趣味・旅・遊び

2020/06/11

水と空の写真集

ラソ・プラザの「まちかど美術館」で展示している 水と空の写真集 の7つの写真を紹介します。

 

  • 湖底の廃線

北海道上士幌町 タウシュベツ橋梁Tausyubetsu2009ak0  

この橋は、旧国鉄士幌線のコンクリートアーチ橋梁群のひとつで、北海道遺産に選定されています。1939年に士幌線が十勝三股駅まで開通した時に音更川の支流のタウシュベツ川に架けられた橋で、すでに1987年に士幌線が廃止される以前、1955年に糠平ダム建設とともに路線が付け替えとなり、放棄されたものです。ダムの満水時には水没し、渇水期には姿を現す幻の橋です。構造はコンクリートの外枠と内側の詰め石からできており、水位の変化や結氷にさらされ、いずれ崩壊する運命にあります。まるで古代ローマの水道橋のように見えますね。

 

  • 森の木霊が見えますか

屋久島 白谷雲水峡Morinokodamagamiemasuka

屋久島ではひと月に35日雨が降るといわれます。その雨が深い森を育みます。 ここは白谷雲水峡の奥にある通称「もののけの森」です。ほの暗い森の中で、岩も木も苔に覆われて一面緑の世界が広がっています。宮崎駿監督の映画「もののけ姫」はここから森のイメージを得たといわれています。目を凝らすとどこかに木霊(コダマ)が見つかるかもしれません。

 

  • 碧水陽光

新城市(旧鳳来町) 乳岩峡P1010613-704x528

清らかな水と渓谷美。乳岩峡に行きました。この辺りの川は板敷川と言って河床が岩盤になっています。乳岩は、小学校の林間学校で行って以来です。渓谷沿いに散策路を登っていくと、そこに巨大な天然のアーチ「通天門」や流紋岩質凝灰岩の中に含まれる石灰質でできた珍しい鍾乳洞「乳岩洞」があります。

 

  • オレゴン富士

オレゴン州 ポートランド Mt.HoodDsc061971200pnnn

市庁舎から PSU(ポートランド州立大学)を通り過ぎて、ダウンタウンの南端にある OHSU(オレゴン健康科学大学)へ。ここは市街地を見下ろせる高台にあり、市内電車か らロープウェイに乗り継いで行くことができます。大学病院の建物は、一般の人にもオープンな明るく清潔な造りになっていて、バルコニーからは、眼下のウィラメット川やその向 こうに広がる森と雪を頂くフッド山(3429m)の展望が素晴らしいです。

 

  • Blue Ocean

沖縄県 竹富島Dsc00015-1024x769

竹富町は、石垣島(石垣市)のすぐ隣の竹富島の他、八重山諸島で最大の島である西表島や日本最南端の有人島である波照間島など、大小16の島からなっています。人口約4200人、竹富島には約350人の島民が住んでいます。各島への船便は石垣島から出ているため、竹富町役場は石垣市にあります。役場が町村の区域外にあるのは、役場を鹿児島市に置く鹿児島県の十島村、三島村と竹富島の3町村のみです。
ここで偶然だったのは、水牛車にゆられて安里屋ユンタを唄ってくれたガイドさんが東浦出身だったこと。沖縄に憧れて、学校を卒業してこちらに飛び込んできたのだそうです。彼女は竹富で明るく頑張っています。

 

  • 傘の花

名古屋市 星が丘テラスDsc06951800pnnn

こちらは、星が丘テラスのアンブレラフラワー。傘のディスプレイが絵になります。7月末までの期間限定のちょっとした工夫ですが、これだけのことで異空間ができあがります。ちょうど梅雨時。今日は曇り時々晴れですが雨の日にはどんな感じになるのでしょうか。期間を区切って傘の模様替えもあるそうです。

 

  • 春いちめん

東浦町 石浜Dsc04461800pnnn

今年の文化協会の新春文化展に出品した写真です。毎年春になるとまだ寒い2月から3月にかけて菜の花でいっぱいになる畑があります。畑の真ん中には、まだ新芽の出ていないムクノキが一本。これが桜の花だともっと絵になるのにとおっしゃる方もいます。

 

| | コメント (0)

2020/05/07

竹酒と鹿威し・・・竹の利用法いろいろ

連休中は、竹林に入って、筍を掘ったり倒したり、竹を切ったりしていました。

タケノコがいっぱい採れるので、筍ごはん、味噌汁、ちらし寿司、毎日のように筍です。

Dsc00087800nnnDsc00135800nnnDsc00141800nnn

 
切った竹で簡単な工作もしました。竹で水筒を作って日本酒を入れます。竹の香りがほんのり付いて、見た目もみずみずしいです。冷凍庫でキンキンに冷やすとお猪口が進みます。竹酒にはさっぱり目のお酒が合うようです。

        Dsc00185800pnnn

 
草木の根が絡まって、しばらく荒れたままになっていたつくばいも使えるように。壊れていたししおどしを新しく作り替えました。
つくり方は、以前つれづれログでも紹介しています。

        20200506_194947800pnnn

  ダウンロード - shishiodoshi20200507135647_trim_trim28129.mp4

| | コメント (0)

2020/05/05

休館中の上野の国立科学博物館をオンラインで見学できる。

「かはくVR」をつかって、国立科学博物館を自宅にいながら丸ごと楽しもう。
https://www.kahaku.go.jp/VR/
 
※こちらはオンライン展示の紹介記事です。
 https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/21770

Web-museum-kahaku-vr

 

| | コメント (0)

2020/05/04

ライブカメラの旅

みんなが山へ行けば山も3密になります。特にハイシーズンの山小屋は混雑します。家に居ながらライブカメラで山の気分を味わうとするか。

 http://www.web1750.com/
 https://www.yama-live.com/yamalive.htm

Gw-yamano-livecamera

 

| | コメント (0)

2020/04/12

尾張高野山

先週末、プチハイキングのつもりで、南知多町山海にある大慈山岩屋寺に行ってきました。

弘法大師が修行したこともあるという由緒ある寺院です。真言宗のお寺と思いきや、昭和26年に天台宗から独立して尾張高野山宗の総本山を称しています。山海からちょっと谷沿いに入った山の麓にあります。

Dsc09485800nnDsc09484800nn

 
本堂に向かって右手、山を背にしたところには寛政年間に造られたという経蔵が建っていて、中の輪蔵(回転式書架)を回すと収蔵されている経典全巻を読んだのと同等の御利益があるのだそうです。経蔵の奥には五百羅漢が並んでいて、そこから裏山の大師ヶ嶽に上っていく石段があります。山頂までのコース途中にはあちこちにお地蔵さんが鎮座していて、ミニ八十八ヶ所巡りが出来るようになっています。縁結びのお札がたくさん掛かっている松の大木もあります。山頂には弘法大師の立像が聳えていて、そこから山海方面を見渡すと、伊勢湾を隔てて伊勢の山々を望むことが出来ます。

Dsc09395800tpnnDsc09396800nn
Dsc09404800nnDsc09400800pnn
Dsc09479800nnDsc094061000pnn
Dsc09478800pnnDsc09474800nn
Dsc09410800nnDsc09430800pnn
Dsc09416800nnDsc09418800pnn

 
山頂から反対側の谷に向かって急なつづら折りを降りると奥の院があります。まるで高野山の奥の院を彷彿させるような光景です。せせらぎに沿って谷の奥まで行くと、おそらく岩屋寺の名の由来となったであろう岩窟にお堂が掛かっています。お堂の入口の岩の割れ目からしたたり落ちる水で手を清める場所があって、そのすぐ隣には貼り弘法さんが安置されています。自分の痛いところと同じ場所にお札を貼ると治るのだそうです。私も心当たりがあるのでさっそく試してみることに。

Dsc09433800nnDsc09437800pnn
Dsc09441800nnDsc09444800pnn
Dsc09455800nnDsc09447800pnn
Dsc09451800nnDsc09453800pnn

 
ちょうど奥の院の裏手の山の方へ上がっていく道があったので行ってみました。あたりは鬱蒼とした樹林地ですが、上の方まで行くと以前はミカン畑が広がっていたところのようです。今では荒れて竹林が貫入してきているところもあります。このあたりは知多半島の脊梁で、東側には三河湾を望むことも出来ます。軽く2時間ほど、気の向くまま変化に富んだ散歩をすることが出来ました。

Dsc09462800pnnDsc094831200pnn

| | コメント (0)

2020/03/29

矢作川水系の発電所探訪

先週末に、勘八峡から矢作川を遡って矢作ダムの上流、長野県境近くまで行ってみました。
矢作川は、長野県下伊那郡平谷村(治部坂峠付近)の大川入山(1908m)に源を発し、上村川となり岐阜県恵那市(旧上矢作村)で愛知県最高峰の茶臼山(1416m)から流れ出る根羽川(上村川よりも規模は小さいが本流とされている)と合流、すぐに、設楽町に端を発し稲武町(現豊田市)を流れる名倉川と合流し、奥矢作湖(矢作ダム湖)に注ぎます。そして、しばらく愛知・岐阜県境を流れた後に豊田市内を流れ、下山、足助方面から来る巴川と合流、岡崎市に入り城下を流れる乙川と合流、西尾市と碧南市の境界で三河湾に注ぐ、全長122kmの一級河川です。西尾市を流れて旧一色町と旧吉良町の境で三河湾に注ぐ矢作古川は昔の本流で、現在の矢作川下流部は江戸時代に氾濫を防ぐために開削・分流されたものです。

矢作川は、電力消費地に近かったためか、大正から昭和初期にかけて多くの水力発電所が建設された歴史があります。私の祖父は電力会社に勤めていて、矢作川中流の百月(どうづき)発電所で電気技師として働いていました。私の母は発電所の裏手にあった社宅で生まれました。ですから、祖父の思い出の場として子どもの頃はよく矢作川の発電所に連れて行かれました。
本当に久し振りに、矢作川の発電所を最下流の越戸ダムから矢作ダムの貯水池が終わって岐阜県に入るところまで辿ってみました。

勘八峡は、矢作川が山から平地に出る所に位置します。ここに昭和4年(1929年)につくられたのが越戸ダムと越戸発電所です。ダムの高さは22.8m、長さ120m。川幅いっぱいに12門のゲートがある堂々としたコンクリート重力式ダムです。ここから600m下流に導水路で水を導いて発電をします。落差は約17m、使用水量は最大約62㎥/s、最大出力は9200kW。矢作川の古い発電所の中では大きな発電所です。昔の発電所は有人運転ですが、今では、越戸に矢作川水系の制御所があって、無人の発電所群をここで監視・制御しています。越戸ダムは、ダム建設以前からある農業用水(枝下用水)の取水口にもなっています。

Dsc09238800rnnDsc09242800pnn

 
越戸ダムのダム湖が終わり、矢作川の流れが見えてくるとちょっとした集落があります。ここは広瀬という所で夏には鮎採りの簗場ができます。名鉄三河線が廃止になりましたが、今でも線路と駅舎が残っていてバスターミナルの役目を果たしています。駅前には宿屋もあって昔の情緒が残っています。

Dsc091261000tnnDsc091431000nn

 
ここからしばらく上流に行くと阿摺ダムとダムのすぐ下流に阿摺発電所があります。落差約15m、使用水量約40㎥/s、最大出力4800kWの発電所です。通常の発電所によくある水車はフランシス式という反動水車ですが、ここは落差が低いのでカプラン水車というプロペラ型の水車を使用しています。堂々とした堰堤で落差を稼ぐダム水路式発電所に分類されていますが、阿摺ダムは堰堤の高さが15m未満なので河川法ではダムの定義からはずれます。ダムの脇にあるカスケード状の水路は魚道です。低いダムや堰には鮎の遡上など生き物の行き来のために魚道が造られています。

Dsc09145800nnDsc09149800nn

 
下流から3番目にあるのが、いよいよ百月発電所です。ここは上流の百月ダムと呼ばれる取水堰から、山の中に掘られた約3kmの導水トンネルで発電所の裏山の水槽に水を導き、河川勾配のために出来た落差で発電する水路式発電所です。落差は約25m、使用水量は約28㎥/s、最大出力は5700kWです。大正15年(1926年)に造られた発電所建屋は新しく建て替えられ、無人になって久しい社宅はすでに取り壊されていました。子どもの頃に祖父に連れてられて、「ちょっと覗かせてもらっていい?」と水が渦を巻く水槽も轟音を立てる横軸タービンが置かれた発電室も見せてもらった頃の面影はもうありませんでした。

Dsc09156800nnDsc09160800nn
Dsc09228800nnDsc09167800nn

百月ダムの左岸下流にある建屋は矢作第二発電所のものです。上流にある矢作第二ダムから取水、約8kmの導水トンネルを通って発電所の裏山の水槽に導かれた水で、落差約90m、使用水量約40㎥/s、最大出力31600kWの発電を行います。発電所の放流口から白い渦が出ていないことから運転はしていないようです。これは矢作ダム開発と同時期の昭和45年(1970年)に完成した矢作川では新しい発電所です。普段は旧来の発電所に発電を任せて、出水時や電力需要期に発電をするものと思われます。

        Dsc09169800nn

 
百月ダムのすぐ上流の笹戸温泉の集落にあるのが昭和10年(1935年)に完成した笹戸発電所です。発電所裏の緩やかな斜面に巨大な水圧鉄管が敷設されているのが特徴です。古い発電所にはなぜか桜並木があったりします。落差は約43m、使用水量約26㎥/s、最大出力は9400kWです。発電所の約5km上流にかわいい取水堰のある水路式発電所です。

Dsc09171800nnDsc09220800nn
        Dsc09212800nn

ここで、お気づきになったと思います。川は上流から支流を集めて次第に流量を増していきます。また、おおよそ上流の山間地は急勾配で下流になるにつれて流れが緩やかになるので、傾向として(大きなダム調整池式の発電所でない限り)、上流に行くほど少水量、高落差になります。

河原のキャンプ場はどこもテントがたくさん立っていました。ちょうど春のいい時期の連休で、なおかつ今は人混みや盛り場は避けなければならないので野外のキャンプはうってつけです。

        Dsc091681000tpnn

 
次は時瀬発電所です。落差約49m、使用水量17㎥/s、最大出力約7200kW。大正12年(1923年)に完成した古い発電所ですが、矢作ダムの建設に伴って取水堰が廃止されたため、現在は矢作ダム直下にある矢作第一発電所の1号機の放流水を直接4kmのトンネルで発電所上部の水槽に導いて発電を行っています。

        Dsc09210800nn

 
時瀬発電所の少し上流にあるのが矢作第二ダムです。昭和45年(1970年)完成、堤高38m、堤長149m、総貯水量435万㎥、有効貯水量91万㎥の重力式コンクリートダムです。重力式ダムは、最もポピュラーなコンクリートダムで、ダムの背面にかかる水圧をダムの重量で支えるタイプのダムです。ここで取水した水は8km下流の矢作第二発電所まで導水されます。矢作第二ダムは、すぐ上流にある矢作ダムの放流を緩和する逆調整池の役割を持っています。

Dsc09195800nnDsc09206800nn

 
矢作第二ダムのバックウォーターが終わるところにあるのが昭和45年(1970年)に完成した矢作川水系最大の矢作ダム。下流のダムが電力会社の発電用ダムとして建設されたのに対して、矢作ダムは、発電以外にや利水(上水、工業用水、灌漑)や治水の目的を持つ国土交通省が管理する多目的ダムです。堤高100m、堤長323m、堤体積30.5万㎥、総貯水量8000万㎥、有効貯水量6500万㎥のコンクリートアーチ式ダム。矢作ダム以前のアーチ式ダムは円弧式アーチだったのに対して、国内初の放物線アーチダムです。アーチ式ダムは、アーチの持つ力学的特性により水の力を両岸に伝える構造のため、コンクリートを薄く出来る特徴があります。ただし、両岸の岩盤が強固であることが条件となります。
矢作ダムの直下には昭和45年(1970年)完成の矢作第一発電所があります。落差は1号機が67m、2号機が77m、使用水量はそれぞれ17㎥/sと78㎥/sで、合わせて最大出力61200kWの(揚水式でない)一般水力としては矢作川水系最大のダム貯水池式発電所です。ここの運用は少し変わっていて、通常は1号機を運転し放流水を下流の時瀬発電所に送水して、必要なときに2号機も運転し放流水を直下の矢作第二ダムへ流す方式になっているようです。

Dsc09181800nnDsc09187800nn

 
矢作ダムによって生まれた貯水池を奥矢作湖と呼びます。この湖岸にあるのが昭和55年(1980年)に運転を開始した奥矢作第一発電所です。地下に造られた地味な発電所ですが、最大出力は桁違いの78万kWです。これは、落差404mもの高落差、そして使用水量234㎥/sという洪水並みの水を一気に落とす揚水式発電所だからです。
揚水式発電所とは夜間に、発電機をモーターとして、ポンプ兼用水車を回して、下部ダムの水を上部ダムに汲み上げることによって、原子力発電所などで発電される余剰の深夜電力を水の位置エネルギーとして蓄える巨大な電池のようなものです。川の自然流によるものではないので電力を生み出すことはしません。夜間に汲み上げた水を短時間大量に下部ダムに落として、夏場の電力需要ピーク時に電気エネルギーに戻す装置です。
ここ奥矢作発電所では、矢作川支流の名倉川上流にある標高約860mの黒田ダム貯水池を上部ダムとし、標高約290mの矢作ダムを下部ダム貯水池として、その標高差約570mの間に、奥矢作第一発電所(最大出力32万kW)と奥矢作第二発電所(78万kW)を二段縦列接続することによって、合計110万kWの原発1基並みの出力を誇っています。

Dsc09205800pnnDsc09204800nn

 
山襞に沿って曲がりくねる奥矢作湖岸の道を進むと、やがてダム湖が終わり矢作川の流れが復活します。まもなく左岸の山の遙か上から2本の水圧鉄管が見えてきます。落差約176m、使用水量3.9㎥/s、最大出力5600kW、大正12年(1823年)完成の真弓発電所です。この発電所は支流の名倉川上流から水を引いていて落差が高いので、高落差用のペルトン式水車を使用しています。構造はおもちゃの水車と同様さじのようなバケットにノズルから水圧をかけた水を勢いよくぶち当てる衝動水車です。放流口が川の水面よりも高いところにあるのですぐにわかります。取水堰は稲武の市街地のすぐ下流にある水路式の発電所です。

Dsc09198800pnnDsc09201800nn

 
このすぐ先が、名倉川と矢作川の合流点、そしてすぐ先に根羽川(矢作川)と上村川の合流点があります。合流点から根羽川に少し入ったところには大正11年(1922年)完成の押山発電所があります。落差123m、使用水量3.6㎥/s、最大出力3600kWの水路式発電所です。水圧鉄管が2本見えますが、向かって右側の細い方は水槽の余水を放流するためのものだと思います。

        Dsc09199800nn

 
すぐ近くの上村川に沿ったところには、大正9年(1920年)完成の下村発電所があります。落差約84m、使用水量6.7㎥/s、最大出力4700kWの歴史のある水路式発電所です。2本の水圧鉄管が立派ですが建物は手前の土手に隠れてよく見えません。

        Dsc09200800tnn

 
上村川本流には、これよりも上流に島発電所上村発電所平谷発電所があります。上村発電所は大正14年(1925年)に建設された矢作川で最も高落差(306m)の発電所です。最上流に建設された平谷発電所は平成8年(1996年)に完成した矢作川で最も新しい発電所です。平谷発電所の取水堰(ラバーダム)は、平谷村の市街地のすぐ下流の標高897m地点にあります。そこから、標高約40mの越戸発電所まで標高差約850mもの間にほとんど隙間無くダム(堰)と発電所が造られています。日本の水力発電に適した大きな川は、このように昭和の高度成長期までにほとんど開発し尽くされたと言っても過言ではありません。大正から昭和初期にかけては、愛知県内にも複数の電力会社が競い合いながら、次第に発電・送電網を広げていきましたが、戦時中は国策会社「日本発送電」に統合され、戦後の9電力体制になってから矢作川は中部電力のテリトリーとなりました。現在、矢作川の水力発電所は27ヶ所で計128万kWの最大出力を有しています。

 

このブログでは、これまでに川と発電所シリーズとして、木曽川河口から源流までの旅、信濃川・・・これぞ水力発電所、などを掲載しています。

 ・木曽川の渡し船体験記
 ・木曽川流域ひとり旅(水力発電所編)
 ・木曽川流域ひとり旅(ランプの宿編)
 ・木曽川流域ひとり旅(木曽川、飛騨川源流編)
 ・木曽川電源開発史

 ・これぞ水力発電所(信濃川)

| | コメント (0)

2020/03/21

雲興寺へドライブ

休日のドライブで、瀬戸の雲興寺に行きました。織田家、秀吉、尾張徳川家の庇護を受けてきた尾張を代表する曹洞宗寺院の1つです。盗難よけの御利益があるそうです。赤津瓦の本堂が特徴的で、二階建ての鐘楼は国の登録文化財となっています。山門の下に立って感じるのは、この山を背負った自然と一体感のあるロケーションです。

 Dsc09083800nnDsc09091800nn
 Dsc09096800nnDsc09112800nn

境内には東海自然歩道が通っていて、猿投山の登山口にもなっています。色とりどりのウェアに身を包んだハイカーが行き交います。瀬戸市と豊田市を結ぶ戸越峠が近くにあってサイクリストも多く見かけます。温かな春の気候に加えて、屋外で人混みを避けるアクティビティーにはどちらももってこいです。

 Dsc09108800nnDsc09115800pnn
          Dsc09110800nn

Dsc091011200nn 毎年、初詣におみくじを引くとかなりの頻度で「大吉」が出るのですが、今年の初詣は「小吉」。そこで、今年2度目のおみくじを引いてみたら・・・なんと「大吉」・・・心をかたくもって・・・静かにときのくるのを・・・結構具体的です。そして、旅行 控えよ、商売 物価下がる買うはわるし・・・世相を反映しているかも知れません。

 

| | コメント (0)

2020/01/03

スターウォーズ完結編

スターウォーズ エピソード9 The Rise Of Skywalker を見てきました。
完結編にふさわしい感動の大作だったと思います。スターウォーズは、その名の通り宇宙を股にかけて自由と民主主義のために戦う壮大なスケールの物語ですが、スカイウォーカー家の三代記、または、光の一族と闇の一族のお家争いと言ってしまうといきなりスケールが縮んでしまいますね。その親子の人間くさいストーリーに、宇宙という大舞台と創造力あふれるイマジネーション、そして希望と連帯、さらに超一流のFSXとCGと名曲が加わって感動の大作を構成しているのかなと思ったりします。
この40年来、数年おきにリリースされる新作を楽しみにしてきましたが、これで完結となるとちょっと寂しい気がします。スピンオフ作品でも良いから是非この世界観に触れ続けたいものです。終わりのない007シリーズのように。

| | コメント (1)

2019/12/31

年末は志賀高原へ

今年は超暖冬、横浜では大晦日に観測史上初の20℃台を記録したとか。
スキー場も当然雪不足。しかし、幸運なことに着いた日の前日の朝に新雪が積もったそうで、全山オープンとは行かないまでも、お天気と雪質の両方に恵まれてシーズン初滑りを楽しむことができました。
久し振りに長男と長女と長女の友人と一緒に滑ったら、見違えるほど上手くなっているのにびっくり。さすがスキー場でバイトしてると違うなあと思ったりします。
これからだんだんできることができなくなっていく年頃の自分に比べて、努力すればいろいろなことをどんどん獲得できる若さが如何に素晴らしいことか改めてうらやましく感じます。自分も若い頃、もっと早くこれに気がつかなかったのか今さらながらに残念に思えます。

 Dsc_6633800pnnDsc07341800pnn
     Dsc07330800pnn
 Dsc07361800pnnDsc07369800pnn

 

大晦日は、昼頃、寒波がやってくるとの予報でした。朝までは青空でポカポカ陽気でしたが、予報通り、お昼近くには風が吹き、あられが降りはじめ、あっという間に吹雪に。山の天気は変わりやすいとはこのことです。
ブナ平に古くからある宿が今シーズンを最後に閉めると聞いたので、お昼にそこで、懐かしい味のするカレーと牛丼を食べて、午後、強風で止まりそうなリフトに数本乗って、温泉で温まってから帰途につきました。暖かい日が続いたところでいきなり冷えたので志賀高原の下り坂は路面がミラー状態。立ち往生している車で渋滞していました。

 Dsc07395800pnnDsc07404640nn

慌ただしい2019年末でしたが、最後にちょっと山でリフレッシュして、気持ちよく新年を迎えることができそうです。それでは良いお年を。

| | コメント (0)

2019/11/27

多治見の修道院と守山の酒蔵へ

11月の初めに多治見の修道院のワインフェスタに行ってきました。昔からここの修道院でワイン造りをしていることは知っていましたが、行ったのは初めてです。ここでは修道女の人達がブドウを育て醸造をしていましたが、高齢化で維持が大変になって、現在は、社会福祉法人AJU自立の家がブドウ栽培を引き継ぎました。AJU自立の家は、小牧にも葡萄園とワイナリーを持っていて、知的障がいのある人たちが作業をする場になっています。
修道院の入口でお金を払ってワイングラスとお土産ワインの引換券をもらって、テイスティングにGO! 自家と他所でつくった様々な品種から醸造した個性的なワイン十数種を飲み比べることができます。おつまみや料理も充実しています。修道院の奥の方ではジャズやカントリー風の野外コンサートをしていました。会場には車椅子の人たちもたくさん来ていました。

       Dsc05244800nn
 Dsc05194800nnDsc05192800nn
 Dsc05190800nnDsc05196800nn
 Dsc05209800pnnDsc05211800nn
       Dsc05201800nn 

 
多治見の帰りには、新守山で電車を降りて、守山区の東春酒造へ。ここは東龍という銘柄の日本酒を造っています。ここではお酒の試飲と講談を聴く会を開催していました。講談を聴くのは初めてです。上方の旭堂一門による「徳川家康の伊賀越え」「太閤記・間違いの婚礼」などをほろ酔い気分で楽しませていただきました。お酒には料理を合わせることができます。音楽や伝統芸能と一緒に楽しむこともできます。お酒の文化は奥が深く、包容力があり、そして人を結びつけることもできる偉大な文化だと改めて感じる一日でした。

 Dsc05258800tpnnDsc05261800pnn
       Dsc05263800pnn

 
この日は、ワインの赤白それぞれ1本ずつと、瓶詰めの冷凍生濁り酒を買って帰りました。

 Dsc05274800pnnDsc05273800pnn

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧