ため池・水辺

2019/03/21

少年野球チームの皆さんと厄松池のごみ拾いをしました。

朝早くから本降りでしたが、次第に小降りになって、9時頃には雨が止みました。
ホワイトベアーズ(中学生の軟式野球チーム)の皆さんと厄松池の掃除をしました。池の中の倒木(台風21号で倒れた柳の大木の残骸)も片付けようとしましたが、ヘドロが深くて取りきれません。
午後から、中学生たちは自然環境学習の森まで走って行って、伐採した竹木の搬出作業。トレーニングを兼ねて、一日がかりのボランティア活動をしてくれました。彼らの体力に脱帽。
 Dsc_6863800n 54433219_387737108724601_777775546887254

| | コメント (0)

2019/02/24

水の抜けた佐布里池を見てきました。

池の水の抜けた佐布里池に行ってみました。佐布里池ができる前の湖底の地形を見ることができます。水はほぼ抜けていますが、大きな貯水池だけあって、ところどころにまだ生き物がいそうな大きな水たまりが残っています。
佐布里池はアースダム(土の堰堤)で谷をせき止めて造った愛知用水の工業用水のための貯水池です。愛知県企業庁が堤体の耐震補強工事を行うために水を抜きました。
数日前にテレビ東京の「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」のメンバーとボランティアが入って掻い堀りの収録をした模様ですが、まだ完了していないかも??しれません。

Dsc03572800n

Dsc03568800n

Dsc03554800n

堰堤を貯水池の側から見たところです。白いテントのあたりで収録したか??

Dsc03579800n

堰堤を下流部脇から見たところです。

Dsc03565800n

佐布里池の掻い掘りに先立つ昨年11月に、規模は違いますが、東浦町の於大公園の中のため池でもテレビ東京が「池の水ぜんぶ抜く大作戦」の収録をしています。掻い堀りの様子はこちらをご覧ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/02

自然環境学習の森で、各部会が共同作業で竹運びをしました。

朝早くから、なんだこりゃ~。屋根の上から巨大な物体が!!
小学校に行ったら、丁度片付けるところでした。
毎年有志の方たちが続けている生路小学校の気球体験です。

Dsc03062800pn_2

Dsc03065800pn

 

今日は公務がないので、本当に久し振りに自然環境学習の森の保全作業に参加しました。以前は、入り込めなかった竹藪の伐採が進み、広葉樹の樹林地に変わったところや、傘をさして歩けるくらいに明るくなったところが目に見えて増えてきました。
でも、林の中にはあちこちに切り倒した竹が積んであります。それらをみんなで運んで、チッパーで粉砕したり、ポーラス炭に変えたりする作業です。朝から良い汗かきました。皆さんお疲れ様でした。

Dsc03095800pn

Dsc03092800n

Dsc03093800n

Dsc03104640n

Dsc03141800n

 

自然環境学習の森の竹灯篭の会では、イルミネーションで使ったキャンドルを回収して、ロウを溶かし、トイレットペーパーの芯を使った型に流し込んで、キャンドルを再生する作業をしています。もうしばらくすると於大まつりの季節がやってきます。キャンドルたちは前夜祭の竹灯篭宵まつりで大活躍してくれることでしょう。
作業の後の森のカフェでのコーヒーはまたひと味違います。

Dsc03112800n

Dsc03132800n

Dsc03125800n

Dsc03129800n

Dsc031401000n

 

自然環境学習の森では、今、県の保全事業として作業用の通路を再整備しています。チッパーの移動は容易になるし、遊歩道としても活かせます。

Dsc03116800n

 

自然環境学習の森の湿地を縫うように小さな流れがあります。この流れが下流の水田を潤しています。この少し上流では清水が湧いています。
今日は暖かいので、キラキラと、まるで“春の小川”のよう。

Dsc03113800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/24

切池の水を抜いています。

生路児童館のとなりにある切池の水を抜いています。
池に水漏れが見つかっており、堤体の改修工事を行います。

Dsc02820800n

下の写真中央のごみステーションのあたりからジクジクと水が湧いていて、地域からも指摘をいただいていました。調査した結果、耐震も含めて改修することになりました。工事としては、堤体背面と前面を補強しなおします。堤体のコアはいじりません。

Dsc02822800n

池にはコイやフナやモツゴなどがいたそうです。自然観察会の方に立ち会ってもらって、泉ヶ池へ移したそうです。
切池は平成になってから一度浚渫をしているので、その後人為的に魚が入れられたものと思います。ヘラブナもいたそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/18

「池の水ぜんぶ抜く大作戦」で、池の掻い掘りをしました。

12月9日(日)にテレビ愛知の「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の放送がありました。その中で、於大公園内の農業用ため池「下蛭藻池」の池干しが放映されました。

それに先立つ、11月18日(日)に番組でお馴染みの静岡大学の加藤英明先生とAKB48の大家志津香さん、ボランティアの静岡大生、名城大生、それに役場若手職員を含む東浦のボランティアが加わって、あらかじめ水を抜いておいた池の掻い掘りが行われました。

於大公園は朝から大賑わいで、周辺道路では渋滞もあったそうです。人気TV番組への感心の高さが伺えます。役場の方は、事前にTV局から「広報やホームページ、SNSで公表しないでください」と言われていたので、小学生や保育園児の家庭向けに掻い掘りがあることをお知らせしただけなのに、口コミが回り回ってまちじゅうの人が知っていたのには驚きました。現地に来ていた東海市の家族連れに「どこで聞きましたか?」と尋ねたところ「大府市の友人から聞いた」とのこと。普段、行政は、住民向けに、今後の計画や検討過程を様々な媒体を使って一生懸命にお知らせしているつもりなのに、「そんなことは聞いていない」「隠していたのか」と叱られることが度々あります。伝わっていない以上、伝える側に問題があったと言われればそれまでですが、伝える情報の興味・関心によって、如何に伝わり方が違うかをつくづく感じました。

 Dsc012448000n Dsc012471000n
 Dsc012571000n Dsc01306400n

ところで、池の掻い掘りですが、問題の獰猛な外来種 アリゲーターガーフィッシュは見つかりませんでした。見つからなかったからと言って“がっかり”ではなく、加藤先生から「いなくて良かった」と安全宣言があって“めでたしめでたし”。ミシシッピアカミミガメやブラックバス、ブルーギル、アメリカザリガニやカダヤシなど他の外来種も予想外に少なめでした。もちろんたくさんのコイやフナ、モツゴ、それからウナギ、大きなドブガイもいましたが、これまで町内の池の掻い掘りやった経験からすると、池の規模の割に生き物の種類と数が少なめだったとような気がします。メダカとドジョウはいませんでした。コイは古くから日本に定着した外来種ですが、繁殖力が強い上に何でも食べるので、生態系を貧弱にする原因となります。加藤先生によれば、黒いコイを取り除いて、色のある緋鯉を残しておけば、目立って鳥などに捕食されやすいので個体数が増えすぎることはないだろうとのことでした。朝から夕方まで、泥まみれになって魚採りをされた皆さん、お疲れ様でした。
最後に加藤先生から、池で捕れた生き物について解説がありました。生け簀の前に幾重にも集まった子どもたちからは質問の嵐。さすが子どもたちは生き物に興味津々です。この元気な好奇心をあらゆるものに対して持ち続けて欲しいと思います。
この番組に対して、動物愛護の観点からや、番組のタイトルの付け方への批判があると聞きますが、TV番組にありがちな奇をてらう訳ではなく、池の生態系を救うスタンスには、私は好感を持てました。

来年早々には、今度は愛知県の堤体改修工事に合わせて知多市の佐布里池の掻い掘りをするそうです。佐布里池は総貯水量350万トンもある愛知用水の貯水池。過去最大規模の「池の水を抜く」になりそうです。

※掻い掘り当日の様子は、於大公園を紹介する地元の方のサイトにも掲載されています。
 →https://blog.goo.ne.jp/odai_ogawa/e/739bab1394b3610607cdd45ce48a73a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

堀川で水辺を楽しみました。

45880205_1964552016958250_1866272_2

ほりサップ Big SUP ツアーに参加。堀川をSUP(Stand Up Paddle)で探検しようというイベントです。
SUP以外にも、ベネチアから取り寄せた本物のゴンドラが動いています。

Dsc008061000tpn

 
堀川沿いの材木屋さんに集合しました。材木屋さんの地階には江戸時代の石垣が残っています。岸から一段上がった車道から階段を降りると、そこは堀川に通ずる窓。昔はここから木材の搬出入をしていたのでしょうか。

Dsc00813800n Dsc00937800n
Dsc00941800n

 
SUPに乗って、街を眺めながら川面を散歩します。ちょうど夕暮れ時の都会の光の変化、音の変化、風の変化、匂いの変化を感じることができました。
せっかくの水辺、堀川を名古屋のまちづくりにもっと活かしたいものですね。

Dsc00817800n

Dsc00846800tpn

Dsc00853800n

Dsc00875800n

Dsc00901800pn

Dsc00902800n

Dsc00907800pn

Dsc00918800pn

45745892_1964489783631140_251922753

45752098_1964490020297783_676822441

 
ちょうど、近くの円頓寺商店街ではパリ祭の最中。最近元気な界隈です。街歩きをしながら2軒ほどハシゴしました。

Dsc00815800n

Dsc00934800pn

Dsc00933800tn

Dsc00949800n

Dsc00958800n

Dsc00951600n

Dsc00953800pn

Dsc00956800n

Dsc00947800n

Dsc00962800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/06

一晩経ってみると、あちこちに台風の爪痕が。

台風が過ぎ去ったあと、昨朝の様子です。

看板や樹木の倒壊は多数。厄松池では樹齢百年はあったであろう柳の巨木が根元から折れて池に倒れ込んでいます。この木は厄松池のシンボル的な存在だっただけに残念です。泉ヶ池の畔では桐の木が道路を塞いで、撤去作業をしています。
このほか町内では、空き家や倉庫などの損壊もありました。
公共施設の屋根などにも被害がでていて、詳しく調査中です。

Dsc08836800

 Dsc08849800 Dsc08857800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/22

厄松池の草刈りと掃除をしました。

今日も朝から良い天気。暑い一日となりました。

8時から厄松池の草刈りと掃除をしました。背の高さほど生い茂った草を刈って、少年野球チームの中学生たちが運び出してくれます。今日は無理をせずにほどほどの所で作業を切り上げました。

 Dsc_6713800 Dsc_6711800
 Dsc_6718800 Dsc_6734800
 Img_7421ct800 Img_7436ct800
 Img_7656ct800 Img_7862ct800

中学生たちは、このあと自然環境学習の森まで歩いて、伐採した竹の搬出作業をしました。すごい体力です。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/18

7月20日に於大プールがオープンします。

於大公園のプールの安全祈願をしました。担当の職員一同と監視員が参列して、となりの乾坤院の住職に祈願をお願いしました。
プールは7月20日(金)からのオープンです。今年も水中宝探しを予定しています。毎日暑い日が続いています。ぜひ水遊びに来てください。
今年の夏休みは、う・ら・ら小中学生10円乗車体験キャンペーンを行っています。ぜひ、う・ら・らもご利用ください。

37295142_2229187947096792_601289567

プールは7月20日(金)からのオープンです。今年も水中宝探しを予定しています。毎日暑い日が続いています。ぜひ水遊びに来てください。
今年の夏休みは、う・ら・ら小中学生10円乗車体験キャンペーンを行っています。ぜひ、う・ら・らもご利用ください。

Odaipool20180720_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

参加者募集!厄松池の掃除と草刈り

毎年「ため池を守る会」のメンバーと中学生野球チーム「ホワイトベアーズ」が一緒に厄松池の清掃活動を行っています。ご近所の皆さんもお気軽にご参加ください。(当日は猛暑が予想されます。ご参加は無理のない範囲で。)

 日時: 7月22日(日) 9時から2時間程度
 場所: 厄松池(生路老人憩の家となり)
 持ち物: 軍手、汚れてもいい服装

※写真は昨年の掃除の様子です。「ため池を守る会」は東浦町アダプトプログラムに登録しています。

Dsc01310_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧