小学校・子ども

2022/09/29

秋の交通安全キャンペーン、三河ベイフットボールクラブと連携協定を締結

先日朝の交通安全大監視に続いて今日はイオンモール東浦で秋の交通安全キャンペーンをしました。保育園の子どもたちが扮するちびっこ警察官が反射材などの啓発グッズを配りながら交通安全を呼びかけました。
東浦町では昨年2件の交通死亡事故がありました。1つは2月に石浜白山で起こった事故で、一旦停止無視の車が優先道路を走っていた車に衝突、ぶつかられた車に乗っていた方が亡くなりました。もう1つは7月に森岡下源吾で夕方、横断歩道を渡っていた方が前方不注意の車にはねられて亡くなった事故がありました。事故の当事者はすべて70歳代の高齢者でした。これから冬にかけてどんどん夕暮れが早くなります。散歩の際には反射材を身に着けるなどして交通事故から身を守るよう心掛けたいものです。

Koutsuuanzen-cp2022092920220929_105331600tpnnnnn

 

地域の縁側 グリーン・ラソにランチを食べに行ったら、きょうはとてもにぎわっていました。学生のデザインコンペで制作したBeeテラスではおじさんたちが歓談していました。

20220929_125317900tpnnnnn20220929_123959900tpnnnnn

ここの2号店、ラソ・プラザでは、店の内部をアップサイクルプロジェクトで集めた家具を活かしながら改装しようと週末にワークショップを計画しています。また、イベントのプログラムもリニューアルするそうです。参考までに、今後のグリーン・ラソとラソ・プラザのスケジュールを載せておきます。

Rasoplaza-report20221001aRasoplaza-renewal20221001

Greenraso-report20221001a
Greenraso-report20221001b

Rasoplaza-report20221001b

 

東浦町は、三河ベイフットボールクラブ㈱とホームタウンパートナーシップに関する連携協定を締結しました。三河ベイフットボールクラブはJリーグ加盟を目指す社会人サッカークラブ FC刈谷 を運営する会社で、衣浦湾周辺の自治体をホームタウンとしてスポーツを通じた地域の活性化に取り組んでいます。FC刈谷の本拠地、ウェーブスタジアム刈谷と距離も心も近さを感じていたということで、東浦町が知多半島で初めての連携協定締結となりました。
連携の内容は、スポーツ振興、健康増進、子育て支援、子ども・高齢者・障がい者の支援、FC刈谷を応援する機運の醸成、その他地方創生・地域の活性化に関することとしており、具体的な事業として、子ども向けサッカー教室、健康に関する出前講座、青空ピッチヨガ教室、食育に関する教室やイベント、介護予防に関する出前講座、両者の連携・協力による情報発信などを考えています。
本日は、調印のために佐々木社長、望月取締役、森谷取締役にお越しいただきました。

Mbfc-hometownps20220929a

 

| | コメント (0)

2022/09/27

明治安田生命から寄附、スポーツ全国大会出場激励など

 < 「私の応援募金」目録贈呈式 >

明治安田生命保険相互会社刈谷支社から50万5千円の寄附をいただきました。明治安田生命保険相互会社では自治体と協働で、地域住民の健康づくりや暮らしの充実に関わる取り組みをしています。その一環として、自治体や団体に対して、従業員募金に会社からの寄附を上乗せした「私の地元応援金」の贈呈を行っています。昨年に引き続き2度目の寄附をいただきました。いただいた寄付は、町の健康増進事業に役立てます。
明治安田生命保険刈谷支店とは、包括連携協定も結んでいます。この連携の中で、町のキャンペーンに参加し健康チェックなどをしていただいています。また、地域を回る営業職員のタブレット端末を使って、町の(健康増進、子育て、介護・認知症に関連する)行政サービスを紹介していただく活動も始まる予定です。

Meijiyasuda-donation20220927

 

 < 全国大会出場者激励会、全国大会報告会 >

谷口さん、細井さん、堀田さんのお三方は愛知県予選を3位で通過し、富山県で開催される第37回日本ペタンク選手権大会に出場します。東浦町にはペタンクの普及に熱心な方がいて、東浦町役場の職員の中にも全日本の強化選手が2名います。ペタンクは年齢に関係なく楽しめるスポーツです。細井さんは定年後に本格的に始めて1年で全国大会。堀田さんは、運転免許証返納後に「う・ら・ら」で練習に通っているそうです。

酒井さんと浜村さんは、全日本伝統派防具付空手道選手権大会でそれぞれ優勝し、東京武道館で開催される第60回全国防具付空手道選手権大会に出場します。酒井さんは中学3年、文武両道で頑張っているそうです。浜村さんは小学校1年生、学校では体育の授業が一番楽しいそうです。

Sports-gekirei20220927

 

大学2年生の石田さんは、第77回国民体育大会 いちご一会とちぎ大会に体操(ゆか、跳馬、段違い平行棒、平均台)の愛知県成年女子チームとして出場し、3位の成績でした。おめでとうございます。今後のさらなる活躍に期待します。

Sports-houkoku20220927

 

| | コメント (0)

2022/09/22

部活動の地域移行は、長時間根性型の部活を変えるチャンス

部活動の地域移行については、地域の抱える事情もそれぞれでしょうけど、
松本武洋 前和光市長がfacebookに書かれている「長時間根性型の部活を変えるチャンス」というこの視点、なるほどなあと考えさせられました。
それにしても、勉強にしても「塾漬け」で長時間根性型、大人の仕事もその延長線上にないだろうか? 努力はもちろん大切だが、努力の仕方や方向性に工夫の余地はないのか? 連想は広がります。

 ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~
松本さん曰く、
長時間根性型の部活をやめて、効率的な練習のあり方や戦略を学ぶ場に変えていくべきであるというのが持論である。部活動の地域移行はその大きなチャンスであるし、地域で部活に関わる大人たちがそのような意識で部活動の指導に取り組めるよう、仕組みを工夫していただきたいと思う次第である。

松本さんのFB記事をシェアしました。

Fb-tmatsumoto20220919b

 

| | コメント (0)

2022/09/17

第4回 親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」のご案内

大人気の親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」が、10月30日に開催予定です。今回は、生路、藤江地内を探検します。

子どもと保護者でチームをつくり、地歩で生路・藤江地区を探索、制限時間内にチェックポイントを見つけ、課題やゲームをクリアして、獲得するポイントの合計を競うラリーゲームです。歩く距離と速さだけでなく、戦略、観察力、チームワークなどが試されます。町内在学の小中学生と保護者でチームを作れば、どなたでも参加できます。先着40チームを募集中。申し込みは10月7日(金)までです。

探検隊は、10月30日(日) 9時30分、藤江コミュニティセンターを出発します!

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/event/10372.html をご覧ください。

※ 第4回の親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」では、これまで準備を重ねてきたボランティアの子どもスタッフが、ゲームスポットの企画・運営をします。

4th-oyakofureai-event20221030

 

前回(第3回)の親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」in 緒川新田 の様子は、こちらです。
 

| | コメント (0)

2022/09/08

家庭教育講演会 のご案内

10月7日(金)13時から、文化センターにて、家庭教育講演会を開催します。
PTA会長の経験もある落語家 三遊亭あら馬さんが、ご自身の体験談を交えてPTA活動の新たな視点や親子のコミュニケーションについてお話しします。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/8574.html をご覧ください。

Kateikyouiku-kouenkai20221007

 

| | コメント (0)

2022/09/03

第7波の8月末までの感染状況

町内の新型コロナウイルス感染症の新規感染者は、依然として連日数十人の報告があり、高止まりしています。下のグラフは、今年1月1日から8月31日までの町内の新規感染の発生状況を示したものです。これを見ると6月末に第7波が急激に立ち上がり、その後は、高止まりしているもののピークを付けたかのように見受けられます。

Covid196thwave7thwave3

 

第7波では当初、10歳未満の子どもの感染が約4割と非常に多く、10歳代と合わせると感染者(6月21日~7月12日の全年齢で373人)の過半数が20歳未満でした。その後の年代別感染者(7月13日~8月31日の全年齢で3813人)を調べたところ、10歳未満の感染は約14%、10歳代の感染は約16%で、20歳未満の感染は全年齢の約30%と、以前よりも落ち着いてきています。今後、夏休みが明けて学校が始まる影響を注視していく必要があると思います。
また、子どもから40歳代までの年代別感染者の割合は、いずれも15%前後で、50歳代は10%程、60歳代は約5%で、70歳以上は約6%となっています。この傾向は愛知県とほぼ同様です。重症化などで医療の逼迫を招かないためにも、高齢者の感染を低く抑えることが重要です。

Covid196thwave7thwavegeneration3

 

愛知県全体で見ても、毎日の新規感染者数は高止まりしつつもピークを付けたかのように見えますし、重症者数死者数も減少に転じてきているようです。

Covid196thwave7thwaveaichi20220829Covid197thwaveaichi20220902

 

全都道府県別の病床使用率は、NHKの特設サイトで見ることができます。

Byousyou-shiyouritsu20220831

 

| | コメント (0)

2022/08/30

「路線バスのりつぎ旅 第2弾 ~目的地は刈谷市美術館~」の ご案内

7月27日に開催した路線バスのりつぎ旅 第1弾は好評でした。
緒川駅東口から9:10発の「うらら」長寿線で出発、9:29に大府市のコミュニティバスとの結節点であるげんきの里に到着、ここで9:43発の大府市「ふれあいバス」西コースに乗り継いで、おおぶ文化交流の杜 allobu 図書館へ。家族で参加された方も含めて参加者は9人。バスに乗るのは初めての方もいたし、緒川駅までうららで来た方もいました。普段見られない図書館のバックヤードも見学することが出来て盛り上がりました。

Noborubaba20220917aバスのりつぎ旅 第2弾は、「うらら」刈谷線で緒川駅東口を出発、結節点となる刈谷豊田総合病院で刈谷市公共施設連絡バス「かりまる」小垣江・依佐美線に乗り継いで、刈谷市美術館を訪ねるツアーです。ちょうど開催中の「まるごと馬場のぼる展」を美術館のガイド付きで鑑賞します。
9月25日(日)9時に緒川駅東口に集合。帰路は電車も使います。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/machizukuri/kokyokotsu/boshu/12249.html をご覧ください。

Busnoritsugitabi2-20220925

 

| | コメント (0)

2022/08/29

児童虐待について理解を深める書籍の寄贈を受けました。

以前、あいち小児保健医療総合センターに務めておられ、現在はウェスネスバレー地区で “楓の丘こどもと女性のクリニック” を開業している精神科医の新井康祥さんが、付添犬(介助犬、セラピー犬)のハチを連れて役場にいらっしゃいました。
新井さんは、精神科医の仕事を通じて、被虐待児の支援に携わっていて、付添犬が、虐待で人を信頼できなくなった子どもの心を開く効果に着目しています。被虐待児は精神的な傷を負っていて、支援や治療が必要です。それには本人と心を通じ合わねばなりませんが、当事者が自ら進んで相談することの難しさと、本音を話してもらう難しさを痛感しているそうです。

Issyoni-iruyo20220829b

 
アメリカではドッグセラピーが認知されていて裁判所での付き添いも認められているとのこと。もちろん付添犬の訓練も必要になります。また、相談窓口から医療、福祉、警察まで連携したワンストップの相談機能を持つ拠点が必要だとおっしゃっていました。
新井さんをはじめ児童虐待に関わるそれぞれの分野の専門家の対話をイラストを交えながら読みやすく編集した書籍「いっしょにいるよ」を町内の各小中学校に寄贈いただきました。誰もが虐待の当事者になりうる子どもたちに、ぜひ虐待問題への対処法について知ってもらいたいとの考えからです。もちろん付添犬のことも書かれています。
虐待は顕在化しにくいため、アウトリーチ的な活動も重要と思われます。学校関係者のみならず、役場の児童福祉部門や社会福祉協議会の方たちにも参考になる本だと思いました。

Issyoniiruyo20220829

 

| | コメント (0)

2022/08/24

夏休みの補充学習

東浦町内の7小学校と東浦中学校では、夏休みの補充学習を行っています。それぞれの学校によってやり方はさまざまですが、多くの学生ボランティア(スクールパートナー)に協力してもらっています。
2013年に夏休みわくわく算数教室を開始し、先進モデル校となっている片葩小学校では、昨日の午前の部に、児童54名、スクールパートナー18名の参加がありました。片葩小学校のわくわく算数教室は、学生自らが教室のセッティングや児童の見送りなど運営に携わるようにつくられています。

今日は、石浜西小学校の国語・算数の学習と東浦中学校のわくわく数学教室を見てきました。東浦中学校では、26名のスクールパートナーが2年生と3年生の希望者を対象に、生徒1~2人に1名のSPがついて「どんどん質問しよう」を合い言葉に約2時間の学習をしていました。

         20220824_132748800nnnnn
20220824_133308800tnnnnn20220824_133342800nnnnn
20220824_133539800tnnnnn20220824_135102800tnnnnn

東浦町では、夏休みの補充学習以外にも、平日のウィークリーSPや部活動支援SP、テスト前の学習会や学校行事の支援SPなど、さまざまなSP活動が行われています。11月頃には学生相互の情報交換やワークショップ、授業参観、講演会などを組み込んだSP研修会もあります。児童・生徒が学習の意味や面白さに気づき、教員をめざす学生の貴重な体験となり、そして家庭や学校にとっても win×4となるよう、学生ボランティア事業のさらなる発展を願っています。

| | コメント (0)

2022/08/05

8月の総合ボランティアセンター なないろ の行事 のご案内

総合ボランティアセンター なないろ が関わっている講座やイベントです。

生活と密接な関わりがあるのに、基本的なことを意外と知らない『天気のしくみ』がわかる講座を開催します。

開催日時は、8月28日(日)10時から
開催場所は、なないろ ではなく生路コミュニティセンターですのでご注意ください。

実験もあります。
先着20名。8月6日から申し込みを開始します。

Tenki-no-shikumi-kouza20220828

 

◇ おなじみの「おもちゃの かえっこバザール」です。まだ使えるけど遊ばなくなったおもちゃを、持ち寄ってかえっこして大切に使います。

開催日時は、8月18日(木)10時30分から
開催場所は、なないろ です。

申し込みは不要です。おもちゃを大切に使う気持ちを互いに分かち合います。

Kaekkobazar20220818

 

◇ 託児サポートをしているボランティア団体が定期的に開催する「親子で遊ぼう♪ おひさまひろば」です。

開催日時は、毎月第3木曜日の10時から
開催場所は、なないろ です。

参加無料、出入り自由です。おひさまひろばの公式LINEアカウントをご確認ください。

Ohisama-hiroba20220818

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧