文化・芸術

2018/07/16

市民映画『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会 と 國武大晃くんを励ますパーティー

朝は南知多にいました。豊浜港では、7月末開催の鯛まつりの準備が進んでいます。今日も暑くなります。これから海は大にぎわいになりそうです。海っこバス、がんばってますね。

Dsc_6603800

 Dsc_6606800 Dsc_6598800tp

 

ひがしうら映画プロジェクト『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会がイオンモール東浦のイオンホールで開催されました。町制70周年を記念する市民発案のプロジェクトです。
まず代表の村松さんから挨拶、そして石丸監督から映画のテーマとお話しのさわり、それから、主なキャストとロケ地、撮影スケジュールについて説明がありました。
市民映画というのは実に人を引きつけるものだと感心しました。普段お目にかかったことのない住民の皆さんがたくさんいます。他のまちからも映画に興味や経験のある人が参加してくれています。新聞やメディアスやSNSで知ったという人はもちろん、阿久比の図書館でチラシを見たという阿久比町民や円頓寺の飲食店でポスターを見たという名古屋市民もいました。町内在住でモデルをされている小田真奈美さんには初めてお会いしました。NHKドラマ「中学生日記」の先生役だった俳優の鈴木林蔵さんも出演されるそうです。さうす のぅ めにぃ(南知多観光大使?)のお二人にも初めてお会いしました。
これは、市民による手作りの市民映画です。監督は高浜物語などご当地映画を手がけていらっしゃる石丸みどり監督にお願いして、あとは市民の知恵とスキルと想いを出し合ってつくります。東浦町行政からは、パートナーシップ推進事業を通じて若干の補助金を出させていただきますが、あとは企画から資金集めまで市民の力によります。なんとか自分たちの力で地元の映画を作りたい。この情熱は凄いと思います。
「映画づくりはまちづくり」という言葉を聞いたことがあります。みんなの心に残る映画が完成することを期待しています。

Dsc_66161000tp_2

 Dsc_66291000tp 37290219_1769203769795562_826190169
 37214053_1576082569187117_189089680 Dsc_66461000tp
 Dsc_66511000ts Dsc_6659800

 

風見鶏で、平昌オリンピックのスノーボード競技に出場した國武大晃くんを励ますパーティーがありました。
お父さんが30歳過ぎに家族で始めたスノーボードがメキメキ上手くなって、保育園児の時にこいつは違うと思ったそうです。子どもの頃から、好きなことは好き、嫌なことは嫌、何事も自分で選択したそうです。小学校の先生曰く、好きなことに対する集中力と器用さは飛び抜けていたそうです。
中学の同級生がたくさん来ていました。アルコールなしで、お菓子とソフトドリンクの気楽なパーティでした。
みんな応援してます。

37238884_1071421299689796_292980299

 

地面が赤く染まったと思ったら、きれいな夕焼け。
遠くから花火の音が響いてきました。夏ですね。

Dsc07461800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

「言葉の魔法展」で静かに感動

松坂屋美術館で開催されている「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」に行ってきました。
入り口を入るといきなり「人は言葉でモノを考える 言葉で考えを組み立てる 声に出すと考えがさらに広がる そして自分のつくった言葉に支配される 言葉はかく面白い」みたいな言葉が目に飛び込んできます。ほかにも、「どうにもならんことはどうにもならん。どうにかなることはどうにかなる。」「制約がある方が良い仕事ができる。」みたいな言葉が印象に残りました。言葉の魔法使い 鈴木敏夫さんの名古屋での生い立ちの振り返りもあります。静かに感動しました。
7月17日(祝)までの開催です。

Dsc_6509800

Dsc_6511800

Dsc_6516800

 Dsc_6527800 Dsc_6529320

 Kotobanomahouten2018a Kotobanomahouten2018b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/23

久しぶりの観劇

中部国際空港のセントレアホールで行われた、常滑出身の俳優、渡辺哲さんの演劇を妻と観に行きました。

Dsc_6378800

今日観に行ったのは「カクエイはかく語りき」と題して、渡辺さんが田中角栄を演ずる一人芝居です。田中角栄は、ずば抜けた記憶力と型破りな実行力、繊細な心配りと厚い人情を持ち合わせていたといいます。「金を貸した相手のことを忘れても、金を借りた相手のことは忘れるな」と母親に言われて上京してから、総理大臣に上り詰め、ロッキード事件で失脚し、平成5年に75歳で亡くなるまでの田中角栄の人間味を表情豊かに演じます。角さんはロナルド・コールマン主演の「心の旅路」という映画が好きだったそうです。

渡辺哲さんといえば、愛知県警の飲酒運転撲滅キャンペーンで居酒屋の店主に扮して「一杯でも30万円」のセリフで話題となりましたね。たしかに、田中角栄とも雰囲気が似ています。
渡辺さんが半田高校の卒業生ということもあって、片岡常滑市長や竹内阿久比町長など半田高校OBがたくさん来ていました。会場はほぼ満員。我々は運良く当日券を買うことができました。明日の午後にも2回公演があります。

 

滑走路では、ちょうどドリームリフターが離陸するところでした。いかにも重そうです。

Dsc_6390800t

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

講演を聴きに名古屋へ行ったついでに。

午前中、日本福祉大学文化講演会にお招きをいただいたので、聴きに行きました。会場は栄のホテル。慶応義塾大学総合政策学部准教授 中室牧子さんの「教育に科学的根拠を」と題した講演です。中室さんのご専門は教育経済学で、ベストセラーになった“「学力」の経済学”や“「原因と結果」の経済学”で有名です。2冊とも読みましたが、そのときはタイトルを凌駕するような感銘を受けませんでした。しかし、きょうの講演はとてもエキサイティングでした。聴きに行って良かったのにんまりしながら、会場を後にしました。講演の内容は後ほどレポートしたいと思います。

Dsc068801000

 

さて、せっかく休みの日に栄まで出てきたので、朝食兼昼食をとった後に三越で開催中の北斎展と名古屋市美術館で開催中のモネ展へ。去年名古屋飛ばしがあったブリューゲル展が豊田市美術館で開かれていますが、ちょっと遠いので徒歩圏内を攻めることにしました。

北斎は当時としては大変な長寿で、90歳で亡くなるまで、93度転居したとか、68歳で中風を自ら製薬して治したとか、53歳と58歳の時には名古屋に滞在、85歳と86歳の時には小布施に逗留したとか、安永8年(1779年)20歳の時に版画で勝川春朗と名乗ってから、嘉永元年(1848年)98歳の時に絵手本で無年八右衛門と名乗るまで36もの名前を持っていたとか、実にタフで自由奔放な感じがします。「北斎」のつく名前を名乗っていたのは39歳から50歳の間で、文化2年(1805年)46歳の時の読本の中に葛飾北斎という名が使われているそうです。代表作として富嶽三十六景や東海道五十三次が知られていますが、妖怪や忠臣蔵を絵本や景勝地の紹介、百人一首の絵解きを手がけたり、作品に洒落や宣伝を仕込んだり、西洋の銅版画に学んだり、単なる絵師以上にクリエーターとしての才能を発揮しています。
富嶽三十六景の中に、桶の向こうに富士の見える絵がありますが、「尾州不二見原」と言われる作品で、現在の名古屋市中区あたりから見た富士との解説がありました。
でも、たしか名古屋市内からは富士山は見えなかったはずだとか、静岡側から見たと思われる富士山の土手っ腹に宝永年間(1707年)の噴火でできたはずの宝永山が描かれてないとか・・・絵心とは脱線したところで私的な突っ込みを入れてしまいました。

Dsc06936800

 

モネ展は、なかなか絵に近づけないくらい大勢の人で賑わっていました。モネ以外に、モネの影響を受けた画家の作品や睡蓮をモチーフにした作品も展示されていて、結構腹一杯になりました。美術館、科学館界隈は家族連れだけでなく若いカップルが多かったです。

Dsc06942800

Dsc06945800

Dsc06947800

 

こちらは、星が丘テラスのアンブレラフラワー。傘のディスプレイが絵になります。7月末までの期間限定のちょっとした工夫ですが、これだけのことで異空間ができあがります。ちょうど梅雨時。今日は曇り時々晴れですが雨の日にはどんな感じになるのでしょうか。
週明けから傘の模様替えをするそうです。


Dsc06956800

Dsc06951800

Dsc07001800t

Dsc07037800_2

Dsc07043800

Dsc06962800

Dsc07052800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/15

うのはな館企画展 「東浦で発見!! 弥生時代・古墳時代の村」 のご案内

いま、郷土資料館(うのはな館)の企画展「東浦で発見!! 弥生時代・古墳時代の村」を開催しています。宅地開発を行うために、去年から今年にかけて緒川天白遺跡を発掘しました。知多半島でも有数の規模の集落跡が出てきて、弥生時代から古墳時代の建物や水路の跡、土器や貝殻や骨などが多数見つかりました。
これらの出土品や当時の生活がわかるものなどを展示します。
企画展は8月19日(日)までです。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/1524716370900.html
をご覧ください。

Tenpakuiseki_unohanakan20180609
 

こちらhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/01/post-90b1.htmlは、今年1月の発掘の様子です。かなり大規模な集落跡だとわかります。
 

Tenpakuiseki_unohanakan20180609b6月30日(土)と7月28日(土)の11時からは、「土器にさわってみよう」と題して、学芸員による展示解説とバックヤードツアーを行います。今も続いている出土品の復元作業も見ることができると思います。とうぞ、ご家族でご参加ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

中央文化展に行ってきました。

文化センターで明日まで開かれている中央文化展に行ってきました。文芸、絵画、写真、書道、茶華道、盆栽、趣味など、様々なジャンルの作品を見ることができます。

 Dsc06746800 Dsc06748800
 Dsc067731200 Dsc067631200

私も、写真と書道で出品しました。写真は、生路小学校のタケノコ狩りの時に、天に向かって真っ直ぐ伸びる筍を子ども目線で撮ったもの。「屹立」という題をつけました。
書は、「包摂」と書きました。「包」は、つつむ。「摂」は合わせて取り込むこと。「包摂」で包み込むの意です。特に、福祉の分野では、社会的に弱い立場にある人々も含め市民ひとりひとりを、排除や摩擦、孤立から援護し、地域社会の一員として包み込み、支え合う考え方のことを社会的包摂(social inclusion)と言います。5月末に先生に手本を書いてもらって、3時間ほどかけて練習した素人作品です。
となりの河合県議さんの作品は「古希」。“人生七十古来希なり”杜甫の「曲江」の一節にある言葉で、東浦町制70周年にちなんだのだそうです。

Dsc053591000

Dsc067591200

 

生路小学校では、土曜日の学校開放で、伊久智神社の神楽体験がありました。あいち文化遺産保存活用推進事業「伝統文化出張講座」の一環で、伊久智神社神楽保存会の皆さんが実演・指導をしてくれました。小学生のうちから多くの子どもたちが祭りに関わることによって、伝統文化の伝承の厚みが増すことを期待しています。

 Dsc06780800l75 Dsc06791800t

 

今年4月に開校したばかりの大府もちのき特別支援学校 に行ってきました。今日は運動会。昨夜の雷雨とはうって変わって、とても良い天気になりました。
新築の校舎では、豊明市、大府市、東海市、東浦町の小学部から高等部までの子どもたちが学んでいます。超マンモス校だった半田特別支援学校から分かれてきた子どもたちもたくさんいます。

 Dsc06794800 Dsc06795800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/31

東浦町制70周年記念イラストポスター

東浦町制施行70周年を記念し、東浦町出身の漫画家、田中メカさんと、東浦町出身のイラストレーター、ほしのまあさんに記念イラストを描いていただきました。
郷土愛を感じられる素敵なイラストです。
お二人に描いていただいたイラストをポスターにし、公共施設をはじめとして町内各所に掲示します。お楽しみに!

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1524623005193.html

 

32332248_987754201400610_1905824779

<<田中 メカさん>>
東浦町出身の漫画家。代表作に『お迎えです。』『キスよりも早く』など。
イラストでは、『キスよりも早く』のキャラクターが、東浦町の特産品であるブドウ狩りを楽しんでいる様子を描いていただきました。

(田中メカさんのコメント)
現在東京住まいなのですが、毎年8月の終わりに実家から東浦の立派な巨峰を送ってもらっています。大好きな色とその味がポスターで表現できていればうれしいです!

 

32446733_987754238067273_8217654196

<<ほしのまあさん>>
東浦町出身のイラストレーター。壁紙配信アプリCocoPPa(ココッパ)で、全世界で155万人を超えるフォロワーを持つ。
イラストでは、明徳寺川沿いの「於大のみち」に、たくさんの動物たちが集まっている様子を描いていただきました。

(ほしのまあさんコメント)
東浦町が70周年ということで、動物を70匹とたくさんのお友達を描きました。このポスターを見るお子様やご家族のみなさんがどこに何がいるかワクワクしながら会話をしてもらえると嬉しいです。
私が育った東浦町がこれからも平和で明るく、子ども達に優しい町として大きくなってほしいです。

※ほしのまあさんには、昨年、メディアスまちフェスinあいち健康プラザでもお世話になりました。

 

東浦町制70周年については、6月1日(金)に記念式典を開催するほか、今年度中にいくつかの記念事業を予定しています。詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1519706878877.htmlをご覧ください。

 
また、東浦町制70周年を記念して、住民のみなさんや団体などが企画し、開催する事業で「東浦町制70周年記念事業」の冠称を使用していただける事業を募集しています。冠事業に申請いただき承認されると、

 ・「東浦町制70周年記念事業」の冠称の使用
 ・東浦町制70周年記念ロゴマークの使用
 ・町広報やホームページ等でのPR
が可能になります。詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1517384374854.htmlをご覧ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/29

ひがしうら映画プロジェクトによる「市民映画づくり」が進行中!

町制70周年を記念した市民映画づくりを計画している「ひがしうら映画プロジェクト」の村松さんと浅見さんが石丸監督とともに東浦町役場を訪ねてくださいました。
自治体主導でご当地映画を作ることはよくありますが、市民の発案で市民有志が資金を募って映画を作るのは情熱と覚悟の要ることです。東浦町は、映画づくりの必要経費の一部パートナーシップ推進事業補助金を通じて応援しています。
石丸みどりさんと言えば、恵那市岩村や高浜や西尾で市民映画づくりに携わって来られた方です。多様な市民が参加して、東浦らしさを引き出して、勇気の湧く映画になることを期待します。

Dsc06545_1024x766

市民映画のタイトルは「バリアフリーかあちゃん」(仮)。撮影は8月。シナリオは今練っていてほぼほぼ固まりつつあるそうです。

現在、キャストとスタッフを募集中。6月30日(土)と7月1日(日)には勤労福祉会館にてオーディションを行うそうです。

映画づくりに興味のある人、映画に出てみたい人、特技のある人、自分は平凡だと思っている人、目立つのは苦手だけど裏方ならやってみたいと思う人、その他エキストラで参加したい人・・・映画づくりを通じて、意外な発見、素敵なご縁、新たな自分に気づくかもしれません。

Shimineiga_audition20180630a

Shimineiga_audition20180630b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/27

ごみゼロ運動、書道練習、セントラル愛知交響楽団の活動紹介 など

今日は、ごみゼロの日
朝早くから近所のみなさんが、あちこちで清掃作業をしてくださっています。

Dsc_8330_800x600
こちらは、おばあさんが一人で道路の落葉を掻いていました。加勢に行って、集めた落葉をごみ袋に入れようとしたら、「これは道路の脇に寄せておくんだよ。そうすれば雨の時に路肩がコケないから。」とご指導。さすが生活の知恵です。

Dsc_8332_800x600

 

書道の練習をしました。例によってお粗末ながら、6月9日(土)~10日(日)に東浦町文化協会が主催する中央文化展に出品します。

「包」は、つつむ。「摂」は合わせて取り込むこと。「包摂」で包み込むの意です。
特に、福祉の分野では、社会的に弱い立場にある人々も含め市民ひとりひとりを、排除や摩擦、孤立から援護し、地域社会の一員として包み込み、支え合う考え方のことを社会的包摂(social inclusion)と言います。そんな思いを込めて書いたつもりです。
なお、「包摂」は、集合論では包含関係を表すときに使います。化学ではメタンハイドレートやヨウ素デンプン反応の生成物など、化学結合を有しないで分子の隙間に異分子を取り込んだような物質のことを包摂化合物(クラスレート)と呼びます。

Dsc_8341_1024x768
 

私は見に行けませんでしたが、図書館でオレンジカフェ「こころ屋」を開催しました。図書館とこころ屋のコラボは初めての試みです。図書館はオレンジカフェ(認知症予防や認知症相談の場となるカフェ)と親和性が高いと考えています。参加者の中には図書館が初めての方もいらっしゃったようです。気ままに過ごせる居場所が一つ増えたのなら嬉しいことです。

 

半田、阿久比、武豊、東浦の首長と教育長、文化担当者、県内の音大関係者などが招かれて、セントラル愛知交響楽団の音楽文化振興活動の紹介と演奏会、懇親会が開かれました。東浦町では、セントラル愛知交響楽団にお願いして、毎年各3中学校にローテーションで音楽の演奏と指導に入ってもらっています。半田市では“HANDA CITY × CENTRAL AICHI”と銘打って小学校向けアウトリーチ事業などさまざまな音楽振興活動をしています。

Centralaichiso_handa_20180527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/26

緒川の屋敷地区の景観調査、NPO法人絆の総会、道徳授業そうぞうHouse など

地元緒川区、ふるさとガイドの皆さんの協力を得て、名城大学の学生約20人が緒川の屋敷地区の景観をテーマに調査に入ります。名城大学の都市情報学部の海道清信 教授と理工学部建築学科の米澤貴紀 助教のゼミの学生さんたちです。外部の目、学生の目から、緒川のまちの面白さを見つけて、このエリアの町並みや建物を活かして、どんなまちづくり活動ができるかアイディアをいただければと期待しています。今日はその第一日目。まずはまち歩きから。
以前は旧道沿いに立派なお屋敷がいくつかありましたが、黒塀のテイストが残っているところはわずかになりました。中には外観に配慮しながら改装をしているお宅もあります。八百屋さんの店頭には夏みかんが並んでいました。

 Dsc06324_800x600 Dsc06327_800x600
 Dsc06407_800x600 Dsc06334_800x600
 Dsc06343_800x600 Dsc06346_800x600
 Dsc06358_800x600 Dsc06415_800x600

 
認定NPO法人 絆の総会へ。理解のバリアフリーを意識した?誰にもわかりやすい事業報告と会計報告。「ゆめいろプロジェクト」の説明。利用者も含めて絆を育ててくださった方々への感謝状贈呈。などなど、温かい雰囲気でした。

 Dsc06427_800x600 Dsc06444_800x600
 Dsc06453_800x600 Dsc06469_300x225

 
第2回道徳授業そうぞうHouseを見てきました。
ちょうど行ったら、NHKクローズアップ現代「道徳が正式教科に 戸惑う先生・子どもは・・・」を見た後のグループ討論をしていました。「お母さんのせいきゅう書」と「星野君の二るい打」の授業をどう展開すべきかの議論です。グループ発表の後で中村浩二先生から講師はどう考えるかの解説を聞きました。道徳の授業で目指すべきは、価値への誘導や価値の押しつけではなく、子どもたちが自ら考え道徳的価値に目覚めることではないでしょうか。

 Dsc06480_800x600 Dsc06485_800x600
 Dsc06497_800x600 Dsc06499_800x599

 
狭い路地まで一日がかりでまち歩きをした名城大学の学生さんたちは、緒川コミュニティセンターに戻って、4グループでまとめの作業をした後で、それぞれ発表をしました。そのなかで、「道幅は心の距離」という学生の言葉が印象に残っています。今後の調査の成果を期待したいと思います。

 Dsc06501_800x600 Dsc06504_800x600
 Dsc06515_800x600 Dsc06533_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧