小学校・子ども

2019/11/19

片葩小学校で行われた現職教育研究会でスクールパートナー研修会が開催されました。

10月31日に開催された現職教育研修会を見学しました。
以前は、当番校の授業を他校の先生方が参観するスタイルでしたが、今は開催校の中で公開する授業を絞って、開催校の先生も含めて部会形式で公開授業を学び取るスタイルに変わりました。ただ参観するだけでなく、公開授業を見た後で、部会に分れて互いにディスカッションをします。今回は、教員が、特別支援教育、道徳(低学年)、道徳(高学年)、外国語活動、国語、学生ボランティア、少経験者の7つの部会に分れて、各1つずつの公開授業を集中して参観しました。

 Dsc05163800nnDsc05166640nn

私は、校長先生の案内で、各公開授業を断片的に見せていただいたあとで、学生ボランティア部会のディスカッションを見学しました。これは、スクールパートナー研修会を兼ねていて、ボランティアの学生と現職の教員が混ざって研修に参加する機会となっています。皆さんの熱心な意見交換を見ていて、教職に対する熱い想いを感じました。
校長先生の考え方次第で学校運営は随分変わりますが、各学校の学生ボランティアの運営については、片葩小学校で確立されたスクールパートナーのやり方を上手く取り入れて、東浦町全体で、①子どもたちや家庭にも、②学校にも、③学生にも、④教員になったOBにも、win×4の関係を構築したいものだと思います。
それにしても、今のかけ算は、掛ける数と掛けられる数を明確に区別する教え方をするのですね。このあとかけ算の可換性にどう発展させていくのか興味があります。

 Dsc05177800tpnnDsc05184800nn

| | コメント (0)

2019/11/10

産業まつり2日目、里山で脱穀、太極拳講習会

産業まつりは2日目も、飲食やステージやボランティア団体や行政などの展示があって、大盛況でした。

 Dsc05683800pnnDsc056841200pnn
 Dsc05686800pnnDsc05688800pnn
 Dsc056891200nnDsc05701800pnn
         Dsc_6443800pnn

 

自然環境学習の森では、水辺部会の皆さんが刈り取った稲の脱穀をしていました。昔ながらの足踏み脱穀機と唐箕(とうみ)を使っています。ことしの収穫は少なめだったようです。美味しいお米が採れたでしょうか。
竹灯篭の会も作業中でした。年末にイオンモール東浦のメインエントランスと駐車場連絡通路を飾る竹灯篭を作製しているのだそうです。年末のイルミネーションが楽しみです。

 Dsc05715800tpnnDsc05753800nn
 Dsc05713800nnDsc05726800pnn
         Dsc05745800tpnn

 

体育館で行われた謝美華さんの主催する太極拳の指導者講習会にお招きいただきました。美浜町長の齋藤宏一さんご夫婦も参加されていました。齋藤さんは長年太極拳を続けておられて80歳になっても元気いっぱいだそうです。太極拳は日本ではスポーツや健康法として普及していますが、本場、中国・台湾では武術のみならず、医学、哲学、科学も含む幅広い概念なのだそうです。
講習会では模範演舞披露の他、体幹をぶらさずに重心移動する練習などをしました。いつの間にか私も参加させられて、齋藤町長とペアを組んで押し合いを体験しました。こちらの方が背が高いので上体を傾けて体重をかけてやれば良いだろうと思ったら、これがどっこい、さすが相撲と柔道の経験のある齋藤町長に軽く押し返されてしまいました。まずは自分の立ち位置をしっかりつくって、そこからドスコイと足を前に踏み出していくことが大切なようです。知多市柔道会副会長の髙岡孝之さんも来ていて、護身術の形をちょっとだけ教えてくれました。自分は武術を習ったことはありませんが、やはり経験者の所作には軽やかな中に安定感のある重厚さがあるなあと改めて感じ入りました。

 Dsc05776800pnnDsc05761800tnn
 Dsc05773800pnn75429503_1004806153205191_59458886350804
        Dsc057741000pnn

| | コメント (0)

2019/11/06

今夜は特別!「於大公園に泊まろう!」 のご案内

これは、「於大公園の使い方を考えるワークショップ」で出たアイディア と 「令和元年度若者会議」で出たアイディアが融合して、それぞれのワークショップのメンバーがコラボしてできた企画です。

11月30日(土曜日)から12月1日(日曜日)に、於大公園にて「於大公園に泊まろう!」を開催します!
於大公園史上初のお泊りイベントです!
公園に泊まれるなんてワクワクしませんか?
みんなでテントを張って、ナイトキャンプを楽しみましょう ♪
キャンプファイヤーや星空観察会もあります。翌朝は非常食で朝ごはんをします。
詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/toshiseibi/koenryokuchi/gyomu/koen/odaikoen/osirase/8820.html をご覧ください。

11月30日の午前から午後にかけては、野外ミュージックフェスティバス「おだフェス」やサイエンス講座「大人もはまる!水ロケット教室」も同時開催です。

Odaikouennitomarou20191130poster

| | コメント (0)

2019/11/03

芸術の秋、食欲の秋、文化の秋

町内6地区でコミュニティまつりが開催されました。きょうは、柔らかなお天気に恵まれて、芸術の秋、食欲の秋、文化の秋を満喫。森岡→卯ノ里→緒川→石浜→藤江→生路の順にまわって、各地区の文化祭を楽しませていただきました。

       Dsc052791600tpnn
 Dsc05280640nnDsc05282800tpnn
          Dsc05290800pnn
 Dsc05309800nnDsc05310800nn
          Dsc05319800pnn
 Dsc05329800pnnDsc05332800pnn
          Dsc05346640pnn
 Dsc05349800pnnDsc05354800pnn
          Dsc05364800nn
 Dsc05375800tpnnDsc05385800nn
          Dsc05388800tpnn
 Dsc05393800tpnnDsc05397800nn

 

今日まで文化センターで、文化協会の美術展(絵画展)が開催されていました。朝は表彰式が、午後からは洋画家の野村卯さんによる鑑賞会がありました。毎年、私は野村さんの目からウロコの解説を楽しみにしています。
そう、絵を描くのにも理屈があるのです。野村さんは「自分だったらこう考えます」と前置きしながら、美術展の出品者に対してはもちろん、自分のような全くの素人にもわかりやすく留意点を解説してくれます。

     Dsc054231000pnn

例えばこんな感じです。
この下の写真の右の絵は良い風情ですが、左右の大木がそれぞれ主張して絵の中心が分れてしまっています。何を画きたかったのか見る方が戸惑ってしまいます。水面に映った陰もはっきり描き過ぎて書きすぎて重たい感じです。
中央の絵は純色で丁寧に書かれているのが個性的です。今後の課題は中間色の使い方です。絵の端に中間色を入れると純色が引き立ちます。手前は丁寧に書いてありますが空の描き方が残念です。空にもっと情熱を入れると画面が充実してきます。
左の絵は全体に中間色を上手く使って、赤い橋を絵の中心に持ってきています。白い川を瀬などを入れながら形を整えて、もっと見せても良いと思います。水面に映った橋はもう少し線をぼかして描くと緊張感がなくなるでしょう。

     Dsc054091000pnn

次の写真の右の絵は、海の色が清々しくもほのぼのしています。中央に空きがあるので、右側のメインの舟をもっと左上寄りにもってきて、左の舟は画面左にはみ出しても良いと思います。人と舟の間が窮屈なので間を取った方が良いでしょう。
左の絵は、緑の下に緑の邪魔をしないアイボリーなどの下色を置く工夫をすると良いと思います。中心となる鯉をもっと大きく描いて、他の鯉は尻尾まで画面に収まる必要はありません。右側のスイレンの葉は描き過ぎなので減らした方が良いと思います。絵の左下にある目立ちすぎのサインを茶系にすると絵がぐっと引き締まるでしょう。

     Dsc054141000pnn

会場には中学生の作品や工芸・彫刻作品、また1階ホールには水墨画が展示されていました。ことしは力作が多く、表彰の審査に困ったそうです。

 Dsc054181000pnnDsc054261000pnn

| | コメント (0)

2019/10/28

森岡ハロウィンに行ってきました。

なぜかイケメン店主が多い?と言われる森岡イケメン通りのハロウィンに行ってきました。
子どもたちが、森岡台から下る“立ちこぎ坂”沿いのお店を”Trick or tereat?”と言って訪問します。それぞれの店ではお菓子を用意して、訪ねて来る子どもたちに渡します。お店の皆さんはそれぞれ工夫を凝らしてをお迎えします。子どもたちの変身ぶりもなかなか気合いが入っています。ことしは150人ほどの参加があったそうです。
この森岡ハロウィン、10年前にあるお母さんの「自分たちがお菓子を配るから、場を提供して?」と言うアイディアから始まったのだそうです。当時は「ハロ・・インっていったいなんだ?」みたいな感じだったそうです。しかしながら、早いもので、十年一区切り。当初決めたとおり今回でラストとなるそうです。
スタッフの皆さん、長い間ありがとうございました。
ところで、“last”を辞書で引くと、“最後の”(形容詞)の意味の他に、“持続する”(動詞)の意味も出てきます。ハロウィンはこれで一区切りになるかもしれませんが、この地域を盛り上げるスピリットは続いていって欲しいと思います。

       Dsc05087800nn
 Dsc05082800pnnDsc05096800nn
 Dsc05071800pnnDsc05068800pnn
 Dsc05101800pnnDsc05107800pnn
 Dsc05108800pnnDsc05126800pnn
 Dsc05113800pnnDsc05114800nn
 Dsc05118800nnDsc05119800pnn

| | コメント (0)

子育て講演会『「学校ってなんだろう」 ~不登校って悪いこと?~』 のご案内

以下のご案内をいただきました。

不登校って、悪いことなのでしょうか?弱いことなのでしょうか? 学びの形をもっと選ぶことができれば、“不登校問題” “不登校支援”と言う言葉は要らなくなるのでは? 親が新しい価値観に目を向けることで、学校に行かない子との暮らしはぐっとラクになるのではないでしょうか。

11月9日(土)13時30分から、大府市勤労文化会館にて。公演後に講師とのフリートークもあります。

大府市と東浦町の社会福祉協議会が後援しています。

Futoukou20191109

 

| | コメント (0)

2019/10/26

高齢者福祉、児童福祉で活躍しています。

東浦町高齢者相談支援センター(社会福祉協議会 包括支援センター)の職員が認知症予防学会、サルコペニア・フレイル学会で成果発表をしています。

10月18日(金)~20日(日)に名古屋国際会議場で、第9回 日本認知症予防学会 学術集会が開催され、18日のシンポジウム5 「認知症による徘徊予防のための現状と課題」に吉田さんが、19日のシンポジウム14 「認知症初期集中支援チーム」に高見さんが登壇しました。
基本的には、どちらも地域包括ケアシステムの構築、さらには地域共生社会を目指すそれぞれ一つの道筋であることを話しました。認知症、介護予防(フレイル)事業を縦割り単独に行うのではなく、他の包括的支援事業と連動して行うことが重要であるということに力点を置いています。東浦町の規模だからこそ、それぞれを連動させることができるものと思われます。
認知症初期集中支援チームは認知症地域支援推進員と共に、介護保険制度(地域支援事業)の包括的支援事業の一つの認知症総合支援事業であることを認識し、さらに他の包括的支援事業(介護予防ケアマネジメント業務、権利擁護業務、包括的・継続的ケアマネジメント支援業務、総合相談支援業務、在宅医療・介護連携推進事業、生活支援体制整備事業、地域ケア会議推進事業)と連動して、地域包括ケアシステムの構築を目指していることを話しました。

Jsdp-9am-20191018poster
Jsdp-program20191018
Jsdp-program20191019

 

11月9日(土)~10日(日)には新潟市の朱鷺メッセで開催される、第6回 日本サルコペニア・フレイル学会大会では、高見さんが「地域包括ケアシステムの構築に向けた介護予防事業の取り組みについて」と題して発表します。
東浦町は2017年度から国立長寿医療研究センターと協定し、フレイル事業を開始しました。要介護・要支援状態になる可能性が高い75歳以上の要介護・要支援認定を受けていない方たちにフレイルチェックを実施し、フレイルと認められた方には基本チェックリストによるチェックを行い、医療リスクの高い方についてはかかりつけ医に情報提供を行い、専門的な対応が必要となった場合には国立長寿医療研究センターで多方面から要因を調べています。その結果をもとに、国立長寿医療研究センター、地域包括支援センター等の専門職でカンファレンスを行い、生活、家族状況、地域との関わり、社会資源等の情報を共有し、支援方針を検討・決定しています。フレイル事業(介護予防事業)は、地域包括支援センターの連携に留まらずに、認知症初期集中支援チームや生活支援コーディネーターと連動し、高齢者が地域で安心して尊厳をもって暮らせる地域包括ケアシステムの構築を目指していることをお話しする予定です。

Jasf-6am-20191109poster
Jasf-6am-program20191109

 

11月2日(土)~3日(日)にはウィルあいちで第45回 全国児童相談研究セミナー名古屋大会が開催されます。全国児童相談研究会は、児童相談及び児童福祉分野の相談機関等のあり方や現代の子どもたちの問題などについて自主的な研究活動を行う全国規模の研究会です。
3日の第5分科会では東浦町役場健康福祉部児童課の榊原課長と小田係長が「地域における子ども家庭福祉」と題して実践報告します。東浦町では子どもの家庭に時間を掛けて丁寧に寄り添うことを心がけています。

Jidousoudan-seminar-45ng20191102program

 

| | コメント (0)

2019/10/24

水泳とスポーツ鬼ごっこで全国大会に出場

高校生の戸田さんは全国大会出場の常連です。東京辰巳水泳場で10月末開催の日本選手権水泳大会50m自由形と50mバタフライに出場します。戸田さんは「大学生や社会人と競うことになるけれど、より上位を目指したい。」と決意を語ってくれました。
小学生の仲田さんは、10月末に千葉県で開催されるスポーツ鬼ごっこ全国大会に出場します。1チーム7人から12人で陣地に分れて戦うスポーツ鬼ごっこは、速く走れるだけでなく俊敏性が重要とのことです。仲田さんはラグビーもやっているそうです。
二人とも頑張ってくださいね。

Sports-gekirei20191023a

| | コメント (0)

2019/10/20

区民体育祭の後で、亀崎の「ろじうら」に行ってきました。

今週末は町内各地区で運動会が予定されていましたが、天気が芳しくなく4地区は中止を決定。森岡地区と緒川地区はみんなが楽しみにしていたのだからとにかくやろうと、未明からグランド整備をして開催に漕ぎ着けました。その甲斐があってか、穏やかな日差しのもとで子どもたちも元気に走っていました。小学校は明日は代休、22日と合わせて連休になります。

 Dsc04948800tpnnDsc04958640pnn
 Dsc04965800tpnnDsc04968640pnn

 

半田市亀崎の「ろじうらを見てきました。亀崎は古くからの港町。いまでも狭い路地や古い建物が残っています。市も近年、街並み保存や観光に力を入れてきています。
「ろじうら」は、寺社、空き家、山車倉など、このまちの資源を使って開かれる地域の市民有志によるイベントです。第1回から数えて今年で10年目になります。「せこみち展」や「亀崎地域大学」も開催中です。まちのメイン通りはホコ天になっていてそぞろ歩きの人達で賑わっていました。

 ※当日限定配布のイベントマップ(PDF)をダウンロード

          Dsc05006800tpnn

 
昔床屋さん?だった建物は今では写真館に。街かどサロン“かめとも”では、つながりハウスみづほ大橋さんに久し振りにお会いしました。

 Dsc05008800pnnDsc05013800pnn
 Dsc05009800pnnDsc050141200pnn

 
道中、“紡ぐ記憶”や“活版印刷”などワークショップが開かれています。

 Dsc050181200pnnDsc05024800nn
 Dsc05020800nnDsc05021800nn

 
老舗料亭 望州楼の門前でご当主の成田さんにバッタリ。通りの向かいにある旧本宅は、料亭とともに市の景観重要建造物に指定されていて、住居兼店舗として造られただけあって、2階に上がる階段が見事です。鎧戸は玄関内の天井に引き上げる構造になっています。ここは普段はカフェになっているそうです。

 Dsc05034800nnDsc05026800pnn
 Dsc05028800pnnDsc05030800pnn

 
空き地を利用した“はらぺこ食堂”では東浦のゾウスイテルクニも出店していました。

          Dsc05042800tpnn

 
3軒長屋はリノベ中でしょうか。中にはカフェがありました。
界隈には休日の亀崎に、いつもとちょっと違った異空間が広がっていました。

 Dsc05036800nnDsc05037800pnn

 
お昼は、祭り山車などを展示する立川美術館に併設された“黒壁舎”でワッフルとコーヒーをいただきました。亀崎は犬山の成瀬家の領地だったこともあって、山車文化が栄える一因となっていること、山車を新車に替えた際に中古の山車が大浜(碧南市)や北粕谷(知多市)に伝わっていることなど、東浦から武豊線でたった一駅の亀崎で、東浦にはない山車文化の一端に触れることができました。

 Dsc05047800nnDsc049971000pnn
 Dsc050021200nnDsc04998800pnn

| | コメント (0)

2019/09/30

あすから10月

イオンモール東浦で秋の交通安全キャンペーンを行いました。交通安全協会の皆さん、交通安全活動推進委員の皆さん、石浜ゆうゆうクラブの皆さん、緒川コミュニティの皆さんなど、そして、町内保育園の園児と母の会の皆さん、署長をはじめ半田警察署の皆さんも参加しました。明日から消費税が10%になることもあってか、平日の午前中なのに店内は多くのお客さんで賑わっていました。子どもたちは元気にチラシと啓発グッズを配布しました。

 Dsc03724800tpnnDsc03706800tpnn

Topics20190930_03

 

夏休みにカナダのバンクーバーでホームステイをしてきた16人の中学生の体験報告会がありました。ホストファミリーとのコミュニケーションや、不安の中で自信をつかんでいった様子を生き生きと語るのを聞きました。中には、なぜカナダの都市は美しいのか、なぜ環境に優しいのか、カナダの法律を紹介してくれた生徒もいました。引率の先生も、彼らは一回り大きくなって帰ってきたと喜んでいました。

Topics20190930_11

| | コメント (0)

より以前の記事一覧