小学校・子ども

2020/01/29

小中学校の吹奏楽部に楽器を寄付しませんか?

    家で眠っている楽器募集!

 ~東浦町の小中学校の吹奏楽部に寄付しませんか?~

使用しなくなった楽器が家で眠っている、だけど、愛着があって処分したり売ったりするのはもったいないと思っている方。
皆さんの愛情や思いの詰まった楽器を東浦の子どもたちのために、再び目覚めさせてみませんか?

〇申込方法
 東浦町教育委員会 学校教育課まで
 ☆電 話:代表0562-83-3111(内線172)
 ☆インターネットから:
  東浦町ホームページ ≫「学校教育課庶務係へメールを送信」へ進み、
  必要事項を記入してください。
 【お願い】
  ①メールの確認後、担当者より確認のご連絡を致しますので、
   必ず電話番号またはメールアドレスを記載してください。
   (@town.aichi-higashiura.lg.jpからのメールを受信できるよう、
   迷惑メールの設定等の解除をお願いします。)
  ②件名へ「楽器の寄付希望」と記載してください。

〇楽器の受け渡し方法
 申し込み受付後、学校教育課までお持ちください。なお、お持ち込みが困難な場合は学校教育課にご相談ください。

〇注意事項
 お預かりした楽器は、一度、簡単な検査を行います。小中学校の吹奏楽部等の活動での使用に適さないと判断された楽器については、寄付をお受けできない場合がありますので、ご了承ください。

〇問い合わせ
 学校教育課 内線172 まで。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/sonota/9110.html をご覧ください。

Gakki-kifu20200201

| | コメント (0)

2020/01/28

2人の小学生がエアロビクスの全国大会で優勝しました。

14時半頃でしょうか、国民健康保険運営協議会の終了後に、ふと会議室の窓を見たら立派な虹が! 久し振りに虹を見ました。完璧なアーチを画いていました。生え際までクッキリと。

Dsc080621000pnn
Dsc080671000nn

 

夕方、静岡県で開催されたジュニアオリンピックカップ全国エアロビクス大会で輝かしい成績をあげた知崎さんと中井さんが報告に来てくれました。
知崎さんはジュニアトリオ部門で見事2連覇、フライト競技(個人)で2位になりました。中井さんはフライト競技(個人)で優勝。5月にアゼルバイジャンで開かれる世界大会に出場する予定だそうです。
おめでとうございます。今後の活躍に注目です。

Sports20200128900nn

 

| | コメント (0)

2020/01/27

東浦中学校で職業について講話をしました。

東浦中学校1年生では「キャリアプロジェクト未来」と名付けて職業についての学習を進めています。これまで、様々な職業を持った8名の方から職業についての講話を聞いています。今日は1年生全員の前で町長の仕事について私から、教育長の仕事について恒川教育長から、それぞれ10分くらい講話をして、そのあと中学生や司会者からの質疑に対して応答、最後にまとめのお話しをしました。私は次のようなスライドに沿って講話をしました。生徒たちは真剣に耳を傾けていました。

  ダウンロード - 「キャリアプロジェクト未来 講話1/27.pdf」

Careerprojectmirai20200127photo

| | コメント (0)

2020/01/26

東浦かるた大会と新春文化展

東浦かるたを使った小学生のかるた大会が勤労福祉センターの和室で開催されました。今年で17回目になります。
有志で第1回目を開催したときには、どんなルールが良いか、賞品はどうしようか議論したり、先生方に協力をお願いしたり、町内の企業に寄附をお願いしたり、全く手探りでした。当時の稲葉教育長は今でも運営に関わっていらっしゃいます。おしるこや飲み物を出したり、けん玉の指導をしてくださる方もいます。私も初期メンバーだった関係でご挨拶をさせていただきました。
東浦かるたには「金鶏山」とか「ぶいぶいばばあ」とか町に関わりのあるたくさんの場所や言い伝えが出てきます。大人にとっても新たな発見があったりします。国際化とか多文化共生とか言いますが、大切なことは、自分のことや自分の国のことやまちのことを、他人にちゃんと自分の言葉で伝えることができるかどうかです。英語がしゃべれる云々以前にコンテンツとして自分の身の回りの地理・歴史・文化を理解することが必要だと思います。そういう意味では、小学生が地元の事物にちなんで挿絵と文句を考えた東浦かるたはもってこいの教材になり得ます。
今回は子どもたちだけではなく、保護者もかるた取りにトライしました。私もかるた取りに参加させてもらいました。本当に久し振りのかるた取りです。若い頃は、どこにどの札があるか、一面に並ぶかるた全体のマップがなんとなく頭の中に感覚的に描けていたような気がしましたが、今日は自分の目の前にある数枚を覚えるのが精一杯。これは認知機能をキープor鍛えるのに良いのでは?と思いました。

 Dsc08030800pnnDsc08010800tnn
 84589774_168025364478898_790428197559730Dsc08017800pnn

 
文化協会の新春文化展が、昨日と今日、文化センターで開かれました。短歌、俳句、歴史同好会、書道、茶席、いけばな、着付け、アートフラワー、手づくりよろいなどの作品発表会です。私も毎回、写真と書道で出品しています。書道は「銀嶺」と書きました。写真は、紅葉の於大公園でキャンプをした翌朝の風景石浜の菜の花畑の風景です。今回は2つ出した写真のうちの一つが入選しました。

 Dsc080451000tnnDsc08053800nn
 Dsc080391000tnnDsc08036800tpnn
        83189071_1092457307773563_33626669441498

| | コメント (0)

2020/01/21

「子育て“ほっ”とセミナー」のご案内

家計管理や子どもの教育費用の確保はどうしたらいいの?お金に関することは、事前の準備と情報収集がとっても大切です。子育て世帯のお金に関する悩みや不安について一緒に学び考え、“ほっ”とひといきつきませんか。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/7337.htmlをご覧ください。

 開催場所: 文化センター
 開催日: 2月2日(日)14時~17時30分
 申込み: 申込書をファックス、メール、または直接問い合わせ先へ(電話申込可)
      1月29日(水)までに申し込んでください。応募者多数の場合は抽選です。

Hottoseminarokane20200202

 

| | コメント (0)

2020/01/18

スポーツ少年団駅伝大会、フラワーフェスティバル、教育フォーラムなど

朝は於大公園で開催されたスポーツ少年団駅伝大会の開会式に出席。小学校1・2年生の部のスターターを務めました。昨夜降っていた雨も止んで穏やかな日和となりました。

 Dsc078061000tpnnDsc07808300pnn

ところで、ニューイヤー駅伝で見事6位入賞を果たした愛三工業の第1区走者 山口浩勢選手から聞いたことですが、走るときにはまず朝4時か5時に起床、約20分(4~5km?)ほど走ってまず身体を起こすのだそうです。そして朝食をとって(腹痛が起きないよう)4時間ほど食べたものを消化してから本番に臨むのだそうです。最高のコンディションをつくるにはそれなりの作法が必要なのですね。
余談ですが、片葩小学校では今朝、熱気球体験イベントをしていたようです。於大公園からも気球が上がっているのが見えました。

 Dsc077971000tpnnDsc07796800pnn

 

イオンモール常滑で開催された2020花半島事業フラワーフェスティバルのテープカットをしました。モール内のサウスコートは花でいっぱいでした。

 82616230_107490050680048_212826822201573Dsc078281000pnn
 Dsc07826800pnnDsc07829800pnn

ショッピングモールが10時に開店するのを待って入場したのは初めてです。開店まで少し時間があったので、ショッピングモールに併設されたワンダーフォレストきゅりおを覗いてみました。ここにはフィールドアスレチック&クライミングウォール、レンタルカートサーキット、スケートリンク、BBQフィールド、温泉施設などがあります。ワンダースカイと呼ばれるアスレチックは結構スリルがありそうです。

 Dsc078241200tpnnDsc078201000pnn
 Dsc07819800pnnDsc07818800pnn
          Dsc07822800nn

 

午後から、文化センターで開かれた東浦町教育フォーラムに出席しました。昨年に続き多文化共生がテーマです。外国人を含めて文化の異なる人たちとお互いに尊重し合いながら暮らしていくにはどうすればよいか。多様化といわれる中で、外国から来る人が増える中で、様々な子どもたちの教育を考えるうえで、これからますます重要になるテーマだと思います。

●国際交流ボランティアを通して在住外国人の抱える問題に気付き、日系アルゼンチン人と日本人が一緒に地域の多文化共生を進めることを目的に2010年に「Vivaおかざき!!」を設立し、外国人向けの防災、教育等のセミナーや子ども向け日本語教室、相互理解のためのワークショップ、日本人住民と外国人住民をつなぐ人材育成事業などを行っている長尾晴香さん、

●フィリピン生まれで1989年に来日、2009年から東浦町役場で外国人相談員・通訳として勤務し、英語やタガログ語を話すお客様対応と小中学校の日本語適応教室の補助員として日本語指導や学習指導をサポート、さらには、東浦のフィリピンコミュニティ代表やボランティア団体「多文化共生ひがしうら」「赤十字奉仕団」のメンバーとしても活躍している千葉真里杏さん、

●東浦出身で2015年から東京都内のスタイリスト事務所で衣装デザイナーとして勤務、2017年から青年海外協力隊の服飾隊員としてナミビア共和国の職業訓練センターで教師として勤務、ファッションデザインの授業および教科書の作成を担当、2019年に帰国後は仕事の傍らで自身の見たアフリカを伝える活動をしている野元咲希子さん、

●大府市や知多市の小学校で教員として勤務後、1991年からナイジェリアのラゴス日本人学校、1993年からスペインのバルセロナ日本人学校に勤務、帰国後は知多半島各市町の小中学校や教育委員会での勤務を経て藤江小学校長を務め、定年退職後、ドイツのハンブルグ日本人学校に2年間勤務ののちに帰国、現在、東浦町教育委員会で学習支援(学生ボランティア)コーディネーターを務めている加藤初男さん、

の4人から外国での体験談や、人と人が互いに関わりながら地域で生活していくことについて、自身の経験に基づいたお話しを聞くことができました。最後に会場からの質問に対して4人の皆さんからコメントをいただきました。

日本の学校と外国の学校の違い(日本の学校教育の良いところ)は面白かったです。順不同ですが、自分の解釈で皆さんの発言を整理してみると以下のような感じだったのではと思います。

外国人に限らず誰でも人は多様であることを前提に、互いに認め合うことが必要。それが多文化共生だ。
相手も困っていることを考えてあげること。他者を受け入れ、だれもが暮らせるまちにしたい。
外国から来た子どもは学習言語の習得が難しいのでハンディーがある。ハンディーがある中で、キャリア形成について説明を受け考える機会がないのは問題。日本には移民に対する統合教育のしくみもない。
家庭では母国語を話すことも大切。家庭での家族のコミュニケーションは大事だ。
自分は海外で外国人として生活する苦労を味わった。生活するには自分から人と関わろうとすることが大事。音楽、食べ物、スポーツ、祭りなど、一緒に楽しめることがコミュニケーションのきっかけになる。
海外で生活するにはまず健康管理が第一。言葉より大切なのは、好奇心、やってみること、他人と関わること、主体性、主張することだ。
日本人に足らないものとして、異文化の中で生きていくには、自分で考え自分の文化を説明できるアイデンティティーが必要だ。子どもにどうしろという前に、まず親自身が自分の考えを持つこと、なぜだろうと考える過程が大事だ。
外国人の手を借りないと自分たちもやっていけないという自覚があれば、受け入れることもできるのでは。ドイツでは国策で、地域コミュニティが外国人を受け入れる活動をしている。

        加藤初男さんの発表
        Dsc078361000tpnn
        Dsc078381000tpnn
        Dsc078391000tpnn
        Dsc078411000pnn
        Dsc078421000pnn
        Dsc078431000tnn

        千葉真里杏さんの発表
        Dsc078441000pnn

        野元咲希子さんの発表
        Dsc078461000tpnn
        Dsc078491000tpnn

        長尾晴香さんの発表
        Dsc078531000pnn
        Dsc078571200tpnn
        Dsc078591200tpnn
        Dsc078641000tpnn

     パネルディスカッションの皆さん
     Dsc078651000tpnn

| | コメント (0)

2019/12/28

片葩小学校の冬休みわくわく算数教室に行ってきました。夜は年末夜警です。

東浦町では教職をめざす学生ボランティア(スクールパートナー)を募集し、小学生の指導をしてもらっています。これは、教職をめざ大学生の皆さんにとっても貴重な体験となっています。

 Dsc07299640pnnDsc07300640pnn
 Dsc07313640pnnDsc07322640pnn
        Dsc073171000tpnn

片葩小学校では冬休み期間中に「わくわく算数教室」と名付けた算数の補充授業をしています。活動の手引きには、「指導の原点は、1対1にある。教室での指導は1対1の集合体である。」との言葉が記されています。
他の学校においても、それぞれ冬期の補充授業を行っています。

Wakusan20191226Huyuyasumi-hojuu-sp20191228

 

片葩小学校は石浜の住宅地の中でも最も見晴らしの良い高台にあります。天気が良ければ、校舎から御岳はもちろん、雪をまとった中央アルプスの山々や南アルプスの山々を見ることができます。

        Dsc073051200nn
 Dsc073081000pnnDsc073071000pnn

 

夜は、恒例の年末夜警の激励。毎年、阿久比と東浦で前半後半を交代で行う事になっていて、今年は東浦が後半。消防署東浦支所西部出張所で阿久比から東浦が後半を引き継いで、河合県議会議員、県民センター長、半田警察署とともに町内の巡視にあたります。
緒川新田分団→森岡台自治会→森岡分団→緒川分団→石浜分団→生路分団→藤江分団の順に、各地区の消防団員や消防協力団員、区長をはじめ地域の役員の皆さん、町議会議員の皆さんが消防団詰所などに集まって警戒しているところを回ると、最後は22時半近くになります。
まだ、例年に比べて暖かい毎日が続いていますが、大晦日あたりには寒波が来るとも聞きます。皆さん方も、お体に留意され、清々しい新年をお迎えいただきたいと思います。

 80475366_2468059000176539_1260917898919081176263_2866785150081993_75194724050272
        80392798_559532584896355_764401467981089

| | コメント (0)

2019/12/22

東浦に住むフィリピン人コミュニティの10周年記念とクリスマスパーティー

東浦に住むフィリピン人コミュニティの10周年記念とクリスマスパーティーが勤労福祉会館で開催されました。刈谷や半田のフィリピン人コミュニティの方たちやフィリピン以外の国からの方たち、にほんごひろばのメンバーやフィリピンの子どもたちと友達の東中生も参加して、にぎやかなパーティーになりました。私も招待していただき、初めて参加しました。
最初に英語でご挨拶をさせていただいたので、多くの方が話しかけてくださいました。もう日本に20年以上の方もいらっしゃいます。日本の地方政治の仕組みやドゥテルテ大統領の話題など、結構政治への関心を感じました。
みんなで持ち寄った手作り料理は、種類も豊富で、美味しいものばかりでした。
歌や、大人も子どもも参加する風船割りゲーム、懐かしいプレゼント交換などもあってパーティは盛り上がりました。みなさんはフレンドリーで雰囲気も良くって、とても楽しい会でした。ご招待いただきありがとうございました。

Thank you for your inviting me to 10TH YEAR ANNIVERSARY GET TOGETHER AND X'MAS PARTY of the Organization of United Filipino Community in Higashiura. It was the first time I attended this kind of parties. I was happy to talk with you.
Nice conversation, delicious homemade cuisine and friendly atmosphere, I really enjoyed this evening.

 79724018_3328024650572178_64032627733330Dsc071181000tpnn
 Dsc071221000pnnDsc071371000pnn
 Dsc071551000pnnDsc071601000pnn
 80674882_2498094737069178_60614533072289Dsc071811000tpnn
 Dsc071941000tpnnDsc072101000pnn
 Dsc072191000pnnDsc072381000pnn

| | コメント (0)

2019/12/17

2019年度 第4回アチェメックの森プロジェクト「雑木や竹のクラフトと森づくり&五平餅づくりワークショップ」のお知らせ

冬の雑木林の自然を楽しもう!
毎年恒例、アチェメックの森(小児保健医療総合センター敷地内)ワークショップのお知らせをいただきました。どなたでも参加できます。

 ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^ ^^^

 今年も慌ただしい師走を迎え、寒さも一段と増してきた今日この頃ですが、今年もアチェメックの森は様々な彩りで皆さんを待っています。
 こんな冬こそ雑木林の季節。日だまりの丘で日向ぼっこをするもよし、体を動かして雑木林や竹林の手入れに汗を流すもよし、森の中で葉っぱ・小枝・木の実・ツル・竹などを見つけて、クリスマスリースやお正月用のミニ門松を作るのもよし。お昼には、みんな一緒に、冬の味覚で暖まりましょう。

 日・時 : 12月22日(日) AM10:00集合
 場 所 : 小児保健医療総合センター 竹林前駐車場
 プログラム:  10:00 集合・オリエンテーション
         10:30 ①冬の森探険(昆虫博士と冬の森を探険しよう。冬でも虫はいるのかな?)
               ②森のクラフトづくり体験(森の恵みを使って、クリスマスリースやミニ門松を作りましょう)
               ③森づくり活動(竹林・雑木林の手入れをします)
         12:00 昼食交流会(恒例:冬のあったか鍋や五平餅づくりを楽しむ昼食会です)
         13:00 森の手入れ・クラフトづくりのつづき
         15:00 みんなで後片づけの後解散

 持ち物: 飲み物・弁当(おにぎり程度)・暖かい服装・作業のできる服装や靴・軍手。捕虫網など昆虫採集の道具
 その他: 参加費 大人500円・子ども無料(ボランティア保険料含む)
 ※小雨決行(判断に迷う場合は、下記の連絡先にお問い合わせ下さい。ただし当日午前7:00以降の問い合わせとしてください。)
   眞弓 090ー9186ー2666

Achemec20191222a
Achemec20191222b

| | コメント (0)

2019/12/15

第45回ひがしうらマラソンなど、行事でビッシリでした。

毎年この時期恒例、ひがしうらマラソンをあいち健康の森公園を会場として開催しました。遠くは西は姫路、東は練馬、町の内外から2500人ほどの参加がありました。順位を競う大会ですが、マラソンは自分との対話でもあります。開会式が終わってから少し冷たい風が吹いてきましたが、参加者の皆さんは穏やかな日差しの中で思い思いに気持ちよく走ることができたのではと思います。
このマラソン大会は、町体育協会の皆さんや協賛企業、有志の皆さんなど、様々な方々によって支えられています。大会には「おだいちゃん」や「よむらび」も登場。手づくりよろいの会の皆さんが歴史の町をアピール。今年も知多地区の柔道整復師の皆さんが参加者のためのマッサージやテーピングを引き受けてくれました。東浦高校の生徒たちも大会運営のボランティアに加わってくれています。
「3kmなど気軽に参加出来る種目が充実しているので子どもたちがいっぱいでにぎやかな雰囲気」「コースに立っているスタッフのフレンドリーな応援で頑張れた」「隣に入浴や飲食のできるげんきの郷があるのも魅力」・・・あちこちの大会に参加されている遠来の方からこんな感想をいただきました。

 79098182_788746161573513_14338688746499679383970_752593875216660_346844808023008
 79645736_770507250133029_731633191089917Dsc06910800tpnn
 Dsc06944800pnnDsc069781000tpnn

 
午後は、知多市で開催された 特定非営利活動法人 地域サポートちた20周年記念行事に出席。夕方は勤労福祉会館で開催された東浦高校硬式野球部 感謝の会に出席。一日行事でびっしりの日曜日でした。東浦高校野球部は春の甲子園の21世紀枠東海地区推薦には惜しくも漏れてしまいましたが、めざすものが見えてきたのは大きな前進だと思います。さらに目標に向かって邁進されることを地元としても期待しています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧