旅行・地域

2017/11/16

地域の縁側 グリーン・ラソ がオープンします。

緒川児童館の向い、総合ボランティアセンター(なないろ)の隣のひだまり跡の改装工事が終わり、NPO法人 絆 が「地域の縁側 グリーン・ラソ」をオープンします。赤ちゃんから大人まで誰でも行ける多世代型常設居場所です。

“ラソ”とはスペイン語で「絆」の意味。また、ひだまりができるまで、ここは農協の喫茶“グリーン”でした。そんないきさつで、「グリーン・ラソ」と名付けられたようです。

グリーンラソでは、住民主体型デイサービス(通所型サービスB)、認知症カフェ、社協による「ふくし何でも相談」、そのほかにも、さをり織り、健康体操、囲碁、将棋、麻雀などのお楽しみがあります。また、12月12日からは、毎週、火曜日と木曜日に、初回600円で地域のまかないボランティアが提供するランチが食べられるようになります。

グリーン・ラソのオープンは、12月4日(月)です。12月2日(土)には事前内覧会があるそうです。

詳しくは、https://www.facebook.com/events/831014860404117/をご覧ください。

23405988_563015024035947_5474293609

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

産業まつり wandering

産業まつり2日目。歩き回っているといろんな場面に出くわします。ほんとうに多彩。

東浦未来ちゃん役の声優、小坂井祐莉絵さんと手づくりよろい甲冑隊と。

Dsc00349_800x600

 Dsc00352_800x600_2 Dsc00364_800x600

 
ふるさとガイド協会のコーナーで「プレおだいちゃん検定(全10問)」。今日のはさらに難しかった!

Dsc00357_800x600
 
蛇瓜(ヘビウリ)と言うのだそうです。これがタネです。5月に蒔くのだそうです。

  Dsc00193_800x600_2Dsc00340_800x600

 
なないろ(総合ボランティアセンター)で作ったガチャポン。
レバーを回すと本当に出てくるのです。
コインを入れなくても出ちゃうんですけどね。

Dsc00372_800x600
 
2017よむらび応援ツイート動画の撮影中。
https://www.facebook.com/groups/430809687066388/
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/yomurabi/1454993147985.html

Dsc00373_800x600_2
 
よむらびソングで「図書館来てね!」
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/yomurabi/1478744097904.html

Dsc00386_800x600

 
障がいのある人のためのA型就労支援など、さまざまな居場所づくり、やりがいづくりをボチボチ進めていきたい。産業まつりでお会いした方から、そんな夢があるというお話しを聞ました。
https://ameblo.jp/farmersmarche/

Dsc00356_800x600
 
サーカス団をつくるのが夢!
シルク・ド・ファミーユの大道芸。

Dsc00436_800x600

 Dsc00397_800x600 Dsc00425_800x601

 
最後に、出品されていた鉢植えのランや切り花の競り売り。
俺の写真は高いよ!だって。

Dsc00442_800x600

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/11/11

第39回 産業まつり(第1日目)

朝方雨が降っていましたが、幸いにも青空が出てきました。天気の危ぶまれる中、東浦町産業まつりに、ご来賓を始め多くの方々にご参加いただき御礼を申し上げます。

この産業まつりは、産業と名前がついていますが、商工業者の皆さんだけでなく、飲食、農業、健康、福祉、防災、スポーツ、地域ボランティア、趣味・・・など、町内のあらゆる分野の活動が文化センター周辺の公共施設群(今年は消防署東浦支署も加わりました。)に結集、盛大に開催されるものです。

今回の新企画として、プレおだいちゃん検定があります。
観光協会が、来年の町制施行70周年を記念して「東浦おだいちゃん検定」の実施を予定しています。東浦には多くのすばらしい歴史や文化の資源があります。これらの「宝」を郷土の皆さんに再認識していただき、次の世代にしっかり伝え引き継いでいくことが、みんなが愛し誇れるふるさとづくりにつながっていくとの想いからこの企画が生まれました。
来年7月22日(日)に予定している本検定に先駆けて、今年の産業まつり(11月11日(土)・12日(日))のふるさとガイド協会のコーナーで「プレ検定(全10問)」を実施します。
歴史・文化・習慣・産業(村木砦、緒川城、八巻古窯、だんつく、巨峰ぶどう、自動車部品・・・)など幅広い分野からの出題になりそうです。ぜひ挑戦してみてください。

また、今回は、LIXIL(INAX)さんが初出展してくださり「光る泥だんごづくり」体験ができます。レンガ・タイルの業界には大手企業はあまりないので、東浦の工場は、実はレンガ・タイルの工場の中で国内最大級だそうです。

意外と知られていませんが、このほかにも、東浦町内には大小含めてたくさんの工場・事業所があります。産業まつりを通じて、住民の皆さんとお互いに知り合えるきっかけとなればと思います。

ステージイベントもあります。ぜひ心行くまでゆっくりとお楽しみいただきたいと思います。

23131801_1508253482629453_289660859

 Dsc00229_800x600 Dsc00226_800x600
 Dsc00234_800x600 Dsc00235_800x600
 Dsc00252_800x600 Dsc00251_800x600
 Dsc00244_800x600 Dsc00258_800x600
 Dsc00257_800x600 Dsc00260_800x600
 Dsc00265_800x600 Dsc00273_800x600
 Dsc00278_800x600 Dsc00326_800x599
 Dsc00291_800x600 Dsc00310_640x480
 Dsc00307_640x480 Dsc00299_800x600
 Dsc00314_640x480 Dsc00316_800x600

 
東浦高校吹奏楽部の皆さんが、産業まつりのオープニングでノリのいい演奏をしてくれました。それもアンコール付きで。
昨年は指導者なしで部員が10名程度でしたが、今年は東浦吹奏楽団の方が指導を引き受けて下さり、部員数も倍になったと聞いています。これからさらにパワーアップすることを楽しみにしています。

Dsc00205_800x600

 
北部中学校の人権サポーターのみなさん。人権擁護委員のサポートをして産業まつりの会場で啓発活動をします。おだいちゃんも一日人権擁護委員に委嘱されました。
人権とは、「すべての人々が互いに命と自由を尊重しあい、それぞれの幸福を追求する権利」です。世の中には、人種、男女、病気や障害などによる差別や、虐待、いじめ、DVなど、人権を脅かす様々な問題があります。人権に関する見識を深め、それをみんなに伝え、互いの人権を尊重し守っていく活動を積極的に進めてほしいと思います。啓発活動の仕方についても中学生の視点からぜひアイディアを出してほしいです。期待しています。

Dsc00209_800x600_2

Dsc00214_800x600_3
 
於大のみちでリハーサルをしていたグループがありました。このあと、ステージがあるのだそうです。

Dsc00284_800x599

 
プレおだいちゃん検定一番乗り。
難しかったですが、なんとか90点。ちょっとヒントをもらったかも。
あすは、違う問題が出るそうです。

Pure_kentei_20171111_3
 
にほんごひろばと通訳ボランティアが共同で外国人との交流を図るブースを設けました。外国人のスタッフも張り切っています。
国別に時間を分けてクイズやゲームをやります。お国柄が出て楽しそう。

Dsc00271_800x600_2

23319452_1430669697011205_248128572
 
新城市(旧鳳来町)からは五平餅、長野県小川村からはおやきを出店。賑わっていました。

 Dsc00275_800x600 Dsc00277_800x600

 
役場企画課からは、文化センター1階で総合計画の策定について説明するブース。みなさんが、将来どんなまちにしたいか、書き出してもらいました。

Dsc00220_800x600

 Dsc00321_960x1280 Dsc00323_1280x960

 
産業まつり会場のはずれにある中学校の体育館ではスポーツフェスタ。
卓球台を2つ合わせて、4チームでサウンドテーブルテニスをしています。カローリングやソフトバレーボールもあります。初心者でも手軽に出来そう。

Dsc00335_640x480

 Dsc00331_640x480 Dsc00328_800x600

 
あす、11月12日(日)も開催しています。明日はもっと天気が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/25

美しい愛知づくりシンポジウム

文化センターで美しい愛知づくりシンポジウムを開催しました。
愛知県が年に1回、県内市町村で開催し、今年で28回目になりました。昨年は半田市で開催、今年は景観元年(今年4月に東浦町景観条例施行)ということで東浦町で開催しました。

東浦町では、4年ほど前から景観ワークショップなどを始め、景観計画を策定、今年4月に県内の町村で初めての景観条例を施行しました。東浦町には特別な歴史的建造物があるわけではありませんが、これからは、東浦らしい郷土の景観を守り育てていくことが、そのまちに住むことの誇りや価値を引き上げていく上でとても重要な要素になるものと考えています。東浦の自然景観、田園景観や歴史、文化的な景観を守り、都市的な景観を育て、美しい佇まいや、居心地の良い空間を形成することだけでなく、ごみの落ちていないまち、広告物が目の邪魔にならないまちにするなど、みんなで心を合わせてできることは沢山あるはずです。今、町では、森岡のぶどう畑の景観、明徳寺川沿いの田園景観、緒川の屋敷の街並み、生路の郷中の街並みの4つを景観重点区域候補として、景観形成の方針やアクションプランを練っているところです。

シンポジウムでは、東浦町の景観まちづくりでお世話になっている名古屋大学の小松尚先生と名城大学の海道清信先生に講師をお願いしました。小松先生は、景観は気候、材料、産業、生活、歴史、文化などに裏打ちされた生活景であること、空き家、空き地の利活用、公共施設の再配置、建築物をつくるから使いこなすことなど、人口減少社会の中で建築のあり方や公共施設のあり方も変わることについて、お話しをされました。

 Dsc09589_800x600 Dsc09593_800x599

海道先生は、まちには個性と特徴が必要であること、それを実現する方法として景観があること。景観に取り組む中で、人口減少の中で住みたい人が増え、地価が下がらないまちづくりが可能なこと、行政の押しつけではないこと、地形的特徴を理解すること、歴史・文化を時間の中で感じられることが大切なこと。これまでにあった景観論争を紹介。そして最後に、東浦町の景観の取り組みについて、条例をつくっても引き続き、景観まちづくり委員会で共感プロジェクトなどを熱心に議論していること、景観は地形の上に人々の生活が積み重ねられて形成されることなどをお話しをされました。

 Dsc09611_800x600 Dsc09615_800x600

 mediasエリアニュースに動画がアップされています。
 →http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=6000
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/19

観光協会が「東浦おだいちゃん検定」を企画中。

観光協会が、来年の町制施行70周年を記念して「東浦おだいちゃん検定」の実施を企画しています。東浦には多くのすばらしい歴史や文化の資源があります。これらの「宝」を郷土の皆さんに再認識していただき、次の世代にしっかり伝え引き継いでいくことが、みんなが愛し誇れるふるさとづくりにつながっていくとの想いからこの企画が生まれました。

来年7月22日(日)に予定している本検定に先駆けて、今年の産業まつり(11月11日(土)・12日(日)に開催)のふるさとガイド協会のコーナーで「プレ検定(全10問)」を実施します。
歴史・文化・習慣・産業(村木砦、緒川城、八巻古窯、だんつく、巨峰ぶどう、ミニトマト、自動車部品・・・)など幅広い分野からの出題になりそうです。乞うご期待!

Kankoukyoukai3_odaichankentei0

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/10/01

すっかり秋めいて・・・

急に涼しくなりました。栗が熟して落ち始め、銀杏もたわわに実ってきました。

 Dsc_6504_800x600 Dsc_6500_800x600

 
半田市制80周年。記念式典は、祝辞と功労者の表彰といった簡素なものでした。
その一方で、新幹線の車内販売の弁当に山車まつりの広告を入れているとのこと。シティプロモーションを忘れていません。亀崎の潮干祭り、赤レンガ建物、半六邸、半田運河、新美南吉生誕地、矢勝川の彼岸花、そして来週末は、はんだ山車まつりなど、見どころを整えて、人が訪れるまちづくりを着々と進めています。

 Dsc08058_800x600 Dsc08060_800x600

 
南ヶ丘コミュニティまつり。新しくできた住宅地だけあって、さすが若い家族が多いし、子どもたちで賑やか。
ちょうど自治会から要望をいただいていた、ごみステーション内のごみボックスの増設が決まったところです。
東浦町では、総合計画づくりが始まります。若い方たちも、まちづくりに自分事として積極的に関わっていただきたいと願っています。

 Dsc08066_640x480 Dsc08068_500x375
 Dsc08072_800x600 Dsc08074_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/27

うのはな館の企画展「生路村の新田開発」 のご案内

江戸時代後期、新田開発のブームがありました。
須賀村(現:愛西市)の浅野勘左衛門が、生路村で着手した大規模な開発もその一つでした。成功すれば一攫千金。
しかし、そこに思わぬ事態が…。愛西市と東浦町双方に残る古文書からその顛末を探ります。

10月8日(日)まで、うのはな館(郷土資料館)にて。

Unohana20170909shindenkaihatsu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/23

傳通院の彼岸会に行ってきました。

観光協会の方たちと、小石川の傳通院に行ってきました。お彼岸の法要に出席するためです。

Dsc_6458_800x600
朝、出がけに隣りのお宅の土手を見ると、ちょうど彼岸花が咲いていました。この植物の体内カレンダーは、いったいどうなっているんだろう?とつくづく感心します。
おもしろいのは、彼岸花(曼珠沙華ともいいます)は、バナナと同じく3倍体(染色体が3本)なので種子では増えずに、球根の株別れで増えていきます。ですから、もともと植えてない場所に生えることはなく、みんな同じ遺伝子を持っています。
球根はリコリンなどのアルカロイドを含んでいるため有毒。そのため、田畑を荒らす生き物を防ぐ目的で、土手や畔などに植えられたのではないかと考えられます。ただし、これらのアルカロイドは水溶性なので、飢饉の時には水にさらして食用にしたそうです。

さて、東京の話しに戻ります。
一緒に行った中には東浦のふるさとガイドボランティアをされている方もいます。少し早めに出かけて、文京区観光協会のガイドの方にモデルコースを案内していただきました。駒込駅に集合、六義園、富士神社、吉祥寺、東洋大学を通って、都営三田線の白山駅に至るコースです。

 Dsc07921_400x300 Dsc07928_800x600
 Dsc07994_800x599 Dsc08013_800x600

 
六義園(りくぎえん)は、5代将軍綱吉の側用人だった川越藩主 柳沢吉保が自らの下屋敷に紀州の和歌浦をモチーフにして1702年に整備した面積8.8haの回遊式庭園です。明治になって荒れていた庭園を三菱の創始者 岩崎弥太郎が買い取り、再整備。その後、東京市に寄付され、一般公開されるようになりました。
藤代峠と呼ばれる高台に上がると、周りはビルに囲まれているのがわかりますが、園内にはケヤキやクスやエノキの大木が沢山あって、池畔に立つと周囲の喧騒から隔絶された別世界に居るような感覚です。

Dsc_6461_800x600

Dsc07940_800x600

 
諏訪山吉祥寺は、もともと現在の水道橋駅あたりにあったそうですが、明暦の大火で門前町とともに焼け出され、寺は現在の駒込に移転、門前町は現在の武蔵野市吉祥寺(中央線吉祥寺駅付近)に移転しました。その後、東京大空襲で大伽藍のほとんどを焼失し、当時の建物としては、山門と経蔵が残っています。境内には広大な墓地があり、南町奉行を務めた鳥居耀蔵や、幕末から明治期にかけて活躍した榎本武揚や赤松則良が葬られています。

Dsc07996_800x600

Dsc08009_800x600

 
さてさて、傳通院ですが、正式名称を「無量山傳通院壽経寺」と言います。もともと近くにあった壽経寺を再興し、1602年に江戸の地に埋葬してほしいという遺言を残し75歳で京都伏見で亡くなった於大の方の菩提寺として建立されました。傳通院というのは於大の方の法号(戒名)「傳通院殿蓉誉光岳智香大禅定尼」からとったものです。
傳通院では、観光協会長をはじめ観光協会関係者、商工会事務局長、役場商工振興課職員とともに、傳通院殿(於大の方)のお墓にお参りし、お彼岸の法要に出席しました。彼岸会では、本尊の阿弥陀如来の前で焼香をさせていただき、法会に集まった檀信徒の皆さんの前でご東浦町を代表してご挨拶をさせていただきました。
麻生貫主をはじめ傳通院の皆さんには毎年欠かさず於大まつりにご参加いただいています。東浦町からも毎年お訪ねして、このご縁を末永く深めていきたいと思います。

Dsc08015_800x600

Dsc08018_800x600

Dsc08016_800x600

Dsc08028_800x600

最後に、法話でいただいたお話しの一部をご紹介します。
イスラエルには、人の性格を知るには「酒(酔っ払った時の言動)と財布(お金の使い方)と怒り方」ということわざがあるそうです。家康公は「堪忍は、無事、長久の基(もとい)」と言ったそうです。怒りのピークは6秒間。これをやり過ごして、自らの人格を貶めないようにした方が良いようです。
また、人に話しをするときには、「難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを面白く」話しなさいとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

町内にはたくさんのぶどう農家が直売所を開いています。

東浦ぶどうの時期が終わりに近づいてきました。今年は、空梅雨のあとの長雨など、天候不順の影響があったそうです。
町内にはたくさんのぶどう農家が直売所を開いています。いろんな種類のぶどうがあります。皆さんが丹精込めてつくっています。
そんな中で、今年、農業大学校を卒業した一宮出身の若者が東浦でぶどう作りに挑戦しています。

 Dsc07741_800x600 Dsc_6244_640x479
 Dsc07841_800x600 Dsc07839_800x600

Dsc07835_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/29

みんなのいえ と 葵の荘団地の夏まつり など

新田会館で開かれた「みんなのいえ」に行ってきました。みんなが集って、ともに食事もできる場です。きょうは、夏休みらしく、子どもたちが宿題をやってから、流しそうめんをしました。新田地区のボランティアの皆さんが必要に応じて子どもたちの宿題を見てくれます。みんなのいえの入り口には、こう書いてあります。「子どもも大人も障がいを持った人もお年寄りも、多世代で、誰でも気軽に楽しめるみんなのあったらいいな!!で地域のみんなの笑顔、会話、つながりを生むホッと一息できる共食の場です。」
多様な人たちの集まれる場になると良いと思います。
次回の予定は、8月26日(土)16時~18時です。

 Dsc05237_800x599 Dsc05194_640x480
 Dsc05247_640x480 Dsc05245_800x600
 Dsc05202_640x480 Dsc05211_800x600
 Dsc05214_800x600 Dsc05221_800x600

 

昼に名古屋へ行って、愛知芸術文化センターで開催中の「大エルミタージュ美術館展」と「現展」を見てきました。現展に東浦にお住まいの方が出品しています。久しぶりに目の保養をしました。混んでいなかったので、気ままに見ることができました。
それにしても、ブリューゲル「バベルの塔」展の名古屋飛ばしは残念。

 Dsc_6111_800x600_2 Dsc_6119_800x600
 Dsc_6121_800x600 Dsc_6118_800x600

 

夕方は、葵の荘の夏まつりで、盆踊り5曲×2回。忘れていた踊りを思い出しました。これから各地区の盆踊りが続きます。

         20476510_593696347685687_8046115177

 

伊久智神社の夏まつりもありました。行ったらちょうど後片付けをしているところでした。茅の輪は来た人がくぐれるようにしばらく残すそうです。

         Dsc_6125_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧