イベント

2019/01/21

「伝えるコツセミナー in Handa」が今月末開催予定だそうです。 

伝えるって難しい!!
これ、おもしろそうです。

https://www.facebook.com/events/338241263672733/

以下、上記サイトの抜粋です。

Tsutaerukotsu20190130

広告やWebムービーなどを手掛ける“電通”の講師から、自分たちの活動を相手に上手に「伝えるコツ」を学ぶことができる講座を開催します。
団体活動を簡潔に伝えられるよう、団体スローガンを作成するワークショップも行います。
団体活動の広報に活かしてみませんか。

定員:30名(先着順)

講師:鈴木契さん
(株式会社電通関西支社 クリエイティブディレクター/コピーライター/CMプランナー)

参加費:500円

申込み:電話、FAX、メールまたは窓口にて受付

問合せ:はんだまちづくりひろば
半田市広小路町155-3 クラシティ3階
TEL 0569-32-3440 FAX 0569-32-3447
Email:machihiro@city.handa.lg.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/20

緒川コミュニティもちつき大会、東浦かるた大会に行ってきました。

緒川コミュニティの新春もちつきカラオケ演芸大会。ポン菓子のパッカーンをやらせてもらいました。

 Dsc_6596800n Dsc_6598800n
 Dsc_6599800n Dsc_6602800n

 
東浦かるた大会は今年で16回目を迎えました。有志で続けている行事です。私も以前、有志のメンバーだったご縁で、かるた大会当日は見に行くことにしています。
東浦かるたは、かつて東浦の歴史や文化に造詣の深い方たちが、町内の地理や歴史、生活にちなんだ場所や事柄について、小学生に絵と言葉を募集して、それらを編修して作られました。私も知らないような町内の史跡や伝承についての記述もあってなかなかの優れモノ。結構勉強になります。
せっかく作ったのだから、子どもたちに親しんでもらい、もっと活用しようと言うことで、有志でかるた大会を立ち上げて、それが今まで続いています。
今日は特別に「み」の大当たりのカードが混ぜてあるのだそうです。

Dsc02790640pn

Dsc027931000pn

50593686_1034800760063947_697338906

 
かるた大会に併せて、けん玉検定も行われていました。検定員の資格を持つメンバーが、簡単なアドバイスと検定試験をしてくれます。10級から、いきなり3級を取ってしまった強者もいました。

Dsc02796800pn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/19

「65歳のつどい」など たくさんの出来事がありました。

於大公園で、スポーツ少年団駅伝大会がありました。気持ちの良い朝でした。

            Dsc02705800tn
 Dsc02708800tn Dsc02720800tn

 

65歳成人式が今年度は「65歳のつどい 」と名を改め、「Re・スタート記念日」とサブタイトルをつけて開催されました。場所も、あいち健康の森から、みんなが町運行バス「う・ら・ら」で集まれるようにと緒川駅前のル・グランジュールへ。バスのチケットがついていたり、参加者向けに地域活動のパンフレットなどが入ったファイルがついていたり、随所に工夫が感じられます。
近年は、従来の運動、栄養、休養の健康の三要素のほかに、社会参加が健康に欠かせない大事な要素と言われています。やはり人は人とコミュニケーションをして、居場所、役割があって、人から必要とされることが、遣り甲斐、生き甲斐につながります。
今日は、健康、認知症予防をテーマに、国立長寿医療研究センターの中窪翔さんをお招きして、コグニサイズについての講演と軽いエクササイズをしました。
そのあとで、老人クラブ、シルバー人材センター、NPO法人 絆、社会福祉協議会と福祉課から総合ボランティアセンターの活動やセミナーとおすそわけ隊の紹介がありました。どれも、想いを持って活動しているからこそ言えるような、心のこもった共感を生むお話でした。
それを聴いていた伊藤衆議院議員が「初めて65歳のつどいの意味がわかった。これはまちづくりだ。」と仰っていました。
午前の部で退席しましたが、実行委員の皆さんの企画も素晴らしかったし、地域活動をされている方々の発表も素晴らしかったです。
65歳の皆さんのRe・スタートにエールを送ります。

 Dsc027281200pn Dsc02732800pn
 Dsc02736800tn Dsc027381000tn
 Dsc027441000tn Dsc027531000pn

 

農業×食堂×就労支援を試行しているさんで、餅つきがありました。栞さんが中日新聞で紹介されたのを東海市の方が見つけて、何か役に立てればと、餅つきを提案してくれたのだそうです。新聞記事を読んで耳の不自由な方が手伝いに来てくれたことも聞きました。新聞記事がつなぐご縁もあるのですね。

 50691584_2354854914744887_176331440 Dsc02765800n
 Dsc02771800n Dsc027681000n

 

午後からの教育フォーラムは「異文化理解と多文化共生」をテーマに開催。これまでにない試みでした。
今、海外の日本人学校に赴任している先生が数人います。また日本人学校から帰って、町内の小中学校で教鞭をとっている先生もいます。
そこで、ローマ、バハレーン、アブダビ、大連に赴任していた4人の先生のリレートークと意見交換をしました。やはり、アラブについては知らないことばかり、1時間半では時間が足りませんでした。もっと聞きたいことはあるし、議論もあるのでは思います。再度、ディスカッションを組み込んだ企画を考えてもよさそうです。

 

今日はいろいろありました。スケジュールの最後は、東浦町と阿久比町が合同で行っている「防災リーダー及び災害ボランティアコーディネーター養成講座」の最終日、閉会式でした。
受講者の皆さんの振り返りのあとで、私から終了証をお渡ししました。
4日間の受講お疲れさまでした。またありがとうございました。せっかく受講されたのですから、さっそく実践を心がけてくださるようお願いいたします。

50269281_296149491088604_5690223907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/17

水野氏講座「知恩院と傳通院」 ~家康の母於大の方祀られ方の謎~ のご案内

京都東山のある知恩院と江戸小石川の傳通院の造営は、於大の方が慶長7年(1602)に京都(伏見)で亡くなり、翌8年家康が征夷大将軍に就任する中でおこなわれました。講義では、この二つの寺の造営の背景を考えることで、謎に満ちた於大の方の祀られ方を考察します。

 日時: 2月23日(土) 9時30分~11時30分
 場所: 文化センター2階 視聴覚室
 講師: 岐阜県立看護大学 非常勤講師 高木傭太郎さん
      (戦国近世史の専門家)
 受講料: 400円 要事前申し込み

詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/rekishi/1865.htmlをご覧ください。

<水野家講座にちなんでお知らせ>
亀城公園の隣接地で建設中の「刈谷市歴史博物館」が完成。3月24日(日)にオープンします。

<うのはな館企画展のご案内>
東浦町郷土資料館では企画展「知多四国八十八ヶ所と日本の巡礼」を開催中。1月20日(日)までの開催です。

詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/bunkazai/ibento/1503195855241.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/16

東浦映画プロジェクト「バリアフリーかあちゃん」がついに完成。

2月24日(日曜日)18時から、文化センターにて初公開されます!

詳しくはhttps://www.facebook.com/higashiura.eiga.pro/posts/1998053040275785をご覧ください

48426104_1998056326942123_892284016

48387927_1998057520275337_653824262

予告編はこちらです。

プロジェクト代表の村松さんから(抜粋)
この東浦町の住民主体による映画制作は、新しい時代に向けて、東浦町のイメージを住民の手で変えていければと、予算ゼロ、経験も地位も名誉もない何もない状態から 石丸 みどり監督の指導の下で挑戦してきました。プロジェクトのメンバーは誰一人と映画制作に関わったことが無い中で、試行錯誤し、時に失敗や衝突をしながら、映画制作を通して多くを学びました。新たに市民活動に加わった人、自分の住む「まち」を知るきっかけとなった人、沢山の繋がりができた人、新たなチャレンジの場となった人・・・この映画を通して多くの成長があったかと確信しております。
町内に福祉で頑張ってる人がたくさんいて、外国の方も住みやすいと言ってくれる、そんなまちの姿を映画を通して訴えたい。これからも映画を通して、子どもたちに、挑戦することの大切さを訴えていきたいし、違いを認め合えるようなまちづくりに貢献できるような活動をしていきたいと考えています。

石丸みどり監督から
市民映画『バリアフリーかあちゃん』によせて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/15

「Public x Technology 行政のデジタル化と社会のスマート化」@名工大に参加

12月14日は、名古屋工業大学へ。
「Public x Technology 行政のデジタル化と社会のスマート化」と題した講演会に参加。

まず、「Publitech」の提唱者で、ソーシャルワーカー、共創法人 CoCo Social work CEO、神奈川県議会議員の菅原直敏さんからお話し。30年前は、日本の銀行や製造業が世界の時価総額ランキング上位50社のうち30社ほどを占めていたが、今ではGAFA、マイクロソフト、アリババ、テンセントなどが上位で、日本企業はトヨタが40位くらいに辛うじて入っているのみ。世界の変化はすさまじい。トヨタは車屋だが、アマゾンは本屋ではない。ICTの導入=効率化と捉えがちだが、テクノロジーによって人々をエンパワメント(支援)することが目的。ましてや導入が目的となってはいけない。どんな社会をつくるか理念が必要だ。

 Dsc026541200n Dsc026561000n

名工大の白松俊准教授からは、シビックテック、Code for AmericaやCode for Nagoyaの活動を紹介。海外はオープンガバメント運動から派生し、日本は地域のまちづくり活動の延長で身近な課題に取り組むケースが多い。オープンデータについてはもともと税金で集めた市民のデータなので、誰かの不利益にならない限り公開していくべき。市民参加のツールともなる。

 Dsc026571200n Dsc026701000pn

そのあとでディスカッション。日本では、エストニアやデンマークのような戦略的な電子政府の発想はないが、行政手続きなどを支援する仕組みを考えている自治体はある。個人の医療や保険の情報管理を個人にゆだねることや、補助金申請と受け取りの電子化なども考えられる。菅原さんは、テクノロジーをどう公共に役立てていくか、期間限定で考え実践していく活動を進めている。

Dsc026801200n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/12

今年は猪の走馬燈風の神輿

昨晩は、東浦町文化協会の新年会に出席しました。
ことしも楽しく盛り上がりました。
恒例の干支の出し物は、猪の走馬燈風の神輿でした。毎年、加藤会長がコンセプトを考えて、夏目写真部長がそれを実現するのだそうです。もちろん手作りです。“於大音頭”に合わせて会場を練り歩きました。

Dsc02621800ppn

Dsc02626800tpn

昨年は御犬様の神輿、一昨年はしあわせ鳥のアトラクションでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/09

「ひがしうら おすそわけ隊」が本格始動します。

■おすそわけカフェ
1月18日(金)14時~15時、地域の縁側グリーン・ラソにて、
おすそわけカフェを開催します。新たにサービスを開始する「おすそわけ隊」について知っていただくキックオフイベントです。どなたでも参加できます。
おすそわけ隊は、地域で互いに助け合う仕組みづくりの一環です。

Osusowakecafe20190118

「おすそわけ隊」は日常生活の「ちょっと助けて」をお手伝いします。
詳しくは下記をご覧ください。

Osusowaketai20190101start

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/06

藤江コミュニティのジョギング大会で走りました。

藤江コミュニティでジョギング大会を開催。毎年、成人式、出初め式と重なっていて、出られない人もいたようですが、きょうは他地区からも多くの参加者がありました。種目は、4kmと2kmのジョギング、2kmのウオーキングがあって、当日参加もOKと言うことでしたので、私も2kmジョギングに初参加しました。
駅や停留所までのダッシュはしょっちゅうやってますが、2kmも走るのはウン十年ぶりでしょうか。まずは止まらずマイペースで完走することを目標としました。藤江神社から須賀川沿いに下って田んぼの中をカリモクのショールームまで行って帰ってくるコースです。たかが2kmと舐めていましたが、さすがに身体が重くて足が上がらなくなってきます。でも一応完走。朝から気持ちの良い汗をちょっとだけかいて、さあ、うちに帰ってデスクワークします。
豚汁やぜんざいの振る舞いもありました。昭和62年から続く藤江伝統のコミュニティ行事です。

Dsc025381000tn

Dsc02542800pn

Dsc02543800tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講演「2020以降のAI・IOTが地域社会にもたらす変化(技術的背景・社会的背景)」@東浦 のご案内

ちょっと気が早いですが、こんなご案内をいただきました。
東知多ロータリークラブが50周年記念事業として、緒川駅東に拠点を置くIT企業、エス・ツーアイの村瀬竜雄社長の講演会を企画しています。
来年5月23日14時、カリモク家具本社ショールームにて。
どなたでも参加いただけます。

Dsc018781000tpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧