季節・自然

2024/03/15

野沢温泉、富良野、白馬八方とスキー三昧

このところ、野沢、富良野、白馬八方とスキー三昧。

いずれもインバウンドのお客さんであふれている。
野沢の温泉街には土産屋を改装したウエスタンな立ち飲みバーなどがあって、夜遅くまで盛り上がっているようだ。さながらバブルの頃のアフタースキーが帰ってきた賑わい。

八方でたまたま話しかけてきた外国人はイングランドから来たとのこと。デンマークから来たというスキークラブチームもいた。スキー場のない国からもフランスやスイスをすっ飛ばして来るんだ。
八方では初めてエコーランドの方に泊まってみた。こちらもバーや居酒屋が賑わっている。外国値段につられてリフト券、宿泊、飲食そして土地の値段も、みんな上がっているのが気になる。
若い人たちと滑ると、もう午後からは電池切れ。八方はやっぱりキツい。白馬ハイランドの温泉にゆっくり浸かって帰宅した。

20240303_095406900tpnnnnn
スキークラブのメンバーと野沢温泉。毛無山山頂から。
 
360°カメラとスマホでこんな動画がサクサク作れちゃうからスゴイ。
 
Dsc03096-900p
共同浴場もある温泉街の店は賑わっている。
 
Dsc03144-900p
ウエスタンな店がちらほら。
 
Dsc03106-900tpDsc03138-900tp
この日は長坂ゲレンデで花火。
 
Dsc03150-900p
野沢温泉村夜景。

 
 

20240309_213037800tnnnnn
こちらは白馬。
 
20240310_1156581087tpnnnnn
スカイライン下部の急斜面。
新雪が積もった上にみんなが滑ってモコモコだけど、若いやつは強い。
 
20240310_140714900tpnnnnn
晴れ間が出てきたのでグラートの上まで行ってみた。
 
20240310_140944800tpnnnnn
やっとチラリと見えた、白馬岳。
 
20240310_163228900tpnnnnn
白馬ハイランドに上がっていく坂の途中から。風呂からも見晴らしがいい。

 

| | コメント (0)

2024/03/08

富良野でスキー

先週のこと。久々の北海道。
空から見るとさすが凍てついている。

20240304_082216800nnnnn

 

新千歳空港の近くでは何か大きなものを建設中。あれがラピダスの新工場か??

20240304_084419800tpnnnnn

 

 

富良野でスキーは初めて。雪が降ったり、時折晴れたりの天気。大雪山系のパノラマがイマイチなのが残念。
本州でも新雪が積もればご機嫌なのだが、数日経ってもフワフワなのはさすが北海道。
自分はずっと毛糸の帽子で滑っていたが、近年ヘルメット着用が常識になりつつある。スキー仲間からヘルメットをもらったので、3月から自分もヘルメットデビューした。
富良野もオーストラリアや東アジアからのスキーヤーやボーダーが多い。たまたまゴンドラで乗り合わせた若いカップルは台湾から来たそうだ。台湾にはスキー場はない。10年前くらいにボードを始めて、毎年日本に来ているそうだ。平日には若者や家族連れはほぼ外国人、高齢者のほとんどは日本人、みたいな感じ。

Dsc03358-1200tp
Dsc03269-900tp
20240307_090437800nnnnn
Dsc03165-900

 

 

富良野から新千歳空港についたら日本人の若者でいっぱい。卒業旅行だろうか?? みんな一体どこに行っていたんだろう。
帰りの便まで時間があったので、土産物屋巡りをした。自分はめったに土産は買わないのだが、注文リストのメールが妻から届いた。でも人気の商品はもう売り切れだったりする。
それにしても、北海道のおみやげ開発力はすごい。次々に自分の知らないものが出ている。(自分がウトイだけかも・・・)
晩ご飯は立ち食いコーナーの寿司。昔から生で食べてみたかった鰊、銀鱈、キンキ、ホッケを食べることができて満足。

20240307_181229800nnnnn
Dsc03367-1200tp

 

| | コメント (0)

2024/03/01

今週は竹林の手入れをしました

今週は竹林の手入れをしました。昨夏から手を入れていないので、倒竹がちらほら、日の当たるところには草が茂っていました。

20240227_103611800nnnnn

 

草や雑木を刈って、枯れた竹や密植した竹を伐ってチップにする作業をしました。

20240229_114852800pnnnnn

 

4月には地域の小学生がタケノコ掘りをします。その準備も兼ねています。

20240229_134138800pnnnnn

 

筍はいま地面に出てくる支度中。見つけるのは大変ですが、小振りで身が詰まっています。

Dsc03091-800tp


 

藪の中には、椿(つばき)や榊(さかき)をはじめ、ツバキ科の日陰を好む樹木がたくさん生えています。

これ、カイガラムシと違います。ヒサカキ(姫榊)のつぼみです。

20240227_104006800nnnnn

 
小さな白い花がいっぱい咲きます。サカキは温暖な地方で自生するので、関東以北ではヒサカキを神事でサカキの代用としてきました。ヒサカキの葉は、サカキよりも小さくて縁にギザギザがあります。東海地方ではヒサカキを仏花に使いますね。

20240227_120001800tnnnnn

 

藪には茶の木も自生しています。茶もツバキ科の植物で強い日差しを嫌います。
葉を摘んで蒸して・・・試してみたくなります。

20240227_110545800nnnnn

 

| | コメント (0)

2024/02/29

障戸橋のオカメザクラとヒガンザクラが開花

午後から雨。図書館に行く途中、障戸橋のたもとのオカメザクラとヒガンザクラが咲いていました。
この2本はいつもこのあたりでは一番早く咲きますが、2月に咲くのは珍しい。ちなみに去年は3月半ばに満開でした。
次は役場の正面の薄墨桜かな。

20240229_163803800pnnnnn
20240229_163815800pnnnnn

 

| | コメント (0)

2024/02/22

杏が開花

このところ春のような暖かな日が続いていたら、アンズの花が一斉に咲き始めた。昨年よりも1週間は早そう。
雨上がりの杏花と、傍らにあるのは色んで甘くなったので鳥に突かれ中の酢橘。

Dsc03067-900p

 

| | コメント (0)

2024/02/15

大木になったポプラを切り詰めました。

20240213_090748900tnnnnn 20年くらい前だったか? ポプラの枝をトロ箱に挿しておいたら、根がトロ箱を突き破って、いつの間にかにこんな大木に。
立派に格好良く育ったんだけど、まだまだ大きくなりそう。台風で倒れたりしたら大変。

残念だけど、プロにお願いして半分くらいの高さに切り詰めることにした。

さあ、一体どうやって切るんだろうか???
興味津々。

 

20240213_091915900tpnnnnn

まるでロッククライミングの装備。

 

20240213_0946011033tnnnnn

遠くから見るとこんな感じ。

 

20240213_094735900tnnnnn20240213_095649900tpnnnnn20240213_095703900t2nnnnn

幹の上部にロープを確保して、下の枝をロープで結んで切っては下に降ろす。この作業の繰り返し。

 

20240213_152720900tnnnnn

とうとう、幹のてっぺんだけが残ったところで、頭を切り落とす作業に入る。
支点よりも上の枝をロープで結び、下に落ちないようにしておいて、頭部を切断。

 

20240213_152911900tpnnnnn20240213_155020900tnnnnn

支点よりも上の枝をロープで結び、下に落ちないようにしておいて、頭部を切断。切った頭部を下に降ろす。
この繰り返しで、どんどん低くしていく。

 

20240213_160853900tnnnnn

とうとう、建物と同じくらいの高さまで低くなりました。

 

20240213_160047900tnnnnn

切った枝や幹の中心には穴があって木の上でも水がたまっている。水揚げの激しいポプラならでは??

 

20240213_153427900tnnnnn

一番てっぺんにあった枝。もう春の芽が膨らんでいる。

これをまた挿し木にしてみよう!!
今度は、植える場所をちゃんと考えて。
 

| | コメント (0)

2024/02/04

2月になりました。

ことしは1月末に梅が咲き始めて、満開になりつつあります。去年よりも更に早そうです。

Dsc02974-900tp

 
いつも遅咲きの枝垂れも咲き始めました。きのうの撮影です。

Dsc02987-900tp

 

今日は法事があって、お寺に行ったら、本堂の畳の上にぽつんとピラミッドのような物が・・・。
何かのまじないか?と思ったら、豆でした。
昨日撒いたのかなあ。

20240204_103007800tnnnnn

 
寺の坂の法面には土管の中にお地蔵さんがいたり、時計が仕込んであったり。
時計は散歩の人のために置いたのかなあ?

20240204_105312800pnnnnn20240204_105320800pnnnnn

 

| | コメント (0)

2024/01/27

アイゼンつけて雪山ハイキング

秋に八ヶ岳に登る約束をして果たせず、それなら冬にということで、ロプウェイの山頂駅から標高差250mくらいの冬山散歩。北八ヶ岳の横岳(2480m)に登頂。めっちゃいい天気。

Dsc02817-900
赤岳方面と、後方は南アルプス
 
422611397_7878092308874575_1105022374534
北横岳南峰のピークにて
 
Dsc02851-900t
蓼科山の火口が間近に見える
 
Dsc02831-900t
槍ヶ岳の遠望
 
Dsc02890-900
霧氷の森の中を行く
 
Dsc02824-900
ヒュッテ前で、湯を沸かしてカップ麺とパンの昼休み
 
Kitayatsugatake-map01
こんな感じ。
坪庭から横岳山頂そして縞枯山荘経由で南池峠まで雪山ハイキングでした。

 

| | コメント (0)

2024/01/24

「このはな彩」やってます。

於大公園の「このはな彩」、今年のテーマは大正ロマン。

ステンドグラス?
これ、於大公園を管理する職員の皆さんが、セロハン紙を窓に貼り付けた手作り作品です。全国放送でも紹介され、photogenic!とういことで年々話題になり、町内外から訪れる人で賑わっています。

Dsc02556-900p
Dsc02560-900t

 
金土日の週末には夜のライトアップもしています。このはな彩では、昼は屋内、夜は屋外の彩光を楽しめます。

Dsc02749-900tpDsc02740-900p

 

ことしは整備工事中の遊具広場にもイルミネーションがあります。

Dsc02745-900tp

 

| | コメント (0)

2024/01/22

山形蔵王へ行ってきました。

暖冬のせいでしょうか、蔵王の樹氷はまだこれから。青と白のコントラストが眩しいです。

20240117_091701800pnnnnn
晴れた朝のブナ林の霧氷が美しい。
 
20240117_093756800nnnnn
ぽつんと霧氷ツリー。
 
20240117_094902800nnnnn
霧状になった氷点下の水滴(過冷却水滴)を含んだ季節風が、
山頂付近のアオモリトドマツにぶつかって瞬間的に凍り付いたのが蔵王の樹氷。
これから、どんどん成長してモンスターに変わっていきます。
 
20240117_101950800nnnnn
ちょっとエイリアンぽいモンスターになりかけてます。
 
20240117_103451800pnnnnn
地蔵岳山頂からこのあたりまでが樹氷原になります。
 

ザンゲ坂からちょっと脇に降りたところにあるパラダイスの涸沢コース。
新雪が降った朝は気持ちいいです。

 

白布温泉、高湯温泉とともに奥州三高湯に数えられる蔵王温泉。強酸性の硫黄泉にゆったり浸かればいかにも温泉、大地の恵みが心地よいです。
日本酒ミュージアムには山形の地酒がずらり。惜しいことに十四代と名刀月山丸は品切れでしたが、さてどれを飲み比べようか、迷ってしまいます。

20240116_174731800tpnnnnn20240116_174757800nnnnn
20240116_1534241000nnnnn20240116_152407800nnnnn

 

二十数年ぶり?に蔵王に行きました。昔の蔵王はよく知っていたつもりですが、随分変わったところもありました。鳥兜山頂のテラスカフェはすごくきれいで快適でした。温泉街の日本酒ミュージアムは酒好きにはたまりません。関西から来たという女性たちが雪と酒を楽しみに来たと盛り上がっていました。
最も驚いたのは、外国人の多さです。泊まった宿の宿泊客は自分たち以外はすべて外国人でした。オーストラリアの人もいましたが、蔵王は台湾の若者がすごく多いと感じました。ロープウェイの樹氷高原駅あたりには、スキー・スノボはせずに雪だけを見に来た風の観光客が雪遊びをしてはしゃいでいました。
久しぶりに行った白馬村もそうでした。巷でインバウンドが増えてきたなどと言いますが、それどころか、あちこちで日本の中の外国が出現しているのを目の当たりにして考えを新たにした気分です。
日本人自身がそこにしかない地域のユニークさに気づいていなかった、外国人が東洋の島国のことを知らなすぎた、そんな事情が大きく変わってきているように感じます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧