旅行・地域

2020/06/24

パートナーシップ推進事業 令和元年度事業報告会 と 令和2年度補助金審査会 を開催しました。

令和元年度事業報告会では、東浦地域ねこの会の発表がありました。東浦地域ねこの会は、野良猫の数を不妊去勢手術により人道的に減らし、野良猫による住民トラブルを減らすこと、無責任な餌やりの改善を図り環境美化を目指すこと、地域住民へのねこの適正飼育、地域ねこ活動の周知を広げることにより、人と猫が共に暮らしやすい東浦町にすることを目的としています。活動としては、猫の糞害、ゴミあさり、鳴き声などの住民の問題を把握するためのアンケート調査、野良猫の成育状況の把握、飼い猫の適正飼養の普及啓発、TNR-M活動(猫を捕獲・不妊去勢手術を施す・元の場所に戻す・その後の猫の管理を行う)、ボランティアの地域住民への活動の周知などを年間を通じて行っています。令和元年度は48匹の不妊去勢手術の実績がありました。
この活動は地域猫の会のメンバーと地域住民、地元の獣医さんの協力で成り立っています。平成30年度には緒川区からの補助もありました。令和2年度からは地域猫活動をする団体に対して町から不妊去勢手術への補助金を交付するようになりました。地域猫の会としては、会主導から地域住民の理解を得てより地域主導へとシフトしていきたいと考えています。
要領よくわかりやすい発表でした。審査会委員からは「うれしい結果は出るはずなので末永く取り組んで欲しい」「収支決算書の書き方に改善の余地がある」「会員による自発的活動か、地縁団体・地域住民による活動か、二者択一ではなく、課題に対して如何にみんなの共感を生むかが大事ではないか」などの指摘がありました。

20200624_090153800pnnn20200624_0904531200tpnnn

 
令和2年度補助金審査会では、東浦町若者会議をきっかけに発足した地域活性化団体“Connecting to Youth”による空き家再生、地域の若者の居場所づくり「空き家を核とした地域イノベーション事業」のプレゼンがありました。目的は、空き家を活用し、コミュニティスペースとして開放することで、若者と地域の接点をつくり、地域の新しい可能性を創出すること。事業の内容は、若者を募ってリノベーションイベントを開催し、すでに住み始めている緒川地区の空き家をコミュニティスペースとして改修すること、中高生の勉強の場や自由に使用できるフリースペースと飲食イベントも開催できるスナック&Bar風の空間を企画・設計、SNS等を利用し認知度を高めつつ運営することを挙げています。
審査会委員からは「空き家、若者はタイムリーなテーマだ」「応援したい。しかし若者が故に、予算、衛生面などに留意すべき点がある」「突っ込み処はあるが、担当課と相談しながら脱線しないように。期待値で満額補助したい」「計画の明確化が従来の条件だったが、今回は補助金を貰う方も出す方もチャレンジ。プロセスの記録、成果の振り返りができるように。アクティブ、クリエイティブに、それでいてこんな効果もあったとなれば面白い」ということで、満額の30万円が交付されることになりました。Be creative! 健闘を祈ります。

20200624_1005551200pnnn20200624_1034191200tnnn

| | コメント (0)

2020/06/18

「竹灯篭宵まつり」が惜しくも「ふるさとイベント大賞」の次点に

於大まつりの前夜祭「竹灯篭宵まつり」が「ふるさとイベント大賞」の次点に選ばれ、一般社団法人地域活性化センターが発行している月刊「地域づくり 5月号」に掲載されました。惜しくも入賞は逃しましたが、竹灯篭の会のみなさんの毎年毎年の発展的な積み重ねが、全国で評価されました。「ふるさとイベント大賞」は、全国のユニークなイベントのうち特に優れたものを表彰し、紹介することによって、地域におけるイベントの創造、発展、活性化を促し、個性豊かな地域社会を実現する大きな力となることを目的としています。今年で24回目を迎えます。

Topics20200529_6

| | コメント (0)

2020/06/17

「麒麟がくる効果」は?

東浦町観光協会のホームページのアクセス数が伸びているそうです。

 
  2017年 25,021件
  2018年 30,168件
  2019年 34,304件
  2020年 24,800件(3月下旬~6月上旬の3ヶ月間)

毎年少しずつ伸びて、今年は大幅に伸びそうです。「麒麟がくる」の効果もあるのでしょうか?

 

教育委員会が編集した戦国時代絵巻「徳川家康の母 於大の方と水野氏」は昨年度約70冊、東浦歴史散歩は約30冊、東浦地名考が約20冊売れましたが、今年度は郷土資料館うのはな館が閉館しているので激減です。その代わり役場学校教育課でお求めになる方がいらっしゃるそうです。

Odainokata-to-mizunoshi-coverOdainokata-to-mizunoshi-index

歴史のまち東浦町は、徳川家康の生母於大の方の生誕地として広く知られています。於大の生家水野氏は、天下統一に活躍し、江戸時代になると各地の大名や旗本として徳川幕府を支えました。本町はその水野氏が発祥した地でもあります。

 

村木砦跡緒川城址の場所を訪ねられる方がいらっしゃるようです。町のホームページに道案内をアップしています。

  村木砦跡へ行きたいのですが
  緒川城址へ行きたいのですが

 

ふるさとガイド協会のホームページは充実していますが、残念ながら現在、ふるさとガイドの活動は休止中です。

Furusato-guide20200617home

 

ふるさとガイドボランティア養成講座は、7月1日(水)、8日(水)、15日(水)の3回シリーズで開催予定です。定員10名です。詳しくはhttps://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/bunkazai/kouza/9565.htmlをご覧ください。

| | コメント (0)

2020/05/17

空き家を核とした地域イノベーション をめざして

町内で空き家再生をして実際にそこに住もうと実践している人がいます。昨年、東浦町若者会議のメンバーとして会議に参加、「空き家を核とした地域イノベーション」を提案して、さっそく行動に移しているところは、さすがフットワークの軽い若者です。最初、なかなか貸してもらえる空き家が見つからず、なんとか厚意で貸してくれる大家さんを見つけて空き家再生を始めることができました。若者のシェルターともなり得る「愛されるシェアハウス」で地域住民と交流・・・がめざすところです。

Project
Wakamonokaigi-akiya-plan20190920

 
空き家は、今年はじめに改装に掛かって、今少しずつ模様替えをしているところだそうです。とりあえず住めるようにして、彼は、東浦に移住して、農業を営んでいます。

  “Before”                     “Now”
Dsc08496800pnnDsc00304800nnn

Crops
Dsc00307800tpnnn

 

後日、彼に招待されて、空き家再生活動をしている人達とZOOMを使ったWeb談義に参加しました。話題は空き家と居場所と農業。乾杯で始まり、アルコールもOK。神奈川県、和歌山県、福岡県、千葉県、知多半島・・・10人ほどのメンバーがそれぞれ在宅で2時間半ほど会話をしました。
会議は別として、10人規模の飲み会で互いに意見交換するのは難しいと思いますが、Web会ならば、メンバー全員が揃って結構言いたいことも言えるし聞きたいことも聞けるなあと感じました。これはいろいろ応用できるかも。
あと、Web飲み会と言っても基本一人呑みなので、場のペースと関係なく一人でグイグイ飲みすぎるのに要注意です。

Zoom-invitation

 

| | コメント (0)

2020/05/16

ヒメボタルの乱舞

うちから歩いて5分圏内(市街化区域です)で、ホタルをたくさん見られるところがあります。小さくて点滅の早いヒメボタルですが、毎年この時期に見ることができます。今年は草を刈った原っぱで乱舞を見ることができました。さみしいことでもありますが、近年こうした草地はソーラー発電や宅地の開発で失われつつあります。
デジカメのスナップ写真では、ホタルの乱舞を捉えることはできませんが、至近距離でかろうじて撮れた写真をアップします。

Dsc003181300nnn
Dsc003551300nnn
Dsc00364800nnn

| | コメント (0)

2020/05/15

田植えが始まりました。

石浜田んぼの夕景です。水面に空を映しながら日が暮れていきます。午後7時から7時半頃までに撮った風景を時系列に並べました。

田んぼに水が張られ、もう苗が植わっているところもあります。このあたりのメジャーな品種では、コシヒカリ→ゆめまつり→あいちのかおり の順に田植えが始まるそうです。

Dsc002441000nnn
Dsc002451000nnn
Dsc002481000nnn
Dsc002731000nnn
Dsc002901000nnn

| | コメント (0)

2020/05/12

大府青年会議所が、消毒用の次亜塩素酸水を住民向けに無料配布する活動をしています。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、除菌用のアルコール製剤も品薄が続いています。こうした状況の中、大府JCでは、大府市内の企業から除菌効果が期待できる「次亜塩素酸水」を提供してもらい、協力企業の店舗などを通じて地域の皆さんに無料配布しています。
利用方法、配布場所、注意事項など、詳しくは以下をご覧ください。

https://ahawaterfreeoffer.wixsite.com/website

Hclo-service-by-jc2

| | コメント (0)

2020/04/13

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」さて、次回は?

麒麟がくる」観ましたか。昨日の第13回は「帰蝶のはかりごと」・・・帰蝶(濃姫)が斎藤道三と織田信長との会見をセッティングするお話し・・・でした。木下藤吉郎(のちの秀吉)も初登場しました。

次回、第14回は「聖徳寺の会見」です。聖徳寺は当時、現在の一宮市富田にあった寺と言われています。
斎藤道三は娘の婿の信長に会ってみたいと会見を申し入れます。指定した場所は聖徳寺。道三が会見の前に信長の行列をお忍びでのぞきに行きます。すると信長は、“かぶいた”格好で鉄砲や長槍を装備した織田軍と共にやって来ました。ところが、会見の場に現れたときには正装に着替えていました。会見を終えて「やはり信長はうつけでしたね」という家臣に、道三は「やがて我が息子たちは信長に屈服することになるであろう」とつぶやきます。その後、織田と斎藤の同盟関係はより強固なものとなったそうです。これはよく聞くエピソードです。

この1年後に村木砦の戦いが起きます。村木砦は、東浦町森岡の八剣神社の近くにありました。現在ではJR武豊線と国道366号が一帯を横切っています。ここで、三河に勢力を伸ばし尾張を狙う今川方と織田方との戦いが行われました。弱冠21歳(数え年)の信長は初めて新兵器の鉄砲を使い今川軍に勝利しました。長篠設楽原の戦いで武田軍を鉄砲を使って破ったとされる二十年も前のことです。付近には「取手」「飯喰場」などゆかりの地名が残っています。東浦五ヶ村の秋の祭礼「おまんと(駆け馬)」もこのときの信長の戦勝祝いが起源だそうです。

さて、次回の「麒麟がくる」では、村木砦の戦いは登場するでしょうか? 緒川城は? 登場するとすれば、どのように描写されることでしょうか? 次回以降が見逃せません。

| | コメント (0)

2020/03/09

令和元年度住民懇談会のまとめ

昨年12月14日(土)から20日(金)にかけて、町内6地区で住民懇談会「町長と話そう!~ ざっくばらんな懇談会~」 を開催しました。

Juuminkondankai20191214

 
毎年1回はこうした住民の皆さんとの懇談会を開催することにしています。今回は、第6次東浦町総合計画策定後、また私の3期目就任後初めて開いた懇談会でしたので、初めに総合計画の重点目標をテーマに簡単にプレゼンをして、そのあと参加者の皆さんに意見やメッセージを紙に書いていただき、その中から一つ一つ取り上げて問答形式で意見交換をしました。各地区合計で259名の方が 参加してくださり、積極的な発言をいただきました。
広報ひがしうら3月1日号にその内容の一部が掲載されています。また、当日の資料やいただいたメッセージ、意見交換の全文などは、東浦町ホームページにアップしてあります。

Juuminkondankai20191214kouhu1
Juuminkondankai20191214kouhu2

ありがたいことに懇談会では前向きなご意見をたくさんいただきました。懇談会の感想は、おおむね好評で、アンケートによれば約8割の方が「大変良かった」あるいは「良かった」と答えています。良かった理由としては、「町の考えがわかった」「他の住民の声を聴けた」「直接声を伝えることができた」など。半面、「意見交換の時間が足りなかった」「町長の話しが長い」「書いた意見をスルーされた」という感想もいただいています。
また、60歳以上の方の参加が約7割を占めましたが、そんな中で、とりわけ多くの参加者のあった石浜地区で、高校生の積極的な発言がありました。彼は「若者に地域コミュニティ活動の情報が伝わっていない。情報があればもっと参加もあるのでは。」「スマホのゲームを活かしたコミュニケーションやシティプロモーションを考えては。」など、若者の立場から意見を出してくれました。彼によれば、町政に興味を持つきっかけになったのは小学校
の税金教室だったそうです。子どもたちへの主権者教育や世代を越えたコミュニケーションの大切さを改めて感じました。

参加者の皆さんのおかげで、「幸せと絆を実感できるまち 東浦」について、多くの方々と語り合うこ とができました。いただいたご意見などは、 関係する部署と共有し、今後のまちづくりの参考とさせていただきます。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020/02/23

連休中日。森岡では凧揚げ大会。風は強いけど、暖かめの一日でした。

毎月1回、第4日曜日に、場所を変えて開くオレンジカフェ「こころ屋」が、あい愛いくじ で開催されました。行ったらちょうどみんなで太鼓をたたいていたので自分も参加。少したたいただけで身体がホカホカしてきました。そして、懐かしの歌の歌詞をホワイトボードに少しだけ書いて曲名を当てる「脳トレ イントロクイズ」。
今回は開催を迷ったそうですが、アルコール消毒、マスク着用をしっかり行い、食べ物も個包装になっている焼菓子を提供。また、オープニングでは、コロナウイルスに関する情報や予防対策に関する資料を配布して参加者のみなさんと共有したそうです。「こころ屋」についてはこちらのfacebookページをご覧ください。 

 84866058_1136416846528544_88218587672399Dsc086871200pnn
 Dsc08692800tnnDsc08691800nn

 

毎年この時期恒例の森岡地区凧揚げ大会。ここ3年ほど風が吹かず、ほとんど凧が揚らない年が続きましたが、やっと風が吹きました。でも、今度は風が荒っぽくてなかなか安定しません。
大凧を風下に持って行けば簡単に揚るのですが、直後に糸が切れたり、骨が折れたり。べた凪対策をし過ぎたのかもしれません。自然の気まぐれにはかないませんね。それでも揚らないよりはずっと楽しめたのではと思います。

 Dsc086991000tpnnDsc08709800nn
 Dsc08720640tpnnDsc08722800tpnn
 Dsc08731800tpnnDsc08732800nn

 

緒川の善導寺の塔頭「乗林院」のリノベーションが完成。リノベを手がけた建築士と施工者が案内してくれる見学会がありました。このお寺は眺望の素敵なロケーションにあります。地元の人達も見に来ていました。
築300年の建物を活かしつつ、内部は居心地のよい現代風に。破風に2重ガラスを採用し、内部へは採光と眺望を、夜間は建物からの仄かな光をアピールする趣向です。お寺が本来もつ「集いの場所」にしたいとの想いを新住職から伺いました。

 87195125_727132881151003_368055549970454Dsc08739800nn
 Dsc08742800nnDsc08737800pnn
 Dsc08757800pnnDsc08751800nn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧