季節・自然

2021/04/10

於大のみちの八重桜が見頃です。

於大のみちの八重桜が見頃になりました。この週末、明日も天気が良さそうです。

Dsc097252000tnnn
         Dsc09740800nnn
         Dsc09746800tnnn

Dsc09732800nnnDsc09734800nnn
Dsc09735800nnnDsc09747800nnn

       Dsc097971000tnnn
Dsc09820800nnnDsc09841800pnnn
Dsc09847800pnnnDsc09854800nnn
Dsc09865800nnnDsc09888800tnnn

 
夜のライトアップもやっています。今ちょうど開花真っ盛り。照明は18時30分から21時まで。
ライトアップは4月18日(日)までの予定です。竹灯篭宵まつりは行いません。

       Dsc000651000tpnnnn
Dsc00100800pnnnnDsc00129800ppnnnn
Dsc00147800nnnnDsc00153800ppnnnn
Dsc00161800nnnnDsc00167800nnnn
Dsc00171800nnnnDsc00194800nnnn
Dsc00199800pnnnnDsc00204800tpnnnn

| | コメント (0)

2021/04/09

八重桜が咲き始めました。

於大公園では、もう八重桜が咲いています。ちょうどソメイヨシノが咲き終わり、八重桜にバトンタッチ。淡いピンク色がまるで雪山のように輝いています。のどかな昼休みです。若葉が芽吹き始めたばかりの林の中では鶯がしきりに鳴いていました。(4月5日撮影)

Dsc09464800nnn
Dsc09472800pnnn
Dsc09488800nnn
Dsc09491800nnn
Dsc09500800nnn
Dsc09512800nnn
Dsc09520800nnn

若葉が芽吹き始めたばかりの林の中では鶯がしきりに鳴いていました。(4月5日 於大公園)

神谷明彦さんの投稿 2021年4月8日木曜日

 

 
明徳寺川沿いの於大のみちの八重桜も咲き始めました。よーく見ると散歩の人たちもちらほら。さて何人見えるでしょうか?(4月7日撮影)

Dsc09545900tpnnn
Dsc09554900tpnnn

 

| | コメント (0)

2021/04/05

春花盛り

母が育てていた花たちが一斉に咲き始めました。あるじなしとて はるなわすれそ。毎年花を咲かせるようお世話せねばなりません。

Dsc09388800pnnnDsc09392800nnnDsc09394800nnn
Dsc09409800tpnnnDsc09399800nnnDsc09405800nnn
Dsc09390800nnnDsc09414800nnnDsc09420800pnnn

 
こちらは、いつも同じ場所に咲く卯の花と山吹。まわりの笹を取り除いて少し手入れをしたので、今年は心なしか元気です。

Dsc09150800nnnDsc09349800pnnn

 
近所を散歩していたら見つけた土手に咲くチューリップ。手入れが行き届いています。これだけ咲かせるのは大変だと思います。

Dsc09430800tnnn Dsc09431800tpnnn

 

| | コメント (0)

2021/04/03

海辺の風景

藤江から生路にかけて海岸をのんびりサイクリングしました。散歩できるくらいの距離です。

「←藤江塩田跡」「衣ヶ浦藤江越跡→」こんな案内看板があるのを知りませんでした。

          20210403_151928800nnn

 
須賀川の河口に来ました。

Dsc09358800tnnnDsc09361800nnn

 
みどり浜では釣りをしている人がいます。

          Dsc09356800pnnn

 
対岸の桜の丘は高浜です。

          Dsc09353800pnnn

 
いつの間にか風景の一部になった渡船場の廃船

          Dsc09370800nnn

 
子どもの頃、よく堤防の斜面を走りました。ハンドルを切ると斜面を上がったり下がったり、ちょっとした浮遊感があります。

              Dsc09378800nnn

 
伊勢湾台風以前の土の旧堤防と「へり」と呼ばれる水路。木々の芽吹きが鮮やかな時期です。奥に見えるのは鍋屋新田排水機場です。へりの水を海に汲み出して、江戸時代に干拓でつくられた新田を湛水から守っています。

Dsc09381800nnnDsc09376800nnn

| | コメント (0)

2021/03/31

3月とは思えないほどポカポカ陽気

役場のまわりのソメイヨシノが満開になりました。若葉の緑と桜のピンクが入り交じった丘が美しいです。

Dsc093041000tpnnn

 
ランチを食べに地域の縁側 ラソ・プラザへ行ったら、「あきかんさんイラスト展」の最終日。作者のあきかんさんが来ていたので、一緒に記念撮影。来月のまちの小さな美術館は、「寺坂宏さんの写真展」です。

Dsc09320800nnn

Laso-akikansan20210302Laso-terasaka20210401

| | コメント (0)

2021/03/30

伊那谷からの南アルプスの眺望

4月を目前にして、急に暖かくなりました。急速に雪が融けて、雪山が恋しくなる時期でもあります。

中央自動車道からの南アルプス連峰の眺めはすばらしいです。でも、南アルプスはどれがどの山か、わかりづらいです。

伊那谷からの南アルプスの眺望について詳しく書かれたサイトがありました。

伊那谷からの南アルプスと中央アルプスの展望~駒ヶ根と飯島町から~ - 安曇野 大好き! (fc2.com)

これを参考に、自分が以前撮った写真に山の名前を入れてみました。こんな感じでしょうか。大きくは違っていないと思います。

Minami-alps-from-inadani-01

 
 

日本の山とはまたスケールが違いますが、こんなサイトもあります。

【図解】ヒマラヤ8000メートル峰全14座 (msn.com)

ヒマラヤは、ブータンでチラッと見た以外は、まだ近くまで行ったことがないし歩いたこともありません。

| | コメント (0)

2021/03/28

於大公園の桜が咲き始めました。

於大公園の桜が咲き始めて、花見散歩する人が増えています。プレーパークのとなりにあるハナモモは今満開。サクラはこれからが本番です。今日は生憎の雨。写真は昨日撮りました。

Dsc09080800nnnDsc09081800nnn
Dsc09082800nnnDsc09085800nnn
Dsc09101800nnnDsc09106800nnn
Dsc09108800nnnDsc09110800nnn
Dsc09119800pnnnDsc09127800nnn
Dsc09130800pnnnDsc09131800pnnn
Dsc09136800nnnDsc09138800pnnn

| | コメント (0)

2021/03/20

自然環境学習の森で野焼きのつづき

3月7日にやり残したところを焼きました。
人数は多くありませんでしたが、午前中でほぼ予定の範囲をやり終えることができました。随分温かくなりました。もうすぐ、また草が生えてきます。

20210320_113942800nnn20210320_115034800nnn
        20210320_114843800nnn

 
枯草色だった地面からは、タンポポ、オオイヌノフグリ、ふきのとう、ミツバなど、春の芽吹きや開花が見られるようになってきました。

20210320_114235800nnn20210320_114417800nnn
20210320_121752800nnn20210320_121738800nnn

 
新池のほとりの山桜も開花しました。今年は随分サクラの開花が早いようです。

20210320_123628800nnn

 

役場の敷地内で一番早く咲く薄墨桜(このところ少し元気がありませんが、根尾の薄墨桜のクローンです。)も満開になりました。これが咲くと駐車場の周りのソメイヨシノが一斉に咲き始めます。

20210320_124604800tpnnn

 

| | コメント (0)

2021/03/17

ぼちぼち筍の季節に

草かんむりに旬と書いて「筍」。今年もたけのこの時期がやって来ます。まだ、地上にはほとんど出ていませんが、足裏感覚でよ~く探すとたまに凸が見つかります。

今晩は、若竹煮に芽が出たばかりの山椒をそえてみました。

Dsc09027800tpnnn

 
そして、筍とは関係ありませんが。つまみがほしかったので、オイルサーディンにニンニクと鷹の爪を加えて、缶詰ごとオーブントースターでアヒージョ風に。

Dsc09032800nnn

 

| | コメント (0)

2021/03/09

春の花が次々に咲き始めました。

アンズの花は、うっかりしているうちに強風が吹いて、かなり散ってしまいました。

         Dsc08888800nnn

モクレンはこれから満開になります。

Dsc08904800nnnDsc08896800nnn

スイセンをはじめ、これから春の花が次々とバトンをタッチしていきます。

Dsc08910800pnnnDsc08926800tnnn
Dsc08931800nnnDsc08935800nnn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧