イベント

2022/12/05

うららん クリスマス会のご案内

総合子育て支援センター うららん に行ったら、クリスマスの飾りが出ていました。

20221203_104611800pnnnnn
20221203_104504800tpnnnnn

 
12月15日(木)10時~11時半には、クリスマス会を開催します。対象は0歳から未就学の子と保護者です。
詳しくは https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/jido/uraran/event/12210.html をご覧ください。

Uraran-xmas20221215

 

 

| | コメント (0)

2022/12/04

地域猫セミナー、泉書道展、うの花音楽祭に行ってきました

午前は、刈谷産業振興センターで行われた「行政マンによる行政マンのための地域猫セミナー2022」に出席。冒頭にご挨拶をさせていただきました。

Chiikineko-seminar20221204a
Chiikineko-seminar20221204b

 

神奈川県動物愛護協会専務理事の黒澤泰さんから、横浜市の保健所に36年間勤めた中で、如何にして地域猫活動を着想して地域の問題解決に取り組んできたか、また行政はどんな姿勢で地域活動を後押しすれば良いのかなどについて伺いました。ツボを捉えたとてもわかりやすいお話しでした。東浦町では役場環境課が町内の地域猫活動に補助金交付、PR、説明会開催などの支援をしています。

20221204_101520-1200tp20221204_101729-1200tp
20221204_103037-800tp20221204_103618-1000p
20221204_103925-800tp20221204_105915-800tp

 

午後から、文化センターで開催されている泉書道会展を見てきました。師範の浦山洸道さんは中学校で学年が同じでした。私も「昇華」と書いたものを出展させていただきました。

Dsc03957-1200tDsc03956-1200tp
Dsc03955-1200tpDsc03961-1200
Dsc03960-1200tpDsc03963-1200tp

 

文化センターでは、ちょうど第20回うの花音楽祭も行われていました。老人グラブのアンサンブルから中学校の合唱部まで幅広いグループが出演。お客さんも多かったです。

Unohana-ongakusai20221204Dsc03953-1200t
Dsc03968-1200Dsc03971-1200t

 

| | コメント (0)

2022/12/03

いきいきファミリーフェスタで 人形劇をやります。

生路児童館では、更生保護女性会主催の いきいきファミリーフェスタ が開催されていて、多くの親子が遊びに来ていました。ちょうど、「よろず劇団 とんがらし」の人形劇が終わったところです。

20221203_111639900tnnnnn

 

明日12月4日(日)は卯の里コミュニティセンターで、翌週12月11日(日)は緒川コミュニティセンターで人形劇が上演されます。

Ikiiki-famfes20221203

 

| | コメント (0)

2022/12/01

「ひがしうらRe-Boneグルメスタンプラリー」が始まりました。

グリーン・ラソにランチを食べに行ったら、メニューに「おから入り」の印が・・・。

鶏から揚おろし煮は衣の中に、白玉ぜんざいは白玉の中におからパウダーが入れてあるのだそうです。おからパウダーはほとんど無味無臭なので入っているとは気づきませんでした。とても美味しくいただきました。

20221201_122514-1200tp

 

店内には、スタンプが1つ押された「ひがしうらRe-Boneグルメスタンプラリー」のチラシが置いてあります。

そうだ! 今日から、東浦町の骨折予防プロジェクトの一環で、おからと摘果ぶどうを使った料理やスイーツを提供する町内の飲食店を巡る『ご当地グルメ開発ひがしうらRe-Boneグルメ」スタンプラリー』を始まったんだ!!

スタンプラリーについて、詳しくは https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shokoshinko/shokokanko/gyomu/gotouchigurume/12522.html をご覧ください。ぜひ、たくさんのお店を回ってお気に入りのグルメを見つけてください。豪華景品も当たります。

Re-bone-gourmet20221201a2
Re-bone-gourmet20221201bc
Re-bone-gourmet20221201d

 

| | コメント (0)

2022/11/27

東京から帰って、ひがしうら公共施設未来会議、県政150周年記念式典、真鶴出版 川口瞬さんのトークショー

Dsc03631-900t


今日は青空、富士の高嶺は真っ白でした。考えてみれば、もうすぐ12月ですから。

ところで、富士山と言えば、新幹線で名古屋に向かって右側の窓ですが、反対のCDE側の窓からも見えることをご存じでしょうか? 静岡駅を過ぎて安倍川を渡り東海道線と並走する用宗にかけての僅かな区間で線路が真南に向かいます。ここでほんの短い時間ですが富士山が見えるところがあります。

Dsc03674-900t


 

Future-session20221127a 勤労福祉会館では午前午後を使って「ひがしうら公共施設未来会議 ~Future Session@Higashiura~ 」を開催、名古屋大学大学院の小松教授の基調講演の後で、よむらびカフェ於大公園のこれからを考える会でお世話になったまち楽房(マチラボ)の加藤武志さんがたっぷり時間をかけてアイスブレイク。2030年に人生のゴールと世界のゴールの両立をめざす2030SDGsゲームをチームでプレイし、あちらが立てばこちらが立たないこと、協力なくしては目標達成できないことをゲームでもって体験します。
参加者がいい雰囲気になったところで、午後から、年齢もさまざまな方々がこれからの私達の公共施設の再編はどうあるべきかについて話し合います。次回は来年6月に予定しています。

Dsc03679-900pDsc03695-900p
Dsc03701-900pDsc03706-900

 

午後から、愛知芸術文化センター大ホールで、愛知県政150周年記念式典が開かれました。
1872(明治5)年11月27日に、当時の愛知県(名古屋県が改称)と額田県(現在の三河と知多)が合併して現在の愛知県が誕生しました。大村知事は、県政150周年を記念し、愛知の将来の発展を牽引する象徴的なプロジェクトとして次の6事業を挙げました。
  ・ジブリパーク
  ・国際芸術祭「あいち2022」
  ・STATION Ai
  ・愛知県新体育館
  ・愛知県基幹的広域防災拠点
  ・愛知県畜産総合センター種鶏場

Dsc03714-900t


 

泊まれる出版社真鶴出版川口瞬さんをゲストに招いて、d news aichi agui で開かれたトークショーを聴きに行きました。フィリピン経由で真鶴に移り住んだ川口さん夫妻が始めた地産地消の出版社、この出版社を介して真鶴町に魅力を感じ、これまでに28組62名以上が真鶴に移住しました。「美の基準」を包含する「真鶴町まちづくり条例」が制定されてから30年になる今、真鶴に移住した若者がこのまちに住み感じたことを踏まえて、自分なりに解釈、再編集した真鶴のまちづくりトークが面白いです。
私が真鶴町の近くに住んでいたのはちょうどバブルの頃。リゾートマンション問題が持ち上がる直前くらいでしょうか。久しぶりに真鶴に行って出版社に泊まってみたくなりました。

Dsc03740-1200tDsc03744-1200tp
Dsc03755-1200tDsc03758-1200tt
Dsc03763-1200tDsc03769-1200t
Dsc03773-1200tDsc03776-1200tp

 
ギャラリーでは、「美の基準展」を開催中でした。阿久比のまち歩きを通して“阿久比らしい”写真と心に浮かんだフレーズをLINEアプリで共有し、「阿久比町の美の基準」を作るのだそうです。こういう発想が面白いですね。

Dsc03722-1200tpDsc03720-1200

 

| | コメント (0)

2022/11/26

第14回おだい市&東浦セミナー、午後から東京へ

おだい市&東浦セミナーが久しぶりに勤労福祉会館で開催されました。住民有志の企画・運営による、手作り作品の販売、ワークショップ、キッチンカーなどのマルシェと、教えたい人が講師になれるセミナーを同時開催するイベントです。コロナ禍で中止もありましたが、2014年11月の第1回から数えて第14回となった「伝統」の行事です。公園などで青空おだい市が開かれたこともあります。町内はもちろん、南知多や武豊など町外から出店している方もいます。ちょっと覗いてきました。

Dsc03612-900tpDsc03581-900tp
Dsc03601-900tDsc03605-900p
Dsc03595-900tpDsc03582-900tp
Dsc03594-900pDsc03585-900t
Dsc03584-900pDsc03591-900p

 

このあと慌てて電車に乗ろうとしたのですが・・・事故で電車が遅れて、結局新幹線に乗れたのは13時半頃。おかげで偶然にも大高付近で県政150周年記念のブルーインパルスの展示飛行を見ることができました。走行中ののぞみとブルーインパルスがクロスするとは何という偶然!!
この時ちょうどスモークを吐いたのですが、カメラに収まりませんでした。残念!
ことろで、この白煙の正体は何でしょうか?エンジンの排気口にスピンドルオイルを噴霧するのだそうです。

Dsc03618-700tp
Dsc03619-700tp


こちらは以前、入間の航空祭で撮った写真です。
Image20091103aImage20091103b

 

大学時代の部活(奇術研究会)の同窓会に出席しました。上下1学年くらいの小振りな同窓会でした。年賀状の遣り取りはあってもほとんどの人たちは40年ぶりの再会です。それでも案外すぐに誰だかわかるものです。皆さんそれぞれの働き方をしています。お互い老けたなと言いつつ、懐かしい話題は尽きませんでした。

317951820_6409493065732905_8235805244761318179663_6409493079066237_7979515276866

 

| | コメント (0)

2022/11/24

あいち炭やきの会から「すみわたる秋の文化祭・講演会・マルシェ」のお知らせです。

11月26日(土)、あいち健康の森公園の交流館と芝生広場にて、「すみわたる秋の文化祭・講演会・マルシェ」が開催されるそうです。詳しくは、下記のチラシをご覧ください。

Wellness-marche20221126
Sumiyakinokai20221126
Sumibito202211-21aSumibito202211-21b

 

| | コメント (0)

2022/11/20

総合防災訓練、ファインマークコンテスト、SP研修会 に参加しました。

午前中は朝から総合防災訓練でした。まず、大規模地震の発災を受けて役場で災害対策本部を立ち上げ、避難指示、職員の召集、被災状況の把握、応援要請、広報、樋門操作、避難所へ応急給水・・・などを想定した訓練。
その後、石浜地区へ。片葩小学校のグラウンドと体育館では、地域の自主防災会の皆さん、東浦防災ネット、赤十字奉仕団、多文化共生ひがしうら、民生委員、社会福祉協議会、アマチュア無線クラブ、知多中部広域事務組合、自衛隊、中部電力、東邦ガス、知多メディアスなどが参加して、体験訓練や実演を行いました。

20221120_092013800pnnnnn20221120_092338800nnnnn
20221120_093353800pnnnnn20221120_093456800nnnnn
20221120_101200800nnnnn20221120_094313800tnnnnn
20221120_095138800tnnnnn20221120_095745800nnnnn
20221120_093933800pnnnnn20221120_101424800nnnnn

 

Finemark-contest20221120 イオンモール東浦のイオンホールで開かれた2022ファインマークコンテストに審査員として参加。ファインマークコンテストは感染症の影響で2年間お休みしましたが、今回で3回目の開催。住民有志の企画・運営で、まちを元気にする活動をしている人たちを発掘し讃えるイベントです。fine=元気?、mark=印?で、「元気印」なのだそうです。
出場したのは、自分なりに目標を決めて健康づくりをしている加藤さん、コロナ禍で余暇ができて得意の工作で雛人形や車のフィギュアを作るようになった長坂さん、これまで30年間ライブ活動を続けてきて人と人が共感でつながることをしていきたいという村松さん、40歳になって息子娘といっしょに若い頃からアカペラがしたいという夢を実現した戸高さん、フィリピンから千葉を経て東浦に住んで19年、子育て、役場の外国人相談員、日赤の奉仕活動、外国人のコミュニティづくりに活躍する千葉さん の5人。出場者のプレゼンテーションを見て、審査員と会場の参加者が審査します。

Dsc03426800tpnnnnnDsc03438-900p
Dsc03428800tpnnnnnDsc03447-900p
Dsc03454-1200tpDsc03474800tpnnnnn

準グランプリには加藤さん、審査員賞には村松さんが選ばれました。高齢者の健康づくりは決して珍しくはありませんが、「一病息災」を唱え、糖尿病を克服するために飲食・喫煙の習慣を改め、70歳を過ぎて懸垂、逆上がり、ハーフマラソン、剱岳登山など、できなかったことを着実に実現していく加藤さんの“元気”に共感が集まりました。
グランプリを受賞したのは千葉さん。プレゼンでは娘さんの少林寺拳法の演舞もありました。千葉さんは最近、飲食店で倒れた高齢者を咄嗟に心肺蘇生したことでマスメディアの取材も受けています。教育長と社協会長と一緒に記念写真を撮らせていただきました。おめでとうございます。

Dsc03514-1200tp

Dsc03516-900Dsc03518800tnnnnn

 

午後から片葩小学校でスクールパートナー研修会が開かれました。東浦町のスクールパートナーを経験した人もそうでなかった人も、教師をめざす学生や興味のある先生方なら誰でも参加できる教育研修会です。東浦町がスクールパートナー事業を始めて10年目になります。昨年のテーマは 主体的な学び でした。
今回のテーマは、「個別最適な学び」。貝沼校長先生の基調講演「これからの“わくわく算数教室”、そして“算数授業”に望むもの」を聴くことができなくて残念。最後に、片葩小学校SPコーディネーターの中村先生から文部科学省の求める「個別最適な学び」と「協働的な学び」をどう解釈するかについて解説がありました。中村先生は、計画通りの授業をこなすのではなく、如何に子どもの視点に立った学びを実現するかが重要なことを強調されていました。

Sp-kensyuukai20221120aSp-kensyuukai20221120b

 

Dsc03521-900tp
Dsc03532-900t
Dsc03535-900tp
Dsc03544-900tp
Dsc03545-900tp

 

| | コメント (0)

2022/11/19

観光協会の正副会長と 於大の方の墓所のある小石川傳通院へ

3年ぶりに於大の方の菩提寺 傳通院に行ってきました。観光協会の今津会長と平野副会長も一緒です。傳通院で行われる十夜法要会 と 麻生貫首の定僧正叙任のお祝いに出席、於大の方のお墓参りをしてきました。
麻生貫首をはじめ傳通院の皆様には、もうかれこれ30年、於大まつりの初期から毎年東浦にお越しいただいています。やがて、水野家のご当主もお越しくださるようになり、その後当主が徳川家のご令嬢を於大まつりに誘ってくださるようになりました。今年の於大まつりには地元文京区の成澤区長さんもご参加くださいました。これはすべて、於大の方のご縁で、このご縁を末永くつつけさせていただきたいと願っています。
法要の後には、舞踊と能の披露がありました。古典芸能とは明治維新以前からある芸能のことだそうです。能を舞ったのは檀信徒総代の清水さんのお子さんとお孫さんで、なんと清水家は村木砦の戦の頃から水野家に仕えていて、村木砦の碑文に先祖の名前が書かれているとのこと。能の後の懇親会には橋幸夫ご夫妻が参加されていました。橋さんは傳通院の檀家なのだそうです。またまたご縁が広がりそうです。

20221119_141349800pnnnnn20221119_150206800tnnnnn
20221119_152633800tpnnnnn20221119_153050800tnnnnn
20221119_1605301000tpnnnnn20221119_184557800nnnnn

| | コメント (0)

2022/11/18

地域共生社会推進全国サミットinつるが に行ってきました。

昨晩、敦賀に着きました。敦賀駅前は、2024年春の北陸新幹線敦賀駅開業にあわせて整備が進んでいます。
真新しいバス停を見たら・・・“東浦”ってあるんですね。みかんの産地だそうです。

20221117_173350800nnnnn20221117_173327800nnnnn

 
きらめきみなと館まで2kmちょっと歩いたら、駅前から海の近くまで歩道に屋根のついた商店街が続いていてびっくり。館内のイベントホールでは地域共生推進全国サミットinつるがの交流会が行われていて、市内のコミュニティが五所川原から仕入れたスコップ三味線で盛り上がりました。本体はスコップでバチはビールの栓抜きです。つがるじゃなくてつるがです。

20221117_190408800pnnnnn

 

きょうは分科会B「地域で子どもを育むまちづくり」に参加。自身がシングルマザーで、豊中で子どもを中心とした多世代交流の拠点づくりをしてる団欒長屋プロジェクトの渕上桃子さん、子育て支援グループのネットワークとして、子育ての相談窓口、区民版子ども・子育て会議、講座や人材育成、フードパントリーなどさまざまな活動を展開しているせたがや子育てネットの松田妙子さん、子どもの笑顔のために父親を笑顔にしようとプレーパークのある学童保育を設立したパパジャングルの荒巻仁さんをパネリストに迎え、社会活動家の湯浅誠さんがコーディネートする分科会です。「困ってから浮き輪を投げる社会ではなく、すべての人にライフジャケットが配られている社会」「大玉転送りで誰かがサボると玉が落ちてしまう」「『子どもが真ん中』は『子ども我慢中』とも読める」「批判のエネルギーよりも感謝のエネルギー」など名言が飛び出しました。

20221118_093841800nnnnn20221118_1320151200nnnnn

 
来年の開催地は愛知県豊田市です。太田市長は、「豊田市では、健康寿命の後を快適期間としよう、これらを合わせて『幸福寿命』と呼ぼうと言っている。豊田市は市街地の外に全面積の7割の森林が広がっており、日本の縮図。都市部は山間地に目を向ける必要がある。豊田市は世界的なラリー大会を誘致しているが、この目的は ①山の原風景や価値を世界に伝える ②交通安全の推進 ③ラリーカーの開発を通した産業振興。ぜひ来年は豊田の取り組みを見て欲しい。」と語っていました。

20221118_1357241200tnnnnn

 

せっかく敦賀まで来たので、赤レンガ倉庫倉庫の前を通って、人道の港敦賀ムゼウムを見てきました。ポーランド孤児の受け入れ、ユダヤ難民を救った歴史の展示です。ユダヤ難民の救出には、杉原千畝の命のビザ発給の他に多くの個人や団体の連係プレーがあったことがわかります。

20221118_120152800nnnnn

 

新幹線駅の建設にあわせて駅前は旧国鉄用地を含めて大規模な再開発がされています。新しいビジネスホテルが建ち並び、駅ロータリーの脇には芝生広場を囲んで、子育てサポートセンターや店舗が並んでいます。

その中の本屋さんがちょっと変わっています。思わず探検したくなるような書棚のジャングルの中にそれとなく机や腰掛けがしつらえてあります。置いてある本もかなり個性的というか趣味的。民藝に関する図鑑など販売を想定してなさそうな本まであります。店内には市内の氣比神宮前にある茶店が入っていて飲み物を飲みながら本を読むこともできます。さながら『貸し出ししない図書館』です。
ここは珍しい公設書店で、知育・啓発施設なのだそうです。丸善雄松堂と編集工学研究所が指定管理者として運営しています。

20221118_0920291700pnnnnn
20221118_1527431200nnnnn20221118_1529231200nnnnn
20221118_1537001200pnnnnn20221118_154431800pnnnnn
20221118_1544551200tpnnnnn20221118_1547111200nnnnn
20221118_1547211200nnnnn20221118_1548121200pnnnnn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧