季節・自然

2022/06/16

メンマを仕込みました。(2022年2回目仕込み)

先週の初め、6月5日の竹林です。

まだ、孟宗竹のタケノコが出てきます。2~3mに伸びたものをとってきて柔らかい部分を茹でます。筍の根元の方はもう緑色になっています。

20220605_082209800nnnnn20220605_082145800nnnnn

 
先端の柔らかいところは茹でればまだまだ食べられます。(写真は茹でたもの)

         20220605_171741800tnnnnn

 
すでに稈(竹の茎)になりかけていている部分を、節(硬いので)を取り除いて茹でます。茹でると黄色になります。

20220605_125331800nnnnn20220605_172112800nnnnn

 
これを前と同じ要領で漬け込みます。2022年1回目のこうじ入りと同じレシピで2瓶つくりました。6月5日から1ヶ月程度漬ける予定です。

     1⃣ 茹で筍660g+塩33g+こうじ20g
     2⃣ 茹で筍597g+塩30g+こうじ18g

         20220605_183958800nnnnn

 

こちらは破竹(ハチク)の竹林です。孟宗竹より少し遅れて、ハチクの筍の時期です。地上に出てきたものをポキッと折って収穫します。

20220605_103048800nnnnn20220605_113354800nnnnn

 
皮を剥くとこんな感じです。これを1時間弱茹でます。

         20220605_115902800nnnnn

 
伸びた孟宗竹の先端と旬の破竹、どちらか区別できるでしょうか?

         20220605_183459800pnnnnn

両方とも十分おいしいですが、破竹の方がエグミがなくてさっぱりしています。ちなみに右側が破竹です。

筍のめんつゆ漬けと豚肉と甘辛炒めにしたものです。

20220609_191404800nnnnn20220609_191748800nnnnn

| | コメント (0)

2022/06/15

梅雨入りが発表されました。

昨日、東海地方の梅雨入りが発表されました。平年よりも1週間ほど遅めのようです。
青空が恋しくなります。

6月7日に撮った写真です。田植えもほぼ終わりました。

20220607_113238800nnnnn

 

| | コメント (0)

2022/06/10

飛び石が完成して、明徳寺川を渡れるようになりました。

於大のみち、再会広場の前に、河川親水施設(飛び石)が完成しました。

         20220610_165732800nnnnn
20220610_170229800nnnnn20220610_170138800nnnnn
         20220610_170641800nnnnn

明徳寺川沿いの於大のみちには、図書館前の桜橋から郷土資料館下の坊主橋までの間に、川を渡れるところがありません。於大まつりの時にも右岸と左岸の行き来ができなくて不便でした。渡れるようになればジョギングや散歩のコースバリエーションも増します。これまで川に降りられるところはなかったので、水に親しむこともできるようになります。

両岸は県管理の河川堤防です。治水上、堤防を掘り込むわけにはいかないので、階段は堤防の土手の角度と同じ45度ほどになります。急なので手摺りが必要ですが、手摺りを設置すると出水時に物が引っかかって河川流下の抵抗になることが考えられます。そこで、脱着式の手摺りとして出水時には取り外しできるようにしました。

工事は、秋以降の渇水期に片岸ずつ川を閉め切って行いました。当初は3月末までに完成の予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて工事が遅延したため、5月末に完成、本日から供用開始となりました。
写真は3月半ば頃の工事の様子です。

         Dsc01749800nnnnn

| | コメント (0)

2022/06/09

メンマづくり2022(その3)

5月12日に漬け込んで、6月3日に取り出したメンマ?を、6月9日まで天日で乾燥させました。
 
 ①こうじ入り(茹で筍504g+塩25g+こうじ15g)
 の乾燥後収量は41g、収率約8%

   286078458_587048786058916_40409595036942

 
 ②ぬか入り(茹で筍550g+塩28g+ぬか28g)
 の乾燥後収量は44g、収率約8%

   285834695_442778523848017_56815209189197

 
でした。は乾くまで時間がかかりました。ちょっとチーズのようなニオイもします。小バエがたかっていたので、は途中で一回水洗いをして糠を落としています。
勇気をもって試食してみようと思います。お楽しみに!

| | コメント (0)

2022/06/06

栗の花が咲きました

栗の花が咲きました。栗の花が咲き終わると梅雨が来ると言われています。梅雨入りを意味する「堕栗花」(ついり)や「栗花落」(つゆり)の言葉があります。「鬼滅の刃」に出てくる「カナヲ」の姓は「栗花落」でしたね。
ところで、このフサフサした尻尾のような花は花粉をつける雄花です。花粉を食べているのでしょうか。雄花にベニカミキリが集っています。雄花の付け根にある小さな丸いこぶのようなものが、栗の実となる雌花です。小さな髭のようなものがイガになるのですね。(右下の写真を参照)

20220605_100105800nnnnn20220605_1000141200tnnnnn

 
梅雨と言えばこれです。今年は梅が豊作でしょうか? 普段あまり実のならない木に実がいっぱいついています。

         20220605_100437800tpnnnnn

 
枇杷の実も色んできました。

         20220605_100821800nnnnn

 
これは何の花だと思いますか。榊(サカキ)の花だそうです。神様にお供えする木ですね。柑橘っぽい花にも見えますが、茶などと同じ椿の仲間で、少し暗いところを好みます。

         20220605_101452800nnnnn

 
こちらは、無臭ニンニクの葱坊主です。

         20220605_080155800nnnnn_20220606234201

| | コメント (0)

2022/06/05

スポーツ祭開会式でカローリング

第40回東浦町スポーツ祭の開会式がありました。これから、町スポーツ協会の各部門ごとに競技が始まります。

284963692_749279679839448_28671477407897
40th-sportsfes20220605a

 
今日はその総合開会式で、カローリングのアトラクションもありました。カローリングは「軽やかにローリングする」ことから名付けられたカーリングに似たスポーツ。愛知県のベアリングメーカーが考案したのだそうです。
来賓メンバーも参加、私は的(ポイントゾーン)には届かなかったのですが運良く賞品をゲット、喜んでいるところです。

20220605_091455800pnnnnn
20220605_091837800tpnnnnn20220605_092002800tpnnnnn

284812703_3217606438528740_4825611441119284874816_764765044703354_26232072343666

 


体育館2階の柔道場では、障がい者も親しめるスポーツとして「フライングディスク教室」が始まるところでした。知多半島でもここでしか開催していないので、尾張西部からも参加者があるそうです。あいち障害者フライングディスク協会と東浦町社会福祉協議会の共催で、月に1回程度のペースで行っています。障がいの有無に関わらず、どなたでも参加できます。

Flyingdisc20220703

 

| | コメント (0)

2022/06/04

永見のお不動さん

県道阿久比線を豆搗川に沿って西に向かうと、町境を越えて板山へ下りて行く手前、ちょうど峠のあたりに永見のお不動さんがあります。

20220604_141655800nnnnn20220604_141454800nnnnn
20220604_141614800nnnnn20220604_141323800nnnnn

お堂の前には、教育委員会の札があって、こんなことが書かいてあります。
江戸時代、この辺りはうっそうとした松林が続いていました。幕末頃には盗伐が増えたため、石浜村では盗伐監視の「山廻り」役に又吉という男を選びました。人里離れた山奥での山廻りは大変さびしいものでした。そこで又吉は不動尊の石像を安置し、心の支えとしたのでした。
その後、道路が開かれるにつれて不動尊の信者が増え、大正末期には立派なお堂も建てられました。お堂脇の石仏群は、御嶽山信仰の行者群像だそうです。

 
お不動さんの近くの少し奥まったところに、庭が美しい一軒家のカフェがあります。久しぶりに寄ってみました。
すぐ脇にある永見池は時期になると池尻に睡蓮が咲く池でしたが、ご主人曰く、突然睡蓮が消失したとのこと。厄松池でも蔓延っていたホテイアオイが消失しています。池の水草の生態系は不可解です。

20220604_153616800nnnnn20220604_144910800nnnnn
20220604_153624800tnnnnn20220604_142259800t2nnnnn

| | コメント (0)

2022/06/03

メンマづくり2022(その2)

5月12日に漬けたメンマが、ちょっとドロドロしてきたので、柔らかくなりすぎる前にと思い、取り出してみることにしました。
 
①こうじ入り
は、容器の下の方にドロドロになったタケノコがたまっていました。をザルにのせて干すことにします。

285510343_5854265874588963_6309360590825
          285517148_5854260304589520_3968923684287

 
②ぬか入り

は、ドロドロにはなっておらず、容器の底にはツナ缶のツナのようになった糠が残っていました。をザルにのせて干すことにします。

285499456_5854265794588971_1604494114927285585477_5854266151255602_9070189378739
          284932881_5854266851255532_7836887943030

 
少し、食べてみると、も両方とも酸っぱ味があります。あまり匂いは良くないですがアルコールかエステルのような匂いもします。とりあえず発酵はしている感じです。見た目の通り、①のほうが柔らかいです。
この週末は天気が良さそうなので、カビることなく乾いてくれればと願っています。

| | コメント (0)

2022/05/29

少年野球チームが、厄松池の掃除と自然環境学習の森で竹搬出&代掻き

中学生の野球チーム「ホワイトベアーズ」の皆さんが、厄松池の掃除をしてくれました。大人が草刈りをして、中学生が草取りと搬出です。池は雑草と雑木が生い茂り、その上に葛が覆い被さっている状態です。缶やペットボトル、コンビニ弁当などのゴミがごみ袋(大)4杯分出てきました。

20220529_111332800tnnnnn20220529_120526800nnnnn

20220529_081027800nnnnn20220529_1118451200tnnnnn
   Before                    After

20220529_081010800nnnnn20220529_114957800nnnnn
   Before                    After

 

さて、池の掃除は昼に終了。午後、中学生は自然環境学習の森までランニング、そして伐った竹の搬出と田んぼの代掻きをしました。竹の搬出はこれまでもやっていましたが、今回、代掻きは初体験。
田面をひっくり返して、田を掻き回すと称して、どろんこでダッシュを繰り返していました。そして、最後は互いに泥の掛け合いに。
午前も午後も目一杯作業、さすが中学生は元気です。

         1653859702391800tnnnnn
1653859703158800tnnnnn1653859703347800tnnnnn

| | コメント (0)

2022/05/26

百合が開花

今年もテッポウユリの花が咲きました。毎年の定点観測です。昨年は3輪だったところ、今年は7輪咲きました。時期は昨年と同じ。サツキもいっしょです。

20220525_083802800nnnnn

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧