小学校・子ども

2021/12/03

日本一をめざして、全国大会に挑戦!

10月末から11月末にかけて、スポーツ報告会と激励会が開かれ、競技に励むこどもたちが役場を訪ねてくれました。

中学2年生の酒井さんは、第59回全国防具付空手道選手権大会の“形の部”で見事優勝しました。酒井さんは「仲間との練習や指導のおかげで、やっと成果が実った。今後も練習に励みたい。」と答えていました。おめでとうございます。

Sports20211028k

 

中学3年生の日野さん、中学1年生の小松さん、小学5年生の角さん、小学6年生の廣瀬さんは、地方大会で立派な成績を収めて、第9回全日本ジュニアチャンピオンシップ空手道選手権大会のフルコンタクト空手道に出場します。また、小松さん、角さん、小学6年生の民田さんは、第15回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会のフルコンタクト空手道に出場します。優勝したいとの意気込みを感じました。

Sports20211112k

 

中学1年生の知崎さんは、スズキジャパンカップ2021第38回全国総合エアロビック選手権大会のエアロビック(シングル)と(トリオ)で優勝。同じく中学1年生の中井さんは、スズキジャパンカップ2021第38回全国エアロビック選手権大会のエアロビック(トリオ)で優勝。二人とも、来年4月に東京で開催されるエアロビックの世界大会に出場予定です。こちらは世界一に挑戦します。大会が無事に開催され、思う存分に実力を発揮されることを願っています。

Sports20211128d

 

| | コメント (0)

2021/11/08

スクールパートナー研修会に出席しました。

日曜日は午後から「2021 東浦町SP(スクールパートナー)研修会」に出席しました。片葩小学校で学生ボランティア(スクールパートナー)のしくみを創り、東浦町の小中学校に広めた元校長で、現在はSPコーディネーターの中村浩二先生が講師です。聴講者は、東浦町のスクールパートナーに関わっている学生の皆さんです。
東浦町の学生ボランティア(スクールパートナー)は、SP研修会SP通信など、学生が情報を交換し力量を向上させる仕掛けを備えています。東浦町ではコロナ禍にあっても、感染症に配慮しながら、スクールパートナーの受け入れを続けています。

冒頭にあいさつの機会をいただいたので、私は、十数年前に当時、生路小学校の校長だった中村先生から学校の補充授業等に教職を目指す学生ボランティアを募るアイディアを聞いて期待したこと、それが片葩小学校で実現したこと、そして今は町内の全小中学校でスクールパートナーのしくみが、子どもと保護者に良し、学校に良し、学生に良し、さらにSPを卒業した教職者にも良しの「win×4」の形で定着することを期待していること、などを話しました。

今回の中村先生の講演のテーマは「今求められている『主体的な学び』を、どう創り出していけばいいのか? ~鍵は、授業の『中心的な学習場面』にあり~」でした。
近年、「主体的な学び」で「答えのない問題」に取り組む授業が行われていますが、子どもたちが意見を言いっぱなしで、はたして思索が深まっただろうか?こんなときに教師は授業をどう締めくくるのか?と疑問に感じることがあります。たしかに、子どもたちの意見を最後にどうまとめるか以前に、「中心的な学習場面」をどう設定するかがポイントになりそうな気がします。
講演の要旨は以下の通りです。

2020年度の小学校学習指導要領改訂と2021年の中学校学習指導要領改訂の最大のねらいは、「主体的・対話的で深い学びの創造」だ。しかし、「主体的な学び」のある授業ができていない。それはコロナ禍のせいではなくて、教師の意識改革ができていないためだ。従来の「教え込む授業」から「主体的に学ぶ授業」に変革しないと、子どもたちの「思考力・判断力・表現力」は育たない。
新学習指導要領で、評価の観点は、従来の4観点(知識・理解、技能、関心・意欲・態度、思考・判断・表現)から3観点(知識及び技能、思考力・判断力・表現力、主体的に学習に取り組む態度)に変わり、「思考力・判断力・表現力」と「主体的に学習に取り組む態度」の育成を重視するようになった。従来の「関心・意欲・態度」は挙手の回数やノートの取り方など形式的な場面で評価していたため、これを払拭し、知識及び技能と思考力・判断力・表現力を身に付けることに向けた粘り強い取り組みと自ら学習を調整しようとする側面を評価するために「主体的に学習に取り組む態度」と改められた。したがって、授業の中に「主体的な学び」がなければ「主体的に学習に取り組む態度」の評価はできない。「主体的に学習に取り組む態度」は教師が育てる力だ。
では、「主体的な学び」のある授業をどうやって創るか? 教える内容を順番に並べるだけではダメで、「中心的な学習場面」でどんな学びをするかを考えなければならない。これは、導入時の「学習の意欲化」よりも大事だ。算数と道徳を例にとって、子どもが自力解決する場面や考えていこうとする態度を育てる部分を「中心的な学習場面」として捉えてみよう。限られた時間内で重要でない部分を省き、核心に迫らなくてはならない。また、算数や数学の場合、練習問題をその時間内に行うことが鉄則だ。
子どもたちの「主体的な学び」を教師が阻んでいることもある。子どもの事情を無視して教師の都合だけで授業を進めてはならない。チャイムが鳴ったら子どもは集中できない。時間オーバーはいけない。挙手して発言させるばかりが「表現」ではない。授業中に静かであることがそんなに大切だろうか。むしろ子どもの「つぶやき」が大切。子どもは必要と思えば、ちゃんと話を聞いている。教師のしゃべりすぎも要注意。教師のしゃべる時間を減らすと、子どもは自分で学ぶようになるのではないだろうか。
「伝える力」は「伝わる力」だ。どんな伝え方をしても、相手に伝わらなければ意味がない。信頼がないと伝わらない。その信頼を日々築き上げ、相手に伝わっているかを感じながら仕事をしていきたいものだ。

20211107_134356800nnnn20211107_1344531200tpnnnn
20211107_1351181200tpnnnn20211107_144740800tpnnnn

 

この後、学生同士の情報交換会として、「SPが求めるもの、SPに求められるもの」というテーマでグループ討議と全体討議がありました。

「SPでリアルな現場を知ることができる。」「1対1で子どもと関われる。」「学生は子どもにとって気軽に話せる存在だ。」「信頼関係がないのに叱っても効果がない。叱ったことでどう変わったかを見届ける必要がある。」「どんどん失敗すればよい。」「SPの時の資料を後で見返して、あの時言っていたことはこういうことだったのかという気づきがあったりする。」などの意見が活発に出ていました。

| | コメント (0)

2021/11/07

久しぶりのコミュニティイベント

この時期には毎年コミュニティまつりが開催されるのですが、昨年は中止、今年はそれぞれの地区で感染症に配慮しながらコミュニティのイベントを開催しました。

藤江地区では、飲食とカラオケ大会はやめて、バザーとゲームと作品展示が中心です。投的ゲームや謎解きウォークラリーに子どもたちが興じていました。手作りの毛糸の帽子、どちらが似合うでしょうか。多くの人出や車に合わせて、コミュニティセンターの入り口では交通整理をする人たちもいました。

20211107_095954800nnnn20211107_100445800pnnnn
20211107_101035800nnnn20211107_100933800pnnnn
20211107_101311800nnnn20211107_101346800nnnn20211107_1021181000pnnnn

 

緒川地区も、恒例のうどんや餅つき、ポン菓子、芸能大会はやらずに、駐車場で紙飛行機飛ばしなどのゲームや抽選会が行われていました。コミュニティセンターに隣接している児童館やボランティアセンター、グリーン・ラソもまつりに参加、多くの人で賑わっていました。

20211107_104521800pnnnn20211107_104827800pnnnn
20211107_104524800nnnn20211107_104608800pnnnn
20211107_104632800pnnnn20211107_104704800pnnnn

 

森岡地区と卯ノ里地区は、コミュニティセンターでみんなの作品展。区長さんや地区の役員さんが作品を見に来る地域の人たちを迎えていました。

20211107_110803800nnnn20211107_110819800nnnn
20211107_111137800pnnnn20211107_111543800pnnnn

20211107_113905800nnnn20211107_114013800pnnnn
20211107_114314800pnnnn20211107_114619800pnnnn

 

久しぶりの地域のイベントで、穏やかな天気にも恵まれて、家にいた人たちが一気に出てきた感じです。やはり、互いに顔を合わせてお話しできるのは何物にも代えがたいです。

生路地区ではコミュニティのイベントは行わずに、11月21日に地域の抽選会。石浜地区は、ネット上で人と人が触れ合う「YouTube文化展」を行います。YouTube文化展はこちらでご覧になれます。最初に区長さんの挨拶、それから美術館に入っていくような演出で、なかなかよくできています。
各地区で、それぞれ工夫をしながら久しぶりのコミュニティイベントを企画しています。

| | コメント (0)

2021/10/29

石浜西小学校と北部中学校のICT機器を利用した学習活動

文部科学省のGIGAスクール構想に沿って、2020年末までに町内のすべての小中学校にタブレット端末の整備をしましたが、これらはどのように使われているのでしょうか。石浜西小学校と北部中学校の授業を見てきました。
タブレット端末の導入直後には学校現場の戸惑いもあったことでしょうが、授業に合ったコンテンツや使い方のルールを工夫しながら、今ではほとんどの授業でタブレット端末が使われています。“ロイロノート”という画像・動画・テキスト・webなどを編集し、児童・生徒と教師がそれを共有し互いにやり取りできるアプリを使って、子どもたちが感じたこと考えたことを、教師が集約しコメントを返したり議論を深めたりする授業が行われています。
 
石浜西小学校で最初に見たのは社会科の授業。「江戸幕府はなぜ260年も続いたのだろう」をテーマに、自分が将軍だったら親藩大名、譜代大名、外様大名を全国にどのように配置するかを考える授業をしていました。教師がアプリを使ってつくった地図上に、児童が各大名を配置して、なぜそう考えたのか理由も入力します。これは、座学で説明したら5分くらいで済みそうなところを、時間をかけて児童に考えさせる授業です。単元の中からどこを切り出して、どんなコンテンツをつくるのか、教師の腕の見せ所になりそうです。

Dsc067321200tpnnnnDsc06728800tpnnnn

 
国語の事業では、教科書を読んでその感想を各自記入したり。体育の授業では、逆立ちやマット運動を動画で撮影して自分の動きを振り返ることもできます。

Dsc067351000tpnnnnDsc06753800tpnnnn
Dsc06746800tpnnnnDsc06757800pnnnn

 
道徳では、学校のルールは何のためにあるかを考える授業をしていました。

Dsc067611200pnnnnDsc067631000tpnnnn

 
石浜西小学校は近くに県営団地があって、外国人の比率の高い学校です。日本語適応教室では国語の授業が行われていました。こちらは少人数でface to faceの授業です。

          Dsc06739800pnnnn

石浜西小学校は、市街地のはずれで森や丘のある自然環境に恵まれた学校です。

         Dsc06787800tpnnnn

 

北部中学校では、最初に社会科の授業を見ました。テーマは「東浦町の若者の投票率を上げよう」です。外国の事例や実際の投票率をバックデータとして自分たちで投票率向上策を考えます。これは、投票の価値とはなにか?投票率さえ上がれば良いのか?景品を出せば良いのか? 必ずしもあるとは限らない“正解”は敢えて言わずに子どもたちに意見を出させるのが近年のやり方ですが、問題の本質にどう迫るか、意見集約後の教師のまとめがどうなるのか・・・とても興味が湧きます。

Dsc06795800tpnnnnDsc067901200tpnnnn
          Dsc067911200tpnnnn

 
数学では相似な図形の面積について考える授業。国語は島崎藤村の初恋を読んで感想や気の付いたことを互いに出し合う授業でした。

          Dsc068041200nnnn
         Dsc068101200tpnnnn

 
道徳は「いのち」を考える授業。動物を殺すのはどんなときか、なぜ人を殺してはいけないか、とても深いテーマです。

          Dsc068381200tpnnnn

 
技術科は、アーテックロボを使って紙の上の黒い線に沿って車を走らせるプログラムを完成させる授業です。

Dsc06823800tpnnnnDsc06829800tpnnnn

 
2年生はあすから岐阜県郡上市で行われる自然教室に出掛けるそうです。中庭や体育館で寸劇の練習をしていました。幸い天気は良さそうです。

         Dsc06842800pnnnn

| | コメント (0)

2021/10/19

スポーツ鬼ごっこ

藤江コミュニティセンターで、毎週火曜日の夕方、スポーツ鬼ごっこ教室が開かれています。NPOアルフィンの事務局長で町のスポーツ推進員でもある水口さんが子どもたちの指導をしています。小学生の俊敏さにビックリです。得意不得意がものをいう球技と違って、だれでも一緒に楽しめるのが特徴です。藤江小学校では子どもたちがスポーツ鬼ごっこのクラブ活動も立ち上げたそうです。近年低下が指摘されている子どもの基礎体力向上にも役立ちそうです。

         Dsc06355800pnnnn
         Dsc06357800tpnnnn
         Dsc06367800pnnnn

 
白チームは、来月大会があるのだそうです。みんなで「がんばろう!」をしました。

         Dsc06383800tpnnnn

 
結構激しい運動です。練習は約1時間で終了。終わってから、保護者のみなさんが子どもたちとハロウィンイベントをやっていました。

        245182637_879253499396378_63048564988110
 

| | コメント (0)

2021/10/13

親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」のご案内

Oyako-walking20211113p


制限時間内に歩いて探すチェックポイントと、課題やゲームをクリアして獲得できるボーナスポイントの合計を競うゲームです。
どのルートが高ポイントを狙えるか、作戦を立てて歩き、力を合わせて、ひがしうらを探検します。
第1回、第2回は、大好評でした。第2回の様子はこちら!!
3回目の今回は新田地区にエリアを設定します。

 
対象は、町内在学の小学1年生~中学3年生とその保護者で構成された2~6名のチームです。必ず、1組以上の親子を含むことが条件です。保護者の責任のもと、未就学児の方も参加できます。

定員は、先着40チーム

申込みは、10月25日(月)までに、申込書を文化センター窓口へ。申込書は町内小中学校、文化センターにて配布、またはHPよりダウンロード。

参加費は、ひとり300円。当日いただきます。

持ち物は、カメラ(撮った写真を確認できるもの)、水筒、タオル、筆記用具、お弁当(途中で購入可)

動きやすい服装でご参加下さい。

詳しくは、第3回親子ふれあいイベント「ひがしうら探検隊」in緒川新田 参加者募集!! をご覧下さい。

Higashiura-tankentai20211113

 

| | コメント (0)

2021/10/12

「にほんごひろば」や「多文化支援交流会」など、多文化共生ひがしうらの活動 のご案内

以下は、多文化共生ひがしうらが行っている東浦町で暮らす外国人を支援する活動です。

 
●日本語を勉強したい外国人、外国人が日本語の勉強するのを手助けしたい人たちが集まるところです。興味のある方は、直接お越しいただくか、役場協働推進課にお問い合わせください。
毎月第2、第4土曜日 14時30分~16時に、県営東浦住宅集会所にての開催です。

にほんごひろば(日本語教室)/東浦町

 
●にほんごひろばと同じく、町の委託で、多文化共生ひがしうらが行っている日本語教室です。日曜日の午前中に緒川コミュニティセンターで開催します。

日曜日にほんごひろば/東浦町

 
●外国につながりのある子どものための、日本語学習支援教室を開催しています。日本語の勉強や学校の宿題を、ボランティアスタッフがお手伝いします。水曜日の夕方と土曜日の午後、県営東浦住宅集会所にて開催しています。
学習支援のボランティアスタッフも募集中です。

こどもにほんごひろば(子ども日本語学習支援教室)/東浦町

 

█震災10年とコロナ方生活を守る多文化共生交流会
 ~ こどもたちの学びと これからの仕事について ~ のお知らせ

11月13日(土)に「こどもたちの学びとこれからの仕事について」をテーマにした、交流会を開催します。
進学と就学の大切さをお伝えしたいです。
参加対象者は 東浦町周辺で生活している外国人のかたです。
家庭にお子さんを持つ、身の回りの外国人のかたにご紹介下さい。
詳細は、下記チラシの通りです。

241204020_3882792401821616_6042179026638

 

| | コメント (0)

2021/10/09

自然環境学習の森の野外講座。於大公園ではコスプレでごみ拾い。

朝、自然環境学習の森の入口駐車場に集合、「森の体験とヤギ除草を通じてSDGsを学ぼう」が始まりました。特定非営利活動法人 水とみどりを愛する会ヤギ除草を試みているテクノ中部とのコラボで開催する講座です。4家族10名が参加しました。まず、水とみどりを愛する会のメンバーが講師となり、生きものの説明をしながら森の中を散策。見つけたものをチェックしてフィールドビンゴをします。

Dsc05651800nnnnDsc056681200nnnn

この後、ヤギさんを観察、ヤギ除草と自然散策とSDGsとのつながりについて学習しました。そして、竹灯籠の会のみなさんの協力で竹トンボづくりに挑戦しました。

 

於大公園では、「コスプレde海ごみゼロ解放区 at於大公園」が開催されました。知多半島5市5町の海岸などフォトジェニックな場所で、コスプレ撮影をしよう!その前にごみ拾いをしてその場を写真映えするようにしよう!というイベントで、コスプレを楽しみながらひいては海ごみをなくそうと日本財団などが提唱しているプロジェクトの一環です。東浦は於大公園で開催することになりました。この後、知多市の新舞子や常滑市の臨空ビーチなどでイベントを開催予定です。近年、アニメの主人公の姿になりきって、様々な場所を使って写真撮影をするコスプレイベントがコスプレーヤーの間でブームになっています。
於大公園の南の駐車場に集合。コスプレ参加者が、知多娘の皆さんと一緒にごみを拾いながら園内と園外の二手に分れて回りました。於大公園内にはほとんどごみがありませんでした。参加者から「さすが於大公園は手入れが行き届いていて良い公園ですね。」との声をたくさんいただきました。参加者の中には、公園など人気のスポット内を案内するアプリを開発している企業の方や、市役所勤めのコスプレーヤーなど、趣味と実益を兼ねて参加されている方もいらっしゃいました。汗ばむ陽気でしたが、青空のもと、水と緑と季節の花々に囲まれながら、和気あいあいと会話を楽しみながらごみ拾いができました。私も進撃の巨人の調査兵団の上着をちょっと貸してもらってごみ拾いに参加しました。

Dsc056491200pnnnn

Dsc05674800pnnnnDsc05691800pnnnn
Dsc05694800pnnnnDsc05701800tnnnn
Dsc05717800nnnnDsc057541200nnnn

Dsc057411000pnnnn

 

| | コメント (0)

2021/10/03

図書館のイベントのご案内

東浦町中央図書館の秋の企画をご紹介します。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshokan/toshokan/event/index.html をご覧下さい。

 

●紙芝居の世界 ~理論と演じ方~ 講座
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/event/yotei/1869.html

紙芝居初心者から経験者まで、紙芝居の魅力をさらに引き出す読み聞かせのスキルを身に付ける講座です。
10月8日(金)10時から図書館にて。
定員に達し受付を終了しました。

Kamishibai20211008

 

●於大公園de 図書館
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6571.html

「お外も図書館」が於大公園へ出張します♪
於大公園このはな館前の芝生で、本を読んだり、工作をして遊ぼびます。
10月23日(土)14時から15時まで、於大公園にて。
事前申込は不要、当日受付します。

Osotomo-dscn1328

 

●ぬいぐるみおとまり会
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/event/yotei/8020.html

ぬいぐるみをだっこして、絵本の読み聞かせやわらべうたを楽しみましょう!その後、ぬいぐるみは図書館におとまりします。
10月30日(土)15時から図書館にて。
対象は、町内在住の小学生以下で図書館カードを持っている方。
申込みは10月8日(金)から電話または直接図書館へ。

Nuigurumiotomari20211030
Nuigurumi-p1040210

 

●よむらびコンサート「夜の図書館でジャズ演奏による大人なひとときを♪」
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/event/yotei/11441.html

夜の図書館でジャズの演奏による大人なひとときを楽しもう♬
11月13日(土)18時30分から図書館にて。
イベントの種類分野イベント / 生涯学習・図書館
申込みは、10月9日(土)から 10月16日(土)に直接来館で。後に抽選で決定。

Yomurabiconcert20211113

 

●親子で色紙づくり ~手型足型の成長記録~
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/7452.html

お子さんの成長記録として残せる手型足型の色紙を作ります。
11月19日(金)、11月26日(金)10時から図書館にて。
対象は、両日参加可能で町内在住の4ヶ月から3歳までのお子さんと保護者。
申込みは、10月13日(水)から電話で。

Oyokodeshikishi20211119

 

●年賀状に活用!消しゴムはんこ手作り講座
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/6979.html

初心者でも簡単にできる消しゴムはんこをつくります。年賀状に活用できるデザインを彫ってみましょう。
11月27日(土)10時から図書館にて。
対象は、町内在住の小学4年生以上の方
申込みは、10月16日(土)から電話で。

Keshigomuhanko20211127

 

♠おはなし会や展示等のお知らせ
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshokan/toshokan/event/1455712865092.html

お話し会の開催は、
第1~4 水曜日 11時から(乳幼児向け)
第1・2・3 土曜日 14時30分から(どなたでもOK)です。
協力:ボランティアグループ ハイジ こもれび(第2土曜日は図書館サポーター及び図書館スタッフによる)
※10月は感染拡大防止のため中止しています。

展示は、昨年度の新着本のうち、1回も借りられなかった本を10月24日まで展示中。
ほかには、低学年におすすめの本(11月)、クリスマス特集(12月)を予定しています。

児童館での読み聞かせ会も行っています。(森岡、生路、藤江にて)

 

♠よむらび読書ポイントキャンペーン中
https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshokan/toshokan/event/1508406817718.html

本を借りて、ポイントを貯めよう! よむらびグッズと交換できます。どなたでも参加OKです。

2021dokusyo-pointokyanpen

 

| | コメント (0)

2021/10/02

来週末の環境関連イベント

●環境保全リーダー育成講座「森を探検!ヤギ除草を通じてSDGsを学ぼう」

自然環境学習の森で、親子やお友達と一緒に探検しながら、環境について学びます。除草作業活躍中のヤギさんの見学や竹とんぼ作りなどを通じてSDGs(持続可能な開発目標)を体感します。
参加費は無料。本講座は、令和3年度AELネットスタンプラリー対象講座です。

体験内容: フィールドビンゴ(五感を活用して自然を探すゲーム)、ヤギ除草の見学、竹とんぼ作り
講師: 特定非営利活動法人水とみどりを愛する会
日時: 集合場所: 東浦自然環境学習の森に、10月9日(土)9時5分集合
対象: 小学生以上の方(小学生は18歳以上の保護者同伴)

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kankyo/kankyohozen/event/11288.html をご覧下さい。

 

●コスプレde海ごみゼロ解放区 at於大公園

於大公園でごみ拾い・コスプレ撮影を楽しもう!!
当日は、知多娘のメンバーと一緒にごみ拾いに参加。そのあと各々で撮影。

日時: 10月9日(土) 10時から17時まで
集合場所: 9時50分に、於大公園 第一駐車場

詳細は、https://cosplayumigomizeroodai.peatix.com/view をご覧下さい。

※知多半島の5市5町は、世界コスプレサミット2021にてコスプレーヤーと共に海洋ごみの削減に取組む「コスプレde海ごみゼロ解放区宣言」をしています。

Cosplay-de-umigomi-zero20211009

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧