小学校・子ども

2019/07/19

夏休み子ども教室など、夏のイベントのご案内

夏休みこども教室など、東浦町の夏のイベント情報はこちらをご覧ください。

 ●夏休みこども教室
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/summerschool/index.html

 ●夏のイベント情報
 https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/event.html

| | コメント (0)

2019年度第2回アチェメックの森プロジェクト 夏の森を楽しもう「森の昆虫採集・竹林管理・草刈り・流しそうめんワークショップ」のお知らせ

 身近な里山を手入れする活動のご案内です。

 アチェメックとはAichiChildrensHealthand MedicalCenterの頭文字からとった、小児の森の愛称です。大府市と東浦町の接するところにある「あいち小児保健医療総合センター」の敷地にある雑木林の竹を間引いたり、下草を刈ったりして、光の差し込む植生の豊かな林を再生し、療養中の子どもたちが散策できるように林内に簡単な小径をつくったりしています。今回は夏にちなんで、竹林の手入れと昆虫採集、切った竹を使って流しそうめんを楽しもうという企画です。詳しい内容は下記の通りです。

 

   アチェメックの森プロジェクトにリンク

 

 アチェメックの森に今年も蒸し暑い梅雨の季節がやってきました。
 でもこの時期、森の木々や生き物たちは燦々と降り注ぐ日光と雨の恵みを受けながら、すくすくと成長を遂げています。まさに「命みなぎる季節」です。
 そんな中、子どもたちといっしょに、竹林や雑木林の手入れ、木の実園の草刈り、森の小道づくり、昆虫採集などの活動で気持ちのいい汗をかいてみませんか。
 お昼には恒例となりました「流しそうめん」で喉を潤しましょう。
 自分にあったペースでできる、無理のない活動です。ご家族、お友達もお誘い合わせのうえご参加下さい。

 

日時: 2019年7月21日(日) 10:00集合
集合場所: あいち小児保健医療総合センター 竹林そばの駐車場(案内図参照)
プログラム:
    10:00 集合・オリエンテーション
    10:30 竹林の手入れ&森の昆虫採集
        (竹林の手入れ体験や、昆虫博士といっしょに森を探険)
    12:30 昼食交流会(恒例の流しそうめんを囲んでの楽しい昼食会です。)
    13:30 竹林の手入れ&森の小道づくり活動など
    15:00 後片づけの後解散
  事前申し込みは不要です。当日現地で受け付けます。
  持ち物: 飲み物・弁当(おにぎり程度)、作業のできる服装と靴、虫よけ対策、
       熱中症対策、軍手、長靴、道具(カマ・ノコギリ・剪定バサミなど)、
       子どもたちは捕虫網など昆虫採集の道具
  参加費: 大人500円(ボランティア保険料含む)、子どもは無料
  小雨決行: 判断に迷う場合は、下記のいずれかの連絡先にお問合せ下さい。
        ただし、お電話は当日午前7:00以降にお願いします。
        真弓 090-9186-2666  篠原 090-3855-2547

Achemec20190721a
Achemec20190721b

     「アチェメックの森プロジェクトのご案内」pdfをダウンロード

| | コメント (0)

2019/07/17

於大公園プールの安全祈願をしました。

今日はこれまでと打って変わって晴れ間の見える天気。選挙から一夜明けて、さっそく通常営業です。

Dsc01196800tpnn


於大公園のプール開きのため、お隣の乾坤院の住職にお願いして、安全祈願を行いました。今年は、7月20日(土)から8月15日(木)までオープンします。
7月25日(木)と8月8日(木)の14時からは「水中宝探し」を予定しています。いよいよ本格的な夏がやってきます。みなさまのご利用をお待ちしております。

Odai-pool-takara-20190717


今年も、夏休み中に小中学生を対象に町運行バス「う・ら・ら」の10円体験乗車キャンペーンを実施します。小中学生は1乗車10円になります。プールに行くときなどにご利用ください。

Urara10en_natsuyasumi20190820

| | コメント (0)

2019/07/13

地区フィルムフォーラムに参加して

更生保護女性会が主催する地区フィルムフォーラムに参加しました。毎年この時期に町内6カ所で開催されるのを、副町長と教育長と私で2ヶ所ずつ手分けして参加しています。今年は生路地区と藤江地区のフィルムフォーラムに出席しました。フォーラムのやり方は各地区それぞれです。

生路地区は毎年、テーマを決めて家庭や青少年問題についての動画を上映し、それを元に感想や意見を述べあうグループディスカッションをしています。ディスカッションは面倒臭いという向きもありますが、そんな考えもあるんだと気づかされる多様な意見が出てきたりして、たまに膝をつき合わせて話し合うのも良いものです。
今年のテーマは「スマホの落とし穴」でした。私は、本当に子どものことが心配だったら、スマホなど買わなきゃ良いと思います。スマホは子どものおもちゃにしてはお金が掛かりすぎます。また、近年「不便益」という言葉があるように、フェイスtoフェイスのコミュニケーションやじっくり考えるゆとりなど、便利が故に失うもの、不便だからこそ得られる利益があると思います。うちの長男は23歳になりますが、就職するまでスマホは持ちませんでした。最近彼はスマホを握ったまま寝ていたりしますが・・・。ちょっと危ないですね。
これは一つの考え方です。他にもいろいろなお考えがあるでしょう。地域の人達が集まって、そんな意見を遠慮なく交わせるのは大切な機会だと思います。

Dsc01115800pnn


藤江地区では、県警本部のおまわりさんに来ていただいて、小学生を対象に体験型防犯教室を開催。その後で防犯教室を見学した大人同士で意見交換をしました。この体験型防犯教室は、子どもたちが自分の身を守るすべを実践に即して学ぶもので、知多半島では初めての開催だそうです。
まずは、帽子にサングラスをかけた怪しいおじさんが登場。眼鏡をとったら実は校長先生。人は見た目ではわかりません。本当に怖い人は普通の格好なのだそうです。つづいて、防犯ベルを鳴らしてランドセルを放りながらダッシュで逃げる練習、大声をコンテスト、手を掴まれても連れ去られないよう暴れる練習などをしました。

 Dsc01126800nn Dsc01131800pnn
 Dsc01149800pnn Dsc01160800pnn

Dsc01170800pnn

| | コメント (0)

2019/07/09

高校生が選挙事務のアルバイト

学生などの若い世代の方々に、選挙に関心をもっていただくきっかけになればと、選挙事務に高校生アルバイトを登用しています。
今回の参議院議員選挙には、東浦高校の生徒11名が、期日前投票の土・日曜日と投票日当日の選挙事務に携わります。7月6日には2名の生徒が受付事務を行い、投票に訪れた方に笑顔で案内をしていました。
東浦町では、選挙事務の高校生アルバイトの登用を2015年の愛知県知事選挙から実施しています。

Senkyojimu20190706
 クリックで、東浦町ホームページ「トピックス」に飛びます。

| | コメント (0)

2019/07/08

今夏も片葩小学校の「わくわく算数教室」をはじめ町内各学校の夏休み補充学習を実施します。

もうすぐ夏休み。片葩小学校の「わくわく算数教室」をはじめとする町内各学校の夏休み補充学習が始まります。子どもたちの支援に携わるスクールパートナー(学生ボランティア)を募集しています。

 

▼片葩小学校わくわく算数教室と東浦中学校わくわく数学教室のSP募集案内です。
Kataha-higashiura-wakusan-2019a  Kataha-higashiura-wakusan-2019bKataha-higashiura-wakusan-2019c

 

▼東浦町の小中学校10校の夏休みの補充学習のスケジュールとスクールパートナー(学生ボランティア)の募集案内です。
Gakusei-volunteer-natsuyasumi2019a Gakusei-volunteer-natsuyasumi2019b

 

東浦町では、教職員とともに実際の小中学校の現場に入っていただき、子どもへきめ細やかな学習支援を行う学生ボランティア(スクールパートナー)を募集しています。

教師をめざす学生の皆さん!
実際の学校現場で子どもたちといっしょに活動し、教職の魅力を再発見するとともに、その体験を活かして教職としての実践力を身に付け教員への第一歩を踏み出しましょう。

東浦町では、学生ボランティアとしていっしょに活動していただける方を教員の仲間という意味を込めて「スクールパートナー(SP)」と呼んでいます。

| | コメント (0)

2019/06/29

非行防止と青少年健全育成町民大会を開催

文化センターで、非行防止と青少年健全育成町民大会を開催しました。保護司会、更生保護女性会、子ども・若者会議のメンバー、教育委員会、PTAの皆さんなど、多くの方々が出席くださいました。毎年、中学生の意見発表、標語、習字の応募作品表彰、そして講演または活動報告があります。世の中には、さまざまな立場、考え方や価値観、さまざまな悩みや、その原因と対処方法があって、決して一つの正解があるわけではありません。自分の考えを持ちつつも、他者の立場を受け入れ思い遣れるようになりたいものです。
意見発表では、東中3年の黒野さんが「生徒会活動を通じて、みんなで理解を求め話し合えば、大きなものも動かせる自信を持った。」、北中3年の澤さんは「便利の裏側にはリスクが潜む。スマホに頼り切らないことだ。」、西中3年の吉盛さんは「無責任な言葉は人を傷つけるだけでなく、自分の心もむしばむ。」などの主旨で、堂々とお話をしてくれました。

標語の優秀作品は、以下の通りでした。

  その声で 誰かの笑顔 取り戻す
  思いやり 少しのことでも 思いあり
  あいさつで 人の心に 花が咲く

講演では、以前、東浦高校の伊藤校長先生の学校づくりのお話しや、協力雇用主として北九州で積極的な活動をされている野口さんのお話で感銘を受けました。今回は北中学区おやじの会の活動報告でした。おやじの会の目指すことは、子どもたちとの交流を図り、青少年の健全な育成を考え、成長を見守ることと、オヤジ同士の親睦を図り、意見交換を行うこと。PTAのOBが中心ですが、会の趣旨に賛同してくれる人なら誰でもメンバーになれます。毎年、夏に親子で野外活動などを計画しており、平成19年度は富士登山、平成30年度は犬山にワカサギ釣りに行きました。オヤジもやるじゃんと、子どもたちから見直されることもあるそうです。

Dsc010301000tpnn


青少年健全育成の関連行事としては、明日から再来週にかけて、更生保護女性会が中心となって、各地区で恒例のフィルムフォーラムを開催、8月22日にはイオンモールでいきいきファミリーフェスタ2019を開催予定です。

法務省の保護観察所の方がおっしゃっていましたが、社会を明るくする運動のマスコットキャラクターのホゴちゃんはどうしてペンギンかというと、鳥は鳥でも飛行(非行)をしないからだそうです。
そう言えば、以前、同じく保護観察所の方が、なぜ運動を七夕の時期にやるかというと彦星(非行防止)だから、とおっしゃっていました。ここでもオヤジが活躍?してます。

Kouseipenguinhogochan2019

| | コメント (0)

2019/06/02

第70回 全国植樹祭 で、藤江小学校が特選を受賞しました。

第70回 全国植樹祭が、愛知県森林公園で開催されました。天皇皇后両陛下の即位後初の地方でのご公務となるそうです。昨晩は植樹祭のレセプションパーティーが名古屋観光ホテルで開かれました。東浦町立藤江小学校の平松校長ご夫妻は、両日とも招待者として出席されています。

 Dsc00679800nn Dsc006981200tppnn
 Dsc006891200tpnn Dsc006961200tpnn

藤江小学校は、平成30年全日本学校関係緑化コンクール 学校林等活動の部 小学校の部で特選に選ばれ、式典の中で農林水産大臣賞・日本放送協会会長賞、また愛知県緑化関係表彰を受賞しました。準特選には宮城県、山口県、高知県の3校が、入選には福島県、石川県、長野県、滋賀県、鹿児島県の5校が選ばれました。まさに藤江小学校は全国優勝です。
藤江小学校の学校林は竹林が主体で、児童の遊び場、学びの場となっており、遊歩道や炭焼き小屋などの施設があります。竹林整備で伐採した竹を炭にして、児童が竹炭をつくる過程を学んだり、脱臭剤や畑の土壌改良剤として地域に竹炭を配布したり、地域の河川浄化に竹炭を用いたりしています。子どもたちが安全に遊び、学べるよう、学校林の整備や炭作り、子どもたちの講師などを地域のボランティアが引き受けていて、地域の学校に対するサポートにも長年の実績があります。このような活動は、地元の新聞や広報紙にも取り上げられ、地域で高く評価されています。
式典では、両陛下がスギ、クスノキ、フモトミズナラ、シデコブシ、ヒトツバタゴ、シキザクラをお手植え、ヒノキ、アベマキ、ハナノキ、マメナシをお手播きされました。そのほか、参加者による園内での植樹、木に関するさまざまな展示やアトラクションが行われました。
植樹祭は、毎年各県持ち回りで開催されています。来年は島根県での開催となるそうです。

 Dsc007181200tppnn Dsc007381000tpnn
 Dsc00757800pnn Dsc00756800pnn
 Dsc00665800nn Dsc00670800nn

| | コメント (0)

2019/05/30

スポーツ世界大会の報告と激励

世界大会で準優勝した葛谷夏利さんと、これからアジア・オセアニア大会に出場する八剱亜耶さんが、役場を訪ねてくださいました。

葛谷さんは、西部中学校1年生。小さいことからチアダンスに打ち込み、大きな大会に出場する常連さんです。4月末にフロリダのディズニーワールドで開催されたチアダンスの世界大会で、米国などの強豪チームを抑えて準優勝しました。葛谷さんはこの大会でチアダンスには一区切りを付けるとのこと、これからの新たな挑戦が楽しみです。

Sport20190530a

八剱さんは、役所に勤めながら、大学生の時に始めたアルティメット(フライングディスク競技)に打ち込んでいます。6月中旬に和歌山県で開催されるアジア・オセアニアの10カ国が参加するビーチアルティメット選手権大会に出場します。ビーチアルティメットは、砂の上で行うフライングディスクを使った5人制のラグビーのようなチームスポーツです。芝の上で行うアルティメットはオリンピックの追加競技入りを目指しており、今後の八剱さんの活躍が期待されます。

Sport20190530b

| | コメント (0)

2019/05/21

中学生が於大まつりのイベントの売上金を寄付してくれました。

今年も、於大まつりで、町内の3中学校の中学生が「春のお祭りもりあげ隊」のテントを出してまつりを盛り上げてくれました。その「春のお祭りもりあげ隊」65名の中学生のうちの代表者6名が役場を訪ねて、売上金16,988円を熊本地震の復興支援金として寄付してくれました。中学校が違うとふだん交流の機会は少ないので、於大まつりのふれあい縁日は互いに知り合う良い機会となったようです。
春のお祭りもりあげ隊」は女性商工業者のボランティアグループ「かかさの会」の活動の一つで、於大まつりの前に中学生を募集し、於大まつりでイベントブースを中学生自身が企画運営するのを支援しています。於大まつり当日は、光る泥だんごづくり、スライムづくり、くじ引きを出店し大盛況でした。

 Dsc002001200tnn Dsc00201800tnn

| | コメント (0)

より以前の記事一覧