季節・自然

2019/03/16

春の花が次々に開花

白木蓮が咲きました。

Dsc03975800pn

水仙もいろいろです。

 Dsc03977800n Dsc03978800n
 Dsc03979800n Dsc03980800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/15

藤江小学校の学校林活動が全国で最優秀賞!

卒業シーズンになると、各小中学校で卒業生のバイキング給食を行います。昨年は緒川小学校、2017年は卯ノ里小学校、2016年は片葩小学校に行って、卒業生たちと一緒に給食をいただきました。
昨日は、3月20日に卒業式を控えた6年生の卒業バイキング給食が藤江小学校でありました。今年の6年生は、特に明るく元気だそうです。「町長さん、卒業式は来てくれるの?」と聞いてくれました。残念ながら、卒業式は藤江小には行けません。東浦中学校の入学式で待ってますよ。

ところで、藤江小学校は見晴らしの良い小高い丘の上にあります。教室からは、藤江の家並みを見下ろすことができます。手前の赤い屋根は児童館とコミュニティセンターです。衣浦湾を隔てた三河の建物も手に取るように見ることができます。

Dsc039371000pn

運動場のすぐ脇にある山林は学校林として活用しています。学校林は竹林が主体で、児童の遊び場、学び場となっています。地域の大人が積極的に入って、竹林の伐採、小径の整備、そして炭焼き小屋を建てて、竹炭や竹酢液をつくっています。竹炭は畑の土壌改良や河川の浄化に役立てています。
こんな活動を学校と地域が一緒になって続けているのが評価されて、平成30年度全日本学校関係緑化コンクールの学校林等活動の部で、最優秀賞である特選(農林水産大臣賞・日本放送協会会長賞)を受賞しました。

 Dsc03940800pn Dsc03948800n
 Dsc03952800n Dsc03949800n

藤江小学校は、6月2日に愛知県で開催される第70回全国植樹祭に招待され、植樹祭式典において表彰されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019/03/13

このところ毎朝、鶯のホーホケキョが聞こえてきますが

うぐいすの声は聞こえど姿なし。

ウグイスの声を聞いて咄嗟に写真を撮りましたが、ジョウビタキの雄だったようです。

Dsc03910ttn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/10

杏と山茱萸も。春の花が次々に開花。

アンズの花とサンシュユの花が咲き始めました。

Dsc03888800n

Dsc038911000n_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/06

春の色彩

東浦の丘陵地にある普通の田園風景です。春がやってきました。

Dsc037891000n

菜の花も咲き始めています。緑がかったイエローが目に眩しいです。

Dsc038321200n

Dsc038261200n

Dsc038171200tn

Dsc038201000pn_2

Dsc038411000n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

ボケの花が咲きました。

今日はぽかぽか陽気でした。

Dsc03769800tpn

Dsc03771800pn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/25

「里山の保全活動と竹の子掘り」の参加者募集

自然環境学習の森では、鳥や昆虫、植物などが棲みやすいよう、竹や樹木の伐採などを行い、里山の環境を保全しています。子どもも大人も、里山の保全活動とタケノコ掘りを体験できるイベントを企画しました。初めての方もぜひご参加ください。

日時: 4月6日(土)・4月20日(土) 10時~12時
場所: 自然環境学習の森

※申込制です。3月8日(金)までに往復葉書にて。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/sonota/1855.htmlをご覧ください。

Dsc035261000tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/24

森岡コミュニティ凧揚げ大会、緒川地区景観まちづくり展示・交流会、「バリアフリーかあちゃん」初上映会 に参加

森岡コミュニティの凧揚げ大会に参加しました。でも残念なことに、今年も凪。よく揚がる凧なら、北部グランドを走り回っていれば揚がり続けているくらい風向きが感じられません。それでも各チームが大凧を少しでも高く揚げようと、挑戦を続けていました。
大凧上げを競い合う以外にも、連凧や子どもが自作した凧の凧揚げもあります。毎年、凧揚げ大会に先立って、コミュニティで子どもたちのための凧作り教室も開催しています。

 Dsc036301000pn Dsc03659800tn

52974078_383430389102330_6257181078

 Dsc036201000tpn Dsc036351000n

 

緒川コミュニティセンターで開催された緒川地区景観まちづくり 展示・交流会に参加しました。名城大学 都市情報学部 海道研究室と理工学部 米沢研究室の学生たちが、これまで緒川の屋敷地区で行った調査のまとめと、まちづくり提案を発表しました。
会場には、調査結果をこの地区の歴史などを踏まえてわかりやすく展示してありました。なかなかの力作です。

まちづくり提案では、
・黒板壁、ご利益、お地蔵さんの各テーマをめぐるウォーキングコース
・立体的に見えるソリッドシートや歩行者優先を訴えるオリジナルの交通安全サイン
・空き地を利用したゲートボール場
・空き家を利用した学生カフェ

などがありました。黒板壁に映える満月のような交通安全サインなど、すぐにでも使えそうなものもあります。学生カフェは本気で考えているようです。
交流会で、参加者から「暗渠の水路を地上に復活させては」「わざわざコストをかけて東屋のような画一的な整備を再考すべき」などの意見をいただきました。いまさら暗渠をなくすことは得策ではありませんが、本意としては、「昔あったものを再現してまちづくりのシンボルにできないか」「これまでお金をかけて何かを量的に加えることを良しとしてきた文化から、余分なものをつくらない、余分なものを引き算する文化に転換しては」などと解釈することができそうです。

参加者のお一人が、学生への温かいまなざしを感じるレポートを書かれています。こちらもご参照ください。

 Dsc03678800tpn Dsc03675800pn

Dsc036731400tpn Dsc036881600tpn

 

東浦初の市民映画「バリアフリーかあちゃん」の上映会 に行ってきました。映画の上映のあとは、代表の村松さん、石丸監督、出演者の皆さんのトーク。そして、記念写真撮影がありました。文化センター ホールは観客や関係者でいっぱい。映画のチカラはすごいです。

今日は市民映画の初上映と言うことで、すごく楽しみにしていました。東浦でロケした映画ですから、知ってる場所がどんな風に描かれるのか楽しみなのはもちろんですが、東浦の知ってる人達がこの映画をどんな風に作って、どんな風に演じるのかを早く観てみたい。そんな気持ちです。

何度も言っていることですが、この映画は本当の意味で、素人の住民さんが自分たちで人を集めて、監督やスタッフをお願いして、企画、撮影して、お金も集めて、上映するという本当の意味での市民の市民による市民のための映画です。町は町制70周年の年に「皆さんの心に残るような事業をやってくださる方たちはいますか。そのための足しにしてください。」と24万円ほどを補助していますが、実際にかかっているお金は一桁違うと思います。そんな映画づくりを東浦町で、東浦町の住民の皆さんがやり通したと言うことは、大きな誇りです。

また、映画に惹かれた町外の方たちのご協力も欠かせなかったと思います。町外の方たちとも関わりを持てた、一緒になってやり通したと言うことも成果だし、これからの大きな財産になるのではと思います。

バリアフリーとは、まず受容すること。受け入れて、同じ気持ちになること。気持ちを一つにして、作品を鑑賞できたらなと思います。

Dsc037201200tn

 Dsc037041000pn Dsc037281200pn
 52825738_2201685413229440_434095693 52861792_815743902106328_3529150231
 Dsc03731800pn Dsc037071200tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/23

盆梅展を見てきました。

文化センターで盆梅展を開催中。小さな鉢植えでも手塩にかけて何年も育てているのでしょう。途中で幹が朽ちて折れそうな梅がしっかり花を咲かせています。樹齢百年以上のものもあるようです。明日(25日)にはウクレレの弾き語り?があります。

 Dsc03601800n Dsc03604800n
 Dsc03606800n Dsc03608800n

2階では、小中学校の美術の先生方の作品展が開かれていました。絵画から彫刻、陶芸、写真まで、個性あふれる作品が置かれています。

 Dsc036111000pn Dsc036131000n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/17

梅が満開。蝋梅も。

梅が満開になりました。
蝋梅も咲いています。花弁に蝋のような光沢があるので、蝋梅と呼ばれますが、ロウバイ科の植物でバラ科の梅とは関係ありません。これは、花弁が細めで中心が赤紫色なので和蝋梅だと思います。ロウバイの花言葉は「慈愛」だそうです。

Dsc03457800n

Dsc03473800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧