旅行・地域

2017/03/17

わたしのまち、東浦の一年

いま、役場庁舎の1階ロビーで「東浦の一年 写真パネル展」と題して、広報用に撮った写真を展示しています。役場にお出でになったときに、ぜひお立ち寄りください。
4月15日までの展示です。

Dsc01179_957x1280

 Dsc01183_864x1280 Dsc01180_864x1280
 Dsc01181_864x1280 Dsc01182_864x1280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/16

青空おだい市 in あいち健康の森 & 知多半島春の音楽祭 春の足音コンサート in 東浦 のご案内

昨年10月29日に開催された青空おだい市&東浦セミナーin三丁公園と11月26日に開催された第5回 おだい市&東浦セミナーに続いて、今度は2月25日(土)に青空おだい市 in あいち健康の森が開催予定。知多半島春の音楽祭2017 春の足音コンサート in 東浦と同時開催です。

青空おだい市 in あいち健康の森は、
 2月25日(土)10:30~14:30 あいち健康の森 交流センター2階 にて

詳しくは、https://www.facebook.com/events/1163798703715689/をご覧ください。

Odaiichihigashiuraseminar20170225

 

知多半島春の音楽祭2017 春の足音コンサート in 東浦は、
 2月25日(土)13:00~15:00 交流センター 南館1階 にて

詳しくは、https://www.facebook.com/higashiura.artpro.haruonをご覧ください。

16729016_1362976417110591_163049822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

るるぶ特別編集版「きぬうら」を発行

るるぶ特別編集版「きぬうら」を衣浦定住自立圏の取り組みとして、JTBパブリッシングに企画・編集・制作を委託、発行しました。衣浦定住自立圏の構成市町である刈谷市・知立市・高浜市・東浦町の歴史&お花スポット、遊び&学びスポット、グルメ、特産品など、「きぬうら」の魅力を紹介しています。るるぶ特別編集版「きぬうら」は域内の公共施設や観光案内などで無料配布しています。
以下、一部をご紹介します。

Rurubu_kinuura_1

 Rurubu_kinuura_2 Rurubu_kinuura_3

 Rurubu_kinuura_4 Rurubu_kinuura_5

 Rurubu_kinuura_6 Rurubu_kinuura_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/30

Odigo

多国籍なメンバーでつくる外国人観光客向けの地域情報を提供するサイトがあるそうだ。
 →http://next.rikunabi.com/journal/entry/20150130

“Odigo”のページを見てみましょう。
http://blog.odigo.travel/
https://www.odigo.travel/neighborhoods/5618bc4669702d69bf4b0000

愛知県の情報はあるのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

名古屋市シティプロモーションシンポジウム が開催されます。

名古屋市が独自に行った都市の魅力度調査で、名古屋は全国主要8都市中「行きたくない」街ダントツNo.1 となったことを受けてでしょうか、名古屋市がシティプロモーションシンポジウムを開催するそうです。
まちを元気にする実践者たちが講師陣に勢揃い。以下は、Facebookにある案内文の引用です。

名古屋市がシティプロモーションシンポジウムを“初めて”開催します!

名古屋市では、市民が名古屋を理解し、市民自らが友人・知人に対して誇りたくなるよう市民とともに、名古屋への想いをつくっていくことが課題となっています。そうは言われてもシティプロモーションというのがまだよくわからないと思いますので、名古屋が気になる皆さん、ぜひこのチャンスにちょっと勉強してみませんか。
今回は、シティプロモーションに係る豪華な顔ぶれとして、「シビックプライド」著者の紫牟田伸子さん、長野県塩尻市職員で空き家プロジェクト「nanoda」代表の山田崇さん、円頓寺商店街「喫茶、食堂、民宿。西アサヒ」オーナーの田尾大介さんに来ていただきます。

日 時| 2017年2月2日(木)14:00~17:30(開場13:30~)

場 所| 愛知学院大学名城公園キャンパス キャッスルホール明倫

参加費| 無料

定 員| 100名

お申し込みは、以下リンク先、名古屋市電子申請サービスからお願いします。

詳しくは、
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000089863.html
https://www.facebook.com/nagoyacitypromotion/
をご覧ください。

Nagoyacitypromotiontirashi20170202

 

ちょうどいま戦略案に対してパブコメ実施中だそうです。
「名古屋の魅力をもっと堪能して、もっとオススメしていくための、戦略案を作成しました!
皆さんのご意見を募集していますので、是非戦略案をみてご意見ください!」とあります。
期間は平成29年1月16日(月)から2月28日(火)まで。
詳細は以下をご覧ください。
http://www.city.nagoya.jp/kankobunkakoryu/page/0000089654.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/04

あいち健康の森で、ロゲイニングとハナモモ植樹

朝早くから、知多半島ロゲイニングinあいち健康の森が開催され、開会式に来賓として出席しました。“Rogaining”とは聞き慣れません。ネット辞書で検索するともっぱら育毛剤の“Rogaine”がヒットします。
Rogainingは、40年前にオーストラリアで3人のボーイスカウト関係者がオリエンテーリングをヒントに考案した野外スポーツです。3人(Rod Phillips, Gail Davis, Neil Phillips)のイニシャルをとってロゲイニングと呼ばれるようになったのだそうです。
たくさんのチェックポイントが設定されていて、辿る順序が決められていません。どのルートで効率よく回るか、体力だけではなく、頭脳も求められる戦略的な面白さがあります。チェックポイントを通過した証拠に写真を撮るフォトロゲイニングは、日本で始まったと言われています。観光(歴史・グルメ)とスポーツを合わせた楽しさがあり、子どもから大人まで、誰でも楽しむことができます。
この日のチェックポイントは大府と東浦にまたがって設定されていたようです。於大の方・水野家にちなんで刈谷の楞厳寺もチェックポイントに組み込まれていたそうです。大会に使われた集計アプリは東浦のソフトウェア開発業者が作ったものです。
大会を主管する㈱知多半島ナビは、地域を活性化する事業を企画・運営する集団で、昨年9月にはサイクリング大会を運営しています。
お天気も良くて気持ちの良い開会式でした。この後、別の予定があって、スタートとゲーム展開を見られなかったのがちょっと残念です。

 15317944_1292180810848294_2797178_3 P1270768_800x600

 

このあとすぐに、大府商工会議所と東浦町商工会主催の第4回ハナモモの木記念植樹祭がありました。大府は昔、桃の産地でした。これにちなんで、桃を観賞用に改良したハナモモを大府と東浦にまたがるウェルネスバレー一帯に植えよう、それを線や面としてつないでいこうという市民参加型の活動です。今回はあいち健康の森の北側の谷沿いに240本ほどを植えました。

 15271788_846411878834115_4364009205 15272001_846411898834113_3543402049
 15350497_1799690976971571_417402047 15337494_1799690940304908_245384167
 P1270792_800x600 P1270802_800x600
 P1270797_800x599

 

他にもこの日は、あいち健康の森で、県内の児童館関係者が一堂に会するイベント「元気スイッチon!! あつまれ!あいちのじどうかん」がありました。この中で、ぎふメディアコスモス館長、岩手県立児童館初代館長の吉成信夫さんのお話しを聞くことができました。これについては後ほどレポートします。

午後からは、ウインクあいちで開催された「人工知能の進化の最前線を学び、今後10年の人間の生き方、そして子育てのあり方を考えよう!」に参加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/29

東浦にとって観光とは・・・

観光協会の広報紙が発行されました。その第一号に以下のような文章を書かせていただきました。

 

自分たちの良さを知って、誇りを持とう。
そして、住んでて良かったまちにしよう。
 

東浦町長 神谷明彦
 

観光というと、旅行客に来てもらって、観光地を見て感動してもらって、宿泊施設に泊まってもらって、お金を落としてもらってなんぼという、観光旅行をイメージしがちですが、東浦はいわゆる観光地ではありません。

では、東浦にとって観光とは何でしょうか。観光協会が活動するにあたって、東浦における観光の意味(観光協会のミッション)を改めて考える必要があるのではないでしょうか。東浦が有名になれば良いのか? 町内の移動が盛んになれば良いのか? 外部から東浦を訪れる人が増えれば良いのか? また、それによってもたらされるものは何か? お金を落としてくれることなのか? ならば、リピーターが満足するような消費の受け皿があるのか? 私たちのまちのロケーションやポテンシャルに立脚して、そこを直視する必要があります。

大事なことは、まずは、土地も人も含めて自分たちの良さを知って、誇りを持つことではないでしょうか。それが、じわーっと内外に伝わって、やっぱり「住んでいて良かった」「暮らしていて良かった」といった満足感、充実感が生まれるのではないでしょうか。

近年、「このまちが好きだ」を表現するような活動は着実に広がっていると感じます。おだいちゃん着ぐるみや手づくり甲冑隊は、近隣市町でイベントがあれば積極果敢に出て行って好評をいただいています。毎年進化する幻想的な竹燈籠は、町外からも関心を集めています。おだい市&東浦セミナーに見られるような交流交易の機会も生まれています。平成27年度に開始して絶好調のふるさと寄附のお礼の品は、農作物から家具まで東浦の特産品を全国にアピールするのに一役買っています。東浦らしい景観を守り育てていくための景観計画が策定され、景観条例制定の準備が進んでいます。町制施行70周年に向けて市民映画を作ろうとする動きも出てきました。こういった活動が、さらに絡み合い紡ぎ合ってみんなで誇れるまちづくりをしていきたいものです。

観光の語源はその土地の「光を観る」ことです。無いもの探しから、有るもの見つけ。そして、何と言っても、まちづくりは人です。なんでもそこそこあって「ほどよくてちょうどいいまち」東浦で、人・物・事・情熱を結集して面白いまちづくりをしようではありませんか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/26

今週は大阪出張しました。

千里ニュータウンの出勤風景。小学校区にある自治協議会の掲示板には、サロンやクラブ活動や池の掃除など・・・結構活発みたいです。
日本で最初にできたニュータウン。

 P1270657_800x600 P1270659_800x600
 P1270660_800x600 P1270664_800x600

P1270663_1280x960

 

あべのハルカスから大阪城方面。よーく見ると、中央やや右の黒いビルのすぐ左横に天守がしっかり写っています。

すっと目を落とすと、下に見えるのは天王寺動物園。赤い橋のかかった池の向こうのこんもりした築山があります。
あれが、大坂冬の陣で家康が、夏の陣で真田幸村が陣を敷いたという茶臼山だそうです。
何でこんなところに「山」があるかというと、元は古墳らしい。

P1270701_1280x960

P1270675_1280x963

 

豊中市へは、地区の連絡所長(町内6地区の区長と県営住宅の自治会長)さんたちと一緒に地域の自治をテーマに視察に伺いました。
豊中市は、千里ニュータウンにみられるように、竹藪だった丘陵地を開発してつくった街で、高度成長期に人口が2倍に急増したそうです。そんなところには東浦と違って、地縁組織はほとんどありません。そのため、最近になって、地区の自治協議会を各小学校区ごとにつくり、地区社会福祉協議会、校区PTA、民生委員、各自治会、老人会、消防団、公民分館など、それぞれ地域で活動していた団体を統合しつつあります。もともとコミュニティセンターや公民館などの地区の拠点はないので、小学校を活動拠点としています。一般的に小学校を拠点して使用する場合は、仕切るなどして小学校のスペースとは分離して使うケースが多いと思いますが、豊中市では比較的自由に空きスペースを使用しています。
このことから、東浦町でも小学校の使い方について、もっと自由に考えては良いのではと感じました。また、今後、地域福祉を進めていく上で、社会福祉協議会がもっと地域に密着する必要があるのではと感じました。
訪問した小曽根地区では、例外的に老人憩の家があり、ここも地区自治協議会の拠点として多目的に使用しているとのことでした。地区の広報紙は子ども新聞を発行するNPOとコラボでやわらかいデザインのものを発行しています。公民分館長は自治会で決めて、拠点を小学校に置いて生涯学習活動を行っています。大阪市淀川区に近い小曽根地区などでは、淀川区と合同で(消防団など玄人は参加せず)住民や中学生が参加する操法大会を行っているそうです。
神社仏閣も含めた地域の拠点や地縁組織が希薄だっただけに、社会福祉協議会やNPOなどのテーマ型の組織が育ってきた豊中市では、今、地域自治の再構築を進めています。
豊中市では、平成19年に自治基本条例を制定、平成24年に地域自治推進条例を制定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/13

産業まつり 2日目レポート と 『第5回 おだい市&東浦セミナー』のご案内

産業まつり。2日間とも、快晴、盛況のうちに終了しました。
今日は、「グルメ編」と題して、食のレポートでもしようかと思っていたのですが・・・。
8020表彰、農畜産物品評会表彰、公共施設アダプトプログラム感謝状贈呈を終えて、昨日行かなかった福祉まつり会場を覗いて、遅いお昼にしようと思ったら、人気の鶏飯や五平餅はもとより、ほとんどのお店が売り切れ閉店状態。残念ながら、閉店後のみなさんの写真です。ちなみに、商工会女性部は恒例のうどん屋さん、商工会青年部は焼きたてアツアツの豚テキ屋さんでした。おっと、写真の中には店員さんでない人も混じってますね。

 P1270602_900x674 P1270605_800x600
 P1270604_800x600 P1270606_800x599

 

福祉センターでは、総合ボランティアセンター「なないろ」のPRや、特別支援学級の小中学生による作品の展示が行われていました。個性あふれる作品を見るのは毎年楽しみにしていることの一つです。

 P1270589_800x600 P1270590_800x600

 

そして、今日も立ち寄りました。「わいわい!おだい市」。
アロマ入りリップクリーム作りにトライ。蜜蝋やパラフィンをブレンドして湯煎で融かして、そこにお好みのアロマオイルを数滴。なんだか実験みたいです。
ハンドマッサージも受けてみました。足は疲れるとすぐわかるけど、手は疲れていても普段あまりケアしていないのでは。手の凝りをほぐすのも意外と気持ちの良いものです。
いろいろお試しさせていただき、感謝です。
これは、11月26日(土)の『おだい市&東浦セミナー』のプロモーションを兼ねたプレ企画です。本番が楽しみです。

 P1270596_800x600 P1270593_900x675
              P1270595_900x675

 

ここで、『第5回 おだい市&東浦セミナー』のご案内。

第5回 おだい市&東浦セミナーは、11月26日(土)10時~16時、勤労福祉会館2階フロア全部を使っての開催です。
伝えたい人が講師を務め、学びたい人が学ぶ「東浦セミナー」では、行政も参加して「子育て」「ボランティアと市民活動」「読書」「認知症への理解」などの分野でセミナーを開きます。
プログラムは以下の通りです。

14915668_1778865395706423_188429524

14939570_1778865539039742_383647770

14705788_1778865625706400_914682797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/12

産業まつり 1日目 ・・・いろいろ出てますよ。

東浦町産業まつり。開会式に東浦高校の吹奏楽部が華を添えてくれました。そのあとステージでは様々なパフォーマンスが。

              14963122_1181794845248712_792972323
 P1270384_1024x768 P1270385_800x602
 P1270393_800x600 P1270488_640x481
              P1270558_800x601

 

文化センターでは、人権擁護、防犯・交通安全、里親、献体、防災・・・、さまざまな啓発、PRが行われています。

 P1270395_800x600 P1270396_800x600
 P1270421_800x600 P1270423_800x600
              P1270489_800x601

 

ふるさとガイド協会のブースではちょうど生路の三白の話し。三白とは、塩と砂糖と木綿。生路は古くから製塩が行われていた。白砂糖が初めてつくられたという説もある。そして、木綿の産地でもあった。最盛期には160以上の工場、18000以上の織機、5700人以上の従業員がいた。
11月19日(土)には「機屋さんの跡を巡る」ふるさと散歩があるそうです。

 P1270397_800x600 P1270399_800x600
              P1270401_800x600
 Furusatoquiz2016a Furusatosanpo20161119ikuji

 

「わいわい!おだい市!」は、11月26日のおだい市に出展予定のお店を集めたミニおだい市で、今回から始めた起業支援の試みです。半田ごてを小さくしたような焼ごてで、木のスプーンに顔の絵を描く体験をしました。ちょっと真剣な自分。

 P1270443_900x675 P1270442_800x600
             P1270501_800x600
 P1270438_800x600 P1270440_900x675

こちらは、「わいわい!おだい市」の中のプチ生け花レッスン。私の作品の原作(Before)と先生の手直し後(After)です。

P1270451_900x677P1270479_900x677

 

「おだいちゃん争奪!東浦ものしり合戦」は観光協会の出し物。
クイズに答えてもらったポイントを町内のそれぞれ気に入った地区に投票。ポイントの多い所からおだいちゃん着ぐるみの貸し出し優先権をゲットできるとか。これも今回初登場。

 P1270514_800x602 P1270508_800x599
         P1270510_1280x962

 

産業まつりの健康展。 食改さんの健康食。保健センターでいただきました。

P1270506_800x600P1270505_800x600

 

役場若手職員有志の「まがりかど快賊団」による宝探しRPGでは、今年も地元商工業者の皆さんからご寄付をいただき宝を用意することができました。
商工会青年部による「みんなで作る子ども縁日」では、役場職員有志がお手伝いをしました。

         P1270583_1024x769
 Gaurer20161112a Gaurer20161112b
 P1270550_800x600 P1270548_800x600

 

大府JCのブースでは夫婦の写真入り缶バッジを作りました。
頭皮マッサージを体験。効果あるかなあ。
歩き疲れたときには、ここで足の甲と裏のマッサージ。

        P1270567_800x600
 P1270569_800x600 P1270565_800x601

 

デジタルトランシーバを使ってスマホから写メを送れるアプリがあるのだそうです。災害時に通信手段がシャットダウンした時に、外部のスマホから災害対策本部のパソコンに被災情報を送るのに役立ちそうということで、只今実験中。

P1270580_900x675

 

東浦中学校体育館ではスポーツフェスタがありました。ビーチボールバレーを少しやっただけで汗びっしょりになりました。運動不足やなあ。

 P1270553_800x600 P1270557_800x600

 

他にも、商工会抽選会、企業展示、東浦アートプロジェクト、ボーイスカウト、太鼓エクセサイズなど、見どころ沢山です。13日(日曜日)は午後3時までです。天気も良さそうです。

             P1270528_800x600
 P1270529_800x600 P1270539_800x600
 P1270525_800x600 P1270523_800x601
 P1270521_800x602 P1270577_900x675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧