ため池・水辺

2020/07/30

青空が広がり、真夏の一日になりました。

そろそろ梅雨も終わり? 今日は、青空が広がり、蝉がけたたましく鳴いて、真夏の一日となりました。

20200730_153828800tpnnn

 

昼に於大公園を散歩。オニバス池では、スイレンが咲いて、オニバスのつぼみが膨らんできました。網で葉裏をこそげているのは、オニバスの葉が枯れないように葉の裏に付く藻を取っているのだそうです。オニバスの葉の上ではトンボが交尾をしています。水の中で我関せずとそっぽを向いてる蛙もいます。

Dsc01617800pnnn
Dsc01620800nnn
Dsc01616800nnn
Dsc016231200pnnn
Dsc016221200tnnn

 

中池と大池に流れ込むせせらぎが涼しげです。

Dsc01628800nnn
Dsc01630800pnnn
Dsc01632800nnn
Dsc01635800nnn
Dsc01638800nnn

 

中池に近くにあるアオギリとクスノキは、広島で被爆した親木から採れた種を育てたものだそうです。ちょうどアオギリが実をつけています。もうすぐ8月6日・9日、そして76年目の終戦の日が巡ってきます。

Dsc01640800pnnn
Dsc01641800pnnn

 

| | コメント (0)

2020/07/18

雨上がりの午前

自然環境学習の森へ行ってきました。野生の栗が大きくなってきました。

        Dsc01316800nnn

隣の田んぼは農家の方が昔ながらのやり方で米を育てています。奥の方が“ゆめまつり”、手前の方が“あいちのかおり”だそうです。今年は日照が少ないので収量が減りそうとのこと。
いまどき、里山の湧き水をつかって米作りをしているところは町内でもここぐらいしかないかも知れません。曲がった畦、地形に合わせた不整形の田んぼの中には、タニシがいっぱいいます。

Dsc01321800nnnDsc01306800nnn

 
石浜の蛇子連の近くです。今朝雨がたくさん降ったせいで、まだ、道路に水がたくさん出ていました。

Dsc01337800nnnDsc01341800nnn

 
しばらくぶりに青空が見えます。海岸でレジャーをしている人もいます。対岸は高浜・刈谷です。川から運ばれてきた土砂で海は茶色に濁っています。

Dsc01378800nnnDsc01384800nnn

| | コメント (0)

2020/07/04

郡上八幡~清美 せせらぎ街道をドライブ

奥美濃の古い家並みのある街を歩きました。清流に恵まれたところですが生憎の雨です。以前あった酒蔵は酒の販売のみをしていました。ウスターソースを造っている味噌醤油屋さんがあります。食品サンプルをつくる店は家族連れで賑わっていました。古い中にも若者がやっているような雑貨屋やクラフトビールの店もあります。天気の良いときにゆっくり訪ねてみたいものです。

Dsc01047800nnnDsc01048800nnnDsc01049800nnnDsc01050800pnnnDsc010521200nnnDsc01055800nnnDsc01057800nnnDsc01059800pnnnDsc010641200nnnDsc01066800nnnDsc01068800nnnDsc01069800nnnDsc01072800tnnnDsc01073800tpnnnDsc01074600tpnnnDsc01076800nnn

 
ここから飛騨方面に向けて「せせらぎ街道」を走ってみました。春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の景色が楽しめる快適なドライブコースです。きれいな渓流に沿って緩やかな峠道が続く、なぜかしらとても気持ちの良い山道です。たまにある山小屋風のコーヒーショップ以外にほとんど人家はありません。道路脇や川に沿って所々にもみじの木が植えられていたりします。せせらぎには護岸のような目立った人工物はありません。
なぜ、この道は心地が良いのかふと考えてみました。人家がないせいでしょうか?護岸がないせいでしょうか?もみじの並木があるからでしょうか?なだらかな地形の明るい樹林地だからでしょうか? 理由はよくわかりませんが、一つ気になることがありました。それは、全線にわたって草が綺麗に刈ってあることです。(たまたまだったかも知れません。)それも、地面がむき出しになっているのではなく、まるで緑のターフのような刈り方です。
ひょっとすると適度に草刈りを施すことによって創られる美観もあるのではないかという感覚を持ちました。これまで、わたしたちのまちでも、どちらかというと交通安全のために、虫が出ないために、鬱陶しくないために草を刈るという感覚はありました。しかしながら、全部はできないにしても、エリアを決めて草丈を管理することによって付加価値をつくるという考え方があっても良いのではないかと思った次第です。これまで、自分が鈍かっただけと言われればそれまでなのですが。

 http://www.hidakiyomi.org/nature/drive/index.html
 http://www.gujomeiho.jp/sp/sightseeing1_9.html
 

| | コメント (0)

2020/06/08

日曜日の於大公園。プレーパークは6月6日から再開。

昨日の日曜日はよい天気でした。於大公園では、色とりどりの菖蒲が日の光を受けて輝いて見えます。水辺が恋しい季節になりました。遊具も使えるようになりました。

Dsc00806800pnnn
Dsc00800800pnnn
Dsc00813800pnnn
Dsc00854800nnn
Dsc00773800pnnn

 
於大公園のプレーパークも再開しました。プレーパークは、それぞれがやりたい遊びを創造する場です。密になり易いので工具はまだ使えません。プレーリーダーさんがこんなアジトを建ててみたいと空想を模型にしてしまいました。
午前中に遊びに来ていた子どもたちの多くは午後帰ったそうです。巣ごもりが続いたので疲れやすくなっちゃったかなあとプレーリーダーさんがつぶやいていました。
入口近くのクルミの木にはもう実がついています。

Dsc00823800nnn
Dsc00825800nnn
Dsc008301000pnnn
Dsc00836800nnn
Dsc00844800nnn

 
このはな館は6月16日から利用を再開します。
於大公園の施設の利用についてはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

2020/05/27

メダカとカダヤシ

メダカとカダヤシの違いがわかりますか?
共によく似た小型の淡水魚で、流れの緩やかな水面に近いところで日光浴をするように泳いでいるので区別するのは難しいです。

メダカは、日本のどこでも見られる淡水魚でしたが、今では田園地帯でもほとんど生息しておらず絶滅危惧種に選定されています。もともと小川や農業用水路と水田を行き来して暮らしている魚ですが、農薬や農業用水路のコンクリート張りや他の外来種の影響で激減したと言われています。ニホンメダカは北関東から若狭湾辺りを境にキタノメダカとミナミノメダカに大別されますが、もともと移動距離が短い種なので、生息する地域に固有の遺伝子を保持していると考えられるため、異なる地域のメダカを持ち込むことは生態系の上で好ましくないとされています。

カダヤシは、20世紀の初頭に北アメリカから持ち込まれた外来種です。ボウフラなどを補食するので、読んで字の如く「蚊を絶やす」ために移入され日本各地に広まりました。メダカに比べると水質を選ばず獰猛で繁殖力が強いので、いつの間にかメダカに置き換わっていきました。東浦の池や川でメダカらしき小魚を見つけてもほとんど全てがカダヤシと思って良いと思います。

最近、自然環境学習の森の中にある小さな池にもともと生息していないカダヤシが発見されたため、池の水を抜いて駆除しました。メダカだと思い込み、良かれと思って池に入れられたようです。たとえ本物のメダカでも、どこのメダカかわからないようなメダカを安易に移動することは感心しません。自然環境学習の森条例でも動植物の持ち込みは禁止されています。国の法律でも、カダヤシなどの特定外来生物の放流を禁止しており、懲役や罰金などの罰則規定が設けられています。
自然環境学習の森の奥に位置する2つの池で、ポンプを使って池の掻い掘りを行い、特定外来生物のカダヤシとウシガエル、緊急対策外来種のアメリカザリガニ、外来種のコイなどを捕獲、他には在来種のメダカ、ニホンイシガメ、マツモムシが獲れました。在来種は水路に帰しました。

Dsc00476800pnnnDsc00467800pnnn

池で獲れた小型の淡水魚。左下がメダカ、右下がカダヤシです。見分けられますか? 横から見たときのヒレの形目の周りで、識別できるそうですが、自然の中で泳いでいる状態で見分けるのは難しそうです。この写真では、上から見て背中に黒いスジがあるのがメダカ、ないのがカダヤシです。捕れたカダヤシの腹部がすでに大きくなっており、もう少し捕獲が遅れると手遅れになっているところでした。カダヤシはお腹の中で赤ちゃんを育てる卵胎生です。

Dsc00471800pnnnDsc00472800pnnn

| | コメント (0)

2020/05/23

オニバスの保護活動

東浦町は絶滅危惧種「オニバス」の自生地です。

於大公園ではオニバスを保護、栽培しています。東浦町ホームページに数年にわたるオニバスの育成の様子を写真と解説付きでアップしています。
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kurashi/koen/odaikoen/onibasuhogo/1454930958996.html

Onibasu20200518

 
オニバスは一年草で、毎年、採取した種子を発芽させ、オニバス池で成長させ、再び開花、結実させることにより、飛山池で自生していた種の保全を行っています。

日本産オニバスは、「レッドデータブックあいち2015」で絶滅危惧1.A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種)、国のレッドデータブックでも絶滅危惧2.類(絶滅の危険が増大している種)とランク付けされるなど、愛知県だけでなく全国的に自生地が激減し絶滅が危惧されています。
愛知県では、以前は各地で野生種と栽培種の生存が確認されていましたが、近年では減少しています。東浦町では、於大公園オニバス池で採取したオニバスの種子を飛山池に戻す活動を行っており、2014年に飛山池でオニバスの生育を確認しました。それ以後は、自然環境学習の森の新池で生育が確認されています。

夏には、大きなオニバスの葉を触ることもできる観察会を開いています。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/09/post-a54a.html

| | コメント (0)

2020/05/15

田植えが始まりました。

石浜田んぼの夕景です。水面に空を映しながら日が暮れていきます。午後7時から7時半頃までに撮った風景を時系列に並べました。

田んぼに水が張られ、もう苗が植わっているところもあります。このあたりのメジャーな品種では、コシヒカリ→ゆめまつり→あいちのかおり の順に田植えが始まるそうです。

Dsc002441000nnn
Dsc002451000nnn
Dsc002481000nnn
Dsc002731000nnn
Dsc002901000nnn

| | コメント (0)

2020/04/25

春の里山は萌葱色

自然環境学習の森で、草刈りと竹林整備をしました。人と接する外出は控えていますが、体力づくりとストレス解消のため、時間があれば自然の中を歩くことを心がけています。途中はどこへも寄らず、ひたすら歩くか一人でできる作業をします。

春の里山は萌葱色(もえぎいろ)の若葉が青空に映えて眩しいです。そんな中にも冬の名残があったり。10年ほど前に台風で倒れた桐の大木のあとには、また実生の桐が育ってしっかり紫色の花を咲かせています。生命の営みの中にいろいろな発見があります。

Dsc00051800pnnnDsc00001800tpnnn
Dsc00004800nnnDsc00046800nnn
Dsc09925800nnDsc00049800nnn
Dsc0000900nnnDsc09931800nn
Dsc09919800nnDsc09921800nn
Dsc09942800nnDsc09979800pnn
Dsc09988800nnDsc09991800pnn
          Dsc09996800nn

 
これも、自然環境学習の森にて。野の花たちが畦や道端に咲いています。

Dsc09949800tnnDsc00025800nnn
Dsc09957800nnDsc00040800nnn
Dsc09951800nnDsc00034800nnn
          Dsc09973800nn

 
今年はタケノコの当たり年。タケノコ掘りのイベントもできなかったのでタケノコが至るところでニョキニョキ出ています。掘らずに倒すだけでも大変です。

        Dsc09934800tpnn
Dsc09936800pnnDsc09939800nn

| | コメント (0)

2020/03/29

矢作川水系の発電所探訪

先週末に、勘八峡から矢作川を遡って矢作ダムの上流、長野県境近くまで行ってみました。
矢作川は、長野県下伊那郡平谷村(治部坂峠付近)の大川入山(1908m)に源を発し、上村川となり岐阜県恵那市(旧上矢作村)で愛知県最高峰の茶臼山(1416m)から流れ出る根羽川(上村川よりも規模は小さいが本流とされている)と合流、すぐに、設楽町に端を発し稲武町(現豊田市)を流れる名倉川と合流し、奥矢作湖(矢作ダム湖)に注ぎます。そして、しばらく愛知・岐阜県境を流れた後に豊田市内を流れ、下山、足助方面から来る巴川と合流、岡崎市に入り城下を流れる乙川と合流、西尾市と碧南市の境界で三河湾に注ぐ、全長122kmの一級河川です。西尾市を流れて旧一色町と旧吉良町の境で三河湾に注ぐ矢作古川は昔の本流で、現在の矢作川下流部は江戸時代に氾濫を防ぐために開削・分流されたものです。

矢作川は、電力消費地に近かったためか、大正から昭和初期にかけて多くの水力発電所が建設された歴史があります。私の祖父は電力会社に勤めていて、矢作川中流の百月(どうづき)発電所で電気技師として働いていました。私の母は発電所の裏手にあった社宅で生まれました。ですから、祖父の思い出の場として子どもの頃はよく矢作川の発電所に連れて行かれました。
本当に久し振りに、矢作川の発電所を最下流の越戸ダムから矢作ダムの貯水池が終わって岐阜県に入るところまで辿ってみました。

勘八峡は、矢作川が山から平地に出る所に位置します。ここに昭和4年(1929年)につくられたのが越戸ダムと越戸発電所です。ダムの高さは22.8m、長さ120m。川幅いっぱいに12門のゲートがある堂々としたコンクリート重力式ダムです。ここから600m下流に導水路で水を導いて発電をします。落差は約17m、使用水量は最大約62㎥/s、最大出力は9200kW。矢作川の古い発電所の中では大きな発電所です。昔の発電所は有人運転ですが、今では、越戸に矢作川水系の制御所があって、無人の発電所群をここで監視・制御しています。越戸ダムは、ダム建設以前からある農業用水(枝下用水)の取水口にもなっています。

Dsc09238800rnnDsc09242800pnn

 
越戸ダムのダム湖が終わり、矢作川の流れが見えてくるとちょっとした集落があります。ここは広瀬という所で夏には鮎採りの簗場ができます。名鉄三河線が廃止になりましたが、今でも線路と駅舎が残っていてバスターミナルの役目を果たしています。駅前には宿屋もあって昔の情緒が残っています。

Dsc091261000tnnDsc091431000nn

 
ここからしばらく上流に行くと阿摺ダムとダムのすぐ下流に阿摺発電所があります。落差約15m、使用水量約40㎥/s、最大出力4800kWの発電所です。通常の発電所によくある水車はフランシス式という反動水車ですが、ここは落差が低いのでカプラン水車というプロペラ型の水車を使用しています。堂々とした堰堤で落差を稼ぐダム水路式発電所に分類されていますが、阿摺ダムは堰堤の高さが15m未満なので河川法ではダムの定義からはずれます。ダムの脇にあるカスケード状の水路は魚道です。低いダムや堰には鮎の遡上など生き物の行き来のために魚道が造られています。

Dsc09145800nnDsc09149800nn

 
下流から3番目にあるのが、いよいよ百月発電所です。ここは上流の百月ダムと呼ばれる取水堰から、山の中に掘られた約3kmの導水トンネルで発電所の裏山の水槽に水を導き、河川勾配のために出来た落差で発電する水路式発電所です。落差は約25m、使用水量は約28㎥/s、最大出力は5700kWです。大正15年(1926年)に造られた発電所建屋は新しく建て替えられ、無人になって久しい社宅はすでに取り壊されていました。子どもの頃に祖父に連れてられて、「ちょっと覗かせてもらっていい?」と水が渦を巻く水槽も轟音を立てる横軸タービンが置かれた発電室も見せてもらった頃の面影はもうありませんでした。

Dsc09156800nnDsc09160800nn
Dsc09228800nnDsc09167800nn

百月ダムの左岸下流にある建屋は矢作第二発電所のものです。上流にある矢作第二ダムから取水、約8kmの導水トンネルを通って発電所の裏山の水槽に導かれた水で、落差約90m、使用水量約40㎥/s、最大出力31600kWの発電を行います。発電所の放流口から白い渦が出ていないことから運転はしていないようです。これは矢作ダム開発と同時期の昭和45年(1970年)に完成した矢作川では新しい発電所です。普段は旧来の発電所に発電を任せて、出水時や電力需要期に発電をするものと思われます。

        Dsc09169800nn

 
百月ダムのすぐ上流の笹戸温泉の集落にあるのが昭和10年(1935年)に完成した笹戸発電所です。発電所裏の緩やかな斜面に巨大な水圧鉄管が敷設されているのが特徴です。古い発電所にはなぜか桜並木があったりします。落差は約43m、使用水量約26㎥/s、最大出力は9400kWです。発電所の約5km上流にかわいい取水堰のある水路式発電所です。

Dsc09171800nnDsc09220800nn
        Dsc09212800nn

ここで、お気づきになったと思います。川は上流から支流を集めて次第に流量を増していきます。また、おおよそ上流の山間地は急勾配で下流になるにつれて流れが緩やかになるので、傾向として(大きなダム調整池式の発電所でない限り)、上流に行くほど少水量、高落差になります。

河原のキャンプ場はどこもテントがたくさん立っていました。ちょうど春のいい時期の連休で、なおかつ今は人混みや盛り場は避けなければならないので野外のキャンプはうってつけです。

        Dsc091681000tpnn

 
次は時瀬発電所です。落差約49m、使用水量17㎥/s、最大出力約7200kW。大正12年(1923年)に完成した古い発電所ですが、矢作ダムの建設に伴って取水堰が廃止されたため、現在は矢作ダム直下にある矢作第一発電所の1号機の放流水を直接4kmのトンネルで発電所上部の水槽に導いて発電を行っています。

        Dsc09210800nn

 
時瀬発電所の少し上流にあるのが矢作第二ダムです。昭和45年(1970年)完成、堤高38m、堤長149m、総貯水量435万㎥、有効貯水量91万㎥の重力式コンクリートダムです。重力式ダムは、最もポピュラーなコンクリートダムで、ダムの背面にかかる水圧をダムの重量で支えるタイプのダムです。ここで取水した水は8km下流の矢作第二発電所まで導水されます。矢作第二ダムは、すぐ上流にある矢作ダムの放流を緩和する逆調整池の役割を持っています。

Dsc09195800nnDsc09206800nn

 
矢作第二ダムのバックウォーターが終わるところにあるのが昭和45年(1970年)に完成した矢作川水系最大の矢作ダム。下流のダムが電力会社の発電用ダムとして建設されたのに対して、矢作ダムは、発電以外にや利水(上水、工業用水、灌漑)や治水の目的を持つ国土交通省が管理する多目的ダムです。堤高100m、堤長323m、堤体積30.5万㎥、総貯水量8000万㎥、有効貯水量6500万㎥のコンクリートアーチ式ダム。矢作ダム以前のアーチ式ダムは円弧式アーチだったのに対して、国内初の放物線アーチダムです。アーチ式ダムは、アーチの持つ力学的特性により水の力を両岸に伝える構造のため、コンクリートを薄く出来る特徴があります。ただし、両岸の岩盤が強固であることが条件となります。
矢作ダムの直下には昭和45年(1970年)完成の矢作第一発電所があります。落差は1号機が67m、2号機が77m、使用水量はそれぞれ17㎥/sと78㎥/sで、合わせて最大出力61200kWの(揚水式でない)一般水力としては矢作川水系最大のダム貯水池式発電所です。ここの運用は少し変わっていて、通常は1号機を運転し放流水を下流の時瀬発電所に送水して、必要なときに2号機も運転し放流水を直下の矢作第二ダムへ流す方式になっているようです。

Dsc09181800nnDsc09187800nn

 
矢作ダムによって生まれた貯水池を奥矢作湖と呼びます。この湖岸にあるのが昭和55年(1980年)に運転を開始した奥矢作第一発電所です。地下に造られた地味な発電所ですが、最大出力は桁違いの78万kWです。これは、落差404mもの高落差、そして使用水量234㎥/sという洪水並みの水を一気に落とす揚水式発電所だからです。
揚水式発電所とは夜間に、発電機をモーターとして、ポンプ兼用水車を回して、下部ダムの水を上部ダムに汲み上げることによって、原子力発電所などで発電される余剰の深夜電力を水の位置エネルギーとして蓄える巨大な電池のようなものです。川の自然流によるものではないので電力を生み出すことはしません。夜間に汲み上げた水を短時間大量に下部ダムに落として、夏場の電力需要ピーク時に電気エネルギーに戻す装置です。
ここ奥矢作発電所では、矢作川支流の名倉川上流にある標高約860mの黒田ダム貯水池を上部ダムとし、標高約290mの矢作ダムを下部ダム貯水池として、その標高差約570mの間に、奥矢作第一発電所(最大出力32万kW)と奥矢作第二発電所(78万kW)を二段縦列接続することによって、合計110万kWの原発1基並みの出力を誇っています。

Dsc09205800pnnDsc09204800nn

 
山襞に沿って曲がりくねる奥矢作湖岸の道を進むと、やがてダム湖が終わり矢作川の流れが復活します。まもなく左岸の山の遙か上から2本の水圧鉄管が見えてきます。落差約176m、使用水量3.9㎥/s、最大出力5600kW、大正12年(1823年)完成の真弓発電所です。この発電所は支流の名倉川上流から水を引いていて落差が高いので、高落差用のペルトン式水車を使用しています。構造はおもちゃの水車と同様さじのようなバケットにノズルから水圧をかけた水を勢いよくぶち当てる衝動水車です。放流口が川の水面よりも高いところにあるのですぐにわかります。取水堰は稲武の市街地のすぐ下流にある水路式の発電所です。

Dsc09198800pnnDsc09201800nn

 
このすぐ先が、名倉川と矢作川の合流点、そしてすぐ先に根羽川(矢作川)と上村川の合流点があります。合流点から根羽川に少し入ったところには大正11年(1922年)完成の押山発電所があります。落差123m、使用水量3.6㎥/s、最大出力3600kWの水路式発電所です。水圧鉄管が2本見えますが、向かって右側の細い方は水槽の余水を放流するためのものだと思います。

        Dsc09199800nn

 
すぐ近くの上村川に沿ったところには、大正9年(1920年)完成の下村発電所があります。落差約84m、使用水量6.7㎥/s、最大出力4700kWの歴史のある水路式発電所です。2本の水圧鉄管が立派ですが建物は手前の土手に隠れてよく見えません。

        Dsc09200800tnn

 
上村川本流には、これよりも上流に島発電所上村発電所平谷発電所があります。上村発電所は大正14年(1925年)に建設された矢作川で最も高落差(306m)の発電所です。最上流に建設された平谷発電所は平成8年(1996年)に完成した矢作川で最も新しい発電所です。平谷発電所の取水堰(ラバーダム)は、平谷村の市街地のすぐ下流の標高897m地点にあります。そこから、標高約40mの越戸発電所まで標高差約850mもの間にほとんど隙間無くダム(堰)と発電所が造られています。日本の水力発電に適した大きな川は、このように昭和の高度成長期までにほとんど開発し尽くされたと言っても過言ではありません。大正から昭和初期にかけては、愛知県内にも複数の電力会社が競い合いながら、次第に発電・送電網を広げていきましたが、戦時中は国策会社「日本発送電」に統合され、戦後の9電力体制になってから矢作川は中部電力のテリトリーとなりました。現在、矢作川の水力発電所は27ヶ所で計128万kWの最大出力を有しています。

 

このブログでは、これまでに川と発電所シリーズとして、木曽川河口から源流までの旅、信濃川・・・これぞ水力発電所、などを掲載しています。

 ・木曽川の渡し船体験記
 ・木曽川流域ひとり旅(水力発電所編)
 ・木曽川流域ひとり旅(ランプの宿編)
 ・木曽川流域ひとり旅(木曽川、飛騨川源流編)
 ・木曽川電源開発史

 ・これぞ水力発電所(信濃川)

| | コメント (0)

2020/03/15

自然環境学習の森で、野焼きしました。

午前中の行事がキャンセルになったので、自然環境学習の森で作業をしてきました。今日は草刈りの後の野焼きです。
こうしておくと次の草刈りが楽になります。ついでに焼き芋もしました。遠赤効果??でほっこり焼き上がります。

 Dsc08938800nn20200315_103559800nn

 
里山にも、水温む春の気配が・・・。落葉樹の中にはもう芽吹き始めたものもあります。

 Dsc08924800nnDsc08920800nn

 
近ごろ、散歩や写真撮影に来る人達が本当に増えたと思います。

 Dsc08937800nnDsc08931800nn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧