ため池・水辺

2017/08/21

第32回名古屋市近隣懇

第32回名古屋市近隣市町村長懇談会に出席しました。10月にまちびらきをするささしまライブ24地区を会場に、講演と事例発表、愛知大学名古屋キャンパス見学と中川運河の船上見学の後に懇親会をしました。名古屋市は中川運河と名古屋港を結ぶ水上交通の整備を考えています。

名古屋市近隣懇は、毎年この時期に名古屋市周辺自治体が集まる懇談会で、前回は緑区有松、第30回は豊田市足助地区、第29回は名古屋大学減災館から堀川と名古屋港、第28回は名古屋城本丸御殿が会場になりました。

今回は、愛知大学経済学部の辻隆司教授が「学生の活躍と域学連携:地域実践教育の実際と課題」と題して講演、その後、各自治体から「圏域における学生の活躍と大学連携」について事例発表。辻教授からはクリエイティブな活動が行われている事例として北九州のリノベーションスクールの紹介がありました。名古屋市からは自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例を圏域の自治体で制定しようとの呼びかけがありました。

 Dsc05940_800x600 Dsc05948_800x600
 Dsc05942_800x600 Dsc05944_800x600

Dsc05960_800x599

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/07/30

大沼池のコバルトブルーの不思議

志賀高原に行った時の写真です。
久し振りに、軽いスポーツやハイキングをしました。

 P1030616_640x480 Dsc_5970_800x600
 Dsc_5985_640x480 Dsc_5998_640x480
 P1030637_640x480 P1030640_800x600

 

大沼池までハイキングをしました。以前は志賀山から下るコースを歩きましたが、今回は大沼池入口の清水公園から片道約90分のピストンコースです。

 Dsc_6033_800x600 Dsc04941_800x600

大沼池は大蛇伝説の伝わる志賀高原最大の湖。志賀山の噴火の際に溶岩で堰き止められてできた周囲約5km、水深26mの湖で、海抜約1700mの高所にあります。湖水はpH4の酸性で、魚はいません。舐めてみましたが、酸っぱくはありません。透明度が高く、神秘的な深い青色をしています。青い色の原因は銅イオン(Cu2+)によるものではなく、水と水中の微細な懸濁物質によるものと考えられるようです。

 Dsc04933_800x600 Dsc04814_800x600
 Dsc04851_800x600 Dsc04855_800x600
 Dsc04866_800x600 Dsc04868_800x600
 Dsc04897_800x600 Dsc04804_800x600

 

志賀高原の帰りに寄った松代の市街地近くの温泉。ちょっと塩分と鉄味のあるシュワッシュワッのサイダーのようなお湯です。ちょうど良い湯加減で地面から湧きたての炭酸水に入ることができます。湧き出てすぐの内湯は透明、露天風呂は鉄分の酸化が進んでFe3+の茶褐色。不思議な色の変化を見ることができます。
元々旅館でしたが、今は日帰り入浴のみ。風変りなので、地元の人に加えて遠くからわざわざ入りに来る人も多いようです。

 Dsc04963_1280x960 Dsc04961_1280x959
 Dsc04966_800x600 Dsc04965_800x601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

景観「まちの絵」コンテスト の作品募集中!

東浦町では、町の持つ自然、歴史や文化などの魅力を活かした、景観まちづくりを目指しています。
昨年度は、「東浦のわたしのまちの好きな場所」をテーマとして200点を超える応募がありました。今年度も引き続き、東浦町景観「まちの絵」コンテストを開催します。
本町では、現在、「東浦町景観計画」に位置付けられた、重点区域候補地区の一つである明徳寺川周辺の景観を中心に、景観まちづくり委員会において議論を重ねているところです。そこで、より多くの方と明徳寺川周辺の景観を共感したいため、明徳寺川周辺の景観についてをテーマとします。
遠くから明徳寺川を見る景観や明徳寺川付近の景観など、さまざまな視点からの絵を描いてみませんか。たくさんの応募をお待ちしております。募集は9月1日までです。

詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1500342863348.htmlをごらんください。

Machinoeboshuu20170715a

Machinoeboshuu20170715b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

藤江小学校区で地下トンネル探検

雨で延期になっていた「ワクワク!ハラハラ!地下トンネル探検会」に行ってきました。
ここは藤江地区の須賀川のの支流。道路の下にコンクリートのボックスが埋設してあります。集水域が30haほどの水路です。

その中に、マンホールから潜入。中は真っ暗。大人がかがんで歩けるくらいの高さです。
 Dsc03929_800x602 Dsc03956_800x600

入ったところで、藤江小学校の方から流れてくる水路と合流しています。
 Dsc03954_800x600_2 Dsc03972_800x600

床が結構滑るので段差には注意。
 Dsc03969_800x600 Dsc03973_800x600

途中のマンホールからは、酸欠にならないように念のため送風機で空気を送り込んでいます。
 Dsc03947_800x600 Dsc03977_800x600

暗渠の中に、ミシシッピアカミミガメとイシガメが居ました。

18622780_518868801837385_41712192_2

満水時に支線の水路に雨水が逆流しないように、逆止弁のついているところがあります。
 Dsc03974_800x600 Dsc03981_800x600

やがて出口が見えてきました。Dsc03983_800x600
そして、須賀川にぽっかり出ることができました。
 Dsc03986_800x600 Dsc03991_800x600

小学校に戻って、土木課から、参加した親子に、水路、河川、治水について説明です。
 Dsc04003_800x600 Dsc04005_800x600

地下トンネル探検会は、これが3回目。昨年は卯ノ里小学校区で行いました。

子どもたちは、昔は地上を流れていた小川が、今は道路の下を通っていたりすることを知らないと思います。そんなわけで、水路がどうなっているのか、防災や役場の仕事について知ってもらうことも含めて企画しました。
初めは、わざわざ危険個所を教えるなんてと、反対論もあったのですが、むしろ、隠しきれないものを隠すよりも、危険性も含めてきちんと正しい知識を教えるべきだと思います。それにちょっぴりスリルと好奇心を添えて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

「清流長良川流域の生き物・生活・産業」連続講座 Vol.4 『水は賢く大切に使う時代が来た!』 のご案内

愛知県が、第4回「清流長良川流域の生き物・生活・産業」連続講座 『水は賢く大切に使う時代が来た!』の参加者を募集しています。内容は下記の通りです。

日時: 平成29年5月28日(日)13時30分 ~16時30分

会場: 愛知大学 名古屋キャンパス 講義棟 7階 L705
     (名古屋市中村区平池町4-60-6)

テーマ: 水は賢く大切に使う時代が来た!
      愛知県の新たな水需要のプラン

内容: 
  第1部 「私たちは長良川をどう使ってきたのか」  13時30分 ~ 15時20分
       ~水の賢い使い方(Wise Use)~

   講演1 「愛知県民(名古屋市も含む)の市民生活と水道水、長良川河口堰の役割」
         富樫 幸一 氏 (岐阜大学地域科学部教授)

   講演2 「水まわりの住宅設備の節水化と水使用量変化」
         豊貞 佳奈子 氏 (福岡女子大学国際文理学部環境科学科准教授)

   講演3 「渇水と付き合う知恵(取水制限という知恵)」
         蔵治 光一郎 氏 (東京大学大学院農業生命科学研究科教授)

  第2部 パネルディスカッション              15時30分 ~ 16時30分
    コーディネーター : 小島 敏郎 氏
            (元青山学院大学国際政治経済学部教授/愛知県政策顧問)
    出演者 : 富樫 幸一 氏 、豊貞 佳奈子 氏 、蔵治 光一郎 氏

   総合司会 : 原田 さとみ 氏 (エシカル・ペネロープ(株)代表)

詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tochimizu/nagara-kouza4-moushikomi.html

Mizuhakasikoku20170528a

Mizuhakasikoku20170528b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/02

春を感じる暖かい一日でした。

21名の新入団員を迎え、消防団入団式を挙行しました。
消防団は、火災をはじめ各種災害から住民の生命、財産を守る崇高な使命を持ち、また、地域の消防・防災の要として重要な役割を担っています。消防団の皆さんには、消防団員としての自覚と誇りを持って、日頃から訓練に励み、住民が安心して暮らせるようご尽力をお願いいたします。町としては、地域に密着した消防活動が行えるよう、消防施設や装備等の充実を図るなど、消防団のさらなる強化に向けて取り組んでまいります。

Img_3972_800x400 

ガールスカウトの入団式・フライアップ式に出席しました。
スカウトの皆さんには、野外活動や奉仕活動を通じて、実際に行動することによって、自然と関わり、人と関わり、社会と関わり、自律した個人として生きる力を身に着けて欲しいと思います。皆さんの成長を願っています。町や地域に対して、積極的なご意見やご参加をいただければと思います。

Img_3996_800x382

Img_4001_800x311 

役場正面の淡墨桜がほぼ満開。でも、昨年も枝が枯れるなど、ちょっと元気がないのです。何が原因なのでしょうか。ストレスかなあ。
がんばれ!淡墨桜!

 Dsc01539_800x600 Dsc01547_800x600

役場西側のソメイヨシノは、まだつぼみ。今年はサクラの開花が遅いです。
土手に並んでいるぼんぼりは、於大のみちの八重桜のライトアップ用です。

Dsc01535_800x600 

きょうはポカポカ日和(きのうは寒かったけど)。明徳寺川の川筋もすっかり春めいてきました。
亀が甲羅干しをしています。(残念ながらみんなミシシッピアカミミガメのようです。)

 Dsc01601_800x600 Dsc01531_800x600
 

自然環境学習の森にも、春の訪れが・・・。これから、草刈りが大変です。

 Dsc01553_800x600 Dsc01573_800x600
 Dsc01574_800x600 Dsc01579_800x600
              Dsc01583_800x600

自然環境学習の森では、竹灯篭の会の皆さんが作業中。
於大まつりの前夜祭「竹灯篭宵まつり」に使う竹の加工が急ピッチで進んでいます。きょうは、竹灯篭の会のホームページを見つけて、飛び入りでボランティアに参加した若い方たちががんばってくれました。

 Dsc01556_800x600 Dsc01557_800x600
 Dsc01558_800x600 Dsc01560_800x600
 Dsc01561_800x600 Dsc01571_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/12

海岸堤防の耐震補強工事

いま、石浜の海岸で、愛知県による堤防の耐震補強工事が行われています。平成28年度は約1億5000万円をかけて豆搗川河口部の80mを対象とします。堤防の両端に長さ19mの鉄製の矢板を打ち込んで堤防基部の液状化を防止する工事です。

P1280841_600x800

P1280828_800x600

P1280832_800x600
平成27年度は、約1億4300万円で55mの区間を施工しました。堤防全体からすれば僅かですが、毎年少しずつ工事が進んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/09

長良川河口堰最適運用委員会が作った冊子『166キロの清流をとり戻すために』

愛知県が委嘱した有識者委員会「長良川河口堰最適運用委員会」が『166キロの清流をとり戻すために まずは長良川河口堰の「プチ開門」を実現しましょう という開門調査を訴える冊子をつくりました。
「過剰な水資源開発への反省」など、辛口の見出しが並んでいます。
県のホームページから、ダウンロードできます。
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tochimizu/nagara-sasshi.html

冊子は、返信用封筒に、〒住所・氏名を明記のうえ送料(1冊 215円)分の切手を貼って郵送すれば、無料で入手可能とのこと。

冊子の中で、知多半島の水道水についてのキモの部分です。→http://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/221891.pdf

 Nagaragawakakouzekiunyousaitekika20 Nagaragawakakouzekiunyousaitekika_2

 Nagaragawakakouzekiunyousaitekika_3 Nagaragawakakouzekiunyousaitekika_4

この部分には、平成23年6月23日に開かれた第2回 公開ヒアリングでの私の意見が反映されているのだと思います。
  →第2回 公開ヒアリング会議録(神谷意見発表p10~p14、質疑P19~p21)
  →第2回 公開ヒアリング資料(神谷意見発表)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/10/15

秋めいてきた自然環境学習の森。稲刈りをしました。

自然環境学習の森に行く途中。街路樹のアメリカフウの木。もう色づいています。

P1260399_800x600

 

自然環境学習の森で黄金色に実った稲を刈りました。もうすぐ完了。これだけ刈り残してあるんだけど・・・バッタ君たちまだいます。

 P1260417_800x600 P1260424_800x600
 P1260445_800x600 P1260462_800x600
 P1260475_800x600 P1260502_800x600_2
 P1260516_800x598 P1260440_800x600_2

 

竹灯篭の会の皆さんは、今晩、常滑市大野町 古今散策で企画しているともしびコンサートの準備。午後3時に竹灯篭やロウソクを積み出して大野に向かうそうです。いまやロウソクは、自家でリサイクルしています。

 P1260536_640x480 P1260534_800x600

 

里山も少しずつ秋めいてきました。

 P1260404_800x598 P1260400_800x600
 P1260519_800x600 P1260528_800x600

 

常滑 大野の「ともしびコンサート」のイルミネーション。東浦の竹灯篭の会の皆さんがつくった光のサークルです。
界隈でやっているキャンドルナイトライブにも行ってきました。

 P1260542_800x600 14720350_1464204493595145_238069201
 14657416_1464205020261759_466939330 14639839_1464204683595126_276669399
14570272_1464204916928436_568334627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/26

「里山を知ろう! in イオンモール東浦」 のご案内

東浦町自然環境学習の森で活動している5つの団体が、里山を紹介するイベントを開催します。

 8月28日(日) 10時から15時まで
 イオンモール東浦 2階 イオンホールにて

於大まつりの前夜祭「竹灯篭宵まつり」を再現したり、保全活動で作成した竹炭の展示、森の生き物を紹介する写真展、森で採取したものを使った工作などを行います。
 • 活動の開始から現在までの姿を写真で見ると…
 • 伐採木の有効活用 鉛筆立て、コースターづくり体験
 • 命のリレー~たえまなく続け~パネル・写真展
 • 「学習の森」の竹の活用(於大まつり前夜祭再現)
 • 竹炭部会の活動紹介 竹炭・竹酢液などの展示、熊本地震の募金

ぜひ遊びに来てください。

詳しくは、こちら。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kankyo/kankyohozen/event/1471925709537.html

Satoyama_in_eaon_20160828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧