ため池・水辺

2021/01/11

於大公園の遊具広場🎡リニューアルコンテスト‼

午後の於大公園、今日も寒くてまだ池に氷が張っているのに、子どもたちが元気に遊んでいます。「子どもは風の子」と昔よく言ったものです。

Dsc07870800tpnnnDsc07894800tpnnn

 
斜面にかかる絶叫滑り台など、遊具広場の遊具で遊んでいる子どもたちも大勢います。

Dsc07898800pnnnDsc07899800pnnnDsc07906800tpnnn
Dsc07919800pnnnDsc07920800pnnn

 
この遊具広場は、於大公園再整備の一環でリニューアルする予定です。5つのプランが出ている中で、一番のお気に入りはどれでしょうか?? 土曜日にイオンモール東浦の1Fイーストコートで人気投票をやったら、1100人ものお客さんが来てくれました。
今日は、このはな館で人気投票をしています。私が見ていた限りでは、1番と4番が人気者だったような・・・。
instagramで「このはな彩」の写真を見て、千種区からわざわざ来たという若い男性も投票に参加してくれました。さて、どんな結果が出るか楽しみです。

Dsc07872800pnnn
1⃣Dsc078841200tpnnn
2⃣Dsc078821200tpnnn
3⃣Dsc078801200tpnnn
4⃣Dsc078861200tpnnn
5⃣Dsc078851200tpnnn

 

さて、午後3時頃だったでしょうか。空に不思議な虹が・・・。こんな現象を見たのははじめてです。上空の氷の粒で光の干渉が起きているのでしょうか。メタセコイアの木立の中にある太陽の上の方に2本の虹色の帯がクッキリと見えています。タイミング良く写真に収めた方から画像をいただきました。

Image0-tanaka2800pnnnImage0-tanaka3800nnn

| | コメント (0)

2020/12/20

生路井の清掃、三丁公園にワンちゃん大集合

朝9時から近くに区長さんや近所に住む人たちが集まって、生路井の清掃をしました。生路井は「森井戸」とも呼ばれ、日本武尊にまつわる伝説が残っています。近くには生道井(いくじい)のブランドを持つ酒蔵もあります。昨年5月の清掃ではポンプで水を汲み出して井戸さらえをしましたが、今日は、井戸の回りの木々の剪定や落ち葉拾いをしました。私も掃除に参加して朝から清々しい気分になりました。ちなみに井戸の傍らにある祠は疫病から人々を守る御利益がありそうです。

Dsc07518800nnn
131957595_2881395278749135_2305122722440

 

三丁公園で開催された「みんな散歩が楽しくなるイベント第2弾」を覗いてきました。公園はワンちゃん大集合で賑わっていました。イベント会場では、地元野菜の販売や屋外のモニターを使ったペット防災講座が行われていました。犬と気持ちよく散歩したり公園で遊ぶためには、犬の躾も大切です。12月末には、地域住民によるドッグランの試行が始まる予定です。

Dsc07526800pnnn

Dsc07539800nnnDsc07542800nnn

Dsc07552800nnn

Dsc07528800pnnnDsc07561800tpnnn

Dsc07554800nnn

 

| | コメント (0)

2020/12/18

このはな彩2021

毎年恒例になった於大公園の「このはな彩(SAI)」が先週末から始まりました。昼間は陽光を受けてこのはな館が色とりどりの光で満たされます。夜は週末(金~日)の5時から8時まで、こんどは内側から外側に向けてライトアップ。公園の一角に光の舘が出現します。
窓のステンドグラスは公園で作業をされている方たちの創作です。オニバスや花菖蒲、椿や竹など公園の花木が巧みにあしらわれています。

Dsc07434800pnnn

Dsc07446800pnnnDsc07447800pnnn


Dsc07484800pnnn
Dsc07494800pnnn

 

今年は、1月31日まで実施(但し12月27日~1月4日は休止)します。
詳しくは、このはな彩/東浦町 (aichi-higashiura.lg.jp) をご覧ください。

Konohana-sai-20201211

| | コメント (0)

2020/12/06

伝統野菜の料理教室、外国の子どもたちへの学習支援、里山保全、空き家再生による若者の居場所づくり、公園にドッグランの設置など、週末の市民活動

土曜日、ラソ・プラザで伝統野菜を使った料理教室がありました。地元の伝統野菜の普及をはかる野菜ソムリエの高木幹夫さんと、NHKの「さらさらサラダ」のレギュラー料理人 田中稔さんがプロデュースする教室です。愛知県の高齢者地域コミュニティ参加促進事業でNPO法人 地域福祉サポートちたNPO法人 絆が企画しました。八名丸里芋を使ったお好み焼き、方領大根と八事五寸人参のビール漬け、ふきと油揚げの煮浸しなど、県内の伝統野菜を使った料理を作りました。

Toradvege-cooking20201205Dsc06979800pnnn
Dsc06982800pnnnDsc06987800pnnn
Dsc06990800pnnnDsc06999800pnnn
      128976955_378188723411395_65285472818874

 
午後からは、ラソ・プラザが、多文化共生ひがしうらによる子どもたちの学習支援の場になります。ブラジルが母国の子どもたちが国語と算数のドリルを使って勉強をしていました。

      Dsc07009800pnnn
Dsc07012800pnnnDsc07014800pnnn
Dsc07020800pnnnDsc07021800nnn

 

日曜日は、自然環境学習の森で草刈りをしました。水辺部会では毎月第1日曜日、第3土曜日、第3月曜日に定例の草刈りをしています。今日は天気にも恵まれて参加者が多め。竹灯篭の会や竹炭部会のメンバーも多く、それぞれの活動をしていました。

Dsc07058800tpnnnDsc07045800tpnnn
      Dsc07066800tpnnn
  Dsc070591200tpnnn

 
帰りがけに、若者の居場所「コミュニティギャラリー“イマドキ”」に寄って、リノベーションのお手伝い。今日は一階の土間の壁を塗り終えるのが目標です。コテを使って漆喰を塗りますが、ムラなく塗るのはなかなか大変です。

Imadoki20201206cDsc07077800tpnnn

 
三丁公園では、公園用地の一角でドッグランを試作中です。毎週有志が集まって草を刈って抜根し、荒地をならして、杭を打ちネットを張って、あと扉を付ければほぼ完成です。12月20日(日)には「みんな散歩が楽しくなるイベント 第2弾」で“ペットの防災対策について考える”、ちたまるメルマガ登録会、ペットの悩み相談会、チャリティーフリーマーケットなどが予定されています。

      Dsc07103800nnn
Dsc07083800tpnnnDsc07085800tpnnn
Dsc07091800pnnnDsc07095800pnnn

129104537_190758999262653_38983452548133 128982341_190759042595982_88404802262814

| | コメント (0)

2020/10/28

知多中部広域事務組合消防本部半田消防署競練会を於大公園プールで行いました。

半田市、阿久比町、武豊町、東浦町で構成する知多中部広域事務組合消防本部は、それぞれの支署対抗で、大規模地震を想定したさまざまな任務を隊員5人で遂行し、すべての任務を突破するまでの所要時間を競う競技を行っています。今年は、東浦町の於大公園プールを利用して競練会を実施しました。任務の内容は、①防火衣着装 ②基本結索 ③リヤカーの操縦 ④重量物の牽引 ⑤溺者の救出 ⑥要救助者の搬送 ⑦消火活動 です。

プールサイドなど水辺を使って行う競練会はこれが初めてだそうです。消火と救急搬送だけでなく、川や海への転落事故など水難救助も消防隊員の仕事の一つです。今年度購入したドローンも登場、上空から送られてくる画像で訓練の様子が手に取るようにわかります。

        Dsc05496800nnn
        Dsc05506800nnn
        Dsc05515800tnnn
        Dsc05517800nnn
        Dsc05502800nnn

| | コメント (0)

2020/10/04

自然環境学習の森で稲刈りをしました。来週は「やぎさんぽ」です。

自然環境学習の森 保全・育成の会の水辺部会では、毎年、無農薬で米を作っています。有志が集まって稲刈りをしました。今年は、稲穂の付き具合が良くないようです。倒れている稲も多く、きれいに刈り取るのが大変でした。刈った稲をハサ掛けして乾かしてから、脱穀・唐箕で風力選別します。さて今年は何kg穫れるでしょうか。

        Dsc04129800tpnnn
        120841799_813149389422802_60500138047346
        Dsc04141800tpnnn

 
お隣は、以前からここで営農されているプロの水田です。ちょうど隣も稲刈り作業中でした。

        Dsc04122800nnn

 

自然環境学習の森内の草地では、ヤギの「ポン吉」と「こい」が草刈り作業中でした。2頭ともマイペースでひたすら草を食べています。
10月11日(日)10時~12時には、ヤギ除草見学体験「やぎさんぽ」を予定しています。どなたでも参加できます。ヤギと散歩しながら写真を撮りませんか。カメラ持参で会いに来てください。

※10月11日のやぎさんぽは、台風接近のため延期となりました。

※延期になっていたやぎさんぽを10月25日(日)に実施します。カメラ持参でご参加ください。

        Dsc04147800nnn
        Dsc04159800tnnn
Yagisanpo20201011

| | コメント (2)

2020/07/30

青空が広がり、真夏の一日になりました。

そろそろ梅雨も終わり? 今日は、青空が広がり、蝉がけたたましく鳴いて、真夏の一日となりました。

20200730_153828800tpnnn

 

昼に於大公園を散歩。オニバス池では、スイレンが咲いて、オニバスのつぼみが膨らんできました。網で葉裏をこそげているのは、オニバスの葉が枯れないように葉の裏に付く藻を取っているのだそうです。オニバスの葉の上ではトンボが交尾をしています。水の中で我関せずとそっぽを向いてる蛙もいます。

Dsc01617800pnnn
Dsc01620800nnn
Dsc01616800nnn
Dsc016231200pnnn
Dsc016221200tnnn

 

中池と大池に流れ込むせせらぎが涼しげです。

Dsc01628800nnn
Dsc01630800pnnn
Dsc01632800nnn
Dsc01635800nnn
Dsc01638800nnn

 

中池に近くにあるアオギリとクスノキは、広島で被爆した親木から採れた種を育てたものだそうです。ちょうどアオギリが実をつけています。もうすぐ8月6日・9日、そして76年目の終戦の日が巡ってきます。

Dsc01640800pnnn
Dsc01641800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/18

雨上がりの午前

自然環境学習の森へ行ってきました。野生の栗が大きくなってきました。

        Dsc01316800nnn

隣の田んぼは農家の方が昔ながらのやり方で米を育てています。奥の方が“ゆめまつり”、手前の方が“あいちのかおり”だそうです。今年は日照が少ないので収量が減りそうとのこと。
いまどき、里山の湧き水をつかって米作りをしているところは町内でもここぐらいしかないかも知れません。曲がった畦、地形に合わせた不整形の田んぼの中には、タニシがいっぱいいます。

Dsc01321800nnnDsc01306800nnn

 
石浜の蛇子連の近くです。今朝雨がたくさん降ったせいで、まだ、道路に水がたくさん出ていました。

Dsc01337800nnnDsc01341800nnn

 
しばらくぶりに青空が見えます。海岸でレジャーをしている人もいます。対岸は高浜・刈谷です。川から運ばれてきた土砂で海は茶色に濁っています。

Dsc01378800nnnDsc01384800nnn

| | コメント (0)

2020/07/04

郡上八幡~清美 せせらぎ街道をドライブ

奥美濃の古い家並みのある街を歩きました。清流に恵まれたところですが生憎の雨です。以前あった酒蔵は酒の販売のみをしていました。ウスターソースを造っている味噌醤油屋さんがあります。食品サンプルをつくる店は家族連れで賑わっていました。古い中にも若者がやっているような雑貨屋やクラフトビールの店もあります。天気の良いときにゆっくり訪ねてみたいものです。

Dsc01047800nnnDsc01048800nnnDsc01049800nnnDsc01050800pnnnDsc010521200nnnDsc01055800nnnDsc01057800nnnDsc01059800pnnnDsc010641200nnnDsc01066800nnnDsc01068800nnnDsc01069800nnnDsc01072800tnnnDsc01073800tpnnnDsc01074600tpnnnDsc01076800nnn

 
ここから飛騨方面に向けて「せせらぎ街道」を走ってみました。春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の景色が楽しめる快適なドライブコースです。きれいな渓流に沿って緩やかな峠道が続く、なぜかしらとても気持ちの良い山道です。たまにある山小屋風のコーヒーショップ以外にほとんど人家はありません。道路脇や川に沿って所々にもみじの木が植えられていたりします。せせらぎには護岸のような目立った人工物はありません。
なぜ、この道は心地が良いのかふと考えてみました。人家がないせいでしょうか?護岸がないせいでしょうか?もみじの並木があるからでしょうか?なだらかな地形の明るい樹林地だからでしょうか? 理由はよくわかりませんが、一つ気になることがありました。それは、全線にわたって草が綺麗に刈ってあることです。(たまたまだったかも知れません。)それも、地面がむき出しになっているのではなく、まるで緑のターフのような刈り方です。
ひょっとすると適度に草刈りを施すことによって創られる美観もあるのではないかという感覚を持ちました。これまで、わたしたちのまちでも、どちらかというと交通安全のために、虫が出ないために、鬱陶しくないために草を刈るという感覚はありました。しかしながら、全部はできないにしても、エリアを決めて草丈を管理することによって付加価値をつくるという考え方があっても良いのではないかと思った次第です。これまで、自分が鈍かっただけと言われればそれまでなのですが。

 http://www.hidakiyomi.org/nature/drive/index.html
 http://www.gujomeiho.jp/sp/sightseeing1_9.html
 

| | コメント (0)

2020/06/08

日曜日の於大公園。プレーパークは6月6日から再開。

昨日の日曜日はよい天気でした。於大公園では、色とりどりの菖蒲が日の光を受けて輝いて見えます。水辺が恋しい季節になりました。遊具も使えるようになりました。

Dsc00806800pnnn
Dsc00800800pnnn
Dsc00813800pnnn
Dsc00854800nnn
Dsc00773800pnnn

 
於大公園のプレーパークも再開しました。プレーパークは、それぞれがやりたい遊びを創造する場です。密になり易いので工具はまだ使えません。プレーリーダーさんがこんなアジトを建ててみたいと空想を模型にしてしまいました。
午前中に遊びに来ていた子どもたちの多くは午後帰ったそうです。巣ごもりが続いたので疲れやすくなっちゃったかなあとプレーリーダーさんがつぶやいていました。
入口近くのクルミの木にはもう実がついています。

Dsc00823800nnn
Dsc00825800nnn
Dsc008301000pnnn
Dsc00836800nnn
Dsc00844800nnn

 
このはな館は6月16日から利用を再開します。
於大公園の施設の利用についてはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧