小学校・子ども

2022/05/08

文化協会の総会のあと、SUP初体験

久々に文化センターで行われた文化協会評議委員会に出席しました。40周年を記念して功績のあった会員の表彰も行われました。
これまで文化センターは集団接種会場として使われていたため、ここで文化展などを開催することができませんでしたが、その代わりに文化協会は、“コロナに負けない文化展”を うのはな館、於大公園、緒川コミュニティセンター、イオンモールの4会場で分散開催しました。やればできるものです。
今どこの団体もメンバーの固定化が問題になっています。文化協会では、個人会員を受け入れたり、ネットによる情報発信にも取り組んでいるところです。文化やアートは魅力あるまちづくりに欠かせません。時代の変化に合わせて、守破離のなかで、伝統を守り受け継ぎながらも、想像力と創造力を発揮して、破ること離れることにも果敢に挑戦していただきたいと思います。

20220508_095909800tnnnnn
279493807_384688280344763_56554531612964

 

自然環境学習の森では、水辺部会ナゴヤSUP推進協議会の共催で、SUPによる溜池環境調査とSUP体験がありました。SUPとは、“Stand Up Paddleboard”の略で、立ち漕ぎボードのことです。SUP協議会の皆さんは、SUPで水辺を楽しんだり、堀川の清掃などの活動を通じて、SUPの普及を図っています。
SUP推進協議会のメンバー以外は、みんなSUP初体験でした。でも、子どもたちはバランス感覚が良くて、すぐに上手に乗れるようになりました。私も初体験で池を一周してきましたが、途中で木に引っかかって池に転落、ずぶ濡れに。SUPで池の中を自由に回れることもわかりましたし、池に倒れ込んだ枝の伐採などもできることがわかりました。ボーイスカウトもアクティビティとして取り入れてみようと考えています。

280234353_536670577852418_55909612742518279840847_532079768645285_40681710464805
279604637_3058525811064860_5267693402265279592296_1659977971032075_1813698126257
279906162_1400153190448956_1885405637495279104050_1463289767440064_5520422613649
279676135_1265272010668890_1310531348939279592753_5387479641303837_8247528908133

 

| | コメント (0)

2022/05/01

ヒメボタルが観られる季節になりました

ヒメボタルの出る季節になりました。これから5月の下旬にかけてシーズンです。町内では、ヒメボタルを鑑賞する自然観察会も開かれます。鑑賞スポットとして、石浜地区の藤塚公園の北側斜面が良く知られています。生路地区では住宅街の中の草地でもヒメボタルを見ることができます。

Hotaru1a

 
ヒメボタルは、ヘイケボタルやゲンジボタルと違って陸棲のホタルです。幼虫は腐葉土の中にいて、カタツムリやキセルガイなどの陸棲の貝を食べます。ヒメボタルは夜更かしなので、10時以降の遅い時間の方がよく見えます。5ミリほどの小さな体ですがピカピカとシャープに短く点滅するのが特徴です。写真は自然環境学習の森で撮ったものです。

Hotaru2a

 
今年も町内のあちらこちらでヒメボタルを見ることができると思います。おもしろいことに、盛大に舞ったり少ししか出なかったりその日によって見え方が異なります。これもホタル観察の楽しみではないでしょうか。

自然観察員の案内でヒメボタルを見る自然観察会は人気です。5月14日の「ヒメボタルに会おう」はすでに定員に達したようです。自然に親しむ観察会では、ヒメボタル以外にも様々な自然と親しむことができます。

 

Shizenkansatsukai20220402a2
Shizenkansatsukai20220402b_20220404075201

| | コメント (0)

2022/04/23

ことしはタケノコが大豊作!

毎年恒例、生路小学校のたけのこ掘りは、親子で200人近い参加があったそうです。ことしは筍の当たり年。まだまだこれからどんどん出ます。

20220423_085206800nnnnn20220423_085350800pnnnnn
20220423_1021541200pnnnnn20220423_102000800pnnnnn

 

県営石浜団地のPFI事業の一環で、集合住宅を高層化して、残った土地を民間住宅会社に売却、66区画の分譲が始まっています。隣接地には保育所もできる予定。
この週末には住宅会社が住まいの相談窓口を開設しています。それとコラボしで今日は、ここへの定住を考えている方たちに町職員が「東浦町の応援説明会」を開催中。さまざまな暮らしの相談を受け付けています。会場には「広報ひがしうら」をはじめ、PRチラシ「住むなら東浦」、小冊子「たのしく育て」を用意してお待ちしています。

20220423_110009800nnnnn20220423_1100501200nnnnn

Sumaino-soudan20220423a
Sumaino-soudan20220423bSumunara-higashiura-r3aTanoshiku-kosodate-r3a

 

午後から、Beeテラスカフェ音楽会に行ってきました。ワークショップで完成させたテラスで、みなさん、まったり過ごしていました。今日もBeeテラスをデザインした建築科の学生さんが参加してくれました。

20220423_145003800nnnnn20220423_152254800pnnnnn

| | コメント (0)

2022/04/06

小学校の入学式がありました。

今日は小学校の入学式。私は、藤江小学校の入学式に出席しました。藤江小学校には68名の児童が入学しました。小学校では、「すごいなあ」「なぜだろう」と思うことを大事にしてほしいです。

Dsc02504800nnnnn

 
明日は西部中学校の入学式に出席します。

 

於大公園の桜は今花盛り。八重桜のつぼみも緩み始めました。花の次は新緑です。

Dsc02402800nnnnn
Dsc02410800pnnnnn
Dsc02420800tnnnnn
Dsc02431800pnnnnn
Dsc02436800nnnnn
Dsc02455800pnnnnn
Dsc02467800nnnnn
Dsc02470800pnnnnn
Dsc02476800nnnnn

 

| | コメント (0)

2022/04/05

童心に還って? 給食の試食会

4月から、学校給食センターの調理業務と配送業務を民間企業(メーキュー㈱)に委託しました。これまで町のパート職員として調理業務をされていた方々のほとんどは、業務を受託した企業に移り、引き続き調理業務にあたっていただきます。新年度からは、献立作成などの栄養士の業務は、これまでどおり町が担当し、その献立に基づいてメーキュー㈱が調理を行い、給食を各学校に届けることになります。

きょうは、味などの出来栄えにこれまでと変わりはないことをみんなで確認する意味を込めて、町議会議員、教育委員会委員、関係職員で給食試食会をしました。献立は、焼きそば、ミニきなこ揚げパン、ツナサラダです。量は小学生と中学生の中間くらい。焼きそばとミニきなこ揚げパンは、人気メニューの組み合わせです。通常、ミニきなこ揚げパンはソフト麵との組み合わせになるので、今日のメニューは特別です。いいとこ取りでちょっとズルい気はしましたが、みなさん満足げな様子でした。

もうすぐ学校の春休みが終わります。
準備万端整えて、給食は4月11日(月)から始まります。

Dsc02499800nnnnn
Dsc02500800nnnnn

 

| | コメント (0)

2022/04/01

令和4年度がはじまりました。

Topics20220401_02

 
朝から、県から町へ派遣される職員、県へ派遣する職員、新規採用職員、部長級職員など入庁や異動に係わる辞令交付式が続きました。新任と再任の地区連絡所長さんに委嘱状を伝達した後に、教育委員会の教職員発令通知式・新任受入式に出席しました。東浦町の小中学校の中の異動もあれば、知多管内以外からの赴任もあります。

教職員発令通知式・新任受入式では、教職員のみなさんに私から毎年、
①すべての子どもに目の届くように、わからないまま放置しないで、読み書き計算など基礎的学力を確実に子どもたちが身につける。
②現象を観察し、仮説を立て、検証する科学の手法を子どもたちが身につける。
③受け身・受け売りではなく自分で考え、自分の言葉で表現し、文化の違う相手を共感させる力を、子どもたちが身に付くようにして欲しい。
④やりっ放しではなく、教育の効果を検証可能にするよう心掛けてほしい。
の4つのお願いをしています。
そして、いま「主体的・対話的で 深い学び」が教育の大きなテーマになっています。ウィリアム・ウォード(アメリカの作家・教育者)の言葉に
・凡庸な教師は指示をする。
・良い教師は説明をする。
・優れた教師は範となる。
・偉大な教師は内なる心に火をつける。
とあるように、子どもたちの内なる心に火をつけて、探究心や自ら学ぶ姿勢に目覚めさせていただきたいとお願いしました。

 
役場庁舎に帰る途中、社会福祉協議会に寄って、今年度から新たにコミュニティ・ソーシャル・ワーカー(CSW)になる3人の方たちに会ってきました。この4月からCSWは6人体制に強化されます。

 
4月から、直営から指定管理者による管理に変わる中央図書館では、㈱図書館流通センターの館長さんや副館長さんにご挨拶をしてきました。松阪や明石、武豊、高浜など様々な図書館で経験を積んだスタッフがいらっしゃるので、各地での経験を運営に活かしていただきたいと期待しています。
図書館前の明徳寺川には於大まつりののぼりが立ちました。4月2日(土)から於大のみちのライトアップが始まります。

Dsc02300800pnnnnn

 

役場の周囲はソメイヨシノが満開になってきました。2階の窓はちょうど桜目線です。桜に囲まれて新年度の業務が始動しました。


Dsc02310800nnnnn
Dsc02304800pnnnnn

 

| | コメント (0)

2022/03/27

西三河・知多空手道選手権大会に出席

刈谷市体育館で開催された第18回西三河・知多空手道選手権大会に来賓としてお招きをいただき出席、観戦してきました。
伝統的な防具付空手です。もともと西三河の方で指導されていた敬信館の辻館長さんが、東浦で道場を開いていらっしゃる関係で、東浦と阿久比の選手が増えてきたそうです。
未就学児でも、身のこなしの素速さと体力が持続することに感心しました。中学生になるとさすがに戦術、迫力が違います。道場に子どもが通っているうちに自分も空手をやってみたくなるお母さんも多いそうです。

276994572_333437375423974_43654918076380Dsc02147800tpnnnnn
Dsc02187800tpnnnnnDsc02213800tpnnnnn

 
刈谷市体育館の隣の亀城公園では、桜が咲き始めてもう花見の季節になりました。かき氷の屋台も出ています。
歴史博物館では現代甲冑展をやっていました。

Dsc02220800nnnnnDsc02222800tnnnnn
        Dsc02228800nnnnn
Khm-kacchuten20220327Dsc02234800nnnnn

| | コメント (0)

2022/03/17

全国大会出場の報告会と激励会がありました。

幕張メッセで開催された第49回バトントワリング全国大会で、中学3年の濵嶌さんのチームが優勝しました。濵嶌さんは来週開催される全国大会でも個人種目に出場予定だそうです。吉報を期待しています。

高校3年の川野さんは昭和の森テニスセンターで今月末に開催予定の硬式テニス TOMAS CUP EDITION JAPAN JUNIOR TENNNIS TOUR CHANPIONS 15th に出場。小学6年の野田さんは白子サニーテニスコートで開催予定の第21回全国小学生ソフトテニス大会に出場。小学4年の平井さんと木下さんは幕張メッセで開催予定のチアダンス USA The PEAK に出場します。

今年卒業の方はそれぞれの学校生活で最後の大会となります。是非悔いのないよう全力を出し切って欲しいと思います。皆さんがんばれ!

Sports-gekirei20220317

 

| | コメント (0)

2022/03/03

卒業の季節

朝、隣家の庭から、まだ下手くそなウグイスの声が聞こえてきました。今年はじめてです。少し離れた梅の木のあたりにいるようです。

今日は、中学校の卒業式。昨年は出席せず、今年は北部中学校に行きました。コロナ感染防止のため、PTA会長の挨拶も来賓の挨拶もなし。卒業の歌も録音でしたが、肝心の卒業証書の手渡しと、校長先生の言葉、卒業生代表の言葉と在校生代表の送辞はありました。それで充分。
式が始まり卒業生が入場してきたときのキビキビした動きが印象に残りました。車椅子の卒業生もいました。一人一人の顔を見ながら卒業の雰囲気を感じることができました。
卒業おめでとうございます。

| | コメント (0)

2022/03/01

今日は県立高校の卒業式

東浦高校の卒業式でした。感染症の影響で昨年に続き来賓としての出席はありませんでした。卒業生の前途に期待をこめて、卒業の栞に載せるお祝いの言葉を書かせていただきました。

 

羽ばたけ東校生!

 卒業おめでとうございます。皆さんは、高等学校の教育課程を終えて、これから大学や専門学校で学生として、あるいは仕事を通して社会人として、さらに一生にわたって学んでいくことになります。
 NHKの深夜番組2355で、「アポロニウスの円」が取り上げられています。東京タワーと東京スカイツリーが同じ高さに見える地点を地図上にプロットすると、直径約11.9kmの円になります。点Aと点Bとの距離の比が一定になる点の集合を「アポロニウスの円」といいます。このように授業で習ったことに、日常生活で出くわすことはまれですが、学んだことはどこかで必ず役に立っています。
 先月、北京オリンピックのジャンプのノーマルヒルとラージヒルで金銀両メダルをとった小林陵侑選手は、フォームに素質があるとして葛西元選手に見いだされ、高校卒業後に指導を受けることになります。跳躍の力を後ろに逃がさないことや、フォームを数ミリ単位で調整し体に覚え込ませることで、自分の調子を常に確認し、スランプも克服し、現在の小林選手があるといいます。
 オリンピック選手に限らず、誰でも調子の浮き沈みはあります。そして誰にとっても、自分と向き合い自分と相談しながら、毎日が新たな学びの連続です。学んだことは決して無駄にはなりません。どこかで必ず役に立つはずです。
 今日からは、高校で学んだことを基礎に、実社会であるいは専門的な学問領域で、さらに自分自身の学びを積んでいくことになります。その基礎はしっかりできているはずです。自信を持って、希望を持って、新たな学びの世界に羽ばたいていって欲しいと思います。

東浦町長 神谷明

| | コメント (0)

より以前の記事一覧