区の区長さんと県営石浜住宅自治会長さん)に出席いただいて、報告、協議、意見交換をする会議です。この日は、社会福祉協議会の会費実績、民間ブロック塀等の点検結果、空家対策計画案、研修視察場所の検討、今後の行事予定などについて、報告と意見交換をしました。いつも貴重な気づきをいただいています。

午後から、国立長寿医療研究センターで、「医療・福祉分野における現場ニーズ発表会および企業展示商談会」を開催しました。ウェルネスバレー推進協議会(大府市と東浦町が事務局)が主催する現場ニーズと企業シーズのマッチングの場です。

Needshappyou20180920

現場ニーズと企業シーズがマッチして商品化されたものとしては、例えば、東浦町の愛知商会さんが持つ世界最高精度と言われるガスも通さない密封ジッパー技術を、医療分野でホルマリン固定された検体を輸送する現場に応用した例があります。従来、ホルマリンを完全密封する容器がなかったためホルマリンに過敏な人は身体の不調を訴えるような場面でも、ジッパー容器に入れれば簡単にホルマリンの漏出を防ぐことができます。写真のジッパーケースはスマホを水がら守ることはもちろん、ホカロン(酸素で発熱する使い捨てカイロ)を中に入れて閉じると、発熱を停止することもできます。

Dsc09098800

この日は、ウェルネスバレー地区にある国立長寿医療研究センター、あいち小児保健医療総合センターや数多くの福祉施設のドクター、看護師、ヘルパーなどの医療、福祉の専門職の方々が、日常業務の中で生まれた現場ニーズを参加の企業や研究機関の皆さんにプレゼンし、そのあと交流会が開かれました。特に今回は、技術に目利きができ、開発・販売ルートにも精通した方にコーディネーターをお願いし、名刺交換に終わらせず、その後のフォローもできるような体制にしています。
このような場を通じて、新たな商品やビジネスのヒントになるようなことがあれば、また、新たな製品開発のパートナーが生まれればと期待しています。

Needshappyou20180920ex1 Needshappyou20180920ex2

Dsc09100800 Dsc09099800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/19

オンライン交通安全マップ

民間企業がビッグデータを活かして、交通安全に役立てようと、フリーのマップサービスをネット上で提供しています。

あんぜんmyマップ
AIG損害保険が、過去3年分の全国の交通事故発生データを使って、地図上で交通事故発生リスクの高い危険エリアを確認することができるサイトを提供しています。子どもの交通事故を未然に防ぐための意識向上を目的に開発したのだそうです。

みんなでつくる安全マップ
本田技研工業が、Hondaインターナビから収集した急ブレーキ多発地点と交通事故情報をわかりやすく地図上に表示し、地域の交通安全活動に活用することを目的としたソーシャルマップを提供しています。地域住民などから投稿される危険スポット情報も共有することができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/18

1週間早い?かな

明徳寺川沿いの彼岸花が咲きました。

Dsc09089800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/17

実りの秋はすぐそこに

まだ暑い日が続きますが、実りの秋は着実にやってきています。

銀杏はまるでぶどうのようにたわわに。
栗も大きく実っています。この栗、確かカーマで苗を買ってきたのが大きくなりました。植えっぱなしで世話要らずなのです。

Dsc_7251800

Dsc_7252800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝はぶどうジュース

ジュース用のぶどうを買ってきました。甘みが劣るわけではありませんが、粒が不揃いのモノをお徳用で売っていました。さっそく、ジューサーにかけて飲んでみました。

Dsc_7203800

Dsc_7205800t_2


Dsc_7208800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/16

きょうは、神社とお寺にご縁がありました。

今日は伊久智神社のお祭り。隊列を組んで社殿に入り、これから例祭です。

Dsc_7217800t

今年から例祭の時間が早まって、社殿で神楽を舞っている最中に行列の太鼓がだんだん近づいてきて、北組と南組の行列が到着。このあと用事があって駆け馬を見られないのが残念。

※中京テレビが、おまんと祭りを密着取材していました!!
お祭りの様子が、10月19日(金) 19時~20時に中京TV「PS純金」で放送されるそうです。

 Dsc_7223800 Dsc_7230800

伊久智神社は、見晴らしの良い高台にあります。遠くに見える工場は衣ヶ浦を隔てた三河です。

Dsc_7215800tp

 

オレンジカフェ「こころ屋」@善導寺。
9月は、お寺でこころ屋を開催。こころ屋は、毎月ほぼ1回、場所を変えながら町内の有志が運営している認知症カフェです。お寺の本堂を使ってオレンジカフェ? 一体どんな感じなのか興味があって見に行ってきました。ちょうど、アイリッシュハープの演奏をしていて、みんなで「ふるさと」の合唱もしました。肩のこらない雰囲気です。
お寺は、そもそも、教育の場であり福祉の場であったあったはず。お寺でオレンジカフェは一見ユニークだけど、本当はこういう場づくりこそお寺にふさわしいのでは。
もちろんそれぞれのお寺のお考えがあってのことなんだとは思いますが、将来の可能性を感じます。

Dsc_7236800

 Dsc_7242800p 41785525_1455734084571632_669912373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/15

家庭系可燃ごみ処理有料化説明会、オレンジ運動、多文化防災講演会、若者会議2018 など

午前は、石浜中自治会集会所で家庭系可燃ごみ処理有料化の説明会でした。

説明会が終わってから、藤江コミュニティ主催の「オレンジ運動」をのぞいてきました。認知症サポーター養成講座と行方不明高齢者への声かけ訓練とグループトークを組み合わせたような内容で、認知症について理解を深め、人と人が支え合える温かいコミュニティをめざす活動です。声かけ訓練で、ひとり歩き高齢者役をされたお三方を記念撮影させていただきました。

Dsc_7199800

Dsc_7198800

Dsc_72021000

 
午後から、多文化防災講演会と若者会議がありました。

今年4月に、にほんごひろばや通訳ボランティアをしている皆さんが一緒になって、ボランティア団体「多文化共生ひがしうら」が結成されました。
東浦には、ブラジル、中国、フィリピン、ベトナムなど外国人登録している方が1500人ほどいます。多くの外国籍の児童が通う石浜西小学校には日本語適応教室があり、先日もその様子がNHKで報道されました。国際化というと英語教育が注目されがちですが、いろんな言葉や文化、習慣、考え方がある中で、お互いに理解し合い、関わることを通じて新たな価値を見いだしていくことが重要だと思います。
今日は、名古屋外国語大学世界共生学部教授でNPO法人多言語センターFACIL理事長の吉富志津代さんをお招きして、「被災者が排除されないため ~コミュニティ防災の視点で考える多文化共生~」というテーマで多文化防災講演会が開催されました。今後、9月30日(日)には、災害多言語支援センターについての講座が計画されています。そして、10月28日(日)の愛知県・東浦町津波・地震防災訓練にて、災害多言語支援センター開設訓練を行う予定です。

Tabunkakyousei_higashiura_201809

41746991_288816835055856_3936771859

Dsc090181000p

Dsc09021800p

 
若者会議2018は、今日が最終日で、各グループの提案事業の発表がありました。グループ「ぶどう」は「みてやー!やってみやー!食べてみやー!自ら守る防災」、グループ「カントリーマアム」は「みんなでフォトコン 学習の森を調査しよう」、グループ「半分、白い」は「Connecting With 東浦 ~若者が町を繋ぐ~」をそれぞれ発表しました。自然環境学習の森でフォトコンテストを開催しようという提案に対しては、会場から「モデル撮影会を考えては」とのアイディアが出ました。「~若者が町を繋ぐ~」は、テーマ別にいくつかの分科会を持つ「若者サークル」を設立して若者による若者のための情報発信をしていくという提案で、実際に規約を作って、ボランティアセンターに登録することを考えています。
若者会議のような活動が継続していくには、町のことを知る、友達ができる、自分の成長につながる、スキルや専門性が身につく、とにかく楽しいなど、自分のためになるという実感が得られることが鍵になるのだと思います。

Wakamonokaigi20180915

Dsc09030800

41739958_465760523931634_8747913681


Dsc090371200t

 
夜7時半からは、石浜西小学校で家庭系可燃ごみ処理有料化の説明会を開催しました。この連休中は、明日も、明後日も地区を変えて説明会を行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧