イベント

2018/05/25

若者集まれ! 「若者会議2018」参加者募集!

 
Wakamonokaigi20180715

 
求む!若い発想! あと10年、20年たてば、皆さんが主役。

そのときの東浦が、この地域が、どうなるか。今から皆さんに関わってほしいと思います。

まちづくりのアイディアを出し合いませんか?

13歳から29歳(中学生から20代までの皆さん)でまちづくりに興味・関心のある方(町内外を問わず)どなたでも結構です。

 
全5回の若者会議を予定しています。すべて都合がつくとも限らないと思います。第1回は原則参加してください。

  第1回 7月15日(日)…ガイダンスをします。
  第2回 8月 4日(土)
  第3回 8月11日(土)
  第4回 9月 9日(日)
  第5回 9月15日(土)
 いすれも、13時30分から2時間程度、文化センターにて。

テーマは自由です。皆さんで話し合って決めていただきます。たとえば、防災意識向上のためには? 自然環境保全の活動を盛んにするには? 若者の政治参加を進めるには? いろんなテーマが考えられます。
若い皆さんの大人の常識に縛られない自由な発想が、まちづくりに活かされていくところを体感できればと願っています。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/1523838825842.html

Wakamonokaigi20180615bosyuu

 
これまで東浦町では、中高生や若者を対象にディスカッションの機会をつくってきました。一昨年は、中高生と自治を考えるワークショップ、NEXTひがしうらを開催しました。昨年秋には総合計画策定の意見聴取の場として、16歳~29歳の方たちを対象に東浦町若者会議を開催しています。町ホームページに詳しいレポートがあります。

 自治を考えるワークショップ~君達の意見を募集します!!~
 自治を考えるワークショップ~私たちにできること!!~
 NEXTひがしうら~中高生まち歩きプロジェクト~
 東浦町若者会議~住み続けたいまちってどんなまち~

以下はつれづれログの記事です。

 中高生と自治を考えるワークショップ ~君たちの意見を募集します!!~
 自治を考えるワークショップ3回目
 NEXTひがしうら~中高生まち歩きプロジェクト最終回
 第3回東浦町若者会議
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/19

午後からおだい市&東浦セミナーを見に行きました。

東浦中学校の通称バナナコースの入り口の道路が、紫に染まっています。上を見ると、今年も桑の実がたわわに。手も舌も真紅になりますが、食べると、ワイルドな甘味が口の中に広がります。

 Dsc_8270_800x600 Dsc_8272_800x600

 
図書館のよむサポ会議に出席。お題は、今後のよむらびサポーターズのあり方についてと、よむらびフェスタの企画。図書館の開かずの階段をどう使うか?8月4日のよむらびフェスタおを楽しみに!

Dsc06232_640x480

 
午後から、勤労福祉会館で開催された「おだい市と東浦セミナー」を見に行きました。住民有志が運営するマーケットイベントで、今回が8回目になります。今回はマーケット、セミナー、飲食とも参加が増えました。町内の飲食店でキッチンカー(フードカート)を出したところもありました。出展者とコミュニケーションをしながら買い物をするのは楽しいものです。

 Dsc06249_640x480 Dsc06253_800x600_2
 Dsc06259_640x480 Dsc06255_800x600

 Dsc06238_800x601 Dsc06240_952x715
 Dsc06245_640x480 Dsc06262_640x480

 Dsc06233_640x480 Dsc06239_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/16

懐かしの歌声喫茶 in 文化センター のご案内

5月27日(日)13:30から、文化センターにて、懐かしの歌声喫茶が開店します。

「歌声喫茶」は昭和30年代当時、知らない者同士が集い、歌いあった、若者たちの心の安らぐ広場でした。
童謡から昭和歌謡まで、懐かしい昔の面影を忍び、生バンドの演奏をバックにみんなで懐かしの歌を熱唱しましょう。年齢性別問いません。初めての方も大歓迎です。

 ところ  文化センター ホール
 と き  5月27日(日) 13:30~15:30
 会費(運営費) 300円

昭和歌謡を楽しむ会(住民有志)の主催。
事前問い合わせが必要です。
問い合わせ先は下記のチラシを参照ください。(クリックで拡大)

Utagoekissa20180527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/09

こどものまち東浦「にこにこタウン」2018 運営スタッフを募集中!

12月8日(土)・9日(日)に開催予定の子どものまち東浦「にこにこタウン」2018のための運営ボランティアスタッフを募集しています。

こどもボランティアスタッフは、開催日に向けて、暮らしてみたいまち・働いてみたい仕事を自分たちで考え、スタッフで話し合ったり、必要なものをつくったりする事前準備と当日の運営をします。

大人ボランティアスタッフは、未来のまちを支える子どもたちが小さなまちづくりを通していろいろなことを学べるように、こどもボランティアスタッフのサポートや打ち合わせなどの事前準備と当日の運営サポートをします。

“こどものまち東浦”とは、子どもたちが「にこにこタウン」の「住民」となり、文化センター全館のフロアを使って自分たちの「まち」をつくり、その中の学校、銀行、ハローワーク、お店屋さんなどで、学んだり働いたり買い物をしたり遊んだりして、社会のしくみを学ぶまちづくり体験型イベントです。

これまで開催したこどものまち東浦「にこにこタウン」の様子は、こちらでご覧ください。

 にこにこタウン2104の準備とイベント当日
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/11/1213-e77d.html
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/12/post-aa6f.html
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/12/post-1f24.html

 にこにこタウン2015のイベント当日
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/post-08a6.html

 にこにこタウン2017のイベント当日
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/12/post-a5a0.html
 

Nikonikotown20180629staff

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/07

うららんに行こう!

うららん」は、子育て支援センターのスペースと児童館(石浜西児童館)のスペース、そして乳幼児親子や小中学生はもちろん、地域の方や子育てに関わる方など、世代間交流ができるスペースをもった子育ての支援拠点施設です。育児中のちょっとした悩みや、不安を相談することもできます。また子育てに関する情報提供や、子育てサークルへの支援も行います。
ファミリー・サポート・センターも併設しています。ファミリー・サポート・センターは、"地域みんなで子育てを応援しよう"という目的で発足しました。働きながら子育てをしている家庭、核家族や転入してきて知り合いもなく、ひとりで子育てをがんばっているお母さん。そんな育児の援助の必要な方と援助をしていただける方を、幅広く募集しています。会員登録をいただいて、依頼会員を援助会員が有償ボランティアでサポートするシステムです。
また、うららんには、保健センターなどと連携して、妊娠から子育て期まで一貫して切れ目のない支援を行う子育ての総合窓口となる「子育て世代包括支援センター」を設置します。
 

「うららん」については
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/jido/uraran/

うららんでは、子育て情報発信ブックスタート子育てサークル支援子育て相談などの業務のほかに、うららんクッキングパパ広場子育てサロン双子・三つ子の会など、さまざまなイベントや講座を開催しています。つどいの広場には、おもちゃのお医者さんも来てくれます。

 行事予定表
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/1459238903678.html

 育児講座
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/kouzakyousitu/1461297930417.html

 出前広場
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/1454993146931.html
 

「ファミリーサポートセンター」については
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/jido/uraran/gyoumu/famisapo/index.html

 ファミリーサポートセンターの活動予定
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/famisapo/1454993147341.html

 ファミサポ講習会
 http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kosodate_kyoiku/uraran/famisapo/1454993147372.html
 

Urarankosodatehiroba201805xx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/06

第8回 おだい市&東浦セミナー のご案内

5月19日(土)10時~16時、東浦町勤労福祉会館にて、第8回目となる「おだい市&東浦セミナー」が開催されます!

Odaiichihigashiuraseminar20180519_2

生産者・製作者・サービスの提供者と住民・生活者が互いに顔の見える場を設けて、まちの元気につなげようと、皆さんの趣味、特技、想いを持ち寄って企画した、住民有志によるイベントです。

東浦セミナーとは・・・
教えたい人が教え、学びたい人が学ぶセミナー。講師がイベント価格で楽しく教えてくれます。行政や議員有志もセミナー枠をもらって出展します。東浦フィルハーモニー管弦楽団のミニコンサートもあります。

おだい市とは・・・
於大の方(家康のお母さん)の名前からとった、フリーマーケット。生産者や製作者の顔が見えるマルシェです。癒し系の出店者もいるので、こころと体を元気にする市場になるでしょう。食べ物の出店もあります。

最新情報は、https://www.facebook.com/odaiiti/をご覧ください。

Odaiichihigashiuraseminar20180519a1

Odaiichihigashiuraseminar20180519b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/05

映画『ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命』上映のご案内

以下の案内をいただきました。

■映画『ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命』上映のご案内

 市民の側から都市計画をおしすすめたニューヨークの思想家、ジェイン・ジェイコブズのドキュメンタリーを上映いたします。彼女の貴重な記録映像や、当時のニュース映像、関係者のインタビューでつづる、エキサイティングな92分!いよいよ関西でも公開いたします。この機会にぜひご覧ください。

 「もしもジェイコブズがいなかったら、世界で一番エキサイティングな都市ニューヨークは、きっとずっと退屈だった。」

〈都市開発の帝王VS常識の天才 NYの現在を築いた知られざる闘い〉
 1950年代ニューヨーク。天才的な洞察力と行動力で、それまでの都市計画を根底から覆した彼女の“まちづくり”とは? 都市は誰がつくり、誰のためにあるのか? 私たちが暮らす街の未来を照らす建築ドキュメンタリー。

 監督:マット・ティルナー
 製作:ロバート・ハモンド、コリー・リーザー
 撮影:クリス・ダプキンス
 編集:ダニエル・モルフェシス、アンドレア・ルイス
 (2016、アメリカ/92 分/カラー・モノクロ/1:1.78/原題『CITIZEN JANE Battle for the City』)

《上映情報》
 大阪:シネリーブル梅田にて6月2日(土)より公開
 兵庫:元町映画館 順次公開

映画公式webサイト
 http://janejacobs-movie.com/index.php>http://janejacobs-movie.com/index.php

 
■関連企画
Talkin’About「ジェイン・ジェイコブズ『アメリカ大都市の死と生』を読む」

日程:2018年5月31日(木)
時間:19:00~21:00
場所:大阪ガス(株) エネルギー・文化研究所 都市魅力研究室
会費:無料
ナビゲーター:山納 洋(大阪ガス(株)近畿圏部)

 ジェイン・ジェイコブズは、戦後アメリカで急速に進んだモータリゼーションや不適切な都市再開発が地域に荒廃をもたらしたことに警鐘を鳴らし、都市が魅力的で活力ある場として機能するために必要な要素として「地域が複数の機能をもつこと」「街区が短いこと」「古さや条件が異なる建物が混在していること」「十分な密度で人がいること」を指摘しています。
 ジェイコブズの卓見は、都市における人びとの営みを注意深く観察するところからもたらされています。そうした観察の結果を積分し、マクロとしての都市計画はいかにあるべきかまでを論じることができたのが、彼女の非凡なところといえます。
 今回のTalkin’Aboutでは、「ジェイン・ジェイコブズ‐ニューヨーク都市計画革命」公開に先立ち、彼女の主著『アメリカ大都市の死と生』のエッセンスをご紹介しつつ、「都市は誰がつくり、誰のためにあるのか?」について話し合います。

 \\山納洋さんの著書紹介//

 『カフェという場のつくり方 自分らしい起業のススメ』
 山納洋 著
 憧れだけじゃ続かない!異色の起業のススメ

 http://bit.ly/2ACtue3

 『つながるカフェ コミュニティの〈場〉をつくる方法』
 山納洋 著
 事例をもとに考える場づくりの機微と方法論

 http://bit.ly/2ANlXZK
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

刈谷大名行列を見に行きました。

刈谷の大名行列に行ってきました。以前おじゃました時は汗ばむほどの良い天気でした。
今日は、明け方まで雨が続いていましたが、主催者は天気予報を信じて決行。見事、雨が上がりました。

この大名行列は、起源は江戸時代中期頃にはじまったと言われる市原神社の祭礼で、十万石の格式をもつ秋田出来守(あきたできのかみ)という架空の殿様が神社の神輿を警護するという式形をとっていました。今では、伝統の「奴のねり」に、山車や、つい先日於大まつりにも参加いただいた於大の方、於富の方(於大の方の母)、於上の方(於大の方の姉)の行列が加わり、市内中心部から市原神社まで練り歩きます。
東浦からは、5人の於大姫が行列に参加しました。刈谷の藩主だった水野家と本多家のご令嬢が来賓として出席、水野さんとは於大まつり以来、2週間ぶりの再会でした。

刈谷城は天文2年(1533年)に水野忠政公によって築城されました。その後、慶長5年(1600年)に水野勝成公が初代藩主となり、分家水野家、深溝松平家、久松松平家、稲垣家、阿部家、本多家、三浦家、土井家の9家 22人の藩主が治めています。

アトラクションの刈谷城盛上げ隊あいち戦国姫隊のパフォーマンスはさすが板に付いているというか洗練されています。あいち戦国姫隊からは、まつと江と於大の方の3人が参加。東浦もお見知り置きをと、竹中刈谷市長、杉浦観光協会会長と一緒に6ショット。中ほどのVサインが於大の方です。

 Dsc05531_640x480 Dsc05510_300x225_2
 Dsc05539_800x600 Dsc05500_800x601

Dsc05544_800x602
於大の方はもちろん徳川家康の母、江は織田信長の姪で3代将軍家光の母、まつは前田利家の妻です。東京、大阪、名古屋、金沢など今の日本の大都市の多くは、この時代の愛知県出身者によって開発されています。私たちも先人たちのまちづくり、都市経営の才覚を見習わなくてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/02

便利なイベントカレンダー

さて、連休のなか日、役場は昨日今日と営業、明日から4連休です。連休中も含めて5月もたくさんのイベントがあります。
町内で開催されるイベントを一度に調べようと思ったら、便利なイベントカレンダーがあります。

東浦町ホームページの左側中頃にある「まち・ひとネット東浦 イベントカレンダー」のアイコンをポチッとクリックすると、今月のイベントカレンダーに飛んでいきます。

Higashiura_lg_mhnh_s

 
このイベントカレンダーは、東浦町社会福祉協議会の情報と、東浦町から公式に提供された情報と、まち・ひとネット東浦が収集した情報を掲載しています。町主催の行事に限らず、町内のイベントをできるだけ網羅的に収集しているスグレモノのカレンダーです。お役に立てれば幸いです。

Mhnh_events_calendar_20180502a
Mhnh_events_calendar_20180502b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

第38回 こころ屋

東和荘で、オレンジカフェ「こころ屋」が開催されました。

認知症の方、介護をされている方、物忘れや認知症への不安をお持ちの方、地域のボランティアの方達が力を合わせて、毎回、場所を変えテーマを変えながら、ほぼ月一回のペースで、開催してきた「こころ屋」は、4月でちょうど3周年を迎えました。
今では、地域の施設などに場所を提供していただき、毎回20~30名の参加者と20名のボランティアが集まるようになりました。まさに、石の上にも三年、継続は力なりです。

Dsc05381_800x600
今日は、老人ホーム 東和荘 で、いつものように参加費300円で飲み物とくすの樹のシフォンケーキをいただきながらおしゃべり、その後、藤沢医院の藤澤稔先生の「防災と医療 ~医師として東日本大震災を経験して~」と題した講演を聴きました。東京で手術中に3.11に遭遇した経験や、トリアージやDMATのこと、挫滅(クラッシュ)症候群への対処法、エコノミクラス症候群のこと、医師たちの震災時における献身的な活動などについてのお話しでした。

次回は、図書館での開催です。図書館で“こころ屋”の開催は初めてですが、近年、認知症予防など、高齢者の居場所としての図書館の可能性が注目されつつあります。どなたでもご参加いただけます。
こころ屋は、ぐるぐる図書館の活動にも参加しています。

 第39回 「こころ屋」のご案内

  日時: 5月27日(日)
  場所: 東浦町中央図書館 2階大会議室
  参加費: 300円(飲み物+お楽しみ)
  プログラム: 9:30 カフェタイム
         10:30 ミニ講演会 介護交流
         11:20 図書館探けんツアー
  連絡先: ボランティアサークルこころ屋 ☎ 090-8077-3933

Kokoroya20180527

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧