文化・芸術

2018/09/23

東浦五ヶ村虫供養など

きょうは、大府市の福祉・健康フェアの開会式の後、緒川地区の家庭系ごみ処理有料化住民説明会に出席。
午後は、生路コミュニティセンターで行われた執り行われた東浦五ヶ村虫供養に参加。夜は東ヶ丘(西部ふれあいセンター)で開催の家庭系ごみ処理有料化住民説明会に出席しました。

 
五ヶ村虫供養は、毎年秋の彼岸に、森岡・緒川・石浜・生路・藤江の各地区(旧五ヶ村)が輪番で実施します。農事のために犠牲になった虫を供養する行事で、阿久比・知多・常滑と共に「知多の虫供養行事」として県無形民俗文化財に指定されています。古い仏画を祀り、鉦を鳴らし、大きな数珠を車座になって回しながら念仏を唱える、江戸時代以前から伝わる行事です。
人間の営みは他の生き物の犠牲の上に成り立っています。昔は、虫を直接手で殺したり焼いたりしていました。今では、薬剤を使ったりして生態系を変えてしまうような残酷な行為を、あまり意識することなく行うことに鈍感になってはいないでしょうか。この伝統行事を、人間が罪深い存在であることに改めて思いを致す貴重な機会として、後世に受け継いでいくとともに、より開かれた行事として子どもたちとも、大きな災厄なく今年も自然の恵みをいただけた感謝の気持ちを共有できればと思います。

Dsc09236800

 Dsc09238800 Dsc09239800p
 ※御詠歌の楽譜。縦棒や横棒は音階を表しているそうです。

 

於大公園に隣接する高台に緒川城主三代の墓所があります。ここで、入海神社関係者による観月会が催されました。少し前まで月が見えていたそうです。

Dsc09248800

 めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半(よは)の月かな  紫式部

夜半ではありませんが、ふと思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/30

東浦の秋の祭礼・・・おまんと祭り

夜になると、太鼓の音が聞こえてきます。
秋の祭礼の練習がもう始まっています。

Dsc08686800

東浦の伝統の祭りは、町内5地区の氏神さまのおまんと祭り(駆け馬)です。背に鈴をつけた馬が境内の柵の中を疾走し、若衆が掛け声とともに馬につかまり伴走する勇壮な祭りです。地区によっては、神楽や獅子舞も奉納されています。
森岡地区の村木神社のおまんとと馬道具、生路地区の伊久智神社の神楽、藤江神社のだんつく古面と龍頭の面は、町の文化財に指定されています。

今年も、生路地区を皮切りに、9月から10月にかけて各地区でおまんと祭りが執り行われます。

  ・生路地区  9月16日(日) 伊久智神社
  ・森岡地区  9月30日(日) 村木神社
  ・緒川地区 10月14日(日) 入海神社
  ・藤江地区 10月14日(日) 藤江神社
  ・石浜地区 10月28日(日) 稲荷神社
   ※各地区の開催時間は10時~正午、13時~15時(予定)
   ※荒天中止、順延なし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/22

碧南市の夏のイベントのご案内

碧南市さんから以下のご案内をいただきました。碧南市もちょうど70周年なのですね。

 

米村でんじろう おもしろ サイエンスショー

 9月2日(日) 碧南市文化会館ホールにて。
 (1回目 13時から  2回目 15時30分から)
 入場料: 1500円  残席があるそうです。

科学がおもしろくなる、あっと驚く実験の数々を目前で見られます。
詳しくは、http://www.city.hekinan.aichi.jp/MONODUKURI/をご覧ください。

Denjirou_hekinan20180902

 

長谷川利行展 ~藝術に生き、雑踏に死す~

 7月21日(土)から9月9日(日)まで 碧南市藤井達吉現代美術館にて。
 入場料: 一般900円 高大生600円 小中学生400円

戦前の昭和を破天荒に生きた画家・長谷川利行(1891~1940)。原色そのままの色づかい、速写による奔放な筆致、そして短く激しい生涯のため、時に、日本のゴッホとも呼ばれます。
詳しくは、http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/index.htmlをご覧ください。

Hasegawatoshiyuki_hekinan20180909a

Hasegawatoshiyuki_hekinan20180909b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/19

市民映画の撮影、ファインマークコンテスト、ミュージックフェスティバル

●市民映画のロケ
町内で、市民有志による「ひがしうら映画プロジェクト ~バリアフリーかあちゃん~」の撮影が行われています。監督・脚本は、あちこちで市民映画を手がけられている石丸みどりさんです。
昨日はカチンコ初体験。
今日は、於大公園で飛び入りのエキストラが大勢参加、クライマックスシーンを撮影して、クランクアップしました。私も初めてエキストラとして参加。集まった皆さんは国籍も様々。最後は「オーラ🎵うーら🎵 オーラ🎵うーら🎵 ひがしう~ら~🎵」の大合唱で撮影を終えました。
映画はシーンの数が多いだけじゃなくて、一つ一つのシーンを納得いくまで撮るので、想像以上に手間がかかるものなんだと実感しました。さて、どんな映画が完成するのか楽しみです。

 Dsc079961000 Dsc080051000
 Dsc08032800 39522012_1880490995370626_921672457

 Dsc_6895800 Dsc_6915800p
 Dsc_6918800 Dsc08102800
 Dsc_6940800 Dsc_6952800
 Dsc08118800 Dsc08120800pp

Dsc081251000p

 
●ファインマークコンテスト
ル・グラン・ジュールで行われた市民グループによる初の試みです。
「ファインマーク」というネーミング、和製英語と言うより私製英語なんだろうけど、とにかく「元気印」な人を見つけ出して顕彰して、自信を持ってもらって、さらに笑顔で支え合える元気なまちにしようという有志のアイディアから始まった第1回目のコンテスト。形式も決めずに出場者にプレゼンをしてもらって、直感的にグランプリを選ぶという随分荒削りなイベント。審査員としてお招きをいただいたので、どんな展開になるか期待と不安に胸を膨らませて出席したところ、なんだか会場は良い雰囲気。出場者もパワポを使ったり、実技を披露したり、それそれのスタイルで飾ることなくプレゼンをされていました。
出場者は、見晴らしの良いところに杏の木を植えて大きく育てようとしている人、普及活動にも励む腕相撲のチャンピオン、障がいのある子どもたちとそのがんばりを支える施設の方、少林寺の先生から老人クラブ活動や小学校・保育園とのコラボまでやっているスーパーおじさん、ふるさとガイドや清掃活動など地域の活動に積極的に取り組む達人、ジーンズのことを語らせたら右に出る者は居ないジーンズソムリエ第一号など、多彩かつ多才な面々。
見ていて、これって元気印を発掘・顕彰するだけでなく、「TED」や「ぺちゃくちゃないと」みたいな、社会に新たなアイディアを提唱するワールドワイドなプレゼン大会にも通ずるような可能性を感じました。荒削りでも良い。小さく初めて大きく育てられると良いですね。来年もやるみたいで、今後が楽しみです。

Dsc08143800p_2

 Dsc08135800 Dsc08145800
 Dsc08149800p Dsc08158800

Finemarkcontest20180819c

 
●ミュージックフェスティバル
文化センターではミュージックフェスティバルを開催。途中から聴きましたが、年齢もジャンルも様々な禄バンドが出演、トリは“教師”という名の学校の先生11人からなる大編成のグループによる演奏でした。最後は西城秀樹さんのヒット曲、みんなでYMCAしました。

 Dsc08178800t Dsc08187800px

Dsc082221000p

39397612_1637896889670046_769901982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/17

於大公園で、長坂沙織さん凱旋コンサート

今朝からいきなり涼しくなりました。連日のまとわりつくような日差しと空気も爽やかで、秋の気配を感じます。

於大公園このはな館で、アクセント・カルテットのイブニングコンサート。公園の夕景を眺めながら弦楽器の調べを楽しみました。
曲目は、ポピュラーなモーツアルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から、重い中にも安息を感じるようなシューベルトの「死と乙女」、最後は、アンコールでタンゴ「ポル・ウナ・カベーサ」でした。ポル・ウナ・カベーサは、アルゼンチンの歌手カルロス・ガルデルが映画の挿入歌として作曲した名曲で、アルパチーノ主演の映画「セントオブウーマン」やシュワルツェネッガー主演の映画「トゥルーライズ」でも使われています。
演奏が終わると外はすっかり暗くなっていて、竹灯篭の会の皆さんが仕掛けてくれた色とりどりの灯光が音楽の余韻を引き立ててくれました。

Dsc07902640_2

 Dsc07912800 Dsc07916800
 Dsc07921800 Dsc07938800

Dsc07927800p_2

Dsc07935800p

長坂沙織さんは、生路小学校、東浦中学校を卒業後、桐朋学園大学音楽学部を卒業、ドイツに留学。現在、デュッセルドルフ交響楽団でバイオリン奏者をされています。今年5月に、同じくデュッセルドルフ交響楽団のバイオリン奏者のペーター・マイヤーさんと結婚、ちょうど日本に帰省中のところにご厚意で演奏を引き受けてくださいました。カルテットの他のメンバーのインカさんはフィンランド出身のチェロ奏者。ビオラのオディッセアスさんはギリシャ出身で、日本に来る途中に(ビオラは手荷物で無事でしたが)バッゲージが行方不明に。急遽、イオンモールで衣装を購入しての演奏だそうです。
200席以上用意した会場は満員。赤ちゃんも静かに聴き入っていました。すばらしい演奏をありがとうございました。

Dsc079461000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/16

郷土資料館から ご意見募集!!

郷土資料館(うのはな館)では、「東浦で発見 ~弥生時代・古墳時代の村」と題して、緒川天白遺跡の出土品などを展示中です。

発掘の終わった天白遺跡のごく一部は公園として残りますが、大部分は区画整理の造成工事で削られてしまいます。
天白遺跡のよすがを残す・伝えるアイディアを募集中です。
石碑とか看板はよく出る案ですが・・・遺跡にちなんだ公園や道路を造るとか、ITを使ったガイドをするとか・・・多様なアイディアを募集しています。

Tenpakuiseki_idea_request

 
また、郷土資料館では常設展示のリニューアルを予定しています。こちらもアイディア募集中です。
新しい常設展示の内容や展示テーマ等について、みなさんが考える「私ならこうする」という展示への想いを、みんなで語りませんか。
9月2日(土) 10寺~12時、郷土資料館うのはな館にて、実際の展示や間取を見ながらアイディアを語り合う会を開催します。どなたでも参加できます。8月28日(火)までに郷土資料館うのはな館(0562-82-1188 月曜休館)へ申し込んでください。
詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6776.htmlをご覧ください。

※生涯学習課文化財係へのお問い合わせや提言は、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/cgi-bin/inquiry.php/41?page_no=6776へ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/12

土曜日は篆刻と若者会議。日曜日は盆踊り。

先生の指導を受けながら、篆刻(印章を彫ること)をしました。書道の落款です。
たまたま開いた本の最初のページにあった「窮理」という言葉を彫ることにしました。出典は易経で“道理をきわめる”という意味なのですが、お恥ずかしながら、どんなところに使う印なのか自分自身まだよくわかっていないのです。


Dsc_6860800

 
平成30年度第2回につづいて第3回の若者会議を開催しました。

Dsc077711200t640

Dsc07765800640 Dsc07766800640 Dsc07767800640

 
日曜日は、緒川新田、平池台、石浜中地区の夏まつりに参加しました。夕立が降って程良い?お湿りに。
石浜中では昨年のミニオンに続いてクラウン・チョクさんが作ってくれたタコの帽子をかぶって盆踊り。暑い中、みんなで熱く踊りました。

Dsc07775800 Dsc077771200p
39007529_1705234819599877_260612061 39008856_690023701345016_5344320487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

よむらびフェスタ、若者会議、認知症フォーラムなど

土曜日は、図書館のよむらびフェスタ、若者会議、東ヶ丘の夏まつり(盆踊り)などがありました。

よむらびフェスタは、紙芝居、読み聞かせ、子ども工作、音訳ボランティア、読書会など、図書館に関わる様々なボランティアグループによる出し物がありました。「図書館のカイダン」は初の試みで、普段は鍵のかかっている屋上に通じる階段を使った夏向けのアトラクションです。同じく今回初登場したよむらびの着ぐるみ君は、さっそく子どもたちの人気者になっていました。

 Dsc07624800t Dsc07629800
 Dsc07643800 Dsc07663800
 Dsc07675800t Dsc07723800
 Dsc07694800t Dsc07699800
 Dsc07697800 Dsc07705800t
 Dsc07719800 Tosyokan_kaidan20180804

 

午後から若者会議を開催しました。今回はシリーズ2回目で、中高生と大学生が参加、3つのグループが前回決めたテーマ「若者の防災意識の向上」「自分たちのできることから(まちの情報発信)」「自然環境学習の森における保全活動の充実」の取り組み内容について意見を出し合いました。防災については、うんこ漢字ドリルにあやかった「うんこハザードマップ」や「フィールドアスレチック的な体験」「アルファ米アイスクリーム」など子どもの気を引くPRやイベントやグッズはどうか、情報発信については、若者向けにツイッターやLINEによる情報発信をしてはどうかなどの意見が出ました。里山保全については、ムシやカエルなど自然の生き物が苦手な若者や自然体験の希薄な若者の参加をどうやって募るかが課題になりました。

Dsc07715800

 

日曜日は、名古屋市博物館で開催中の「現展」を観に行きました。行ったら、出品者の夏目さん田中さん水上さんと、「ひがしうら映画プロジェクト」の石丸監督と会場でばったり。作品を見ながらしばし談笑させていただきました。水上さんの作品はアクア・トトぎふのピラルクーを描いたものだそうです。
博物館では、尾張・知多の海とひとびとをテーマにした特別展「海たび」も開催していました。

Dsc_6783800p

38448926_682321702115216_1780670338

 Dsc_6786800t Dsc_6789800p
 Dsc_6790800 Dsc_6792800


Dsc_6801800

 

文化センターにて認知症フォーラムを開催。国立長寿医療研究センターのお二人に講演をいただきました。
お馴染みの認知症専門医の遠藤英俊さんからは、「認知症の兆候とは何か。また、認知症を予防するには、生活習慣病の予防、有酸素運動、知的活動、食事が有効。知的活動としては、例えば、日記など文字を書くこと、退職後の社会参加、自分より若い友人を持つこと、昔を回想することなど。食物としては、カレーを週3回は食べることを推奨、柑橘類や茶を薦める人も居る。」などのお話しをいただきました。
理学療法士の中窪翔さんからは、「コグニサイズとは、頭を使いながら同時に運動することで、”Cognition”+”Exercise”の造語。全身を使った中強度の運動と、尻取りやカウントやジャンケンなど運動しながら間違える程度の問題を組み合わせる。」とのお話を伺ってから、椅子に座ったままみんなでコグニサイズ体験をしました。
まちじゅうで認知症についての理解を深め、認知症になりにくく、認知症に優しいまちづくりを進めていきたいと思います。

 Dsc_68041000p Dsc_68291000p

 

郷土資料館(うのはな館)では、企画展「東浦で発見 ~弥生時代・古墳時代の村~」を開催中です。
縄文時代の入海貝塚からの出土品や中世の古窯などからの出土品とともに、昨年度大規模な発掘調査をした天白遺跡の出土品を展示しています。天白遺跡からは、弥生時代から古墳時代、そして中世にかけての出土品や遺構が見つかっています。

 Dsc_6833900tp Dsc_6835900tp
 Dsc_6838800 Dsc_6842800
            Dsc_6843800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/30

長坂沙織さん凱旋コンサート in 於大公園 のご案内

東浦出身のプロバイオリニスト長坂沙織さんが、帰ってきます。ドイツからの一時帰国です。

8月17日(金)18時から、於大公園このはな館で「クラシックの夕べ」を開催します。夕暮れ時の於大公園でAkzent Quartettの演奏をお楽しみください。

 Akzent Quartett(アクセント・カルテット)とは
アダム・フィッシャー音楽総監督が率いるドイツの名門オーケストラ「デュッセルドルフ交響楽団」とケント・ナカノ率いる「ハンブルグ国立歌劇場オーケストラ」のメンバーを中心として結成された国際色豊かなカルテット。
 ・ペーター・マティアス・マイヤー(Violin)
 ・長坂 沙織(Violin)
 ・オディセアス・ラヴァリス(Viola)
 ・インカ・サーバライネン(Cello)

 長坂沙織(ながさかさおり)さんプロフィール
桐朋学園大学音楽学部音楽学科卒業。ケルン音楽大学を最高得点で卒業。マラガ・ミュージカルサマー国際音楽コンクール(スペイン)第2位。2017年3月よりデュッセルドルフ交響楽団契約団員。

詳しくは、https://calendar.google.com/calendar/event?eid=NmUyYm9rdGZ1cnRiOThvbTNzcTdmN3BuY2ggYmViYTNyMjQxNmlybHEyMWZkbHIyNmx2NzhAZw&ctz=Asia/Tokyoをご覧ください。

Nagasakasaori20180817konohana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/26

「東浦町景観コンテスト」の作品を募集します。

Slider_h30keikancontest

東浦町では、まちの持つ自然、歴史や文化などの魅力を活かした、景観まちづくりを目指しています。
昨年度は、「私の好きな東浦≪明徳寺川周辺の好きな場所≫」をテーマとして絵画コンテストを行い、139点の応募がありました。
今年度も引き続き、東浦町景観コンテストを開催します。自分たちのまちの残したい場所に気付き、それを守り、活かし、創ることによって、東浦でありつづけられます。そこで、ふと気付いた、身近な≪残したイイひがしうら≫を子供から大人まで、「絵画&写真」を通して、まちで共有したいため、≪残したイイひがしうら≫をテーマとします。さまざまな視点からの「絵画&写真」の応募をお待ちしております。

 テーマ: 残したイイひがしうら

 募集作品: 絵画または携帯などで気軽に撮った写真

 審査の視点:
   以下の審査の視点がよく表現されているかどうかを選定のポイントとします。
   ・地形と場所の良さがわかるもの
   ・今後も保全され、「ほっとする」と感じさせるもの
   ・気付きを誘発し、価値観の共有や共感を感じさせるもの

 応募資格: 東浦町内外、どなたでも参加できます。

 応募期間: 平成30年8月1日(水曜日)から平成30年9月3日(月曜日)まで
   絵画を持参および写真の応募の場合は、当日提出受付まで有効。
   絵画を送付する応募の場合は、当日消印まで有効。

 審査結果等: 平成30年10月中に表彰者を対象に通知します。
   表彰式および作品の展示は、平成30年11月にイオンモール東浦にて行う予定。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshikeikaku/toshikeikaku/gyomu/matinoe/6534.htmlをご覧ください。

Keikan_contest20180801a

Keikan_contest20180801b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧