文化・芸術

2020/01/26

東浦かるた大会と新春文化展

東浦かるたを使った小学生のかるた大会が勤労福祉センターの和室で開催されました。今年で17回目になります。
有志で第1回目を開催したときには、どんなルールが良いか、賞品はどうしようか議論したり、先生方に協力をお願いしたり、町内の企業に寄附をお願いしたり、全く手探りでした。当時の稲葉教育長は今でも運営に関わっていらっしゃいます。おしるこや飲み物を出したり、けん玉の指導をしてくださる方もいます。私も初期メンバーだった関係でご挨拶をさせていただきました。
東浦かるたには「金鶏山」とか「ぶいぶいばばあ」とか町に関わりのあるたくさんの場所や言い伝えが出てきます。大人にとっても新たな発見があったりします。国際化とか多文化共生とか言いますが、大切なことは、自分のことや自分の国のことやまちのことを、他人にちゃんと自分の言葉で伝えることができるかどうかです。英語がしゃべれる云々以前にコンテンツとして自分の身の回りの地理・歴史・文化を理解することが必要だと思います。そういう意味では、小学生が地元の事物にちなんで挿絵と文句を考えた東浦かるたはもってこいの教材になり得ます。
今回は子どもたちだけではなく、保護者もかるた取りにトライしました。私もかるた取りに参加させてもらいました。本当に久し振りのかるた取りです。若い頃は、どこにどの札があるか、一面に並ぶかるた全体のマップがなんとなく頭の中に感覚的に描けていたような気がしましたが、今日は自分の目の前にある数枚を覚えるのが精一杯。これは認知機能をキープor鍛えるのに良いのでは?と思いました。

 Dsc08030800pnnDsc08010800tnn
 84589774_168025364478898_790428197559730Dsc08017800pnn

 
文化協会の新春文化展が、昨日と今日、文化センターで開かれました。短歌、俳句、歴史同好会、書道、茶席、いけばな、着付け、アートフラワー、手づくりよろいなどの作品発表会です。私も毎回、写真と書道で出品しています。書道は「銀嶺」と書きました。写真は、紅葉の於大公園でキャンプをした翌朝の風景石浜の菜の花畑の風景です。今回は2つ出した写真のうちの一つが入選しました。

 Dsc080451000tnnDsc08053800nn
 Dsc080391000tnnDsc08036800tpnn
        83189071_1092457307773563_33626669441498

| | コメント (0)

2020/01/18

スポーツ少年団駅伝大会、フラワーフェスティバル、教育フォーラムなど

朝は於大公園で開催されたスポーツ少年団駅伝大会の開会式に出席。小学校1・2年生の部のスターターを務めました。昨夜降っていた雨も止んで穏やかな日和となりました。

 Dsc078061000tpnnDsc07808300pnn

ところで、ニューイヤー駅伝で見事6位入賞を果たした愛三工業の第1区走者 山口浩勢選手から聞いたことですが、走るときにはまず朝4時か5時に起床、約20分(4~5km?)ほど走ってまず身体を起こすのだそうです。そして朝食をとって(腹痛が起きないよう)4時間ほど食べたものを消化してから本番に臨むのだそうです。最高のコンディションをつくるにはそれなりの作法が必要なのですね。
余談ですが、片葩小学校では今朝、熱気球体験イベントをしていたようです。於大公園からも気球が上がっているのが見えました。

 Dsc077971000tpnnDsc07796800pnn

 

イオンモール常滑で開催された2020花半島事業フラワーフェスティバルのテープカットをしました。モール内のサウスコートは花でいっぱいでした。

 82616230_107490050680048_212826822201573Dsc078281000pnn
 Dsc07826800pnnDsc07829800pnn

ショッピングモールが10時に開店するのを待って入場したのは初めてです。開店まで少し時間があったので、ショッピングモールに併設されたワンダーフォレストきゅりおを覗いてみました。ここにはフィールドアスレチック&クライミングウォール、レンタルカートサーキット、スケートリンク、BBQフィールド、温泉施設などがあります。ワンダースカイと呼ばれるアスレチックは結構スリルがありそうです。

 Dsc078241200tpnnDsc078201000pnn
 Dsc07819800pnnDsc07818800pnn
          Dsc07822800nn

 

午後から、文化センターで開かれた東浦町教育フォーラムに出席しました。昨年に続き多文化共生がテーマです。外国人を含めて文化の異なる人たちとお互いに尊重し合いながら暮らしていくにはどうすればよいか。多様化といわれる中で、外国から来る人が増える中で、様々な子どもたちの教育を考えるうえで、これからますます重要になるテーマだと思います。

●国際交流ボランティアを通して在住外国人の抱える問題に気付き、日系アルゼンチン人と日本人が一緒に地域の多文化共生を進めることを目的に2010年に「Vivaおかざき!!」を設立し、外国人向けの防災、教育等のセミナーや子ども向け日本語教室、相互理解のためのワークショップ、日本人住民と外国人住民をつなぐ人材育成事業などを行っている長尾晴香さん、

●フィリピン生まれで1989年に来日、2009年から東浦町役場で外国人相談員・通訳として勤務し、英語やタガログ語を話すお客様対応と小中学校の日本語適応教室の補助員として日本語指導や学習指導をサポート、さらには、東浦のフィリピンコミュニティ代表やボランティア団体「多文化共生ひがしうら」「赤十字奉仕団」のメンバーとしても活躍している千葉真里杏さん、

●東浦出身で2015年から東京都内のスタイリスト事務所で衣装デザイナーとして勤務、2017年から青年海外協力隊の服飾隊員としてナミビア共和国の職業訓練センターで教師として勤務、ファッションデザインの授業および教科書の作成を担当、2019年に帰国後は仕事の傍らで自身の見たアフリカを伝える活動をしている野元咲希子さん、

●大府市や知多市の小学校で教員として勤務後、1991年からナイジェリアのラゴス日本人学校、1993年からスペインのバルセロナ日本人学校に勤務、帰国後は知多半島各市町の小中学校や教育委員会での勤務を経て藤江小学校長を務め、定年退職後、ドイツのハンブルグ日本人学校に2年間勤務ののちに帰国、現在、東浦町教育委員会で学習支援(学生ボランティア)コーディネーターを務めている加藤初男さん、

の4人から外国での体験談や、人と人が互いに関わりながら地域で生活していくことについて、自身の経験に基づいたお話しを聞くことができました。最後に会場からの質問に対して4人の皆さんからコメントをいただきました。

日本の学校と外国の学校の違い(日本の学校教育の良いところ)は面白かったです。順不同ですが、自分の解釈で皆さんの発言を整理してみると以下のような感じだったのではと思います。

外国人に限らず誰でも人は多様であることを前提に、互いに認め合うことが必要。それが多文化共生だ。
相手も困っていることを考えてあげること。他者を受け入れ、だれもが暮らせるまちにしたい。
外国から来た子どもは学習言語の習得が難しいのでハンディーがある。ハンディーがある中で、キャリア形成について説明を受け考える機会がないのは問題。日本には移民に対する統合教育のしくみもない。
家庭では母国語を話すことも大切。家庭での家族のコミュニケーションは大事だ。
自分は海外で外国人として生活する苦労を味わった。生活するには自分から人と関わろうとすることが大事。音楽、食べ物、スポーツ、祭りなど、一緒に楽しめることがコミュニケーションのきっかけになる。
海外で生活するにはまず健康管理が第一。言葉より大切なのは、好奇心、やってみること、他人と関わること、主体性、主張することだ。
日本人に足らないものとして、異文化の中で生きていくには、自分で考え自分の文化を説明できるアイデンティティーが必要だ。子どもにどうしろという前に、まず親自身が自分の考えを持つこと、なぜだろうと考える過程が大事だ。
外国人の手を借りないと自分たちもやっていけないという自覚があれば、受け入れることもできるのでは。ドイツでは国策で、地域コミュニティが外国人を受け入れる活動をしている。

        加藤初男さんの発表
        Dsc078361000tpnn
        Dsc078381000tpnn
        Dsc078391000tpnn
        Dsc078411000pnn
        Dsc078421000pnn
        Dsc078431000tnn

        千葉真里杏さんの発表
        Dsc078441000pnn

        野元咲希子さんの発表
        Dsc078461000tpnn
        Dsc078491000tpnn

        長尾晴香さんの発表
        Dsc078531000pnn
        Dsc078571200tpnn
        Dsc078591200tpnn
        Dsc078641000tpnn

     パネルディスカッションの皆さん
     Dsc078651000tpnn

| | コメント (0)

2020/01/17

文化協会新年会はチュウチュウ神輿が登場

毎年この時期に開かれる文化協会の新年会。会員さんが工夫を凝らして設計・制作する神輿がいつも登場します。昨年は猪の走馬燈神輿、今年はチュウチュウ神輿でした。みんなで5回集まって手分けして作ったそうです。鏡餅は大小の浮き輪でできています。

オープニングは、祝舞と、加藤会長さんが作詞・作曲した「私の好きな東浦」のデュエット。今年も大いに盛り上がりました。

 Dsc07750800tpnnDsc07755800tpnn
 Dsc077571000tpnnDsc07768800pnn
 Dsc07777800pnn83010100_525815214949587_913063060187381
   Dsc077861200tpnn

| | コメント (0)

2020/01/08

ざっくばらんなカフェ vol.60「たかはま写真帖 ~村松輝一さんの11万枚のコレクションから高浜を振り返る~」のご案内

以下の案内をいただきました。

■ざっくばらんなカフェ vol.60「たかはま写真帖 ~村松輝一さんの11万枚のコレクションから高浜を振り返る~」 

 2月1日(土)14時から、高浜市いきいき広場にて
 https://www.city.takahama.lg.jp/soshiki/seisaku/15137.html

高浜市内のさまざまな風景や人物を撮り続けている村松輝一さんは、過去の写真を集めていることでも有名です。
瓦を焼く煙で真っ黒になっていた煙突だらけの空、泳いでいたら流れてきた青のりやカキが取れていた海、馬が瓦を曳いて走っていた道・・・今では見られない光景を収めた数々の写真を集め、データとして残す活動をされています。村松さんが写真に興味を持ったきっかけ、どうして・どのように11万枚もの写真データを集めているのか、その写真をこれからどのように後世へ伝えていきたいのか…懐かしい写真とともに村松さんが語ります。
これまでの高浜、いまの高浜、これからの高浜について、一緒に考えてみませんか?

Zackcafe20200202

 

| | コメント (0)

2019/12/21

書道の指導を受けました。年明けの新春文化展に出品します。

年明けの1月25日(土)・26日(日)に文化センターで開催される新春文化展の書道の部に出品する毛筆の練習をしました。

6月の中央文化展では「昇華」、前回1月の新春文化展では「崢嶸」と書きました。
今年はまだ峰々の雪が少ないようですが、季節に合わせて「銀嶺」としました。銀白の雪をまとった嶺は、厳かで気高く、神々しいものを感じます。

例によって素人の手習いです。最初「銀」の字に手こずりました。
さてどれを出品しましょうか。

Dsc071041000tpnn

| | コメント (0)

2019/12/08

石浜団地もちつき大会に参加

もちつきの季節になりました。毎年恒例、県営石浜住宅自治会のもちつき大会に参加しました。機械でこねるようになってから楽になりましたが、副町長も私も少しお手伝いさせていただきました。いよいよ年末です。

        Dsc06742800tpnn
        Dsc06738800pnn

 
緒川コミュニティセンターで開かれた書道家の浦山洸道さんの主催する和泉総合美術展に行きました。私も写真を2枚出展させていただいています。

 Dsc06756800nnDsc06751800pnn
 Dsc0675200pnnDsc067581000pnn
 78625884_517813155471787_24653289360541678987634_467240910838405_601575220949968

 
地元の原田酒造(生道井)さんの蔵開きがありました。試飲や新酒の搾りたてなどのふるまいもありましたが、ちょっと我慢。まだ呑んだことのない「若水生酒スパークリング」と先日名古屋で開催されたG20の夕食会で提供されたという「夢吟香」を買って帰りました。

        Dsc06760800nn
        Dsc06765800pnn
 Dsc06770800tnnDsc068211000pnn

 
そのあと、筍ハンターとタケノコ掘りへ。もう筍が採れるのはご存じでしょうか? 小ぶりですが、この時期の筍はさっぱり、身が詰まって美味しいです。ちょっと見つけるコツがあります。
竹林へ行く途中、東浦高校の正門近くで、いま紅葉(もみじ)がとても綺麗です。

 Dsc06800800nnDsc06801800nn
 Dsc06823800pnnDsc06828800pnn

 Dsc06805800pnnDsc06810800nn
 Dsc06816800nnDsc06809800nn

| | コメント (0)

2019/12/05

景観コンテスト「古イイ 新しイイ ひがしうら」の入選作品発表

景観コンテスト「古イイ 新しイイ ひがしうら」の絵画&写真の入選作品発表と表彰式が先月、イオンホールで行われました。応募されてから遠方へ引っ越され、わざわざ表彰式にお出でになって、懐かしさでいっぱいだった方もいらっしゃったそうです。
受賞作品は、いま役場玄関ホールに展示されています。

Keikan-contest20191201a
Keikan-contest20191201b

 

| | コメント (0)

2019/11/27

多治見の修道院と守山の酒蔵へ

11月の初めに多治見の修道院のワインフェスタに行ってきました。昔からここの修道院でワイン造りをしていることは知っていましたが、行ったのは初めてです。ここでは修道女の人達がブドウを育て醸造をしていましたが、高齢化で維持が大変になって、現在は、社会福祉法人AJU自立の家がブドウ栽培を引き継ぎました。AJU自立の家は、小牧にも葡萄園とワイナリーを持っていて、知的障がいのある人たちが作業をする場になっています。
修道院の入口でお金を払ってワイングラスとお土産ワインの引換券をもらって、テイスティングにGO! 自家と他所でつくった様々な品種から醸造した個性的なワイン十数種を飲み比べることができます。おつまみや料理も充実しています。修道院の奥の方ではジャズやカントリー風の野外コンサートをしていました。会場には車椅子の人たちもたくさん来ていました。

       Dsc05244800nn
 Dsc05194800nnDsc05192800nn
 Dsc05190800nnDsc05196800nn
 Dsc05209800pnnDsc05211800nn
       Dsc05201800nn 

 
多治見の帰りには、新守山で電車を降りて、守山区の東春酒造へ。ここは東龍という銘柄の日本酒を造っています。ここではお酒の試飲と講談を聴く会を開催していました。講談を聴くのは初めてです。上方の旭堂一門による「徳川家康の伊賀越え」「太閤記・間違いの婚礼」などをほろ酔い気分で楽しませていただきました。お酒には料理を合わせることができます。音楽や伝統芸能と一緒に楽しむこともできます。お酒の文化は奥が深く、包容力があり、そして人を結びつけることもできる偉大な文化だと改めて感じる一日でした。

 Dsc05258800tpnnDsc05261800pnn
       Dsc05263800pnn

 
この日は、ワインの赤白それぞれ1本ずつと、瓶詰めの冷凍生濁り酒を買って帰りました。

 Dsc05274800pnnDsc05273800pnn

 

| | コメント (0)

2019/11/23

「毎日を元気に過ごす! 健活★縁活★笑活まつり」と「おだい市&東浦セミナー」

毎日を元気に過ごす 健活★縁活★笑活まつりを文化センターで開催しました。今回が初めての試みです。
団塊の世代が75歳となる2025年に向けて、一人暮らし高齢者世帯、高齢者夫婦世帯の増加に伴い、今後、人と人とのつながりや地域ぐるみでの支え合いは、地域で暮らしていくために必要不可欠なものとなっています。「健活」とは健康な生活のこと、「縁活」とはご縁、つながりのある生活のこと、「笑活」とは笑いのある生活のことです。
このイベントでは、5年後、10年後に、そんな生活を送るためにはどんなことが必要なのか、自分の暮らしぶりを想像しながら、これからの生活を考えるきっかけづくりとするものです。そして、民間企業などが提供する地域のサービスにも暮らしに役立つ便利でやさしいサービスがあることを参加者に知ってもらい、そんなサービスを活用することで、安心して住み慣れた地域で豊かに生活していくことができること、また、気の合う仲間の楽しい集いをステージで紹介することを通して、みんな一人じゃない!、仲間でつながり、集い、助け合う関係づくりが大切であることを広く住民の皆さんに知ってもらいたいと思います。

東浦町では、民間事業者等と「高齢者の健康寿命延伸および生活支援等のインフォーマルサービスの創出促進に関する公民連携協定」を結び、町は民間サービスの情報発信支援に努め、民間事業者は高齢者向けサービスのニーズ把握・開発・提供、町との連携による地域貢献に努めることとしています。民間事業者に期待される具体的な取り組み例としては、①高齢者の生きがい・健康・仲間づくり、②高齢者の生活支援、③認知症高齢者支援、④介護予防活動支援、⑤高齢者の安心・安全への配慮、⑥町の高齢者施策への協力 などがあります。これまで行政は民間企業の宣伝を決してしませんでした。しかし、高齢者の生活支援や健康寿命延伸に役立つのであれば、そういった民間サービスの市場の拡充を促進することで、高齢者が多様なサービスを選択でき、地域ぐるみで高齢者の暮らしを支えるサービスを提供できれば良いじゃないかという考え方です。

今回は、コミュニティソーシャルワーカーを中心に社協と行政が企業を訪問し、公民連携協定を結んだ46社に声を掛けたところ、民間サービスを紹介する「健幸横丁」へのブース出展と景品提供に17社のご協力を得ることができました。「健幸横丁」は、「助さん」の掲載企業をリアルに紹介する場です。この場が、民間サービスと住民の皆さんをと交流の場、マッチングの場として機能し、皆さんの「ちょっと困った」の解決、QOLの向上に役立てればと思います。

 Dsc05968800nnDsc05969800nn
 Dsc05970800pnnDsc05972800pnn
 Dsc05973800tpnnDsc05974800tpnn
 Dsc05975800pnnDsc05978800nn

 
オープニングは、鳴子をならしながらソーラン節を踊りました。

        Dsc05988800tpnn

 
「ひが・コレ」は“ひがしうら つどいコレクション”の略です。東浦の楽しい仲間を紹介するステージショーです。まず、町内各地区で自然発生的にできた楽しい仲間を、正面のスライドで紹介、そのあとメンバーにレッドカーペットを歩いてもらって中央のステージでインタビューをします。司会は鈴木林蔵さん。東浦在住の俳優で、NHK中学生日記の日比野校長先生役や、時代劇 大岡越前などに出演されています。大岡越前では将軍吉宗を支える老中土屋相模守役。今ちょうど来年放映予定のシリーズを収録中だそうです。

町内には、団体に属していなくても、盆栽、書道、コーラスなどの趣味や喫茶店の常連やダンスやウォーキングや同じ会社のOGや家庭菜園など、様々なつながりで集っている仲間がだくさんあります。そんな仲間たち12グループが「ひが・コレ」に出場してくれました。コミュニティソーシャルワーカーが地域の情報を辿って見つけた素敵な仲間たちです。当然、大勢の前でプレゼンをしたことのない方もいらっしゃったことと思いますが、スポットライトを浴びて、この日は“ヒーロー”とばかりに生き生きとお話しされていました。行きたいところがある、やりたいことがある、ご縁がある、集いがある、会いたい人がいる、趣味でも遊びでもボランティアでも、やりがい・いきがいは心身の健康を維持する大きな要素です。当たり前の日常の中にある人と人とのつながりがとても大事な意味を持っていることに気づく機会にできればと思います。

        Dsc059981000tpnn
        Dsc06006800pnn
        Dsc06010800pnn
        Dsc06014800pnn

 

勤労福祉会館では、「おだい市&東浦セミナー」が開催されました。住民有志の実行委員会による遊び心&地域活性化の恒例イベントです。お店やセミナーに加えて、飲食を提供するフードカートも充実してきました。私もここで昼ご飯をいただきました。
今回は、若者会議のプロジェクトとして、メンバーの若者たちが、東浦ぶどうの皮やケニア産紅茶を使ったアロマキャンドルの製作・販売やアロマストーンづくりの出店をしました。ワークショップの中の小さな思いつきを一歩一歩実現させていく過程は、きっと貴重な経験になるものと思います。来週末は、若者会議のメンバーが於大公園でイベントを企画しています。

        Dsc06020800pnn
        Dsc06022800tpnn
 Dsc06031800tpnnDsc06069800tpnn
 Dsc06042800pnnDsc06075800tpnn
        Dsc06067800nn
 Dsc06049800pnnDsc06063800pnn
 Dsc06047800pnnDsc06060800pnn

| | コメント (0)

2019/11/17

文化協会写真同好会写真展と盆栽展

きょうまで文化センターで写真展と盆栽展が開かれていました。皆さんの写真を見ていて、夕暮れを美しく撮ってみたいと思いました。

        Dsc058761000pnn
 Dsc058781000pnnDsc058801000pnn
           Dsc058811000pnn

いつもながら盆栽は凝っています。息の長い手入れを何十年も続けていらっしゃることは本当に感心します。

        Dsc058961000tpnn
 Dsc058841000pnnDsc058881000nn
            Dsc058931000pnn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧