イベント

2019/07/19

夏休み子ども教室など、夏のイベントのご案内

夏休みこども教室など、東浦町の夏のイベント情報はこちらをご覧ください。

 ●夏休みこども教室
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/summerschool/index.html

 ●夏のイベント情報
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/event.html

| | コメント (0)

2019年度第2回アチェメックの森プロジェクト 夏の森を楽しもう「森の昆虫採集・竹林管理・草刈り・流しそうめんワークショップ」のお知らせ

 身近な里山を手入れする活動のご案内です。

 アチェメックとはAichiChildrensHealthand MedicalCenterの頭文字からとった、小児の森の愛称です。大府市と東浦町の接するところにある「あいち小児保健医療総合センター」の敷地にある雑木林の竹を間引いたり、下草を刈ったりして、光の差し込む植生の豊かな林を再生し、療養中の子どもたちが散策できるように林内に簡単な小径をつくったりしています。今回は夏にちなんで、竹林の手入れと昆虫採集、切った竹を使って流しそうめんを楽しもうという企画です。詳しい内容は下記の通りです。

 

   アチェメックの森プロジェクトにリンク

 

 アチェメックの森に今年も蒸し暑い梅雨の季節がやってきました。
 でもこの時期、森の木々や生き物たちは燦々と降り注ぐ日光と雨の恵みを受けながら、すくすくと成長を遂げています。まさに「命みなぎる季節」です。
 そんな中、子どもたちといっしょに、竹林や雑木林の手入れ、木の実園の草刈り、森の小道づくり、昆虫採集などの活動で気持ちのいい汗をかいてみませんか。
 お昼には恒例となりました「流しそうめん」で喉を潤しましょう。
 自分にあったペースでできる、無理のない活動です。ご家族、お友達もお誘い合わせのうえご参加下さい。

 

日時: 2019年7月21日(日) 10:00集合
集合場所: あいち小児保健医療総合センター 竹林そばの駐車場(案内図参照)
プログラム:
    10:00 集合・オリエンテーション
    10:30 竹林の手入れ&森の昆虫採集
        (竹林の手入れ体験や、昆虫博士といっしょに森を探険)
    12:30 昼食交流会(恒例の流しそうめんを囲んでの楽しい昼食会です。)
    13:30 竹林の手入れ&森の小道づくり活動など
    15:00 後片づけの後解散
  事前申し込みは不要です。当日現地で受け付けます。
  持ち物: 飲み物・弁当(おにぎり程度)、作業のできる服装と靴、虫よけ対策、
       熱中症対策、軍手、長靴、道具(カマ・ノコギリ・剪定バサミなど)、
       子どもたちは捕虫網など昆虫採集の道具
  参加費: 大人500円(ボランティア保険料含む)、子どもは無料
  小雨決行: 判断に迷う場合は、下記のいずれかの連絡先にお問合せ下さい。
        ただし、お電話は当日午前7:00以降にお願いします。
        真弓 090-9186-2666  篠原 090-3855-2547

Achemec20190721a
Achemec20190721b

     「アチェメックの森プロジェクトのご案内」pdfをダウンロード

| | コメント (0)

2019/07/18

フレイル・認知症と口腔機能に関するシンポジウムに出演しました。

愛知県歯科医師会が主催した「フレイル・認知症と口腔機能に関するシンポジウム」にシンポジストとして出席しました。このシンポジウムは、厚生労働省老健局平成30年度老人保健健康増進等事業として愛知県歯科医師会が地元歯科医師や国立長寿医療研究センターの協力を得て東浦町で実施した「愛知県歯科医師会・愛知県東浦町オーラルフレイル調査研究」の調査結果報告を踏まえ、県下の歯科医療関係者に全身のフレイルに対する口腔機能の重要性を考えていただく機会とするものです。東浦町はこの調査研究のためにモデル自治体として対象者名簿の提供、検診場所の提供などをさせていただきました。

Oral-fraility-sympo20190718
Dsc012181200pnn


私は、シンポジウムの中で、「住民の健康増進について行政の立場から ~認知症に対する取り組み~」と題して、東浦町の概要、高齢者の状況、健康増進・介護予防事業、認知症施策についてお話しをさせていただき、その後のディスカッションに参加させていただきました。ディスカッションでは、地域包括ケアシステムの確立のための多職種連携に必要なことは何か、今後、口腔機能とフレイルの調査研究を続けていくうえで期待される何か、口腔機能低下症の患者に対し歯科医はどのように介入したらよいか、などが話題となりました。

プログラムには、予稿として以下のように書かせていただきました。

 「だんの らしの あわせ を守り支える」・・・これは、東浦町が目指す地域包括ケアの目標です。
 一人ひとりが住み慣れたこの町で、その人らしく笑顔で暮らせる、そんな暮らしを支えるための地域の力づくりとして、「地域包括ケア推進会議」を設置し、「認知症施策部会」「地域生活支援部会」「在宅医療介護連携部会」の3部会を置き、関係機関や多職種の方と連携し、事業を進めています。
 中でも、認知症に対する取り組みは「認知症のひとにやさしいまち ひがしうら」を実現するため、新オレンジプランの7つの柱に沿って推進しています。認知症の容態に応じた適切な支援を提供するため、医療・介護との連携はもちろんのこと、認知症にならないための予防事業、早期診断・早期発見できる体制整備、認知症への理解を深めてもらうための啓発、認知症のご本人や介護者への支援など、様々な事業を展開しています。
 また、ふだんの暮らしを維持するために、住民一人ひとりが元気な高齢者でいることが必要です。そのためには、高齢者に重点を置いた支援事業だけでなく、成人期からの健康づくり・重症化予防も必要な事業です。
 本町は、近隣に国立長寿医療研究センター、あいち健康プラザなど、認知症や健康づくりの拠点となる施設があり、施策実施にご協力をいただいています。
 今回シンポジウムでは、住民の健康増進について行政の立場から、介護予防教室を始めとした予防事業、虚弱高齢者の早期発見・把握を目的としたフレイルスクリーニング事業、認知症初期集中支援チームなど、認知症に対する取り組みについてご紹介します。

Dsc012231000nn
Dsc01249 Dsc01248800nn

| | コメント (0)

2019/07/12

ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム

大府市と東浦町で主催する「医福工連携の具体的な事例に学ぶ ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム」に出席しました。医療福祉分野で働く皆さん、支援機関の皆さん、医療福祉分野への参入を目指す企業の皆さんに、医福工連携の先進事例と医療福祉分野に進出した企業の展開事例を発表。またパネルディスカッションで、どんなニーズに、どんな強みを活かして、どんな連携で、何ができたかについて、参加者の皆さんと意見交換を行うことを主旨として開催しました。

基調講演Ⅰとして経済産業省中部経済産業局地域経済部の閑念部長から「経済産業省におけるヘルスケア・医療機器等産業政策と当地域の取組について」と題した講演、基調講演Ⅱとして公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構 ファルマバレーセンター事業推進部の稲葉部長から「『ファルマバレーの挑戦』~医工連携の仕組みづくり~」と題した講演をいただきました。静岡県の医薬品・医療機器・化粧品の生産額は全国1位、愛知県の約5倍の規模があります。ファルマバレーセンターは静岡県がんセンターの隣接地に居を構え、がんセンターの臨床試験を活用、全国にもネットワークを広げて、ものづくり支援をしています。近くにはテルモ、リコー、サンスターなどの企業も立地しています。

Dsc010961000pnn
Dsc011031200pnn
Dsc011041200pnn
Dsc011051200pnn

パネルディスカッションでは、東浦町のラミネート包装袋のメーカー㈱愛知商会の清水社長、大府市の飲料自動販売機オペレーター㈱アペックスの鈴木経営企画室長、みよし市の自動車生産設備メーカー㈱シンテックホズミの柴田経営企画室長が登壇。愛知商会からは酸素や水蒸気を密閉遮断できるジッパー付きポリ袋、アペックスからは高齢者の誤嚥を防止するとろみ付き飲料の提供、シンテックホズミからは高齢者の歩行を支援する電動アシスト付き歩行車の発表・展示がありました。ニーズを持つ人、ニーズを実現できる人、それを流通させることのできる人や組織は、たいていの場合は一致していません。それらをタイミングよくつなぎ合わせるネットワークの大切さを感じました。

 Dsc011801200pnn Dsc011061200nn
 Dsc011071000pnn Dsc011081000pnn

| | コメント (0)

2019/07/07

今日は職員採用試験。なないろマルシェや生路の家並の調査もありました。

東浦町総合ボランティアセンター なないろ5周年記念イベント「なないろマルシェ」が開催されました。たくさんのボランティア団体や市民活動団体が出店。高浜や知立のお店もでています。なないろには手品師が登場。隣接の地域の縁側 グリーン・ラソでは七夕カフェが開店。カフェ、ランチ、アフタヌーンティ、そして夜の居酒屋タイムまで続きます。

Dsc_77671000pnn Dsc_7776640pnn
Dsc_77791000pnn Dsc_7793800pnn
Dsc_7795800pnn Dsc_7799800nn

 
名城大学の海道教授(都市情報学科)と米澤助教(建築学科)の研究室の皆さんが、生路地区の弘法道に沿った家並を、ふるさとガイドの協力を得ながら調査しました。ここは昔からの路地と黒い板壁の住宅がたくさん残っています。
私が、職員採用試験面接を終えて生路コミュニティセンターを訪ねたら、ちょうど振り返りのミーティング中でした。

Dsc_7805800pnn

| | コメント (0)

2019/07/02

東浦町総合ボランティアセンターなないろ5周年特別企画「なないろマルシェ」を開催します。

東浦町、刈谷市、知立市、高浜市が共同で運営する市民活動情報サイト「つながるねット」と合同で、東浦町総合ボランティアセンター なないろ5周年記念イベントを開催します。
ビーズ細工や手づくりおもちゃ作成体験など、3市1町で活動する市民活動団体、ボランティア団体が大集合!活動紹介も兼ねて、物販やバルーンアートなど楽しいブースを出展します。

※駐車場に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。

62338424_2395674323999786_10256653344781

65021085_2405831982984020_78361619002021

| | コメント (0)

2019/07/01

「現展」のご案内

現展のご案内をいただきました。

現展 名古屋展が、7月3日(水)から7月7日(日)まで、愛知芸術文化センター愛知県美術館ギャラリーにて開催されます。東浦町にお住まいの方も写真展などで出品されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
現展とは

Dsc007891100pnn

| | コメント (0)

2019/06/29

非行防止と青少年健全育成町民大会を開催

文化センターで、非行防止と青少年健全育成町民大会を開催しました。保護司会、更生保護女性会、子ども・若者会議のメンバー、教育委員会、PTAの皆さんなど、多くの方々が出席くださいました。毎年、中学生の意見発表、標語、習字の応募作品表彰、そして講演または活動報告があります。世の中には、さまざまな立場、考え方や価値観、さまざまな悩みや、その原因と対処方法があって、決して一つの正解があるわけではありません。自分の考えを持ちつつも、他者の立場を受け入れ思い遣れるようになりたいものです。
意見発表では、東中3年の黒野さんが「生徒会活動を通じて、みんなで理解を求め話し合えば、大きなものも動かせる自信を持った。」、北中3年の澤さんは「便利の裏側にはリスクが潜む。スマホに頼り切らないことだ。」、西中3年の吉盛さんは「無責任な言葉は人を傷つけるだけでなく、自分の心もむしばむ。」などの主旨で、堂々とお話をしてくれました。

標語の優秀作品は、以下の通りでした。

  その声で 誰かの笑顔 取り戻す
  思いやり 少しのことでも 思いあり
  あいさつで 人の心に 花が咲く

講演では、以前、東浦高校の伊藤校長先生の学校づくりのお話しや、協力雇用主として北九州で積極的な活動をされている野口さんのお話で感銘を受けました。今回は北中学区おやじの会の活動報告でした。おやじの会の目指すことは、子どもたちとの交流を図り、青少年の健全な育成を考え、成長を見守ることと、オヤジ同士の親睦を図り、意見交換を行うこと。PTAのOBが中心ですが、会の趣旨に賛同してくれる人なら誰でもメンバーになれます。毎年、夏に親子で野外活動などを計画しており、平成19年度は富士登山、平成30年度は犬山にワカサギ釣りに行きました。オヤジもやるじゃんと、子どもたちから見直されることもあるそうです。

Dsc010301000tpnn


青少年健全育成の関連行事としては、明日から再来週にかけて、更生保護女性会が中心となって、各地区で恒例のフィルムフォーラムを開催、8月22日にはイオンモールでいきいきファミリーフェスタ2019を開催予定です。

法務省の保護観察所の方がおっしゃっていましたが、社会を明るくする運動のマスコットキャラクターのホゴちゃんはどうしてペンギンかというと、鳥は鳥でも飛行(非行)をしないからだそうです。
そう言えば、以前、同じく保護観察所の方が、なぜ運動を七夕の時期にやるかというと彦星(非行防止)だから、とおっしゃっていました。ここでもオヤジが活躍?してます。

Kouseipenguinhogochan2019

| | コメント (0)

2019/06/28

若者の考えがまちを変える!『若者会議』参加者募集

まちの抱える課題や将来の夢について、これからどう取り組むか、若者同士で自由な発想で話し合います。町内外を問わず、まちづくりに関心のある13歳から29歳のみなさんを募集します。
開催は、イオン東浦内 イオンホールにて、8月4日(日)、8月25日(日)、9月14日(土)、9月21日(土)、9月29日(日)の全5回、いずれも13時30分からです。申し込みは、7月26日(金)までにメールまたは電話で役場企画課へ。
詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/wakamonokaigi/8219.htmlをご覧ください。

Wakamonokaigi20190804
Wakamonokaigi20190804poster

| | コメント (0)

2019/06/22

シルバー人材センター総会 と 井筒部屋激励会

文化センターで開催された公益社団法人 東浦町シルバー人材センター 総会に出席しました。長坂久補会長が退任され、その後の理事会で都筑一男新会長が選任されました。
シルバー人材センターは、60歳定年の後を如何に過ごすかと言う時代背景の中で生まれた高齢者の生きがいづくりの場であったのだと思います。しかし、今や、企業は人手不足、定年も65歳になり、さらに働けるまで働きましょうという時代になりました。地域のボランティア活動と競合する部分も出てきました。時代の変化によってシルバー人材センターの活動範囲が狭まりつつある中で、平成30年度の東浦町シルバー人材センターは、会員が411名から405名の若干の減、委託事業と派遣事業の契約金額は派遣事業が1300万円余増加し、合計2億5400万円程になりました。東浦町シルバー人材センターは、会員の支えと幹部の経営努力によって県下でも高い実績を上げています。シルバー農園、おたすけ隊、刃物研ぎ、門松づくりなどの独自事業に加えて、シルバー人材センターの活動をわかってもらおうと、毎週、入会説明会を行っています。
今後とも、時代が変化する中で、シルバー人材センターとしての活動領域を見定め、高齢者の居場所と遣り甲斐を生み出し続けていただきたいと思います。シルバー人材センターのさらなる発展と会員の皆様のご健勝とご活躍を心から祈念します。
 
夕方、勤労福祉会館にて毎年恒例になった井筒部屋の激励会が開かれました。横綱をはじめ力士の皆さんと親しく席を同じくする機会は滅多にあるものではありません。今回、岡村大府市長さんが初参加されました。
今年は乾坤院の本堂も再建され、稽古場が再び乾坤院に戻ってきました。乾坤院の前に井筒部屋と鶴竜関の幟が立ったのを見て喜んだ方も多かったと思います。今度の大相撲名古屋場所では是非すばらしい成績を残していただきたいと思います。

Dsc00964800pnn
Dsc00885800nn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧