イベント

2020/11/21

コロナに負けない願いを込めて

母の七日参りの法要でお寺へ。大木茂る寺のある高台から見る甍の波と対岸の三河の眺望は私の好きな景観です。お参りを済ませると卒塔婆を渡されます。卒塔婆(そとばorそとうば)の起源は仏塔(ストゥーパ)なのだそうです。

Dsc06327800pnnnDsc06320800nnn

 

「地域未来創造研究会」の公開セミナー「地域未来創造における公務員の役割と住民の役割」を聴講。ポートランドでお世話になったPSUの西芝雅美教授から“Public Engagement”について示唆に富んだお話しを聴くことができました。

Dsc063421200tpnnnDsc063431200tpnnn
Dsc063471200tpnnnDsc063491200tpnnn
          Dsc063531200tpnnn

 

午後からは書道の練習。今年は文化協会の書道展が中止されていたので、今年の最初で最後?の習字となりそうです。
書いたのは、新年の「広報ひがしうら」に載せる文字と文化協会主催「コロナに負けない文化展」への出展予定作品です。今回は草書に挑戦してみました。まだまだ駆け出しです。

Dsc063621000tpnnnDsc06460800tpnnn

 

夕方、藤江地区で開催された「藤江にともる だんつくのあかり」を見に行きました。コミュニティセンターと国道沿いのだんつく看板前に小学生から大人まで皆でつくった竹灯篭を並べてまちを照らそうというイベントです。家の玄関先に飾られているものもあります。多くの有志のみなさんの企画と協力で実現しました。
見に来た人たちで談笑の輪ができていました。コミュニティセンター前の竹灯篭には、光の文字で「灯る日に 心癒やされ 君想う コロナ去りし日 絆深まる」と記されていました。

126291229_3342693005858143_9091034122372Dsc06439800pnnnDsc06413800pnnn
Dsc06431800pnnnDsc06444800tpnnn
Dsc06446800nnnDsc06410800tpnnn

         Dsc06450800tpnnn

Dsc063711000tpnnn
Dsc06376800tpnnnDsc06458800pnnn

| | コメント (0)

2020/11/16

年末恒例、“東浦寄席”を開催予定です。

毎年末恒例の東浦寄席「とん馬と平林の落語を楽しむ会」が、12月27日(日)14時から、文化センターにて開催されます。
チケットの販売は11月12日から。全席指定で、当日券1800円(18歳以下800円)、前売券1500円(18歳以下500円)です。今年は座席数を絞っています。感染防止に配慮しながらの公演となります。

半田市出身の三遊亭とん馬師匠と地元東浦町出身の立川平林師匠が出演する落語を楽しむ会です。加えてことしは、ねづっちさんと三遊亭あら馬さんが出演します。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/8737.html をご覧ください。

Rakugo-wo-tanoshimu-20201227

 

| | コメント (0)

2020/11/14

職員採用試験、プチ若者会議、壊れたおもちゃを自分で直そう

来春高校卒業予定者の職員採用試験を行いました。今年から高卒技術職に加えて、これまで採用していなかった高卒事務職を募集することにしました。今日は2次の面接試験を行いました。

 
その後、プチ若者会議の様子を見に文化センターへ。中学生から29歳までの若い世代の方に、自由な視点や発想で考え、話し合ってもらうイベントです。昨年の若者会議メンバーの多くが参加してくれました。
今回は東浦竹灯篭の会とコラボし、「竹灯篭の新たな魅力」「宵まつりを更に盛り上げる」「SNS映え」について考えます。竹灯篭の会の方にも来ていただいて、始めに活動の紹介、終りには若者からの提案に対する講評をしていただきました。ネットの活用やマルシェと組み合わせて収入を得る提案などがありました。提案にとどまらず、アイディアをカタチにしたいものです。
さっそく第2弾のプチ若者会議を開催することにしました。次回のテーマは「景観共感プロジェクト」です。令和3年1月30日(土)13時30分から文化センター 視聴覚室にて開催します。熱意ある若者の参加をお待ちしています。

Dsc06035800pnnnDsc06054800pnnn
Dsc06064800tpnnnDsc06068800tpnnn

 
午後から、総合ボランティアセンターなないろで開かれた「こわれたおもちゃを自分で直そう」を見に行きました。6家族が参加、家から持ってきた壊れたおもちゃをおもちゃのお医者さんの助言をもらいながら一緒に直します。子どもにとって、ものを壊したり直したりする経験はとても貴重だと思います。「直してあげるだけでなく、直し方を教えてあげられないか?」そんな想いでおもちゃのお医者さんが企画してくださったイベントです。
メカニカルなものは分解すればわかりやすいですが、ラジコンや電子回路を搭載したものは(電池切れや接触不良でもなければ)修理に手こずりそうです。ドラえもんがタケコプターで宙に舞うおもちゃがあるのを始めて知りました。

Dsc06089800pnnnDsc06092800pnnn
Dsc06110800pnnnDsc06103800nnn
Dsc06107800pnnnDsc06099800tpnnn
         Dsc06098800tpnnn

| | コメント (0)

2020/11/13

親子ふれあいイベントは大盛況でした。

北部グランドに集合、お昼を挟んで、町内の広い範囲を親子で歩くゲーム「勝利のカギは知力?体力?チームワーク?東浦町を歩き尽くせ!!」を11月8日(日)に開催しました。

設定されたチェックポイントを制限時間内に回り、合計ポイントを競うゲームです。場所が遠く、見つけにくいチェックポイントほど高ポイントが狙えます。特定のチェックポイントでは、親子で協力しボーナスポイントをゲットするチャンスもあります。

小学生から中学生を含む親子チーム28チーム(96人)が参加。森岡、緒川、石浜地内を歩きながら、チェックポイントを制覇、ヤギと写真を撮ったり、ジェスチュアでコミュニメーションしたりするミッションに挑んで、互いに順位を競いました。

その様子がmediasエリアニュースで紹介されています。

 

| | コメント (0)

2020/11/09

「コロナ川柳」入賞作品発表

お待たせしました。
夏に募集した「コロナ川柳」の入賞者を発表です!

応募していただいた、447名、合計1,119作品の中から、最優秀賞1作品、優秀賞25作品を選出しました。たくさんのご応募ありがとうございました。私も審査員の一人として応募作品を拝見しましたが、短い言葉の中から情景が伝わってくる力作揃いで、あれかこれかと採点に迷いました。お題は、ステイホーム、テレワーク、様々なコロナ禍での生活を経て変わったこと、大切だと思ったこと、収束したらやりたいことなど です。

入選作品は、広報ひがしうら町ホームページのほか、11月末まで役場玄関ロビーでご覧になれます。入賞された皆さんの「思い」が込められた川柳を、どうぞごゆるりとお楽しみください。

Corona-senryuu20201101a
Corona-senryuu20201101b

 
以下、入賞作品をテキストでご紹介します。
【作品、氏名(★はペンネーム)、年代、職業】(敬称略)

 最優秀賞

 「オンライン 爺のだんつく 孫ウシシ(獅子)」(★咲姫(サクヒメ)、60代、自営業)

《川柳エピソード》
祭り中止のため、動画でだんつくを披露すると、孫は喜び、心あたたまるエピソード。

《講評》
コロナ禍で流行した「オンライン」を用いて、東浦町らしさの「だんつく獅子舞」を取り入れ、孫の「うっしっしっ」の笑い声とだんつく獅子が、見事に「ウシシ(獅子)」とかけられています。孫のよろこび笑う情景が目に浮かぶ、祖父と孫のつながりを言い表した心和む作品です。

 優秀賞(部門賞)
 5部門×5年代(10代以下、20~40代、50~60代、70代、80代以上)から1名ずつ選出しました。

  ほっこり部門(「ほっこり」と癒される温かい一句)

会えなくて リモートおぼえた おばあちゃん」(★あっきー、10代、学生)
思いやり いたわりあいは 自粛せず」(★エンジェル、40代、会社員)
登下校 色とりどりの 柄マスク」(★葉月 きなこ、60代、パート・アルバイト)
手洗いを 孫と一緒に 励む我れ」(米村 幹雄、70代、無職)
帰れない 息子のメール 返し読む」(村瀬 吾一、90代、無職)

  くすっと部門(「くすっ」と笑ってしまう楽しい一句)

無くしたと 探すマスクは あごの下」(★ロビンソン耕司、10代、学生)
テレワーク 上司より 鋭い視線の妻・娘」(★半沢 直樹、20代、パート・アルバイト)
菓子つまみ コロナのせいと 腹つまむ」(★夏木 栗、50代、自営業)
茶にむせて 体温計を 差し出され」(水野 千恵子、70代、未記入)
秋まつり 尻たたかれぬ 馬笑う」(玉利 タツミ、100代、未記入)

  あるある部門(「あるある」と共感できる一句)

自粛中 あの子とふたりで 照れテレワークわーく」(★ノリノリ穂、10代、学生)
朝ごはん 食べつつきかれる 昼はなに?」(★3度の飯より昼寝が好き、30代、専業主婦)
リモート用 そこだけ整頓 部屋のすみ」(★クワイア、60代、専業主婦)
孫可愛い だけど来るなと 言う矛盾」(★ヨーチャン、70代、無職)
インターホン 鳴るたびマスク 付け直す」(★ひまわり、80代、未記入)

  わっしょい部門(「わっしょい!」と声を上げたくなる明るい未来に胸がわくわくする一句)

マスクでも 聞こえるあいさつ 元気よし」(★金魚草、10代、学生)
これにする! マスクも決まった さあいこう」(★かなつ、40代、パート・アルバイト)
夢語る 強きその声 受話器から」(★穣、50代、専業主婦)
マスク顔 地域活動 絆の和」(野村 忠弘、70代、無職)
「三密」の 頃が懐かし 盆踊り」(★今ちゃん、80代、無職)

  うらうら部門(「東浦(うら)」にちなんで、大好きな地元を思う一句)

いい町だ ぜったいでるな 東浦」(久米 康介、10代、学生)
コロナ禍の 疲れ吹き飛ぶ ブドウの甘さよ」(加藤 高康、20代、会社員)
三密を 避けて行楽 ぶどう狩り」(★カバさん、60代、公務員)
東浦 きょうもゼロかと 安堵する」(★コッキー、70代、パート・アルバイト)
キャラマスク 声弾ませて 乗る「うらら」」(松山 侚子、80代、無職)

| | コメント (0)

2020/11/06

この指と~まれ! Petit 若者会議参加者募集中!

【プチ若者会議参加者募集!!】

発想をカタチに!

若者の皆さんで考え、話し合う「プチ若者会議」を開催します。今年は、東浦竹灯篭の会の方とコラボし、「竹灯篭の新たな魅力」「夜桜と竹灯篭宵まつりを更に盛り上げる」「SNS映え」について考え、提案します。
仲間とともに自由な発想で考えてみませんか。

【日時】令和2年11月14日(土)
【場所】文化センター 視聴覚室
【対象】中学生から29歳までの若者(町内外問わず)
【定員】先着15名
【申込期限】令和2年11月11日(水)
メールまたは電話で企画政策課へ問い合わせてください。

令和2年度の若者会議については開催を延期していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、「プチ若者会議」として例年より規模を縮小して開催します。令和元年度若者会議では、会議の中で出たアイディアを具体化し実行するところまでやった結果、於大公園の野外コンサートや空き家プロジェクトの実現につながるなどの成果をあげています。

詳しくは、添付のチラシまたは町ホームページをご覧ください。
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/workshop/8220.html

122340381_1724539064388783_1670866160795

 

| | コメント (0)

2020/11/05

「藤江にともる だんつくのあかり」藤江プロジェクト発動!!

藤江の路地を心温まる光でやさしく照らすイベントのご案内です。

藤江にお住まいの有志の皆さんのアイディアで、11月21日(土)(ふじえっ子まつりの当日)17時~19時にみんなで竹灯篭を点灯するイベントを行います。モニュメント竹灯篭を、藤江コミュニティセンターの花壇 と 歩道橋下だんつく看板の下 にて点灯展示します。それから、各家庭の前(なるべく道路から人目につくところ)にて竹灯篭(LED入り)を点灯します。コロナ禍で地域の祭りが相次ぎ中止になる中、密集すること無く、地域のみんなが触れ合い、心がつながることはできないかと、有志が立ち上がり準備を進めています。

11月9日(月)から藤江コミュニティセンター窓口(9時~17時)で、各戸への竹灯篭の材料の配布が始まります。竹筒+絵を描くための紙+透明フィルム+LEDライトを100円にて配布。数に限りがありますので、お早めにとのことです。

Dantsuku-no-akari20201121

 
先週の日曜日には、藤江コミュニティセンター前や藤江小学校の竹林で地域の大人たちが竹切りや竹筒の加工をしていました。イベントの準備が着々と進んでいます。

Dsc05738800tnnnDsc05718800nnn

| | コメント (0)

2020/11/04

愛知県陶磁美術館特別展「YAYOI モダンデザイン ~ニッポンの美、ここにはじまる~」のご案内

愛知県陶磁美術館と愛知県埋蔵文化財センターの共同企画です。愛知県陶磁美術館で12月13日(日)までの開催です。
装飾的な縄文土器とは全く異なる弥生土器。そこには現代にも通じるモダンな機能美があります。日本の伝統美の源流にもなっている弥生時代の造形を美とデザインの観点から捉える展覧会です。

最近の出土品として、東浦町の天白遺跡から発掘された弥生土器も展示されています。

詳しくは、https://www.pref.aichi.jp/touji/exhibition/2020/t_yayoi/index.html をご覧ください。

Yayoi20201010a Yayoi20201010b

 
関連イベントとして、陶磁美術館でのセミナーや講座の他、あいち朝日遺跡ミュージアムで開館記念展「朝日遺跡のデザイン」や一宮博物館で特別展「発掘された日本列島2020」なども開催予定です。この秋、あいちの弥生がアツイです。

Hakkutsu-japan20201128aHakkutsu-japan20201128b

| | コメント (0)

2020/11/01

ふるさと再発見

東浦ふるさとガイド協会の広報紙「於大ひめだより」が、街かどに掲示されているのを見かけました。
記事の内容は、東浦の歴史と文化のガイドツアー『ふるさと再発見』のご案内です。

すでに10月24日(土)のふるさと再発見についてはふるさと東浦ガイド協会のホームページに報告が載っています。次は、11月14日(土)に予定の「村木砦の戦い」の遺跡を巡るガイドツアーです。

Furusato-walk20201205

 

| | コメント (0)

2020/10/28

知多中部広域事務組合消防本部半田消防署競練会を於大公園プールで行いました。

半田市、阿久比町、武豊町、東浦町で構成する知多中部広域事務組合消防本部は、それぞれの支署対抗で、大規模地震を想定したさまざまな任務を隊員5人で遂行し、すべての任務を突破するまでの所要時間を競う競技を行っています。今年は、東浦町の於大公園プールを利用して競練会を実施しました。任務の内容は、①防火衣着装 ②基本結索 ③リヤカーの操縦 ④重量物の牽引 ⑤溺者の救出 ⑥要救助者の搬送 ⑦消火活動 です。

プールサイドなど水辺を使って行う競練会はこれが初めてだそうです。消火と救急搬送だけでなく、川や海への転落事故など水難救助も消防隊員の仕事の一つです。今年度購入したドローンも登場、上空から送られてくる画像で訓練の様子が手に取るようにわかります。

        Dsc05496800nnn
        Dsc05506800nnn
        Dsc05515800tnnn
        Dsc05517800nnn
        Dsc05502800nnn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧