文化・芸術

2019/03/21

名古屋市博物館で、国芳の浮世絵。副館長さんに会えました。

名古屋市博物館で開催中の特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」に行ってきました。
博物館のエントランス前のアプローチには、「怖いものみたさ」とか「面白いには裏がある」など好奇心を膨らませる仕掛けがあります。
 Dsc040551200n Dsc040561200n
 Dsc040571200n Dsc040581200n
展覧会の仕掛け人でもある神谷浩副館長さんにお会いすることができました。この3月末で退官されるとのこと。専門は、室町時代の水墨画から江戸の浮世絵・・・にかけてと言うことで、最後の気合いが入っていそうです。
Dsc040611200tpn


今回の特別展に展示されている浮世絵はすべて名古屋市博物館の収蔵品とか。それがあってか、写真撮影はすべてOK。
血みどろのシリーズもあって、小道具に雰囲気が出ています。苦手な方用のエスケープルートも用意されています。
副館長さんのお人柄か、ここの展示はいつもなにがしかユニークだったりユーモアがあったりします。

 Dsc040721200n_1 Dsc040781200n_1
 Dsc04074800n Dsc040811200n

今夜のギャラリートーク「博物館夜学 怪の集い」が面白いとのことでしたが、残念ながらすでに定員一杯でした。特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」は4月7日(日)までです。

| | コメント (0)

2019/03/09

メディアスまちフェス2019 ~市民映画上映とボイメンコンサート~

午後からは、メディアスまちフェス。抽選でメディアスエリア3市1町在住の約1000人の観客が町体育館に集まりました。
第1部は、東浦映画プロジェクトバリアフリーかあちゃん」の第2回上映会と石丸監督とメインキャストのこじまさん、竹内さん、小田さん、長岡くんのトークショー。こじまさんはこの映画に出演を頼まれたときに最初は断ろうと思ったそうです。かけるくん役の長岡くんは最近、児童会の選挙に立候補して役員に当選したそうです。それぞれに映画を通じた成長があったのかもしれません。
第2部は、 BOYS AND MEN のコンサート田村侑久さんのトークショーでした。さすが人気グループ。ボイメンのコンサートとしゃべりは若さあふれて気持ちがいい。アリーナの階段席で聞いていた私を「町長さん!」と散々いじってくれました。おまけに「東浦のインスタ映えのスポットは?」との観客からの質問に、タムタムが「う~ん。町長さんのとなり!」と答えたものだから、コンサート終了後に撮影依頼が殺到。思いがけず、行列のできる人気者になってしまいました。

 Dsc_68511000n 54258295_347277276134666_6035442555

このメディアスまちフェス。2014年に第1回を東浦町文化センターで開催、その後年1回のペースで3市1町を回り、2017年にはあいち健康プラザで開催。このときは東浦町出身のイラストレーターほしのまあさんに来ていただきました。偶然にも、ほしのさんと田村さんは中学校の同級生なのだそうです。それから実は、第1回のメディアスまちフェスに出演したのは全国的に有名になる前のボイメンだったのです。田村さん、大きくなって帰ってきましたね。

※ボイメンの田村さんには、町制70周年東浦町PR動画の制作にも協力をいただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/24

森岡コミュニティ凧揚げ大会、緒川地区景観まちづくり展示・交流会、「バリアフリーかあちゃん」初上映会 に参加

森岡コミュニティの凧揚げ大会に参加しました。でも残念なことに、今年も凪。よく揚がる凧なら、北部グランドを走り回っていれば揚がり続けているくらい風向きが感じられません。それでも各チームが大凧を少しでも高く揚げようと、挑戦を続けていました。
大凧上げを競い合う以外にも、連凧や子どもが自作した凧の凧揚げもあります。毎年、凧揚げ大会に先立って、コミュニティで子どもたちのための凧作り教室も開催しています。

 Dsc036301000pn Dsc03659800tn

52974078_383430389102330_6257181078

 Dsc036201000tpn Dsc036351000n

 

緒川コミュニティセンターで開催された緒川地区景観まちづくり 展示・交流会に参加しました。名城大学 都市情報学部 海道研究室と理工学部 米沢研究室の学生たちが、これまで緒川の屋敷地区で行った調査のまとめと、まちづくり提案を発表しました。
会場には、調査結果をこの地区の歴史などを踏まえてわかりやすく展示してありました。なかなかの力作です。

まちづくり提案では、
・黒板壁、ご利益、お地蔵さんの各テーマをめぐるウォーキングコース
・立体的に見えるソリッドシートや歩行者優先を訴えるオリジナルの交通安全サイン
・空き地を利用したゲートボール場
・空き家を利用した学生カフェ

などがありました。黒板壁に映える満月のような交通安全サインなど、すぐにでも使えそうなものもあります。学生カフェは本気で考えているようです。
交流会で、参加者から「暗渠の水路を地上に復活させては」「わざわざコストをかけて東屋のような画一的な整備を再考すべき」などの意見をいただきました。いまさら暗渠をなくすことは得策ではありませんが、本意としては、「昔あったものを再現してまちづくりのシンボルにできないか」「これまでお金をかけて何かを量的に加えることを良しとしてきた文化から、余分なものをつくらない、余分なものを引き算する文化に転換しては」などと解釈することができそうです。

参加者のお一人が、学生への温かいまなざしを感じるレポートを書かれています。こちらもご参照ください。

 Dsc03678800tpn Dsc03675800pn

Dsc036731400tpn Dsc036881600tpn

 

東浦初の市民映画「バリアフリーかあちゃん」の上映会 に行ってきました。映画の上映のあとは、代表の村松さん、石丸監督、出演者の皆さんのトーク。そして、記念写真撮影がありました。文化センター ホールは観客や関係者でいっぱい。映画のチカラはすごいです。

今日は市民映画の初上映と言うことで、すごく楽しみにしていました。東浦でロケした映画ですから、知ってる場所がどんな風に描かれるのか楽しみなのはもちろんですが、東浦の知ってる人達がこの映画をどんな風に作って、どんな風に演じるのかを早く観てみたい。そんな気持ちです。

何度も言っていることですが、この映画は本当の意味で、素人の住民さんが自分たちで人を集めて、監督やスタッフをお願いして、企画、撮影して、お金も集めて、上映するという本当の意味での市民の市民による市民のための映画です。町は町制70周年の年に「皆さんの心に残るような事業をやってくださる方たちはいますか。そのための足しにしてください。」と24万円ほどを補助していますが、実際にかかっているお金は一桁違うと思います。そんな映画づくりを東浦町で、東浦町の住民の皆さんがやり通したと言うことは、大きな誇りです。

また、映画に惹かれた町外の方たちのご協力も欠かせなかったと思います。町外の方たちとも関わりを持てた、一緒になってやり通したと言うことも成果だし、これからの大きな財産になるのではと思います。

バリアフリーとは、まず受容すること。受け入れて、同じ気持ちになること。気持ちを一つにして、作品を鑑賞できたらなと思います。

Dsc037201200tn

 Dsc037041000pn Dsc037281200pn
 52825738_2201685413229440_434095693 52861792_815743902106328_3529150231
 Dsc03731800pn Dsc037071200tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/23

盆梅展を見てきました。

文化センターで盆梅展を開催中。小さな鉢植えでも手塩にかけて何年も育てているのでしょう。途中で幹が朽ちて折れそうな梅がしっかり花を咲かせています。樹齢百年以上のものもあるようです。明日(25日)にはウクレレの弾き語り?があります。

 Dsc03601800n Dsc03604800n
 Dsc03606800n Dsc03608800n

2階では、小中学校の美術の先生方の作品展が開かれていました。絵画から彫刻、陶芸、写真まで、個性あふれる作品が置かれています。

 Dsc036111000pn Dsc036131000n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/18

うのはな館がリニューアルオープン

現在閉館中の郷土資料館うのはな館は、3月1日からリニューアルオープンします。東浦の歴史を語る上で欠かせない於大の方や水野氏に関する展示、天白遺跡の発掘出土品、かつては繊維産業のまちだった東浦の小型織機の展示などを新たにします。
3月1日からは企画展「ひなまつり展」も行います。

Dsc034751300tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/06

休日に美術館巡り

日曜日に美術館巡りをしました。自分は絵心歌心はないけれど、作品を観るのは嫌いではありません。
名古屋市立美術館ではフィンランドの建築家 アルヴァ・アアルト展、愛知県立美術館では日展をやっていました。ひがしうら映画プロジェクトにも関わっていらっしゃる水上卓哉さんの個展に行ったら、大村知事にばったりお会いしました。

Dsc_66441000pn Dsc_6646800n

Dsc_6655800pn Dsc_6658800n

51094523_231102037843505_49127257_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/27

村木神社で文化財消火訓練

村木神社で文化財消火訓練を行いました。毎年1回、町内各地区の文化財のあるところで実施しています。神社仏閣は、文化財があるだけでなく、心のよりどころでもあります。きょうは寒い中、朝早くから多くの方が参加してくださいました。

Dsc02981800pn

Dsc02968800pn Dsc02984640tn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/26

知多半島 春の国際音楽祭2019が始まります。

朝からセントレアへ。
知多半島 春の国際音楽祭2019のオープニングセレモニーでテープカット。司会はウクレレしょうべいさんでした。片岡 常滑市長さんから「東浦の人は活躍しとるねえ」とのお言葉。

50652412_621906718264697_6913129482

Dsc028561000pn

3月上旬にかけて5市5町でさまざまな音楽イベントが開かれます。お楽しみに。
http://chita-haruon.com/

 
セントレアでは、いま、国際展示場やLCCターミナルが建設中です。

 Dsc02839800n Dsc02848800n

セントレアから帰る頃には、だんだん北風が強くなってきました。伊勢湾は白波が立っているし、四日市の煙突の煙は直角に曲がっているし、鈴鹿や伊吹の山のほうは空が真っ白でした。

Dsc028651200n

 

文化センターで開催中の新春文化展を見てきました。私は、いつものように、写真と書道で出品しました。

写真は竹富島飯縄高原で撮ったものです。

Dsc029071000n  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/01/post-c81e.html

Dsc029021000n  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/post-02cc.html

書道は「崢嶸(そうこう)」と書きました。
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/12/post-2178.html

Dsc028881000n

Dsc028751200n

文化展は皆さんの力作を見られるし、いろんな方々に会えるのでいつも楽しみです。
今日・明日と開催しています。

 Dsc029121000pn Dsc028781200n
 Dsc02899800n Dsc02915640n
 Dsc02919640n Dsc02910800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/20

緒川コミュニティもちつき大会、東浦かるた大会に行ってきました。

緒川コミュニティの新春もちつきカラオケ演芸大会。ポン菓子のパッカーンをやらせてもらいました。

 Dsc_6596800n Dsc_6598800n
 Dsc_6599800n Dsc_6602800n

 
東浦かるた大会は今年で16回目を迎えました。有志で続けている行事です。私も以前、有志のメンバーだったご縁で、かるた大会当日は見に行くことにしています。
東浦かるたは、かつて東浦の歴史や文化に造詣の深い方たちが、町内の地理や歴史、生活にちなんだ場所や事柄について、小学生に絵と言葉を募集して、それらを編修して作られました。私も知らないような町内の史跡や伝承についての記述もあってなかなかの優れモノ。結構勉強になります。
せっかく作ったのだから、子どもたちに親しんでもらい、もっと活用しようと言うことで、有志でかるた大会を立ち上げて、それが今まで続いています。
今日は特別に「み」の大当たりのカードが混ぜてあるのだそうです。

Dsc02790640pn

Dsc027931000pn

50593686_1034800760063947_697338906

 
かるた大会に併せて、けん玉検定も行われていました。検定員の資格を持つメンバーが、簡単なアドバイスと検定試験をしてくれます。10級から、いきなり3級を取ってしまった強者もいました。

Dsc02796800pn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/17

水野氏講座「知恩院と傳通院」 ~家康の母於大の方祀られ方の謎~ のご案内

京都東山のある知恩院と江戸小石川の傳通院の造営は、於大の方が慶長7年(1602)に京都(伏見)で亡くなり、翌8年家康が征夷大将軍に就任する中でおこなわれました。講義では、この二つの寺の造営の背景を考えることで、謎に満ちた於大の方の祀られ方を考察します。

 日時: 2月23日(土) 9時30分~11時30分
 場所: 文化センター2階 視聴覚室
 講師: 岐阜県立看護大学 非常勤講師 高木傭太郎さん
      (戦国近世史の専門家)
 受講料: 400円 要事前申し込み

詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/rekishi/1865.htmlをご覧ください。

<水野家講座にちなんでお知らせ>
亀城公園の隣接地で建設中の「刈谷市歴史博物館」が完成。3月24日(日)にオープンします。

<うのはな館企画展のご案内>
東浦町郷土資料館では企画展「知多四国八十八ヶ所と日本の巡礼」を開催中。1月20日(日)までの開催です。

詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/bunkazai/ibento/1503195855241.htmlをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧