文化・芸術

2019/09/15

生路のお祭りが終了しました。

伊久智神社の駆け馬が終わって、夕方から、コミュニティセンターで、餅撒き と 北組と南組の太鼓の響演。若衆の連打でフィナーレです。背中を押されて自分も少しだけ太鼓をたたかせていただきました。

Dsc03097tpnn
Dsc03101800pnn
Dsc031171000pnn
Dsc03183640pnn
Dsc03182800nn

| | コメント (0)

2019/09/14

敬老会は終盤。あすは伊久智神社のお祭り。

藤江地区敬老会は、小学生の金管演奏の後、カラオケ大会でした。唄の合間に踊りや大正琴の演奏も入ります。区長さんは観客席のおじいちゃんおばあちゃんの中に入って熱唱です。

 Dsc02906640pnnDsc02940800pnn
 Dsc02931800pnnDsc02925800pnn
 Dsc02946800pnnDsc02949800pnn

 
石浜中自治会の敬老会は、毎年、自治会の内外から芸達者が大集合。ひょっとこ踊りや座ってできる太極拳体操もあります。恒例のクラウンチョクさんのショーでは私もメイクしてもらってお手伝いをしました。町長もシークレットゲストして何か出し物をと言うことでしたので、ちょっとだけ脳トレ手品をさせていただきました。

 Dsc02968800tpnn70809105_379881926280313_621304207340732
 Dsc02957800tpnnDsc02986800pnn
 70462690_393612734921543_70355419857671970466596_379881969613642_176781712896819
 69892341_938038086553590_33353097720008570816946_2359347517726514_61839865208656
 70507747_379881876280318_324689859176719Dsc02996800tpnn

 
若者会議第3回、イオンホールにて。ちょっとだけ覗いてきました。こんなコトしてみたい。資金の調達どうしよう。10~20代までの中学生、高校生、大学生、社会人が一緒になって、アイディア出し合っています。若い発想と行動力に期待です。

 Dsc02963640pnnDsc02962640pnn

 
図書館のワークショップ
もありました。1階の視聴覚コーナーの改装プランをまとめます。こちらもどうなるか楽しみです。

 70018377_2353550721629737_6633584324476169902248_2353550821629727_64793472814630

 
あすの日曜日は伊久智神社のおまんと祭り。前日の夕方は、太鼓をたたいて地域を回ります。

 Dsc03009800tpnnDsc03027800pnn
 Dsc03038800pnnDsc03045800pnn

| | コメント (0)

2019/09/08

あいちトリエンナーレ2019 のテーマは「情の時代」

あいちトリエンナーレを観てきました。到底1日じゃ回りきれませんが、名古屋市美術館、愛知県芸術文化センター、そして四間道から円頓寺にかけてのエリアをざっと巡ってきました。

まず、名古屋市美術館から。意味がわからないものもありますが、とにかく大掛かりなインスタレーションは観ているだけでも楽しいです。あちこちに作家の皆さんが表現の自由を求める張り紙がしてありました。

 Dsc02753800pnn Dsc02755800pnn
 Dsc02758800nn Dsc02760800tpnn
 Dsc02763800pnn Dsc02764800nn
 Dsc027661600pnn Dsc027671000pnn

 
次に愛知県芸術文化センターへ。ピエロがいっぱい居る部屋は、3年前に巨大な砂絵が描かれていた場所です。段ボールで街を作る子ども向けのワークショップもありました。

 Dsc02768800nn Dsc02773800tpnn
 Dsc02779800nn Dsc02784800pnn
 Dsc02798800nn Dsc02800800pnn
 Dsc02806800pnn Dsc02810800nn
 Dsc02811800nn Dsc02812800pnn
 Dsc02813800prnn Dsc02816800nn

 
四軒道の伊藤家住宅もトリエンナーレの会場になっていて、期間中は中に入ることができます。歴史ある商家の佇まいの中に作品が仕掛けられています。
この界隈は、古い寺社や風変わりな店もあって歩く者を飽きさせません。長屋に沿った路地の行き止まりには子守地蔵がありました。円頓寺のアーケード街のなかにも会場はあって夜8時までオープンしています。同じ円頓寺でも江川線の東と西では随分雰囲気が違います。立呑みの店と餃子の店に寄って晩ご飯を済ませました。

 Dsc02817800nn Dsc02822800nn
 Dsc02829800pnn Dsc02834800nn
 Dsc02836800pnn Dsc02841800pnn
 Dsc02839800pnn Dsc02842800pnn
 Dsc02843800pnn Dsc02846800pnn
 Dsc02847800pnn Dsc02849800pnn
 Dsc02850800pnn Dsc02857800pnn
 Dsc02858800pnn Dsc02859800pnn
 Dsc02862800nn Dsc02867800pnn


 Dsc02873800nn Dsc02874800pnn
 Dsc02875800pnn Dsc02876800nn

 

| | コメント (0)

2019/09/06

「浪曲を楽しむ ~日本の伝統話芸に触れてみよう~」のご案内

ゆうゆうクラブ(老人クラブから改称しました)主催による特別講演会「浪曲を楽しむ ~日本の伝統話芸に触れてみよう~」のご案内です。

10月8日(火)13時30分から 文化センターにて。入場無料、申し込み不要。

浪曲のお好きな方も、ふだん浪曲に親しみのない方も、町内で気軽に鑑賞できるもってこいの機会です。ふるってご参加ください。

Dsc_80751600pnn

| | コメント (0)

昴展

文化センター2階で開催中の「昴展」に行ってきました。町内外で美術活動をされている洋画家の野村卯(のむらしげる)さんたちの展覧会。日曜日まで開催しているそうです。

 Dsc_80631000pnn Dsc_80641000pnn
 Dsc_80671000pnn Dsc_80661000pnn

| | コメント (0)

2019/09/03

祭り太鼓が聞こえる季節になりました。

毎晩近くの「稽古部屋」で若衆が太鼓の練習をしています。神社には「らち」と呼ばれる馬場がつくられます。

Dsc02610800tpnn

 
9月中旬の生路地区を皮切りに、10月末の石浜地区まで、町内各地区でおまんと(駆け馬)祭りが繰り広げられます。

   9月15日(日) 伊久智神社(生路)
   9月29日(日) 村木神社(森岡)
  10月13日(日) 入海神社(緒川)
  10月13日(日) 藤江神社(藤江)
  10月27日(日) 稲荷神社(石浜)

※おまんと(駆け馬)は、背中に鈴などをつけて疾走する馬に、若者が飛びついて伴走する勇壮な秋祭りです。伊久智神社では町指定無形民俗文化財の神楽が奉納されます。藤江神社では県指定無形民俗文化財のだんつく獅子舞で雨乞い祈願をします。

Akimatsuri-omanto2019

 

| | コメント (0)

2019/09/01

今日から9月、敬老会のシーズンです

9月に入ると敬老会のシーズンです。日曜日は、生路、石浜東、平池台の敬老会に出席しました。ひとくちに長寿と言っても時間的な寿命だけでなく、やはり、好きなときに好きなことをできること、好きな所へ行けること、喜怒哀楽があることが大切ですね。
生路では、若い方たちの踊りに加え、75歳以上の敬老会対象者の皆さんも入ったコーラスに手品に、多彩な芸を見せていただきました。石浜は、小学生の吹奏楽の後でカラオケ大会。平池台は、いつものようにみんなで歌を歌いながらの宴会です。

 Dsc02648800tpnn Dsc02659800tpnn
       Dsc02685800pnn

 Dsc02696400pnn Dsc02702800pnn

 Dsc02724800nn Dsc02731400pnn

 

町体育館で開かれたフライイングディスク教室を見てきました。障がい者も楽しめるスポーツとして、あいち障がい者フライングディスク協会の皆さんが東浦町で実施してくださっています。今回は社会福祉協議会の働きかけもあって、知多地区以外に三河地区からも参加があり賑わっていました。

 Dsc02715600pnn Dsc02720400pnn

 

東海市芸術文化センター大ホールで開かれた愛知県民俗芸能大会に、藤江神社の八ッ頭舞楽保存会が出演しました。
藤江神社に伝わる「だんつく獅子舞」は一人立ち獅子舞として、現在は藤江神社祭礼で奉納されています。獅子には雌雄があり、拝殿前に特設された舞台で舞を演じます。演目は「恋歌仙」「膝折」「隠獅子」の三幕で構成され、最後の隠獅子には6頭の子獅子が加わることから、この獅子舞を「八ッ頭」と呼んでいます。それぞれの演目の始めに棒を持ったスサノウノミコトが舞台を清め、親獅子が一対で踊ることを基本としています。「だんつく」の芸能名は、獅子方が叩く太鼓の擬音から名付けられたと考えられます。
だんつく以外には、岡崎市の山中八幡宮デンデンガッサリ保存会、東海市万歳保存会の演技を鑑賞しました。

 Dsc027421000pnn Dsc027431000tpnn
     Dsc027451000tpnn

 Dsc02737800pnn Dsc027481000pnn

 

| | コメント (0)

2019/08/31

夏休み最後の週末、あちこちでイベントがいっぱいでした

午前中は、町営グラウンドで愛知県ペタンク連盟のペタンク大会が開かれました。ペタンクはフランス発祥で、握りこぶし大の金属の玉をより目標に近づけることを競うチーム競技です。相手の玉を弾き飛ばしたりする戦略も必要とされます。
毎年この時期に、東浦で県連の大会が開催されています。岐阜や浜松など県外から参加される方もいらっしゃいます。県内では知立のレベルが高いとのこと。
知立のメンバーと一緒にオーストラリアで開かれた国際大会に出場した東浦町役場の職員もいます。将来のオリンピック種目候補とも言われるペタンクですが、世界の壁は厚いそうです。

 Dsc02364800pnn Dsc02384800tpnn

 

森岡台で開かれた朝市に行ってきました。八百屋さんや乾物屋さんのお店もあれば、福祉施設のお店、家庭菜園の直売もあります。地元の人達による金魚すくい、かき氷や団子もあります。自分も少し買い物をしてきました。

 Dsc02400800tpnn Dsc02401800tpnn
 Dsc02407800pnn Dsc02403600nn
 Dsc02409800tpnn Dsc02394800pnn
          Dsc02398800tnn

 

篆刻の先生の指導を受けて自分の名前の入った白印を彫りました。今度、字を書いたときに落款印として使う予定です。落款とは「落成款識(らくせい かんし: 書画が完成したとき、それが自作であることを示すため、作品に姓名、字号、年月、識語、詩文などを記すこと)」の略だそうです。

         Dsc02413800nn
 Dsc02418800nn Dsc02415800tpnn

 

Flight of Dreamsが開業し、9月20日にLCCターミナルの供用開始を控える中部国際空港に、国際展示場 Aichi Sky Expoがオープンしました。保税地域の空港島内に立地し、海外から展示品を持ち込む際に関税がかからない全国初の展示場です。
昨日の記念式典に出席できなかったので、今日行ってきました。ちょうどオープン記念イベントで東浦町もブースを出しています。活躍しているのは手づくりよろいの会の皆さんです。お客さんが来ると手際よく鎧兜の着付けをしてくれます。お客さんは自撮りや記念写真を楽しんでいます。
セントレアは夏休みの家族連れで賑わっていました。

 Dsc02421800pnn Dsc02485800nn

       Dsc02430800pnn
 Dsc02432800pnn Dsc02439800pnn
 Dsc02480800nn Dsc02450800pnn

Dsc024761000nn
 

 

東浦出身のピアニスト 務川慧悟さんの凱旋コンサートを文化センターで開催。務川さんは卯ノ里小学校、西部中学校を卒業。東京藝術大学を経てパリ国立高等音楽院に在籍。もうすぐ留学6年目になります。多くの国際コンクールで輝かしい成績を上げています。
ご本人の「地元で」との希望もあって、文化センターで気軽にピアノの音を楽しめるコンサートを開催しました。務川さんは子どもの頃ここでこのピアノを弾いたことがあったそうです。今の務川さんにしてみれば、このピアノも文化センターの音響も十分なものとは言えないかもしれません。でも、弘法は筆を選ばずと言います。フランスの印象派と呼ばれるドビュッシーとラヴェル、ロマン派のリストとショパンの曲などをポピュラーな曲も取り混ぜて聴かせてくれました。ラフマニノフの鐘は鳥肌モノでした。
務川さんは今、コーヒーにハマっているそうです。「練習、そして行き詰まったらコーヒーを淹れる」みたいな付き合い方をしているそうです。

Dsc02504800tpnn
 

 

8月最後の土曜日の夜、あいち健康の森で、第3回 大府東浦花火大会が開催されました。健康の森の芝生広場付近にはキッチンカーが繰り出して飲食のできるテントも並びました。大勢の人で賑わいましたが、ちょうど良い混み合いでしょうか、混雑で身動きがとれない程ではありませんでした。
この花火がすばらしいのは現地に行って本当に身近に見られること。19時から19時半の間、30分間に凝縮された密度の高い花火を十分に堪能することができました。

 Dsc02512800nn Dsc02605800nn
 Dsc_8015800nn Dsc02522800pnn
 Dsc02527800nn Dsc02536800pnn
 Dsc02537800nn Dsc02539800nn
 Dsc02541800pnn Dsc02542800nn
 Dsc02557800nn Dsc02561800nn
 Dsc02570800pnn Dsc02572800pnn
 Dsc02579800tpnn Dsc02583800pnn
 Dsc02585800nn Dsc02592800nn
 Dsc02595800nn Dsc02596800pnn
 Dsc02598800pnn Dsc02600800nn

 

| | コメント (0)

2019/08/27

東浦ふるさとガイド協会 10年の歩み

昨年、東浦ふるさとガイド協会が、発足以来10年を迎え、今年5月に「10年の歩み 学び伝えるふるさと」と題した10周年記念誌を発行しました。東浦ふるさとガイド協会は、東浦の歴史を掘り起こし、ふるさとの魅力を伝える活動をしている有志の団体です。
10周年記念誌には、これまでの地域に根ざしたふるさと散歩やふるさとガイド、郷土の行事への参加をはじめとした活動実績や、小中学校での地域学習支援、ふるさと講座、広報誌発行やホームページ開設など教育や宣伝の取り組み、会員の想いなどが写真入りで綴られています。記念誌は、一般に配布、販売はしていません。そのかわり、各コミュニティセンター、総合ボランティアセンター、図書館、郷土資料館で見ることができるそうです。

ここでは会長挨拶などの巻頭言を紹介させていただきます。教育長や私も一言寄稿しました。それぞれクリックで拡大して読むことができます。最後に私の寄稿をテキストで載せておきます。これからも会員の皆様のご活躍と東浦ふるさとガイド協会のさらなる発展を心から願っています。

 10nen-no-ayumi-2019hyoushi 10nen-no-ayumi-2019-p1
 10nen-no-ayumi-2019-p3 10nen-no-ayumi-2019-p4

 

10周年おめでとうございます。

東浦町長 神谷明彦

 

「ふるさと散歩」や「ふるさとガイド」など、東浦の魅力を伝え続けて10周年。心より御祝いと御礼を申し上げます。

東浦ふるさとガイド協会は、町内で最も活発に、目的をもって自律的に活動しているボランティア団体の一つだと思います。行政からの補助金は入っていません。毎年、地に足のついた活動をしつつ、新たな企画を取り入れて活動を進化させています。

今年は、長年温めてきた「東浦おだいちゃん検定」を実現して、町制70周年の盛り上げに一役買ってくださいました。観光協会と協力して、全部で50問の試験問題をつくるのは簡単なことではなかったはずです。事前にプレ検定や受験対策の勉強会もやっていただきました。

歴史や観光に関わることだけでなく、町福祉課とコラボで、地域の福祉やコミュニティにも目を向けた「歴し・福し・楽し 石浜とりっ歩」を初開催していただきました。ふるさとガイド協会が関わってくださったおかげで、普段の福祉やコミュニティのイベントで集まるのとはまた違った人たちが参加して、地域への興味・関心を持つきっかけになったのではと思います。

東浦ふるさとガイド協会のホームページには目を見張るものがあります。イベントや講座の紹介はもちろんのこと、過去の活動記録などが丁寧に作り込まれています。それらの中で、弘法参りの道標だった丁石の保全や緒川区に伝わる郷蔵の価値についても触れています。

「絵で見るふるさと東浦」には、「東浦百景」の中から名所旧跡や歴史的に価値のある建造物が収められていて、絵だからこそ伝わる特徴や美しさがあることに気付かされます。残念ながらすでに失われてしまった場所もありますが、ふるさとの個性や原風景をこれからのまちづくりに生かしていくことが大切です。

今、ブラタモリというTV番組が着実な人気を博しています。まちの個性は、歴史によって形づくられる以前に地形によって形づくられると言っても過言ではありません。その場所の歴史、地形、景観、文化、産業は、現地に行って五感を使って感じ取ることが第一です。

皆さんの活動は、まちを磨き、まちを魅せる活動に外なりません。今後とも、まちの誇るべき場所を現地現物で町内外に工夫を凝らして紹介いただくとともに、価値あるものの修復・保存・展示についての助言をいただくことなどにも期待をするところです。

そして、このような活動を通じて、人々の地元への誇りと愛着がさらに醸成され、また東浦ファンが増え、あわせて、皆さんの人生がより充実したものとなることを祈念申し上げ、10周年の祝辞といたします。

 

| | コメント (0)

2019/08/07

名古屋大学レクチャー 〜ローマ文明発掘〜 のご案内

以下の案内をいただきました。名古屋大学が、世界トップレベルの研究者を招聘し、学外に積極的に公開する学術講義です。

 【日時】 2019年9月14日(土)
      開場 12:30
      開演 13:00
      終了 16:00

 【会場】 名古屋大学東山キャンパス 豊田講堂

 【講演】 東京大学 名誉教授 青柳 正規 (名古屋大学レクチャー イタリアでの発掘50年)
      名古屋大学高等研究院院長 周藤 芳幸 (解説講演)

 【対象】 どなたでも参加できます (参加無料)

 【主催】 名古屋大学
 【共催】 中日新聞社

 【応募】 こちらからお申し込み下さい。
      ※ 応募期間:7/6〜9/2
      ※ 応募者の方全員に電子メールにて抽選結果/受講票を送付します。
      ※ はがきによる申し込みは受け付けておりません。

 【交通】 駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。

詳しくは、http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/nulecture.phpをご覧ください。

Nagoyaulecture20190914a
Nagoyaulecture20190914b

| | コメント (0)

より以前の記事一覧