イベント

2019/03/17

「三十路式~ありがとう!東浦!~」に出席しました。

近年、30歳を迎える人達が一堂に会して30歳を祝う「三十路式」が静かなブームになっています。
昨年、東浦町では、30歳住民有志の呼びかけで三十路式が行われました。
今年は、大府青年会議所の後押しで、30歳のメンバーが実行委員会を組織して、あいち健康プラザで三十路式が開催されました。有り難いことに、会場にお招きをいただき、みなさんにお話しをする機会をいただきました。
この日のために県外から来られた方もいらっしゃったようです。

Dsc040011200tpn

二十歳の成人式は町の行事として行っています(学校によっては1/2成人式があったりします)が、そのあと、町内の同じ歳が一堂に会する機会はなかなかありません。昔の習慣で、男性なら25歳、42歳の厄年の神事をやったりすることはありますが、それも、近年、やらない学年が増えてきたと聞きます。
それから、東浦町では、今年で4年目になりましたが、65歳の成人式(65歳のつどい)というのをやっています。これは、第2の人生のステージを迎えるにあたって、久し振りに、地元の同年代と交流し、地域の趣味やボランティアなどの活動を知っていただき、新たな遣り甲斐、生き甲斐を考える機会として、65歳の方々にお集まりいただいています。

いずれにしても、成人式の後は、町内の同年代の方たちが集まる機会はほとんどありません。人は一人では生きられません。成人式から10年経って、30歳の節目に、こうして一堂に会することはすばらしいアイディアだと思います。企画した実行委員の皆さんと、そっと背中を押した大府青年会議所の皆さんに心から敬意を表したいと思います。

30歳、30代というと、若くて、体力、気力、知力も充実、それに人生経験も加わって、職場では頼りにされて責任と権限が増してきて、最も可能性を感じる時期ではないでしょうか。また、中には、昇進とか、転職とか、結婚、出産などの人生の節目や転機にさしかかっている方もいらっしゃるのではと思います。

私事で恐縮ですが、自分はかつての東浦の地場産業である繊維産業をしている家に生まれました。父親は自分が子どもの頃から、「同じ産業が30年も調子よく行くわけはないのだから、自分の好きなことを見つけて家を出て行け。」と言っていました。自分も化学に興味を持ったものですから、地元を離れて化学を専攻して、化学会社の研究部門に就職しました。自分の好きなことですから、毎日とても楽しく過ごしました。
ところが、ちょうど30歳そこそこになったとき、父親が病気をして弱気になったんだと思います。たまに帰省で家に帰ってくると、「そこに座りなさい。」といって、地元に帰ってくるように説得されるようになりました。「あんた、昔言ったこととチャウやん!」とは思ったけど、弟は絶対に嫌だというので、最後は長男と言うことで、自分が地元に戻ってくることになりました。

それまで町のことには全くと言って良いほど興味がありませんでした。しかし、結婚して家族を持って、東浦でこれからも住民の一人として暮らしていくんだと思うようになったときに、たまたま選挙がありました。町の将来を考えて決める役目も必要だと言うことで、市民の応分の役目のつもりで、町議会議員に立候補しました。39歳の時のことです。
元々政治家さんを志していたわけではないし、今も自分をいわゆる政治家だとは思っていません。今は町長をやっていますが、皆さんから雇われて、皆さんから税金をお預かりして、行政サービスを提供したり、町のグランドデザインを描いたりする役場の社長だと思っています。
人生どうなるかはわかりません。自分の場合は、30代に大きな転機があったと思います。

私は、良いまちとはどんなまちか。活力のあるまちとはどんなまちかを考えたときに。皆さん一人一人が主役で、一人一人が自分のもてる能力を発揮できている状態が活力のある状態ではないかと思っています。そういった状態が積み重なって、集合して良いまちになるのだと思います。それぞれに役割があって、自分の力を発揮したときに遣り甲斐を感じます。そして、人から必要とされ、感謝されればそんな嬉しいことはありません。
そして、皆さんには幸せになって欲しいと思います。幸せな人とはラッキーな人ではなくて、幸せを感じ取れる人です。一見取るに足らないようなことから、さまざまなことを感じ取り、自分なりに感動してその経験値を上げていくこと、その感動する力こそが、幸せになれる力だと私は思います。

さて、今日は、初めて巡り会う人、旧交を温める人、いろいろな出会いがあることと思います。商談に花が咲くこともあるかもしれません。生涯の伴侶が見つかるかもしれません。是非、思い出に残る一日になればと願っています。
本日はお招きいただきありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019/03/10

消防団観閲式

北部グランドで、多くのご来賓に出席をいただき、観閲式を行いました。今年は北部中学校吹奏楽部の演奏で進行しました。途中小雨に降られましたが、整然とした気持ちの良い式でした。

177kanetsu310310800n

127kanetsu310310800n

今年度から、消防団本団に、消防庁から貸与を受けた救助資機材・小型動力ポンプ搬送車(軽自動車)を配備しました。
また、緒川分団と緒川新田分団の消防自動車を小型動力ポンプ積載車(軽自動車)に買い換えました。いざというとき、道の狭い郷中にも入って行けるようになります。同様に、来年度は森岡分団と石浜分団、再来年度は生路分団と藤江分団に軽自動車の消防車を配備する予定です。

 Dsc03748800n Dsc03759800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/09

メディアスまちフェス2019 ~市民映画上映とボイメンコンサート~

午後からは、メディアスまちフェス。抽選でメディアスエリア3市1町在住の約1000人の観客が町体育館に集まりました。
第1部は、東浦映画プロジェクトバリアフリーかあちゃん」の第2回上映会と石丸監督とメインキャストのこじまさん、竹内さん、小田さん、長岡くんのトークショー。こじまさんはこの映画に出演を頼まれたときに最初は断ろうと思ったそうです。かけるくん役の長岡くんは最近、児童会の選挙に立候補して役員に当選したそうです。それぞれに映画を通じた成長があったのかもしれません。
第2部は、 BOYS AND MEN のコンサート田村侑久さんのトークショーでした。さすが人気グループ。ボイメンのコンサートとしゃべりは若さあふれて気持ちがいい。アリーナの階段席で聞いていた私を「町長さん!」と散々いじってくれました。おまけに「東浦のインスタ映えのスポットは?」との観客からの質問に、タムタムが「う~ん。町長さんのとなり!」と答えたものだから、コンサート終了後に撮影依頼が殺到。思いがけず、行列のできる人気者になってしまいました。

 Dsc_68511000n 54258295_347277276134666_6035442555

このメディアスまちフェス。2014年に第1回を東浦町文化センターで開催、その後年1回のペースで3市1町を回り、2017年にはあいち健康プラザで開催。このときは東浦町出身のイラストレーターほしのまあさんに来ていただきました。偶然にも、ほしのさんと田村さんは中学校の同級生なのだそうです。それから実は、第1回のメディアスまちフェスに出演したのは全国的に有名になる前のボイメンだったのです。田村さん、大きくなって帰ってきましたね。

※ボイメンの田村さんには、町制70周年東浦町PR動画の制作にも協力をいただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まちめぐりウォーキング ~歴し・福し・楽し 生路 撮りっ歩♪~

午前中、「まちめぐりウォーキング ~歴し・福し・楽し 生路 撮りっ歩♪~」がありました。役場福祉課の発案で、社会福祉協議会やふるさとガイド協会や写真愛好家とコラボして、地域の福祉資源や史跡や話題のスポットを見学しながらまち歩きをするユニークな企画です。地域の福祉を考えながら、歴史探訪、趣味の写真撮影、健康づくりなどが同時にできてしまう一石何鳥?の企画です。以前、石浜で行って好評でした。
今日は、生路コミュニティセンターを出発して、原田酒造→デイサービスセンターあい愛いくじ→ベティさんの家→デイケアセンターフィロス→大生紡績を経て、コミュニティセンターに帰ってくるコースです。私は大生紡績の案内役をさせていただきました。
かつて、東浦は繊維産業のまちで、平成の初めには大小200軒近くの紡績・織布工場がありましたが、今では1社が操業するのみとなりました。繊維工場の跡地にはマンションや分譲住宅が建てられ当時の佇まいが残っているところはほとんどありません。大生紡績は、平成の初めに生産を中止しましたが、現在でも事務所、工場建屋と従業員寮などがそのままのカタチで残っており、一つのまちのようになっています。機械類は残っていませんが生活の匂いのする建物が当時のままに残っているのは全国的にも珍しいのではと思います。ドラマや映画のロケに使われた場所もあります。

 Dsc03851800pn Dsc03855800n
 Dsc03873800n Dsc03877800pn
 Dsc03864800n Dsc03865800n
 Dsc03870800n Dsc03882800pn

Dsc039321000tpn


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/26

メディアスまちフェス@東浦町体育館にBOYS AND MENがやってくる。市民映画「バリアフリーかあちゃん」試写会も。

メディアスまちフェスが、3月9日(土)15時から東浦町体育館で開催されます。

人気男性アイドルユニット「BOYS AND MEN」がやってきます!
メンバーで東浦町出身「田村 侑久」さんのトークショーとスペシャルライブを開催!

その他にも、東浦町制70周年を記念して作られた市民映画「バリアフリーかあちゃん」を上映します。

入場は無料で【事前応募制】です。応募は2月28日までです。
申込みはこちらから!
https://www.medias.co.jp/home/machifes/

詳しくはhttps://www.facebook.com/MMFofficial/?ref=py_cをご覧ください。

51939139_2454381824590964_366120875

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/25

「里山の保全活動と竹の子掘り」の参加者募集

自然環境学習の森では、鳥や昆虫、植物などが棲みやすいよう、竹や樹木の伐採などを行い、里山の環境を保全しています。子どもも大人も、里山の保全活動とタケノコ掘りを体験できるイベントを企画しました。初めての方もぜひご参加ください。

日時: 4月6日(土)・4月20日(土) 10時~12時
場所: 自然環境学習の森

※申込制です。3月8日(金)までに往復葉書にて。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/sonota/1855.htmlをご覧ください。

Dsc035261000tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都市環境デザインセミナー「飲兵衛のための都市づくり」のご案内

こんな案内をいただきました。

“最近の地方都市の衰退は、この都市の胆を理解していない都市計画を推進してきたからだと思われる。すなわち、酔っ払いのことを配慮しない都市計画、都市づくりを推進きたことが衰退への引き金を引いてしまったのだ。”
確かにそうかもしれません。

 
■2019年第2回都市環境デザインセミナー
「飲兵衛のための都市づくり」

日程:2019年3月15日(金)
時間:18:30~20:30(18:00開場)、
   ※終了後に懇親会あり
   (場所等は未定です。お店で実費精算、4000円ぐらいまで)
場所:大阪市立 総合生涯学習センター第二研修室大阪駅前第2ビル6階
   (同センターの受け付けは5階です。当会場は6階です。ご注意を)
会費:会員500円/会員外1000円/学生500円
定員:60名(申込先着順)
主催:都市環境デザイン会議関西ブロック
詳細・申込
http://bit.ly/2SBD1zp

 なぜ、人々は都市に集まるのであろうか。エッセイストであるジェイン・ジェイコブスはそこには様々な機会があるからだという。「セックス・アンド・ザ・シティ」の元ネタ本を著したキャンディス・ブシュネルは、そこでは相手をたくさん選べる機会があるからだと見事に看破して、それをコミカルに描いた本も映画も一世を風靡した。
 また、経済学者のアルフレッド・マーシャルは、集積の経済があるからだと指摘した。物理学者のジェフリー・ウェストは都市規模が大きくなると、それにつれて都市の生産性が高まるという、それまでの概念としての集積の経済をデータを用いて実証した。
 さて、しかし、私はより重要な理由は、都市は酔っ払うのに最も楽しい環境を提供してくれるからだと考えている。つまり、楽しく酔っ払いたい人達は都市に集まるのであるし、都市はそれを見越して、酔っ払いのための都市づくりを行ってきたのである。したがって、都市で最も大切な場所は、楽しく安全で酔っ払える場所である。
 これは、逆の発想で捉えると、人が集まる都市ほど楽しく酔っ払えることが可能であり、最近の地方都市の衰退は、この都市の胆を理解していない都市計画を推進してきたからだと思われる。すなわち、酔っ払いのことを配慮しない都市計画、都市づくりを推進きたことが衰退への引き金を引いてしまったのだ。
 若干、素面で聞くのには適していない内容かもしれないし、聞いた後、悪酔いされるかもしれないが、本人はしっかりと素面の状態で上記の考えをお話をさせていただくつもりである。

【講師・コメンテーターのプロフィール】
服部 圭郎
龍谷大学政策学部教授。都市および都市政策の研究を、おもに現地のフィールド調査により行っている。特に「都市の鍼治療」という手法の研究を積み重ねている。著書に『ドイツ:縮小時代の都市デザイン』『人間都市クリチバ』『衰退を克服したアメリカの中小都市』『若者のためのまちづくり』など。

\\関 連 書 籍//

『ドイツ・縮小時代の都市デザイン』
服部圭郎 著
A5判・240頁・本体2600円+税
http://bit.ly/2ujvPcq
 ・ ・ ・ ・ ・
〈人口減少社会を生き抜くドイツの姿勢と政策〉
産業の衰退と失業率の増加、大都市・郊外への流出による人口減少は、ドイツにおいても空き家の増加や都市環境の悪化など、深刻な課題をもたらした。そんな現実を受け止め、建物の保全改修と減築・撤去、アイデンティティの再構築、都市のコンパクト化など縮小を前提とした政策で局面を切り抜けたドイツに学ぶべき指針を探る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/24

森岡コミュニティ凧揚げ大会、緒川地区景観まちづくり展示・交流会、「バリアフリーかあちゃん」初上映会 に参加

森岡コミュニティの凧揚げ大会に参加しました。でも残念なことに、今年も凪。よく揚がる凧なら、北部グランドを走り回っていれば揚がり続けているくらい風向きが感じられません。それでも各チームが大凧を少しでも高く揚げようと、挑戦を続けていました。
大凧上げを競い合う以外にも、連凧や子どもが自作した凧の凧揚げもあります。毎年、凧揚げ大会に先立って、コミュニティで子どもたちのための凧作り教室も開催しています。

 Dsc036301000pn Dsc03659800tn

52974078_383430389102330_6257181078

 Dsc036201000tpn Dsc036351000n

 

緒川コミュニティセンターで開催された緒川地区景観まちづくり 展示・交流会に参加しました。名城大学 都市情報学部 海道研究室と理工学部 米沢研究室の学生たちが、これまで緒川の屋敷地区で行った調査のまとめと、まちづくり提案を発表しました。
会場には、調査結果をこの地区の歴史などを踏まえてわかりやすく展示してありました。なかなかの力作です。

まちづくり提案では、
・黒板壁、ご利益、お地蔵さんの各テーマをめぐるウォーキングコース
・立体的に見えるソリッドシートや歩行者優先を訴えるオリジナルの交通安全サイン
・空き地を利用したゲートボール場
・空き家を利用した学生カフェ

などがありました。黒板壁に映える満月のような交通安全サインなど、すぐにでも使えそうなものもあります。学生カフェは本気で考えているようです。
交流会で、参加者から「暗渠の水路を地上に復活させては」「わざわざコストをかけて東屋のような画一的な整備を再考すべき」などの意見をいただきました。いまさら暗渠をなくすことは得策ではありませんが、本意としては、「昔あったものを再現してまちづくりのシンボルにできないか」「これまでお金をかけて何かを量的に加えることを良しとしてきた文化から、余分なものをつくらない、余分なものを引き算する文化に転換しては」などと解釈することができそうです。

参加者のお一人が、学生への温かいまなざしを感じるレポートを書かれています。こちらもご参照ください。

 Dsc03678800tpn Dsc03675800pn

Dsc036731400tpn Dsc036881600tpn

 

東浦初の市民映画「バリアフリーかあちゃん」の上映会 に行ってきました。映画の上映のあとは、代表の村松さん、石丸監督、出演者の皆さんのトーク。そして、記念写真撮影がありました。文化センター ホールは観客や関係者でいっぱい。映画のチカラはすごいです。

今日は市民映画の初上映と言うことで、すごく楽しみにしていました。東浦でロケした映画ですから、知ってる場所がどんな風に描かれるのか楽しみなのはもちろんですが、東浦の知ってる人達がこの映画をどんな風に作って、どんな風に演じるのかを早く観てみたい。そんな気持ちです。

何度も言っていることですが、この映画は本当の意味で、素人の住民さんが自分たちで人を集めて、監督やスタッフをお願いして、企画、撮影して、お金も集めて、上映するという本当の意味での市民の市民による市民のための映画です。町は町制70周年の年に「皆さんの心に残るような事業をやってくださる方たちはいますか。そのための足しにしてください。」と24万円ほどを補助していますが、実際にかかっているお金は一桁違うと思います。そんな映画づくりを東浦町で、東浦町の住民の皆さんがやり通したと言うことは、大きな誇りです。

また、映画に惹かれた町外の方たちのご協力も欠かせなかったと思います。町外の方たちとも関わりを持てた、一緒になってやり通したと言うことも成果だし、これからの大きな財産になるのではと思います。

バリアフリーとは、まず受容すること。受け入れて、同じ気持ちになること。気持ちを一つにして、作品を鑑賞できたらなと思います。

Dsc037201200tn

 Dsc037041000pn Dsc037281200pn
 52825738_2201685413229440_434095693 52861792_815743902106328_3529150231
 Dsc03731800pn Dsc037071200tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水の抜けた佐布里池を見てきました。

池の水の抜けた佐布里池に行ってみました。佐布里池ができる前の湖底の地形を見ることができます。水はほぼ抜けていますが、大きな貯水池だけあって、ところどころにまだ生き物がいそうな大きな水たまりが残っています。
佐布里池はアースダム(土の堰堤)で谷をせき止めて造った愛知用水の工業用水のための貯水池です。愛知県企業庁が堤体の耐震補強工事を行うために水を抜きました。
数日前にテレビ東京の「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」のメンバーとボランティアが入って掻い堀りの収録をした模様ですが、まだ完了していないかも??しれません。

Dsc03572800n

Dsc03568800n

Dsc03554800n

堰堤を貯水池の側から見たところです。白いテントのあたりで収録したか??

Dsc03579800n

堰堤を下流部脇から見たところです。

Dsc03565800n

佐布里池の掻い掘りに先立つ昨年11月に、規模は違いますが、東浦町の於大公園の中のため池でもテレビ東京が「池の水ぜんぶ抜く大作戦」の収録をしています。掻い堀りの様子はこちらをご覧ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/23

KURUMA・ザ・トーク Vlo.6 「睡眠力を鍛えよう!眠れるカラダのつくり方」に参加して

自分はいつでもどこでもぐっすりたっぷり睡眠できることには自信がありましたが、最近、眠りが浅くなったし、早く目が覚めるようになりました。同級生に聞くと似たり寄ったり。年のせいでしょうか。
さすがに、朝、至福の睡眠を振り切って起き上がるまでの果てしない葛藤からは解放されましたが、あのたっぷり寝倒した満足感は忘れ難いです。

総合ボランティアセンター なないろの“車座”で睡眠に関する講座があったので受けてみました。講師は日本快眠協会認定 CSAお眠り認定講師・CSA快眠体操指導士の田畑真子(たばた ちかこ)さん。以下は講座の内容です。
 

睡眠障害には入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害があるが、日中調子が悪いかどうかが問題。日本では5人に1人くらいが不安を感じている。日本人の睡眠時間の平均は7.5時間で、他の先進国と比較すると1時間くらい短い。特に日本だけ、女性のほうが睡眠時間が短い。といっても、理想的な睡眠時間は6.5~7.4時間とされていて、それよりも長時間寝ると死亡率が高くなる。

睡眠の役割は、脳と身体の疲れを取ること。眠ることで、脳神経の死滅を招くとされるアミロイドβを洗い流すことができる。
睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があり、入眠の時まず深いノンレム睡眠に入り、そしてレム睡眠と、これを4~6回繰り返しながら起床する。ノンレム睡眠は脳が休憩している状態で、成長ホルモンを分泌し、肌を修復、免疫の増強、ストレスの消去などの働きがある。レム睡眠は身体の休憩で、夢を見たり、記憶や知識を蓄えるなどの働きがある。睡眠不足は、眠気、疲れやすさ、集中力低下、イライラなど人の活動に影響するとともに、高血圧、肥満、糖尿病リスクなどカラダへの影響、うつ病リスクなど心への影響がある。

良い眠りは、量×質で決まるが、量は6.5~7.4時間と限られているため、質を高めることが大事。快眠の条件として、心、身体、環境(寝具、光、音、香り、湿度、触感など)がある。心身には、温めることと緩めることが良い。睡眠力は鍛えることができる。入眠時にリラックッスすると、放熱する(手足が温かくなって深部体温が下がる)ことができる。

受講者全員で足裏快眠法を体験。スーパーボールを使って足裏のツボを刺激してみる。足指でグー・チョキ・パーをやってみる。足首を上下・左右に曲げる。肩甲骨を呼吸に合わせて上下・前後に動かす、回転する。これをお風呂の中やテレビを見ながらやると良い。

また、生活習慣として以下のことをお勧めする。規則正しく3度の食事をする。夜はたくさん食べない。寝酒は快眠の妨げなのでほどほどに。40度以下の風呂に入って体を温める。適度な運動をして、適度に疲れる。バランスボールのような有酸素運動も良い。
朝、太陽の光を浴びると14~16時間後に眠くなる。寝室にパソコンを持ち込むなど、夜間に明るい光を浴びない。毎日同じ時間に起きる。


Dsc035981200pn

みんなで軽い運動をしただけですが、身体がポカポカしてきました。さて、効果は如何に?

ところで、
最近、「眠育」という言葉を聞くようになりました。子どもたちの睡眠時間が短くなっているという指摘があります。夜遅くまで勉強したり塾へ行ったりすることよりも、まずは早寝でしっかり睡眠をとって、そして朝ご飯をちゃんと食べて、学校でしっかり集中することのほうが、子どもの心身の発達にも、もちろん学力にもはるかに大事なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧