小学校・子ども

2017/11/16

地域の縁側 グリーン・ラソ がオープンします。

緒川児童館の向い、総合ボランティアセンター(なないろ)の隣のひだまり跡の改装工事が終わり、NPO法人 絆 が「地域の縁側 グリーン・ラソ」をオープンします。赤ちゃんから大人まで誰でも行ける多世代型常設居場所です。

“ラソ”とはスペイン語で「絆」の意味。また、ひだまりができるまで、ここは農協の喫茶“グリーン”でした。そんないきさつで、「グリーン・ラソ」と名付けられたようです。

グリーンラソでは、住民主体型デイサービス(通所型サービスB)、認知症カフェ、社協による「ふくし何でも相談」、そのほかにも、さをり織り、健康体操、囲碁、将棋、麻雀などのお楽しみがあります。また、12月12日からは、毎週、火曜日と木曜日に、初回600円で地域のまかないボランティアが提供するランチが食べられるようになります。

グリーン・ラソのオープンは、12月4日(月)です。12月2日(土)には事前内覧会があるそうです。

詳しくは、https://www.facebook.com/events/831014860404117/をご覧ください。

23405988_563015024035947_5474293609

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/15

住民懇談会を緒川新田保育園と藤江児童館で開催。

10月のうららんに引き続き、昨日は緒川新田保育園で、今日は藤江児童館で、住民懇談会を開催しました。平日の午前中でしたが、新田地区では園児のお母さんやお父さん二十人ほど、藤江地区ではお母さん十数人の参加がありました。その他、地区の役員や議員さんが参加しました。
あったか子育て、のびのびと子どもが育つには、をテーマに、最初に行政の取り組みをお話しして、そのあと皆さんに意見や質問を用紙に書いてもらい、それを題材に気軽な意見交換をしました。いろいろな場所で適宜、懇談会を開いて、肩ひじ張らない話し合いができるようにしたいと思います。

Dsc00450_1280x959 Dsc00449_800x600
           Dsc00453_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

第39回 産業まつり(第1日目)

朝方雨が降っていましたが、幸いにも青空が出てきました。天気の危ぶまれる中、東浦町産業まつりに、ご来賓を始め多くの方々にご参加いただき御礼を申し上げます。

この産業まつりは、産業と名前がついていますが、商工業者の皆さんだけでなく、飲食、農業、健康、福祉、防災、スポーツ、地域ボランティア、趣味・・・など、町内のあらゆる分野の活動が文化センター周辺の公共施設群(今年は消防署東浦支署も加わりました。)に結集、盛大に開催されるものです。

今回の新企画として、プレおだいちゃん検定があります。
観光協会が、来年の町制施行70周年を記念して「東浦おだいちゃん検定」の実施を予定しています。東浦には多くのすばらしい歴史や文化の資源があります。これらの「宝」を郷土の皆さんに再認識していただき、次の世代にしっかり伝え引き継いでいくことが、みんなが愛し誇れるふるさとづくりにつながっていくとの想いからこの企画が生まれました。
来年7月22日(日)に予定している本検定に先駆けて、今年の産業まつり(11月11日(土)・12日(日))のふるさとガイド協会のコーナーで「プレ検定(全10問)」を実施します。
歴史・文化・習慣・産業(村木砦、緒川城、八巻古窯、だんつく、巨峰ぶどう、自動車部品・・・)など幅広い分野からの出題になりそうです。ぜひ挑戦してみてください。

また、今回は、LIXIL(INAX)さんが初出展してくださり「光る泥だんごづくり」体験ができます。レンガ・タイルの業界には大手企業はあまりないので、東浦の工場は、実はレンガ・タイルの工場の中で国内最大級だそうです。

意外と知られていませんが、このほかにも、東浦町内には大小含めてたくさんの工場・事業所があります。産業まつりを通じて、住民の皆さんとお互いに知り合えるきっかけとなればと思います。

ステージイベントもあります。ぜひ心行くまでゆっくりとお楽しみいただきたいと思います。

23131801_1508253482629453_289660859

 Dsc00229_800x600 Dsc00226_800x600
 Dsc00234_800x600 Dsc00235_800x600
 Dsc00252_800x600 Dsc00251_800x600
 Dsc00244_800x600 Dsc00258_800x600
 Dsc00257_800x600 Dsc00260_800x600
 Dsc00265_800x600 Dsc00273_800x600
 Dsc00278_800x600 Dsc00326_800x599
 Dsc00291_800x600 Dsc00310_640x480
 Dsc00307_640x480 Dsc00299_800x600
 Dsc00314_640x480 Dsc00316_800x600

 
東浦高校吹奏楽部の皆さんが、産業まつりのオープニングでノリのいい演奏をしてくれました。それもアンコール付きで。
昨年は指導者なしで部員が10名程度でしたが、今年は東浦吹奏楽団の方が指導を引き受けて下さり、部員数も倍になったと聞いています。これからさらにパワーアップすることを楽しみにしています。

Dsc00205_800x600

 
北部中学校の人権サポーターのみなさん。人権擁護委員のサポートをして産業まつりの会場で啓発活動をします。おだいちゃんも一日人権擁護委員に委嘱されました。
人権とは、「すべての人々が互いに命と自由を尊重しあい、それぞれの幸福を追求する権利」です。世の中には、人種、男女、病気や障害などによる差別や、虐待、いじめ、DVなど、人権を脅かす様々な問題があります。人権に関する見識を深め、それをみんなに伝え、互いの人権を尊重し守っていく活動を積極的に進めてほしいと思います。啓発活動の仕方についても中学生の視点からぜひアイディアを出してほしいです。期待しています。

Dsc00209_800x600_2

Dsc00214_800x600_3
 
於大のみちでリハーサルをしていたグループがありました。このあと、ステージがあるのだそうです。

Dsc00284_800x599

 
プレおだいちゃん検定一番乗り。
難しかったですが、なんとか90点。ちょっとヒントをもらったかも。
あすは、違う問題が出るそうです。

Pure_kentei_20171111_3
 
にほんごひろばと通訳ボランティアが共同で外国人との交流を図るブースを設けました。外国人のスタッフも張り切っています。
国別に時間を分けてクイズやゲームをやります。お国柄が出て楽しそう。

Dsc00271_800x600_2

23319452_1430669697011205_248128572
 
新城市(旧鳳来町)からは五平餅、長野県小川村からはおやきを出店。賑わっていました。

 Dsc00275_800x600 Dsc00277_800x600

 
役場企画課からは、文化センター1階で総合計画の策定について説明するブース。みなさんが、将来どんなまちにしたいか、書き出してもらいました。

Dsc00220_800x600

 Dsc00321_960x1280 Dsc00323_1280x960

 
産業まつり会場のはずれにある中学校の体育館ではスポーツフェスタ。
卓球台を2つ合わせて、4チームでサウンドテーブルテニスをしています。カローリングやソフトバレーボールもあります。初心者でも手軽に出来そう。

Dsc00335_640x480

 Dsc00331_640x480 Dsc00328_800x600

 
あす、11月12日(日)も開催しています。明日はもっと天気が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/05

コミュニティまつり、美術展、まちづくりワークショップ

 
 ●コミュニティまつり
今日は、町内各地区でコミュニティまつりが開催されました。いろんな催しがありました。その一部を写真で紹介します。

 Dsc09799_640x480 Dsc09800_800x600
 Dsc09807_800x600 Dsc09808_800x600
 Dsc09814_800x600 Dsc09817_1024x768
 Dsc09822_800x600 Dsc09824_800x600
 Dsc09830_800x600 Dsc09834_640x480_2

石浜コミュニティでは、設立30周年記念の式典がありました。お祝いの言葉を述べさせていただきました。

Dsc09795_800x601
 石浜コミュニティ30周年おめでとうございます。
 石浜地区は急速に人口が増えてきたところです。それだけに、成り立ちの異なる地域を先人たちのご苦労の上にうまくまとめて来られたことと思います。この地区は多くの可能性を秘めています。
 先日参加した石浜地区の盆踊りはとても活気がありました。今年度の地区実態点検にはたくさんの傍聴者の参加がありました。最近、地域の有志の方たちがご飯も食べられる子どもの居場所「はるたま」をオープンしました。
良い地域をつくるためには、皆が地域に関心を持ち、地域でできることは地域で、住人が地域の課題解決を自分事として着想し実行する。そしてその成果を皆で分かち合うことがポイントになります。
 コミュニティの活動自体も、これまでの親睦イベント中心から地域の課題を解決する活動に変えていく必要があります。これまで守ってきた地域の絆や資源を最大限に生かし、さらに新しくお住まいになった皆さんも加わって、それぞれができることを持ち寄って、互いに顔の見える、支え合える、幸せのまちづくりをさらに継続、発展させていただけることを心よりご期待申し上げます。
 町職員も様々な分野で、地域の視点に立って、皆さんのまちづくりを精いっぱい応援させていただきたいと思います。

 
 ●美術展と表彰式

今日まで、文化協会主催の美術展が開かれていました。最終日の朝に表彰式と講評がありました。
第40回記念大賞は鈴木佳代さんの「アトリエ」に。「100号の大作で、ご自身の色使いと想いが現れていて、見ていて楽しい。反対色を使うと濁りが出やすいが、そこをリズム良く描いている。」との講評でした。
町長賞は宮原耕二さんの「競馬の朝」に。こちらも100号。「筆遣いが丁寧で、動物と人物の違いを温かみのある色彩で描き分けている。構成も良い。」との講評でした。

Dsc09872_601x800

Dsc09869_800x600

洋画の他にも、水墨画や彫刻、陶芸も出品されています。今回は東浦中学校の生徒の出品がたくさんありました。

午後からは恒例の鑑賞会がありました。野村卯画伯の解説が面白くて、毎年楽しみにしています。

Dsc09840_800x602扇風機を主役にするならもう少し真ん中に持ってきます。扇風機とポットはくっつけてはいけません。小さい物を手前に重ねるべきです。バックの赤はもう少し濃く描いた方がよいかもしれません。

Dsc09844_1280x960構図としては素晴らしいです。河原の石まで実に細かく描いています。しかし、川の緑がきれい過ぎます。空の青も強過ぎます。結果として、主題の山を食ってしまっています。実物はそうっだかもしれませんが、絵にはフィクションがあって良いのです。

Dsc09862_1280x960背景の色、バックの塗り込みは申し分ありません。しいて言うなら、仏像の縁の岩の塗り込みをもっと弱めて、真ん中の仏像を丁寧に塗ると、主題が引き立ちます。あと、下の縁の人物が窮屈なところへ目が行ってしまうので、構図をもう2cmほど下げて、人物も1~2人は描写するとしても他はシルエット程度にした方が良いでしょう。

Dsc09863_800x600ベテランの方ですね。できれば船の影は茶系ではなくブルーなどの寒色にすべきです。緑もちょっと鮮やか過ぎるので抑えれば、遠近の膨らみが出ます。

Dsc09865_1280x718
雪の山が単調なので、高低の違いをつけて山のもり上がりをつくってはどうでしょう。真ん中の木のところには私ならオレンジ色などのアクセントを入れたいところです。空の色はうまくいっています。

 
 ●第2回まちづくりワークショップ
総合計画策定のための、第2回まちづくりワークショップ「まちを語ろう!」では、住宅系、商業系、工業系、農業・樹林地系について、それぞれの現状、将来のまちづくりの方向性を話し合い、グループごとに発表しました。
さすが皆さんは、今日的な問題点をよく御存じだと思いました。

Dsc09888_800x600

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/10/21

住民懇談会 と まちづくりワークショップ を開催。

 
 ●うららんで住民懇談会

午前中、うららん(総合子育て支援センター)で住民懇談会を開催しました。住民懇談会は地域住民の皆さんと役場幹部や担当職員との意見交換の場です。平成26年度に始まり、これまで、「住民参加と協働」「これからの東浦」「地域福祉」など、その時々のテーマを設けて各地区ごとに行ってきました。

今回はうららんを会場にして、あったか子育て、のびのびと子どもが育つには、をテーマに、最初に行政の取り組みをお話しして、そのあと皆さんと気軽な意見交換をしました。来館者はあいにく台風が近づいていることもあってか少なめ、その中で2組のお父さんお母さん、議員さん、子育て関係の職員(自分が子育て中の人も居ました)などが参加して、日頃の悩み事、行政への質問や提言など率直な話し合いができました。ファシリテーター養成講座に参加したという課長さんの軽快な取り回しがナイスでした。

 Dsc_6595_800x600 Dsc_6602_640x480

11月にも保育園や児童館で開催を予定しています。やわらかい場づくりに努めますので、遠慮なく、日ごろ思っていること、その場で頭に浮かんだことなど、気軽にお話しいただければと思います。できれば皆さんから頂いたご意見も施策の参考にさせていただきたいと思います。
とかく子育てというと、辛い苦しいイメージが社会全体にありますが、人生における幸せを感じる大事な場面として、明るく楽しい子育て・子育ちの環境づくり・雰囲気づくりができればと思います。
また、育てる側の都合だけではなく、子どもの育ちに焦点を当てた子どものための支援を考えていきたいと思います。

Juuminkondankai20171114p

 

 ●文化センターでまちづくりワークショップ

午後は、第6次総合計画策定のための第1回まちづくりワークショップを開催。公募で手をあげてくださった住民有志と職員有志で20年後の東浦の未来を考えます。

総合計画とは、町の最も基本的な計画でこれからの行政運営の指針、方向性を示すものです。総合計画見直しの背景には、すでに日本全国で始まっている急激な人口減少や少子高齢化への対応があります。この地域において高齢化率の上昇は20年以上は続く見込みです。社会環境の変化に対応し、人口減少を緩やかにするための施策には一定の期間が必要です。人口増加を唯一の価値観にしていても幸せにはなれません。行政でいえば行政運営の質を上げなければなりませんし、地域コミュニティにしても、みんなで支え合える顔の見えるコミュニティをつくっていかねばなりません。私たちの住むまちをより良くしていくには、一人一人が自分の住むまちのことに関心を持ち、みんなでまちをつくり育てていく必要があります。
これまで、総合計画は10年単位でつくってきました。今回は、今生まれてくる子どもたちが大人になった時に東浦が幸せなまちであるように、20年計画を立てることにします。これまでの延長線上で物事を考えずに、しっかり20年後の世界を見据えて、その実現のためにいつごろまで何をすればよいのか示せるような計画を作りたいものです。

この日は、町の現状と課題について簡単な説明をした後に、4つのグループに分かれて、20年後の東浦がどんなまちであってほしいのか思いつくままに出し合い、整理、重み付けをして、住民・事業者・行政がどのように関われそうか考え、キャッチコピーをつけ、そして発表するというステップを踏みました。
参加者の皆さんがいきなり取り組んだにもかかわらず活発な意見が出て、見ていて楽しいワークショップになったと思います。4つのグループからはそれぞれ、「子どもと若者が生き生きするまち」「生活・産業・自然・文化・個人が交通やコミュニティで結びついているまち」「外国人・多文化など多様化していく人を受け入れるまち」「自然や美しい環境に恵まれたまち」のような視点(私の意訳が入っています)が出ました。皆さんの話し合いを聴いて、人と人との関係にスポットを当てて、人に重みを置いたまちづくりにあたたかさを感じました。

 Dsc09467_800x600 Dsc09450_800x600
 Dsc09460_800x600 Dsc09477_640x480

今後も、公募や無作為抽出で応じてくださった方々の参加をいただいて、第2回~第6回のまちづくりワークショップ第1回~第3回の若者会議を開催していきます。飛び入り参加も歓迎です。皆さんの積極的なご参加を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/16

平成29年度 住民懇談会 のご案内

平成29年度住民懇談会のテーマは、「子育て・子育ち」です。

日頃、子育てをされている保護者の皆さんや、子育てに関心がある方、皆さんの「生の声」をお聴かせください。アットホームは雰囲気で気軽に意見交換をできればと考えています。

お子さんと一緒に参加していただくことや、託児も可能です。

   日時                 開催場所
 10月21日(土)10時~11時半  うららん(総合子育て支援センター)
 11月14日(火)10時~11時半  緒川新田保育園
 11月15日(水)10時~11時半  藤江児童館
 11月27日(月)10時~11時半  森岡児童館

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/kocho/kondankai/1506304988338.html
をご覧ください。

29juuminkondankai20171021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/14

空模様が心配だった中、生路ンピックを開催。

朝方雨が上がって、生路区と生路小学校の合同体育祭「生路ンピック」が無事開催されました。この陰には、準備の方たちの見えない苦労があったんだと思います。

 Dsc09141_500x375 Dsc09150_800x602
           Dsc09156_500x375

運動場に砂を入れている方たちはもちろん、ベランダの照る照る坊主君たちの活躍もあったかも。

 Dsc09140_800x600 Dsc09147_800x600

 

雨上がりの酢橘。今年は豊作。柿もそろそろです。

 Dsc09133_800x600 Dsc09160_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/21

秋の全国交通安全運動

イオンモール東浦で、老人クラブの皆さんや保育園母の会の皆さんと園児の皆さんなどの協力で、交通安全キャンペーンを実施。子どもたちの扮するちびっこ警官が、イオンモールのお客さんに元気に声をかけながらキャンペーングッズを渡しました。

 Dsc_0056_500x334_2 Dsc_0086_300x200

今年8月までの町内の交通事故発生件数は、昨年同時期に比べて、151件から120件へと31件(20%)も減っています。理由はわかりませんが、半田警察署管内では際立った減少です。今年末まで、そして来年もこの状態を続けていきたいものです。

 
   町内の交通事故発生件数(8月末まで)

           29年 28年 増減
     死亡    0   0   0
     重傷    4   3   +1
     軽傷   116 148  -32
     合計   120 151  -31

 
   半田署管内市町別交通事故発生件数(8月末まで)

           29年 28年 増減
     半田市  366  364  +2
     阿久比町 96   91  +5
     東浦町  120  151  -31
     南知多町 38   27  +11
     美浜町   76   67  +9
     武豊町  107  115  -8
     合計    803  815  -12

 
半田警察署長さんからは、飲酒運転の状況について説明がありました。
県内の人口1万人あたりの飲酒運転検挙者数を居住地別に比較したところ、昨年(1~12月)の市区町村別ワーストランキングで、東浦町は53位(1.71人)でしたが、今年(1~6月)はいきなり5位(2.55人)に急上昇しているとの指摘がありました。半田署管内は総じて悪く、「飲酒運転は絶対にしてはならない犯罪との認識を持たなければならない」と注意がありました。

 
   県内市区町村別に見た飲酒運転検挙者数の実態(平成28年)

          平成28年      平成29年(6月末まで)
     1位    豊山町 7.91    美浜町 4.27
     2位   春日井市 6.69    武豊町 3.99
     3位    大治町 6.34   南知多町 3.13
     4位    飛島村 6.21    豊山町 2.90
     5位    武豊町 6.02    東浦町 2.55
     6位   南知多町 5.34   阿久比町 2.50
     53位    東浦町 1.71

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/20

全国大会出場者の激励をしました。

全国大会出場者の激励をしました。
ご両親の厳しく躾けたいとの考えで、小さいころから道場に通って空手を習ってきた小学6年生の木下君と4年生の酒井くんが、武道館で開催される全国大会に組手と形で出場します。

また、愛知県市町村対抗駅伝で東浦町駅伝チームの一員として活躍いただいていた江本悟司さんが、滋賀県で行われる都道府県対抗マスターズ駅伝競走大会に愛知県代表チームのメンバーとして出場します。

3人ともぜひ頑張っていただき素晴らしい成績を収めていただきたいと思います。

009290920_800x534

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東和荘敬老会へ

特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、デイサービスなどを行っている東和荘の敬老会に出席しました。ここには、自分の両親の前後くらいの世代の方々がたくさんいらっしゃいます。顔見知りの方も少なからずお出でです。
保育園の子どもたちがお年寄りと手をつないで歌を歌ったり踊ったりするアトラクションもありました。中にはおじいちゃんおばあちゃんのいないおうちもあるでしょう。笑顔で楽しくコミュニケーションできる子もいるし、そうでない子もいます。それでも、お年寄りと触れ合いながら一緒に過ごすのは、子どもたちにとって貴重な経験になると思います。どちらかというと無表情になりがちなお年寄りの顔にも、思わず笑顔が浮かんでいました。

 Dsc07916_300x226 Dsc07919_300x225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧