イベント

2019/05/19

第10回 おだい市&東浦セミナー

昨日は、お昼から、第10回 おだい市&東浦セミナーに行きました。お馴染みの出展者の中に新しいお店もちらほらありそうです。今回感じたのは、セミナーへの参加者が多いこと。熱心に聴いている方が大勢いらっしゃいました。

 Dsc00175800nn Dsc00169800pnn_1
 Dsc00159800pnn Dsc00160800pnn
 Dsc00147800nn Dsc00150800nn

前町議会議員の成瀬さんは、3月議会の当初予算案から修正削除された家庭保育応援給付事業について解説しながら、参加者と意見交換する「たたみdeトーク!」をセミナーのプログラムの中で開催していました。選挙や政治的な思惑ぬきで、マイケル・サンデル教授の白熱教室のように、参加者の考えを上手に引き出しながら理解を深めていくようなディスカッションを展開できると面白いなあと聴いていて思いました。そんな議論の場・試考の場がさまざまな分野でできればと期待します。

 Dsc00153800pnn Dsc00168800pnn
 Dsc00165800ttnn Dsc00173800nn

他に、「“於大の方と八重桜の里 東浦”をもっと発信しよう!!」「みんなで考えるノラ猫対策」「介護は突然やってくる!」などのセミナーを覗いてみましたが、いずれも盛況でした。

| | コメント (0)

2019/05/18

50年前に上野町と横須賀町が合併して東海市が誕生しました。

東海市芸術劇場で開催された東海市政50周年記念式典に出席しました。鈴木淳雄市長は式辞の中で、愛知用水が開通し、豊富な工業用水が得られるようになったことで、臨海部に鉄鋼関連企業が進出し、その税収のおかげで、市制施行以来50年間不交付団体であり続けている(全国で五指に入るらしい)こと、リニア中央新幹線開通、中部国際空港の活用で、海外にも目を向け交流人口を増やしていくことなどに触れました。大村秀章愛知県知事と伊藤忠彦衆議院議員の祝辞のあと、市の発展に貢献された方々への表彰、感謝状贈呈、企業との包括連携協定締結披露と式次第が続きました。
東海市はこれまで市内企業とさまざまな分野で連携を図ってきましたが、市制50周年を契機に、連携項目を明確化し、一層の連携を進めていくため、日本製鉄名古屋製鉄所、愛知製鋼、大同特殊鋼知多工場の3企業と、①地域経済活性化、②環境保全と自然保護、③地域防災、④文化芸術・スポーツ等を生かした人づくり、⑤健康づくり・生きがいづくり、⑥その他協定の目的に資することについて、包括連携協定を締結しました。まさに“鉄の連携”ですね。
オープニングでは、東海南高校邦楽部の琴演奏、東海市子どもオーケストラの弦楽器演奏。最期に東海児童合唱団と市内および姉妹都市の小中学生による「世界に一つだけの花」を来場者全員で合唱して式典を終えました。始めと終わりに子どもたちを前面に出し、明るい未来を感じさせる式典でした。

 Dsc00112800nn Dsc00114800nn
       Dsc001171000pnn
 Dsc001261000nn Dsc00133640nn

式典の後、ロビーで市が市内企業と共同で製作したオリジナルカートの完成披露もありました。子供用のカートで公園での利用などを考えているようです。

       Dsc00145800pnn

| | コメント (0)

2019/05/14

認知症VR体験会に出席しました。

社会福祉協議会が主催した認知症VR体験会に出席しました。認知症の症状をバーチャルリアリティを使って疑似体験し、認知症や認知症の人の気持ちや行動について理解を深める試みです。
認知症の人の表面的な行動として「徘徊」「帰宅願望」「入浴拒否」などが知られています。これらの行動は「認知症だから起こすもの」と思われがちですが、実は「認知症だから」ではなく、混乱する環境下で誰もが起こしがちな行動であると理解することができます。

認知症には、物忘れ、人の顔がわからない、時間や場所がわからない、幻視を見るなどの中核症状と、いわゆる周辺症状と言われるBPSD(行動・心理症状)があります。BPSDは、認知症本来の中核症状によって引き起こされる二次的な心理状態や行動パターンであると考えられます。中核症状によって認知症の人がどんな心理状態に置かれるのか、経験の無い人にとって共感することはできません。「VR認知症」は、認知症ではない人が、バーチャルリアリティの技術を活用し、認知症の中核症状を体験するものです。これによって、BPSDが如何にして起こるのかを、自身で体験し、認知症の人の行動について理解を深めることが期待できます。

     Dsc099111200tp2n
     Dsc099131200tpn

きょうは、認知症施策を議論する会議のメンバーや認知症対応の専門職、役場や包括支援センターの職員、認知症啓発ボランティアのメンバーなど50人ほどが参加し、空間認識の機能不全で車から降りられなくなるシーン、電車の中で自分の降りる駅を忘れて不安になるシーン、レビー小体病で幻視が頻繁に現れるシーンの3つのコンテンツを体験しました。認知症の人がなぜ不可解な行動をとるかが少しわかった気がしました。

     60514375_441470526616524_221335379618719
     Dsc09923800tpn

| | コメント (0)

2019/05/12

この週末は、乾坤院落慶法要など多くの行事がありました。

5月11日(土)の朝、抜けるような青空で初夏を思わせる強い日差しのもと、知多半島の市町のチームが町営グランドに集合。グランドゴルフ大会が開かれました。歓迎の挨拶に続いて始球式もさせていただきました。皆さんとてもお元気でした。県連の会長は東浦の神田さんが長らく務めておいでです。

   59843199_346673109536244_605703998351920
Dsc09681800pn Dsc09694800pn


同じく土曜日の朝、乾坤院で本堂と座禅堂の落慶法要が執り行われました。鷲見光洋住職の読経による落慶法要と寄付者報恩祈祷法要が、多くの参列者を迎え厳かに行われました。
本堂と座禅堂が全焼してから、たった3年で、木造で立派な伽藍が再建されました。山門の修理には町からも文化財保護の補助が少し入っていますが、本堂と座禅堂の新築には公費は入っていません。
山門と本堂の間にあった松の木などは火災の熱で枯れてしまいました。本堂のすぐ前にあった左右一対のソテツの木は表面が黒焦げになっていましたが、てっぺんから見事に新芽が出て復活しています。その生命力には驚くばかりですが、それを凌ぐように、消失してしまった本堂と座禅堂が甦ったことは本当に喜ばしいことです。再建に尽力された方々に対し心から敬意を表したいと思います。

Dsc09701800pn Dsc09706800pn
Dsc09708800pn Dsc09723800n
Dsc09717800pn Dsc09730800pn


南知多ビーチランドで知多半島のゆるキャラが大集合。メーデーイベントで家族連れが集まるのに合わせて、物産展も開いています。

59969010_857163214618047_295726920732822 Dsc09737800pn


県営団地集会所で「にほんごひろば」を定期的に開いている「多文化共生ひがしうら」のみなさんが母の日のパーティーを開催。
ブラジル、ペルー、チリ、フィリピン、エジプト、中国、台湾、ベトナムなど、さまざまな国から来た方たちが、それぞれの母の日の過ごし方を日本語で伝え合いました。スタッフの側の参加者もそれぞれの母の日の過ごし方を話すと、地元の家庭の母の日の過ごし方も意外と定式化されたものではないことがわかって面白かったかも。
野菜を使ったケーキや焼き菓子など、南米の雰囲気漂う持ち寄りのフーズや、コストコで買ってきたというバラの花をあしらった色鮮やかなケーキをみんなで歓談しながらいただきました。
英語の勉強だけが世界への窓ではありません。地元の小中学生や大人も、ちょっと顔を出してみると、自分の世界が広がるのではと思いました。

   60122319_1872777062823170_33618630808908
Dsc09770800pwn Dsc09773800tpwn
Dsc09779800n Dsc09788800pn
Dsc09784800pn Dsc09794800pn
Dsc09796800pn Dsc09801800pn
Dsc09763800pn Dsc09761800n
Dsc09759800pn Dsc09758800pn


5月12日(日)は、東浦町文化協会評議員会に出席した後に、半田青年会議所創立55周年記念式典と祝賀会に出席。おめでとうございます。
曽根理事長には、先々月に座談会をしていただいたところです。

Dsc09816800pn Dsc09814800pn


名城公園 トナリノで開催された「“and soto”ソトにワインをツレだそう」。90種類もの国産ワインとBBQを公園の空間を使って屋外で楽しめるイベントです。
http://and-soto.com/
若い人達で賑わっていました。

   Dsc09836800n
Dsc09833800pn Dsc09832800n
Dsc09837800pn Dsc09838800pn
Dsc09851800pn Dsc09860640n
Dsc09829800pn Dsc09824800pn

| | コメント (0)

2019/05/10

公開講座や勉強会などのご案内

 

生徒の主体性をはぐくむ「深い学び」の実践とは
 5月18日(土) 14:00~16:40 名古屋市中村区ABC貸会議室

562594_photo20190530 主体的な学びとは?
高校生が学ぶ意欲や自己肯定感を高め、主体的になれるきっかけは、どんなことなのでしょうか。
高校生の「スイッチ」が押される瞬間、何が起こっていたのか?
私たちは何をしたら、どう彼らに関わっていけば、高校生の「スイッチ」を押せるのか?

 

多治見市の中心市街地活性化とまちづくり株式会社!~市民の”つながり”によるまちづくり~
 5月30日(木) 18:30~20:00 北名古屋市コミュニティセンター

59999911_1554039828061762_42846566686602 講師:小口英二さん(多治見まちづくり株式会社 ゼネラルマネージャー)
北名古屋市職員有志による勉強会の案内です。
行政職員・市民・まちづくり関係者・・・どなたでも参加出来ると思います。

 

マイクロ・ライブラリーサミット 2019
 5月19日(日) 10:00~16:00 大阪府立大学 Ⅰ-site なんば

全国各地の個人または小規模団体により運営されている小さな図書館、マイクロ・ライブラリーが大集合!運営ノウハウや想いを共有する場です。東浦町からは「ぐるぐる図書館」に関わっている“絵本のおうち”さんが発表します。
まちライブラリーブックフェスタ2019in関西 期間中です。

        Dsc096721200tpn Dsc096741200tpn

 

名城大学公開講座
 名城大学各キャンパス

0446dc8e920e831ca4d3739f57fd13ae 誰でも受けられる名城大学の特別授業。申込不要。受講無料。

 

| | コメント (0)

2019/05/05

第13回 懐かしの歌声喫茶 @ 文化センター のご案内

5月26日(日)13:30から、文化センターにて、懐かしの歌声喫茶が開店します。

「歌声喫茶」は昭和30年代当時、知らない者同士が集い、歌いあった、若者たちの心の安らぐ広場でした。
童謡から昭和歌謡まで、懐かしい昔の面影を忍び、生バンドの演奏をバックにみんなで懐かしの歌を熱唱しましょう。年齢性別問いません。初めての方も大歓迎です。

 ところ  文化センター ホール
 と き  5月26日(日) 13:30~15:30
 会費(歌詞カード・ドリンク) 300円

昭和歌謡を楽しむ会(住民有志)の主催。
事前申し込みが必要です。

 問合せ先  橋本 090-6336-9527

Utagoekissa20190526

| | コメント (0)

2019/05/01

65歳のつどい(仮)実行委員会のメンバーを募集中!

65歳のつどい(仮称:名称や内容はその年度の実行委員会で決めます)の実行委員会のメンバーを募集しています。

お仕事などで活躍されていた皆さんが現役を退いて、地域に根付こうとする際、ともすると地域とのつながりが希薄でなかなか地域に入っていきづらい現状が見受けられます。65歳の集い(65歳成人式)は、この現状を少しでも改善するため、仲間づくりや地域参加へのきっかけとなればと、平成27年度年度から開催しています。
近年、栄養、運動、休養の従来の健康の3要素の他に、健康には社会参加が欠かせないと言われるようになりました。自分の住む地域に居場所と役割があることは、毎日を有意義におくるための遣りがい、生きがいの源にもなります。
町から業務を委託された65歳の当事者の皆さんからなる実行委員会が毎年、企画運営を担っています。

65sainotsudoi20190507bosyuu
56852936_1228262094016485_17694711724134
 


これまでの「65歳のつどい(65歳成人式)」の様子です。以下からご覧になれます。

 平成27年度 65歳成人式
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/post-08a6.html
 大棟耕介さんの講演
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/post-0c82.html

 平成28年度 65歳成人式
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/2-f582.html
 養老孟司さんの講演
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/no-9bf7.html

 平成29年度 65歳成人式 と 堀尾正明さんの講演
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/12/post-2167.html

 平成30年度 65歳のつどい
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2019/01/post-0123.html

| | コメント (0)

2019/04/28

第50回 こころ屋 に行ってきました。

第50回オレンジカフェ「こころ屋」は東和荘で開催。毎月違う場所を転々として開催するちょっと変わったオレンジカフェ。認知症の方やその家族の方が気軽に集まって悩みや日常の話題を話したり、情報交換、交流をする場です。誰でも気軽に参加出来るので、時間があるときや、面白そうな場所でやったり、興味のある企画があったりするときには、私も参加しています。この日は、シフォンケーキとお茶をいただきながら、中北薬品の方によるクイズと健康セミナー、そして看取りなど在宅医療に力を入れてらっしゃる藤沢医院の藤澤稔先生の「自分らしい生き方、自分らしい老い方」と題した講演がありました。人を看取るというのは大変な覚悟が要ることです。私が講演の内容をメモしたもの( fjisawa20recture20190428.pdf)をこちらからダウンロードすることができます。

58377393_911916935645204_272554122619440


 Dsc09314800tpn Dsc09315800pn

Dsc093271000pn


こころ屋は2015年の立ち上げから数えて4周年。場所と企画を考えながら毎回欠かさず継続・発展させていく有志のメンバーの想いと行動力には頭が下がります。
次回の第51回 こころ屋は、5月25日(土)、文化センターにて、4周年記念コンサートと銘打って元H2Oの赤塩正樹のライブをするそうです。参加費は500円です。懐かしい曲を聴きながら隣の人と語らうのもまた楽しからずや♬ではありませんか。

58460863_914317422071822_325654103815985

| | コメント (0)

2019/04/27

小学校でたけのこ掘り

生路小学校のタケノコ掘りがありました。毎年恒例のサタデー・スペシャル・スクールの行事として、もう十数年続いています。竹林に筍を採りに行って子どもたちを見守るグループ、コミュニティセンターの調理室で筍ごはんを作るグループ、小学校で筍を焼いたり子どもたちに筍ごはんを提供したりするグループにわかれて、元保護者や現役PTAからなるボランティアが運営しています。昨年はたけのこの当たり年で今年は不作の年と言われていますが、170人の参加者が思い思いに収穫することはできたようです。私は後片付けをちょっとだけお手伝いしました。

Dsc09276800n

Dsc09289800pn

Dsc09285800tpn

58633314_2322174904730402_14466367816288

Dsc09301800tspn

 

| | コメント (0)

2019/04/25

パートナーシップ推進事業の前年度報告会と新年度審査会が公開で開催されます。

「東浦町パートナーシップ推進事業」とは、住民のみなさんや各種団体による柔軟な発想と創意工夫を活かした提案を募り、提案団体と町が協働して実施する事業や町内で公益的な活動を行うNPO法人を応援する制度です。テーマ特定型とNPO法人初動支援型の2種類の補助制度があります。

テーマ特定型
町が設定する特定の分野、テーマに対して、住民のみなさんや各種団体による柔軟な発想と創意工夫を活かした提案を募り、提案団体と町が協働して実施する事業に対して、上限30万円の補助金を交付します。

NPO法人初動支援型
町内で公益的な活動を行うNPO法人の設立当初の運営基盤を整備するために要する経費に対して、上限20万円の補助金を交付します。

パートナーシップ推進事業について、詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kurashi/kyodo/partership/7824.htmlをご覧ください。

Partnership-hojo-h31-shinsa

5月26日(日)には勤労福祉会館にて、平成30年度に補助を受けた団体の事業報告 と 平成31(令和元)年度の補助金申請者による公開プレゼンテーションと審査会による審査が行われます。
報告会と審査会について詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/sonota/1522388734165.htmlをご覧ください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧